「サンプロ」皇室典範改正問題
 今日(2/12)テレ朝『サンデープロジェクト』で皇室典範改正問題の議論がありました。
 メモ取ったので要旨をご紹介したいと思いますが、例によって雑です。あいまいな箇所が多いので、あくまで参考までに留めて下さいね(でも櫻井さんの発言はほぼ完璧だと思う)。

 出演は中川秀直氏(自民党政調会長)、平沼赳夫氏(「日本会議国会議員懇談会」会長)、所功氏(京都産業大学教授)、櫻井よしこ氏(ジャーナリスト)、そして司会の田原総一朗氏。

・・・・・・・・・・・・・・・

 まず、田原氏がフリップを片手に「小泉さんのこれまでの強硬姿勢が、秋篠宮妃殿下のご懐妊で変わった。『政争の具にしないように』『期日にはこだわらない』と」。
 また、2/10付産経新聞朝刊を示して「『皇室典範 首相、改正案を断念』。読売もそういうふうに書いてあります。中川さん、小泉さんはなぜ変わったのか?」。

 これに対する中川氏の説明が何だかまどろっこしかったんですが、氏の後ほどの発言も含めてまとめるとこういうことになるようです。↓

男系維持も含め党内論議 皇室典範改正で中川氏
 自民党の中川秀直政調会長は12日のテレビ朝日報道番組で、皇室典範改正に関し、月末にスタートさせる党内閣部会の勉強会では、女性、女系天皇を容認する「皇室典範に関する有識者会議」の報告書にこだわらず、男系維持も含め幅広く議論する考えを示した。
 有識者会議の報告書は皇位継承順位を男女問わず天皇直系の第1子(長子)優先としている。中川氏は「男系維持についてもしっかり勉強し、議論していただこうと思っている。(女性、女系天皇容認と男系維持の)両方を議論しないといけない」と指摘した。
(共同通信) - 2月12日15時24分更新

田原総一朗(フリップ示しながら)
「有識者会議の報告書によれば、(1)女性天皇を認める(2)女系天皇を認める(3)皇位継承順位は男女問わず第一子優先、となっていますが……」

所功
「戦後の皇室典範では側室、庶子は認めないとなりました。私は(1)(2)は認めるが、(3)は女性は出産・育児があるので第一子優先でなく男子を優先させるべきだと思います。125代のうち半数は側室から生まれました。明治天皇、大正天皇も皇后さまのお子ではなかったが、当時はそれが当然という風潮が社会にもありました。昭和天皇が側室を否定され、側室制度をやめられました」

平沼赳夫
「125代の中に紆余曲折あったが、知恵を出して男系を守ってこられた。世界に類のない家系。それを拙速に180度変えるのはいかがなものか。小泉さんはこの国会で決めると。有識者会議が一昨年立ち上げられ、30余時間の議論で結論を出したが、皇太子さまは45歳、秋篠宮さまは40歳になられたばかり。126代、127代は確保されている。小泉さんは『全会一致が望ましい』と、よくぞ決断されたと思う。二つに分かれていがみ合うのは避けたい。今国会では提出しないのが望ましいという声が大きくなった」

田原総一朗
「が、国民世論は7〜8割が賛成と」

平沼赳夫
「最初は8割だったが7割に減った。女系・女帝の区別が国民に周知徹底されていない」

田原総一朗
「それは国民をバカにしている。国民は違いを知っている」

平沼赳夫
「いや、区別は最初の頃はできてなかった。国民がまだ関心なかった。男女同権だから、イギリスも女王がいるから、というふうに。が、関心を持ってこられてデータが変わってきた。こういうことは学校も教えてない。国民をバカにしているということはありません」

田原総一朗(フリップ示しながら)
「憲法14条で法の下の平等が決められている。天皇は女性でもいいのでは」

櫻井よしこ
「憲法と皇室は切り離して考えなければなりません。男女平等とは皇室はほど遠い。世襲制自体が平等でない。選挙権もありません。GHQの作った憲法の規定に皇室を合わせること自体が、ずっと日本の文化を考えると、立ち止まって考えなければなりません。所先生のおっしゃった女性天皇・女系天皇を認めるという点ですが、昭和天皇が側室を拒否されました。皇室の大改革をされました。その昭和天皇のご意志を継ぐ形で、私たちは何とかしようとしています。が、昭和天皇はもう一つ重要な定義をしておられます。昭和6年3月26日のことですが、元老の西園寺公望に『何とか養子を認めることはできないか、審議してくれ』と言っているんです。なぜかと言うと、それまで内親王さまだけ4人お生まれになって、今の陛下は昭和8年のお生まれですから、お子さま全て女のお子さまで、私たちが考慮しなければならないのは、今のように昭和天皇は女系天皇は考えられなかったということ。4人の女のお子さまがいたが、女性天皇も考えずに、元老に対して、養子を何とかとれないかと言っているわけです。男系で繋いでいきたいというご意志。これを西園寺にご下問して間もなく1年後に(今上天皇を)ご懐妊になった」

田原総一朗
「いまの憲法をGHQが押し付けた、それでおかしくなったと?」

櫻井よしこ
「GHQの押し付けた憲法でも、皇位継承は基本的に明治憲法と変わりません」

所功
「櫻井さんのおっしゃった中に大事なご指摘が2つありました。1つは、昭和天皇のご意志である養子、これが昭和の初めから問題になっていたのですから、考えて行かねばならない。明治時代になぜ養子制度が禁止されたかというと、あまりにも宮家が多かったから、養子を認めると混乱するので否定したわけです。今は宮家そのものが少なくなっているから、養子制度は十分検討することです。もう1つは、日本国憲法は確かにGHQの総和に基づいてできたものですが、それにすら、第一条〜第八条まで天皇という規定を設けています。つまり第三章の国民の権利及び義務とは例外として、天皇を特別に位置付けているという意味では、国民一般の議論とは別に、天皇の問題はきちんと議論しなければなりません」

田原総一朗
「今の皇室典範は養子を認めてない。改正しなければいけないのでは?」

櫻井よしこ
「皇室典範は改正した方がいいです。紀子さまのご懐妊とは全く別に、静かな環境で、日本の歴史に基づいて、先祖からの心の繁栄としての皇室をどのようにしていくか、議論をしていくべきで、一部の改正は必要です」

平沼赳夫
「125代の中に、8代10名の女帝がおられました。(田原、歴代の女帝のフリップ示す)男系が絶たれそうな時もあったが、その都度知恵を出し、例えば光格天皇は後桜町天皇のあとに即位されたが、5親等離れた方を連れてきました。いま、126代、127代は保証されているわけですから、例えば養子をとれるようにするとか、終戦時は14宮家あったが、GHQの方針で11宮家を臣籍降下し、宮家を廃絶しました」

所功
「皇位継承はなるべく直系でつないでいきたいというのは、人類として自然な考え方。あまりに親等が離れている所から連れてくるのは、皇位の安定につながるかどうか」

田原総一朗
「皇室典範と憲法が矛盾してる」

所功
「矛盾でなく例外です」

櫻井よしこ
「明治憲法の時も女系論は出ているんです。政府の中で、伊藤博文とか井上毅など、いろんな人が議論をして、日本の文化、文明、歴史を考えれば、女系天皇はまずいと。いくら私たちが開国をして、西洋に追い付き西洋化しなければならないと言っても、それはまずいんだと、相当の議論をして男系になったんです。それが明治憲法の第一条ですよね。その後、日本が敗戦してGHQが憲法を作り直す時にも、やはり女系の問題は入ってきましたが、その時もまずいねという議論があって、GHQのマッカーサーは本当は天皇家を潰したかったが、マッカーサーにしても憲法論議をし、日本国民の皇室に対する想いを見た時に、いま潰すことはできないし、男系で行くべきだというので決められているんです」

松原聡(外野席から)
「皇室は憲法の例外になっていると言いますが、国民の意識として男女平等というのがある。それとのずれは問題にならないんですか?」

櫻井よしこ
「ずれを埋める形で皆で勉強をし、論議をしていかねばならないと思います。タブーだから触っちゃいけないというのではない。ただ、間違った前提で議論が行われています。先ほど田原さんが35親等離れていると言われましたが、継体天皇、光格天皇も10親等、8親等離れていて、すごい傍系の天皇を突然持ってきて天皇だというのはおかしいから、その時、古の人々はどうしたかと言いますと、直系の天皇の内親王を配偶者として結婚させているんです。ですからお血筋としては、男系で天皇家につながりながら、本当に近いご親戚として直系の内親王さまを配偶者となさっている。そして明治天皇の時も、終戦の時に皇籍離脱させられた11宮家の方々のところに4名様、明治天皇の皇女、内親王を結婚させていただいています」

