「NEWS23」中帰連の爺さんが撫順戦犯管理所へ
 今日のTBS、安倍さんと加藤紘一が靖国問題で討論をやってたそうですね。
 「NEWS23」でそれがニュースになってたんですが、それ見るまで全然知りませんでした。関西でもやってたんかな?

安倍・加藤両氏、「靖国」めぐり平行線(JNN)
 小泉総理の靖国神社参拝をめぐって、自民党の安倍幹事長代理が「総理大臣は参拝すべき」という考えを示したのに対し、加藤元幹事長は慎重な考えを示し、議論は平行線をたどりました。
 「(首相の靖国参拝は)慎重でやるべきだと思いますね。昭和53年にA級戦犯の方々が靖国に合祀される前は、これは国内の問題でした。しかし、その後は外交問題になりまして、日中、日韓の問題になってますけれども、最近の発展状況を見ますと、もしかしたら日米にも影響が少し出てくるかもしれない」(自民党・加藤紘一元幹事長)

 「中国に抗議されたからやめるのか。あるいは、そもそも、では政教分離上の問題があるからやめるのか、という議論になると思うんですが、それはあくまでも我が国が判断するべきなんです。日本に対しての反日的な行為に我々は屈する形で、今まで総理が行ってきたことをやめるべきではないと思います。では、(首相として初参拝の時に)日にちを変えるかどうかというのは、私は変えるべきではなかったなと。変えたことによって、彼らは、言えば日本が変わっていくということだったのかなと思います。なぜ、中国がこれだけ非難をするか、では、これをやめれば問題は解決するかといえば、私は一時的な小康状態しか得られないと思います」(自民党・安倍晋三幹事長代理)

 「靖国問題が解決すれば、日中間の問題の7割くらいは打開されると思います」(加藤紘一元幹事長)

 「私は一国のリーダーは、その国のために戦った人のために祈りを捧げるその義務があると思います。そのリーダーになるためにその義務の法を適用してしまうならリーダーたる資格は、私はないなと思います」(安倍晋三幹事長代理)
(27日17:51)

 「靖国問題が解決すれば、日中間の問題の7割くらいは打開されると思います」……アホか。
 7割って何を根拠に言ってるのか。
 たとえ靖国が解決したとしても、歴史教科書問題、東シナ海ガス田問題、尖閣問題etc.、向こうは延々と文句言ってくるってば。わかりきったことですやん。

 あと、記事には載ってないけど、「NEWS23」のVTRによれば、加藤はこんなことも言ってました。
 「国の上に立つ者が100%ナショナリズムに乗っかると危ない。10%は冷静な心を持って、相手の立場に立って物を見る、と」
 100%中国に乗っかってる人間が何を言うかね。ふんとにもう!
 つーか、それは安倍さんにでなく、中国共産党に対して言うべき言葉でしょ。


 ……さて。
 今日の「NEWS23」は普段にも増してひどかったみたいですね。
 最初の方、あまりちゃんと見てなかったんですが、VTRでアメリカ人の何とかいう博士が出て、「原爆を日本に落としたが謝罪はしない」と。

 その後、中継で筑紫が綾瀬はるか(アイドルタレント?全然知らん)を出して、原爆は怖い、戦争は怖い、とお決まりのパターン。

 が、ここからが「NEWS23」の真骨頂。

 VTRスタート…………

 ソ連の捕虜になり、その後中国に引き渡され、撫順戦犯管理所で6年間過ごしたという元日本兵の爺さんたちが登場。
 大河原孝一、綿貫好男、高橋哲郎、そして画家(自称?)の島亜壇。ググッたらすぐわかるけど、中帰連のメンバー。
 今回は島亜壇にスポットを当てた特集。

 爺さんたちは最近、撫順の戦犯管理所に行った。
 管理所で働いていた元職員たち(中国人)が、爺さんたちを出迎える。

 当時を振り返る爺さんたち。
 「日本軍の過去に犯したことを、俺はやらないとか、やったとか言う……」
 「最初は職員のことを『この野郎』と思っていたが、どうも様子がおかしい。御飯をたらふく食べさせてくれるし、処罰する様子も見えない」
 「我々(日本軍)が捕虜(中国兵)にそういう処遇をしたか?が、一歩ずつここでわかってきた」

 ナレーションが追い打ち。「中国側の人道的な扱いによって、彼らは『認罪』した」とか何とか。

 (私:なるほどね〜。そうやって中国共産党の洗脳にはまっちゃったのね。わかりやすぅ〜)

 爺さんたちは言う。「管理所の人も怒りがあったと思う」。

 日本軍に家族を殺されたという管理所の元女性職員がまくしたてる。「40年代から50年代までずっと仕返ししたい気持ちを持っていた!」
 別の元職員は「私のおじとおばは 日本軍に村民とともに銃で撃ち殺された。彼らがここに来た時、受け入れがたかった!」
 が、職員らは憎しみを出すことなく戦犯の管理にあたったのだそう。
 先ほどの元女性職員は「改心した日本人(爺さんらのこと)を今は憎んでいません」と。

