拉致事件で初の総連系団体強制捜査
 朝、寝ぼけ眼をこすりつつ『スパモニ』を見てました。
 永田議員のメール問題(衆院懲罰委員会での弁明)をやってる最中、渡辺宣嗣アナがかなり慌てた様子で、「いまニュースが入ってきました!」。
 何や何や?大きな事故か事件でもあったんかいな?Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)

 「原勅晃さん拉致事件で、警視庁公安部は、朝鮮総連関連施設や原さんの勤務先だった中華料理店などの一斉捜索に入ったそうです」

 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
 一気に目が覚めました!

続き▽
Posted by くっくり 23:46 | 拉致問題 | comments (17) | trackback (x)
拉致問題を総裁選の争点にすべき
 今日のメニュー。
 拉致問題。ポスト小泉。安倍包囲網。中国の分断作戦。盧武鉉。WBC。
 エントリー分けようかなとも思ったんですが、面倒だったので1つにしました。読みにくかったらすんません(いつものこと?(^_^;)。

 まずは拉致問題から。
 金正日が拉致を認めてから今日でちょうど3年半。
 ごく一部の拉致被害者とその家族が帰国しただけで、横田めぐみさんはじめ100名とも200名とも言われる残りの拉致被害者は放置されたままです。

 日本政府が北朝鮮に経済制裁を発動するタイミングはいくつもありました。
 最大のタイミングは一昨年12月、北朝鮮が横田めぐみさんの物だとして出してきた遺骨が偽物だと判明した時ではなかったでしょうか。
 (その時政府は「誠実な対応がなければ、厳しい対応を取らざるをえない」と制裁発動を示唆したのですが……)

続き▽
Posted by くっくり 00:23 | 拉致問題 | comments (34) | trackback (2)
日朝並行協議〜やはり今回も進展なし?
 今日は都合により、いつもより早い時刻にUPしております。

 最近、皇室典範関連のエントリーが続いたんですが、日朝協議の真っ最中でもありますし、今日は拉致問題をメインで……と思ったんですが、ここ1週間ほど皇室典範関連のニュースを追いかけすぎたせいか、頭のスイッチがなかなか切り替わりません(^_^;
 ニュースのチェックも甘いし、軽いアプローチしかできませんが、ちょこっと書かせていただきます。

続き▽
Posted by くっくり 21:19 | 拉致問題 | comments (5) | trackback (2)
警察「拉致、勝負の年」〜でも韓国は今年も金正日の味方
 拉致問題に動きがあったようなので、紹介しておきます。
 昨年10月に行われた朝鮮総連系団体の家宅捜索で名前が出た病院が、今回もまた登場しています。

続き▽
Posted by くっくり 22:18 | 拉致問題 | comments (3) | trackback (0)
国民大集会のレポをいただきました
 当ブログ&親サイト「くっくり通信」をいつもご贔屓いただいている樹姫さんから、12/22の国民大集会のご報告をいただきましたのでご紹介します。
 (太字強調は引用者σ(^^))

 くっくりさん、こんばんわ。
 先ほど日比谷の国民大集会から帰宅しました。
 いずれ他サイトでテキスト起しはされるでしょうから、感想など少しお伝えいたします。

 今回は、友達と二人。
 2時間ほど前の到着でしたが、整理券を発行してくれましたので、開場まで暖かいところで待つことができました。私は25番でした。全体で何人位参加なのかは、後ほどのニュースで流れると思いますが、櫻井さん司会で始まる頃には二階席とも埋まっていたと思います。

 今回はタイ、レバノン、韓国からも被害者家族が参加されていました。わかっているだけで12カ国に拉致被害者が判明しているようです。
 一番驚いたのは、安明進氏が、通訳を介さず、たどたどしいながらも、日本語で自分の考えを訴えていたことです。非常に危険な立場にいるであろうに、安明進氏の努力には感心いたしました。韓国被害者の会の代表の女性も日本語で、自国大統領の太陽政策を嘆いていました。

 拉致議連の議員達も、平沼さん、中川さんをはじめとして30人ほど参加。
 途中で帰る人もいましたが、200人もいる名前を連ねているだけの議員には、公務員ボーナスの中から1万円ずつでもカンパさせれば、家族会の飛行機代などすぐ調達できるものをと、腹が立ちました。

 中川大臣は、NGOの日本からの援助食料が北の市場で売られているのをテレビ番組で見て、今後ひとつぶの米も北には送らないと断言してくれ、会場大拍手でした。
 中山恭子さんは壇上ではなく会場席で紹介されました。
 西村議員についても一日も早い戦線復帰を望んでいることは、皆同調しておりました。

 最後に、救う会が北朝鮮に向けて発信している短波ラジオ放送「しおかぜ」で流している、家族達の呼びかけ文が、ひとりひとり、直に読み上げられました。会場の人達は皆、涙をぬぐいながら、聞きました。

 小泉さん!あなたも一度でいいから、「しおかぜ」の電波に載せて、北にいるめぐみさんたちに届くように、「必ず救い出します!」と言ってくださいよ。
 NEWS番組は全文を放送で流すべきです。国民の皆様が聞くことができるように。

 今は日本から電波を流すだけですが、次は北からの電波を受信できるように準備をしているようです。
 ぜひとも北に住まわされている被害者達が放送に応えて、なんらかの形で、受け取っていることを折り返し伝えてくれればと願います。

 横田滋さんは退院され、静養されているようです。いつかめぐみさんと再会できる日まで、身体を大切にしていただき、早紀江さんとともに抱きしめさせてあげたいと願うものです。
 地村さんのお父さんと、曽我ひとみさんも参加されていました。

 経済制裁発動を望む声が高まっているのに、小泉さんは足踏み状態で、北に甘くつけ込まれているばかり。使わない法律を作って満足しているようではね・・・

 荒木代表の発言に、会場大歓声!
 ・・・北がめぐみさんの偽遺骨を送ってくるなら、こちらは金正日を本物の遺骨にしてやるぞ!・・・・

 乱文ですが、取り急ぎ送ります。
 ではでは。~~~\(^ ^  )Ξ(  ^ ^)/~~~       樹姫

 樹姫さん、臨場感にあふれたレポートをありがとうございました。

 報道によれば、集まったのは約2000人だそうです。
 会場に入れない人がたくさん出た頃と比べれば、だいぶ人数は減ってしまったようですが(2003年5月7日の国民大集会には6000人の会場に1万人以上の人が集まった)、飽きっぽいと言われる日本人の中にあって、まだまだこうやって拉致問題に関心を抱き続けている方が大勢いらっしゃるのは、ある意味、奇跡的なことだと私は思います。

 今日、日テレ「ザ・ワイド」でこの集会の模様が伝えられました。
 短波ラジオ放送「しおかぜ」で流しているご家族のメッセージも、少しずつですがそれぞれ紹介されました。
 スタジオでは加藤タキさんが号泣されていました。私も涙が出ました。