所功
「櫻井さんの言われたのは大事な知恵。旧11宮家のうち4宮家に明治天皇の内親王が入られている。女系の血筋が入っている」

ここで所功氏が作ったフリップ……
家族・社会の在り方
(イ)太古の日本風
   母性尊重(産み育ての親)
(ロ)前近代の中国流
   父系絶対(家族=父姓のみ)
(ハ)近現代の欧米流
   男女平等(一夫一婦制)
(ニ)現代の日本風
   (イ)+(ロ)+(ハ)((イ)→(ロ)→(ハ))

所功
「(ロ)で男系継承がつながってきました。現代の日本は混在しています。これらを全てトータルに踏まえなければ、歴史とか伝統にならない」

櫻井よしこ
「所先生がおっしゃったのは、日本人にとって大事なことは、確かに中国の価値観を一時受け入れたかもしれませんが、日本でそれを国民が昇華して、新しい日本の文化、文明、伝統を作ってきたということです。例えば、父系社会と言っても、中国では易姓革命と言って、王朝が変わるたびに前に王朝を半分ぐらい殺す。私たちの国はそういうことは一度もしていません。天皇家は権力とはほど遠い関係にあって、一つの権威というか、ある意味では天皇は天を統べる(すべる)人、統治する人という意味で、『おおみたから』とは人民のことなんです。国民と天皇家とは非常に近しい関係にあったのは、日本が築いてきた中で出来上がってきたもの。大事にしなければ」

田原総一朗
「中曽根さんが、明治から昭和20年までおかしかったと。天皇が大元帥閣下となったのはおかしいと。前に戻るべきだと言っているが、どう思いますか?」

平沼赳夫
「天皇の存在は祭祀の長でいらっしゃいますから、明治以降、軍服をお召しになったのはおかしい。あと、所先生が、中国から男系社会が入ってきた、父系強調になったとおっしゃったが、女帝が出たのは33代の推古天皇から。が、それ以前も日本はずっと男系を維持してきたから、必ずしも中国から取り入れたからではなく、それ以前から理屈を超えて男系を守ってきた事実、その重みを、伝統を大事にしていかねばなりません」

田原総一朗
「天皇が一番敬っている天照大神は女性ですよ。女系の方が正統では?」

中川秀直
「いろいろな意見、歴史観がある。それより基本的に男系男子で来た事実を踏まえながら、なおかつどうやってしてこられたのか、これからも維持できるのか議論していくべき。これまでも女系の議論は出た。100年来の課題であると。秋篠宮さまのお子さま御誕生があっても行き詰まるから、象徴天皇制が国民に理解得られることが大事」

草野厚(外野席から)
「開かれる皇室でないと、愛子さまの夫になる人がいないのでは?」

田原総一朗
「旧皇族の子孫である竹田恒泰氏が、皇室の神事は生理中の女性はできない。もともと天皇に女性はふさわしくないと言ってますが」

櫻井よしこ
「それも一つの理屈ですが、女系より男系を大事に考えてみる理由があります。何と言っても、2666年の間、日本人、我々の先祖がそれがいいとやってきたわけです。天照大神を先祖に持っていても、歴代男系で来た事実を、古来の日本人は大事だと思っていたんです」

所功(「宮中賢所=内掌典 伊勢神宮=祭主」というフリップ示す)
「女性だから神事ができないということはありません。これらはいずれも女性。伊勢神宮の祭主は、昭和天皇の内親王である池田厚子(あつこ)さんで、既婚者です」

平沼赳夫
「神武天皇以来守ってきたものを、我々の時代で、50年〜100年の知恵で安易に変えてしまうことは断じてならんと思います」

田原総一朗
「男系でないとダメと。男系であるメリットがあるの?」

櫻井よしこ
「天照大神、神話の時代から続いてきて、現代風に言うと、『それって理屈に合わないんじゃないの?合理的じゃないんじゃないの?』といくらでも言えるんですよ。しかし文明というものは、理屈を超えたものなんです。日本も民族生成の物語なんです。ですから説明がつかないこともありますが、日本の古来の人々はそれをよしとして受け入れてきたんです。その価値観を形にしたものが私は皇族だと思います。大いに議論はしていいですが、伝統を踏まえるという意味を重要視しなければいけないと思います」

田原総一朗
「天皇は神聖にして侵すべからず、と明治憲法ではなっているが」

櫻井よしこ
「皇室は全く別物でした。ですから軍服を着られるようになったのは間違いだったと思います」

所功
「軍服は時代の要請でした。明治憲法も時代の要請でした。歴史は現実を踏まえて変わっていくものだという本質を、見失わないことが大事だと思います」

中川秀直
「有識者会議の勉強会が始まるが、男系維持の対案についてもしっかり勉強、議論していこうと考えています」

田原総一朗
「有識者会議の結論を白紙にするんですか?」

中川秀直
「そうではなくて、両方やはり議論していくということで」

所功
「有識者会議の大変な功績は、結論でなくプロセスとして重要な資料を集めて公開していることです。参考資料の中に、歴史を踏まえて十分な素材が提供されています」

櫻井よしこ
「有識者会議の問題提起は多といたしますけれども、有識者会議の在り方そのものが国民に対して不誠実だと思います。メンバーがもう3分の1以上欠席したり、冒頭出て20分間しか在席しなかったメンバーがいたりですね。皇族のご意見は聞きませんという前提でしたが、実際には有識者会議がスタートする前に、宮内庁から内々に皇族の皆さま方にご意見を聞いて、女系天皇には反対であると、皇太子殿下はまだお若いからお子様が産まれる可能性があるからと、このようなことは時期尚早であると聞いたご皇族の意見を……」

田原総一朗
「私の知る限り、おそらく天皇のご意見を聞いてるはずです」

櫻井よしこ
「天皇のご意思ということが、盛んに言われていますが、どなたも天皇のご意思を確認した人はいません。会議に宮内庁の次長が出席して、次長が宮内庁長官に報告して、長官から陛下にご報告なさる時に、陛下が嫌な顔をなさったりしないから、これは賛成であるに違いないということをもって、彼らは天皇陛下のご意思であると言っている。これは間違いですね」

以下、時間がなくなり田原氏が締めて終了。

・・・・・・・・・・・・・・・

 櫻井よしこさんGJ!(≧∇≦)
 所功教授は11/7付『「たかじん委員会」是か非か“女性・女系”の天皇』にも出演されてましたので、よかったらご覧下さい。この人は本当に善意の人で、天皇家の安定を心から望まれてるんだと思います。それはわかるんですが……うーむ(--)(__)

 なお、前エントリー(2/11付『皇室典範〜秋に向けて私たちがとるべき道は?』)にて書きましたが、「紀子さまご懐妊で情勢が大きく変わったし、この秋予想される大騒動に向けて、『女系天皇阻止!』というスローガンを別の物に変えた方がいいのでは?『阻止』や『反対』ではいかにも抵抗勢力っぽいし……」というわけで、新しいスローガンをどうするべきか?議員やメディアや国民に何を訴えて行くべきか?を思案中です。

 前エントリーに早速いただいたコメントを見ますと(皆さんありがとうございます)、やはり細かな点で意見が分かれているようです。旧宮家の皇籍復帰には賛成・反対両方の意見がありますし、また賛成の中にも、「全てでなく一部を復帰」という方もおられますし。

 「女系天皇反対」「男系維持」でもいろいろな意見がありますが、むしろ、その意見全てを箇条書きにして、「まだ検討されていない男系維持の方法はこんなにあります!」と、すればいいのではないでしょうか?
 矛盾する意見もありますが、「男系を維持する方法がある!」ことを、示す必要があると思います。
| 奈菜氏 | URL | 06/02/12 13:34 | 093blqCs |
 ↑このご意見が一番いまの私の考えに近いように思います。また、
我々が最優先にするべきは、女系容認派を説得し切り崩す事であると思います。小泉さんは印象操作が非常に巧妙な方ですから、レッテル貼りされないように守りを固めつつ、逆に女系推進&容認派を、「事実に基づく印象操作」で的確に貶める事も大事であると思います。
こういった手法の一つとして愛子さまに焦点を絞ってエントリを起こしてみました。ご笑覧下さい。
| 衣川康人 | URL | 06/02/12 21:48 | a76KPaac |
 ↑このご意見ももっともだと思います。「愛子さま可愛い」「愛子さまが天皇になれないなんて可哀想」と考えている人たちに、「男系維持できる方策があるんですよ」と主張しても、「愛子さまをないがしろにする人たち」「男女差別をする人たち」とレッテル貼りされてしまうだけのような気がしますから。

 詳細は衣川さんのブログ「曇りのち晴れ」2/12付:無視される愛子さまの幸せをご覧いただきたいのですが、まずは「愛子さま可愛い」というお気楽層に、「愛子さまに天皇になっていただくことは、かえって愛子さまご本人や周囲の方々(特に母親である雅子さま)を不幸にしませんか?」と説き、『小泉改正案』の酷さをわかってもらうと。
 それをわかってもらった上で、「実は無理に女系にしなくても、男系継承を維持する方法はあるんですよ、奥さん!」と持っていくと、話も通じるのではないでしょうか。

