朝日新聞社内乱闘AA集
 昨日のエントリーにいただいたコメントで知ったんですが(情報下さった方、ありがとうございます)、朝日新聞の世論操作部……いや、世論調査部で暴行事件があったらしい。
 最初は私も「まるっきりコントやな〜」と呆れたんですが、でもよく考えてみるとこれって、朝日にも筋を通そうと頑張ってる若い社員がいるってこと?実は朝日にとっては逆に明るい兆しだったりして?

朝日新聞、靖国問題で社内乱闘…40代社員が暴行/被害社員は10日間のけが
 朝日本社で「真昼の決闘」−。小泉純一郎首相(63)の靖国神社参拝をめぐり、朝日新聞社員2人が激論の末、むなぐらをつかみ殴りかかるなどの大ゲンカに発展。暴行を受けて負傷した社員が、社内から110番通報し、警視庁築地署の署員が駆けつける騒ぎとなっていたことが21日、発覚した。不祥事続きの朝日は夕刊フジの取材に事実関係を一部認めたものの、「被害が軽微」と詳細には口をつぐんでいる。社員の一人は全治10日間のけがを負っており、立派な傷害事件なのだが…。

 築地署の調べによると、今月18日午前10時50分ごろ、「暴行された」と東京・築地にある朝日新聞東京本社から110番通報があった。

 通報したのは、同社総合研究本部世論調査部に所属する30代の男性社員で、同部に所属する40代男性社員と前日に小泉首相が靖国参拝したことの是非を問う世論調査の結果を話し合っていた。

 世論調査部も記事を書くが、社内では「記者」ではなく、「部員」と呼ばれているという。

 結果は「よかった」が42%、「するべきではなかった」が41%とほぼ拮抗(きっこう)。関係者によると、この微妙な解釈をめぐって大ゲンカとなったという。

 40代社員は激怒し、30代社員に体当たりや胸ぐらをつかむなどして暴行を加えた。さらに、30代社員が携帯電話で110番通報しようとしたところ、40代社員が携帯を奪い取り、真っ二つに破壊したという。一連の暴行で30代社員は腰に10日間のけがを負った。

 騒動の翌日となる19日付の朝日新聞では、1面で「首相の靖国参拝 賛否二分」と、世論調査の結果を交えた記事を掲載していた。

 「するべきではなかった」という人の85%が「政府は中韓の反発を重く受け止めるべきだ」と答えたことから、記事中では「周辺国への配慮を重視する意見の強いことが改めて示された」と表現。暴力に泣いた30代社員がどう解釈したかは不明だが、記事はいかにも朝日っぽい論調で掲載された。

 同署は被害届が出されていないものの、傷害事件の可能性もあるとみて、任意で関係者から事情を聴くなど捜査を進めている。

 暴行した40代社員は政治部出身で、世論調査を担当している。後輩の1人は「非常に温厚な人。酒を飲んでもそのようなことをする人ではない」と話している。

 朝日新聞東京本社広報部は「社内でもみ合いがあり、一方の当事者が110番通報して、築地署員が来たのは事実。被害が軽微なので、それ以上のことは話せない」と所属部署や年齢、氏名や詳しい状況の公表を拒否している。

【朝日新聞をめぐる最近の不祥事】

 ◆平成16年8月、東京本社の社会部記者が録音しないことが条件だったにもかわらず、東京慈恵医大の補助金流用問題を取材した関係者とのやりとりを録音。ダビングし、この関係者に批判的な別の取材先に渡した。

 ◆17年5月、東京国税局が朝日新聞社の税務調査を行い、16年3月期までの7年間にシステム開発などをめぐり、約11億8000万円の申告漏れを指摘。追徴税額は重加算税や過少申告加算税などを含め約3億8000万円に上った。

 ◆同年1月、NHKの特集番組について、安倍晋三幹事長代理、中川昭一経産相が放送前に改変するよう圧力をかけたと報道。8月、取材内容が外部に流出し、同内容が「月刊現代」9月号(講談社)に掲載された。流出の時期やルートは判明していない。

 ◆同年8月、国民新党の亀井静香氏と田中康夫長野県知事の会談をめぐり、長野総局記者が取材をしていないにもかかわらず、「田中知事から取材して、亀井静香氏が長野県内で会談していたことが分かった」と虚偽報告。この情報をもとにした記事が掲載された。

ZAKZAK 2005/10/21

 ………私の勝手な推測による再現………

40代社員
「『参拝してよかった』が上回ってるぞ!こんな結果じゃ小泉を叩けないじゃないか!」
30代社員
「結果は結果だから仕方ないじゃないですか」
40代社員
「設問が悪いんだよ!グレーゾーンの奴が『するべきではなかった』を選ばざるをえなくなるような設問になぜしなかった?!」
30代社員
「無理ですよ〜。『参拝してよかったか?悪かったか?』という単純な二者択一なんですから」
40代社員
「とにかく『するべきではなかった』の数字を増やせ!」
30代社員
「そんなの捏造じゃないですか。もう捏造や歪曲はやめましょうよ。次に何かあったら今度こそ我が社は終わりですよ」
40代社員
「じゃあ表現を駆使して印象操作しろ!読者が『やっぱり参拝は失敗だった』『小泉はダメだ』と感じるように……」
30代社員
「だから〜!そういうのはもうやめた方がいいですって!」
40代社員
「お前には愛社精神がないのか!俺の言う通りにやってりゃいいんだよ!」
30代社員
「僕は捏造記事が書きたくて朝日新聞に入ったんじゃありません!!」
40代社員
「(ブチッ)口答えするのか!貴様ッ!」(ドカッバキッ)←SE:軍靴の足音
30代社員
「な、なにするんですかぁ!暴力はやめ……」
40代社員
「黙れッ!上司の命令がきけないのかッ!」(ドカッバキッ)
30代社員
「もう我慢できない!110番してやる!」
40代社員
「させるかコルァ!」(携帯を奪い取り、真っ二つに破壊)
30代社員
「あうっ俺の携帯がっ!買い換えたばかりなのに……(ブチッ)もうマジ怒った!!」(電話のある別の部屋に走ってって110番)