 (私:あ〜、ほんとわかりやすすぎて力抜けちゃうんですけど……)
 
 歓迎式典で男性の元職員がスピーチ。
 「過去を忘れないことは、平和を愛し未来を切り開くことになるのです……」

 (私:首筋かゆいんですけど……もうチャンネル替えていいですか?(T^T))

 歓迎式典で島亜壇は涙を流した。その理由は……
 島らは1956年、起訴を免除され帰国。
 軍事裁判を受けた。が、金源・元所長(故人)が彼らの運命を変えた。
 「金先生のおかげで起訴を免れた」と金源の奥さんにお礼を言う島。

 金源は島に対し、「あなたはこの場所にいるべき立場の人間ではない」と言ったそう。「涙が出た」と島。
 島は中国の『許し』に報いるため、30点の作品を生涯をかけて描いた。
 (いずれの絵もモノクロで、「日本軍が中国人に残虐な行為を働いている」というシチュエーション)
 
 (私:中共にまんまと騙されてそんな陰惨な絵まで描いて……あ〜もう哀れすぎます……)

 ナレーションがまとめへ。「捕らえられ、罪を認め、生まれ変わったその土地に、島さんの絵が飾られた」。

 …………と、まあ、VTRはこんな感じでした。

 元日本兵が描いた「残虐な日本軍」の絵が飾られ、抗日記念館と化した撫順戦犯管理所。たまりませんな。
 ほんま強烈でしたわ。中国共産党に洗脳されて帰ってきた爺さんたちに、あることないこと延々と喋らせて。

 最初の方で、なぜアメリカ人に「原爆を落としたことは謝罪しない」と言わせたのか?
 その謎はこの直後に解けました。
 中帰連の爺さんたちのVTRが終わった後、筑紫がこうまとめたのです。

 「日本は中国に対して謝罪する必要はないと言う人たちがいる。謝罪する必要はないと言うなら、前の博士(アメリカ人)が謝罪しないのも許すと言うのか?」

 中国に謝ってる爺さん(日本人)を際立たせるために、謝らないアメリカ人をダシに使ったわけですな。
 んで、「日本人はアメリカ人のようになっちゃいけない。日本人よ、中国に謝ろう!!」って。
 何とまあ幼稚なやり方でしょうか。つーか、比較に無理がありすぎ。

 爺さんたちには本当に腹が立つけど(中国人に謝る前に、あんたらの反日的な言動で迷惑被ってる日本人に謝ってほしい)、あまり責めるのも酷かも。
 だって中国共産党はほんまきっついですから。アメとムチを使い分けた徹底した洗脳教育(オウムなんか目じゃない)にかかれば、私もどうなってしまうか……自信ありませんもん。

 この怒りは「純粋まっすぐ」な爺さんたちを利用した中国共産党及び、筑紫ら反日勢力に向けることにしますわ。

 でもこの特集の直後、「中国産のウナギ検査強化」てなニュースが流れて、笑っちゃったんですけどね(≧▽≦)

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 02:29 | TV番組内容紹介 | comments (11) | trackback (1)
コメント
60年前の話を持ってくるあたり、サヨクのネタの貧弱さを物語っていますね。「謝らない人間」の話ならば、つい最近の話を思い返すだけでも、領事館に損傷を与えて謝らなかった国とか、潜水艦で不法侵入して謝らなかった国とか、いろいろいい例があるでしょうに。w
Posted by あおい | URL | 05/07/28 03:36 | g2qTnHxw

「撫順戦犯管理所」などでは中国共産党が行ったのは「洗脳」か「教育」かが、保守と左翼の間で論争になりますが、中共は戦後数年間、日本人を即決の「人民裁判」で処置していたことを忘れてはいけません。これは「戦争犯罪」だけならともかく「資本主義幇助」まで犯罪とするというトンデモ「裁判」です。とらえた日本人を群衆の前に引き出し、「この男は○○の罪を犯した疑いがある。有罪か無罪か」と共産軍が叫び、群衆から「有罪!」の声が挙がれば銃殺か収容所ゆき、という光景が各地で繰り広げられました。その結果、3500名の日本人が処刑もしくは連行後に行方不明となっています。他の戦犯処刑者数は中国国民党によるものを含めても1000名弱ですから、いかに中共の裁判が杜撰かつ悲惨かがおわかりでしょう。
「撫順」で死刑判決が出なかったことはそれ以前の人民裁判という蛮行をカムフラージュするためでもあり、日本国内で「洗脳か教育か」と論争になっているのを見て中国はほくそ笑んでいるのではないでしょうか。
 
Posted by ISHII | URL | 05/07/28 06:33 | 87bGn8S.