 あと「税金」の話もありますね。「旧宮家を復帰〜?税金負担が増えるじゃん」という人をどう説得するか。私は「いや、これまでは女性皇族にはご結婚後民間に下りてもらっていたのが、小泉改正案では皇族に残っていただいて新しい宮家を作るとなってますよ。そっちの方が税金負担が増えるのでは?」と反論することにしていますが、具体的にどっちがどの程度金額的に安上がりなのかがわからないので、いまいち説得力に欠けるようです(しかし不敬な話してるよな〜私って(T^T))。

 近いうちに『皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦』に代わる新たなエントリーを起こして、そこに「男系を維持する方法はいくつかあります」「『愛子天皇』はご自身にとって幸せなのか?これだけの疑問があります」「税金負担はどうなるのか?」等々を箇条書きにまとめて、賛同者皆さんのご協力も得つつ、ネットでアピールして行こうというふうに考えています。

 そこで問題になるのはやはりバナーの文言です。『女系天皇阻止メール大作戦にご協力を!』に代わる良い文言はないものでしょうか?
 ↓皆さんからいただいた案は、これまでのところこんなふうでしょうか。

 『皇室の歴史と伝統を守ろう!』
 『なぜ「旧宮家の皇籍復帰」ではダメなのですか?』
 『女系天皇は皇統断絶を意味する』
 『男系を維持する方法がある!』

 ↓組み合わせて、例えばこんなのもありかと。

 『皇室の歴史と伝統を守ろう!男系を維持する方法があります』

 ……もうちょっと考えてみます。皆様もどうか引き続きお知恵をお貸し下さい。



※拙ブログ関連エントリー
 ●10/27付『女系天皇は容認できない』
 ●11/5付『メディアは「女性天皇」と「女系天皇」の違いを説明せよ』
 ●11/7付『「たかじん委員会」是か非か“女性・女系”の天皇』
 ●11/10付『「ムーブ!」女帝容認論に異議噴出』
 ●11/25付『皇室典範〜有識者会議が報告書提出』
 ●11/26付『皇室典範〜社説出揃う』
 ●12/8付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集』
 ●12/9付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集(その2)』
 ●12/10付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集(その3)』
 ●12/12付『皇室典範〜竹田恒泰さんインタビュー』
 ●12/16付『皇室典範〜小泉チルドレンからも女系反対の声』
 ●1/8付『皇室典範〜物事の本質を見よ』
 ●1/12付『皇室典範〜「正論」平成の和気清麻呂、出でよ!』
 ●1/15付『安倍さんに失望するのはまだ早い』
 ●1/20付『皇室典範〜寛仁親王殿下の新たなご発言』
 ●1/22付『皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦』
 ●1/24付『皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦その2』
 ●1/28付『皇室典範〜「改革バカ」小泉純一郎を何とかして下さい」』
 ●1/31付『皇室典範〜議員も世論もTVタックルも「拙速は避けるべき」』
 ●2/2付『皇室典範〜「愛子天皇」の運命を考えたことがありますか?』
 ●2/3付『皇室典範〜朝日新聞が寛仁親王殿下に「発言を控えろ」』
 ●2/4付『皇室典範〜閣僚にも広がる「慎重論」』
 ●2/5付『皇室典範〜朝日新聞be調査「賛成」「反対」が拮抗』
 ●2/6付『皇室典範〜「ザ・ワイド」「ムーブ!」で特集がありました』
 ●2/8付『皇室典範〜紀子さまご懐妊で改めて思ったこと』
 ●2/9付『皇室典範〜小泉首相の「慎重」を信じて大丈夫?』
 ●2/11付『皇室典範〜秋に向けて私たちがとるべき道は?』

※まとめサイト
 ●天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!
 ●とりかごさん12/1付『ザビ家の女系天皇反対』
 ●女性天皇に賛成。女系天皇に反対!
 ●Dr.マッコイの非論理的な世界さん:天皇カテゴリ


まだまだ油断は禁物です。男系継承の尊さを議員やメディアに理解してもらいましょう。
女系阻止バナー●●●皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦●●●
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。

『曇りのち晴れ』の衣川康人さんが新たに新聞と週刊誌をも加えた国会議員&新聞週刊誌アドレス帳を作って下さっています。wab txt csvファイル詰め合わせです。ダウンロードはこちらから。

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。
Posted by くっくり 01:21 | TV番組内容紹介 | comments (63) | trackback (2)
コメント
宮家について一言。
私の知る限りでも、秩父宮家、高松宮家、常陸宮家は後継者がいらっしゃらないので今のままだとなくなってしまうと思われます。高円宮家もお子様が女の子だけなので、なくなってしまいます。
その辺、智恵が出せないものでしょうか。
Posted by さぬきうどん | URL | 06/02/13 02:39 | jvULxXdo

 ↑
秩父宮家と高松宮家は両殿下ともお亡くなりになっているので、宮家自体がすでに存在しないのかも知れません。
それから三笠宮家の桂宮殿下でしたか、こちらも後継者がいらっしゃらないと思います。
それを考えると、旧宮家からの養子とかさまざまな智恵を出して宮家をお守りする必要があると思います。危機は天皇家だけではありません。全般的危機です(どうも共産主義的な用語を使ってしまいますが、失礼)。
宮内庁の「腐れ官僚」を今こそ一掃する必要があるのではないかと思います。
Posted by さぬきうどん | URL | 06/02/13 02:50 | jvULxXdo

いつも拝読しています。大変お疲れさまです。
皇室の「歴史」と「伝統」は、まさに私たちの祖国「日本」の歩みであり、世界に誇ることの出来る、まさに「歴史」と「伝統」であると共に「財産」でもあると思います。「日本」という国の礎を溶解させてしまわないためにも、時代変化に即応させていくべきものと、守るべきもの、変えてはならないものは何なのか、しっかりと見据えていきたいものです。
Posted by 転石 | URL | 06/02/13 06:43 | 5m2OiPMo

皇室の事に関しては皆様方が述べられてるので省略
しますが、田原総一郎の

「余りにも国民をバカにしている」

皇室情報って意外と少ないのですけどね?
それこそマスコミに対する過信ではと。
Posted by abusan | URL | 06/02/13 07:18 | 9uCx4eyk

女系天皇容認こそが女性差別だと考えます。
女性天皇が天皇陛下としてのお仕事をなさりながら、同時に後世のことを考えてたくさんのお子様をお産みになりお育てになるなどという発想は、女性の出産・子育てという仕事を軽視しているから出来るのです。

下記のブログでハハサウルスさんが、
「女性の立場からの反対表明」
というエントリを書いていらっしゃいますので、よろしかったらご覧ください。
http://blog.goo.ne.jp/hahasaurs425/e/32147cbfdba44f031782906f5c163dc9
Posted by milesta | URL | 06/02/13 07:59 | rJVPJqhI

今日の記事で良いヒントを貰った。
男女平等だから。。。という意見に対して天照が女性であると田原が言ったことを逆手に取れますね

男女平等なんだったら天照という女性の神だけじゃ不平等だから男性の神も作ってしまおう。なんて考えないないでしょう?天皇制も同じことなんですよ。

ほんと、男女平等を武器に天皇制を排除しようとする左翼のやり方、汚いですよね!
Posted by d | URL | 06/02/13 10:05 | CTaWlqX.

くっくり様。サンプロ私も見ました。的確に起こしてらっしゃると思います。お疲れ様です!

さて、いろいろ気を揉んでいらっしゃるようですが、大事なのは、
『「反・女系天皇」のために「正当な皇位継承資格を持つ旧宮家の皇籍復帰」を検討すべき!』ではないですか?

