細切れぼやき
「嫌韓流」、今朝アマゾンから到着しました。
 まだ第二話までしか読んでませんが、面白いですわ。第二話のヒステリックなプロ市民たちなんか、ああ、まさにこんな感じだろうなぁ〜と(^_^;。

 拙ブログの読者さんにとっては、すでに知っている事実ばかりで物足りないかもしれませんが、学校で習ったりテレビや新聞で見た歴史しか知らない初心者さんにとっては、まさに「カルチャーショック!」な本ではないかと。
 ぜひ周りの方にお勧めして下さい。しばらくは入手困難かもしれませんが、作者の山野車輪さんによれば増刷が決まったそうですので、すぐにまた本屋さんに並ぶでしょう。

 ところで、車輪さんの日記7/27に「関西テレビ『ムハハのたかじん』で紹介されるらしい」と書かれてありますが、残念ながら7/29の放送では紹介されませんでした。
 この番組は生放送なんですが、この日は杉田かおるさんが出演、離婚話で延々引っぱってました。
 「時の人」だからしょうがないんでしょうが、こっちも「時の本」なのになぁ……。


朝日社内資料、雑誌流出か…NHK改変問題の取材応答
 同社は、会見で、「講談社側の了解を得た」として、月刊現代の記事のコピーを配布したが、その内容が実際の一問一答と同じかどうかは答えなかった。

 これ見て「はぁ?」と思ったのは私だけ?発売前の自社誌のコピーを他社(朝日)に配布する、これって普通にあることなんですか?
 とりあえず安倍さんは今でも自信満々。改めて朝日に謝罪を求めてます。

 朝日もいい加減、テープを出せばいいのに。
 この前の検証記事にもあるように、朝日は「取材行為全般が信頼を失い、将来の自由な報道に支障を来すから、取材記録そのものや取材過程の全容について詳細は明らかにしない」ともっともらしいこと言い続けてるけど、取材された本人である安倍さんやNHK松尾氏らが「出せ」つってるんだから。
 国民もマスコミも、いま一番望んでいるのは、「朝日が真実を明らかにすること」。NHKの質問状への回答も含めてね。
 真実を明らかにするためのテープ公開なら、誰も朝日を責めたりしないと思いますよ。

 ※参考リンク:
 「あんた何様?」さん7/30付「朝日新聞と月刊現代のコラボレーション?」


中学歴史教科書 岡山・総社市教委 扶桑社採択を断念 抗議相次ぎ一転
 総社市が扶桑社採択を求めていることが報道されたこの日、市役所には抗議の電話や電子メールが相次いだ。

 プロ市民に潰されたのね(T^T)。応援メールのひとつもしておけばよかった……。
 どんな脅迫……もとい、抗議を受けたのかは知りませんが、総社市も情けないっすね。圧力に屈して断念しちゃったなんて、子供の教育上も良くないでしょう。

 2ちゃんねるで、こんなん拾いました(-.-#)。
 Re: 岡山県総社市に中止の要請を!
 岡山の野田です。総社市の続報をお伝えします。

 みなさまのご協力のお陰で何とか総社市の横紙破りを阻止できたもようです。そのことを伝える読売とサンケイの記事を添えます。ありがとうございました。

 ただ、この期におよんで、総社市の倉敷採択区からの分離、単独採択地区化を容認しようとした文部科学省は許せません。
 ぜひ抗議のメール、FAXを送ってください。


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:55 | 細切れぼやき | comments (3) | trackback (1)
毛沢東ドチェックに紅衛兵ドチェック……
 「毛沢東ドチェック」つーのをやってみました。

■診断結果

くっくり同志!、くっくり同志の毛沢東ドは1200毛沢東です。

くっくり同志はお茶目な毛沢東です。

周りの人々から愛されていることでしょう。

しかも、そこそこの成功と栄冠を勝ち取ることができそうです。

しかし、TOPにはなれません。補佐ぐらいが限界です。

もしかすると、周りの毛沢東度の高い人にねたまれ、
抹殺されるかもしれません。

戦うか、引くかの決断が重要になりそうです。

中国の賢者にもアホなふりをして時の権力者の魔の手から逃れた人は多くいます。もしもの時の為に、それらの人の自伝を読んでおくことをお勧めします。

ちなみに、3,000毛沢東以上で完璧な毛沢東です。そのような人物に近づかないことが肝要です。

お茶目な毛沢東なくっくり同志に素敵なバッチを用意しました。このバッチを同志のHPの片隅にでも飾ってみてください。非透過。

尚、バッジはダウンロードしてお使いください。直リンクはやめてくださいね。粛清しちゃうよ♪

 「TOPにはなれません。補佐ぐらいが限界です」つーのは正直当たってると思います。
 会社員時代、役職の話を何度かもらったんですが、「責任重いのは嫌です。給料安くていいから平社員でいさせて下さい」って全部断っちゃいましたσ(^^)