 ………………再現終わり………………

 「翌19日付の朝日新聞」は↓これらしいです。
 首相靖国参拝、賛否は二分 中韓との関係「心配」65%

 同じ会社の人間同士でもこんな暴力沙汰になるんですから、国対国や民族間の紛争を無くすなんて絶対無理ですわな(^_^;
 しかしこの時、周囲に誰か止める人はいなかったんですかね?
 朝日の論調よろしく、「暴力はいけない。憎しみの連鎖を生み出すだけだ。ここは冷静に話し合いで解決を」とか、誰か言わなかったの?(^_^;
 40代社員、どうせなら本田雅和を殴れよ……ボソッ。

 2ちゃんねるを覗いたら、やっぱり祭りになってました。
 これ用のAAもさっそく出来てて、半ばコンテスト状態。
 以下、面白かったものを引用します(順不同)。みんなすごいな〜。

249 名前:名無しさん@6周年 メェル:sage 投稿日:2005/10/21(金) 20:25:39 ID:brTuWNb30
        ∧_∧
     ミ ○(#@Д@) <こうやって芝居をしておけば、朝日には右派左派の両方がいるということになり・・・
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <どっちの読者も取り込めるというわけですね先輩。
    (ヽ_ノゝ _ノ

275 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 20:29:37 ID:sEd4UNsN0
        ∧_∧
     ミ ○<#@Д@>  < ネタ扱いされなくなったら我が社はお終いなんだよ!!
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <そこまでヤバイのか購読数!!
    (ヽ_ノゝ _ノ

282 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 20:30:32 ID:Tl9CnWOj0
        ∧_∧
     ミ ○(#@Д@) <争いはこうやって解決するんだ!
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <これが、アジア的優しさですね!
    (ヽ_ノゝ _ノ

318 名前:名無しさん@6周年 メェル:sage 投稿日:2005/10/21(金) 20:35:49 ID:1Rqq00k40
        ∧_∧
     ミ ○(#@Д@) < 反対は30%アップと言っただろーがゴルァ!!
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  < 水増ししてあの結果です!!
    (ヽ_ノゝ _ノ

448 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 20:51:21 ID:IEhxAm630
        ∧_∧
     ミ ○(#@Д@) <中国様のプロパガンダ紙としての本分を忘れるな!
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <暴力反対!朝日の攻撃による被害者数30万人として広めてやる!
    (ヽ_ノゝ _ノ

530 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 21:02:57 ID:IEhxAm630
        ∧_∧
     ミ ○(#@Д@) < 先輩への配慮を重視!
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <後輩の反発を重く受け止めるべきだ85%
    (ヽ_ノゝ _ノ

681 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 21:21:07 ID:IEhxAm630
        ∧_∧
     ミ ○(#@Д@) <一発だけなら誤打の範囲内!
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <私人として抵抗してもいいですか
    (ヽ_ノゝ _ノ

755 名前:名無しさん@6周年 メェル:sage 投稿日:2005/10/21(金) 21:29:52 ID:5QPuhyAI0
        ∧_∧
     ミ ○(#@Д@) <愛国無罪!愛国無罪!
      ヽ ∧_ ○))
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <もしもし警察ですか?
    (ヽ_ノゝ _ノ

887 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 21:51:58 ID:qyGyhyTJ0
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) <記事なんか想像で書けって言ってるんだよ!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <せめて摺り合わさせてください! 
    (ヽ_ノゝ _ノ

573 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/22(土) 00:01:27 ID:i3BY33HX0
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) < 誰がホントに世論調査しろと言った!空気読め!!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  < えっ!?今までのぜんぶウソ??
    (ヽ_ノゝ _ノ 

581 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/22(土) 00:02:20 ID:8v0MPR0T0
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) < ぶち殺すぞ
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  < 中国の許しは得たんですか?
    (ヽ_ノゝ _ノ 

58 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 22:12:06 ID:bSZttTZq0
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) <左翼の暴力は!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <よ・・・よい暴力・・・
    (ヽ_ノゝ _ノ 

160 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 22:28:11 ID:lZUr4ROM0
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) < こうすればはっきり聞こえるだろう?軍靴の音が!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <それは耳鳴りって言うんですよ!
    (ヽ_ノゝ _ノ 

183 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 22:31:26 ID:3BT9vGhQ0
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) < 怒れる国民の鉄槌だ
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  <なんで中華鍋で叩くんすか
    (ヽ_ノゝ _ノ 

255 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/10/21(金) 22:45:13 ID:3BT9vGhQ0
        ∧_∧   
     ミ ○(#@Д@) < お前、俺を踏み超える気か!
      ヽ ∧_ ○))   
    ミヘ丿 ∩Д@;)  < 先輩のK.Yは永久不滅ですよ
    (ヽ_ノゝ _ノ 