細かいことは復帰が決まってからの議論です。今は、
『「伝統の破壊」VS「伝統の復活」どっち?』

勘違いしてはいけないのが、旧宮家がすべて復帰なさるとは限らないということです。また、養子の話は旧宮家の男系が維持されて成り立つことだということです。それに復帰してすぐ旧宮家の方が天皇になることはまず無い話で、秋篠宮家の第三子が女のお子様であっても、次の次か、次の次の次、男のお子様だったらもっとずーっと先の継承になるのです。その間、減ることはあっても増えることの無い現皇族方のご負担を考えても、皇族の範囲は広げておくべきと考えます。改正すべきは、
『皇位継承』ではなく『皇族の範囲』。

ですから今は大枠での「旧宮家の復帰」を求めなければいけないのではないでしょうか。
『天皇家は「旧宮家の皇籍復帰」でこの先1000年維持できます!』
だと言い過ぎですかね?(笑)
Posted by あまだ | URL | 06/02/13 10:06 | uH0vkLEg

サンプロの文書起こし、御苦労樣です。見ていなかったので助かります。

平沼赳夫氏、櫻井よしこ氏の頑張りには敬意を表さずには居られません。しかしそれでも同時に物足りなさを感じざるを得ません。

「民間人男子の皇室入りを容認する前に、皇族の親戚である旧皇族の復帰を検討しないのは何故か?」、このように攻めるべきだと思います。折角メディアで発言する機会があるのに勿体無いと思ってしまいます。

やはり私は、

「女性・女系天皇容認とは民間人男子の皇室入り容認。 その前に皇室の意向を伺い、旧皇族男系男子の皇室復帰の検討を」

スローガンとしたいと考えます。長いのが欠点ですが。

「女性・女系天皇反対」とだけ言うと、まるで愛子内親王殿下の即位と愛子内親王殿下の子供の即位を否定ししているように聞こえます。

しかしそうでは無いのです。

男系維持派の考えとしても、その後の男系男子の道筋を付け、出産を要求されない状態に成ったのなら、愛子内親王殿下が天皇に成っても構わないし、婚姻の御相手が男系男子の方なら、その子供が天皇に成っても構わないのですから。

違いは、民間人男子の皇室入りを容認するかどうか、この一点です。

また極めて広い意味では男系維持派だって女性・女系天皇容認の人は多いはずです。

と言うのは、旧皇族が復帰を断わったり、現皇室が旧皇族の復帰に反対するのなら、女性・女系天皇も止むなしと思う人は多いでしょう。しかし現に復帰を希望している皇族方が複数いらっしゃるわけですから、先ずは旧皇族復帰を検討すべきです。

こういう意味でも「女性・女系天皇反対」とだけ言うのは得策では無いと思います。
Posted by fuji2630 | URL | 06/02/13 11:07 | xvaLw5lc

お邪魔します.
hatenaからはTBが飛ばないようですので,コメントさせていただきます.
それにしても,いつもながら的確な起こしでお見事です.
小生の感想もまったく同じで,所教授の心根が知りたいですね.
”あまだ”さんの仰るように,これからは旧宮家の方々を具体的にどの様に皇籍復帰させていただくかでしょうね.

それと,バナー使わせていただきました.
Posted by kousotsudr | URL | 06/02/13 11:12 | ZOO0cne2

今回のサンプロの起し、非常に助かりました。実は先週の放送で、田原氏が政局にからめようとする魂胆丸出しの発言を連発しており、あまりにも酷かったので抗議メール出したのです。それなのに見逃すとは。。。

櫻井氏と平沼氏、GJです。でももっと反論してほしかった。

男系1代目の母(天照大神)が女性なのは当たり前なのです。だって子供はあまねく女性から生まれるんですから。女系天皇を認めてしまうと愛子天皇が天照大神と同位になっちゃうんです。

所功氏って、前日の「ウェークアップぷらす」にも出ていた人だと思うんですが、そこでも同じように言っていました。

>(イ)太古の日本風
>   母性尊重(産み育ての親)

これって何を根拠に言っているのかご存知の方はいらっしゃいますか?
普通に考えたら「母性尊重」であればこそ、懐妊・育児を尊び、それこそ「女帝」なんてとんでもないことという事になると思うんですが。
ということからしたら、「太古の日本風」とは皇后のお役目も天皇のお役目と平等に尊重していた社会であり、「母性」の負担が大きくなる「女帝」には繋がらないと思うんです。
Posted by kits | URL | 06/02/13 11:27 | NV/cB/TM

さんぷろはリアルタイムで見てました。
”おこし”は充分正確だと思います。

宮家の皇籍復帰となると・・・
一番納得いくのは、宮家の男子と姫様方が結ばれることでしょうね。
ただ、姫様方のご意思というのも当然尊重すべきであって、
難しいところですが。

がんばれ、宮家の男の子。と言うのは不敬罪かな?
Posted by らとっく | URL | 06/02/13 11:32 | Cw.cgoxM

そう言えば、「天照が女性なんだから元々は女系だったんだよ!」というメールを、ある議員の事務所の方から返信いただきました。
それって女系と呼べるのかどうかよく解りませんが、女系推進派の人たちも、色々勉強して突っ込みどころを探しているのだな、と感じました。
Posted by 風鈴 | URL | 06/02/13 11:43 | fGfc6fRM

くっくりさん。毎日お疲れ様です。
今日もうんうん頷きながら読みました。
皇籍復帰については十一宮家をすべてと思っていましたが、現時点でお子様の望めない場合は確かに世論に理解を求めにくいですね。私的には天皇家の精神的負担を軽く出来ると思うのですが。
女のお子様だけの場合は、他の宮家に嫁いでいただければなんて軽々に申し上げることも出来ませんし(とは言っても必要とあれば宮家の方できちんとお考えになると思いますが。)・・・。
あと、今は先走りすぎの意見でしょうが、どこまでを皇族とするかとか、皇位継承順位を何位まで考えるかにもよりますが、国の負担に寄らない準皇族についても本当なら考える必要があるんだろうなぁと思います。復帰についての宮家のご意志を確かめる必要もあるのでしょうね。
ともかく今は、奈菜氏の仰るように考えられる限りの検討されるべき方法をあげて行かなくてはいけませんね。
Posted by JLT | URL | 06/02/13 11:47 | rvB284EU

櫻井よしこさんGJ!
実は、昨日友人が置き忘れていった櫻井さんの「何があっても大丈夫」という自伝と言うかお母様のことを書いた本を夕方手にとって見て、一気に読んでしまいました。

今までのご発言に共感していましたが、なんとなくとっつきにくい印象でした。読み終わってからは、支持者というよりファンになってしまいました。

政治的な内容ではありませんが、皆さんもご一読下さい。
Posted by sword | URL | 06/02/13 12:46 | 8ccQwbPY

>田原総一朗(フリップ示しながら)
>「憲法14条で法の下の平等が決められている。
>天皇は女性でもいいのでは」

「うんうん!その通りだ」と思う馬鹿がたくさんいるのだろうと
思って、情けなくなっているのは私だけでしょうか。
Posted by ろろ | URL | 06/02/13 12:52 | IrrUDCbo

>風鈴さん

私も神話はよく知らない人ですが。中つ国を治める候補者1号は天忍穂耳尊で、男神。2号、天穂日命も男。3号、天稚彦も男。その後、高千穂の峰に降りたのは、天津彦彦ニニギの尊で、これは男でしょう。
天照大神が、もし女系を意図していたのなら最初から女神を選んだと思われます。初代神武天皇も男ですからね。
Posted by すがり | URL | 06/02/13 12:58 | avittu5c

>風鈴さん
前の記事のコメント欄で、きゃべじんさんも載せておられる内容ですが、参考になりましたのでまた載せさせてもらいました。詳しくは、昨日2/12 01:20のきゃべじんさんのコメントのところを見てください。
   ↓
稲作信仰・伝統

 皇統の男系の男子による万世一系を、なぜそんなにしてまで守らなければならないのか。それは日本国の国の成り立ち(国体)に関わってくるからである。我々の父祖たち、古代人たちは自分たちの国をどのように思っていたのかという事である。

 我が国は別名「大八洲豊葦原の瑞穂の国」という。米を作る事を信仰の対象にしていた人々が支配していたと思われる。米は地上に降臨する孫のニニギノミコトに天照大神が授けて、それを植え育てて食料とせよといったものである。稲作をするという事は天照大神に感謝するという事である。そういった人たちが作り上げた古事記や日本書紀によれば、日本を支配する頂点は天照大神の子孫に伝わる事になっている。この子孫が天皇である。
 天皇は稲作民の地上の神である。そして男系によって万世一系を執拗なまでに続けてきたのは、そうでなければ天皇の勤めが果たせないからである。では天皇の勤めとは何か。
 代代の天皇は即位のときに大嘗祭を行う。これの核心は秘儀であって誰も知らないのであるが、推測されるところによると、次期天皇は降臨した天照大神と共食をし、一夜をともにして「天皇霊」を引き継ぐと考えられている。この儀式を「マドコオウブスマ」の儀式というらしいが、これは男性にしかできないとされているのである。
 天皇の勤めとは大嘗祭を行うことで、稲の豊作の保証を神々から得ることである。それによって人々が安寧に暮らせるようにするのである。天皇がいる限り日本は瑞穂の国であり、五穀豊穣が約束されているのである。現皇室が日本を巡って植樹祭や海の祭などに出席されているのは、その象徴である。日本の八万神は天皇に従うのだから。天皇を最高敬語で語るのはそういった意味があるのだ。
 そして天皇が天皇である由縁は天皇霊を引き継いでいるかどうかに懸かっているのである。この引継ぎの儀式が男性にしか行えないということが、天皇は男でなければならないという深層の理由である。この意味で過去の女性天皇は正式の天皇ではなかったということができる。つまり皇位継承は男性にしかできないというのが、もともとの天皇制の始まりから規定されていたのである。これは信仰の世界であり、現代の男女平等思想とは何の関係もない事である。
Posted by さ | URL | 06/02/13 14:17 | /fW0gBsI

