皇室典範〜「改革バカ」小泉純一郎を何とかして下さい
 !!!女系反対・男系賛成の皆さん、ぜひご協力下さい!!!
 ●●●皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦●●●
 メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」等にも是非ご活用下さい。

 ↑しばらくの間、毎日トップに置かせてもらいます↑

 今日ほど小泉首相に怒りを感じたことはありません。
 何でも変えればいいってもんじゃないでしょ。手を触れてはいけないものもあるんです。
 小泉首相は女系天皇容認も「聖域なき構造改革」の一つと捉えているのでしょうか。皇室は聖域です。日本でこれ以上のものはないという聖域。なぜそれが理解できないんでしょうか。

皇室典範改正 広がる慎重論 首相は強硬、反小泉を警戒?(産経)
 政府が今国会への提出を目指す女性・女系天皇を認める皇室典範改正案に、「女系天皇は皇統の断絶だ」と危機感を募らせた男系継承尊重派の包囲網が強まっている。政府・自民党内に提出見送り論が高まる中、小泉純一郎首相は「今国会で成立させた方がいい」と強気の姿勢を崩さない。このため、党内からは「首相は郵政民営化の時と同様、反小泉勢力による政局ととらえている」などの憶測が出ている。

≪提出見送り論≫

 今週に入って、与野党第一党の国対委員長が相次いで「非常に反対論が大きくなっている」(自民党の細田博之氏)「拙速に決める話ではない」(民主党の野田佳彦氏)と、改正案の提出・審議に慎重な姿勢を表明した。特に細田発言は「やめた方がいいという官邸へのメッセージ」(国対関係者)とされる。

 二十六日、自民党の伊吹文明元労相は派閥総会で「皇室典範は憲法と対比されるべき基本法だから、その改正は野党ともかなり話さないといけない。皇室と政府に心の通い合う対話の関係も築かれないといけない」と述べた。久間章生総務会長も典範改正に慎重な考えを改めて示した。

 超党派の保守系議員でつくる日本会議国会議員懇談会(平沼赳夫会長、二百四十二人)も総会で「法案を強引に上程すれば、国論は分裂し、天皇のご存在の意義を損なう」として拙速な改正案提出に反対する決議を採択した。

 また、学者ら有志でつくる皇室典範問題研究会(代表・小堀桂一郎東大名誉教授)は同日、緊急記者会見を行い、問題解決の方策を提言した。

 提言は、(1)特別法を立案し、元皇族とその男子子孫に皇籍に復帰してもらう(2)皇室会議が対象者の中から年齢、経歴、適切な人数などを考慮して復帰をお願いする(3)復帰した者の皇位継承順位は、原則として現行の皇室典範の規定を適用する−など具体的な内容だ。

≪切り崩し図る≫

 首相は二十六日夜、「皇室典範に関する有識者会議」の吉川弘之座長(元東大学長)ら同会議メンバーと首相公邸で会食し、皇室典範改正案について「今国会で成立させる。安心してください」と明言した。首相に近い自民党幹部も各派の中堅議員に典範改正に反対する会合に出席しないよう呼びかけるなど、男系尊重派の切り崩しを図っているようだ。

 改正案提出見送りを進言した自民党議員は「首相は非常に硬く、私の意見は退けられた。改正案反対の動きはこれ以上広がらないとみている」と話す。

 首相が強硬姿勢を崩さない背景に、郵政民営化関連法をめぐって対立した平沼元経産相が改正案反対議員のリーダー格に納まっていることへの、首相サイドの警戒心を指摘する声もある。

 実際には、拙速な女系天皇容認に反対する議員と郵政民営化に反対した議員はあまり重なっていないが、一部では「皇室典範問題で小泉さんを攻撃しようとしているのは、郵政民営化に反対した人たちでしょう」(公明党幹部)といったうがちすぎた見方もある。

≪皇室も改革?≫

 首相の独特な考え方が、今回の皇室典範改正へのこだわりにつながっているとの観測も自民党内で広まっている。

 「小泉さんには、伝統や文化より合理化だという頭があるんだろう」

 自民党長老の一人はこう分析する。また、首相の宮中行事に対する言動を目撃した複数の関係者は、次のようなエピソードを紹介する。首相は、天皇が神々に新米を供え自身でも召し上がる新嘗祭に参列した際、「暗いから見えない。電気をつければいいじゃないか」と主張。周囲に「だから皇室はもっと開かれなければならないんだ」と話したという。

 また、歴代天皇、皇后らの神霊を祭る皇霊祭に参列したときには、宮内庁長官に「中で何をやっているのか」と質問。天皇、皇后両陛下に三権の長らが祝賀を述べる国事行為である新年祝賀の儀では、燕尾服着用を求める宮内庁側の要請に応じず、儀礼上、ふさわしくない紋付きはかまで通し「皇室ももっと改革が必要だ」と主張したという。

 関係者の一人は「首相は皇室の神秘的な伝統などは、不合理だとしか感じないのではないか」と危惧(きぐ)を示している。

 「暗いから見えない。電気をつければいいじゃないか」って何?子供?
 ふさわしくない服装でやって来て「改革が必要だ」って何?ホリエモン?
 (あ、だから選挙でホリエモンを応援したのか)
 この人がここまでアホとは思わなかった。

 伝統や文化に「合理性」を求めることがそもそも間違いなんですよ。
 女系容認はいわば「ゆるやかなクーデター」ですよ。何十年か後に日本がえらいことになる危険性を秘めています。あなたは日本を破壊するつもりなんですか?
 ……などと言っても、きっと小泉首相は聞く耳持たないんでしょうね。

 私は小泉首相に訊いてみたいことがあります。
 「あなたは靖国参拝を『心の問題』だとおっしゃってますよね。『戦没者に感謝と敬意、哀悼の念を捧げるために参拝する』とおっしゃってますよね。つまりあなたは、戦没者の御霊が靖国神社にいるとお考えなんですよね?ではそのことについて合理的な説明ができますか?」
 彼の返事をぜひ聞いてみたいものです。

 靖国参拝も含め、「亡くなった方に対する慰霊」は日本の伝統・文化と言えます。それは多くの日本人が認めるところでしょう。
 例えば、お盆には先祖の霊が帰ってくるとして様々な行事が行われます。が、そこには「合理性」はありません。長年続いてきた慣習、そして「心の問題」があるだけです。伝統や文化には「心の問題」が大きく介在しているのです。
 靖国参拝を「心の問題」と言い「合理性」を求めない小泉首相が、日本の伝統・文化の集大成とも言える皇室には、なぜ「合理性」を求めるのでしょうか。

 となると、彼が内外の批判を浴びながらも毎年靖国参拝を続けるのは、そこに「心の問題」以上の「合理性」を見出しているからなのかもしれません。例えば「遺族会の心をつなぎ止めておくために続ける」「いま参拝を止めたら中韓の圧力に屈したことになるから続ける」など。
 男系継承という伝統を「合理性」を理由に変えてしまおうという頑なな姿勢を見るにつけ、その思いはいっそう強くなります。

 さらに↓この発言ですわ。あんたケンカ売っとんのか?

小泉首相、皇室典範の改正案についてあらためて今国会で法案を成立させる考え強調(FNN)
小泉首相は27日午後、記者団に対し、自民党内から慎重論が相次いでいる皇室典範の改正案について、あらためて今国会で法案を成立させる考えを強調した。
小泉首相は「女系天皇認めないという議論は、仮に愛子さまが天皇になられたときに、そのお子さんが男でも認めないということですよね。それをわかって反対しているんですかね。よく議論していけば、この皇室典範の改正が必要だとわかっていただけると思うんですけどね」と述べ、あらためて今国会での成立に自信を見せた。
皇室典範の改正をめぐっては、27日朝の自民党の会合で、「国民が女性天皇と女系天皇の違いを理解していない中、議論が十分でない」との指摘が出るなど、党内からは慎重論が相次いでいる。
こうしたことから、久間総務会長が会見で、「郵政法案のようになってもらっては困る」と述べるなど、早くも党内分裂を懸念する声も挙がっている。
[27日21時18分更新]

 わかってるから反対してるんですけど_| ̄|○

 この発言を見る限り、小泉首相は未だに女性天皇と女系天皇の区別がついてないとしか思えません。
 女性票獲得のために「女性・女系天皇」を考えついたはいいけれど、反対派が何だか騒がしい。だけど有識者会議の報告書ももう受け取っちゃってるし、今度の通常国会で決めるって宣言もしちゃったし、もう後には引けない、むしろ反対派が騒げば騒ぐほど燃えてきた……なんてことはないですよね?

 それとも真性の「改革バカ」?
 「改革=古い体質をぶっ壊すこと」としか思ってなかったりして?

 うがった見方をすれば、小泉首相は女性天皇と女系天皇の違いはしっかり理解した上で、違いを理解していない国民を「反対派は愛子さまのお子さんが天皇になれなくてもいいと言ってるぞ〜。反対派は冷たいぞ〜。こんな連中許していいのか〜」とわざとミスリードしてる?つまり世論を味方につけて反対派を切り崩す作戦?

 「よく議論していけば」って言うけどね、「党議拘束かける」って言った人に今さらそんなこと言われても何の説得力もありません。それにこの前からアホの一つ覚えみたいに「今国会で通す」しか言ってないし。

 だったら今国会で通さねばならない理由を説明して下さいよ。ひょっとして「よく議論していけば、この改正案はおかしいとわかってしまう」から急いでるんじゃないの?
 何でここまで意地になって通そうとするのか。未だにわかりません。

 最初に「今日ほど小泉首相に怒りを感じたことはありません」と書いたけど、でも感謝もしてますよ。この「改革バカ」のお陰で天皇の素晴らしさ、大切さを知ることができたんですから。
 ……もしこれ(国民を啓蒙すること)が目的だったのなら、小泉首相すごい!という話ですが、ま、あり得ないですね。

 話は変わりますが、平沼さんの件。
 平沼さんには失礼ですが、「改正案反対議員のリーダー」的存在になってしまってるとしたら、マイナスのような気がします。平沼さん、反小泉のイメージが強すぎるから。

 産経の記事にあるように、もし小泉首相が「郵政民営化の時と同様、反小泉勢力による政局ととらえている」のであれば、平沼さんが目立つのはよけいにまずい。
 今後マスコミが「郵政民営化の時と同様、反対派はこの問題を政争の具にしている」といったイメージ操作をしてくる可能性は十分あると思います。

 皇室典範は郵政民営化と違って利権は全くと言っていいほど絡んでいませんが、マスコミが冷静な報道をしてくれるとはあまり思えません。
 もしそういった方向で報道がされた場合、小泉首相はそれに乗っかって、ますます調子に乗るんじゃないでしょうか。

 平沼さんを目立たなくさせるためには、提出見送り論を唱えている細田博之氏、伊吹文明氏、久間章生氏、青木幹雄氏、片山虎之助氏など自民党の大物議員に、今後も声を上げてってもらうのが一番有効だと思います。
 つーことで、「メール大作戦には協力したいけど、何百人もの議員にメール送るのは面倒くさい」と考えてる皆さん、とりあえず上記議員にピンポイントでメールしていただくってのはいかがでしょう?

 ↓ところで安倍さんはいつまで死んだふりしてるの?