 お次は「紅衛兵ドチェック」

■診断結果

くっくり同志!、くっくり同志の紅衛兵ドは350造反有理です。

くっくり同志は、紅衛兵のものさしでは図れないです。

世捨て人のような人ですね。

お元気ですか?周りの人はくっくり同志のことを少し心配しているかもしれません。たまには皆とバカ騒ぎするのもよいと思いますよ。

まっ、くっくり同志のよいところは、冷静・沈着。全く回りに流されない、ゴ〜イングマイウエイなところですが。

「そんなところがステキッ」といってくれる人がいるとよいですね。

時には情熱も必要かも知れませんよ。


■紅衛兵ド集計結果

全体平均紅衛兵ド
1665.07造反有理
くっくり同志の紅衛兵ド
350造反有理

紅衛兵ド      割合  平均造反有理
現代に現れた紅衛兵  2%  7350造反有理
紅衛兵の生まれ変わり 6%  6205造反有理
真紅の紅衛兵     7%  4605造反有理
プチ紅衛兵      17%  2776造反有理
お茶目な紅衛兵    9%  1725造反有理
なんちゃって紅衛兵  12%  1234造反有理
素質なし       13%  722造反有理
世捨て人       20%  159造反有理
引き篭もり      15%  -507造反有理

くっくり同志お疲れ様でした

診断の結果は、人それぞれ色々です。あまり気にしないことです。

 この結果は……喜んでいいんでしょうか?(^_^;
 全く冷静沈着ではないけど、ゴーイングマイウェイなのは当たってるかもしれません。

 最後は「中国ドチェック」。
 (これ最初に持ってきた方がいいのでは……という気も(^_^;)

■中国ドチェック結果

くっくり同志!、くっくり同志の中国ドは-200人民です。

くっくり同志は、日本国内旅行レベルです。

残念ながら日本を出ない方がええかも。

海外旅行に出かけても「日本ではこうだ!、あぁだ!」と文句を言って終わるでしょう。

気苦労ばかりして楽しめません。

国内旅行をお勧めします。

それでも海外へ行きたい人は、「常識」という言葉は存在しないということを肝に銘じておいてください。

 大阪人(というより「いらち」な人)がこの「中国ドチェック」をやったら、たぶんほとんど全員「マイナス人民」になると思いますわ(^_^;

 ついでに夫にも「紅衛兵ドチェック」だけやらせてみました。

■診断結果

くっくり夫同志!、くっくり夫同志の紅衛兵ドは2080造反有理です。
くっくり夫同志は、プチ紅衛兵です。

さぁ、出かけましょう!!

左腕に腕章を巻き、右手には「毛沢東語録」を携えて
「東方紅」を声高に叫びながら!


ここですかさず再生

そして、批判集会、告発、打倒、壁新聞をせっせと作りましょう!!

なんでもええから壊すのです!!

そして天安門広場に駆けつけましょう!!

そこでは、くっくり夫同志の憧れの人が、けだるそうに手を振っています。

もう狂喜、乱舞です。そして、叫ぶのです!!
万歳、万歳、万歳!
造反有理!
造反有理!!
造反有理!!!


って、それでええのですか、くっくり夫同志・・・?

くっくり夫同志は、踊らされているだけかも知れませんよ。

誰かさんの手のひらの上で、ワイワイ騒いでいるだけかもしれません。

まぁ、それでも「今が楽しければ全てよし」と考えるなら、それでええのでしょう。

しかし、忘れないでください。

くっくり夫同志のせいで、泣いている人々が沢山いるということを・・・。

後になって、「あの頃は、バカだった」と思う日が来るかも知れません。

ちなみに「誰かさん」は、7000造反有理以上です。


■紅衛兵ド集計結果

全体平均紅衛兵ド
1664.31造反有理
くっくり夫同志の紅衛兵ド
2080造反有理

紅衛兵ド      割合  平均造反有理
現代に現れた紅衛兵  2%  7350造反有理
紅衛兵の生まれ変わり 6%  6205造反有理
真紅の紅衛兵     7%  4605造反有理
プチ紅衛兵      17%  2776造反有理
お茶目な紅衛兵    9%  1725造反有理
なんちゃって紅衛兵  12%  1234造反有理
素質なし       13%  722造反有理
世捨て人       20%  159造反有理
引き篭もり      15%  -507造反有理

くっくり夫同志お疲れ様でした

診断の結果は、人それぞれ色々です。あまり気にしないことです。

 紅衛兵ドチェックは、熱しやすい性格かつ理屈っぽい性格かつ社会に不満を抱いている人ほど、高い数値が出るように思います。
 夫もたいがいそういう性格だと思ってたけど、まだまだ上がいるってことなのね〜(^_^;

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 02:20 | 性格チェック・占いなど | comments (4) | trackback (2)
朝日の第三者委がまともな発言を
番組改変報道問題、朝日新聞の第三者委が初会合(読売新聞)
 NHKの番組が政治的圧力で改変されたと報じた朝日新聞記事に対し、取材を受けた当事者らが反論している問題で、朝日新聞が設けた第三者機関「『NHK報道』委員会」が28日、第1回会合を開いた。

 委員は、丹羽宇一郎・伊藤忠商事会長、原寿雄・元共同通信編集主幹、本林徹・前日本弁護士連合会会長、長谷部恭男・東大大学院教授の4人。一連の朝日新聞の報道や対応について意見をまとめることが目的だが、具体的な議論の中身は今後委員が決めるという。

 朝日新聞によると、初会合では、委員から「『政治的圧力で番組が改変された』ということを事実として書くのではなく、朝日新聞の意見として書くべきだったのではないか」「『番組改変』という言葉には、番組を改悪したという先入観を与える」といった声が出されたという。朝日新聞側からは、秋山耿太郎社長ら5人が出席。秋山社長は「秋の早い時期」までに意見をまとめるよう求めた。
(2005年7月28日23時10分 読売新聞)

