<< お知らせ | main | 「ムーブ!」段ボール肉まんの真実は? >>

「アンカー」日本外交の活路はロシアにあり?

■7/18放送「アンカー」青山繁晴の“ニュースDEズバリ”

 おろ?ラテ欄に“ニュースDEズバリ”の説明がない?

▽新潟中越沖地震・3日目迎えた被災地は…▽青山繁晴のニュースでズバリ▽ゴミに悩む島を救えるか?漂流物調査に手作りメカで挑む研究者▽参院選リポート(2)奈良▽大阪桐蔭・怪物中田▽最新芸能

070718-01title.jpeg どんなテーマでやるんだろう?今日(7/18)から6カ国協議が再開されるけど、まださほど情報は入ってないだろうし、“ニュースDEズバリ”で取り上げるのは無理かな?……と思ってたら、6カ国協議と絡めてロシアの話題が来ましたよ〜。

 実は“ニュースDEズバリ”に行く前のニュースコーナーで、6カ国協議のニュースが取り上げられまして、この2つのコーナーはリンクしてます。
 というわけで、ニュースの部分も起こしておきます。

 細かい相づちはカット、言葉尻など曖昧な箇所もありますが、それ以外はほぼ完璧です。
 画像は“たか”さんがUPして下さった動画(最後のリンク集参照)から、キャプチャさせていただきました。
 各画像をクリックすると、新規画面で拡大します。


 内容紹介ここから____________________________
 

山本浩之(キャスター)
「先ほど4か月ぶりに再開された6カ国協議に進展はあったのでしょうか」

村西利恵(女子アナ)
「先ほど日本時間の15時半から、北京で首席会合が開かれました。核問題、拉致問題と、問題は山積です」

 …………………………VTR開始…………………………

ヒル国務次官補
「第一歩は踏み出したが、道のりはまだ長い。今回の協議でどれだけ目標を達成できるか、経過を見たい」

 北朝鮮の核施設の稼働停止を受けて、およそ4か月ぶりに再開した今回の6カ国協議。

 協議では北朝鮮が全ての核計画の申告と、核施設の無能力化という次の段階を年内に実行するための、具体的な手順を話し合うことになります。

 またアメリカは、北朝鮮がその存在を否定する高濃縮ウラン計画についても申告させ、作業部会や外相会合の早期開催にこぎつけたい考えです。

 しかし北朝鮮は、アメリカによるテロ支援国家指定の解除や軽水炉の提供など、さらなる見返りを求め、したたかな交渉を続けると見られています。

佐々江アジア大洋州局長
「北朝鮮がどの程度、次のステップの実施に向かって前向きな対応をとるのか、そのことがまず出発点になる」

 日本側は北朝鮮に対して、日朝作業部会の開催と拉致問題の解決を迫る方針です。

 しかし昨日はアメリカと北朝鮮の代表が、昼食を挟んで3度も顔を合わすなど、米朝がこれまでになく活発な動きを見せていて、日本の拉致問題の置き去りが懸念されています。

 …………………………VTR終了…………………………

山本浩之
「北京で取材にあたっている中嶋記者と電話がつながっています。中嶋さん、最新の情報からお伝え下さい」
 
中嶋順也(記者)
「はい。北京からお伝えします。6カ国の首席代表による会合は、日本時間の午後3時半から始まり、現在も続いています。北朝鮮は基調演説などを通じて、自分たちの考えを具体的に表明していると見られます。さて、今のVTRにあった、アメリカによるテロ支援国家指定の解除や軽水炉の提供は、いわゆるですね、協議の合意文書に載っている、いわゆる想定内の見返り措置です。北朝鮮が想定内でない新たな要求を突きつけてくる可能性もあり、北朝鮮の出方が今日の会合の大きなポイントと言えます」

山本浩之
「そうですね。で、一方のアメリカのヒル国務次官補ですが、核施設の無能力化など、次の段階の措置、こういったことを年内にも終わらせたい意向をすでに示してるんですけど、そのあたりいかがでしょうか」

中嶋順也
「私はですね、そんなに順調に進まないと思います。そもそも今年2月の合意では、核施設を停止するという初期段階の措置は4月までに行われる予定でした。しかし北朝鮮は2月の合意文書には入っていない金融制裁解除を要求し、協議の進展は3か月も遅れました。日本の代表筋は『ヒルの発言は、イラク問題で停滞するアメリカの国内向けの発言だ。早くできる分には越したことはないが、とてもそんな感じではない』と話していて、核放棄への道のりは長期化が予想されます」

山本浩之
「核問題が焦点になる一方で、拉致問題が置き去りにされるっていうことが懸念されてるんですが、そのあたりはいかがですか」
 
中嶋順也
「そうですね。今回の協議でも日本側は対話の窓を開けていると話していますが、アメリカとの交渉を最優先とする北朝鮮は、日朝協議に応じる姿勢を示していません。その一方で日本は、拉致問題が進展しなければ、エネルギー支援に参加しないという従来の立場を貫いています。日本の交渉筋は『アメリカは、北朝鮮の問題はそんなに大きくないから降りることができる』と話していて、アメリカが核問題で妥協し、拉致問題が取り残されるのではないかと警戒しています」

山本浩之
「わかりました。ありがとうございました。北京から中嶋記者が伝えてくれました。さあ青山さん、またこれ始まりましたけれども、私たち日本人は何を期待すればいいのかっていう気がするんですけども」
 