安倍官房長官、皇室典範改正案の国会提出に理解求める(日経)
 安倍晋三官房長官は27日午前の衆院予算委員会で、女性・女系天皇を容認する皇室典範の改正案について「皇太子さまの次の世代の皇位継承者が不在であるという不安定な状態は早急に解消されるべきだ」と述べ、今国会への提出に理解を求めた。自民党の高市早苗氏への答弁。
 「首相の任命や国会召集など重要な役割を担う以上、どのような事態が生じても安定的に皇位が継承される制度でなければならない」と指摘。改正を急ぐ理由として(1)皇位継承者には早期からふさわしい教育(帝王学)を行う必要がある(2)女性皇族が婚姻後は皇室を離れる現行制度では皇室の規模が急速に縮小する可能性が大きい――などを挙げた。 (12:12)

 ↓以下、勝手な妄想↓

<前日の安倍さんと高市さんの会話>
安倍「高市さん。私は官房長官という立場上、小泉首相に従順なふりをしておかねばならない。が、首相は最近、私のことを疑ってるようだ。安倍はやっぱり男系推進派じゃないのか?と。そこで高市さん、明日の予算委員会では皇室典範の件で私に質問をしてほしい。私は女系を推進する答弁をして首相を油断させるから。……あと例の件はどうなってる?」
高市「バッチリです。大物議員の説得、中堅議員の切り崩し、若手議員の啓発を水面下で進めています。あと民主党の保守派の取り込みも。いざとなれば内閣不信任案提出も……」
安倍「よろしい。引き続き進めてくれ。くれぐれも首相のイエスマン連中にさとられることがないように……」
高市「心得ております」

 表面上は小泉首相に従順なふりをしつつ、水面下で法案つぶしに奔走してくれてることを願うのみ(T^T)


■読め!小泉

 「SAPIO」を何年かぶりに買いました。皇室典範改正問題の特集があったので。
 その中から、竹田恒泰氏(旧皇族)、ベン=アミー・シロニー氏(ヘブライ大学教授。海外における天皇制研究の第一人者)のコメントを要約して紹介します。

 (タイトルの「読め!小泉」は、本そういち氏の北朝鮮拉致ドキュメンタリーコミック「奪還」及び「めぐみ」の帯に書いてあるキャッチコピー「読め!金正日」のパクリです(^_^;)

◇竹田恒泰氏(旧皇族)
 有識者会議の「女系天皇を容認する」とした最終報告書、これはいわば三種の神器を「西洋風の王冠と杖と指輪に変えよう」というのと同じような話。これを変えたら日本の天皇とは呼べない。男系継承も天皇の本質だから、女系を容認すれば、それはもはや天皇ではない。

 女系自体が悪いのではない。たとえば世界最古の木造建築である法隆寺を鉄筋コンクリートで建て替えてしまったら、それはもう法隆寺ではない。鉄筋の寺院があっても構わないが、法隆寺にそれはふさわしくない。同様に、諸外国に女系の王家があるのは構わないが、日本の天皇家にはふさわしくない。

 有識者会議はわずか30時間で「女系容認」の結論を出した。メンバーに天皇制の専門家は一人もいなかったため、ただでさえ短い審議時間の多くは基本的な勉強に費やされた。その拙速きわまりない議論の中でも、とくに強い違和感を抱いたのは「男系継承は難しいからやめよう」という点。これまでも、皇室は決して楽に男系を続けてきたわけではない。苦労しながら賢明に男系を維持してきたわけで、あえて困難なことを続けてきた以上、そこには何か重要な意味があるはず。それを「難しいからやめる」というのは、先祖たちが積み上げてきた歴史に対する冒涜ではないか。

 ではどうすればいいのか。その答えも歴史の中にある。皇統廃絶の危機は過去3回あったが、いずれも先代の天皇とは7〜10親等も離れた傍系の男子を即位させることで乗り切ってきた。そのうちの2例では、傍系の天皇が先帝の長女と結婚することで直系の血筋との融合を図っている。男系を維持しながら先帝の血筋も置き去りにしないという、実に鮮やかな解決法。4回目の危機に際してまず学ぶべきは、こうした先例。

 「欧州では女王も女系も容認されている」と言う人もいるが、欧州の国王と日本の天皇では背景や役割が異なる。たとえば天皇は、英国などの王室にはない伝統的な神事を年に何十回もなさらねばならない。それだけなら女性でもできるだろうが、女帝になると「出産」のお役割も担わねばならない。出産の前後は職務が滞ってしまうし、さらに生理中の女性は神事に関わることが禁じられている。両立が困難だからこそ、天皇と皇后がお役割を分担してこられた。その点だけを考えても、男系継承が望ましい。

 「男女の役割を限定するのは女性蔑視だ」と批判する人もいるだろう。確かに、男女同権という価値観に照らせば、男系男子に限るのは不合理かもしれない。しかし、ならば歌舞伎は男、宝塚は女だけというのも不合理。お正月の初詣や七五三のお参りにしても、合理的な根拠は一切ない。そういった不合理を文化大革命みたいな発想で切り捨てたのでは、伝統や文化はズタズタになる。不合理を含めて成立しているのが皇室というものだから、合理主義を徹底すれば、男系継承どころか天皇の存在そのものを否定することになりかねない。

 あえて簡潔に言えば、天皇は「日本国民統合の象徴」という現行憲法どおりの存在。天皇の役割は時代ごとに変わってきたが、もし変わらぬものがあるとすれば天皇は日本の「象徴」であるという事。たとえば外国から飛行機で帰国する途中、窓から富士山が見えたときに「ああ日本に帰ってきた」と思えるのと同じように、大半の日本人は天皇のお姿を拝見した瞬間に「ああ日本だ」と思えます。これが象徴というもので、それが世の中に必要だからこそ、皇室は国民によって守られてきたのだろう。

 諸外国の王朝は軍事力で自らを守ってきたが、日本の天皇は、動乱期の例外を除いて、基本的に軍隊を持たない。京都御所など、衛兵どころかお堀や石垣さえない。なのに1200年間も都として存続したのは、象徴としての天皇を必要とする国民によって守られてきたから。

 この2000年という歴史の重みは、海外から日本を見た方が実感できるだろう。たとえばフランスでは、革命でルイ王朝を抹殺したことを今になって後悔し、王室を持つ英国を指をくわえて眺めている。長く続いている王室や皇室は、それだけで国際社会から尊敬されるからだ。

 世界中の貴賓が集まる結婚式などの式典で、「陛下」と呼ばれる国王や天皇が、「閣下」である大統領や首相より上座に座るのもその表れだろう。ちなみに「陛下」同士が並ぶ場合は、より王朝の歴史が長いほうか、より在位期間の長いほうが上座に座るのが外交上の慣習。そのため、いずれの面でも「世界最長」だった晩年の昭和天皇は、常に上座にお座りになった。それは、日本の天皇が「偉い」からでも「強い」からでも「豊か」だからでもない。その価値は「尊い」としか形容できない。「偉い」「強い」「豊か」といった価値は後から生み出せるが、「尊い」はつくろうと思ってもつくれない。それは、長い歴史の中で淘汰されずに受け継がれてきたものだけが持つ価値。

 ところが戦後の日本はそういう歴史的な価値を忘れ、経済的な価値ばかり追い求めてきた。もし今回の皇室典範改正が伝統を踏みにじる形で実施されれば、ますます歴史を蔑ろにする恐れがある。ここで踏みとどまり、伝統に裏打ちされた文化を大切にしなければ、いずれ経済力を失った瞬間に、日本は誰からも尊敬されない国になってしまうのではないか。

 たまたま旧皇族の子孫に生まれた私のような人間が果たすべき役割とは何か。昭和22年に皇籍離脱した十一宮家は、それまで皇族として国から十分すぎるほどの生活費をいただき、特権的な生活をしていた。今は民間人になっているとはいえ、その特権的な環境は現在も引き継がれている。ならば、この問題について一定の責任を感じて然るべき。

 そもそも皇族には、「天皇の藩屏(はんぺい)」としての役割が与えられてきた。近親者として天皇を支え、お守りするのが役目。たとえば終戦の際、その聖旨伝達のために、昭和天皇が各地に遣わした皇族たちが天皇と国民の橋渡し役を果たしたことがあるが、まさに「藩屏」ならではの役割。そのとき昭和天皇は「皇族は天皇と国民のあいだにある」とおっしゃった。私は皇族ではないが、メディアで発言することで、皇室や国民をつなぐような役割を全うできたら幸いだと思っている。

 皇族はもう一つ「皇統の担保」という役割も担ってきた。皇族の危機に備えた「血のスペア」がなければ、男系継承を安定的に続けることはできない。明治天皇の玄孫にあたる私も、「皇族に復帰する覚悟」の有無を問われることが多くなった。が、現状は、それを考える以前の段階。現時点では、あくまでも「旧皇族の子孫」という立場でメッセージを発していくのが私なりの責任の果たし方だと思う。ただし一般論として一つだけ言えるのは、皇統断絶の危機に皇位を継承するのは、700年に一度あるかないかの大役。そのお役目の歴史的な重さに比べたら、個人的な欲望や野望など、取るに足らないちっぽけなものにすぎないと思っている。

 法隆寺の例えを女系容認派の主張に当てはめると、こんな感じかな?
 「世界最古の木造建築である法隆寺は火事や地震に弱いから、鉄筋コンクリートに建て替えましょう。鉄筋コンクリートにすれば、天災に遭っても大丈夫です!法隆寺は半永久的に残ります!」

◇ベン=アミー・シロニー氏(ヘブライ大学教授。海外における天皇制研究の第一人者)
 現在世界に残された皇帝はただひとり、日本の天皇である。帝国でなくなってから60年が経っているにもかかわらず、日本には天皇制が残っている。しかしこの地位はいま、廃絶の危機にさらされている。廃絶されれば、それは日本だけでなく世界の損失になるだろう。なぜなら歴史を通じて日本を特徴づけてきたこの制度は、他の王制とは異なるものだからだ。

 現在の皇族の祖先がいつ皇位に就いたかは誰も知らない。だが神話が伝える紀元前660年という年代はさておき、少なくとも日本国家が始まった、紀元後の最初の1000年間の半ばからは、同じ一族が日本を統治してきたことは認めねばならない。現代の世界において、このような例は他に見られない。この驚くほどの継続性に説明をつけることは難しい。日本の歴代天皇は、具体的にはほとんど何もしていないに等しいからだ。

 軍事的、政治的な権力をふるったわけでもなく、並外れた人物であったわけでもなく、卓越した知識や超自然的な能力を持って言えると主張したわけでもない。天皇たちは通常、宮廷の貴族や軍司令官、高位の政治家や顧問に操られていた。だが、これらの権力者が、他の国であったように、力のない君主に取って代わろうとしたことはなかった。個々の天皇の弱さは、天皇制の永続性とバランスがとれていた。さらには、南北朝時代(約60年間)を除いて、皇室が互いに敵対する家に分かれたこともなく、この短い時代を除いては、どの時代にも天皇はひとりしかいなかった。この権力と権威の分離が、歴史を通じて日本の国を特徴づけてきた。

 一方で、無力でありながら神聖な天皇は、役に立たないお飾りではなかった。天皇は日本という国の統合と継続を保証した。そのおかげで内戦の時代にも日本は別々の国家に分断されることがなかった。天皇は、国家が崩壊することなく大きく変わることを可能にするメカニズムを提供していたのである。その最も顕著な例が明治維新だろう。