 当の朝日はどう書いてるかと言うと……。

< NHK問題 > 初会合で説明、委員から意見 本社「NHK報道」委(朝日新聞)
(2005年07月29日01時27分)
 NHKの特集番組改変をめぐる朝日新聞の報道について、メディアのあり方に詳しい識者に評価や意見を求めるため、朝日新聞社が設置した「NHK報道」委員会の初会合が28日、朝日新聞東京本社で開かれた。

 伊藤忠商事会長・丹羽宇一郎氏、元共同通信編集主幹・原寿雄氏、前日弁連会長・本林徹氏、東大大学院教授・長谷部恭男氏の4委員が出席。

 秋山耿太郎社長が「1月に番組改変問題を報道してから半年が経過し、25日の紙面で読者に総括する報告をした。メディアとして読者に対する説明責任が果たせているかどうか、疑問、質問を出していただきたい。できれば秋の早い時期までにご意見をいただき、本社として問題の決着に向けた対応を検討していきたい」とあいさつした。

 朝日新聞社側が総括報告の紙面などについて説明し、委員からは「番組改変という言葉を使ったが、その言葉からは番組を改悪したという先入観が感じられる」「政治的圧力があって改変されたというのは事実としてではなく、朝日新聞の判断として書くべきだった」などの指摘があった。

 いきなり細かなツッコミから入らせていただきますが……
 読売は「朝日新聞の意見として書くべきだった」、朝日は「朝日新聞の判断として書くべきだった」。
 「判断」と「意見」ではかなり重みが違うと思うんですが、委員の発言は正確にはどちらだったんでしょうか。

判断=前後の事情から、確かにそうであろうと認める(多分そうであろうと推し量る)こと。
意見=ある問題についての個人の考え。
(三省堂「新明解国語辞典」より)

 どっちにしても、「朝日の判断」というよりは「朝日の意見」の方がしっくり来ますよね、朝日の一連の報道は。
 
 ところで、7/26付エントリーで「委員は全部、朝日新聞社内の会の委員を務めてきた人でしょ。これで第三者機関と言えるんかしら」と書いた通り、私はもう全然期待してませんでした。
 ところがところが。委員の皆さん、なかなか正論ぶっこいてくれてますやん。実質、「あの記事は嘘だった」と認定してますやん。GJ!(≧▽≦)

 しかし朝日もあえてこういう「痛い指摘」を載せるとは、意外と思い切ったことしますな。
 穿った見方をすればですよ、委員からは実際には「もっと痛い指摘」がバンバン出たんだけど、そこまで載せちゃうと今度こそ朝日も立場がなくなるってことで、「比較的軽めの指摘」(客観的に見たら軽くないけど)だけを載せて、「我が朝日新聞は自浄能力があるんですよ。ちゃんと公正な報道やってますよ」と読者にアピールしたとか……そういうことはないんですかね?
 考えすぎかもしれないけど、これまでがこれまでですから、どうしても疑ってかかってしまうわ。
 (私は朝日新聞を購読してないのでわからないんですが、紙面はどう書いてあるんでしょう?委員の発言がもっと色々載せられてるんでしょうか?)

 それはそれとして、果たして朝日が委員の指摘を真摯に受け止めるか?と言えば、まず無理でしょうね。
 だって未だに↓こんな記事書いたりして、何とか巻き返そうと画策してるのバレバレ。

「政治家と距離を」提言 NHK有志が改革委に(朝日新聞)
(2005年07月29日03時04分)
 慰安婦問題を取り上げたNHK番組の改変問題で、NHK職員の有志が「番組変更の最大の原因は政治への過剰反応だった」とし、「政治家との距離を保つ」との項目を倫理・行動憲章に掲げるよう求める提言を6月、NHKの「改革・新生委員会」(委員長・橋本元一会長)に提出していたことがわかった。
 NHKは「政治家の圧力はなく、自主的な修正だった」との主張を変えていないが、これに対する疑問の声が、NHKの内部からも上がっていたことになる。
(以下略)

 NHK内部で朝日新聞とつながってる人はまだまだたくさんいるようですね。内部告発男・長井はほんの氷山の一角なんでしょうな。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:28 | 朝日新聞 | comments (4) | trackback (0)
安明進氏が国会で初陳述
「目撃、生存情報は15人」 元工作員、衆院で初陳述

 「ザ・ワイド」では安明進氏の意見陳述をかなり長い時間を割いて放送しました。さすが!
 放送されたのは以下の部分です。
 (★☆救う会全国協議会ニュース★☆(2005.07.28)より引用)
 金正日が貫き通しているうその中の一つは、1991年まで私が直接話しもしタバコまで分け合って吸ったことがある市川修一さんが1979年に死亡したという内容とやはり私が1990年頃まで目撃した増元るみ子さんが1981年に死んだということです。
 また田中実さん、加藤久美子さんなど拉致された日本人と金正日政治軍事大学に出入りしていた寺越武志さん、そして工作員の専門病院である朝鮮労働党915病院で目撃した古川了子さんと放送局爆破訓練場で目撃したもう一人の日本人女性など10人の日本人をしていません。

 田口八重子さんはやはり私たちの学校の先輩である金賢姫が韓国で1991年当時、赦免を受け手記を出版するという時期まで確実に生きていたという事実は、金賢姫に射撃を教えた金正日政治軍事大学射撃講座の咸教官から私だけでなく私の25期同期全部がいっしょに聞いた内容です。