青山繁晴
「あのね、今まず、早い遅いという話があったでしょ。それはね、はっきり言ってどうでもいいんですよ。早かろうが遅かろうが関係なくて、問題は中身でね。これ、あの、普通の国民の方が普通に考えればわかることで、今までさんざん世界をだまくらかしてきた北朝鮮がね、これから、その、完全な自主申告と言ってるでしょ。完全な申告と言ってますよね。自分たちがどんな核開発したのかを完全に申告すると。自主申告と書いてないけど、これ自主申告なんですよ。自分で勝手に言うだけ。つまりIAEA、国際原子力機関、その他の国際的な査察はなしですよ。何で北朝鮮が急にそんな正直になるんですか。はっきり言うと、完全な嘘だらけの申告はあるでしょう。で、その申告した中にね、こうリスト出しますが、うちは、これ、核施設です、ほんとは隠しながらね、これについては無能力化します、と。それだったらね、年内にできますよ。さっきの中嶋さんの話とちょっと違うけども」

山本浩之
「みんな嘘だとわかってるんですよね」

青山繁晴
「嘘だとわかってる。みんなが演技しながら、これ、どんどん話が進んでるってことです。はっきり言うと、去年の10月に核実験した程度のあの核兵器だったら、北朝鮮にはもう持たせてやろう、オモチャみたいなもんだ、困るのは日本だけだから、という話になってるわけですね」

山本浩之
「そこで拉致問題の話っていうのは、じゃあもう到底出てきそうにないんですか」

青山繁晴
「いや、あの、一つ言うとね、今まではむしろ、たとえば外務省の幹部の多くね、それから自民党のかなりの人たちがね、そもそも核やミサイルと、拉致は切り離さなければだめだろう、僕にもね、青山さん、そうでなきゃと言ってたんですけど、これ逆ですよ。切り離したら、そっちだけどんどん進んでいっちゃうから。もうとにかく意地でも、意地って言っちゃいけないけど、とにかく戦略としても拉致問題とむしろ結びつけて、とにかくみんなを現実に引き戻すしかないです。北朝鮮が正直な良い子になったなら、なぜ拉致被害者は返さないんだということを言い続けるしかないです、一つには」

山本浩之
「それを6カ国協議のテーブルで佐々江さんが言ったところで、どこまで向こうっていうか、相手が乗ってくるのか、あるいはそれ以外の国が……」

青山繁晴
「だけどね、さっき早い遅いはどうでもいいと言ったのは、目の前の事態だけじゃなくて、先を見た方がいいです。今、北朝鮮の核がこうやって認められてしまっても、じゃあ3年後も4年後もそうかというとね、いつも言ってますように、中国という大きなプレイヤーがオリンピックと万博を終えた後の2011年以降になったら、本当は自分の属国と考えてた北朝鮮が核を持つことを本当は嫌がるだろうから、そこからまた事態は動いていくわけですよ。但し拉致被害者の家族の方々が高齢化してるから、あと3年4年待てというのは僕、非常につらいんですけど。しかし目の前のことにあんまり慌てない方がいいです。しっかり拉致と結びつけた方がいい

室井佑月
「何か、ブッシュさんがヒルさんに、早く目に見える結果を出せって言ってるから、結局、拉致問題も全然進展しなくて、日本は核の脅威にさらされるという、一番つらい立場に追い込まれちゃう、そういうふうにどんどん進んじゃう気がする」

青山繁晴
「その通り」

山本浩之
「だけどブッシュさんはカメラの前で、そして演説の時も、横田早紀江さんと約束したことを守ると言ったじゃないですか。それが世界に発信されたじゃないですか。それをやらなかったら、ヒル国務次官補のいわゆるリポートの通り、それで評価できるなんてことを言った日には、嘘つきになりますが、彼は」

青山繁晴
「だから、まさしくアメリカの、国務省だけですよ。国務省やあるいは、その、ブッシュ大統領の気持ちは切り離して、拉致問題頑張りますからと言いたいのかもしれないけど、それ切り離されたら日本は終わりですよ」

山本浩之
「で、ま、今日の青山さんの“ニュースDEズバリ”は、この話にも大きく関わってくることだと聞いてますけれども」

青山繁晴
「その通りで、今、その室井さんやヤマヒロさんの話からも出たように、日本は追いつめられてるのは事実ですよ。しかしね、実はその、僕が今まで言ったこと以外に、この新しいもう1コのやり方がありますってことを、皆さんにお話ししたいんです」(キーワードのフリップ出す)

<キーワード>
 恐いロシアを使う

山本浩之
「『恐いロシアを使う』……」

青山繁晴
「はい。6カ国協議で見ていただくとおわかりの通り、6カ国のうち日本だけじゃなくて、実はロシアも最近、何の役割もできてない。何してるかわかりませんね。で、一方でロシアは、リトビネンコさん、みなさん覚えてると思いますが、元スパイのリトビネンコさんを毒殺したと見られるように、とっても恐いですよね。で、今まで北方領土まわって日本と関わりなかったけれども、今まで関わりがなくて、しかも恐いロシアだからこそ、これから使えるという話をしたいと思います」

山本浩之
「ではいったんCMをはさんで、青山さんの解説です」

(いったんCM)

 …………………………VTR開始…………………………

IOC『国際オリンピック委員会』ロゲ会長
「2014年、冬季オリンピックの開催地は、ソチです」

(ロシア人が大喜びしてる映像)

070718-02sochi.jpeg 2014年の冬季オリンピック開催地は、ロシアのリゾート地・ソチに決定した(今月4日)。

070718-03putin.jpeg 最後まで争った韓国の平昌(ピョンチャン)を4票差で競り勝った背景には、プーチン大統領自ら、英語とフランス語で訴えた見事な演説が、大きな役割を果たしたという。