 新憲法は天皇を「象徴」と定義することによって天皇の地位を変えたが、実際にはそれ以前から天皇は象徴として存在してきた。戦争が正式には天皇に率いられたものであったにもかかわらず、新憲法は天皇制も、「天皇」という称号も残し、皇室だけに皇位を継承する機能を与え、さらには同じ天皇をその地位に残した。天皇を戦後も継続させることによって、戦後の日本の継続を確かなものにした。新しい皇室典範も、前のものと同じく天皇の座から女性を排除することによって継続性を表していた。

 女系が認められていれば、何世代にもわたって皇室に嫁いだ藤原氏のような貴族が容易に皇室に取って代わることができただろう。女帝は過去にも存在したから、再び設けることに問題はない。それは日本の歴史と現代的な価値観の両方にそぐうものだ。21世紀半ばに愛子内親王が即位すれば、即位してから8年後の1770年に退位した後桜町天皇の伝統を継承することになる。だが女系の皇統は日本に存在したことがなく、これは天皇制の根本原理に矛盾する。

 男系が民主的でないのは確かだが、そもそも世襲の君主制そのものが民主的ではない。それにもかかわらず、世界で最も先進的な民主国であるイギリスやスカンディナビア諸国、ベネルクス諸国も、世襲制の君主制を維持し、これが民主的な政権とうまく調和している。男性が独占する制度は男女平等の原則に反するが、伝統的で神聖な制度の場合にはこれが受け入れられ、尊重されることもある。

 カソリック世界は民主主義を支持しているが、ローマ教皇が男性に限定されていることに対して異議を唱えることはない。ダライ・ラマは自由と正義の擁護者だが、この地位に就けるのは男性だけだ。ユダヤ教の「コーヘン」(神父)は、3000年以上前から続き、今も特権と責務をともなう宗教上の地位だが、これも父から息子へと継承される。女性のローマ教皇、女性のダライ・ラマ、女性のコーヘンを要求することなど考えられない。それなら女性天皇を容認する男系の原則を維持したとしても、何の不思議もないのではないだろうか。

 私見を言えば、日本政府は、男系皇位継承のように古くからある原則を廃止するという過激な変革を急ぐべきではない。愛子内親王はまだ4歳だ。日本人女性は平均して寿命が長いから、彼女を皇位に就かせることによって21世紀終わりまで問題を解決することができると考えられる。それまでには、さまざまなことが起こる可能性がある。彼女が、かつての傍系の宮家の子孫と結婚し、母方と父方の両方に皇族の血を引く息子をもうけるかもしれない。あるいは、そのような皇族の子孫を養子にするかもしれない。

 たとえ問題が解決されなくても、50年後か60年後にもう一度検討すればいい。そのころには日本の人々は天皇制について今とは異なる意見を持つようになっているかもしれない。急ぐ必要もないのに、今の世代が次の2世代に結論を押しつける理由があるのだろうか。

 外から見た方が本質がよく見えるってこと、ありますよね。
 言われてみれば、確かに「日本の歴代天皇は、具体的にはほとんど何もしていないに等し」く、「天皇たちは通常、宮廷の貴族や軍司令官、高位の政治家や顧問に操られていた」にもかかわらず、「これらの権力者が、他の国であったように、力のない君主に取って代わろうとしたことはなかった」んですよね。
 現代人の感覚で言えばこれは奇跡的なことなんでしょうけど、昔の人には「天皇は侵してはならない存在」という感覚というか、畏敬の念みたいなものが当たり前にあったんだろうなと思います。


※拙ブログ関連エントリー
 ●10/27付『女系天皇は容認できない』
 ●11/5付『メディアは「女性天皇」と「女系天皇」の違いを説明せよ』
 ●11/7付『「たかじん委員会」是か非か“女性・女系”の天皇』
 ●11/10付『「ムーブ!」女帝容認論に異議噴出』
 ●11/25付『皇室典範〜有識者会議が報告書提出』
 ●11/26付『皇室典範〜社説出揃う』
 ●12/8付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集』
 ●12/9付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集(その2)』
 ●12/10付『皇室典範〜産経が女系天皇問題特集(その3)』
 ●12/12付『皇室典範〜竹田恒泰さんインタビュー』
 ●12/16付『皇室典範〜小泉チルドレンからも女系反対の声』
 ●1/8付『皇室典範〜物事の本質を見よ』
 ●1/12付『皇室典範〜「正論」平成の和気清麻呂、出でよ!』
 ●1/15付『安倍さんに失望するのはまだ早い』
 ●1/20付『皇室典範〜寛仁親王殿下の新たなご発言』
 ●1/22付『皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦』
 ●1/24付『皇室典範〜女系天皇阻止メール大作戦その2』

※まとめサイト
 ●天皇家の万世一系(男系)による皇位継承という伝統を守ろう!
 ●とりかごさん12/1付『ザビ家の女系天皇反対』
 ●女性天皇に賛成。女系天皇に反対!


・・・・・・細切れぼやき・・・・・・


グーグル 中国の検閲協力 米対応と一転、低姿勢に

 「米国内では利用者の検索履歴提出を求める司法省の要請を拒否し続けて闘っているグーグルが、中国に対しては一転、低姿勢」_| ̄|○
 「国際企業がネット検閲に加担することは今後、当局の言論統制を一層徹底させるものと懸念されている」_| ̄|○
 でもやっぱり便利だからGoogle使ってしまう私_| ̄|○


日朝協議2月4日から、両政府合意…北京で5日間程度

 家族会の信任が厚かった斎木審議官は駐米特命全権公使に転出しちゃったし……。後任の梅田邦夫さんって人は信頼できるんだろうか。


<ハンセン病>補償法改正案が国会提出 超党派議員立法で

 法案通過がほぼ決まった模様。納得いかん。


江副元会長が朝日新聞提訴 堀江容疑者記事めぐり

 江副氏曰く、「記事は誤報で、私には何の取材もなかった」。
 また朝日新聞か!でも今日はもうぼやく気力がありません。皇室典範問題の深刻さを思うと、朝日新聞ごとき小者に構ってるのがアホらしくなる。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。
Posted by くっくり 03:20 | 皇室 | comments (73) | trackback (8)
コメント
現在 親小泉以外は、なんでも小泉総理のやることに反発するので、ここであえて 総理が女系容認の姿勢を見せ、反対勢力の言質をとろうと。
そして総理が退陣した後、後継者を中心にで女系反対が圧倒的多数になり、伝統が守られる…と。考えすぎか。
Posted by のり | URL | 06/01/28 04:28 | np03L5hk

大日本帝国憲法
第一条
 大日本帝国ハ万世一系ノ天皇之ヲ統治ス

第二条
 皇位ハ皇室典範ノ定ムル所ニ依リ皇男子孫之ヲ継承ス

第三条
 天皇ハ神聖ニシテ侵スヘカラス

この条文を復活させるべき
Posted by 臣民 | URL | 06/01/28 05:11 | P/xoEdYw

こんにちは。
多くのアドレスに同報メールを送るソフトを紹介します。
同じ文面で、宛名だけ変えて一発送信したりもできます。
便利ですよ。

http://www.woodensoldier.info/soft/md.htm
Posted by ぱ2 | URL | 06/01/28 07:22 | M5P/BBTs

失礼しました。既に紹介されていましたね。

皇位継承問題について、大磯教授がこんな記事も書いておられます。
http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/column073.html
>もし、いま日本が、現実の必要に迫られてもいないのに、男系一統を捨てたと認識されたなら、イスラム世界の日本を見る目が確実に変わるだろう。もちろん、いい方に変わるはずはない。なぜ日本は、イスラムと同じ「正しい後継」を捨て、正しくない「イスラエルの後継方式」に乗りかえるのか、と質問するだろう。
Posted by ぱ2 | URL | 06/01/28 07:32 | M5P/BBTs

小泉首相は,山窩出身の共和主義者ですからね。
小泉首相の持論の首相公選制も、目指すは大統領制と同じですから、皇室がどうなろうと知った事では無い訳です。

孝明陛下と明治陛下の遺伝子を調べて欲しいものです。
血の繋がりが無ければ、男系派は道化ですわ。
Posted by 筒井 | URL | 06/01/28 07:38 | .0fwkK8Y

血のつながりとか、実際には絶えているのかも知れません。側室の寝所に忍び込んだ奸臣くらいいたでしょうし。
でもね、途切れていないという「建前」が大切なんです。
それが伝統というものですよ。

男系派だって神武天皇を信じていない人もいるし、いろいろなところで血が途切れている可能性もあるだろうと思っている人もいます。
Posted by ぱ2 | URL | 06/01/28 07:47 | M5P/BBTs

血統に疑問が有れば、疑惑の親王が東宮宣下されるわけないでしょう。

私は、祐宮がドサクサに摩り替わてないかと、疑問に思っているだけです。
Posted by 筒井 | URL | 06/01/28 08:05 | .0fwkK8Y

法隆寺を鉄筋コンクリートで立て替えてしまったら、もはや法隆寺ではない!というのは、ホントその通りですね。(笑)
ただ、そのことが法隆寺の現在置かれている立場を的確に表しているとも思います。
世界最古の木造建築物。
その文化遺産としての価値は重要だとしても、宗教施設としての価値は、多くの日本人にとってあまり問題にならないということではないでしょうか。
私は法隆寺の近くに住んでいますので、法隆寺の宗教施設としての様々な行事や地域とのつながりに触れる機会があるのですが、その価値は決して「世界最古の木造建築物」というだけでなく、今も生き続ける地域住民にとって重要な伝統的文化であり精神的な拠り所の一つであると実感できます。
天皇制についても、「神代の時代から連綿と続く男系の血筋」という伝統にのみこだわる考え方も理解できますが、我々日本人が天皇制を維持し高い理想を掲げて世界の平和と発展に寄与していくとするときに、その核心が「古さ」であるとするのは、難しいのではないかとも思います。
結局は天皇制をどう捉えているかと言うことだと思うのですが、「権威」として捉えるのであれば、その「古さ」はとても重要な要素であると思いますが、「理念」として捉えるのであれば、「古さ」はあまり重要ではなくなるように思います。
私は伝統も大切なものであると思いますし、よき伝統は守り次世代に受け継いでいくべきだとも思っています。
今、皇室典範改正に絡んで、日本人にとって天皇制とは何なのかを考える良い機会だと思っています。
Posted by オヤジ | URL | 06/01/28 09:12 | ItDH3Jfs

>オヤジさん
「我々日本人が天皇制を維持し」と「高い理想を掲げて世界の平和と発展に寄与していくとするときに」
と1文になってるのか理解できません。天皇は天皇、世界平和は世界平和で別物です。それとも八紘一宇を掲げ天皇陛下を担ぎだしててまた戦争でもするんですか?
個人によって違いますが「古い」ものはありがたいものです。値打ちがあります。法隆寺が1年前にできた寺ならなんの価値もありません。人の見る目も違ってくるでしょう。
Posted by すがり | URL | 06/01/28 09:43 | xbNnl3sk

私は最近仮説を考えています。

小泉人気は一般では絶対的な存在です。9月に退任しても後の安部さんが霞んでしまう
そこであえて最後に極悪人として幕を引こうとしているのではないか。

天皇制は郵政ほど甘くはない。日本の象徴です。
これを崩すことに反対する議員は民主にもいる
逆に売国議員は自民にもいる
小泉が一番最初に言っていたのは「自民党をぶっ壊す」これは自民の膿を排出し天皇制という心の問題を利用し
自民・民主から真に日本を思う議員だけで再構築したいという狙いがあるのではないか。

だからこそここまで異例な速さが望ましい
日本は喉元過ぎれば熱さを忘れる風潮なので時間をかけて議論していればいつの間にか女系容認に決まりとりかえしのつかないことになる
尻を叩くことで危機感を募らせ議員の選別を行い
自らは悪として退任し安部氏の仕事がしやすい環境をつくる。

この仮説どうでしょうか?
Posted by d | URL | 06/01/28 09:46 | CTaWlqX.