466 名前:名無しさん@6周年 メェル:sage 投稿日:2005/10/21(金) 20:53:33 ID:Uj9FZ8uv0
       ((⌒⌒))
      .((((( ))))))
         | |
        ∧∧     
       / 支\   内ゲバしてる場合アルカ!? 
      ( # `ハ´) 
      ( ~__))__~)          アイゴ・・・     
      | .Y(___))))∧  ノ  ∧_∧  ノ           
      (__) (@Д@;)⌒つ (@д@;)⌒つ

 と、きれいにオチが付いたところで、このネタはこれにて終了〜<(_ _)>


・・・・・・以下、細切れぼやき・・・・・・

虚偽メモ報道で朝日新聞側と会談、田中知事納得せず
 朝日新聞による衆院選虚偽メモ報道を巡る検証記事に関し、自らに確認取材がなかったことなどについて説明を求めていた田中康夫・長野県知事は20日、長野市の県庁で、朝日新聞社の荒木高伸広報担当兼社長室長らと会談した。

 田中知事は同紙の説明に納得せず、約2時間に及んだ会談は物別れに終わった。

 朝日側は「元記者が知事に直接取材していないことを認めたため、改めて知事から話を伺うことはしなかった。虚偽のメモを作成したことも明らかだったため、専ら社内調査を進める判断をした」などとする文書を知事に渡した。

 その上で、荒木室長は「検証記事について事前に知事に知らせる配慮が足りず、失礼なことをした」と陳謝したものの、「公人である知事が会見の場で(元記者の取材を受けていないと)発言したことなので、裏を取る必要がないと考えた」と述べた。

 知事は「私が会見で言ったことが真実足りえるとどこで確認したのか。発言内容を確認するのは取材の基本ではないか」と反発した。

 終了後、知事は記者団に対し、「同じ表現に携わる人間として認識が全く違っていることに驚いた。今後、朝日新聞の取材を受けることについて考え直さねばならない」と述べた。

(2005年10月20日22時31分 読売新聞)

 朝日新聞:確認取材問題で室長らが長野知事と会談
 ↑これは同じニュースを伝えた毎日の記事なんですが、読売とは全然ニュアンスが違ってますね。
 毎日の記事だけ見たら、田中知事が怒ってるようにはとても見えません。


ウェブサイト「サイバー独島」、外国語情報を強化(聯合ニュース)
【大邱21日聯合】慶尚北道は21日、独島に関する情報を提供するホームページ「サイバー独島」を新たに構成し、英語、日本語、中国語などの外国語による情報の充実を図った。単に韓国語を外国語に翻訳するのではなく、外国人の立場でメニューから構成しなおした。また、オンブズマンコーナーを設置し、独島と関連する間違った情報を正しく伝える。

 また、韓国語サイトには歴史や自然生態など独島の資料を増強・整理し、正確な情報をリアルタイムで提供する方針だ。

 慶尚北道の関係者は、「独島のホームページには1日平均1万5000〜2万人が訪れている。外国人が独島を正しく知ることができるよう外国語サイトをより強化していく」と話している。

 「間違った情報を正しく伝える」「正確な情報を」「正しく知ることができるよう」……はっ、ちゃんちゃらおかしいわ。
 とか笑ってる場合じゃない。韓国はネットも駆使してどんどん既成事実化を図ってますがな。日本政府はなかなか動かんし、私たちは指加えて見てるだけ?(T^T)

 海外にお住まいの方、お願いします。ぜひ現地の皆さんにアピールして下さい。この一点だけでいいですから。
 「日本は韓国に対して、『この問題は国際司法裁判所で決着を付けよう』と長年呼びかけています。ところが韓国は、『わが国に領有権があるのは明らかだ』というわけのわからない理由でそれを拒否しています」


反日サイトの上海警察批判が削除…当局抑え込み?

 警察当局を批判しただけで削除とは。中共、びびりすぎでは?(^_^;


次回協議に無条件参加 北朝鮮、軽水炉で柔軟

 北朝鮮がどうこう以前に、このリチャードソン知事(民主党)という人もどこまで信用してよいのやら。
 日本の某政治家みたいに、北に取り込まれてたりしてないでしょうね?


「罪人扱い」「いずれ天罰」=自民除名処分に猛反発−綿貫氏ら

 何か言ってることがどんどん子供っぽくなってってるような気がする(^_^;


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:48 | 朝日新聞 | comments (8) | trackback (2)
「つまみ食い」は朝日新聞の得意技
 昨日の党首討論(小泉VS前原)について、産経以外の朝刊各紙が社説で取り上げています。

読売社説:[党首討論]「画期的な外交・安保論戦だった」
(前略)
 日米同盟は日本外交の柱だ。その前提に立って前原氏は、中国の外交戦略の主要な狙いが“日米分断”にあると指摘した。首相も「断じて日米離間策に乗ってはいけない」と応じた。

 首相と前原氏は「日米関係がしっかりしていることが他のアジアの国々にとっても重要」という認識でも一致した。

 55年体制下では、社会党が「非武装中立」を掲げ、国会論戦も自衛隊は合憲か違憲か、という神学論争に終始した。民主党が野党第1党の座についてからも岡田前代表までは、アジア重視や中国との協調姿勢を前面に出していた。

 前原氏の主張は、従来の民主党の姿勢と一線を画すものと言える。具体的な政策課題でも、随所に日米同盟を重視する姿勢をうかがわせた。

 沖縄の米海兵隊普天間飛行場の移設問題では、日米合意から既に9年も経過していることに米側が不満を募らせている点を強調し、早期解決と首相の指導力発揮を迫った。

 こんなことでは日米同盟関係が損なわれる、という懸念からだろう。米軍の基地機能の「県外分散」や「国外移転」を掲げていた岡田前代表とは大違いだ。
(後略)