 ロシアでこれまで開催されたオリンピックは、西側諸国のボイコットに揺れた1980年のモスクワオリンピック以来。
 ロシアは念願のオリンピックに向けて動き出した。

 しかし、その一方で気になるニュースが――。

 今週イギリス政府は、ロシア人外交官4人の国外追放を決めた。

070718-04ritobi.jpeg 去年11月、ロシアの元スパイ、アレクサンドル・リトビネンコ氏が、放射性物質ポロニウムで毒殺された事件。

 容疑者として元同僚のロシア人の引き渡しを求めたイギリス政府は、ロシア側に拒否され、対抗措置に出たものだ。

070718-05eiro.jpeg 今やイギリスとロシアの関係は、冷戦後最悪の状態となってしまった。

 オリンピック招致で見せた平和の顔と、暗殺事件で見せた強面の顔。
 2つの顔を持つロシアの本当の姿とは。

 この後、ズバリ解説します。

 …………………………VTR終了…………………………

山本浩之
「ほんと、2つの顔を持つと言われてますけども、このロシアをじゃあどういうふうに利用するのか。今日の青山さんの“ニュースDEズバリ”です。よろしくお願いします」

070718-06tuihou.jpeg青山繁晴
「はい。まず最初にリトビネンコさんの事件を考えたいんですけど、実はイギリスがロシアの外交官を、この事件に関して追放したので、今、英国のBBCはこの件ばっかりなんですよ。見てみるとですね、夕べも仕事しながらずっと見てたんですけど、BBCで流れるのは、この顔が繰り返し交互に出てくるわけですよ(リトビネンコ氏の元気な時の顔と病院のベッドでの顔)。これ、使用前・使用後じゃないんですよ。つまりカツラじゃなくて、もともとリトビネンコさんという被害者の方ですけれども、元スパイですね、毒を盛られたら、その後髪の毛が全部抜けてしまって、顔もこのように死相が出たということですね。ちょっと事件をおさらいしてみましょう」

070718-07ritobi1.jpeg村西利恵(進行役)
「青山さん曰く、ロシアの恐い部分を象徴するような事件だということなんですが、アレクサンドル・リトビネンコ氏、イギリスに亡命中の元ロシア連邦保安局の職員でした。2006年11月に死亡しています。そしてこの時、体内から放射性物質ポロニウム210が検出されるという、何とも異様な事件だったんですよね」

青山繁晴
「これま、ちょっとこのへん難しく感じるかもしれないけど、要はスパイです、ロシアの。ところがプーチンさんが大統領になった2000年に、イギリスに亡命したんです。なぜ亡命したかというと、あまりにも暗殺がむごすぎるというようなことを告発して、イギリスだったらちゃんと守ってくれると思って亡命して、で、しばらくはほっとかれたんですけど、2006年、去年にイギリスの市民権を取ったら、その後、寿司レストランで情報収集してたら、そこから体調悪くなっていって、この2006年11月中に死んでしまったという事件なんですね。で、この人の尿の中から、放射性物質のポロニウム210という、非常に変わった物が出てきた。で、これを未だに普通の報道ですとね、これ要するに、誰の犯行かわからないようにするためだというふうに報道されてますね。これははっきり言うと、逆さまです。というのは、誰がやったかわかるようにする。これちょっと出して下さい」(パネル一番下の伏せてあった『ロシアの暗殺手口』という文字表示される)

070718-08ritobi2.jpeg村西利恵
「『ロシアの暗殺手口』……」

青山繁晴
ポロニウム210を使うような暗殺手段は、ロシアしかやらない。だから、どうせ尿を検査されるのわかってるわけですから。病院に収容されてるんで。だから必ずポロニウム210が検出されるのがわかって、ロシアの関係者と思われる人がやったわけですから、これはロシアが自分で、ロシアの政府とはさすがに言いませんよ、しかしひょっとしたら政府に関係あるかもしれない、そのロシア側がやったこと、見せるためにやったんです。どうしてこれ、はっきりわかるかというと、ちょっとだけ解説しとくと、このポロニウムというのは、作るためには、原子炉とか加速器とか、大きな国でなければ作れない施設が要るわけです。ロシアはこれ、現に1年に8g作ってるわけです。もしも1g人間の身体の中に入ったら、内臓が全部やられる。多臓器不全になる。致死量の170万倍と言われてるわけです。で、国家しか作れません。しかもなぜかそれ作ってるのロシアですから、ロシアがやったとわかるようにした。つまりロシアが脅しとして使った。つまり一つは国内に向けて、プーチンを批判する者はこのようにやられるよということであり、それからもう一つは世界に向けて、たとえばイギリスのように国家意識の非常に強い所、主権意識の強い民主主義のしっかりしてる所でも、匿ったらお前の所に乗り込んで殺すぞという二つの脅しをやってるわけですね。で、このようにおっかないなというの、みんなわかると思うんです。で、プーチン大統領が就任してからこれは起きた事件ですから。ところがプーチン大統領の支持というのは、ロシア国内で非常に高い。元KGB、元スパイです」