メール作戦をTOPにずっと置いておくのいいね。

何だかブロガーって一回「反対!」って書いたら満足しちゃう傾向にあるんだけど、反対だったら撤回させる事を目指して主張し続ける方が俺は好き。

この点は左翼の執念深さを見習った方がいいね。
Posted by Tori | URL | 06/01/28 10:12 | MfrtDufA

初めて投稿させていただきます、いつも拝見させていただいておるものです。

産経抄「それから3年」の石井英夫氏によるまえがきで、氏が出会ったチベット山脈に連なるある山のふもとにある町に住んでいるナシ族の若い女性が迷信と思われるような結婚に対する伝統をけなげに守りながら生きていることについて触れています(詳細は省略させていただきます)。
その女性のコメントを抜粋させていただきます。

「あなた方から見ると、いまわしい迷信や不合理な因習に見えるでしょう。でも私たちナシ族にとってこれは掟なんです。
伝統で、文化でもあるんです。
これをなくしてしまうとナシ族はナシ族でなくなってしまう。
漢族に吸収され、みんないっしょになってしまう。
私はナシ族の娘です。ナシ族の掟を守り、文化を守ろうと思います。」

私たち日本人は世界に誇れる立派な文化があります。
少しはナシ族の女性を日本人はみならったほうが良い。
Posted by おかべっかむ・でびっど | URL | 06/01/28 10:15 | pUTUUouU

私でさえ怒りますですよ(ー_ーメ)
小泉首相は内閣人気を何か勘違いしていないかと┐(´ー`)┌
読売ばかりか産経まで敵に回しましたな!

もう、ポスト小泉への移行が加速してる様な気が・・・・・・
Posted by abusan | URL | 06/01/28 10:54 | 3adkL5b.

>すがりさん
私は「世界の平和と発展に寄与していく」と書いたのですが、「八紘一宇を掲げ天皇陛下を担ぎだしててまた戦争でも」したいように、思われたのなら、それは誤解です。
それから、「法隆寺が1年前にできた寺ならなんの価値もありません。」という点について。
まさに法隆寺が「1年前にできた」当時の日本人にとっても、「なんの価値もない」ものだったのでしょうか?
法隆寺という宗教施設は、多くの現代に生きる日本人にとっては、文化遺産としてしかその価値を見出せないものになってしまったのかもしれません。
しかし、私は天皇制はそうではないと思っていますし、男系維持派のみなさんの中にも、そう考える人はいると思うのですが。
Posted by オヤジ | URL | 06/01/28 10:57 | ItDH3Jfs

小泉首相の本心がよくわかりませんね。
本気で皇室の改革をやりたいのか、それとも国民に皇室の大切さを気付かせるための荒療治なのか・・・?

小泉首相にメールを送ってはみますが、本心がわからないので、難しいなあ。

ところで
>><ハンセン病>補償法改正案が国会提出 超党派議員立法で

これ、私も納得いきません。
日本国内のハンセン病問題は、ハンセン病が隔離しなくても大丈夫だということが分かった後でも隔離していたことについて補償をする、ということなのに、今回の韓国や台湾への補償は、隔離政策しか方法がなかった時代に隔離政策をとっていたこと自体を補償するってことだと思うんですけど、それって違うんじゃないかと思います。

まだ勉強不足で詳しくないんですが、ざっと調べたかぎりでも、どうも腑に落ちません。

この法案ももう一回考え直して欲しい。
Posted by さつき | URL | 06/01/28 11:34 | G7UQeqSQ

拙ブログ右サイドに自民・役員(抜粋)リストと内閣大臣リストを貼り付けときましたのでご利用ください。

さて、昨日の小泉発言、私もずっこけました。そして噴火!深夜まで怒りは収まりませんでした。
今回の首相の発言は女系反対派の意見に全く耳を傾けていない実態を露呈させたばかりか、くっくりさんのおっしゃるとおり、首相の靖国参拝が日本という国の歴史や伝統への理解に裏打ちされているのではないという証拠にもなってしまいました。こんな人に靖国に来て欲しくはない。。。
首相の靖国参拝を支持した私は裏切られた気持ちです。悲しい。。。
Posted by kits | URL | 06/01/28 12:17 | A4rvYc8Y

くっくりさんの、「安倍さんと高市さんのやりとりの妄想」は、当たってるかも。。2ちゃんねるで拾いました。
       ↓
Date: 2006/01/27(金) 17:42:29 ID:jtcp0+Cq0

おまいら、今日の衆議院中継での高市とのやりとりを聞いてみれ
         ↓
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.cfm

高市:125代男系継承されている重みについて、どう考えているか?

安倍: 官房長官として政府を代表する立場なので、特定の立場に立つことは差し控え
    させて頂くが、政府としては古来、例外なく(男系天皇が)継承されてきたことを
    認識して、そのことの重みを受け止めつつ、皇位継承制度のあり方を検討すべきもの
    だと考えております。

平成18年1月27日 予算委員会
高市早苗の14分30秒ごろから始まるよ。
Posted by 一日本人 | URL | 06/01/28 12:24 | KW4pRcn6

戦死した人たちは、皇室の為に戦死したのか?
小泉首相は、戦死した人たちは国の為に、戦死したとの認識でしょう。

孝明陛下の忠臣の会津藩は朝敵なんです。
Posted by 筒井 | URL | 06/01/28 13:59 | .0fwkK8Y

>オヤジさん
>私は「世界の平和と発展に寄与していく」と書いたのですが、「八紘一宇を掲げ天皇陛下を担ぎだしててまた戦争でも」したいように、思われたのなら、それは誤解です。

この部分は冗談ぽく書いたつもりですが、そうなってないですね、すみません。

>それから、「法隆寺が1年前にできた寺ならなんの価値もありません。」という点について。まさに法隆寺が「1年前にできた」当時の日本人にとっても、「なんの価値もない」ものだったのでしょうか?

法隆寺は確か蘇我氏が作った寺ですよね。半島から技師なんかも呼んで。当時の日本人ならびっくりする建物だったと思います。

>法隆寺という宗教施設は、多くの現代に生きる日本人にとっては、文化遺産としてしかその価値を見出せないものになってしまったのかもしれません。

法隆寺の僧の方々がそうなのか私は知りませんが、近頃の坊さんときたら、妻は持つ、酒は飲む、盛り場をウロウロする、金儲けには熱心。これで本当に仏僧でしょうか。仏教の衰微は、僧の眉をひそめる行いによる自滅の気味がたぶんにあると思います。
天皇もこれと似て、歴史伝統から離れたら、皇位の意味がなくなると思います。
Posted by すがり | URL | 06/01/28 14:22 | xbNnl3sk

>くっくりさん

アドレス帳活用して下さってありがとうございます。

>dさん

そうあって欲しいものです。

『曇りのち晴れ』さんで↓こんなエントリーありました。
http://kumohare.seesaa.net/article/9808665.html

面白いので見てみて下さい。

コイジュミ氏は何も考えていないような気がします・・・。

>ここに集う皆さん

私は、小泉純一郎の改革偏執狂とも思える発言を聞くとこの国はどうなってしまうのかとう不安でいてもたってもおれらません。

皆さんの力で何としても今回の案を阻止しましょう。
Posted by あきひと | URL | 06/01/28 14:58 | 8ZTQndc2

>筒井さん
>小泉首相は、戦死した人たちは国の為に、戦死したとの認識でしょう。

筒井さんのおっしゃる通りだと思います。殉職した方への慰霊しか首相の心には無いのでしょう。

その慰霊に訪れる先は神社なのにね。首相の神道への理解って一体???

天皇は神道の最高権威です。皇族は神道の祭祀王族です。首相は靖国参拝したときに会う神主のトップが天皇だって意識は無いんじゃないんですかね。

だから「愛子さまの子供が男子でも反対するのか?」みたいな変なコメントするんじゃないんですかね。
祭祀王族には祭祀王族の掟というか、神道に根ざす了解事があって、それを守ってきた長い歴史が有るのなら尊重しよう、とかいう気が無いからああゆう発言が出るんだと思いました。
Posted by kits | URL | 06/01/28 15:12 | A4rvYc8Y

小泉首相はヤクザですからね・・・・・・・・
皇室範典改定も政局に利用しているように見えます。それに、女性の起用の仕方を見ていると、小泉首相はシスコンじゃないかと思ってしまうようなところがあるんですよね。本人は本気で、
「愛子様に皇位を継がせるのがなぜいけないんだ!」
と単純に思い込んでそうなので困ったものです。
保守政治家なら、問題点が理解できるのですが、なんせヤクザなので理解できないのでしょう。安部議員や麻生議員あたりが、問題点を小泉首相に説明して欲しいですね。
小泉首相も、世論は気にするようなので、女系天皇反対の国民の声をどれだけ大きく出来るかが、皇室範典改定阻止へのカギだと思います。
Posted by うなぎ犬 | URL | 06/01/28 15:22 | 8KT1ono6

昨日は、ホンマ腹立ちました。
小泉=馬鹿 確定で、宰相の資格が無いことが判明しました。もはや疑う余地はありません。

学生時代強姦事件をおこしてイギリスに逃げたとか
いううウワサがあるのですが、このさいスキャンダル掘り出しでもなんでもいいですから即刻退場を願います。
Posted by M2 | URL | 06/01/28 16:53 | DpOkCq92

今後、1000年先でも男系が維持できるシステムを提示してくれるなら男系維持に賛成します。

しかし、今のままではいつか男系断絶になる可能性があるので、愛子様で母系になるは、しょうがない面もある。
傍系の男子を天皇としても結局は母系にならざるを得ない事態が生じるのなら、愛子様の血筋で天皇家が続くのが妥当でしょう。

男系維持派の皆さんの気持ちも理解できますが、
今後1000年先でも男系が維持できるシステムを提示できない限り、今回の改正に賛成です。
Posted by ちょっと反対意見 | URL | 06/01/28 17:46 | 99LPtR.E

死んだフリをしている?安倍たんが明智光秀の役回りを演じてくれたなら・・っていう希望はやはり悲しすぎますね。彼には立派な宰相になってもらいたいですから・・。ここで憤死してもらっても困る(つ_・、)
Posted by ななし | URL | 06/01/28 18:07 | nhgjKb2w

>M2 さん
日本国の宰相でありながら、天皇を理解していないとは宰相の資格は全くない。とメールしましょうw。私はするつもりです ww。

>ちょっと反対意見 さん
いずれ切れるから、今切っとけというのは、理解できません。例えれば、どうせ人間は皆死ぬんだから、赤ん坊のうちに殺しとけ、それで同じだろというふうに聞こえます。
Posted by すがり | URL | 06/01/28 18:22 | xbNnl3sk

ちょっと反対意見さん。だからなぜ今それを急いで決めないといけないのですか?これは2世代先の問題です。議論を尽くせば良い案が出てくるかもしれないとは思いませんか?今決めなければならない理由を教えてください。
(これは今回の改正に賛成できない人たちがまず第一にあげる理由だと思います。)
Posted by 葉月 | URL | 06/01/28 18:25 | aeoZ6iR6

