ブログ移転のお知らせ
 <<<こちらは古いブログです。コメント投稿機能及びトラックバック機能はオフにしてあります。>>>

 とりあえず2〜3日試しに使ってみてから告知しようと思ってたんですが、間違ってブログランキングにPing送信しちゃったんで、もう公開しちゃいます。

 移転先はこちらです。
 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/


 ここのログは新しい方にはインポートできないので、こちらはこのまま残しておきます。

 リンクを貼って下さっている各ブログ主さま:
 お気に入りに入れて下さっている各読者さま:
 もしかしたらまた元に戻したり、あるいはさらに別の試みをするかもしれません。
 URL変更はしばらくお待ちいただいた方がいいかも……?です。
 移転先のブログですが、さくさく動く&エラー表示が減ったと好評ですので、正式に新しいブログとして出発することにしました。
 お手数をおかけして申し訳ございませんが、リンクの変更をよろしくお願い申し上げます。


 【3/29 PM11:00修正】

Posted by くっくり 02:49 | お知らせ | comments (0) | trackback (x)
アクセスしにくくなってる件(2)
 最近「ブログやめたい病」です。

 日記を書く気がなくなったんじゃなく、ブログが面倒になってきました。「旧ぼやきくっくり」のようにHTMLに戻そうかなーと。

続き▽
Posted by くっくり 00:57 | お知らせ | comments (13) | trackback (x)
細切れぼやき〈3/25〉
■『ザ・ワイド』

 今日もトップはWBC特集。引っぱるねぇ。
 決勝戦を実況したアナウンサーのインタビュー、王監督秘蔵映像など。
 その中にこういうのが。

 <10月以降に日韓再戦? “日本は恥ずかしい優勝” 韓国球界トップが挑戦状>

 ↓元ネタはこれ(拙エントリー3/22付にて紹介済)。

続き▽
Posted by くっくり 01:57 | 細切れぼやき | comments (16) | trackback (x)
拉致事件で初の総連系団体強制捜査
 朝、寝ぼけ眼をこすりつつ『スパモニ』を見てました。
 永田議員のメール問題(衆院懲罰委員会での弁明)をやってる最中、渡辺宣嗣アナがかなり慌てた様子で、「いまニュースが入ってきました!」。
 何や何や?大きな事故か事件でもあったんかいな?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 「原勅晃さん拉致事件で、警視庁公安部は、朝鮮総連関連施設や原さんの勤務先だった中華料理店などの一斉捜索に入ったそうです」

 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
 一気に目が覚めました!

続き▽
Posted by くっくり 23:46 | 拉致問題 | comments (17) | trackback (x)
だからあなた方は尊敬されない〜日本優勝に水を差す韓国
 イチローと大塚が日本に帰る選手たちと別れの挨拶をしている場面、何だかこちらまで切なくなってしまいました。
 昨日、最高のチームで優勝を勝ち取ったばかりなのに、もうそのメンバーと別れなければいけないなんて、やっぱ寂しいですよね。
 でも皆さんプロの選手なわけで、それぞれに次の戦いが待ってるんですよね。特にパリーグなんかこの土曜日にもう開幕ですもん。ハードな日程ですわ(T^T)

 優勝から一夜明けた日本のニュースショー、ワイドショーはこの話題一色でした。
 WBC関連のニュースを織り込みつつ、ニュースショーやワイドショーでのやりとりをできるだけご紹介したいと思います(時系列無視(^_^;)。

続き▽
Posted by くっくり 23:24 | 北東アジア | comments (36) | trackback (2)
WBC、日本初代王者に輝く
 風邪引いてしまいました……(T^T)
 詳しくはお気楽くっくりを。

 でも日本の優勝で風邪も吹っ飛びました!

日本、WBC初代王者に…決勝でキューバ破る

 王JAPANおめでとう!!
 感動しました。夫なんかもらい泣きしちゃってましたよ。

イチロー 「信じられない…最高です」
 ワールドベースボールクラシックで世界一を勝ち取った日本代表・イチローの喜びのコメント。
「最高です。信じられない。ありがとう! 正直言って、こんなところに来られるとは具体的にイメージしてなかった。みんなすごい。本当にいいチームです。ダメ押しのタイムリー? まぁまぁ、それはいいですよ。たくさんの人が見てくれてると聞いていたし、日本の人も(球場に)たくさん来てくれて、力をもらいました。たくさんの人に野球がこんなにすばらしいと分かってもらえてうれしいです」
[ 3月21日 15時11分 更新 ]

 本当に野球は素晴らしい。これで野球人口が増えたらもっと嬉しい。
 少年よ!野球に帰れ!