村西利恵
「恐そうに見える方ですよね」

青山繁晴
「実際恐いわけですけど、でも、じゃあなぜロシアで支持が厚いかというと、答えは一言で言うと、これです」

070718-09koutei.jpeg村西利恵
「『皇帝を目指す』……」

青山繁晴
「皇帝というのはロシア語で『ツァーリ』と言いますけど、皇帝というと、僕らの感覚だと、そんなものを目指すのは悪い人だとなる(一同うなづく)。ところがロシアの前のソ連というのは、かつて世界を二つに分けて支配してたわけです。それがあっという間に冷戦の終結でつぶれていって、1991年にソ連が崩壊してしまって、その後ロシアになってからボロクソに言われてきたわけです。で、その前に戻りたい。しかし社会主義に戻るわけにはいかないから、プーチンがもし皇帝になるんだったら、それはロシア人にとってはむしろ溜飲が下がるっていうか、気持ちいいことなんですね。これは僕が適当に言ってるんじゃなくて、実際に今のロシア、あるいは中国を歩いて聞いてる話として、今みなさんに申してるわけです。で、プーチン大統領の凄みあるところは、ただ皇帝として威張るだけじゃなくて、具体的なことをやってます

070718-10sihai.jpeg村西利恵
「『天然ガスなど資源による“世界支配”』……」

青山繁晴
「これ、油じゃないところもミソで、つまりもう地球温暖化の問題が大きくなってるから、油よりも二酸化炭素が2割方少ない天然ガス、そういう資源を使って世界支配を考えてる。世界支配に進んでる。これも抽象論で言ってるんじゃなくて、具体的に、ちょっと地図で見てみましょう」

070718-11map1.jpeg青山繁晴
「新聞で見た方あると思います。かつて旧ソ連圏だったウクライナが、このアメリカやヨーロッパに近くなったら、天然ガスを一時期送らないようにしたり、あるいは値段を上げたりしていじめてるという話があったわけです。その程度だったら日本や世界にはあまり関係ないんだけど、ほんとはこのウクライナを使って、たとえばドイツで使ってる天然ガスの8割ぐらいは、実質的にはロシアからもたらされてるものだという分析もあるわけですね。そうすると、実はウクライナという問題じゃなくて、ヨーロッパ全域をロシアが天然ガスを使って、つまり、言うこと聞くんだったら天然ガスあげるよ、聞かないんだったら値段上げるよ、止めちゃうよ、という支配をしてて、もう一つは、ちょっとこっちに飛んで下さい」(地図にイランとカタールが表示される)

070718-12map2.jpeg青山繁晴
「ここにカタールってあって、『アンカー』でも中継やりましたね。いわゆる湾岸諸国ってやつで、全く親米なんです。しかしこの親米のカタールが天然ガス採れるんですが、そこにプーチンさんがモスクワからこっそり使者を送って、つまりイランも巻き込んで、反米のイラン、親米のカタールも巻き込んで、僕たちで天然ガスの値段を決めてしまおうということをやってるわけですね、その交渉を。あれほど親米国家だったカタールが、実はそれに相当乗り気になってて、世界中が心配してるってことあるわけです。そして、さっきリトビネンコさんがイギリスに亡命したと言いましたね。なぜ亡命したか、亡命先がイギリスだったかというと、イギリスは主権国家の意識が強いというだけでなくて、ヨーロッパで珍しく自前の資源持ってますね。ここに北海油田、北海ガス田があるから、だからイギリスだけがロシアに対してものを言うことできるから、リトビネンコさんはロンドンに亡命して、安心して市民権を取ったら殺されたというのが、実はこの事件の真相なわけですね」

山本浩之
「恐いね〜」

青山繁晴
「で、もう1コ言うとね、プーチン大統領はさっきVTRにあった通りね、恐いと同時に、こうやってオリンピックの誘致に成功するってことをやってるでしょ。オリンピックの誘致に成功したのも、実は天然ガスをこうやって巧みに値上がりさせたことによって、あの韓国と争ってる時にね、ロシアは1兆5000億のお金を出せると言ったわけです。で、世界中がそれを信じざるをえないわけ。で、もう1つ言うと、たとえばオリンピックの招致の争いで、ワイロの現ナマ、あるいは現ナマ以外のワイロ、いろいろありますね、食べ物とかそういうのも、それを使わないのは日本国だけで、どことは言いませんが、他の国は大半それ使うわけです。だからはっきり言うと、ワイロ合戦になったあげく、そのプーチン大統領の1兆5000億の約束も含めて……」

山本浩之
「あれ、プーチンさんが英語とフランス語でもスピーチしたから評価されたとか、そんな美しい話じゃないんですか?(笑)」

青山繁晴
「それはほんの見せかけの話で、ほんとはそれを聞いてる人たちが、たっぷり、現金も含めていろんな物を受け取ってるからです

村西利恵
「それぐらいロシアは今、潤ってるということ……」

青山繁晴
「潤ってるし、それがプーチンさんという人の、あるいはロシアというものの今の姿なんです。そのロシアを利用するのはどうしたらいいかという、ヤマヒロさんの問いに僕は答えなきゃいけないんですが、キーワードはこれです」(キーワードのフリップ出す)

<キーワード>
 ありえない日露連携

村西利恵
「『ありえない日露連携』とありますけども」

青山繁晴
世界中が、日本とロシアが連携するなんて絶対ないと、今、信じ込んでるわけです、たった今。どうしてかというと、まず北方領土の問題が大きく引っかかってる。それから日本は戦争に負けたから、平和国家になってんだから、こんな暗殺をやらかすような国と組むわけがない。それから実は日本はサハリンで、日本の商社がせっかく作ったやつが、ロシアに勝手に取られたりしてるんだから、連携なんてありえないと思ってるわけです。連携しろという意味じゃないですよ。みなさん誤解しないで下さいね」