くっくりさん、いつもご苦労様です。
私も、典範の改正には賛成できません。去年の郵政改革選挙では、私も多くの人々同様、自民に、とりわけ、小泉総理に票を入れるつもりで、自らの1票を投じましたが、しかし、今回はそうすることが出来ません。つまり、この皇室典範改正の件に関しては、彼を支持することが出来ないということです。
郵政改革のような、行き詰った日本経済に対して、強力なカンフルとして機能する改革は、ぜひとも必要であったでしょうし、それはむしろ遅すぎたくらいで、私としても、昨年の小泉総理の改革に賛成した気持ちは、年が明けた今現在も変わっておりません。むしろ、もっと、強力に改革を押し進めるべきだと考えております。しかし、ライブドアの粉飾決算疑惑以降の多くの報道には、郵政改革に象徴されるそうした小泉構造改革こそ、この度のライブドアショックに象徴される日本経済混乱の一大要因であるがごとき報道がなされています。私としては、そんなものは一笑に付して唾棄すべきものと考えますし、ましてや、旧勢力の一派が、新興の企業、とりわけIT関連のもの=外資はげ鷹の手先、などと必死になって規定しようとしている動きには、全くもって、噴飯を禁じえません。私は、小泉内閣には、そうした相も変わらずの抵抗勢力どもに対して、これまで通り、断固として戦って欲しいと心の底から願っているものですが、しかし、この皇室典範改正だけは、どうしても支持することができないのです。理由はいくつかありますが、くっくりさんも仰られているとおり、今回の改正過程が、あまりに限定的で、かつ、拙速すぎることがあげれらます。日本という国にとって、まさに、その歴史と文化を根こそぎ変えてしまうような変革を、どうして一部の人間がごく僅かな時間で出した結論に委ねてしまわねばならぬのでしょう?私はこれに関しては、どうしたって納得できません!
ところで、小泉首相は、特攻隊として散っていった当時の若者たちの遺書を読み、涙に咽んだことがあると聞いています。私もよく、こちらのブログに設置されてある憂国フラッシュリンクを、何かにつけ、へこたれそうな弱々しい自分を鼓舞するために利用させていただいておりますが、あの中のひとつに、最後のほうで、「今の日本を少しでも良くして行くことが、国の為に命を投げ出した英霊に対する、我々のせめてものつとめではないか?」というメッセージを映し出すものがあったと思います。これに関して私が思うのは、もし、今、彼らがこの日本の現状を見たとしたら、自分の国の総理大臣がまるで何かにとりつかれたように、日本の最も奥深い伝統を破壊しようとしているのを見たとしたら、いったい彼らはどのように感じるだろうか?ということでです。
おそらく、彼らの多くは、今、小泉総理がやろうとしていることに納得出来ないでしょう。というか、しないでしょう。のみならず、そんなことをされるのであれば、自分の死は、そして、自分の国を思う気持ちは、全くの無駄だったと思われる方もいらっしゃるかもしれません。いずれにせよ、多くの英霊たちが落胆されることは間違いないと思います。ですから、もし、この先、小泉首相が本当にこのまま女系天皇を認め、男系を断絶するという暴挙に出られるのなら、我々も本当に考えなければならない思います。つまり、我々は(全く前述した内容とは矛盾しますが)小泉総理の辞任を要求し、女系容認反対の意志を、より明確に、より分かりやすい形で示さなければならないと思います。そして、この国の伝統、文化、プライドを守らなければならないと自覚する国民を一人でも増やしていか
Posted by yeah!2 | URL | 06/01/28 18:39 | zvHfHuqg

続きです。
なければならないと考えます。そうでなければ、我々はあまりにも自分たちの先祖に対して不敬だと言わざるを得ないし、それと同時に、それこそ我々が後の世代に日本を滅ぼした一味として非難されたとしても、何の抗弁も出来ないと思います。
最近特に思うのですが、我々日本人はあまりにも自分たちのことを知らなさすぎるのではないでしょうか?(かくいう私もそうですが・・・)日本人としての誇りはどこにあるのでしょう?伝統は?文化は?美は?そうしたものは、はなから無かったのだとか、そもそもそんなことを考えるほうが異常なのだ、という雰囲気が、国内には以前よりもいくらかましになったとはいえ、いまだに充満しているように思われます。戦後の日本人をそのような腑抜けにしたのが大陸であれ、アメリカであれ、もうそろそろ我々は、そうした呪縛から立ち上がらなければならないのではないでしょうか?皇室典範改正や靖国は、いたずらに政争の具にしてはならぬと考えますが、向こうがそう出てくるのであれば、こちらとしても、それにふさわしい対応をしなければならないと思います。

追伸。
くっくりさん、以前、北日本の豪雪に関するお見舞いのコメントをいただきまして、本当にありがとうございました。うちもやられましたよ。屋根の軒が雪の重みでばっきり折れてしまいました。つららで窓も割れましたしね。ふんだり蹴ったりです。来るべき通常国会同様、この冬を乗り切らないと何も始まりませんね。
Posted by yeah!2 | URL | 06/01/28 19:25 | zvHfHuqg

> 議論を尽くせば良い案が出てくるかもしれないとは思いませんか?

これは保障できるのでしょうか。
1例でも、1000年先まで男系維持できるシステム案を、ご提示できなければ、話は進まないと思います。
対案を出す立場は、男系維持派の皆さんではないでしょうか。
(ただ絶対反対と叫ぶのは、どこかの野党みたいです。)

> いずれ切れるから、今切っとけというのは、理解できません。例えれば、どうせ人間は皆死ぬんだから、赤ん坊のうちに殺しとけ、それで同じだろというふうに聞こえます。

まず、この例は理解できません。

いまのままだと、傍系の男子を皇室に迎え入れても
母系移行への危機は無くなりません。
(あくまで100年、200年の期間を考えてのことですが、、、)
男子断絶の恐れがあるのなら、愛子様で母系になったとしても、天皇家の正当性を日本の国民は支持する率が高いからだと思います。

仮に傍系男子を天皇にお迎い入れて母系にならざるを得ない時、天皇家への支持は少なくなる可能性があります。

天皇制を将来に渡って維持したいからこそ、現在の改正が必要だと思っている人がいることを、どうぞご理解ください。
Posted by ちょっと反対意見 | URL | 06/01/28 19:32 | 99LPtR.E

>ちょっと反対意見 さん
>天皇制を将来に渡って維持したいからこそ、現在の改正が必要だと思っている人がいることを、どうぞご理解ください。

なるほど。理解できます。誤解してたようです。しかし、対案を出すことと法案に反対するというのは別だと思います。私は今のところ法案反対が先だと思ってます。
皇統をどのように維持するかという問題は、諸先生方が考えておられるんじゃないですか。小堀先生が「元皇族とその男子子孫に皇籍に復帰してもらう」という案を出されてましたよね。でもそういう議論をすると時間がかかる。とにかく改悪阻止をして、そこからどうするという話に持っていかないとだめで、今回の法案が通ってしまえば皇位継承問題は解決済みとされてしまいかねないと思います。
もちろん対案を考えてはダメというわけじゃないです。ちょっと反対意見 さんはどんな案をお持ちですか?
Posted by すがり | URL | 06/01/28 20:54 | xbNnl3sk

皇室典範改正は、もう時間がないと思います。

たとえとしても不謹慎ですが、
皇太子殿下にご不幸があり、次期天皇が秋篠宮殿下になったとします。

その段階で、今回の改正が行われた場合、秋篠宮殿下のご長女が天皇になる可能性があります。

この時点で国内世論は2分するでよう。
皇太子殿下の愛子様支持派が多いと思いますので大混乱が発生するでしょう。

もはや、愛子様から母系移行、第一子相続を早急に実施する必要があります。

現在、世界の王室もそうですが、次期天皇(王位)になられる方はテレビなどで生まれた時から大人に成長する過程を国民が共有し、それが支持の基盤となっています。

傍系の男子を迎え入れればいいとの意見もありますが、
ほんとうに国民からの支持が得られるのでしょうか?
私には疑問です。
Posted by ちょっと反対意見 | URL | 06/01/28 21:18 | 99LPtR.E

>1例でも、1000年先まで男系維持できるシステム案を、ご提示できなければ、話は進まないと思います。<

思ったのですが
今のシステムで2000年守ってきている実例があるではありませんか
過去に国中が乱れたり戦争を経験しても男系は守られてきました。
血筋が途絶えようとしたとき先人たちがどうやって守ってきたかきちんと研究するべきなんです

それを平和な現代において変えるのがおかしいのです
国民から理解されないという意見は国民の教育の段階から歪んでいるからで別の問題だと思います
Posted by d | URL | 06/01/28 21:41 | CTaWlqX.

お初にコメントさせていただきます。
勉強させてもらっています。

私は母系反対です。理由はここに書かれているとおりです。

ところで上のちょっと反対意見さんの
>仮に傍系男子を天皇にお迎い入れて母系にならざるを得ない時、天皇家への支持は少なくなる可能性があります。

ですが、傍系の男子を入れるということは父系が存続される、というかそのために傍系の男子を迎え入れるのでしょう?
多分ここの今日の記事(?ブログではなんて呼ぶのかわかりません)も全て読まないで書かれているのだと思われます。以下に読んでもらいたい部分を抜き出しました。私も時が来ればこの手法をとるべきだと思います。

>ではどうすればいいのか。その答えも歴史の中にある。皇統廃絶の危機は過去3回あったが、いずれも先代の天皇とは7〜10親等も離れた傍系の男子を即位させることで乗り切ってきた。そのうちの2例では、傍系の天皇が先帝の長女と結婚することで直系の血筋との融合を図っている。男系を維持しながら先帝の血筋も置き去りにしないという、実に鮮やかな解決法。4回目の危機に際してまず学ぶべきは、こうした先例。
Posted by ひぐらし | URL | 06/01/28 21:47 | Z7KCncrk

 ちょっと反対意見さんに、質問です。
「女系を認めれば、天皇家は1000年続けられる」ということを証明してください。
 
Posted by 奈菜氏 | URL | 06/01/28 22:03 | 093blqCs

> 傍系の天皇が先帝の長女と結婚することで直系の血筋との融合を図っている。

これなら血の相続は1時的に先に延ばせますが、本質は回避されません。
また、こちらの都合よく愛子様が傍系男子とご結婚なされるでしょうか?