毎日社説:党首討論 この調子で議論の質を高めよ
(前略)
 コクのある議論は、前原氏が得意の外交・安保問題を取り上げたせいもあるのだろう。まず冷戦後の日米同盟関係の意義をただすと、小泉純一郎首相は、日米同盟と国際協調の両立が日本外交の基本方針としたうえで「日米の関係強化は侵略勢力の抑止力として現在も今後も機能する」と強調した。

 中国が取っている外交について、前原氏が「米中で日本に敵対する面と、日中で米国を分断しようという両面作戦を行っている」と指摘し、小泉政権の対中外交姿勢を突いた。首相は「米国との関係が良ければ良いほど、他の国とも友好関係を維持できる、というのが政府の考え方だ。(中国の)日米離間策に乗ってはいけない」と、言葉を選びながら応じた。

 小泉外交には「戦略性も主体性もない」という前原氏の主張は説得力があった。その例証として、米軍基地再編問題の遅れ、国連安保理常任理事国入りの失敗、東アジア共同体への米国不参加、情報収集能力の欠如などを挙げた。

 とりわけ普天間飛行場移転が9年も放置されてきた問題で、首相は「責任はすべて私にある」としか答えられなかった。
(後略)

 このあたりのやりとり、私も昨日はテレビ見ながら「前原さん、なかなかええこと言うやん」と思ったもんです。
 ところが朝日と来たらこれらに全く触れることなく、靖国問題だけで1本社説書いちゃってますわ。正確には靖国と日中外交・日韓外交を絡めた社説。

朝日社説:党首討論 外交不在がよく見えた
 小泉首相の言葉に、耳を疑った。

 「靖国神社の参拝は憲法で保障されている……。『思想及び良心の自由は、これを侵してはならない』と憲法19条に書いてある。総理大臣である小泉純一郎が、一国民として参拝する。それがどうしていけないのか。私は理解できない」

 きのうの党首討論で、初舞台に立った民主党の前原代表への答弁である。

 憲法を引き合いに出すなら、「国及びその機関」に「いかなる宗教的活動」をも禁じた20条3項の政教分離の条項を忘れてもらっては困る。9月末、この条項に照らして首相の参拝を違憲とする大阪高裁の判断が出たばかりだ。

 自分に都合の良いところだけを、つまみ食いする。憲法99条で「憲法を尊重し擁護する義務」を負った首相から、そんな底の浅い憲法論を聞こうとは。

 意に沿わない判決には聞く耳持たぬということなのか。理解できないのは私たちの方である。

 首相が靖国神社を参拝した後、今月下旬に想定されていた町村外相の訪中が中国側に拒否された。韓国政府は月末の外相訪日を見送り、年末で調整していた盧武鉉大統領の訪日計画も見直す可能性を示唆している。

 靖国に行けば、繰り返し参拝中止を求めてきた中国や韓国が態度を硬化させるだろう。そのことは首相や外交当局ならずとも、多くの国民が抱いていた懸念ではないか。

 それでもあえて首相は参拝に踏み切った。ならば、ふたつの重要な隣国との関係をどう正常化するつもりなのか、具体的な戦略を聞きたい。今回の党首討論で、多くの国民が注目したのはその一点だったに違いない。

 前原代表は、そんな国民の率直な疑問を背に、首相の外交戦略を真正面から問いかけた。

 日中間の問題は靖国だけではない。今後、中国のエネルギー消費の拡大に伴って大気汚染や二酸化炭素の排出が深刻な問題になるのは必至だ。東シナ海のガス田開発をめぐる対立もある。

 さまざまな課題を包括的に考えて戦略を練ることが必要なのに、参拝の強行で対話の道が閉ざされてしまったことをどう考えるのか。

 だが首相の答弁には失望させられた。

 「中国、韓国とはかつてないほど相互依存関係が深まっている。両国の首脳と、未来志向で協力関係を進めていこうと合意している」

 「先の大戦で心ならずも命を失った方々に哀悼のまことをささげるということを中韓に理解してもらうよう努力する」

 首相にはここ数日の近隣外交の逆流が目に入らないかのようだ。首相は参拝に込めた思いを重ねて語ったが、私たちが聞きたかったのは外交である。

 「小泉政権は外交不在の4年半だった」。前原氏は討論の最後をそう締めくくった。そう言われても仕方あるまい。

 何ともったいないことを!
 読売・毎日にあるように、昨日の討論ではもっと実のあるやりとりが色々あったのに。
 もしかして朝日は、靖国以外では前原氏のスタンスに異議があるので書かなかった、……いや書けなかった?
 「自分に都合の良いところだけを、つまみ食い」って全く、どの口が言うねん。
 「(中国様の)意に沿わない討論には聞く耳持たぬ」ということなんですかね?