 私はもちろん北朝鮮にいたときこれらの日本人たちの名前は一つも知りませんでしたが、彼らの顔と特徴などはいまこの瞬間もはっきりと記憶しています。
 私が目撃した日本人たちが拉致された日本人の全部ではないことは、学校の教官たちと先輩たちを通じてもよく知ることができ、その数は30余名にもなると聞きました。
 いまこの瞬間にも彼ら拉致された日本人たちは自分の父母と日本政府と国民を信じて自分たちが救い出されるその日だけを待ちわびているのです。
 彼ら拉致された日本人を救い出さなければならない日本がいまむしろ、北朝鮮工作機関が決心さえすればもっと多くの日本人を拉致し日本に敵対行為をすることができるように、工作資金と数多くの工作装備まで供給してやっている現実です。
 ここにいらっしゃる国会議員の方々とこれを見守っている全ての日本人たちが北朝鮮によって拉致された日本人被害者たちを自分の息子、娘、弟として、本当の肉親と考え、彼らを悪魔の巣窟から助け出すという強い意志を持ち、その悪魔金正日と戦う固い覚悟で臨まなければ、けっしてこの戦いは簡単ではないのです。
 その戦いがまだ弱いために、北朝鮮政府は対日工作機関である清津連絡所を完全に解体させず、いまでも存在しており、続けて日本工作をするために以前のような工作船ではない新しい工作船を運営しようとしており、いま新しい工作船基地を構築しています。

 西岡力さんの発言もわりと長い時間放送されました。
 メモ取ってないのであやふやですが、だいたい次のような内容でした。

 「蓮池薫さんは北朝鮮にいた頃、日本の新聞を見る機会があったそうです。拉致関係の報道は切り取られて渡されるのだが、たまに切り取るのを失敗しているのがあって、その記事で家族会が結成されたことを知ったそうです」
 「地村保志さんも、小浜で拉致被害者救出活動がされているということを知ったそうです。『小浜と言ったら僕しかいない、僕のことだ』と思ったと。つまり我々と拉致被害者とはコミュニケーションが取れていたんです」
 「日本人の10%が拉致されたら経済制裁発動するんですか。防衛庁のえらい人が拉致されでもしないと発動しないんですか」

 正確な発言を知りたいと思って、衆議院TVに行ってみたんですが、長すぎて探せませんでした。
 西岡さん、文書見ないで話されていたので、議員のうちの誰かの質問に対して答えてるシーンなのは間違いないんですが……。
 お時間のある方はぜひ動画をご覧下さい。


 さて、6カ国協議ですが、アメリカは「24時間以内に共同文書の草案をまとめる作業が始められることを望む」と。
 何か焦ってません?そうじゃなくて北朝鮮にプレッシャーかけてるの?

 日本のマスコミも何だかなぁ。
 6カ国協議が始まるずっと前から「拉致問題を取り上げないといけない」とさんざん煽っておきながら、いざ日本が協議で拉致に言及したら、途端に「孤立してしまったじゃないか」と批判モードになったところが多いみたい。

 昨日(7/27)の「報ステ」も例外ではありませんでした。
 解説の加藤千洋が「(孤立の)半分は日本が自ら招いてしまったことだ。なぜ日本は事前に周りの国を味方につけておかなかったのか」という趣旨の発言をしてました。
 慎重に言葉を選んではいたけど、「靖国参拝など歴史問題で中国・韓国になぜ譲歩しておかなかったんだ」という本音が見え隠れしてました(-.-#)

 歴史認識や宗教観は国によって異なります。それらに対して他国が口出しすることは、その国の主権を侵すことになります。他国の干渉を許さず基本姿勢を貫く、それは国家が守るべき最低限の主権。
 靖国参拝は「平時」の問題。一方、拉致は「有事」の問題。平時においてすら主権を守れない、そんな国が有事において主権を守れるわけはありません。
 靖国問題ごときで他国に屈してしまうような国が、拉致被害者を救出できるわけはないのです。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 02:18 | 拉致問題 | comments (11) | trackback (2)
細切れぼやき
扶桑社教科書、都立一貫校で採択 都教委が決定
 おめでとう!(≧▽≦)
 都教委に抗議声明 つくる会の教科書採択で
 でも案の定こういう輩が……(T^T)


<ASEAN>町村外相欠席で失望感 日本外相の欠席は初
 これはダメ。
 国連分担金削減を警告?=常任理入り失敗なら−町村外相
 でもこれはGJ!


朝日新聞社説:人権擁護法 救済の法律は必要だ
 朝鮮総連や部落解放同盟の名を挙げ、特定の国や団体の影響が強まるのではないかという批判も相次いだ。人権擁護委員から外国人を締め出すため、国籍条項を加えるよう求める声も高まった。
 だが、心配のしすぎではないか。

 「だが、心配のしすぎではないか」……ここは笑うところですか?(吉本新喜劇で言えばコケるところ?)
 「朝日新聞は『つくる会』の教科書を危険視してるが、心配のしすぎではないか」てなツッコミ入れた人、全国に1000万人ぐらいいると思われ(^_^;

 「人権侵害に苦しむ人を救済せよ。でもメディアの規制はするな。表現・報道の自由を侵しかねないから」って、ちょっと勝手すぎませんか。あんたらそんな立派な仕事をしてるんかね。
 以前、曽我ひとみさんの北朝鮮の家の住所を、朝日新聞が掲載したことがありましたよね。あれなんか人権擁護法があったら絶対に対象になりますよ。あれも朝日にとっては「表現・報道の自由」なの?