> 今のシステムで2000年守ってきている実例があるではありませんか

やはり側室制度の影響が大きな部分を占めていたと思います。
でも現状では出来ないので、女子だけが生まれ続ける可能性があります。

結局は、血の枯渇は防げないと思っています。
(特殊な医学的処置を取れば可能かもしれませんが、私は反対です)

最期に正直に申し上げますが、個人的には今の天皇家に愛着を感じています。こういう人の割合は多いと思いますし、かなりの人は女性天皇と女系天皇の意味をわかっていると思います。
血統を大事していきたい気持ちはわかりますが、現在の天皇家をないがしろにしないような主張をお願い致します。
Posted by ちょっと反対意見 | URL | 06/01/28 22:26 | 99LPtR.E

宮家を復活させれば済む事ですよ。
丁度、幼児の男子も存在しますし、昭和天皇の強い要望で、旧宮家の方々は、宮廷行事に参加しているようですし。
小泉首相は保守政治家ではありません。ケンカ(権力闘争)は強いかもしれませんが、日本の伝統については殆ど理解していないでしょう。
(これは、小泉首相だけでなく、戦後世代の日本人に共通する事だと思います)
本来は、しっかりした参謀格の人物が、その面をフォローしなくてはならないのですが、今の官邸には居ないようですね。
家柄を考えると、麻生議員あたりが、役どころなのですが・・・・・・・・・
麻生議員、党内基盤無いんですよね・・・・・・・
Posted by うなぎ犬 | URL | 06/01/28 22:46 | 8KT1ono6

女系を容認するが男系優先、というのが落としどころとして一番妥当だと私は思いますが、どうでしょうか。これまで男系で続いてきた以上、男系が最大限尊重されるべきではありますが、男系にこだわり過ぎた結果、皇室そのものが潰れてしまっては本末転倒です。男系優先さえ確保しておけば、旧皇族復帰などの男系維持策を後から講じることも可能ですし。
Posted by ちょっと妥協案 | URL | 06/01/28 22:49 | GPMzAqUk

むかしはどの家でも男、しかも長男が家をついでいました。女が家を継ぐなんて聞いたことありません。だから男が重宝されたのです。これはしきたりです。
かといって女性の力なしには子供が作れません。だから女性は重宝されたのです。

皇室典範の話しはこんなに単純ではないにしろ、2000年以上続いた伝統です。
この伝統を守るということは自分が日本人であるというアイデンティティーを持つことであり最終的な心のよりどころになります。

アメリカ人のアイデンティティーであるパイオニア精神や自由の国よりも重みのある心のよりどころです。
彼等は我々をとてもうらやましく思っております。
韓国人もそう。
日本を支配したい中国共産党はどうしてもこの伝統をぶち壊して、さらに日本を骨抜きにしたい。日本共産党も社民党もそう。
創価学会もそう。
そのことを理解できない小泉首相はほんとに無教養。
ほんの少しの常識とわずかな...ほんとにわずかな勉強で日本の根幹である皇室典範の問題は理解できます。

女系賛成のかたはもっと日本人を形成するものとはなにかということを真剣に考えたほうがいい。けっして平和を唱えるだけの人種ではありません。
Posted by おかべっかむ・でびっど | URL | 06/01/28 23:12 | pUTUUouU

皇室典範改正というか女性天皇是非論の提議は 日本の国民にとっては大変有意義でした。真剣に日本の国の歴史や皇室の果たす役目をしっかりと考える機会を与えてくれた事は感謝ですよ! 今21世紀の始まりで国家の進路の分かれ目です。アジアには巨大な人口過剰国が2国もあるし、アジア地域だけで地球人口の半分を占めてるのです。国連加盟国が160カ国あって多数決で決定しても実行力や抑止力も無い時代にアホ念仏の国際平和を唱え、外国人移民賛成とか外国礼賛主義も無批判で受け入れてきたのだから覚醒させる良薬です。愛国主義の何たるかも日本の将来もゆっくり考える提案です。考える議題を出した事はお手柄です。モノは考えようです。
Posted by ようちゃん | URL | 06/01/28 23:37 | .ABHY5Cc

>ちょっと反対意見さん
>今後1000年先でも男系が維持できるシステムを提示できない限り、今回の改正に賛成です。

私なりに喩えて言うと、人が列になって一つのバトンを後ろへ手渡していっているところ、1000人後ろの人までバトンが回るかどうか分からないから、今自分がバトンを落としてもいいやといっているようなものだと思います。

それも今まで2000人以上が途中バトンを落としそうになりながらも落とさずに耐えて自分の所に回ってきたバトンをです。

今問われているのは、手元から落ちそうに成っているバトンをあっさりあきらめるのか、それとも結局は落としてしまうかもしれないけど、必死に掴み直し後ろの人につなげるのかだと思います。

勿論、先のことは誰にも分かりません。だからといって努力をする事は間違っていないと思います。今の改革案は努力をせずにあっさりとあきらめているように思われるのです。

我々のすべき事は、1000人後のことを考えるのも大事でしょうが、それよりも先に、今自分が落としそうになっているバトンをしっかりと掴み、後ろの人へ託す責任を果たす事ではないでしょうか。
Posted by あぶぶ | URL | 06/01/29 00:15 | qLSznnpY

今日は夕方から出かけてまして(飲み会(^^ゞ)先ほど帰宅しました。ちょっとほろ酔い加減なので、文章も呂律が回ってなかったらごめんなさい。
出かけてる間に以前のエントリーのようにまた激論状態になってるみたいですね。良いことだと思います。それだけ皆さん、この問題を真剣に考えているってことで。
改めて言いますと、私は今回の改正案を通すのには賛成できません。日本の国柄に関わる大事な問題ですから拙速は避けるべきです。すでにいくつか男系で乗り切る案が専門家から(海外からも)出ていますからそれを論議したり、憲法改正のように各党が草案を出すなどしたり、国民に啓発キャンペーンなどしたり(マスコミの協力も必要ですね)、とにかく何年かかけてじっくり議論した上で法案をまとめるべきだと思います。そういった努力を重ねた上で、仮に「女系容認」とか「女系を容認するが男系優先」という結論に至ったのなら、それはそれで仕方ないのかもしれません。でもそれも「長時間議論して検討したが、他の案ではどうにも立ちゆかないことがわかった。皇室制度を維持させるにはもう女系容認しかない」というギリギリのところまでに至った場合はやむを得ない……ということです。とにかく男系維持のためのあらゆる方法を模索することです。
現状はと言うと、努力らしい努力は何もせずにあっさりと「じゃあ女系で行きましょ」となってます。これでは到底納得できません。「もう時間がない」と焦っておられるコメントもありますが、なぜ今年決めてしまわねばならないのでしょう?今年から議論を始めて決定は5年後、10年後でも十分間に合う話だと思います。「1000年先でも男系が維持できるシステムを提示してくれるなら男系に賛成するけど、それが提示されないなら今の時点であきらめるべき」という方のご意見にもやはり賛同できません。【これまでも、皇室は決して楽に男系を続けてきたわけではない。苦労しながら賢明に男系を維持してきたわけで、あえて困難なことを続けてきた以上、そこには何か重要な意味があるはず。それを「難しいからやめる」というのは、先祖たちが積み上げてきた歴史に対する冒涜ではないか】という竹田さんの言葉の意味を考えていただきたいものです。何でそう楽な方、楽な方へとあっさり傾くのかと。現代人の特徴ですかね。もっと粘りましょうよ。粘るに値する伝統ですよ。
Posted by くっくり | URL | 06/01/29 00:49 | Af2aex9o

結局、小泉はアカということでしょう。靖国に関しては、ただ中国や韓国から
がたがた言われたのがむかついて、意地になって参拝しているだけのこと。
そう考えれば自然ではないでしょうか?

>八紘一宇を掲げ天皇陛下を担ぎだしててまた戦争でも
いつまで WGIP の中で暮らすつもり?
Posted by 七誌 | URL | 06/01/29 00:50 | V3fUTD.6

こんばんは。
微力ながら、さっき地元の自民党などに
天皇制の件でメールしました。

ハンセン病、本当に納得いかない。
約3億4千万の想定らしいけど、朝鮮人がそのくらいですますかなと思いますが・・・はぁ。
今の日本に全く関係ないですよね。
Posted by ゆきこ | URL | 06/01/29 01:07 | lmNWJoIU

>ちょっと妥協案さん
>女系を容認するが男系優先、というのが落としどころとして一番妥当だと私は思います

女系容認の担保ができてしまうと男系維持策の議論は一部を除いて下火になり、男系維持は殆ど努力されないまま女系に流されていくのが目に見えます。
女系容認派「だって、わざわざ努力しなくても女系でもいいって認められてるじゃん。」

勿論、“男系にこだわり過ぎた結果、皇室そのものが潰れてしまっては本末転倒”というのは認めます。しかしそれは傍系を含めた男系の中でも男系が維持できない場合であり、それは今ではありません。数十年と議論する時間は充分にあるにもかかわらず議論を打ち切ろうとし、、男系維持の可能性があるのに殆ど議論もされずに女系容認とした改正案に男系維持派は憤りを覚えるのです。
Posted by あぶぶ | URL | 06/01/29 01:10 | qLSznnpY

ぼやきくっくりさんは色々な問題に真摯に取り組んでいらっしゃるのだと思いますが、最近のコメント欄は荒らしでもない書き込みに、無用にけんか腰でつっかかっているように見えます。少し前まではそうではなかったのに。ゆき過ぎると逆効果ではありませんか。
Posted by memo | URL | 06/01/29 03:27 | zLQCCUKY

素朴な疑問です。

何らかの理由でお子様が授からないのならともかく、秋篠宮家のようにたまたま二人のお子様が女王だったというのなら、なぜもっとお産みにならないのですか?お二人で打ち止め(失礼)にしなければならない医学的理由があったとも思えません。

下々でも、どうしても男の子が欲しくければ4人、5人と子供を産むのが当たり前でしょう。なぜお二人なのでしょうか?ほかの宮家にしても男子がほしくて何人も産んでみたけれどできたのは女王ばかり、と言うわけでもないようですが。

純粋にDNAにこだわるなら対外授精、代理母という手も(個人的には抵抗ありますが)。
Posted by 通りすがり | URL | 06/01/29 03:47 | s9iwf7bM

>かなりの人は女性天皇と女系天皇の意味をわかっていると思います。

国民を持ち上げすぎですよ。
大半はこの違いをよく理解してないと思う。日本人だからといって自国の天皇家の歴史をみんなが興味を
持っているわけでもないし理解もしていない。平均的日本人はマスメディアの情報をちょっと聞き齧る程度でしょう。「天皇家は象徴に過ぎないんだから愛子様でもいいんじゃないの」で思考停止しているのが大半の認識だと思う。
戦後教育で日本の歴史をないがしろにした付がいま吹き出たというところでしょうか。

本来なら、国民がこぞって国会前でデモを繰り広げて
反対アピールするような問題であるのにそうはならない。問題がややこしくて国民にはよく理解できないというところでしょうか。

それはともかく「1000年先まで維持できるシステムなら認める」式の思考って。デジタル時代の申し子ですかね。
皇室に限らず世の中すべてにおいて「1000年先」まで
予測できることなんか何もないでしょうに。
Posted by トントン | URL | 06/01/29 09:29 | 5rYHuwHY

>>最近のコメント欄は荒らしでもない書き込みに、無用に>>けんか腰でつっかかっているように見えます。

そうかな?私は全然、そんな風に見えませんが。ご自分の意見を明確に述べられてるだけで、むしろ反対意見の方に誠実に対応されてらっしゃっり、関心しましたが。
くっくりさんのどんなレスがけんか腰なのでしょうか?
それから、まっとうな批判されるのでしたら、せめて無じゃなくて、ハンドルネームでも付けるべきだと思うのですが。
Posted by 普通のオバサン | URL | 06/01/29 09:59 | KW4pRcn6

男系維持派の皆さんは、女系容認を批判しておられますが、戦後の象徴天皇制自体は批判される方は少ないですよね。

旧宮家の臣籍降下が米国に押し付けられたものであると主張するならば、象徴天皇制こそがその最たるものではないでしょうか。

本来、民主主義と君主制とは相容れない価値観であり、立憲君主制とは両者の妥協の産物である矛盾だらけの制度だと思います。なので、その矛盾を解消する方向に議論が進んでいくのは当たり前のことなのではないでしょうか。(進む方向が、より民主主義的な方向か、より君主制的な方向に向かうのかは別として)