 思えばこの一年、国連総会で初の北朝鮮非難決議が採択されたり、ジェンキンスさんの証言によりタイ人やルーマニア人の拉致の疑いが濃厚になったり、拉致問題進展の追い風になる出来事がたくさんありました。
 この風に乗って日本もぜひ経済制裁を……と思うのですが、たぶん小泉さんが首相の間は無理でしょうね(T^T)

 私も小泉さんには「必ず救い出します!」と言っていただきたいです。たとえ心の中では「すぐには無理かも」と思っていてもいい、とにかく公の場で「必ず救い出すから待っていて下さい!」と言葉にしてほしい。
 そうすれば国民の意識もより高まるし、国際社会も「日本はやる気があるんだ」と認識を新たにするでしょうし、北朝鮮への圧力にもなるでしょう。
 「殺されてもいい」と言って郵政解散を断行した小泉さん。拉致問題にもそれぐらいの心意気で取り組んで下さい。お願いします。

 横田滋さんはニュースなどではまだ入院中となっているようですが、そうですか、退院されて静養中ですか。少しだけ安心しました。

 毎年このシーズンになると思います。
 早く被害者皆さんが帰国されて、一家全員揃ってのクリスマスを、お正月を迎えさせてあげたい!と。
 来年もまた同じことを言うのは嫌です。一筋縄には行かないでしょうが、政府には何としても来年中の解決を目指していただきたいです。

※参考リンク
 ・しおかぜ通信
 北朝鮮におられる拉致被害者皆さんに向けての短波ラジオ放送「しおかぜ」のサイト。
 番組予定表や放送サンプルなどがあります。

※12/22国民大集会レポート
 ・Blue jewelさん:国民大集会速報
 ・話の花束さん:国民大集会 音声ファイルアップ
 ・話の花束さん:国民大集会より ご家族の訴えの声
 ・笹団子のひとりごと(LD版)さん:世界平和のために


・・・・・・細切れぼやき・・・・・・


天皇陛下の誕生日会見全文
戦後60年にあたって、過去の様々な事実が取り上げられ、人々に知られるようになりました。今後とも多くの人々の努力により、過去の事実についての知識が正しく継承され、将来に生かされることを願っています。

 ニュースでこの部分を聞いた夫が言いました。
 「これ、中国が怒ってくるんちゃうの?」……はぁ?
 「いや、『過去の事実についての知識が正しく継承され』たら、中国は困るやろ?」……あんた、深読みしすぎや(^_^;

 私は、以下のお言葉を特に嬉しく思いました。
ただ、高齢のサイパン島民には、かって日本の移住者が島民のために尽くしたことを今も大切に思っている人がいることはうれしいことでした。私どもが島民から温かく迎えられた陰には、かっての移住者の努力があったことと思われます。


ソウル大調査委「ES細胞論文はねつ造」黄教授辞意

 中間調査結果の段階でもう捏造という結論が出ちゃいました。
 韓国の国民は途方もない失望感と虚脱感に陥り、希望と期待感を寄せていた難病患者らは衝撃に包まれています。
 黄教授の研究を国家プロジェクトとして全面支援してきた韓国政府も苦しい立場に陥っています。
 どういうオチが待っているんでしょうか。まだまだ目が離せそうにありません。

 最新ニュースはこちらからどうぞ。
 ・Yahoo!ニュース>サイエンストピックス>幹細胞研究


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 00:37 | 拉致問題 | comments (10) | trackback (5)
拉致は「人の輸出入」!?
日朝交渉 再開合意へ 24、25日に政府間対話 拉致も並行協議
(前略)
 北朝鮮側は拉致事件について「解決済み」との姿勢を崩していないが、事前の調整で「北朝鮮は三つの作業部会設置を受諾する可能性が高い」(政府筋)との見方が広がっている。この場合、拉致事件をめぐる協議と並行して国交正常化交渉が再開される。

 ただ、安倍晋三官房長官は同日の会見で、拉致事件で生存者の帰国や真相究明、容疑者の引き渡しのほか、特定失踪(しっそう)者の情報提供などを求める考えを表明。「(拉致事件が)解決しない限り、日朝の(国交)正常化はない。『過去の清算』だけが進んでいくことは国民感情から言ってもあり得ない」と強調し、拉致事件解決を国交正常化の前提とする政府の姿勢は変わっていない。このため、それぞれの作業部会の進め方をめぐって協議が難航することも予想される。
(以下略)

 日本側から見れば「『過去の清算』だけが進んでいくことは国民感情から言ってもあり得ない」のですが、北朝鮮側から見れば「『拉致問題』だけが進んでいくことは朝鮮労働党の感情から言ってもあり得ない」のですよね。
 拉致問題を置き去りにして国交正常化交渉のみが進むことがないよう、今後も私たち国民は注視していかねばなりませんね。

 日朝交渉を前に、安倍官房長官は今日、拉致被害者家族らと昼食を共にしながら面談したとのこと。しっかりコミュニケーションを取ってくれているようです。
 この人が官房長官で本当に良かったと思う。前の長官や、前の前の長官はこういうケアはしてくれませんでしたから(T^T)

 ところで最近、とんでもないものを目にしました。ある掲示板経由で見つけた掲示板なんですが、こんなことをのたまってる人がいて、わたしゃ卒倒しそうになりました。
(太字強調は引用者σ(^^))

746.Re: 拉致というよりは
名前:長壁 満子 日付:12月20日(火) 12時0分
 人の輸出輸入でいいんでは。
 ところで、米国は、世界中に米軍という殺戮勤務隊を輸出してますわね。日本・韓国をはじめアジアはもちろんヨーロッパまで。世界各国に散らばる米軍の現役人員総数は、139万8833人。
http://stardust.cside1.com/light/light.cgi

 この発言に対して他の方から「人間として言ってはならない言葉を吐いていますね」てなツッコミが入りました。そしたら……

749.何で、いつまでも、分からないのでしょうか。
名前:長壁 満子 日付:12月20日(火) 12時44分
 今現在、だいたい、イラクで人殺しや臓器や眼球を摘出する戦争業務をやっている米国に加担する日本ですよ。
 その日本に税金を納めて、日本人として堂々と生きているのは誰ですか。
 惨い戦争を今も過去もやってきた帝国主義日本は、反省もせず、朝鮮人の強制連行=拉致、そして、拷問や過労死をさせてきた張本人が麻生を始めとした日本の権力者どもです。
 こうした見解をあわせもてば、私の文言は奇異でも何でありません。
 横田めぐみさんやさまざまな人が外国から来ていれば、いかに蛮国日本でも、米国でも、そうそう、戦争を仕掛けてこないでしょう。イラクのように、やられないでしょう。これが狙いです。腐れ脳みそを一度、大掃除しましょう。
http://stardust.cside1.com/light/light.cgi