こうゆう投稿全
Posted by まつ | URL | 06/02/13 17:14 | /vPjRfOk

アマテラス皇大神が女神だとしても、皇室は女系だ、などという論とは全くつながりませんね。
皇室の祖先・神武天皇の曾祖父で天孫降臨をおこなったアメノニニギノミコトは「アマテラスの孫」と記されていますが、実はニニギノミコトの父であるアメノオシホミミノミコトには、父がいません。
もしアマテラスが誰か男神と婚姻の結果、オシホミミ尊を生んだのであれば生まれたオシホミミは確かにアマテラスの女系男神となるでしょう。が、オシホミミはアマテラスが弟のスサノヲと、誓約(ウケヒ)という神生みの競争をした時にスサノヲがアマテラスの左髪の勾玉から生み出した神であり、それゆえにアマテラスの子とされます。誓約をアマテラス・スサノヲ姉弟の性交の比喩であるとする乱暴な説もありますが、無理がある理解でしょう(スサノヲをオシホミミの父とする説も聞いたことがありません)。田原氏が神話を深く勉強しているとも思えないので苦し紛れの出任せとしか思えませんね。
Posted by まんちゅりあ | URL | 06/02/13 17:50 | LYUDdVa6

実は、田原総一郎氏のファンですが、櫻井よしこさんはもっとファンです。だから、彼女が出る時ぐらいは、(田原さんは)自分ばかり喋らずに、ゲストスピーカーにもっと喋らせて欲しいものです。今回はイライラしながら見ていました。皇室典範改正問題に関しては、安倍新総理のもと、この所功氏や櫻井さんを有識者会議に入れて、もう一回新たにやり直せばいいんじゃあ〜りませんか?
Posted by BOO | URL | 06/02/13 18:15 | KMzquJdo

天皇陛下の仕事は御公務の他に、宮中祭祀、皇室外交、国内行幸など、日曜も休日もない、我々が単純に考えるより心身共に過酷なものです。
女性であれば生理や妊娠が考えられるが、このような事体では宮中祭祀には参与できない。
ましてや皇族の血を引かない、民間からの配偶者が祭祀を代わりに行うことができるのであろうか?
これをもって、男女平等を無理強いして唱えるのは如何なものかと思う。

有識者メンバーには香ばしい人達が大勢いるし、また日大の百地章教授は
「皇室廃止を主張してきた人々が今回の報告書を支持しているのです。そのひとり、東大名誉教授の奥平康弘氏は、女系天皇は天皇制の正統性の根拠である萬世一系のイデオロギーを内側から浸食すると、“評価”しています。女系天皇はこのような皇室廃絶論者たちに悪用されていくことでしょう」
と警鐘を鳴らしていることから、皇室典範改正内容が如何に怪しいかわかります。

やはり旧宮家の皇族への復帰、然るべき家系からの養子制度は必要かと考えます。
愛子様やその後の内親王の幸せと、女系天皇を容認する皇室廃絶論者たちに利用されることの無きよう、女系天皇阻止を展開できればと思います。

『男系?女系?理解するほどに男系継承支持!』
ということで、知れば知るほど怪しいところがみえる、女系天皇容認派の企みを探ってみるのも良いかと思います。
Posted by 特ア俗世人 | URL | 06/02/13 19:41 | BmYFjetE

特ア俗世人さんの仰るとおり、天皇陛下のご公務・祭祀などは大変な激務です。出産・育児という女性皇族本来のお仕事と兼ねるのは非常に無理があります。
その場合、皇室典範では「摂政」を置くことができることになっています。摂政は天皇陛下のご公務を分掌して負担を減らす役割であり、皇室会議によって決められます。が、有識者会議の改悪案のように女性宮家を創設するということは、この摂政の激務までもが、また女性皇族に委ねなければならないことになりかねません。それでは摂政を置く意味がありません。
もし、どうしてもやむを得ず、敬宮内親王殿下が皇位に登極されることになる場合、摂政位は必須になると思われますが、その万が一のときのためにも男性皇族の確保が必要になります。
どちらにせよ、旧宮家復帰・新宮家創設は必要になるわけです。
Posted by まんちゅりあ | URL | 06/02/13 19:58 | LYUDdVa6

 更新ご苦労様です。

 今日NHKで皇室典範の改正に関してのアンケートをやっておりました。

ttp://www3.nhk.or.jp/news/2006/02/13/d20060213000145.html
Posted by 缶 | URL | 06/02/13 20:01 | DuCEE6CA

「日本の伝統である男系天皇を守ろう!」
はどうでしょうか、長いかな?
Posted by 百式 | URL | 06/02/13 20:36 | saOq/hFw

もしも日本に反日主義者がいなかったら女系天皇は日本国民に以外とあっさり容認されただろうと思います。欧州の女王を戴く国々でそれが理由で王室廃止が叫ばれているということはありません。英国王室の不人気などは完全に個人の資質の問題ですし。日本においては女系天皇容認は反日主義者の皇室衰退を目論む陰謀ですから、認められませんけど、皇統の断絶よりも反日主義者を利するわけにはいかないという政治的理由も語らずにはいられない。それを言わなければ無党派層は動かないと思いますから。
Posted by 蔵信芳樹 | URL | 06/02/13 20:39 | 4WrbYheQ

いつも楽しみに読ませていただいています。

テレビ番組で扱われるようになるせいか、男系女系の問題についても知識のある人が増えてきたように思います。
しかし、そういう方々とお話しても、男系を維持することが必要な理由を理解されている方はほとんどいません。
「いまの日本人は気にしないからいいのではないか。」
という人が大多数です。
男系が途切れれば諸外国には王朝交代と判断されること、長らく王朝が存続してきたために海外で破格の扱いをうけており、外交上も有利に働いていることなどの説明が必要です。
男系を維持することがなぜ必要なのか、「伝統だから」だけでなく、もっと具体的な分かりやすい説明をしなければ支持者の増加は頭打ちになると思います。
男系女系の違いを説明するだけでは十分ではない現実があります。
Posted by 愛読者です。 | URL | 06/02/13 20:43 | iIsMTioQ

もう通行人とは言わないな(笑)
>。「旧宮家を復帰〜?税金負担が増えるじゃん」という人をどう説得するか。

具体的な金額は、言っている当人に尋ねればよいのではないでしょうか?理屈としては言ってる当人が言うスジですからね。

ただ「論争に勝つ」のと「説得する、シンパシーを得る」とは違いますからね(困)

宮家の収支決算?って発表されているのでしょうか?
Posted by 千鳥道行 | URL | 06/02/13 21:05 | t1/SQfJ6

はじめて投稿します。                     昨日一昨日の所氏の発言で気になることがあります
日本はもう農耕民族ではなくなった。天皇の祭祀は男でも女でも可能、という論。                    昨日の産経新聞正論欄の神戸大学教授の五百旗頭氏の、昭和天皇の優れたご聖断を紹介した後で、もはや天皇が重大決定を求められることはない。  として   性別にこだわって廃絶の危機を冒すのではなく男女いずれであれ、、と結んでいます。
私はやはり男性でなければと思っています。
農耕のためというより自然との共存ととらえるべきだし、天皇は今後も偉大な判断をなさる可能性を否定してはいけないと思っています。  女系でもいいという人たちは明らかに天皇を軽んじている、つまりは日本の尊さがわかっていないと。 この美しい皇室つまりは日本の古来のありようをもっと世界に発信すべきですなのです。象徴という意味は単なる飾りではないと思っています、                 
        
Posted by ☆まつ☆ | URL | 06/02/13 21:18 | J9A5S9Rk

>☆まつ☆ さん >廃絶の危機

たしか、愛子様くらいの年齢の方が2人、小学校の男子が1人いましたよね。皇籍に復帰してもらって、子供は10人くらい作れよ、全部男でもかまわないよとすれば万事解決するんでは?
Posted by すがり | URL | 06/02/13 22:41 | avittu5c

私も考えてみました。
「皇位の男系継承は日本が世界に誇るべき知恵です」

直系にこだわらない男系維持であったからこそ、現実に皇統は現在に至っているわけで、これに安定性や正統性で勝る制度などあるはずもありません。
なぜ女系ではダメなのか、伝統的な男系継承こそが一番良いのか、我々は皇室のありがたさを肯定的に主張するべきと思います。

PS. 記事終わりのランキング投票でページが書き換わってしまいました(汗)
Posted by 衣川康人 | URL | 06/02/14 00:12 | a76KPaac

皆さん、たくさんのコメントをいただき、ありがとうございます。
皆さんのコメントも参考にしつつ、『皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦』に代わる新たなエントリーを執筆していたら、もうこんな時間になってしまいました。UPは明日以降に回します。すみません(T^T)
Posted by くっくり | URL | 06/02/14 02:17 | sVHBJI.Q

テキスト起こしお疲れ様でした。

共産主義的な主張は「税金を皇室に使っていいのか!無駄な税金使うな!」ですが、
これは良くも悪くも一般の皆さんの感情を損ねるものです。

そこで、皇室は「これだけのことをしている」と明示した方がよいのではないかと思います。
宮中の祭事ですと、我々一般市民には分かりません。
(ROMってる方々を除いてですけど・・・)