         ∧∧
        / 中\
       (  `ハ´)
     (( ┯つ╋つ┯ ))
     | |  |  |
      | |   l .  |
     | |   l   .|
      | ! ∧_!_∧ .| 
     | ∩-@Д@)! < ああ、なんと不毛な。
      !__y 朝 つφ
      (,,_._   ノ
        `l,_,ノ

 もういっちょ朝日の「つまみ食い」を紹介。
 今日(20日)誕生日を迎えられた皇后陛下が、事前に宮内記者会の質問に文書で回答を寄せられたという記事。
 読売・毎日・産経はご回答を全文掲載してるのに、朝日は大幅にカット・編集。

   また朝日か
        _, ._
      ( ゚ Д゚)
      ( つ旦O
      と_)_)
        _, ._
      ( ゚ Д゚)   ガシャ
      ( つ O. __
      と_)_) (__()、;.o:。
              ゚*・:.。

朝日:皇后さま71歳、紀宮さまへの思いつづる
 戦後60年の節目を迎えた今年6月のサイパン訪問については、「サイパンが落ちた時の、周囲の大人たちの動揺は今も記憶にあり」と振り返った。そのうえで、戦争をより深く体験した人々に続く世代として、「戦争と平和につき、更に考えを深めていかなければいけないとの思いを深くしています」と記した。

 「戦後60年」に関するご回答の掲載、朝日はたったこれだけ。
 他3紙は先ほど言ったように全文掲載。

読売:皇后さま誕生日 ご回答全文(1)
毎日:皇后さま:71歳の誕生日 紀宮さま結婚に寂しさも
産経:皇后さま71歳 誕生日 ご回答全文

 問1を全文引用します。体裁が違うだけで三紙とも同じ内容です。太字は朝日が記事に引用した箇所。

 問1 戦後60年の節目にあたる今年、両陛下は激戦地サイパンを慰霊訪問されました。今後、戦争の記憶とどのように向き合い、継承していきたいとお考えですか。

(ご回答)

 陛下は戦後49年の年に硫黄島で、50年に広島、長崎、沖縄、東京で、戦没者の慰霊を行われましたが、その当時から、南太平洋の島々で戦時下に亡くなられた人々のことを、深くお心になさっていらっしゃいました。外地のことであり、なかなか実現に至りませんでしたが、戦後60年の今年、サイパン訪問への道が開かれ、年来の希望をお果たしになりました。

 サイパン陥落は、陛下が初等科5年生の時であり、その翌年に戦争が終りました。私は陛下の1年下で、この頃の1歳の違いは大きく、陛下がかなり詳しく当時の南方の様子を記憶していらっしゃるのに対し、私はラバウル、パラオ、ペリリュウ等の地名や、南洋庁、制空権、玉砕等、わずかな言葉を覚えているに過ぎません。それでもサイパンが落ちた時の、周囲の大人たちの動揺は今も記憶にあり、恐らく陛下や私の世代が、当時戦争の報道に触れていた者の中で、最年少の層に当たるのではないかと思います。そのようなことから、私にとり戦争の記憶は、真向かわぬまでも消し去ることの出来ないものであり、戦争をより深く体験した年上の方々が次第に少なくなられるにつれ、続く私どもの世代が、戦争と平和につき、更に考えを深めていかなければいけないとの思いを深くしています。

 戦没者の両親の世代の方が皆年をとられ、今年8月15日の終戦記念日の式典は、この世代の出席のない初めての式典になったと聞きました。靖国神社や千鳥ヶ淵に詣でる遺族も、一年一年年を加え、兄弟姉妹の世代ですら、もうかなりの高齢に達しておられるのではないでしょうか。対馬丸の撃沈で亡くなった沖縄の学童疎開の児童たちも、無事であったなら、今は古希を迎えた頃でしょう。遺族にとり、長く、重い年月であったと思います。

 経験の継承ということについては、戦争のことに限らず、だれもが自分の経験を身近な人に伝え、また、家族や社会にとって大切と思われる記憶についても、これを次世代に譲り渡していくことが大事だと考えています。今年の夏、陛下と清子と共に、満蒙開拓の引揚者が戦後那須の原野を開いて作った千振開拓地を訪ねた時には、ちょうど那須御用邸に秋篠宮と長女の眞子も来ており、戦中戦後のことに少しでも触れてほしく、同道いたしました。眞子は中学2年生で、まだ少し早いかと思いましたが、これ以前に母方の祖母で、自身、幼時に引揚げを経験した川嶋和代さんから、藤原ていさんの「流れる星は生きている」を頂いて読んでいたことを知り、誘いました。初期に入植した方たちが、穏やかに遠い日々の経験を語って下さり、眞子がやや緊張して耳を傾けていた様子が、今も目に残っています。

 朝日新聞の皇室報道ってほんと変ですよね。
 悪意でわざとやってるんじゃないの?と感じたことがこれまでに何度もありました。

 雅子妃殿下の最初の御懐妊を報道したのは朝日でした。その後流産され、朝日に対して全国から多数の抗議が寄せられたのは記憶に新しいところです。
 遡って昭和63年、昭和天皇がガンに罹られたと最初に報道したのも朝日だったそうです。メディア全社、陛下のご容態を懸念して報道を差し控えていたのに。
 最近では、今年1月の紀宮清子内親王殿下のご婚約内定も朝日のスクープ。新潟中越地震の被災者に配慮して皇室が発表を控えていたのを、朝日新聞がわざわざすっぱ抜いたのでした。


・・・・・・以下、細切れぼやき・・・・・・


産経抄がニューヨーク・タイムズの反日社説に言及
 小泉純一郎首相の靖国参拝をとらえ、「日本軍国主義の最悪の伝統を公然と奉ずる挙に出た」と主張する新聞がある。アジアに対し、「非道な爪あとを残した日本の暴虐を鼓吹している」とくる。これは中国か北朝鮮の新聞か、と考えがちだがそうではない。

 ▼その正体が、米紙ニューヨーク・タイムズの社説「無意味な挑発」だというからあきれる。モノをいわないと認めたと思われるから一言いう。同紙の通りなら、毎年、靖国に参拝する各国の駐在武官や在日米軍の将兵はみんな軍国主義者なのか。