 ( ゚Д゚) ハァ?あなたもその日本に税金を納めて、日本人として堂々と生きているのでは?
 「イラク」「人殺しの米国」「帝国主義日本」「強制連行」「麻生を始めとした日本の権力者ども」「蛮国日本」てな文言が出てる時点で、もうこの人の思想体系は読めるんですが、いちおう次の投稿も見てみますと……

750.天に唾
名前:長壁 満子 日付:12月20日(火) 12時56分
 人間としていってはならないことをいい続けてきているのは、あなた方です。
 イラク人を20万人殺している責任のかけらも感じない冷酷さ、おぞましさ。
 過去も今も、殺す側にいることの自覚もなく、つくる会の戦争教科書に加担し続ける無知な人に、私は同情しません。
 地村さんには、人間的な感性を感じています。
 信頼・同情というのは共感で成り立つものです。
 少しは進歩しませんか。痴呆的な障害がある方ばかりではないと思うのですが。
http://stardust.cside1.com/light/light.cgi

 何の脈絡もなく「つくる会」まで登場(^_^;
 ちなみに長壁さんは共産党員で、金融関係のお仕事をされていて、16歳の息子さんがいるそうです。また朝日新聞の熱烈読者のようで、よく投稿に引用されてます。
 さらに読み進めると……

681.ネコでも分かる戦争渦中
名前:長壁 満子 日付:12月12日(月) 9時41分
(前略)
それと、ヨーキーさん、私は生活保護基準以下の生活をしています。いわば借金生活です。そんな私が、掲示板から退こうにも退けない、切羽詰った状況であることこそが戦争中だということです。お分かりですか。
(以下略)

 私の知人にも生活保護基準以下で借金生活してる人がいますが(私も金貸してる。はよ返してほしい)、ネットなんかしてる余裕ないですよ。朝から夜中まで働きづめ。
 平日の真っ昼間からネットできるなんて、長壁さんってえらく金銭的余裕&時間的余裕があるなあ。

 この人は遠くに住むイラク人のことは身近に感じるのに、同じ日本人である拉致被害者のことは全く身近に感じていません。イデオロギーというフィルターを通してしか、拉致問題を見ることができないのでしょう。

 もし横田めぐみさんを拉致したのが北朝鮮でなくてアメリカだったとしたら、この人はきっとすごい剣幕でアメリカを非難し、「めぐみさんを返せ!」と大声で叫ぶことでしょう。
 相手がアメリカではなく北朝鮮だからそれをしないのです。

 この人には息子さんがいるんだから、「もし私の息子が拉致されたら?」という想像は容易にできるはずなのに、それができない。
 人としての普通の想像力さえ奪い去ってしまう、イデオロギー・フィルターの恐ろしさ。

 こういうねじれた考え方の人って、残念なことに日本人の中にも少なからずいますね。
 彼らは全く次元の異なる理由(“強制連行”など)をくっつけて北朝鮮の犯行を正当化しようとしますが、はっきり言って頭悪すぎ。
 拉致は犯罪。拉致は非人道的。悪いもんは悪い。イデオロギーを挟む余地はない。左も右も関係ない。

 先週の大阪に続き、今夜は東京で国民大集会がありました。
 タイ、レバノンの失跡女性の家族らも参加されたそうです。もはや拉致問題は日本、韓国だけのものではありません。
 入院中の横田滋さんに代わって、田口八重子さんの兄・飯塚繁雄さんが次のようなあいさつをされたそうです。

「横田代表は過酷な活動で体調を崩した。家族も年を取り、我慢の限界はとっくに過ぎた。日朝間の交渉が長引けば北朝鮮の思うつぼだ。『ごめんなさい、全員返します』と言うまで、強い態度で当たり、解決につなげたい」

 北朝鮮に「ごめんなさい、全員返します」と言わせるための第一歩として、やはり経済制裁は外せないのではないでしょうか。物理的な効果があるかどうか以前に、まず日本が国家としての意思を、怒りを北朝鮮と国際社会に明確に示す必要があると私は思います。

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 23:46 | 拉致問題 | comments (13) | trackback (3)
青山氏の有本恵子さん拉致事件レポート(後編)
 関西テレビ「2時ワクッ!」、月曜は青山繁晴氏がレギュラー出演。
 先週に引き続き、有本恵子さん拉致事件の特集。
先週分(前編)はこちら。
 先週はビデオ録画ができず、ずさんな概要説明でしたが、今回はかなりまともです。
 ただ、金丸訪朝の画像はテレビからそのまま撮影したものなので、粗くてすみません。
 (有本恵子さん拉致事件の詳細はこちら(電脳補完録さん)をご覧下さい)

続き▽
Posted by くっくり 18:33 | 拉致問題 | comments (7) | trackback (3)
青山氏の拉致事件レポート&眞悟さんついに逮捕
 関西テレビ「2時ワクッ!」、月曜は青山繁晴氏がレギュラー出演。
 今日は有本恵子さん拉致事件の特集をやってました。
 概要をざっとですが書き起こしておきます。
(有本恵子さん拉致事件の詳細はこちら(電脳補完録さん)をご覧下さい)

・・・・・・・・・・・・・

青山氏
「私と恵子ちゃんとは偶然にも同じ幼稚園出身なんです。恵子ちゃんは私より7歳年下。今は横田めぐみさんがシンボルになっているが、もともとは有本恵子さんがシンボル的存在だった。最初に実名出した。また実行犯もわかってる」

 VTRスタート。

 神戸長田教会(旧長田幼稚園)を訪ねる青山氏。ここは有本恵子さんが卒園した幼稚園。青山氏も卒園生。幼稚園の佇まいは昔と何も変わっていない。
 その後、青山氏は有本恵子さんの実家へ。ご両親と対面。部屋には恵子さんの写真や、支援者から贈られた千羽鶴などが。

有本嘉代子さん(恵子さんの母)
「恵子は大人しい子でした。人の後ろに隠れてるような子」

青山氏
「初めて親に逆らったのがイギリス留学だったわけですね」

 恵子さんから「仕事が見つかる 帰国遅れる」という電報が届いた。その後消息を絶つ。
 5年後、北海道に住む石岡亨さんの親御さんから有本家に電話が入る。「息子から手紙が来た。有本さんの名前がある」と。有本恵子さんと松木薫さんと3人で平壌で元気に暮らしているという内容だった。

有本嘉代子さん
「最初は、『生きてた、よかった』と思いました」

 有本さんに手紙のコピーを見せてもらう青山氏。手紙は不思議な点ばかり。
 ポーランドの切手が貼ってある。紙がなかったらしく保険証書に文字を書いている。写真も貼って。