 後半はかなりハラハラしましたね。
 エラー続出。どうした川崎!って感じで。
 8回裏には1点差にまで詰め寄られて、胃が痛くなりました。
 9回表に突き放したけど、それでも最後まで安心できませんでした。
 全員で頑張って、苦しんで、がむしゃらになって、ようやくつかんだ王者の座!という感じですね。

 さて。
 風邪は引いてもメモは取る(^_^;
 WBC関連で一昨日、昨日、今日のメモからいくつか紹介。
 まだ微熱が引かず雑ですが、許されて。

続き▽
Posted by くっくり 16:41 | 国際 | comments (32) | trackback (x)
米連邦最高裁判所が「慰安婦」にNO!
 産経新聞に慰安婦訴訟に関する記事が載っていました。
 「日本軍の『従軍慰安婦』にさせられた」と主張する中国・韓国の女性が日本政府を相手どって米国内で起こしていた訴訟です。

 はあ?アメリカは関係ないやん。何でアメリカでそんな裁判やってんの?
 その謎は記事を読むうちに解けましたが、……いやはや、「慰安婦」のバックについてる反日団体もエゲツナイもんですわ。

 一部引用にとどめようかとも思いましたが、どの段落も落とせなくて、結局全文引用することにしました。
 ちょっと長いですが重要な情報が多数含まれてますので、ぜひ全文お読み下さい。

続き▽
Posted by くっくり 02:04 | 歴史認識 | comments (15) | trackback (x)
「くっくり通信」は有害サイトらしいです
 表題の件については後ほど。
 まずはWBC。

 お昼にぼーっとテレビ見てたら速報が。
 ……え!?アメリカがメキシコに負けた?日本が準決勝進出!?
 こんなことってあるんですね。9分9厘無理だと思ってたのに。
 これまで運がなかった日本ですが、ようやく運が向いてきた?

続き▽
Posted by くっくり 03:12 | 雑記 | comments (21) | trackback (x)
拉致問題を総裁選の争点にすべき
 今日のメニュー。
 拉致問題。ポスト小泉。安倍包囲網。中国の分断作戦。盧武鉉。WBC。
 エントリー分けようかなとも思ったんですが、面倒だったので1つにしました。読みにくかったらすんません(いつものこと?(^_^;)。

 まずは拉致問題から。
 金正日が拉致を認めてから今日でちょうど3年半。
 ごく一部の拉致被害者とその家族が帰国しただけで、横田めぐみさんはじめ100名とも200名とも言われる残りの拉致被害者は放置されたままです。

 日本政府が北朝鮮に経済制裁を発動するタイミングはいくつもありました。
 最大のタイミングは一昨年12月、北朝鮮が横田めぐみさんの物だとして出してきた遺骨が偽物だと判明した時ではなかったでしょうか。
 (その時政府は「誠実な対応がなければ、厳しい対応を取らざるをえない」と制裁発動を示唆したのですが……)

続き▽
Posted by くっくり 00:23 | 拉致問題 | comments (34) | trackback (2)
朝日新聞の風物詩「国旗・国歌」
「偽メール」 民主、謝罪広告を掲載
 「堀江メール」問題で民主党は、産経新聞など全国紙と北海道新聞の計六紙の十五日付朝刊に、武部勤自民党幹事長の二男に謝罪する広告を掲載した。民主党は謝罪広告の掲載により、この問題にひと区切りつけたい意向だが、永田寿康衆院議員への党内の視線は厳しく、同氏の進退問題の再燃は避けられない。
 広告は民主党と永田氏(党員資格停止中)の連名で、「武部勤氏の次男に三〇〇〇万円を送金するよう指示したメールは全くの偽物であり、送金された事実はなく、メールの内容も全くの事実無根でした」としている。広告費用は二千万円弱とされ、政党助成金は使わず党と永田氏が折半する方向だ。
 民主党側の対応を受け、自民党の武部幹事長は十四日の記者会見で、「謝罪広告の掲載によって、民事も刑事も訴訟はしない。本人(二男)はそれで終わらせたいということだ」と語り、民主党と永田氏を提訴しない考えを表明。前原誠司民主党代表は会見で、「すべて代表である私の不徳の致すところ。しっかりとケジメをつけることが大事だ」と述べた。
(以下略)

 あの時とっとと辞めていれば(辞めさせていれば)こんなことにはなってなかったろうに。
 広告費用は党と永田さんとで折半するとのことですが、全額永田さんに出させたら?実家お金持ちなんだし。

 つかみはこのぐらいにして、本題行きます。
 そろそろ来る頃と思ってたらキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
 朝日新聞の風物詩というか年中行事というか何というか(^_^;

続き▽
Posted by くっくり 00:14 | 朝日新聞 | comments (9) | trackback (7)