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:57 | 細切れぼやき | comments (2) | trackback (1)
「NEWS23」中帰連の爺さんが撫順戦犯管理所へ
 今日のTBS、安倍さんと加藤紘一が靖国問題で討論をやってたそうですね。
 「NEWS23」でそれがニュースになってたんですが、それ見るまで全然知りませんでした。関西でもやってたんかな?

安倍・加藤両氏、「靖国」めぐり平行線(JNN)
 小泉総理の靖国神社参拝をめぐって、自民党の安倍幹事長代理が「総理大臣は参拝すべき」という考えを示したのに対し、加藤元幹事長は慎重な考えを示し、議論は平行線をたどりました。
 「(首相の靖国参拝は)慎重でやるべきだと思いますね。昭和53年にA級戦犯の方々が靖国に合祀される前は、これは国内の問題でした。しかし、その後は外交問題になりまして、日中、日韓の問題になってますけれども、最近の発展状況を見ますと、もしかしたら日米にも影響が少し出てくるかもしれない」(自民党・加藤紘一元幹事長)

 「中国に抗議されたからやめるのか。あるいは、そもそも、では政教分離上の問題があるからやめるのか、という議論になると思うんですが、それはあくまでも我が国が判断するべきなんです。日本に対しての反日的な行為に我々は屈する形で、今まで総理が行ってきたことをやめるべきではないと思います。では、(首相として初参拝の時に)日にちを変えるかどうかというのは、私は変えるべきではなかったなと。変えたことによって、彼らは、言えば日本が変わっていくということだったのかなと思います。なぜ、中国がこれだけ非難をするか、では、これをやめれば問題は解決するかといえば、私は一時的な小康状態しか得られないと思います」(自民党・安倍晋三幹事長代理)

 「靖国問題が解決すれば、日中間の問題の7割くらいは打開されると思います」(加藤紘一元幹事長)

 「私は一国のリーダーは、その国のために戦った人のために祈りを捧げるその義務があると思います。そのリーダーになるためにその義務の法を適用してしまうならリーダーたる資格は、私はないなと思います」(安倍晋三幹事長代理)
(27日17:51)

 「靖国問題が解決すれば、日中間の問題の7割くらいは打開されると思います」……アホか。
 7割って何を根拠に言ってるのか。
 たとえ靖国が解決したとしても、歴史教科書問題、東シナ海ガス田問題、尖閣問題etc.、向こうは延々と文句言ってくるってば。わかりきったことですやん。

 あと、記事には載ってないけど、「NEWS23」のVTRによれば、加藤はこんなことも言ってました。
 「国の上に立つ者が100%ナショナリズムに乗っかると危ない。10%は冷静な心を持って、相手の立場に立って物を見る、と」
 100%中国に乗っかってる人間が何を言うかね。ふんとにもう!
 つーか、それは安倍さんにでなく、中国共産党に対して言うべき言葉でしょ。


 ……さて。
 今日の「NEWS23」は普段にも増してひどかったみたいですね。
 最初の方、あまりちゃんと見てなかったんですが、VTRでアメリカ人の何とかいう博士が出て、「原爆を日本に落としたが謝罪はしない」と。

 その後、中継で筑紫が綾瀬はるか(アイドルタレント?全然知らん)を出して、原爆は怖い、戦争は怖い、とお決まりのパターン。

 が、ここからが「NEWS23」の真骨頂。

 VTRスタート…………

 ソ連の捕虜になり、その後中国に引き渡され、撫順戦犯管理所で6年間過ごしたという元日本兵の爺さんたちが登場。
 大河原孝一、綿貫好男、高橋哲郎、そして画家(自称?)の島亜壇。ググッたらすぐわかるけど、中帰連のメンバー。
 今回は島亜壇にスポットを当てた特集。

 爺さんたちは最近、撫順の戦犯管理所に行った。
 管理所で働いていた元職員たち(中国人)が、爺さんたちを出迎える。

 当時を振り返る爺さんたち。
 「日本軍の過去に犯したことを、俺はやらないとか、やったとか言う……」
 「最初は職員のことを『この野郎』と思っていたが、どうも様子がおかしい。御飯をたらふく食べさせてくれるし、処罰する様子も見えない」
 「我々(日本軍)が捕虜(中国兵)にそういう処遇をしたか?が、一歩ずつここでわかってきた」

 ナレーションが追い打ち。「中国側の人道的な扱いによって、彼らは『認罪』した」とか何とか。

 (私:なるほどね〜。そうやって中国共産党の洗脳にはまっちゃったのね。わかりやすぅ〜)

 爺さんたちは言う。「管理所の人も怒りがあったと思う」。

 日本軍に家族を殺されたという管理所の元女性職員がまくしたてる。「40年代から50年代までずっと仕返ししたい気持ちを持っていた!」
 別の元職員は「私のおじとおばは 日本軍に村民とともに銃で撃ち殺された。彼らがここに来た時、受け入れがたかった!」
 が、職員らは憎しみを出すことなく戦犯の管理にあたったのだそう。
 先ほどの元女性職員は「改心した日本人(爺さんらのこと)を今は憎んでいません」と。

 (私:あ〜、ほんとわかりやすすぎて力抜けちゃうんですけど……)
 