一番分かり易い例でいうと、アメリカの37代大統領のトルーマン(この辺うろ覚えですみません(^-^;))が
天皇の前に出たときに足がガクガク震えたとか。
ローマ法王よりも格上だとか。

日本は万系一世。ローマ法王はぜんぜん血筋の繋がらない所から連れて来る。ダライラマも同様。

こういった世界的に著名な方々を引き合いに出せば
一般の方々にも分かりやすくなるのではないかと思います。
というか、ここまで分かりやすく例を出さなければならない今の日本はどーなっとるんだと。・・・。
Posted by 侍 | URL | 06/02/14 02:25 | mQentZ0w

 議論の参考にしていただくために書き込ませていただきます。意外な結果があったので驚いています。

NHKニュース7(2006/02/14)
NHK世論調査 皇室典範をめぐる議論いついて

1.女性の皇位継承:賛成71[%]、反対13[%]

2.女性天皇の子供が皇位を継承する女系天皇について、意味を知っているかを聞いたところ
よく知っている 15[%]
ある程度知っている 51[%]
あまり知らない 24[%]
知らない 7[%]

3.「よく知っている」「ある程度知っている」と答えた人に、女系の天皇を認めることに賛成か反対か
賛成 71[%]
反対 18[%]

4.皇位の安定的な継承のため、女系やその子供にも皇位の継承を認める「皇室典範改正案」を政府が進めていることについて
秋篠宮妃の紀子様が第3子を懐妊されたことをうけて、どう考えるかたずねたところ
今国会に提出を 9[%]
今国会にこだわらず時間をかけて議論を 81[%]
今後ずっと提出すべきでない 5[%]
Posted by xray2662 | URL | 06/02/14 02:39 | UBa0KZ.U

| xray2662 | URL | 06/02/14 02:39 | UBa0KZ.U |の書き込み

誤記:NHKニュース7(2006/02/14) -> (2006/02/13)
Posted by xray2662 | URL | 06/02/14 02:43 | UBa0KZ.U

>宮家の収支決算?って発表されているのでしょうか?

各宮家の皇族に対しての予算は、皇族費として「総額」2億6,967万円です(平成17年度)。
結婚など一時金は別途有り。
↓皇室の経済
http://www.kunaicho.go.jp/01/d01-09.html
↓参考に皇室経済法なんてのもありますが。
http://archive.hp.infoseek.co.jp/law/1947L004.html
Posted by 予算 | URL | 06/02/14 03:17 | QlBGv3TI

日本の伝統(男系継承)を守る為私達がすべきこと

|坊老兢気いかに正統かつ正当であるか、徹底的に各自勉強する。その際、男系継承の議論はもちろん、女系容認派の論説にも虚心坦懐に耳を傾ける。相手を理解しないと戦いには勝てないと思う。

基本的には絶対、左翼のような卑怯な手段に与さず正攻法でいく。つまり、正しい知識をなるべく多くの人に共有してもらう事が基本だと思う。(もし、2000年の伝統を平気で捨て去る事が日本人の多数意志であるならば、男系継承はやがていつか消え去ると思う。もし日本人が愚かならば、愚かな未来しか待っていない。私は日本人を信じる)

C△掘∩蠎蠅糧楸韻兵蠱覆鯡枅Г垢詆要は無い。宮内庁改革など皇室にとって必要な具体策を考え、その知識を皆で共有し、実現してゆく事が肝心と思う。

※文藝春秋3月号の「昭和天皇は『女系』を望まれるか」(福田和也)は必読!!男系継承の正統性を考える上で実に参考になりますよ。
Posted by harry | URL | 06/02/14 04:31 | 6WXvdASA

京都産業大学の所功教授 こいつ どうもあやしい。
旧皇族・竹田家の子孫もご立腹です。
http://blogs.yahoo.co.jp/takebom1024/25508853.html
Posted by PCO | URL | 06/02/14 09:18 | 1A.1mQSw

昨日、NHKの世論調査のニュースを見てますます危機感を募らせています。信用しているわけではありませんが、その数字を利用されますのでね。

私たちにできることは、例えば、週刊誌の編集部に「旧宮家の皇籍復帰とはどういうことなのか知りたいので掲載を希望する」旨のメール・葉書を出す、(財)国民精神研修財団HPで申し込むと無料で郵送してくれる小冊子『「皇室典範と皇位継承」の論点』を待合室・食堂・飲み屋など人の集まる所に置き忘れてくる(笑)、自民党に「日本の伝統を壊すようでは自民党の存在意義なし」を伝えるなどあると思いますが、一番大事なのは世間の興味を失わせないことだと思います。

『目的〜「旧宮家の皇籍復帰」というフレーズを多くの人目につかせる。』

結果、どんな世論が出来上がるか、女系が阻止できるのか、わかりません。でも、「正当な継承の情報を出さない」という今の「だまし討ち状態」は何としても回避しないと、将来、大混乱を招いてしまいます。
ここは一つ、賛成・反対など抜きに、知り得た者の責任として、「旧宮家の皇籍復帰という選択肢」を広く世間に知らせるためだけに一度まとまりませんか?

『旧宮家の皇籍復帰』・・・叶えば、そのセレモニーはみんな生きてるうちに見られますね。(^^)
Posted by あまだ | URL | 06/02/14 09:28 | uH0vkLEg

>xray2662さん
私もその世論調査結果をテレビで見ましたが、
「ある程度知っている」の定義が非常に怪しいと感じました。

女系、男系という「形、形式」だけ知っていて「意義、意味」を知らない、
そういう人が「知っている」に含まれて議論してしまわれる脅
威も考えなければならないなと感じました。

そういう人は結局結論は「愛子様が可愛いから」で終わってしまうのですよね…。
Posted by ゆうま | URL | 06/02/14 09:40 | Jg8fKej6

上にもありますが、所功はかなり怪しい人みたいです。

http://blogs.yahoo.co.jp/takebom1024/25508853.html

くっくり様は善意の人と書かれてますが(私もそう思ってたのですが)、必ずしもそうではないみたいです。

いわれてみれば、「日本はもともと母性の国」だの「男系は中国からの輸入」だのと、そうとういかがわしい事は言ってたのですが、靖国などではいつも正論を行ってたのでかなり油断してましたね。

こんな昔まで遡ってたら、人は皆サルだったで終わってしまいます。

近代に至るまで、2600年男系で続いてきた、そこには何か理由があるのであって、2600年前がどうだこうだ言うのはナンセンスだと私は思います。

そもそも進化の過程で、いろいろ試した結果、男系で継承していくのがこの国にはいいみたいだと判断した先人達がいて、なるほどこの形がこの国に適しているなと考えた子孫によって継承されたのが、この2600年だと私は思います。

どの服がその人に似合うかということが必ずしも、合理的に説明できないのと同様、男系が日本に適するということは必ずしも合理的には説明できません。

しかし、2600年もの間、私達の先人達がこの形が日本に適すると考えてきた、という事は決して無視してはならない事実であると思います。
Posted by yamabe | URL | 06/02/14 10:23 | r5wx8H2U

上で侍さんもおっしゃってますが
やはり、男系の家系がどれだけ世界に敬意を払われていて
皇室外交が大事なのかを伝えていくのもいいんじゃないかと思います

ちょっと前に話題になってた気がしますが
http://www.infosnow.ne.jp/~sevas/adult/japan/japan2.html
こういったことを書かれている方もいらっしゃいます

伝統を守るためと言われただけでは納得しない人も
実際に世界中の方から尊ばれているということを知れば
考え方を変えてくれるんじゃないかと思います
Posted by Grape | URL | 06/02/14 10:43 | nLcu1Yxw

「サンプロ」は私は絶対見ない人なので、どんな話をしていたのかよく存じませんが、皇位継承について、直系でなくてはいけない理由はどこにもありません。陛下のご意志もおそらく直系にはこだわりになっておられないと思います。そもそも、この議論は直系による皇位継承を前提にお話をされているようなので、おかしいなぁーと以前から思っておりました。皇室は直系にこだわらず、広く傍系から皇位継承者を探して皇位をつないできた事実がありますので、その歴史をふまえて議論していくべきだと思います。
Posted by かついち | URL | 06/02/14 11:50 | Vgs1Kucc

続けて失礼します。旧皇族の皇籍復帰について、国家予算的な面で問題視する人が多いように思います。まず旧皇族の復帰に関する特別法を制定することになるとすれば、復帰した旧皇族・旧皇族ご子孫のお立場を「皇族」ではなく、「准皇族」扱いにし、国家予算によらないこととし、ある程度自由な経済活動を行えるようにする、としたほうが、国民の反発もあまり起きないのではないでしょうか。「准皇族」とされた方々にお生まれになったお子様を皇位継承資格者とする、という案もちょっと考えてみましたが、いかがでしょうか?
Posted by かついち | URL | 06/02/14 11:59 | Vgs1Kucc

正に、櫻井よしこさんGJ!平沼さんがんばれ!