そもそも、立憲君主制とは、元首を世襲制という非民主主義的な手法で選ぶ代わりに、元首は民主主義によって選ばれる立法府によって選挙権・被選挙権、場合によっては基本的人権まであらゆる権利を剥奪されることによって成立している制度です。ですから、いかに国民が無知であったにしても、それによって皇室が変な方向に変えられてしまうこと自体は否定できないのが原則です。

つまり、立憲君主制の制度内で正規の手続きによって皇室典範改正がなされることに反対するならば、そもそもの枠組みである象徴天皇制を批判しないのはおかしいのではないでしょうか。
Posted by 問題の本質は? | URL | 06/01/29 10:56 | IiAMgOcs

>つまり、立憲君主制の制度内で正規の手続きによって皇室典範改正がなされることに反対するならば、

改正に反対なのではなく、改正の内容が問題なのです。

>そもそもの枠組みである象徴天皇制を批判しないのはおかしいのではないでしょうか。

私的にはなんの問題もなく、おかしくないです。天皇は歴史と伝統です。
Posted by すがり | URL | 06/01/29 11:09 | xbNnl3sk

> yeah!2 さん
>小泉首相が本当にこのまま女系天皇を認め、男系を断絶するという暴挙に出られるのなら、我々も本当に考えなければならない思います。つまり、我々は(全く前述した内容とは矛盾しますが)小泉総理の辞任を要求し、女系容認反対の意志を、より明確に、より分かりやすい形で示さなければならないと思います。そして、この国の伝統、文化、プライドを守らなければならないと自覚する国民を一人でも増やしていかなければならないと考えます。そうでなければ、我々はあまりにも自分たちの先祖に対して不敬だと言わざるを得ないし、それと同時に、それこそ我々が後の世代に日本を滅ぼした一味として非難されたとしても、何の抗弁も出来ないと思います。
>最近特に思うのですが、我々日本人はあまりにも自分たちのことを知らなさすぎるのではないでしょうか?(かくいう私もそうですが・・・)日本人としての誇りはどこにあるのでしょう?伝統は?文化は?美は?そうしたものは、はなから無かったのだとか、そもそもそんなことを考えるほうが異常なのだ、という雰囲気が、国内には以前よりもいくらかましになったとはいえ、いまだに充満しているように思われます。戦後の日本人をそのような腑抜けにしたのが大陸であれ、アメリカであれ、もうそろそろ我々は、そうした呪縛から立ち上がらなければならないのではないでしょうか?皇室典範改正や靖国は、いたずらに政争の具にしてはならぬと考えますが、向こうがそう出てくるのであれば、こちらとしても、それにふさわしい対応をしなければならないと思います。


同感です。
Posted by さ | URL | 06/01/29 15:48 | /fW0gBsI

>改正に反対なのではなく、改正の内容が問題なのです。

すみません。言葉足らずでした。ここで言いたかったのは、改正の内容がいかなるものであれ、それが規定の民主的な手続きを経ている以上は、正当なものと見なされるということです。そして、それが立憲君主制なんだよいうことです。

>私的にはなんの問題もなく、おかしくないです。天皇は歴史と伝統です。

おっしゃっている意味が分かりません。立憲君主制は少なくとも1500年以上続いている皇室の歴史と伝統に則っているとお考えなのですか?
Posted by 問題の本質は? | URL | 06/01/29 18:25 | IiAMgOcs

女系天皇を認めた場合、
反日勢力に皇室を乗っ取られたりしたらどうするんですかね?
日本国の象徴的存在が反日って…。
たかじんさんの番組でも田嶋氏が
「愛子様の旦那様は韓国人や中国人になるかも」なんて言っていたようですが。
Posted by あーあ | URL | 06/01/29 18:53 | aEYV1tTY

>それが規定の民主的な手続きを経ている以上は、正当なものと見なされるということです。

一般論としてはその通りです。しかし憲法に国民の総意で天皇を象徴とするとあるように、今回の改正は、国会だけでなくもっと広く国民の意見を聞くべきでしょう。また、典範には皇室会議が定められています。皇位継承者の変更を意味する重大な改変である以上、皇室会議も開かれ議論があるべきです。なにより天皇陛下の意見も聞かねばなりません。国会での議論だけというなら、ちゃんとした手続きを踏んだとは認められないというのが私の意見です。

>>私的にはなんの問題もなく、おかしくないです。。。。。おっしゃっている意味が分かりません。

国がどのような政体や制度を持つかは、その国民が決めればよいことです。しかし、皇位継承は伝統、歴史に基づくということです。
Posted by すがり | URL | 06/01/29 20:16 | xbNnl3sk

>国がどのような政体や制度を持つかは、その国民が決めればよいことです。しかし、皇位継承は伝統、歴史に基づくということです。

伝統・歴史に基づくべき皇位継承権と、それを内包している(少なくとも制度上は)国家の政体・制度が矛盾していると思ったからこそ、それなら象徴天皇制を批判しないのはおかしいという論になるのですが。実際には、皇位継承権が立憲君主制という制度から独立している訳ではなく、その枠組みに内包されているのが現状なのですから。
Posted by 問題の本質は? | URL | 06/01/29 20:30 | IiAMgOcs

「女系天皇反対派は・・・愛子様が男の子を生んでもそれを認めないんですかね・・・?それをわかって反対してるんですかね?」(by小泉首相)

小泉総理のこの言葉は、どこまで本気で言ってるのか分かりませんが、もし本気で言ってるのだとしたら、あの人自身が、今に至ってなお「女性天皇」と「女系天皇」の区別がついていないということの証左ではないでしょうか?

男系維持派は「愛子天皇の配偶者が男系皇孫でさえあれば、愛子天皇の子供が皇位を継承してもよい。」と言っているのですから、単純に「愛子様の子供なのに」というだけでは、この問いは成り立たないはずなのです。

以前、北海道新聞(でしたか?)に「首相自身が女系と女性の区別がついてない」という記事が出てましたが、あながちウソではないかもしれませんね。正直なところ、分かってない可能性のほうが高いと思います。
Posted by K9・1000 | URL | 06/01/29 21:54 | qRRdFEaE

皆さん、引き続きコメントいただきありがとうございます。


「仮に愛子さまが天皇になられたときに、そのお子さまが男子でも(皇位継承を)認めないということになる。それを分かって反対しているのか」という例の小泉首相の発言についての党内の反応が産経朝刊に載ってました。

皇室典範 首相発言、理解不足? 党内に困惑
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060129-00000004-san-pol

やっぱり……(^_^;


memoさん:

>ぼやきくっくりさんは色々な問題に真摯に取り組んでいらっしゃるのだと思いますが、最近のコメント欄は荒らしでもない書き込みに、無用にけんか腰でつっかかっているように見えます。少し前まではそうではなかったのに。ゆき過ぎると逆効果ではありませんか。

ご忠告いただきありがとうございます<(_ _)>
ただお恥ずかしいことですが、最近の自分のコメントを振り返って見たのですが、どのコメントがけんか腰でつっかかっているのか、自分ではわからないのです。ちょっとした言葉遣いで人に与える印象は全く変わってくるものですし、私も不特定多数の方がご覧になるブログをやっていく以上、言葉遣いや表現に気を配っていかねばならないと考えていますので、ご忠告ついでに具体的にどの発言が良くなかったのか教えていただけませんか。
今後の参考にさせていただきたいと思いますので、宜しくお願いします。
Posted by くっくり | URL | 06/01/29 22:32 | OZuY2aAs

えー、みなさん、良かったら国会議員に皇室典範の改悪反対の声を伝えに行きませんか?

●反対国会議員署名の推進へ、衆参議員会館での国会議員陳情活動に御参加を(1月31日)

日本会議では「皇室典範の拙速な改定に反対し、慎重審議を求める国会議員署名」を議員に働きかけています。
2月1日の緊急集会にて反対署名数を発表する予定ですが、集会前日に国会陳情活動を計画しました。
衆参議員会館の各地区地元選出国会議員事務所を訪問して、反対国会議員署名を働きかけましょう。

期日 平成18年1月31日(火曜日)
集合 衆議院第1議員会館 第1会議室に13:30集合
内容 陳情方法の説明、打ち合わせの後、午後2時から5時までを活動時間帯として、各議員会館事務所を訪問します。
※原則として、都道府県本部、各団体ごとに陳情団を構成して活動を行います。
個人で参加を希望される方は準備もありますので必ず御一報下さい。

上記の内容は下記のブログから引用いたしました。
なお、集合場所の会議室は第1会議室であるとの事ですので訂正いたしました。
連絡先は引用元のブログにありますので下記のアドレスにてご確認ください。
当日は一般の参加者も歓迎、との事です。(その場合は事前のご連絡をお願いします)

ttp://prideofjapan.blog10.fc2.com/blog-entry-248.html#more
Posted by KAZZ | URL | 06/01/30 01:13 | S/MZULlc

いい加減「女系天皇」なんていう言葉を使うのをやめようよ。
天皇っていうのは男系が絶対条件なんだから「女系天皇」っていう言葉自体おかしいんですよ。
女系天皇容認じゃなくて、皇統断絶って言わないと問題がハッキリしないんじゃないですか?
なんでもいいですけど、仮に愛子内親王殿下と民間人との間に生まれた子供を天皇とは呼べませんよ。
Posted by RYZ | URL | 06/01/30 02:38 | ZwG3qdDg

自衛隊員の殉職者追悼式=16人の名簿奉納−小泉首相「犠牲無にしない」…そうその通り、実は「イラクでの死者」である。? 救国の草莽の志士
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/1023.html

私には、小泉首相はおびえている様にも見えました。 JAXVN
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/1027.html

小泉は新橋芸者「小はん」(本名:奥貫浩実)をSMで絞め殺し、イラクに追い遣って殺した9名の生霊に怯えている。 真相ハンター
http://www.asyura2.com/0510/war75/msg/1039.html
Posted by 真実 | URL | 06/01/30 03:16 | J9Sugrvo

27日の予算委員会での高市議員の質問の中で
「愛子さまが仮に”山本”さんという方と結婚し、”友子”さまという子供が産まれ天皇となったとき、”友子天皇”の男系の祖先は”山本家”女系の祖先は”小和田家”となってしまう。その時点で、男系・女系の祖先が天皇家でなくなってしまう」
と言っておられました。Y染色体とかは難しくてよく分からないのですが、この高市議員の質問は非常によくわかるものでした。
コメントの中で「男系優先にすればいい」という妥協案がありましたが、それは妥協案でもなんでもないものと思います。
Posted by UUU | URL | 06/01/30 08:39 | 97AJsaY.