村西利恵
「そこをどう利用するのか、CMの後、詳しく解説していただきます」

(いったんCM)

青山繁晴
「あの、もう1回フリップ出しましたが、『ありえない日露連携』。CMの前に、誤解しないで下さいと言いましたね。日本が苦しいからといって、ロシアにコビを売ってですね、北方4島全部私たちの領土なのに、半分だけ返してもらいましょうとか、そんな話をしてるんじゃないです。これ、どの場所でやるかというと、ありえないはずの日露連携をどの場所でやるかというと、これはもちろん話は元に戻って、6カ国協議の場でやるんです。何でロシアが今、6カ国協議で黙ってるか。実はロシアはタイミングを計ってます。というのは、ロシアが6カ国協議に参加してる本当の意味は、できれば北朝鮮をいただきたい。北朝鮮を勢力下に置きたい。ロシアは伝統的に南に下がっていくことが大事ですから。北朝鮮がもしも中国と離反したらそこに割り込む、そのチャンスを窺うために6カ国協議に入ってるわけです。だからさっきちらっと言いましたけれども、やがて上海万博が終わってしまって2011年以降になったら、中国の胡錦濤さんは金正日さんを排除しようとするかもしれない。属国が核を持ってるというの許せないから。その時にロシアがぱっと金正日さんの側についたら、入り込めるんじゃないかということがあるわけですね。で、こういうおっかないプレイヤーが6カ国協議の中にひしめいてるというのは、日本のように戦争ができない国にとっては、外交が本当にやれるんだったら食い込める唯一のチャンスなんです。というのは、ありえないと言いました通り、国際社会がまさかと思ってる、日露が連携するかもしれないというだけで、十分カードになって、日露の連携があるかもしれなくなったら、言ってるのは6カ国協議の場だけなのに、たとえば中国はどう思うかというと、頭の後ろのロシアと目の前の日本が連携したら挟み撃ちになる。これは大変だとなるし、アメリカはアメリカで、プーチン大統領はもうアメリカなんか、何するものぞ、ヨーロッパにミサイル置くんだったら、我々やることやるぞと言ってるわけです、アメリカに対してね。アメリカも日本が、アメリカだけでなくロシアともくっつくかもしれないと言ったら大変だから、みんなが慌てる。慌てると、今どんどんどんどん進んでいってしまうことを止められるという意味で、実は6カ国協議の場で、ロシアと日本の連携をチラチラ見せるということは大事なんです。
 で、今日、最後にどうしても僕、これだけは言いたいことがあって、参議院選挙の公示があって1週間経ちましたね。その1週間の間に、今出てきたアメリカとか中国とかイギリスとか、話に出てこなかったけどフランスとか、いろんな国々の研究者と、それから政府高官から、もう嫌になるぐらい僕に問い合わせが来るんです。言葉は違うんだけど趣旨はほとんど同じで、その、日本の国政選挙は外国の選挙と1点だけ違うけど、なぜ違うのかと聞かれる。その違いは何かというと、なぜ日本の国政選挙は、外交と安保が争点にならないのか?と。今、6カ国協議やってて、たとえば北朝鮮問題で、拉致被害者を全員取り返すのか、それともちょっとの人数でとりあえず妥協するのか、そうやってたくさんの違いがあるはずなのに、なぜ日本の選挙ではそれが争点にならないのか?と。で、これ、僕は実はアメリカに対しては、余計なお世話ですと、It's none of your business.と言ってやり返したんですけど、しかし僕らの国政選挙がいつも外交・安保が争点にならないから、それが世界への逆メッセージになってしまってるから、とにかく外国で何をやっても日本は文句言わないということになってるわけです。まず国民が、その、参議院選挙に行く時に、外交・安保を問いかけながら行く国民に変わると、やっとそこからしたたかな外交というのも動き出して、そのしたたかな外交になったら、このありえないはずの日露連携カードを使った○○(聞きとれず)に変われる。だからみなさん、最後のお願いですけど、参議院選挙にはとにかく、どんな考え方の人も投票に行っていただくと同時に、外交・安全保障も考えに入れて、どうぞ行って下さい。そのことが日本の外交を、そのことだけが日本の外交を変えますから」

070718-13boshu.jpeg山本浩之
「わかりました。ここでお知らせといいますか、みなさんにお願いですが、視聴者のみなさんから青山さんへの質問・疑問を募集したいと思います。ぜひこんなことが聞きたいという方は、メールかファックスでお寄せ下さい。こちらの宛先までよろしくお願いします。番組内で解説をさせていただきます。以上、“ニュースDEズバリ”でした」

 ____________________________内容紹介ここまで


 6カ国協議の最新ニュースはこちらからどうぞ。

 確かに日本は苦しい立場に陥っていってますね。
 きっとまた「バスに乗り遅れるな」論が出てくるんでしょうが(もう出てる?)、焦ってもろくなことはないので、ここはやはり青山さんの言う通り、長期的に見ていくべきだと思います。「拉致」をしっかり言い続けて、北朝鮮を追及する手は決して緩めちゃいかん!