管理人さんいつもお疲れさまです。これからもがんばってください。

田原くんに一言。一番国民を馬鹿にしているのはあなたでは?先の総選挙後、いいにくそうに特集番組で最後、この選択をしたのは国民なのでうんぬんかんぬん苦虫噛み潰していってたくせに、この戯れ具合。まあこういう人もありなんでしょうけどね。アマテラスが女性神だからって女帝OKだとか小学生レベルの話をしないでほしいな。

ともかく..2000年を超える我が先祖の伝統を簡単に自分の世代で変えちゃうのには大反対。
Posted by ファイブ | URL | 06/02/14 12:00 | QUGrIN.s

皆さん、とてもお勉強していらっしゃるようで、
わたしもここ3ヶ月ですが、仕事の合間等に勉強しています。けれども、議論の幅も広がり、見れば見るほど世界が広がっている事を感じます。

参考になればと、キャッチを考えてみました。
『今なお在る、世界に誇る
 日本最古の伝統をご存知
 ですか?            』
「太古から続き、今なお存在している世界的にも類を見ない日本固有の最も古い伝統を知っていますか?」を圧縮してみました。
既にこの件に関して勉強されている方にはパンチの弱いものだと思います。が、この問題を知らない、もしくは勘違いしている方々へのメッセージという意味では浸透性に優れているかと考えます。

なぜ、こう思いついたかといいますと、我々日本人がいま抱えているのは"無知"という問題なのではないかと思っているからです。
世論で話されるようになって女性・女系天皇容認への指示が減ったのは、日本人がこの問題の意味を"考え""知った"からだと私は思います。
本当にどうしようもなければ、女性天皇もやむなしと考えますが、この時期、時代にすべきことでは断じてないとも感じています。
不敬を承知で過去の無知な数年前のわたしを晒すと「天皇家は税金で贅沢をしている特権階級で日本の荷物」なんて考えてました。
今考えると憤死したくなるほど恥ずかしい・・・・・・けれど、そう考えてしまった私がいるから、勉強してことの事実を知ったとき、
天皇陛下、皇室の方々の重要性(この考えも不敬かもしれない・・・)を理解し得たと思ってもいますので過去は消しませんし、公言もします。
今現在、求心力としてこれ以上の存在を私は知らない。我々も政府も天皇陛下の存在意義を知らしめるべき、国民がどう受け取るかはその個々の感性次第の問題なのだから、結論ありきでなく、皆で考えていきたいです。
調べ、考え、自分の環境(祖国、家族、友人)を思い、その上でわたしは"男系"維持を支持します。

だらだらと長くてすみません。管理人様これからもがんばってください。では、ROMに戻ります。

PS.
「愛子様かわいい」等と言っている方々に言いたい、今上天皇陛下の即位直後と今現在のお姿を並べ拝見すれば(畏れ多いけれど)
どれだけ、ご苦労なされておられるか、わかるはず。その上で、かわいい故にその立場へ押し上げるのは本当に愛なのか?と。
Posted by ビッテンフェルト | URL | 06/02/14 12:26 | F0A3s2R.

旧宮家という言葉に引っかかります。
そもそもその旧宮家だって、近代法制上定義されたのは明治になってからで。それまでもずっと事実上の宮家=血のスペアだったわけです。「旧」であるということは所詮この60年の法律上の位置づけなのであって、実質的には宮家の機能をもっているんですよ。
敢えて言うなら、「GHQによって切り捨てられた宮家」とでもすべき。日本人自身がその位置づけを変えた訳じゃありません。
Posted by 黒糖焼酎 | URL | 06/02/14 12:45 | KNJtzDVM

さまざまな場所で皇室典範改正問題が取り上げられ、その中で「天皇家は税金の無駄遣い」と思っていらした方が、真の皇室の存在を再認識され、勉強される方が少なからずおられることをとても心強く思います。ビッテンフェルトさんのように、考えを改められる方が今後どんどん増えて、より皇室のことを正しく理解されていくようになるとこの議論の本質が分かってくるようになれば、本気で皇室やこの国の民として果たすべき役割などが見えてくるような気がします。
Posted by かついち | URL | 06/02/14 13:25 | Vgs1Kucc

かついちさんの準皇族の考え方にも賛成です。現在お子様をお持ちの方たちでも、ご自身が天皇になられる可能性は無いに等しいのですし、お子様方は即位の可能性を考慮した教育を受ける方が良いに決まっています。国民の負担を考える輩にも説得力を持つと思います。

昨日見てきたヲシテ文献を読むと皇室のあり方がとっても納得できるように思います。
学者による評価が付いていないのは、これが古事記や日本書紀の元本であるとすれば、今までの漢字中心の日本史がひっくり返ってしまうからということなのでしょうか。
古事記や日本書紀との比較、遺跡の発掘による裏付けなど考えれば、至極真っ当な気がします。
これが使えればいいのになー。無理ぽいですよね。
学者先生による検証を希望します。
・・・もう検証されてます?
Posted by JLT | URL | 06/02/14 14:01 | mikOqQks

櫻井さんの

「中国では易姓革命と言って、王朝が変わるたびに前に王朝を半分ぐらい殺す。私たちの国はそういうことは一度もしていません。」

私にはこの発言が一番説得力あるなと感じました。

中国も朝鮮も、王朝や政権が変わるごとに、今の政権の正当性を証明するために、前の政権を悪とし、過去を否定します。その度ごとに歴史や伝統が途切れてしまい、子孫には何も残りません。

そして、世界のどの国も少なからずの易性革命まがいな事をしているのであって、それをせずに2600年以上もしていないというのはもの凄く価値のあることだと思います。

日本人がアジアで一番に近代化を成し遂げたことや、この資源も何もない小さな島国が世界第二位の経済大国であることは、今まで易性革命みたいなことをせず、先人達の教えを大切に紡いできたことと決して無関係ではないはずです。

それと同時に田原ら左翼は、戦後60年という現在を肯定するために、戦前を完全に否定し、易性革命を簡潔させるために天皇制を廃止させたいんだなということが、この番組を見ていて確信できました。

もし、この易性革命が簡潔するならば、日本は世界において決して特別ではなくなり、神秘性も何もない荒野のような国になってしまうでしょう。
Posted by yamabe | URL | 06/02/14 14:56 | r5wx8H2U

猫だまし? 2/13ニュース7公共放送NHKの世論調査について
http://www3.nhk.or.jp/news/2006/02/14/d20060213000145.html

「女系天皇の意味を、よく知っている・ある程度知っている」の中の71%が女系天皇容認に賛成というのは、「意味を知らない」人の意見を無視しているので、有効回答全体(1019人)の71%ではない。この数字から換算すると、
有効回答全体の「少なくとも、46.86%が女系天皇容認に賛成」としか言えないのである。
「女系天皇の意味を、あまり知らない・まったく知らない」人の意見を無視してるので、
「有効回答中、ジャスト46.86%だけが女系天皇を容認」とは言い切れないが、
「有効回答の46.86%以上が女系天皇に賛成」としか言えないデータなのである。
勿論、「女系天皇の意味を、よく知っている・ある程度知っている」の中の71%が女系天皇容認に賛成というデータも嘘ではないが、
国民には「世論調査の結果は、71%が女系天皇容認」と印象を与えるだろう。現に我が家の家族4人中4人がそう思い込まされ、顔を蒼くしていたところである。

このような情報操作がまかり通っている事について、国会議員の皆さんはご存知なのだろうか。

くっくりさんのブログは、有意義な情報が満載で、とても助かります。大変な作業だと思いますが、将来国が潰れるかどうかの時なので、これからも頑張って下さい。
典範を改正するにしても、「秋篠宮様以後」の継承について検討すべきで、男系男子優先が必定だと思っています。
愛子様は紀宮様のように皇籍離脱するが幸せの道ではないでしょうか。女性天皇は女系天皇の一里塚(誰かの言い方のマネ)。何も知らぬ幼い子供を、女性天皇実現のキャンペーンに利用している現状は許しがたいことです。長くなってしまってすみません。
Posted by りんごちゃん | URL | 06/02/14 15:34 | Uz.O3b6E

りんごちゃん さん、同感です。

>国民には「世論調査の結果は、71%が女系天皇容認」と印象を与えるだろう。

本当に、マスコミはこうやって世間をミスリードしています。ワイドショーや報道番組のコメンテーターも、皇室典範という国にとって重要なことなのに、浅い知識な上、そこらへんの感覚でものを言う。特にテレビは軽薄です。
それに、70%だから何だというのでしょうね。天皇や皇室に関することを、その時々の世論調査やアンケートで決めていくんでしょうか?それ自体が不敬な気もします。するべきことは、アンケートをとることではなく、もっと説明すること、知らせることだと思うんですけど、マスコミは数字だけを一人歩きさせてしまうんですよね。