青山氏
「字から伝わってくるものが凄まじい。『日本の皆さん助けてくれ』と。これはみんな見るべきだと思う。何気ないように見える封筒の宛先にすら、それを感じる。日本に向けて一生懸命書いている。僕らに『助けてくれ』と恵子ちゃんが言っている。貼られている写真は20歳の頃と面変わりしているが、一生懸命元気な姿を見せようと笑顔を作っている。ショックを受けた」

 1987年金賢姫が日本人教師に言及。日本人拉致は間違いないと。
 北朝鮮で娘が生きていると知った一本の電話。が、ここから長い苦難の道が始まった。

<社会党>

有本嘉代子さん
「石岡さんが電話してきて第一声に言われたのは、『社会党の議員さんを知りませんか。北朝鮮と太いパイプあるのは社会党だけだから』と。石岡さんはその日のうちに北海道の社会党に行ったらしいです。というのは、午前に石岡さんからその電話があって、午後に北海道の社会党からうちに電話があったんです。『石岡さんから電話があったでしょ。絶対にこのことは口外しないで下さい』と言われました

青山氏
「それは朝鮮労働党じゃなくて日本社会党が言ってきたと。信じられないことですね。……今日は本当の話をしましょうね。遠慮せずに(笑)」

<警察庁>

有本嘉代子さん
「その後、安倍晋太郎さんの事務所の飯塚秘書に相談したら、警察庁に連れてったげると。それで警察で1時間、一部始終の話をしました。が、『外国で起こったことだから警察ではどうすることもできない』と。それで飯塚秘書が、外務省に連れてったげると、ずっと回ってくれました」

青山氏
「警察は外務省に連絡もせずにそう言ったと」

<外務省>

有本嘉代子さん
外務省の人が出てきて、『国交がないから』と言われて、それでもう引っ込まれてしまった。5分ぐらいしか会わなかったです

青山氏
「お父さん、税金返せと思ったでしょ?(笑)」
(苦笑する明弘さん。ちなみに今回、明弘さんはほとんど喋らず)

 手紙に対する疑問が解きほぐされたのはだいぶ後のこと。

有本嘉代子さん
「子供の写真がどうもわからなくて、松木さんの小さい頃の写真だと思ってたんです。でも何で松木さんだけ子供時代の写真なんだろう?と。肌身離さず持ってたのかな?と。あとになってわかったのは、恵子と石岡さんが結婚してて、二人の子供だったんですね」

青山氏
「間違いなく二人と子供さんは健在であると」

 VTR終わり。以下スタジオトーク。

山本浩之(関西テレビアナ)
「今まで知らなかった部分、報道されなかった部分がいっぱいあって驚いた」

青山氏
「ちょっと(今は?)話せないですけどね。私もある程度のこと知ってましたが、お父さん・お母さんの話を聞くと、もっといろいろわかった。例えば外務省のこと。たぶん対応に出てきたのは課長か課長補佐だと思うが、僕らと同じ日本国民、庶民がどんな扱いを受けたか。手紙が来てから17年。お二人は社会党の土井たか子事務所に行って、やっぱり『そんなこと言わない方がいい』と言われてるんです。取り返すために私たちが何をすればいいかを含めて、来週また見ていただこうと思います。お父さん・お母さん、本当のことを喋ってくれてますから」

・・・・・・・・・・・・・

 この続き(1997年以降の話)は来週やってくれるそうです。関西の皆さんは要チェック。
 拉致解決妨害に貢献した野中広務、河野洋平、中山正暉、朝日新聞、このあたりにも言及してくれると嬉しい。
【追記12/5】続きをUPしました。
青山氏の有本恵子さん拉致事件レポート(後編)


 話は変わりますが、拉致問題と言えばこの人を外すことはできません。
 西村眞悟衆議院議員。今日ついに逮捕されてしまいました。残念です。

西村衆院議員を逮捕 名義貸しの弁護士法違反

 最初は「元職員が西村議員の名を不正使用」といった報道だったし、本人も「全く知らなかった」と言ってたし、元職員が逮捕された当日(先々週の金曜日)の『たかじんのそこまで言って委員会』の録りにも来てたし、私も本気で潔白を信じてたんですけどね。それだけにガッカリしています。
 が、熱烈な支持者さんはもっとショック受けてるでしょうなぁ。

 もう何年も前ですが、支持者らしき方から「私このたび西村さんの選挙区である堺市に住民票を移しました。くっくりさんもいかがですか?」みたいなメールが来て、びっくりしたことがあります。「そこまでやるか〜」と正直かなり引いてしまいました(^_^;
 また別の方々なんですが、「講演会に来ませんか」とか「西村先生と一緒に靖国参拝に行きませんか」てなお誘いのメールをいただいたこともありました。
 皆さん、今頃さぞや落胆してらっしゃることでしょう……。

 それ以上にお気の毒なのは家族会の皆さんです。
 野党とはいえ国会議員でここまで親身になってくれる人は、他にほとんどいなかったと思うから。

 ・西村議員逮捕 「大変なこと」拉致被害者家族会

 犯罪は犯罪でありもはや擁護する余地は全くないんですが、ただ、この人の拉致問題にかける熱意は本物だったと思います。
 『TVタックル』や『たかじんのそこまで言って委員会』などで、隙を見ては何とか話を拉致問題に持っていこうとする、あの意気込みには感服したものです。
 そしてこの夏、炎天下で3日間に渡って行われた北朝鮮への経済制裁を求める座り込み。国会議員の中で3日間とも顔を見せたのはこの人だけでした。

 今のところ議員を辞める気はないとのことですが、ここはもうスパッと辞めて、別の方面から拉致問題に取り組まれた方がいいのではないでしょうか。
 例えば拉致問題にまつわる暴露本出版とか(^_^;。議員の身分では話せなかった裏話とかいろいろあると思うんですが、いかがでしょう。

 横田滋さんは「拉致問題だけでなく日本のことを真剣に考えている数少ない政治家の一人。政治家として信用している。刑事上の責任はどうなるか分からないが、今後も政治家として頑張ってほしい」とおっしゃっているようですが、“容疑者”が政治家の立場で拉致問題に取り組むことは、家族会にとってはかえってマイナスになるのではないでしょうか。

 そうそう、昨日の『たかじんのそこまで言って委員会』で、核武装に議論が及んだ時、三宅久之さんがこんなこと言ってました(例によって大意)。
 「日本が核武装について論議すること自体がカードになる。だから、今寄ってたかって潰そうとしてるけど、西村眞悟のような人に、もっと核武装について喋らせればいいんですよ」

 ちなみに眞悟さんの名前のところは『ピー』扱いになってました。何も伏せ字にしなくても……。
 番組の収録に行った人によれば、事件に関する話題は出たけども、放送はされなかったとのことです(2ちゃんねるソース)。
 逮捕されるかどうか?という微妙な時期だっただけに、局側も扱いに困ったんでしょうね。まあでももう逮捕されましたから、次回は何らかの形で取り上げられるんじゃないでしょうか。