 ロシアとの連携(らしきこと)、できたら面白いんでしょうが、日本が上手く立ち回れるかどうかというと、大いに疑問符が……。だってプーチン、恐いんですもん(T^T)

 「プーチンさんはいい人です」って迷言を思い出してしまいましたよ。

 ご存知ない方のために説明すると、少し前の「たかじんのそこまで言って委員会」にジャーナリストの林克明さんがゲスト出演されて、チェンチェンの実情を伝えてくれたんですが、オチが「プーチンさんはいい人です」という言葉だったという(^_^;

 林克明さんのブログに、その時の模様がちょこっと紹介されてます。

 チェチェンで起きていることを話したのだが、とても笑いですまされる内容ではない。しかし、柔らかい雰囲気にまだされ、ついついチェチェンで見たこと聞いたことや、私が考えていることを正直にペラペラとしゃべってしまったのである。

 そこで最後のほうで、「ちょっとこれだけは言っておいたほうがいいと思うのですが、プーチンさんはいい人かもしれないです。一応いっておかないと・・」

 と情けないフォローにならないフォローをしてしまった。実際、どんどん人が殺されている。いつ自分の身に火の粉が降りかかってくるかわからないのだ。

 笑えるようで笑えない話でしょ?(T^T)

 最後に、青山さんコーナーの告知についてですが、関西テレビが映らない地方の方もお送りいただくといいかも。映らない地方の人からも注目されているとわかれば、青山さんの士気もさらに高まると思いますし。

 画像を拡大してもらってもまだ見えにくいかもしれないので、念のため書いておきますね。

青山の「ニュースDEズバリ!」

 “青山さんに聞きたいこと”大募集!

  e-mail news@ktv.co.jp
  FAX 06-6361-1234


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済

 私が未だに忘れられないアニメについて。


 今日もスクロールお疲れさまでした<(_ _)>
 以下は「アンカー」関連リンク集です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

※参考リンク
ON THE ROAD : Aoyama 's Daily Essay(青山繁晴さんのブログ)

※動画ご提供
国風(“たか”さんのサイト)

※拙ブログ関連エントリー/「アンカー」起こし
06/5/11付:「アンカー」ポスト小泉を青山氏がズバリ
6/15付:「アンカー」拉致問題に隠された北の陰謀by青山繁晴
7/13付:「アンカー」北制裁とテロの危険性by青山繁晴
7/20付:「アンカー」国連と北朝鮮&「ぷいぷい」韓国
8/24付:『アンカー』北朝鮮核実験で日本の核武装論が高まる?
8/31付:『アンカー』皇室はどうあるべきか?
10/5付:「アンカー」安倍さんは家康〜北核実験宣言、訪中・訪韓、消費税など
10/26付:「アンカー」金正日、逆襲の一手!?
07/1/11付:「アンカー」山崎拓訪朝で拉致問題に異変?
・(おまけ)1/15付:「報道2001」山崎拓×青山繁晴
1/17付:「アンカー」山崎拓訪朝で加藤紘一政権誕生?!
1/24付:「アンカー」米朝妥協で日本はどうすれば?
1/31付:「アンカー」米大統領選で日本の運命は&柳沢発言問題
2/8付:「アンカー」外国人犯罪者の逃げ得を許すな
2/14付:「アンカー」6カ国協議合意で今後の日朝関係は?
2/19付:「アンカー」李英和教授の解説&総連の動画
2/22付:「アンカー」安倍内閣改造の時期は?人事は?
3/1付:「アンカー」韓国メディアが伝える北朝鮮 小さなニュースに宝あり
3/8付:「アンカー」米国に告ぐ!ヒル国務次官補即刻解任せよ
3/15付:「アンカー」安倍変身&慰安婦問題など
3/23付:「アンカー」中東経済会議で北朝鮮問題
3/29付:「アンカー」カタール報告 日本核武装を求める2大国
4/5付:「アンカー」イラン戦争秒読みか?
4/12付:「アンカー」BDA凍結資金解除と渡辺秀子さん親子事件
4/19付:「アンカー」今年は参拝なし?温家宝 微笑の真相
5/3付:「アンカー」安倍がブッシュに約束させた本当の事
5/10付:「アンカー」日米報道の差 首脳会談・銃乱射・慰安婦
5/17付:「アンカー」国民投票法成立 安倍首相の真の狙い
5/24付:「アンカー」ペルー日本大使公邸人質事件の真実
5/31付:「アンカー」安倍総理と二人きりで緊急会談
6/7付:「アンカー」脱北家族の正体
6/14付:「アンカー」朝鮮総連が公安調査庁元長官に本部売却
6/21付:「アンカー」参議院選挙の行方
6/28付:「アンカー」北問題で国務省幹部に直撃(付:慰安婦決議)
7/5付:「アンカー」北の壮大な罠(付:久間大臣辞任)
7/12付:「アンカー」有本恵子さんご両親インタビュー


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバックを下さる方へ
サーバー不調につき、トラックバックを送信してすぐに反映されない場合、こちらで受信できていない可能性大ですので、もう一度送信なさって下さい。それでも反映されない場合は、コメント欄にURLを書き込んでトラックバックの代用として下さい。あるいはミラーブログの方にトラックバックを送信なさって下さい。お手数をおかけしますが宜しくお願いします。

★コメント(投稿)を下さる方へ
初めてコメント下さる方は、こちらのガイドラインに一度目を通されてから宜しくお願いします。
TV番組内容紹介 | comments (16) | trackbacks (1)

Comments

 くっくりさん、アンカー起こしお疲れさまです。「ロシアと連携するorしない?」ではなく、「連携するかもしれない」それ自体が外交カードになるというのは、外交下手な日本人には馴染みのない発想かもしれませんね。それに、現在の害務省だと、このカードを利用して苦境を脱するというのはムリのような気も…。青山さんの「外交が本当にやれるんだったら」という条件がネックですね。