 歓迎式典で男性の元職員がスピーチ。
 「過去を忘れないことは、平和を愛し未来を切り開くことになるのです……」

 (私:首筋かゆいんですけど……もうチャンネル替えていいですか?(T^T))

 歓迎式典で島亜壇は涙を流した。その理由は……
 島らは1956年、起訴を免除され帰国。
 軍事裁判を受けた。が、金源・元所長(故人)が彼らの運命を変えた。
 「金先生のおかげで起訴を免れた」と金源の奥さんにお礼を言う島。

 金源は島に対し、「あなたはこの場所にいるべき立場の人間ではない」と言ったそう。「涙が出た」と島。
 島は中国の『許し』に報いるため、30点の作品を生涯をかけて描いた。
 (いずれの絵もモノクロで、「日本軍が中国人に残虐な行為を働いている」というシチュエーション)
 
 (私:中共にまんまと騙されてそんな陰惨な絵まで描いて……あ〜もう哀れすぎます……)

 ナレーションがまとめへ。「捕らえられ、罪を認め、生まれ変わったその土地に、島さんの絵が飾られた」。

 …………と、まあ、VTRはこんな感じでした。

 元日本兵が描いた「残虐な日本軍」の絵が飾られ、抗日記念館と化した撫順戦犯管理所。たまりませんな。
 ほんま強烈でしたわ。中国共産党に洗脳されて帰ってきた爺さんたちに、あることないこと延々と喋らせて。

 最初の方で、なぜアメリカ人に「原爆を落としたことは謝罪しない」と言わせたのか?
 その謎はこの直後に解けました。
 中帰連の爺さんたちのVTRが終わった後、筑紫がこうまとめたのです。

 「日本は中国に対して謝罪する必要はないと言う人たちがいる。謝罪する必要はないと言うなら、前の博士(アメリカ人)が謝罪しないのも許すと言うのか?」

 中国に謝ってる爺さん(日本人)を際立たせるために、謝らないアメリカ人をダシに使ったわけですな。
 んで、「日本人はアメリカ人のようになっちゃいけない。日本人よ、中国に謝ろう!!」って。
 何とまあ幼稚なやり方でしょうか。つーか、比較に無理がありすぎ。

 爺さんたちには本当に腹が立つけど(中国人に謝る前に、あんたらの反日的な言動で迷惑被ってる日本人に謝ってほしい)、あまり責めるのも酷かも。
 だって中国共産党はほんまきっついですから。アメとムチを使い分けた徹底した洗脳教育(オウムなんか目じゃない)にかかれば、私もどうなってしまうか……自信ありませんもん。

 この怒りは「純粋まっすぐ」な爺さんたちを利用した中国共産党及び、筑紫ら反日勢力に向けることにしますわ。

 でもこの特集の直後、「中国産のウナギ検査強化」てなニュースが流れて、笑っちゃったんですけどね(≧▽≦)

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 02:29 | TV番組内容紹介 | comments (11) | trackback (1)
「嫌韓流」早く読みたいよ〜
 「嫌韓流」が昨日(7/26)発売になりました。もう読まれた方、いますか?私はまだです。
 今朝、近所の小さな本屋さんに行きましたら、「嫌韓流」が4〜5冊平積みされてて、思わず手が出そうになったんですが、私はアマゾンに予約注文してますからね〜。我慢我慢(--)(__)

 ところが、アマゾンから今日ショッキングなメールが!

 平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 このたびお客様よりご注文いただきました『マンガ嫌韓流』についてお知らせがございます。
 当商品は、7月26日に出版されましたが、人気商品のため出版社の出荷に遅れが生じております。
 誠に申し訳ございませんが、Amazon.co.jpに入荷後、準備が整い次第順次発送させていただきますので、発送まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

 実は私、「嫌韓流」を予約注文する時、配送料を無料にしたいなーという気持ちもあって、同時にCDも注文したんです。
 (攻殻機動隊の3枚目のサントラです。菅野よう子さんの音楽が好きなんですσ(^^))

 昨日、アマゾンのアカウントサービスのページを見に行ったら、そのCDだけが発送準備に入ってたみたいだったので、嫌な予感はしてたんですわ……あ〜あ(T^T)
 仕方ない。あきらめて待ちますか。そのへんの本屋さんで買うよりも、アマゾンで買った方がランキングに貢献できますしね。

 ところで、お昼頃にアマゾン「嫌韓流」のページを見たら、中古で3500円で売りに出してる人がいました。
 「1回読んだだけなのでキレイです」って説明が書いてありました。人気の本で入手しにくいから高くふっかけたんやろか。あこぎやなあ。
 それが今はもうなくなってるってことは、誰か3500円で買ったんやろか?う〜ん。

 ……あれ?おい、ちょっと待って!「嫌韓流」のページに載ってる発送可能時期、「4〜6週間以内」ってなってるやん!おいおい、そんなに待たなあかんの!?
 つーか、時間かかってもちゃんと発送してくれるの?
 私、よく輸入物のCDをアマゾンで注文するんですが、何か月も待たせた挙げ句、「ご注文いただいた時は入手できると思ったのですが、結局できませんでした。すみません」てなメールを何度かもらったことあるんですよ。

 まあでも国外のCDと違って、国内のそれも本だし、増刷されたらすぐ送ってもらえるんでしょうけど……。
 つーことは、出版社にメールで「早く増刷して下さい」ってお願いした方が現実的なのかしら(^_^;?