 今日の『ムーブ!』はこんな感じでした。
 宮崎哲弥さんは「本人は違法性の認識があったのかなあ。僕は直前まで会ってて、本人に『お金の流れはどうなってるの?』と聞いたら、『わからん。いま調査中です』と言ってて、本人は認識がなさそうに見えた」。
 勝谷誠彦さんは「西村さんは拉致問題に一生懸命取り組んでいたが、拉致問題の運動そのものまでそのような目で見られてはならない。平沼さんが自民党から離党になったり、西村さんが逮捕されたり、最近いろいろあるが、どうか運動にマイナスにならないようにしてほしい」。
 最後に宮崎さんが「私は西村さんを友人だと思っています。友人として諫言したいのは、潔く議員を辞めることをお願いしたい」とカメラ目線で訴えかけてました。

 また『ちちんぷいぷい』では、解説の石田デスクが「本来は形式犯では逮捕されない。それが逮捕されたということは、示談の中味、例えば鈴木容疑者がゆすりなど悪質なことをしたのでは?」というようなことを言ってました。

 とにかく眞悟さんには事実関係をきちっと明らかにしてもらって、けじめをつけてもらいたいと思います。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 19:08 | 拉致問題 | comments (19) | trackback (5)
拉致問題〜風は日本に吹いている
1年ぶり日朝対話、「拉致」全容解明要求…4日も続行

 政府間協議が約1年ぶりに再開。
 でも1日目の今日は互いの主張を言い合っただけっぽいですね。
 明日以降に注目しましょう。

 ところで、これ、テレ朝のスクープらしいんですが↓

スクープ!めぐみさんの"夫"も韓国人の拉致被害者
 拉致被害者・横田めぐみさんの夫とされるキム・チョルジュン氏も拉致された韓国人であると、複数の関係者が話していることが明らかになりました。

 キム・チョルジュン氏は、去年11月の日朝実務者協議の際に姿を見せ、当時の日本政府代表団と面会しています。日朝関係者はANNの取材に対して、「北朝鮮高官から『キム・チョルジュン氏が韓国人である』と聞かされた」としています。また、別の家族会関係者によると、キム・チョルジュン氏は韓国から拉致された被害者で、名前についても偽名だということです。キム・チョルジュン氏は日本政府代表団との面談の際に、「工作員である」という理由で、写真など身元確認につながるものの提供を一切、拒否しています。
 横田滋さん:「どこの国の人であっても、めぐみが強制的にかもしれないが、一緒に生活した人で、今でもキム・ヘギョンさんを育ててくれているので、感謝しないといけない」
 北朝鮮による韓国人の拉致被害者については、500人近くに上るとみられています。しかし、キム・チョルジュン氏の顔写真や実名が明らかになっていないため、被害者のなかに該当者がいるかどうかは確認されていません。
[3日19時2分更新]

 北朝鮮の高官が言ってたってだけならマユツバですが、家族会関係者(帰国した拉致被害者?)も言っていたとなると、それなりに信憑性はある?

 ↓蓮池さん夫妻と地村さん夫妻の新たな証言。

横田めぐみさんら6人が集団生活していた集落に別の日本人男性2人がいた可能性
北朝鮮に拉致された横田めぐみさんら6人が集団生活をしていた集落に、別の日本人男性2人がいた可能性があることが、蓮池薫さん夫妻らの証言で明らかになった。
北朝鮮に拉致された蓮池さんや地村さん夫妻、横田めぐみさんら6人は、工作員教育のためにピョンヤン郊外の集落で、一時集団生活を送っていたが、蓮池薫さんは、この集落について、「工作員村で日本人らしい小太りの中年男性がいた」と証言していたという。
また地村さん夫妻も、「中華料理を作るのが上手な料理人がいた」と周辺に話していて、家族会は、大阪の中華料理店で働いていた拉致被害者の原敕晁(ただあき)さんの可能性があるとみている。
家族会は、北朝鮮が認めていない拉致被害者が、ほかにもいる可能性が高いとして、拉致事件の真相解明を強く求めていくことにしている。
[3日18時35分更新]

 ↓タイ政府も動き出しました。きっかけは曽我ひとみさんの夫・ジェンキンスさんの著書。

北朝鮮拉致疑惑 タイも調査へ
ジェンキンスさんは、最近出版した著書の中で、“アノーチェ・パンジョイさん”というタイ人の女性が拉致被害者の中にいて、別のアメリカ人脱走兵と結婚させられていたと指摘しています。この問題が、タイの地元紙に女性の写真とともに掲載され、これを見た北部チェンマイに住む男性が「行方不明になっていたおばである可能性が高い」と、2日、名のり出ました。この男性によりますと、アノーチェさんは70年代後半、香港で働いていましたが、「マカオにいる」と伝える手紙を送ってきたあと、行方がわからなくなっていました。本の中の女性の名前がおばと一致し、また写真の女性の容姿が似通っているとして名のり出たということです。これを受けて、タイのタクシン首相は3日記者会見し、「それが真実で、女性がまだ北朝鮮にいるのであれば、帰国できるよう北朝鮮側と交渉する用意がある」と述べました。またタイ外務省も、日本の外務省や拉致被害者の家族会と連絡を取りながら調査を進める方針です。タイは北朝鮮と国交があり、これまでにタイ人が北朝鮮に拉致されたというケースは確認されていません。

 何やかんやと批判されることが多いジェンキンスさんですが、著書がこういう形で役に立ったのは良かったと思います。
 今後もさまざまな形で拉致問題解決のために貢献してくれることを望みます。

 ↓アメリカも日本を側面支援。

米デトラニ大使「拉致解決が重要」と日本を側面支援
 6カ国協議を担当するアメリカのデトラニ大使は、「拉致問題の解決がない限り、北朝鮮はテロ支援国家リストから外れることはない」との認識を示しました。

 デトラニ米大使:「拉致問題は、速やかに解決されなければならない問題だ。そうすれば、米政府は北朝鮮をテロ支援国家リストから外すだろう」
 デトラニ大使は、核問題と並んで、拉致問題の解決が日米双方にとって重要だと強調したうえで、拉致問題が解決しない限り、北朝鮮がテロ支援国家リストから外れることはないとの認識を強調しました。北朝鮮は、アメリカのテロ支援国家リストに載っている限り、国際機関などからの経済援助は受けられません。3日から始まる日朝協議を、アメリカが側面から支援することが狙いとみられています。
[3日12時8分更新]

 ↓先日もお伝えしたように、国連も動いてます。

EU、北朝鮮非難決議案を国連総会に初提出
 【ニューヨーク=白川義和】欧州連合(EU)は2日、拉致問題など北朝鮮の人権状況を非難する決議案を国連総会第3委員会(人権)に提出した。