 ▼政治指導者が、国のため犠牲になった人に感謝を捧(ささ)げるのは当然のことだ。靖国参拝はそれが日本の文化であって、互いに黙する礼儀を持つべきだろう。米兵が靖国で手を合わせるのは、武人としての礼を尊ぶ心の表れである。

 ▼同紙は先の総選挙でも、「日本の民主主義は幻想」とか「マスコミはみんな自民党路線」と論評した。ならば東京支局を間貸しする朝日新聞とても抗議をしたであろうと察する。願わくば、彼らのアンチョコが中国系米人女性アイリス・チャン氏の幻惑本『ザ・レイプ・オブ・南京』でないことを祈るばかりだ。

 ▼多くの欧米紙はもっと穏当であり、中国紙が意外に抑制されているだけにその異様さが目立つのだ。しかし、一部でも珍奇な論評がある以上、在米日本大使館は反批判の矢を放ってほしい。有力紙による偽史の流布ばかりは避けたいからだ。

 ▼中韓の受け止め方は彼らの流儀だから変えられない。首相の靖国参拝を二国間の最大案件にしてしまったのは、当の中韓だからだ。他方、国内世論は、首相の靖国参拝への支持が不支持を上回った。政府は自信をもって対中韓外交を進めるべし−である。

 一部引用にとどめようと思ったんですが、どの段落も素晴らしい出来映えだったので、ついつい全文引用してもーた(^_^;
 ちなみに、靖国参拝を二国間の最大案件にしたきっかけを作ったのは朝日新聞。


文科相 “教育勅語廃止で片肺飛行” 民主議員 “教基法改正議論を国会で”(赤旗)
 中山成彬文科相は十九日の衆院文部科学委員会で、「教育勅語を読むと、本当にいいことが書いてあるなあと私自身は思っている」と発言。戦時中、軍国主義教育の支柱となった教育勅語を美化し、それへの反省から出発した戦後の民主主義教育のあり方を真っ向から否定する姿勢を示しました。
(以下略)

 「戦後の民主主義教育のあり方」って、例えば↓こういうのを言うの?(^_^;
 小5に避妊具の使い方説明 /「ピルで肌きれいに」と指導


■Blue Ribbon News

 電脳補完録さんが配布されているBlue Ribbon Newsをうちでも設置しました。

 今日は日韓両国の拉致被害者家族が東京で会見しましたね。このニュース、韓国では伝えられてるんでしょうか?
 別件で↓こういう記事は見つけましたが……。
 拉致被害者家族代表が金総書記に「送還訴える手紙」(朝鮮日報)


【お知らせ 10/21 1:20】
 「朝日新聞」カテゴリを新たに作りました。「マスコミ」カテゴリのうち朝日新聞について書いたエントリーは「朝日新聞」カテゴリに移動しました。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 00:38 | 朝日新聞 | comments (7) | trackback (2)
父と前原誠司
 今日の昼、両親がうちに来ました(何カ月かに1度来る)。
 母がどこかで買ってきてくれたお弁当を3人で食べながら、いつものように父(昭和10年生まれ)と私で歴史観を巡って議論。いや、議論っちゅーほど大したもんじゃないんですが(^_^;

 話題の中心はやはり靖国参拝問題。

 父は首相の靖国参拝には反対。理由はA級戦犯が祀られているから。この持論は昔から変わってません。
 どういうきっかけでそういう考え方になったのか、今日は少し具体的な話を聞くことができました。

 父曰く。
 「近所の旦那さんが召集されてミンダナオで戦死した。その後、その一家は火事で旦那さんの母親が死んだり、妻が自殺したりと、不幸が相次いだ。家族をめちゃくちゃにした戦争指導者=A級戦犯が祀られてある神社に首相が参拝するなんて、遺族としてはたまらんやろ」

 ……奥さんの自殺はともかく、火事やお祖母ちゃんの死は戦争とは関係ないと思うぞ(^_^;

 私曰く。
 「そもそもA級戦犯というのは占領軍が報復裁判で作り上げたものであって、日本人が裁いたわけとちゃうねんから。日本人が裁いて『東條は罪人』と認定されたんやったらまだしも、そうとちゃうねんから。
 お父さんは特に東條英機が憎いみたいやけど、実は彼は開戦には否定的でギリギリまで戦争回避の努力をしたらしいよ。
 とにかく彼に関しては最近新しい資料も出てきてるし、占領下にお父さんがアメリカから叩き込まれたイメージとはだいぶ違ってると思うよ」

 父も最後には、「まぁ東條も天皇を守るために悪人役を引き受けたという面はあったかもしれんけどな」と少し温情(?)を示してましたが……。
 父は戦時下でいろいろと見たであろう世代ですから(戦地は見てないし空襲経験もないけど)、戦後生まれの私には想像もつかない悲しい体験とか苦しい体験とかがあったんだろうと思います。その「感情」はやっぱ尊重してあげるべきなんだろう、と。

 ちなみに父には、「アジアの人たちに被害を与えたからダメ」という気持ちはほとんどなくて、もっぱら「日本人に被害を与えたからダメ」らしい。
 そのへんの反日サヨクとは違うってことで。

 父は靖国神社に一度だけ行ったことがあるそうです。遊就館も見たそうです。
 父は遊就館のスタンスに大いに異を唱えながらも、それよりももっとアカンと感じたのは、「あんなチャチな武器で戦ってたなんて」ってことだそう。
 「武器も遅れてるし、物量的にも大きく劣ってることは当時の指導者にはわかってたはず。そんなアメリカを相手に戦争を始めたのが間違い。出さんでええ犠牲者をたくさん出した。だから許されへん」と。