 ただ、ロシアに着目するというのは目からウロコでした。わたしの勝手なイメージですが…。ロシアは、中国がキープレイヤーとなる六カ国協議という枠組みを早く収束させたい。その上で、いずれこの地域での主導権を握りたい。現在は将来の布石を念頭に、六カ国協議でのポジションを決めている、と見ていました(先日のBDA送金問題では米朝接近のアシストをして、ちゃっかりと両国に恩を売ってますし)。正直、わたしはロシアを考慮の外に置いていました。
 お恥ずかしい(´∀`*)

 以下、蛇足です。昨日青山さんが出演されたラジオ番組では、解説の順番がアンカーと違うし、テーマも(アンカーの最後でチョコっと触れた)参院選の方がメインでした。

〆2鵑了憶〜では、外交・安保が全く争点になっていない。(日本は多くの外交問題に直面しているにも関わらず)
◆繁擬稾疑諭匹癖胴駝馨福淵▲鵐ーで出た「逆メッセージ」の具体例)――同省は、国政選挙で外交が争点にもならないような日本には何をやっても大丈夫、これだけ踏みつけても大丈夫、とタカを括っている。
その打開策としての『ありえない日露連携』
ぁ屬靴燭燭な外交」には、まず国民の関心が絶対の前提条件!!

 だから、有権者には外交・安保にも注目して欲しいという、まとめでした。(論旨は、当然アンカーと同じですね)
独立自尊 | 2007/07/19 02:46 PM
日本の政策転換なければ核無能力化留保、総連機関紙が報道

こんなニュースがでましたが、
日本は核無能化がなければ対抗策として核保有を考える
拉致解決がなければ資金協力、食糧援助はできないとでも言えれば良いんですが
まあ、核保有なんて言える奴はいないでしょうがw
日本の核保有と北朝鮮の核保有
どちらか選べ、と言ってやりたいですね
take | 2007/07/19 04:36 PM
「プーチンさんいいひと」発言はこのジャーナリストが殺されていないのでいい人と答えたと記憶しています。
チェチェンに何度も潜入していてロシアの事情にも詳しい人ですので決してチェチェンでの出来事を擁護しているわけでは無いと思いますよ。
sita | 2007/07/19 05:04 PM
自主申告は、分かっていましたがはっきり言われると衝撃ですね。追加支援の話に移ってますが、日本はアジア開発銀行の資金口もしばりましたし、4カ国でもう一度騙されてくれと思います。
bitter | 2007/07/19 05:08 PM
皆さん、さっそくコメントありがとうございます。

独立自尊さん:
ロシアについてはほんとに誰も思いつかなかったんじゃないでしょうか。専門家もおそらくほとんどは。あと、いつもラジオ番組のレポート、ありがとうございます(^o^)

takeさん:
総連もどこまで厚かましいんだか……(^_^;

sitaさん:
あ、もちろんそれはわかってますよ。すみません、書き方が悪かったですね<(_ _)>。林さんを責めるつもりは毛頭なくて、ただ、ああいうバラエティ色の強い番組であっても、「プーチンさんはいい人」とフォローせざるをえなくなるほど、プーチンに関わった人は恐怖心を抱いている、ということですね。

bitterさん:
6カ国協議は最初から茶番劇っぽかったですけど、ますますエスカレートしてますよね。正論を言い続けている日本だけが逆に浮いてしまうというのは、本当におかしな図式だと思います。
くっくり | 2007/07/19 06:20 PM
先日の話を今更ですが。


産経のやばいぞ日本について、
こういう評があります。
皆様できればご一読願います。


【やばいぞ産経】F-2関連煽り記事問題・仮設置 : 週刊オブイェクト
http://obiekt.seesaa.net/article/48113955.html
azz | 2007/07/19 06:49 PM
>日本は核無能化がなければ対抗策として核保有を考える

本当に、これくらいのことは当然に言うべきですが、片や、新潟県中越沖地震では、国家のエネルギー政策とは無縁の左巻き売国者たちが、「原発は出て行け」と奇声を上げていました。
原発どころか、核保有を当然視しなければならない状況下にあるのに・・・
すっきり | 2007/07/19 10:08 PM
そう、青山さんは日本の核保有に反対でしたね。核保有議論も発端は、同じ戦略だったと思います。ですから、「核では無く、ロシアを使え」が青山さんの主張だと思いました。

しかし、現実にはどちらも難しそうですが、当面は安倍政権で「主張する外交」を推進して行ってもらいたいと切に願ってます。明日、総領事館に投票に行きます。
Risshin | 2007/07/19 11:04 PM
くっくりさん
今日もアンカー起こしお疲れ雅です。

今日のBBCは、ロシアが報復に英国外交官を4人国外退去の話でもちきりですが・・・。

日本がロシアと組む・・うーん。

確かに意外性があって、やってみたら結構いろんな面に効果が発揮できそうで面白そうな気もしますが・・・なにしろ、普通にやれそうなことすらろくにやらない外務省ですから、ちょっと期待薄ですねぇ。

こんなヒネリのある外交ができていれば、今ごろ中韓にこんなにナメられた状態ではないでしょう。

それにしても、プーチン皇帝ですか。

わたしゃ、ロイヤルファミリーのある国は上品で好きですが、ロシアが皇室を復活させるならロマノフ王朝の血を引くものを、イギリス王室(ニコライ二世はジョージ五世のいとこでした)あたりから引っ張ってくるのが筋ではないかと。

ここでプーチンが本当に皇帝になったら、世界史年表に「2007年プーチン朝誕生」とか書かれるわけですね。しかし、暗黒パワーでのし上がってきて皇帝の座につくってのも、中国の易姓革命のようでなんだかなぁ。
にゃはにゃは | 2007/07/20 12:46 AM
起こしお疲れ様です