 日本と米国も共同提案国となった。同委員会で採択されれば、国連総会本会議に上程される。

 EU提案の北朝鮮非難決議はジュネーブの国連人権委員会で3年連続で採択されているが、事態が改善されていないとして国連総会に初めて提出された。53か国加盟の人権委員会ではなく、国連加盟全191か国が集う総会で採択されれば、より強力な国際社会のメッセージとなる。

 決議案は「外国人拉致問題」が未解決である点への「深刻な懸念」を表明。拉致被害者の早期帰国実現など「明白な形での即時解決」を求めた今年4月の人権委員会決議の勧告の履行を求めている。また、強制収容所や女性の人身売買、北朝鮮に送還された脱北者への虐待も問題として指摘、「組織的、広範で深刻な人権侵害」と非難している。

 EUは執行機関の欧州委員会が2001年に北朝鮮と外交関係を樹立後、「人権対話」を始めたが、進展がなく、態度を硬化させている。一方、北朝鮮は国連人権委員会の特別報告者の入国を認めず、調査への協力を拒否。第3委員会でもEUの動きに反発する発言を繰り返している。
(読売新聞) - 11月3日19時28分更新

 風はいま日本に吹いている。北朝鮮はどんどん追いつめられている。
 いま解決せずにいつ解決するねん。頑張れ斎木審議官!頑張れ日本政府!

 このタイミングで「経済制裁発動」に言及したら、かなりの効果があると思うんですけどね。
 (今回の協議で北朝鮮が譲歩しない場合は制裁発動すると明言するとか……)
 小泉首相、政治決断してくれんかねぇ。

 ……以下、おまけというか何というか。

2003年夏に中国から北朝鮮に渡った31歳女性が日本に帰国し記者会見に臨む
2003年8月に北朝鮮へ亡命し、その後日本への帰国を求めていた大阪市の元飲食店員、北川和美さんが3日午後、新潟空港に到着し、記者会見に臨んだ。
3日午後5時すぎに新潟空港で会見した北川さんは「今回のわたしの問題では、日本政府、国民の皆さま、また北朝鮮政府の方々には、大変ご迷惑をおかけしました。深く反省しています」と話した。
3日、突然、自ら北朝鮮へ渡った1人の女性が、日本へ帰国した。
大阪市の元飲食店員、北川和美さん(31)は「日本が恋しくて、帰りたくなりました。今後は、ゆっくりと考えながら、ちゃんと生活できるように頑張りたいと思います」と話した。
北朝鮮側は、ラジオ放送を通じ「人道的見地から北川さんを送還した」と伝えている。
平壌放送は「北川は帰国に先立ち、国境を侵犯した自らの行為を深く反省して謝罪し、わが共和国政府の温かい待遇と寛大な処分に謝意を表した」としている。
北川さんの帰還の意味について、早稲田大学の重村教授は「なぜ帰したかというと、北朝鮮にはもう利用価値がなくなった。帰すタイミングをどうしようと、一番効果があるタイミングでしようということで、日朝対話が行われる日と同じ日に合わせて帰すと」と分析した。
[3日19時31分更新]

 『報ステ』で会見の模様をやってたので見たんですが、北川和美は「北朝鮮では人道的に扱ってもらった」「何不自由なく暮らした」と言っていました。

 元日経新聞記者で、北朝鮮を観光中にスパイ容疑で拘束され、1999年12月から2002月まで抑留されていた杉嶋岑さんが言うには、「人道的に」「何不自由なく」、こういった言葉は北朝鮮が『会見する立場の人』に要求するキーワードなんだそうです。

 杉嶋さんは、北朝鮮側から「悪口やここ(北朝鮮)で起こったことは言うな」と言われ、「1ヶ月以内にこの世から消えた人もいる」と脅しをかけられたそうです。
 また、帰国して半年ぐらいは尾行があったり、いろんな形で見張っているというシグナルがあったとも。

 北川和美の支援者(都内の芸能プロダクション関係者とのこと。なぜ芸能プロが関わってるの?今後、北川和美を芸能界で売り出そうってこと?)は「日本政府は一切関与していない」と言ってるそうです。
 が、日本政府が北朝鮮にお金を渡して返してもらったと考えるのが普通でしょう。北川さん、北での滞在費はきっちり自分で働いて返して下さいね(-.-#)!

 北川和美はまた、「日本のマスコミでうるさく騒いでいることがありますが、北朝鮮の方々が助けてくれました。とても感謝しております」とも言ってました。
 「うるさい日本のマスコミ」の筆頭は、当然テレ朝でしょうな。『ワイスク』では、私が見ただけでもこれまで2回、平壌に行って北川和美のインタビューとってましたから。

 それにしても、北朝鮮のやり方にはほんまむかつきますな。
 好きで北朝鮮に来た人間はノシつけて返すくせに、拉致した人間は一向に返さない。「人道的」が聞いて呆れる。

※参考サイト:電脳補完録さん
 以上のニュースついての詳細なまとめがあります。写真や図入りで非常にわかりやすいです。


・・・・・・細切れぼやき・・・・・


韓国「自国産キムチからも寄生虫の卵」、日本にも輸出
 韓国では先月、中国産キムチから寄生虫の卵が検出されたばかりで、同庁はこの時、「韓国産からは見つからなかった」と安全性を強調していた。同庁は記者会見で「国民に不安を与え、申し訳ない」と謝罪した。

 大笑い!(≧▽≦)さんざん中国を責めておいて、「韓国でも見つかりました。申し訳ない」ですもん。
 って、笑ってばかりもいられないんですよね。日本にも輸出されてるらしいから。
 私もキムチは好きでちょくちょく食べるんですが……、日本産しか食べてないはず。ちょっと怖いなぁ。しばらく控えようか。


朝日社説:安倍人気 首相候補への試金石
(前略)

 私たちは、政治家が信念に基づいて発言をするのが悪いとは思わない。だが、これはバランスを失していないかと首をかしげたくなる発言も目につく。

 この春のシンポジウムで、政府や自治体が推進する男女共同参画をめぐり「家族を破壊する」と行き過ぎを批判するなかで、カンボジアで大虐殺をしたポル・ポトになぞらえたのもその例だ。

 保守的な価値を主張するのはいいとしても、次代のリーダーとして危うさを指摘する声は自民党内でも少なくない。

 官房長官といえば、「内閣の顔」である。その発言は常に政府の方針と重ね合わせて受け止められる。内政、外交ともにこれまでとは比較にならない責任と配慮が求められる。

 安倍新長官は就任後の記者会見で、靖国参拝に対する中韓両国の反発について「心情的には十分理解できる」と語った。新しく担うことになった役割の重さを自覚した表れとすれば歓迎したい。