 気持ちはわかるけど、でもやっぱり私はこう思う。
 当時は朝日新聞などマスコミの煽りもあって国民のほとんどがイケイケだった。
 欧米に外交的に追いつめられて、「ここはいっちょやったらなあかん。黙って引き下がるわけにはいかん」と大和魂も燃えたんじゃないかと。
 さらには有色人種の代表としての気概みたいなもの(当時有色人種の国で白人と戦えるのは日本以外にはなかった)もあっただろうこと。
 歴史関係の本など見てますと、やはり当時は全国的にそういう空気が蔓延してたんじゃないかと思えてなりません。
 不利な条件はいくつもあるとわかっていながらも、『指導者』だけでなく国民も一丸となって、「いっちょやったろかーい!」のノリで開戦に向かって行った、そんな気がするんです。
 
 さて、お昼ご飯を食べた後、私は仕事。
 父はうちでとってる産経新聞を熟読(父は普段朝日新聞購読。新聞代を安くあげるために定期的に毎日新聞に変更)。
 母はひたすらトイレやお風呂なんかの掃除をしてました。私は「そんなんええからほっといて」と止めるんですが、「ええからアンタは仕事しとき!」と、いつも勝手に掃除する母。
 それはいいけど、いつも小物を勝手に配置換えしちゃうんですよ。後で「何がどこにあるのかわからん!お母さん、あれどこに置いたの?!」と電話で訊くことがちょくちょくある(^_^;

 しかも母ってば、今日はトイレに飾ってあった小瓶(中が液体でウインドサーフィンがゆらゆら揺れてる)を割ってしまった。
 これ確か、昔の彼氏にお土産でもらったヤツなんだよね……割られるまでそんなことすっかり忘れて飾ってあった……ま、どうでもいいか……はぁ。

 とかやってたら、父がおもむろに私の仕事部屋に来て、「前原……(ぼそぼそ)アカンなぁ」と。

 私「え?前原さんアカンの?じゃあ誰がええの?菅直人?」
 父「いや、産経がアカンのや。前原の悪口書いてる」
 私「あー、今日の社説か。そらしゃーないんちゃうの?いきなり党内の顔色窺ってるようじゃ……って、ええっ?前原さんって改憲派やで?お父さん護憲派やったんちゃうの?」
 父「いや、憲法は改正してもええ」
 私「前原さん、憲法9条も改正するって言ってるよ?」
 父「ええがな」
 私「……お、お父さん、いつ転向したん?バリバリの護憲派やったのに!(^_^;」

 時代の変遷とともに、父の考え方も少しずつ変わってきたみたい。ええこっちゃ。

 その前原さん、今日は党首討論デビューでしたね。
 中継をちょこちょこっと見ました。
 
 前半はなかなか良いことも言ってたんですけどね。
 「戦後60年も経ってるのにまだ米軍施設がある。日本が主体的に管理して米軍に貸すならいいが、そうではない。沖縄の米軍ヘリ墜落事故でも日本は警察が入れなかった。日本が踏み込めないのはおかしい」てな感じで。
 「アメリカに頼らず自前で情報機関を作れ」とも言ってたし。
 ガス田問題でも、「中国が日本側からガスを吸い上げようとしてるのに、見て見ぬふりか?それとも帝国石油に試掘させるのか?」てなふうに小泉くんを問いつめてたりもした。

 ところがこれが日中問題や靖国問題になると、やっぱガクーンと急降下(T^T)

 「靖国参拝」で論戦 小泉首相と前原代表の党首討論
■党首討論での靖国参拝をめぐるやりとり

 〈民主・前原代表〉 靖国参拝を強行されたことで日中間の戦略的な包括的な対話の道筋が閉ざされた。町村外相が(中国に)行くと言って断られている。盧武鉉(韓国大統領)さんも来ないと言っている。しっかりとした関係構築ができるのか。

 〈小泉首相〉 できると思っている。中国、韓国との問題は靖国参拝だけではない。靖国参拝をやめればいいのかという議論にはくみしていない。中国にしても韓国にしても理解していただくように努力していかないといけない。

 「思想および良心の自由は、これを侵してはならない」と憲法19条に規定されている。総理大臣である小泉純一郎が一国民として参拝する、しかも平和を祈念する。平和と繁栄は現在生きている人だけで成り立っているのではない。過去の戦場で倒れた方々の尊い犠牲の上にあることを片時も忘れてはならないと参拝している。それがどうしていけないのか。私は理解できない。

 〈前原代表〉 誰がいけないと言ったか。私はA級戦犯が合祀(ごうし)されている間は行かない。靖国神社が45年まで国家神道の姿として存在していた。(両手を胸の前で合わせて)これはないですよ。これはお墓参りだ。神社に行くときは頭(こうべ)をたれるものだ。しかも、ポケットからさい銭出してチャリン、こんな不謹慎な話はない。私人としての参り方を演出したかったのかもしれないが、むしろ亡くなった方に失礼だ。

 憲法には思想信条の自由だけでなく、政教分離も書いてある。大阪高裁では憲法判決も出ている。中国の多くの問題をトータルに考えず、この4年半は外交不在の小泉政権だ。

 行きもせん人間が、他人の参拝の仕方にいちいち文句言う筋合いはないと思う(-.-#)

 「憲法判決」、これホントに言ってたけど、いいんですか?
 時間切れ直前だったので焦って言い間違えただけで、「違憲判決」と言いたかったんかしら?だとしたら何度も言うけどこれは間違いで、正しくは「違憲判断」ですよ。

 前原さんの論理で( ゚Д゚) ハァ?なのは、「A級戦犯が祀られているからダメ」論を展開しておいて、最後に「憲法判断」を持ち出したこと。
 だって「A級戦犯が合祀されている間は行かない」ってことは、「A級戦犯が分祀されたら行く」ってことでしょ(分祀なんてありえないけど)。だったら憲法判断だの政教分離違反だのは一切関係ないってことにならんか?