 あ〜、やっぱ明日、近所の本屋さんで買っちゃおうか。2冊目は妹か誰かに寄贈するってことにして……。迷うなぁ……(T^T)

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:09 | 本・サイトなどの紹介 | comments (12) | trackback (2)
トラックバック保留機能をつけました
 昨夜あたりから、アダルトサイトからのトラックバックスパムが急増したので、スクリプトをちょこっと改造しました。
 トラックバックを受信しても、管理人が許可するまで保留状態にする改造です。

 収まってきたら元に戻します。それまで各ブログ主様にはご迷惑をおかけしますが、何卒ご理解下さい<(_ _)>

 ※くっくりは自宅仕事ですので、わりとこまめにブログチェックをしています。善意のトラックバックに対しては、できるだけ早く(真夜中とか早朝は無理ですが)保留状態を解除するよう努力します。

・・・・・・・・・・・

★アダルト以外の広告・宣伝・勧誘目的のトラバも削除の対象といたします。

当該エントリーとは全く関係ない話題のトラバも削除させていただきます。

 ………「全く関係ない話題」の一例(実際にあった例)………

 教科書採択問題をテーマに書かれたある日の朝日新聞社説、それを取り上げ批判をした拙ブログのエントリーに対して送信いただいたトラバのうち、

 ・郵政民営化の話題
 ・人妻について書かれた本(アダルト本ではない)の評論
 ・社民党議員のネタ

 これらは「全く関係ない話題」とみなし、勝手ながら削除させていただきました。

【12/11追記】
★できたら1エントリーにつき1トラックバックでお願いします。

Posted by くっくり 21:49 | お知らせ | comments (3) | trackback (x)
6カ国協議開会〜「万景峰号止めたろか」ぐらい言うたれ!
日本、拉致解決に言及 6カ国協議開会

 6カ国協議は名目上、北朝鮮に核廃棄させることが目的になっていますが、以前書いたように(7/11付「6カ国協議再開について思うこと」参照)、日本とアメリカ以外の国々、すなわち中国・韓国・ロシアは、北朝鮮が核を持つことに対してさほど危機感は感じていないんじゃないでしょうか。
 北朝鮮を生かさず殺さずで、金正日体制を維持させることにウエイトを置いているんだと思います。
 体制維持させるために早く核問題を解決して、アメリカや日本が北朝鮮に援助を行う方向に行ってほしい、と考えてるんじゃないでしょうか。

 つまり、「核問題の解決」と言っても、中・韓・露にとっては必ずしも「廃棄」でなくてもいいんですよね。
 とにかく北朝鮮の崩壊を防ぐために、アメリカと北朝鮮が早く妥協点を見つけてほしい。そしてアメリカと日本が北に援助を行ってほしい、と。本音はそんな感じじゃないでしょうか。

 今回の協議はかなり長期化するのでは?という予測もされているようです。
 じっくりやって事態が進展すればいいんですが、北朝鮮のことですから、まただらだらと引き延ばすだけなんじゃないでしょうか。
 半ば本気でブッシュの次の政権(たぶん民主党政権)まで引き延ばそうと考えてるのかもしれません。

 アメリカの本音もよくわかりません。
 10年前のクリントン政権のような安易な妥協はしないとは思いますが、何か最近どんどん軟化してるような感じがするので不安です。

 とはいえアメリカの基本姿勢は以前と変わってないと思うし、また、「軟化したように見せたのは作戦」(?)という見方をしてる専門家もいるようです。
 すわなち、「アメリカは今回の協議を最後にするつもりでいる。『誠意を持って交渉を続けたが、ついに北朝鮮は譲歩しなかった。これ以上何度交渉をしても無駄だ』という既成事実を作った上で、安保理に付託する考えだ」……と。

 たとえ安保理付託しても、中国とロシアが拒否権を行使して終わりなんでしょうが、とにかくここで手打ちにされるよりはなんぼかマシ。
 アメリカが妥協せずに頑張ってくれることを願うのみ。

 日本は本当に蚊帳の外状態ですなあ。アメリカのように軍事力では押せませんからね。
 日本もそれなりに軍事力を持っているはずなのに、それを外交カードに使えない。憲法9条の弊害がここにも。

 北朝鮮の「のらりくらり」の外交戦術は本当にイライラしますわ。まるで朝日新聞のよう。
 「安倍・中川がNHKに政治介入した」という捏造記事発表から半年、やっと非を認めるのかと思ったら、検証にも何にもなってない「検証記事」を出してきて、さらには「委員会作ります〜」って。
 のらりくらり引き延ばすうちに、そのうちみんな忘れてくれると思ってるんでしょう。

 が、多くの国民は、たとえ朝日の捏造は忘れたとしても、拉致問題は決して忘れませんよ。
 わかってんのか?金正日。

 北朝鮮の次に腹が立つのが韓国。

 
韓国の宋旻淳外交通商次官補は「協議の焦点をここ(核問題)に集中しなければならない」と強調、日本人拉致事件や北朝鮮の人権問題などの論議を自制するよう参加国に要請した。

 見よ、この北朝鮮の代弁者ぶりを。

 自国の拉致被害者を見捨てる韓国。金正日体制の圧政に苦しむ「同胞」を見て見ぬふりする韓国。
 日本も力不足だけども、少なくとも韓国よりはマシ。ああ、韓国に生まれなくて良かった。