 この重責を果たせるかどうか。それが将来への試金石になる。

 麻生さんの「創始改名」発言叩きに続いて、今度は安倍さんの発言叩き。
 でもポル・ポトになぞらえた安倍さんの発言、私は全然知りませんでした。
 どうやら↓これらしいです。

 「家族破壊」を招くジェンダーフリー 過激性教育など安倍晋三氏が批判/「ポル・ポトを連想する」
 私はカンボジアで大虐殺を行ったポル・ポトを思い出す。彼らは社会改革を行うにあたって、家族を破壊する、夫婦を破壊する…。これはある意味、共産主義思想にのっとっていたわけだが、そのために子供を使う。お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんを告発させる、糾弾させる…。
 家族を崩壊させるという意味において、お父さん、お母さん、おじいさん、おばあさんに対する愛情を断ち切っていくという行為において、同じようなことが今、日本の学校で行われているということは極めて大変な問題だ。

 朝日はポル・ポトにはトラウマ持ってるはずなんですけどね(こちらのHPの真ん中の辺り、「ポルポト派は優しい」の項を参照)。
 それをわざわざ出してきてまで安倍さんを叩く勇気には、ある意味感動!?

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:04 | 拉致問題 | comments (8) | trackback (2)
北朝鮮「柔軟姿勢」の狙いは?
 今日は夕方から夜にかけて「楽天がTBSに経営統合申し入れ」のニュース一色でしたね。おかげで全然目立ってないけど今日、北朝鮮側がこんなこと言ってました。

北、「遺骨」返還で柔軟姿勢 鑑定説明聞く用意
 北朝鮮の宋日昊(ソンイルホ)外務省アジア局副局長は13日、日朝政府間協議再開を前に平壌市内で共同通信と会見、別人のものと鑑定された拉致被害者、横田めぐみさんの「遺骨」について、日本政府が返還できないなら、鑑定調査の詳細などの説明を聞く用意があるとの柔軟姿勢を示した。小泉純一郎首相が3回目の訪朝を希望するなら歓迎する意向も表明。拉致問題で手詰まり状態の日朝関係の局面打開を探り、政府間協議を国交正常化交渉につなげたいとの判断があるとみられる。

 昨年11月の第3回日朝実務者協議以降、日朝関係の実務責任者である宋副局長が日本メディアと会見するのは初めて。政府間協議の時期、場所については、当初「10月中旬に平壌で」と日本側に伝えたが「まだ決まっていない」とした。

 北朝鮮は日本側に対し、これまで「遺骨」の返還を強く要求、鑑定結果を「でっち上げ」として、真相究明や責任者処罰を求め協議に応じてこなかったが、宋副局長は「もし遺骨を返還できないなら、現在の保管状態、鑑定調査の真相について明白にしなければならない」と述べた。

 協議に臨む北朝鮮の姿勢について「(日朝)平壌宣言の履行に役立ち関係改善のためならば、提起されるあらゆる問題を協議しようとの考えだ」とし、核やミサイル、拉致問題も議題として排除しない立場を表明。一方で、平壌宣言の基本精神は植民地支配に伴う日本の「過去清算」とし、最優先で解決を求める考えも強調した。

 また「小泉首相はもちろん、誰であれ関係改善のための歩みならば、(訪朝は)良いことだ」と語った。

 退任した鄭泰和(チョンテファ)氏の後任の日朝国交正常化交渉担当大使の任命に関しては回答を避けたが、宋副局長自身が大使に就任するとの見方もある。(共同)

(10/13 20:40)

 以下の記事(9/23付)と比べてみましょう。

拉致問題調査に応じず 北朝鮮の前担当大使
 【平壌23日共同】北朝鮮の鄭泰和(チョンテファ)・前日朝国交正常化交渉担当大使(朝日交流協会常任顧問)は23日、平壌市内で共同通信などと会見し、日本人拉致問題について2回にわたる日朝首脳会談で「完全に解決した」との認識を示し、横田めぐみさんの「遺骨」返還問題を除き、今後は調査や証拠提供に一切応じないと言明した。日朝政府間協議の時期は「10月でもよい」と述べ、日本側が求める10月開催を受け入れる意向を示した。
 日朝両国が合意した政府間協議再開を前に、拉致問題での北朝鮮側の原則的立場を強調し、日本側をけん制する狙いとみられる。
 鄭氏は、日朝間の懸案は拉致問題でなく、植民地支配に伴う日本の「過去清算だ」と主張。
(共同通信) - 9月23日20時57分更新

 この変わり様はいったい……?!(「過去清算」を強調してるところは一緒ですが)
 日本と違って北朝鮮は独裁国家。担当者が変わったからといって(宋日昊が後任に決定したわけじゃないけど)、金正日の許可なしに方針が転換するってことはまずないはず。
 ってことは……??

 「3回目の訪朝」に言及してることが引っかかりますね。
 もしかしてまた私たちの与り知らぬところで、小泉首相訪朝のお膳立てが出来つつあるのでしょうか。

 今の小泉くんが拉致問題に意欲があるとはとても思えない。
 去年の2回目の訪朝時と違って、「支持率上げたい」という状況でもない(2回目の訪朝は「参院選前で支持率を上げたい狙いがあった」とされている)。
 この状況でもし3回目の訪朝があったとしたら……。
 もう拉致問題は完全に置き去りで、来年9月の総裁任期切れを前に外交で名前を残すチャ〜ンスってことで、本気で日朝国交正常化を押し進めるためのものとなるのでは?

 ただ、北朝鮮は正常化と同時に日米分断を企図しているのも明らかですから、親米の小泉くんがほいほいとそれに乗っかるとも思えないんですが……。
 でもな〜何せサプライズな人ですから。自民党圧勝の勢いに乗って行っちゃうのかも?

 10/6の衆院拉致問題特別委員会で、町村外相が↓こんな発言してるのも気になる。

首相訪朝「可能性排除しない」=条件整備が必要−町村外相
 松木氏は「北朝鮮はトップダウンの国だ。拉致問題は日本の首相が北朝鮮や第三国などで金正日総書記と会わないと次の動きは出てこない」と述べ、首相訪朝に関する外相の見解をただした。
 これに対して、外相は「それまで全く存在すら否定していた拉致問題を(2002年9月の)小泉訪朝の時、(北朝鮮は)初めて認めた。トップ会談は大変大きな成果を上げる可能性がある」と指摘。その上で「将来、可能性がないと言う積極的な理由はない。むしろ(条件が整えば)当然あると言った方がいい。必要な条件整備はやらなければいけない」と語った。

 あと、昨日は↓こういうニュースもあったんです。

国連総会に人権非難決議案 EU、初めて北朝鮮名指し
 【ニューヨーク11日共同】北朝鮮の人権状況改善を促すため、欧州連合(EU)が国連総会第3委員会(人権)に北朝鮮非難決議案を提出することを決め、最終案文などをめぐり、日米韓など関係国と近く本格調整に入ることが11日、分かった。北朝鮮を名指しした人権非難決議案が総会に提出されるのは初めてで、日本人拉致問題の早期解決要求も盛り込まれる見通し。欧州の国連外交筋が明らかにした。
 北朝鮮非難決議は、ジュネーブの国連人権委員会(53カ国)で2003年から3年連続で採択されているが、国連加盟191カ国から成る総会決議は法的拘束力はないものの国際社会の意思表示として政治的にはるかに重みがあるため、採択されれば北朝鮮への大きな圧力となる。
(共同通信) - 10月12日10時13分更新

 これに北朝鮮がプレッシャーを感じ、「早く拉致問題にケリつけて(=日本に拉致問題を棚上げさせて)、日朝国交正常化を急がねば」と焦って、それが今日の北朝鮮側の『柔軟姿勢』につながったとか、そういうこともあったりするんでしょうか?