>このような情報操作がまかり通っている事について、国会議員の皆さんはご存知なのだろうか。

国会議員の人たちにメールしなくてはいけませんね。この皇室典範のことは、まだ油断できないとも思われるし。
Posted by さ | URL | 06/02/14 16:35 | /fW0gBsI

女性天皇と女系天皇の違いは意外と多くの人が知っている。
そして歴史上一人も女系天皇はいなかったことも知っている人は多いです。
ただし、そこまでです、そこから先は知りません。
何故女系天皇が問題なのか、全く知りません。
あと、タクシーなどで運転手さんと話して思うことは戦後強制的に宮家を辞めさせられた宮家が存在し、そこには男系の男子がいるということを知らないことです。
啓蒙活動が必要だと思います。
Posted by ぱんめ | URL | 06/02/14 21:30 | kxoaqtjM

お気楽層啓蒙のキモとして重要な女性週刊誌、ワイドショーなどのメールアドレスを新たに加えて、アドレス帳を更新しました。私の名前のところにファイルのリンクを張っておきます。
Posted by 衣川康人 | URL | 06/02/15 00:40 | a76KPaac

宮家の件は、
◎福田 逸の備忘録―独断と偏見
http://dokuhen.exblog.jp/
の最新記事に書かれていますね。
その文脈で言えば、皇室典範改正は必要ではないかと思います。
Posted by さぬきうどん | URL | 06/02/15 01:19 | ObFNV5mo

 第一に「天皇」という概念が、隋唐時代の帝国の脅威から生まれた。
 中国の皇帝に対向する為に、中国の祭祀、男系継承による始祖崇拝を模倣した。
 それ以前は、女系に近い形態の家族制度、婚姻制度だった。
 ただ、男系か女系か、なんて深く考える必要も文化もなかったから、それ以前を言及するのは概念の問題になる。
 史実に基づく検証はほぼ無意味。
 側室制度が廃止された以上は、先細りが進むのは生物学的に当然。
 男系維持には、側室制度のバックアップがどうしても必要だった。天皇家の半数(明治大帝、大正天皇を含む)が庶系である。
 側室制度に変わる制度(有職故実でもなんでもいいが)を構築しない事には、皇室の存続自体が危ぶまれる。
 前の方で書かれている通り、印象操作ばかりでなく具体案を提出すべき。
Posted by tmn | URL | 06/02/15 01:55 | OHnnwkP2

>tmnさん
「天皇」以前は「大王」でしたが やはり男系継承でしたね。
>側室制度が廃止された以上は、先細りが進むのは生物学的に当然。
西洋社会はキリスト教の元ずっと一夫一妻制ですが「人口は増加」してますよね?
最近減少してるのも「少子化」の為でしょう?
「側室がなければ先細り」というのは「嘘」です
毎世代2人子を産めば人口は維持されますし、確率的に1人は男子が望めます。
(あくまで確率論ではありますけれど)
そして3人以上なら人口も男系男子も増える計算です。
「側室」は確かに増加に貢献はしますが 必須なものではありません。
Posted by Qajin | URL | 06/02/15 13:13 | sjk5fOiM

>「天皇」以前は「大王」でしたが やはり男系継承でしたね。

 系譜上は、という意味では全くそうです。
 ただ日本の婚姻形態が「婿取り」「嫁取り」かというと実に曖昧です。平安時代の「妻問い」や、それ以降の「夜這い」など、母系の名残を残す慣習は残りました。

 しかし、支配形態としては大和時代に中国をベースにした氏姓制度を導入し、大和朝廷の統治に大きく寄与しました。ですから、支配・統治という面から見れば、朝廷の歴史は男系から始まりました。
 それで系譜上は、男系で全て始まってないと困る訳です(実際は女系と男系の混在だったとしても)。
 史実的な意味を求めるのに意味を感じないのは、概念上男系から始まった事にしようと、古代朝廷が定義した事が重要であって、事実は問題にはならないと思うからです。
Posted by tmn | URL | 06/02/16 01:54 | v6pRKZJQ

 側室制度ですが、人口論と皇位継承者数を混同しているかと思われます。
 男系継承の場合、女児は全て切り捨てです。
 更に、嫡子が一回でも途絶えれば、そこで一家の系譜は消滅してしまいます。子供が二人でも産まれれば増えるというモノではないのです。

 更に言うと代を重ねる程、確率論的には低くなります。
 2人のうち最低一人が男児、というのは決して高い確率ではありません。男児が産まれる可能性が50パーセントを超えないからです。
 ならばこそ、歴代天皇家の半数以上が庶系であったし、昭和天皇が後宮を廃止した時に、世継ぎの危惧を周囲が抱いたのです(不幸にもそうなってしまいましたが)。
 宮家にしても、11宮家のうち半数が男系継承の資格を失いました。いかに男系継承が後継者を限定していくという証拠かと思われます。
 そもそも男系継承が限定された特別な系譜ならば、先細りが生じるのは当然の帰結です。
 その視点に立って、側室制度の復活、もしくは后が出産しやすいような環境の整備を講じるのが必要かと思われます。
 女系論が台頭しすぎて、側室制度復活などと言い出すと不利になりますが、一段落ついたら安定性の問題にも考えてくださいませ。
Posted by tmn | URL | 06/02/16 02:11 | v6pRKZJQ

側室制度の復活など考える必要はありません。すくなくとも今のところ。 徳川家はどうですか。大奥があっても後継は困難の連続でした。なんとか続いたのは、傍系があったからです。 昭和天皇もだから側室を廃止されたのです。 直系にこだわらずひたすら万世一系を第一に守ってきたのです。 皇位は過去から未来へ伝統を伝えるために一時預かっている、私心を排除した公への奉仕が皇室の尊さです。それがこれほど長く続いた理由でもあると思います。医療もすすんでますしね。    ともかく伝統ある世襲親王家、伏見宮家の血筋はあるのです。
Posted by まつ | URL | 06/02/16 15:25 | XuA1zuog

 ええと、徳川家の場合も同じで家系を保つ為に側室制度+傍系継承の二重のバックアップがありました。
 後三家なんかが続いていたのも側室制度のおかげです。要するに傍系継承をするにもバックアアップが必要なんですね。
 そもそも一夫一妻制だと、長くて10年ちょっとしか子作りができません。一人の女性が出産できる期間が短いからです。
 男性の場合は、その気になれば複数相手に70歳ぐらいまで子作りができます。
 男系継承を続けてきた理由の一つは、側室制度があれば女系より遥かに安定性がある継承法だからです。
 ですから昭和天皇が後宮を廃される(イギリス王家に感化されて)と、周囲が困惑した訳です。
 
Posted by tmn | URL | 06/02/17 01:59 | 2aV2yFUo

 それから私心なきと言われますが、民間から后を向かいいれたのは現皇太子様です。これで、婚姻に関しては、皇族といえども自由意志があられると公言されてしまいました。愛子様を男系継承の為に決められた結婚をさせる、という案もありますが父君があまり良くない先例をお作りになられました。
 別に傍系継承でも工夫すれば、なんとか続けられると思いますが(直系でもバックアップの傍系でも、一人の后が男子が産まれるまで出産し続けないといけませんが)制度は完備しておいた方が良いと思います。
 現に在野でも継承者が減っているのですから、たぶん大丈夫という人に余り伝統への熱意が感じられません。
Posted by tmn | URL | 06/02/17 02:06 | 2aV2yFUo

すみませんが、秩父宮家、高松宮家、そして今後想像される常陸宮家、高円宮家、こういう宮家は現状ではなくなってしまうんです。
恐るべきことです。
現在の議論もそこまで広げて考えるべきです。
Posted by さぬきうどん | URL | 06/02/17 23:57 | AONoDt5Q

tmnさんが書かれていますが、例えば徳川家に関しては。以下の近刊の新書が参考になります。
山本博文著『徳川将軍家の結婚』(文春新書)
新井白石という人は立派な人ですね。宮家を新たに作ったのですから。小泉氏とは違いますね。
彼の書いたものを改めて読もうと思いました。
Posted by さぬきうどん | URL | 06/02/18 06:06 | AONoDt5Q

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?304
トラックバック
正統性の拠り所(「天皇の後継者」のつづき)
 日本人の統合の象徴たる天皇の後継者の「資格」を変更すべきか、「伝統」と「男女平等」(民主主義)のどちらが大切か議論されている。  ところでなぜ日本人の「統合の象徴」が必要なのだろか。それは時々の権力者・政府が、その統治者としての「正統性」を表明するた...
Posted by よろずもめごと論 | 06/02/13 15:54

昭和天皇も男系・養子を考えておられた
日曜日に見られなかったんで、さっきまでサンプロ見てた そう、皇室典範改正問題につ...
Posted by Let\'s Blow! 毒吐き@てっく | 06/02/16 04:25