>日本は核無能化がなければ対抗策として核保有を考える
去年の秋ごろでしたか、中川政調会長が議論はしてもよいのではという趣旨の発言をして叩かれまくったのを思い出しました。
今の日本では冷静にそういう議論はとてもできそうにないですね。

ふと思ったのですが、世間一般のロシアやプーチン観ってどんなんなんでしょう?
あまり悪いニュースが流れているのを見たことがない気がするので、本気で「いい人」とか思っている人がいそうで怖いです……。
平成 | 2007/07/20 01:10 AM
くっくりさん、ご苦労様です。

 拉致限定でロシアと提携する事は有り得るでしょうが、特亜以上に露とは一線を画しておかないと、ナチと同盟するよりキツい事もあるかも。・・・核兵器保有の方がまだマシ。
 
 しかし、外交・安保が争点にならないのは、日本人の甘い国際感覚の表れ・・・というより反日工作が浸透しているから。
 
 幕末から明治期にかけては、国民の間にも程度の差はあれ、外交・安保は最重要視されてきたし、WW1後、列強の地位を占めてからも、国力・・・精神力の過信はあったろうけど重要視していた事に変わりはなかった。
 けど、敗戦後のGHQ洗脳で完全に思考力を奪われ、その後の特亜工作で外交安保軽視が固定化してしまった。
 ユスリ・タカリの効率化のためには、日本人がそのまま麻痺してくれていた方が良かったのだけど、特亜の欲のかき過ぎとネットの浸透が重なって、日本人の麻痺が治り始めているのが今の状況。
 
「知ってますか、逆転するナチスと日本の評価」大磯先生
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column086.html

 このような国際情勢の中では、当初元慰安婦の個人賠償請求に過ぎなかった問題が、戦争犯罪に変わり、今は性奴隷・人身売買・ナチ紛いの対人道罪になってしまっている。
 
 これだけ情報が溢れている時代に決して学ぶことがないのだから、今後も思い込みで反日工作を続ける人もいるんだろうけど、外交・安保軽視というより妨害していると思われる事だけは承知して頂きたいですね〜。
福原 | 2007/07/20 03:04 AM
くっくりさん、初めまして!いつも拝見しております。

たかじんの番組で林克明氏を拝見して早速本を購入しなればと思っていたのですが、今ブログの他のエントリを見てみると・・・・(゚Д゚)ハァ??

この方おもっきり「左向き」ですね〜ww

いやいや、やはり最後は自分の目でちゃんと見極めないといけませんね〜w
たか | 2007/07/20 06:57 AM
2chより。

【日米】加藤駐米大使が下院に警告:「慰安婦決議案可決なら関係悪化は必至。イラク問題での米支持の変更も」 ★2
http://news21.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1184885651/-100

ソース:ワシントン・ポスト(英語)
http://www.washingtonpost.com/wp-dyn/content/article/2007/07/17/AR2007071701802.html


加藤大使は弱腰で「仕事しろよこのおっさん!!」と思っていたのですが、この件はGJですね。
まっこう | 2007/07/20 06:09 PM
ヒルは北朝鮮とグルになってせっかく交渉がここまで進んだのに
日本が1国で会談をぶちこわしにしたとか主張するつもりじゃないかと
そしてそれは北朝鮮にとっても最高の結果でしょうね
実際は石油だけ出させて何もやってないし
核施設を停止したって最初から動いてるかどうかも怪しい
その施設を停止させるための金をよこせとか言う始末
みんなわかってんのかね
状況が結局何も変わってないことに
  | 2007/07/20 11:06 PM
事ここに至っては、馬鹿の一徹しか
無いと言うことでしょう。ここでぶ
れてはいけないんです。日本がぶち
こわしたと言う非難が起きるとして
も、金を出せるのは日本しかないわ
けです、韓国は、いずれバブルがは
じけます。そうなれば、新たな負担
なんか出来るわけがない。拉致被害
者の皆さんには申し訳ないが事ここ
に至っては、武力によらない限り持
久戦になってしまうのでは無いかと
考えています。
それと、今回の参院選は国防、安全
保障の選挙と考えています。この参
院選で与党が2/3の議席をとらな
いと2011年に間に合わないと思
います。国民の生活は大事なことで
すが、それもこれも日本が日本と存
在してこそです。それを、矮小化し
ている各政党に怒りを禁じ得ません
なみへい | 2007/07/21 11:06 AM
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/ishiigiin.htm

ロシアに寄り過ぎていたため、体制側より危険視され、暗殺された国会議員がいたのをご存知ですか?

暗殺まではいかなかったものの、見事に失脚させられたのは、あの鈴木宗男氏ですが、これもロシアに寄り過ぎたためだといわれてます。
combi | 2007/07/27 05:04 PM

Comment Form

Trackbacks

続「国家こそ,第一」再度,国民と保守派に苦言を呈する[7/27 22:00修正] | 雅子皇太子妃殿下そして皇太子(東宮)御一家を憂う | 2007/07/27 10:47 PM
★民主党よ,「拉致被害者の命は二の次」ですか?★有権者よ,横田めぐみさんたちの命と人権を見捨てる一票を投じてよいのですか?★有権者よ,民主党は貴方方を「その程度の国民」と舐めきっているのだ.★保守派よ,民主党政権が誕生すれば新風も新風連も人権擁護法で壊滅させられます.■本スレッドは「国家こそ、第一...