 北朝鮮が折れてくるのは良いことですが、日本側が焦ってそれに飛びつかないか不安で不安で(T^T)

・今月号の「諸君!」:西村眞悟さんの「救国の一灯」より引用。
 しかし、過去二回の訪朝時とその後の総理の次の言動と経緯を総合すれば、明らかになることがある。即ち、総理は、一貫して日朝国交正常化への意欲を表明し、本年七月十九日には、任期中の国交正常化実現をさらに強調している。第一回訪朝から帰国した総理側は、北朝鮮に言われた通りに、八名は死亡したと被害者家族におごそかに「死亡宣告」をして死亡を信じさせようとした。死亡を信じさせれば、拉致問題はこの時終わったのだ。総理は今に至るまで自ら拉致被害者の総数を精査しようとはせず、北朝鮮の言う拉致被害者数を超えようとはしていない。第二回訪朝時に、総理は何故か北朝鮮に対し経済制裁不行使を約束した。第二回訪朝後、総理は二回にわたり何故か朝鮮総連の大会に祝賀メッセージを届けた。本年に入り、総理は拉致被害者の家族と会おうとせず、無関心を装っている。
 よって、以上を総合すれば、総理は、拉致問題を脇に置いたまま、任期中の日朝国交樹立を目指しているとの判断に至るのである。そして、これは、日ソ共同宣言を発して国交を樹立し、北方領土返還は別の機会の解決に委ねるという日ソ方式をなぞったものである。即ち、日朝共同宣言を発して国交を樹立し、拉致問題解決は別の機会に委ねるかたちを総理側は目指しているのだ。島は百年経っても島であり今もロシアの不法占拠を糾弾することができる。しかし、人は百年経てば全て死ぬのだ。十三歳で拉致された横田めぐみさんは、本年既に四十一歳ではないか。この日朝国交樹立方式は、実は拉致被害者を北朝鮮で見殺しにする方式である。

 素人の私でも断言できます。
 小泉くん、本気で拉致問題を進展させたいなら「訪朝」よりも「経済制裁」ですよ。

 最後に人事のお知らせ。

拉致議連会長代行に安倍氏 郵政政局の余波で登板
 超党派による拉致救出議員連盟(会長・平沼赳夫前経産相)は13日午後、国会内で総会を開き、これまで顧問を務めていた自民党の安倍晋三幹事長代理(党拉致問題対策本部長)の会長代行就任を了承した。
 自民党から参加していた平沼会長と古屋圭司事務局長が通常国会で郵政民営化関連法案に反対し、無所属となったのを踏まえた人事で、今後の日朝政府間協議に向け、自民党幹部をナンバー2に据えることで政府に対する発言力を維持するのが狙いだ。
 ただ安倍氏は、小泉純一郎首相が「ポスト小泉」候補を登用するとしている来月初めの内閣改造・党役員人事で要職に処遇される可能性が大きいとみられ、その場合は再び顧問に戻る見通し。
 安倍氏は就任あいさつで「党を代表して(役員に)入った。拉致被害者全員の奪還を目指していきたい」と強調した。

 よろしくお願いします、安倍さん!……でもどうやらピンチヒッターみたい。
 町村さんも悪くはないけど、この際『安倍外相』熱望!(T^T)


・・・・・・以下、細切れぼやき・・・・・・


■岡崎トミ子は何が言いたかったの?

 今日、国会中継(参議院郵政民営化特別委員会質疑)にチャンネルを合わせたら、たまたまあの売国議員岡崎トミ子が質問に立ってまして、何か妙な雰囲気になってましたわ。

 トミ子が「官房長官に質問したいんですが、自民党には東アジア共同体構想もあるのに、今の日韓・日中関係でうまく行くんでしょうか?」とか何とか。
 細田さんは予めトミ子から渡されてあったらしき資料を見ながら、「これは風が吹けば……」と言った途端に失笑。「桶屋がもうかる」と続けたかったのか?
 細田さんはその後も笑いがこみ上げてきて仕方ないという様子で、「ソリューションのそれぞれの関係が私にはわからない(笑)」とか何とか。
 周囲の議員たちもトミ子に対して失笑、失笑……という状態。
 トミ子は「でもこれを見せられて、何もかも実現するのだなと思って1票を投じた人がいたのではないかと思う」と返してましたが、ほとんど誰も聞いてなかった(^_^;

 何のこっちゃ?!特定アジアとか東アジア共同体とか、いったい「郵政民営化」と何の関係があるねん?
 テレビつける前にどういう流れになってたのかわからんから、何とも言えませんが……。後日、ここで議事録が見られると思うので、その時にまた確かめてみますわ。


扶桑社教科書、中学へ配布 「異なる見方」指導資料に ≪福井県と浜松市≫

 こういう試み、ぜひ全国的に広まってほしいですな。
 ただ、例えば福井県では↓こういう構想らしいけど

 七十九校ある市町村立中に十冊余りずつ行き渡る計算で、教員が授業に臨む前の教材研究として使うほか、授業で(1)教員が読み上げる(2)生徒に回覧させる(3)スライドなどで映写する(4)プリントにして配る−などの方法で使用される。

 果たしてサヨク教師がこれらを実行してくれるんでしょうか?
 それどころか、船橋焚書事件よろしく、扶桑社版教科書を廃棄しちゃったりするんでないかと一抹の不安が……(T^T)


楽天が経営統合申し入れ、TBSは「慎重に対応」

 村上ファンドvs阪神といい、最近こんなニュースばっかりですなあ。
 日本はいちおう資本主義・自由主義だから、当たり前と言えば当たり前?
 ただ、昔はこういう「カネにものを言わせて」というやり方をする日本人はあまりいなかったと思うんですけどね。良い・悪いの問題じゃなく、ああ、日本も変わってしまったのね〜と……。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:45 | 拉致問題 | comments (10) | trackback (0)