 しかし「同胞」という言葉の何と空しく響くことでしょうか。
 どうやら韓国人にとっては金正日と「美女軍団」だけが同胞で、圧政に苦しむ大多数の人民は同胞ではないようですね。

 まあええわ、韓国のことなんか。それより日本です。
 確かに拉致問題については厳しい状況ではあります。が、先ほど書いたように、今回の協議は長期化も予想されます。そうなれば、北朝鮮と直接交渉するチャンスも出てくるはず。

 「拉致問題をスルーするんやったら、万景峰号止めたるで!」ぐらいの脅し、かけてやって下さいよ。たのむわ、ほんま。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ

Posted by くっくり 02:07 | 北東アジア | comments (11) | trackback (2)
朝日新聞の「検証記事」、各紙の反応
読売社説:[NHK特番問題]「説得力に乏しい朝日の『検証』」

 読売の社説はよくまとまってますね。ツッコミ入れる箇所がありません(^_^;

(前略)
 記事を読む限り、朝日報道の真実性を補完するような新事実は、ほとんど示されなかった、と言うしかない。1月の報道から半年。時間がかかった割には、期待はずれである。
 ニュース報道としての問題の本質は、朝日報道の事実関係が真実か否か、にあった。番組の放送前日、当時の安倍晋三官房副長官と中川昭一・現経産相がNHK幹部を呼び出し、「偏った内容だ」などと圧力をかけた結果、番組が改変された、という内容だ。
(中略)
 朝日は、安倍氏らに報道を全面否定された直後から、「事の本質はNHKと政治との距離」と、論点をそらすような主張を繰り返してきた。社会部長の結語も、その延長線上の“自己完結”としか受け取れない。
 「取材・報道への指摘について」の記事の中でも、「呼び出し」や「中川氏の放送前日の面会」を裏付ける新たな情報やデータは得られなかったと、朝日自身が認めている。
 にもかかわらず、報道の前後に、安倍氏らが取材に語った内容が「相互に矛盾がない」などとして、記事の訂正の必要性を否定した。
 「検証記事と言いながら、当初の思い込みから抜け出ていない。全く理解できない」。NHKの反発もうなずける。
 「第三者機関」による、朝日の検証記事の再検証が必要ではないか。

 この社説の言うように、今回の問題は「朝日報道の事実関係が真実か否か」に集約されてるんですよね。
 最後の一文、「第三者機関」とあえてカッコでくくったところもGJ!朝日が設置した「『NHK報道』委員会」は第三者機関とは認められませんよ、というきついツッコミ(^_^;


毎日社説:朝日VSNHK メディアには謙虚さが必要だ

 毎日は自分を高みに置いて、朝日とNHKの両方を批判してるな〜という印象。
 でも、以下のツッコミはGJ!

(前略)
 また、今回の問題が激しい朝日批判につながったのは、批判者の多くが「朝日新聞の取材記者は、特番で扱った女性国際戦犯法廷を支持しており、番組に介入したとされる安倍幹事長代理らの歴史認識自体も批判したかった」と見ているからだ。こうした疑問にも検証では何ら応えていない。
 朝日新聞は、財界人など第三者機関の委員会を作り、社内報告をもとに「評価や意見」を求めるという。だが、国民が期待しているのは、評価や意見ではなく、テープの有無など社内で把握している事実だ。この際、朝日新聞は早急に記者会見を開き、社外からの疑問に応える時期だ。
(以下略)

 毎日、当初は朝日の味方してたんですよね。それが徐々に雲行き怪しくなって、今回の検証記事で失望、ついに完全に見放したって感じですな。朝日、哀れ。


産経抄

 産経は社説ではやらずに、産経抄(コラム)で言及してます。社説では明日やるのかな。

(前略)
 このうち、(1)中川氏が放送前日、NHK幹部に会った(2)中川、安倍の両氏がNHK幹部を呼んだ−という記事の根幹部分について、社会部長が「真相がどうだったのか、十分迫り切れていません」とあっけらかんと「総括」しているのだ。
 ▼迫り切っていない真相はほかにもある。昭和天皇を「強姦(ごうかん)と性奴隷制」の責任で断罪した「法廷」を主催したのは、朝日新聞の元編集委員。問題の記事を書いた記者の一人はその信奉者で、以前から「法廷」に好意的な記事を書いていたという指摘がある。「癒着」はなかったのか。
 ▼安倍氏が提示する疑惑はもっと重要だ。北朝鮮の工作員が「法廷」に検事役として参加しており、朝日の報道も、対北強硬派の二人のイメージダウンを図ったものではないか、という点だ。鍵を握る記者は、安倍氏の公開討論の呼びかけにも、本紙の取材要請にも応じていない。
 ▼海の向こうでは、取材源を守るために拘置所に収監された記者がいる。かたや、取材された人たちだけが、さらし者になって、記者がたこつぼに入ったまま出てこない検証記事。「報道の自由」の危機とはこのことか。同業者として自戒しなければ。

 「同業者として自戒しなければ」……わはは(≧▽≦)
 産経は普段から社説でも朝日に対して容赦ないけど、コラムはさらにきついんですよね〜(^_^;

 伊藤律の時もサンゴの時も朝日はそれなりに謝罪・総括をしたけど、もう今回はとことん逃げるつもりだというのが昨日の「検証記事」でよくわかりましたね。
 朝日、いよいよ末期症状じゃないですか?

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ

Posted by くっくり 01:52 | 朝日新聞 | comments (1) | trackback (3)