皇室典範改正は、小泉総理が郵政法案に続いて作り出した、新たな「踏み絵」なのかもしれませんね。
これに反対する保守派を「抵抗勢力」として、追い詰める考えなのかも。
「女系天皇反対派は・・・愛子様が男の子を生んでもそれを認めないんですかね・・・?それをわかって反対してるんですかね?」という発言も、男系・女系の何たるかをまったく理解していないと言ってしまえばそれまでですが、理解した上で、大多数の国民が持つであろう感情を読みきっていると考えれば、ケンカ上手な小泉総理の洞察力は侮れないものがあると思います。
Posted by オヤジ | URL | 06/01/30 08:40 | ItDH3Jfs

もう安倍ちゃんに期待するの、やめません?
耐震強度偽装もライブドアも最終的には安倍ちゃんに行き着く可能性が高まってきたし。。。
あ〜あ、信頼できる数少ない政治家の一人と思ったのに。。。
Posted by がっくし | URL | 06/01/30 10:15 | LOXAigTA

いま皇室典範を改正して長子優先・女系天皇を認めるということは、事実上秋篠宮殿下の皇位継承権を剥奪し、また仮にこれから万が一東宮もしくは秋篠宮家に男子が誕生したとしても彼らが天皇になる日はこない、ということですが、皇室典範改正拙速派はそれをはっきり明示するべきでしょう。

だいたい敬宮内親王に皇位を継がせたいと思っている人は皇族内に一人でもいるのでしょうか。内親王を愛慕する人ほど、この少女に将来の皇位を背負わせる痛ましさを感じているのではないかと思う。

また皇統維持を改訂の第一義とするなら、傍系皇族の確保に言及せず長子優先のみを謳うのも片手落ち@放送禁止(笑)です。
60年前GHQによって機械的に排除された11宮家の復帰を考慮しないとあれば、おそらく将来的な基準としても今上天皇より何親等以上離隔した皇族は臣籍に降下させることになります(女子の皇籍離脱がないとなればそうせざるを得ない)。
となれば、現三笠宮や高松宮ばかりか秋篠宮の子孫もいずれ皇族から外れることになります。つまり傍系という安全弁は将来的に機能しなくなるおそれが多分にあるのではないですかね。
そう考えると、やはり今回の典範改訂論への賛同者には天皇制の崩壊を密かに願っている人がいるのは確かでしょう。

とりあえず小泉さん在任中の典範改訂は断固阻止ですね。
安倍官房長官の評価は保留、というか現時点で「期待するのやめる」なんて言い切れる人は信用できないです。
Posted by ふへ | URL | 06/01/30 14:08 | wlCApZGs

>がっくしさん
なぜ彼の今までの行動・それから見える信念を信じてやれないのですか?
メディアがここぞとばかりに垂れ流す電波が、彼が政治家になってから延々と重ねてきた時間よりも信頼できるというのですか?
それとも、貴方はネット対策の工作員なのですか?
Posted by 耕一 | URL | 06/01/30 15:06 | 2zAIb1mM

おそらく多くの人は「がっくし」さんのように
メディアの情報を上っ面だけ見て判断するんだろうなあ。
今は情報が溢れているから何を信じていいのやら。
Posted by トントン | URL | 06/01/30 19:47 | 5rYHuwHY

いろんなプログさんを見て、自分なりにまとめてみました。「男系優先・女性天皇有・旧宮家復帰」の皇室典範改正案です。(敬称略・細かい部分は省略)

|坊禄子の皇位継承を認めるが、男系男子の皇位継承が、優先される。(これだと、今後男系男子誕生しても問題なし)
●皇位継承順位
皇太子⇒秋篠宮⇒(男系男子の宮)⇒愛子⇒真子⇒佳子⇒(宮家の女王)

旧宮家の男系男子を”準皇族”として皇籍復帰(準皇族=皇位継承権のない皇族)(一般人がいきなり天皇になるのは、さすがに違和感が…)
5豕棆箸旅沈夘帰後、誕生の、男系男子・女子には、皇位継承を認める。
 しかし、皇位継承順位は、現皇族が優先される。
●皇位継承順位
皇太子⇒秋篠宮⇒(男系男子の宮)⇒愛子⇒真子⇒佳子⇒(宮家の女王)⇒準皇族の皇籍復帰後誕生の男系男子⇒準皇族の皇籍復帰後誕生の男系男子

ぐ貳命佑鳩觝Г靴親眇堂Α女王は、皇位継承権を失う。しかし、準皇族・宮家(将来)と結婚した場合は、継承権・順位はそのまま。生まれた子は、優先される継承順位を元にする。
●愛子が準皇族と結婚した場合(その子供)
皇太子⇒秋篠宮⇒(男系男子の宮)⇒愛子⇒愛子の産む男系男子⇒愛子の産む男系女子⇒真子⇒佳子⇒(宮家の女王)⇒準皇族の皇籍復帰後誕生の男系男子⇒準皇族の皇籍復帰後誕生の男系男子

●愛子が一般人と結婚(皇籍離脱)・真子が準皇族と結婚した場合
皇太子⇒秋篠宮⇒(男系男子の宮)⇒真子⇒真子の産む男系男子⇒真子の産む男系女子⇒佳子⇒(宮家の女王)⇒準皇族の皇籍復帰後誕生の男系男子⇒準皇族の皇籍復帰後誕生の男系男子

これだと、旧宮家まで皇位継承権が廻るのに、相当の時間がかかると思います。その間に、国民感情は納得するんでは?(つっこみお願いします)
Posted by 奈菜氏 | URL | 06/01/30 22:36 | lTlWjb1I

私は女性も女系も反対。
いったん女性を認めてしまうと、数十年かもしれない在位期間中になぜ女系はだめなんだという話になって、結局女系にされてしまいかねない。
中途半端な妥協をすると、教科書問題のように「配慮する」という一言のためにいまだに中韓にああだこうだといわれてしまってるように、あるいは、男女共同参画にまぎれてジェンフリが暴走したように、サヨクに妥協することはいずれ乗っ取られるのと同じことだと思う。
男系男子の継承、あくまでこだわるべき。油断すればつけこまれるのだからシビアにいきたい。
Posted by すがり | URL | 06/01/30 23:07 | xbNnl3sk

ちょっと舌足らずですが、小泉首相のHPに意見述べました。
---------------------------------

国会では現在色々大変な様子ですね。

私は昨年の衆議院選挙の時に、堀江候補者の応援はほどほどに、と進言させていただいたものです。自民党議員にならなくて本当に良かったですね。

しかし、今は複雑な気持ちです。なぜなら自民党の行く末より皇室の行く末のほうが心配だからです。自民党は崩れても復活できるが、皇室の歴史が崩れたらもう後はないからです。小泉政権が歴史以来のとんでもない過ちを犯すことになります。

何でも、改革できるものは改革する、皇室も改革する。なんと愚かなことでしょう!
だから、国会でこのような混乱が起こっているのです。日本の神々があなた方自民党に対して怒っているのです。とんでもない過ちを回避しようとしているのです。小泉首相が深い敬意を持って参拝している、日本の国に命をささげた多くの御霊位がです。

どうぞ、深く深くお考え下さいますよう。それでなければ私は自民党を見捨てるでしょう。多くの人達がそうするでしょう。日本の神々も本当の皇室のあり方を守るためにそうするでしょう。
Posted by sunny | URL | 06/01/31 00:19 | kD2yTUh6

すがりさんと同じく、私も女帝にも反対です。

天皇は神官の代表なのですから、男性であってほしい。 

’相撲力士にどうして女性がなれないの?’
’あなたは女性が首相になるのも反対なの?’

その違いが分からない人が多すぎる。
ちなみに、私も女性です。
Posted by Tai | URL | 06/01/31 00:25 | kD2yTUh6

青い目の天皇を創りたい、のでしょう小泉のポチは。
Posted by 別区次郎 | URL | 06/02/04 08:41 | 9sYerxt2

奈良時代 弓削道鏡から、藤原道長、平清盛、平成の小和田恒まで権力を利用し、皇室に子女を送り込み、我が血筋を入れようとした人である。天よりお叱りを受けるだろう。残念ですが皇太子に男子が無いのもうなずけます。秋篠宮殿下に男子生まれるのは、天の意志と思われます。この生まれる男子は、生を得る前から期待される偉大な天皇になる期待と予感がします。

失礼とおもいますが述べます。
雅子さんは東大は卒業してないでしょう。学士入学でゼミの教授の推薦で無試験、ハーバートも小和田氏が客員教授を勤めていた関係で、語学力があれば、無試験で入れた状態での入学。
外交官試験にしても小和田氏が外務省の次官でなければ、合格できなかったって言われていて、その証拠に、同じ年に入省した同期生でオックスフードに留学した7人の中で、修士が取れずに帰国したのは彼女ただ一人だったじゃないですか。

ハーバートを出た秀才なのに、何故、彼女だけが修士を取れなかったのか、今になって、理由が解りましたよ。いつの間にかお后候補になり、嫁ぐことを拒否されていたのに、ついには皇太子妃雅子様におなりなった。又外務省の高官の証言として、小和田次官からの、雅子様お后候補、お后になるよう強い働きかけがあったという。全てお父さんが作った
シナリオなのか。可哀想な雅子様。 同情します。
全てが親の力で飾った、実力が伴ってない、キャリアと学歴だったって事ですね。
皇室では、親のコネは通用しない、で実力に無い彼女は、精神的に混乱してしまった。雅子様の責任では有りません。雅子様を非難しているのでは、有りません。
Posted by 渟名城入姫 | URL | 06/03/11 12:05 | k/LHArm2

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?288
トラックバック
じゅんちゃんてば!
*****小泉首相、皇室典範の改正案についてあらためて今国会で法案を成立させる考
Posted by 拾い猫日記 | 06/01/28 15:47

怒り
小泉がなんかほざいてる。記者会見で・・・・( ´Д` )「女系天皇反対派は・・・愛子様が男の子を生んでもそれを認めないんですかね・・・?それをわかって反対してるんですかね?」・・・・(゚Д゚)・・・・・・・当たり前だろ!!Ψ(`日´;)Ψ・・マジキレそう・・...
Posted by **ムーンライト伝説** | 06/01/28 22:47

旧いからこそ値打ちのあるもの
今少し話題になっている、皇室典範改正の問題については、あんまりエントリを書いてきませんでした。周囲でいろんな人が書いていることもあるし、一応大事なことには違いないのですが。 しかし、こんなこと言われたら、こう反論するしかないやね。 小泉首相、女系天皇反...
Posted by 桜日和 | 06/01/29 16:57

拙速なのか?
 ここ二、三週、新聞記事をまとめるので精一杯でした。その間に皇室典範改正問題の雲行きがかなり怪しくなってきました。 現行の典範はなるべく早く改正されなきゃいけません。もちろん「男系最優先」にした上でです。三笠宮様のところには、お年頃の女性皇族がいらっし...
Posted by ぢねんこじのたまさか日記 | 06/01/29 19:41

拙速なのか?
 ここ二、三週、新聞記事をまとめるので精一杯でした。その間に皇室典範改正問題の雲行きがかなり怪しくなってきました。 現行の典範はなるべく早く改正されなきゃいけません。もちろん「男系最優先」にした上でです。三笠宮様のところには、お年頃の女性皇族がいらっし...
Posted by ぢねんこじのたまさか日記 | 06/01/29 19:43

あんたに言われんとも判っとるわ
どうも予断を許さない状況となりつつある皇室典範改正(改悪じゃねえの? というツッコミは置いといて)論議ですが、小泉首相は一体どんなつもりで こんな事を抜かすのですかねぇ。 小泉首相、女系天皇反対に反論 以下、記事引用。 小泉純一郎首相は27日夕、女系天皇を...
Posted by 閣下の憂鬱 | 06/01/29 21:29

報道2001 06/01/29
今日放送された 報道2001−「竹村健一のいっぺん言うてみたかった」の テキスト起こしをしました。 出演 竹村健一氏 黒岩祐治キャスター 島田彩夏キャスター 前原民主党代表 竹村健一のいっぺん言うてみたかった 竹村氏 「色々な問題をこの番組ではやってますが ...
Posted by 「思いつきブログ」 hit on! | 06/01/29 22:19

伝統 古代の治世
上古、カミノヨ(祖先の世)では、 具体的にどのような形態で統治が行われたのでし
Posted by びーちぇの「ヲシテのクニ」 | 06/01/30 13:30