生放送の安倍−加藤対論では安倍氏が
「アジアの国々が云々……」というナレーションに
「アジアではなくて、中国・韓国です。インドネシアもシンガポールも支持してくれています」と切り返していたのに、その後のVTRでは流れなかったようですね。

まあ、こんな小細工をしたところでネットでは即時にネタバレしてる訳ですが。
Posted by ふへ | URL | 05/07/28 09:37 | MYTe.Syo

マンガ嫌韓流の反日マスコミそのまんまなのが笑える・・・。
もうお前らのプロパガンダは通用しないんだよ、畜死。
Posted by さいたま | URL | 05/07/28 10:30 | CHMQFjvo

今度はリトルモアから8/10に中帰連のデムパ本(はっきりそう言わせてもらう)が出るらしいです。

「金子さんの戦争」

リトルモアはオサレ系な出版社ですが阿呆な本も出すんですね…

そうそう、著者は熊谷伸一郎。
「問答有用」の「クマ」といえば、わかる人にはわかるかと。
Posted by ふざけるなサヨども | URL | 05/07/28 10:32 | 7Wue3YjM

安倍晋三氏が

「アジアではなくて、中国・韓国です。」と切り返したのは
当然ですが、未だに中共と半島の言い分をアジアに
すり替えて騙せると思っている所に筑紫らの気違い
じみた馬鹿さ加減がありますな(ー_ーメ)

こんな小細工をすればするほど視聴者を敵に回す
という自覚すら無いのですな┐(´ー`)┌

視聴者ナメ切るのも大概にしてもらいたいものですな
(^_^X)
Posted by abusan | URL | 05/07/28 11:22 | 6LJzsORg

若者に人気のある国際問題などにあまり関心がなさそうなアイドルタレントを引っ張り出してきてその後しょうもない電波を流す。相変わらずやってることが汚い。
筑紫工作員はそろそろ日本から追放したほうがいい。
Posted by JIN | URL | 05/07/28 13:42 | hdn43tGo

ああ、なるほど。疑問氷解!!

前々から、中帰連がしている主張やその仕方は中国に似てるなあ、と思っていたんです。だって、「デモとお涙頂戴」で国を責めるだけで、自己努力の場面が全然見えてきません。いつまでたっても

「中国語しかできないのに日本で仕事が見つかるか」

ってな調子。帰国できた拉致被害者たちと違って、日本語を学ぶ努力をしている姿や、周りの住民に溶け込もうとする場面を、私はまだ見ていません。自己努力の姿がメディアによって伝わっていれば、国に対する損害補償訴訟の行方も変わっていただろうと思うのですが、全く論理的ではない中帰連のデモ行動などを見ていると、果たしてどの程度の自己努力の結果の訴訟なのか、甚だ疑問です。

つまり、彼らは筑紫工作員とその番組スタッフや朝(鮮)日(々)新聞に追加洗脳をされていたんですね。

ちなみに、筑紫の論法も、朝(鮮)日(々)新聞と全く同じで、「思い込み」→「証拠探し(こじつけ、捏造)」→「感情、イメージ、語気で同情を誘導」→「既成事実化」ってな具合なんですね〜。 ┐( -"-)┌ ヤレヤレ
Posted by 未定 | URL | 05/07/28 16:01 | a6R4Flz6

↓ 外務省〜〜、ちゃんと仕事しる!致命的だぞ〜!!!!!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050728-00000012-san-int

↓ なぜホテルは謝った?この程度で謝罪させるなら、中国は日本に800兆回ぐらい謝罪せにゃならんぞ。それにしても、この朝食件が気になる。誰か持ってませんか?

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050728-00000001-scn-int
Posted by 未定2 | URL | 05/07/28 16:08 | a6R4Flz6

「柔道(ユド)は朝鮮武術です」
米国柔道(ユド)協会
http://members.at.infoseek.co.jp/koreawatcher/docs/usyudo.htm
Posted by 半島は精神病棟 | URL | 05/07/28 19:58 | XB6w57aY

中韓をどうのこうのするより、日本国内の獅子身中の虫をどうにかするのが先なのは当然だと思ってたんですが・・・
河野しかり加藤しかり岡田しかり
当然古賀・野中・自見言うに及ばず
Posted by 七氏 | URL | 05/07/28 21:46 | 3RJlaGNs

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?83
トラックバック
★ 裁かれた無敵「蝗」軍 林博史『BC級戦犯裁判』岩波新書(新刊)
「通例の戦争犯罪」「人道に対する罪」で裁かれた、日本軍B・C級戦犯。この書は、保守的メディアにおける「BC級戦犯像」が、どれほど実像から隔たっているかをあきらかにしてくれる、待望の著作といえるでしょう。解毒剤としてお薦めしたい、一品です。● そもそも「BC級...
Posted by 書評日記  パペッティア通信 | 05/07/28 14:57