 あと、↓この記事なんか見ますとね、

 「首相は参拝すべきでない」 民主党の前原代表が東京で講演

 前原氏はA級戦犯に関して「内外で被害者を出した戦争の責任を負うけじめが必要。死後は神仏になるという考えもあるが、政治は結果責任であり、現役政治家の甘えにつながる。人生を終えても責任を取り続けるからこそ、国民の負託を受けている」と、政治家としての姿勢を訴えた。

 日本では死んだらみな仏のはずだが。
 もちろん、めちゃくちゃ無能だった政治家が死後「あいつは最悪の政治家だった」とか悪口言われたりするのは仕方ないと思う。
 でも「死後も責任を取り続けるべき」ってのは言い過ぎじゃないですか?
 少なくとも日本人の発想ではないですな。中国人の発想ですわ。

 とにかく前原さんって、頭でっかちで土台がグラグラ〜という印象です。
 国民の期待も高いですし、何よりうちの父も高く買ってますんで、どうか頑張って下さいまし。

 あ、書くの忘れてた。
 父は「日清・日露戦争から日本人は総括せなあかんな」とも言ってました。
 父的にはこれらの戦争は「列強が来てたので戦わざるを得なかった」んだそうです。大東亜戦争だけが×なんですなぁ。
 これってつまり「勝つ戦争ならOK」ってこと?お父さん?(^_^;

※参考リンク:
 母子草の押し花及び東條かつ子夫人の書付等〜東條英機陸軍大将について

※拙ブログ関連エントリー:
 9/17付「前原誠司の発言まとめ」

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:57 | 歴史認識 | comments (32) | trackback (2)
靖国参拝社説&「ワイスク」今日はカナダ人
 小泉首相の靖国参拝から一夜明けて。
 今日は各紙社説の紹介と、あと「ワイスク」がまたしてもトンデモだったのでそれも少し紹介したいと思います。

 その前に、まずは産経朝刊から興味深い記事をご紹介。

小泉首相靖国参拝 「心の問題」決意貫く 中韓の干渉強く牽制
(前略)
 一方で、首相サイドは昨年十一月のラオスとチリ、今年四月のインドネシアと過去三回開かれた日中首脳会談の前に「首相は時期は別として、靖国神社を参拝する。それでもいいなら会談を受ける」と非公式に打診していた。

 それでも中国側が会談に応じたのは、表では国内向けに靖国参拝を批判はするが、裏では首相の靖国参拝をあきらめ、他の課題について協議する損得勘定をしていたためともいえる。

 このため、中国が、歴史問題で日本に踏み絵を迫り、「日本より優位に立つための口実に過ぎない」(周辺)と首相が見切っていたフシがある。

 首相は周囲に「靖国で譲れば日中関係が円滑にいくなんて考えるのは間違いだ。靖国の後は教科書、尖閣諸島、石油ガス田…と次々に押し込んでくる」と漏らしており、中国に強い警戒感を抱いている。
(中略)
 「本来、心の問題に他人が干渉すべきじゃない。ましてや外国政府が、日本人が日本人の戦没者に、あるいは世界の戦没者に哀悼の誠をささげるのを、いけないとか言う問題じゃない」

 首相は十七日夕、記者団にこう言い切った。日本の内政問題である靖国参拝に干渉してくる中国や韓国を強く牽制(けんせい)したのだ。中国は今年、王毅駐日大使らが、「日本の政界、財界、マスコミを回って参拝中止への協力を呼びかけた」(自民党幹部)とされる。
(中略)
 首相は最近、「中国は、日本人の心の問題にまで踏み込んだことを後悔するだろう」と周囲に語っている。
(後略)

 小泉首相という人は実はものすごい策士なのかもしれん。
 もちろん郵政民営化法案成立までの一連の流れに関しては策士だなーとは思ってたけど、靖国問題に関してはあなどってました。
 「確固とした国家観を持ってるわけでもなさそうやし、『公約を守る』の一点のみでやってるだけでは?」と。
 もしかして「神舟6号」帰還と靖国参拝が同じ日になったのも、単なる偶然ではなく計算の上だったのかも?!
 (但しやっぱり確固とした国家観を持ってる人には見えないが)

 あともう一つ産経で興味深かったのは、岡崎久彦さんのコメント。

□岡崎久彦元駐タイ大使

 ■言葉の批判以外 実害なし
(中略)
 行きがかり上、中国、韓国による批判は当然、予想していたが、大使館や政府スポークスマンなどは激しい言葉遣いをしないと自分の立場が危なくなる人たちだ。日本に言っているのではなく、自分の後ろに向かって言っているのだと解釈すべきだ。

 今後、数日間の中国の反応は興味深い。これによって中国の今後の対日戦略や、あるいは中国内部の権力関係、特に強硬派と穏健派などが分かってくるはずである。
(後略)

 今日は超党派の「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」が参拝しましたね。
 我が選挙区の川条しかちゃんは「これはあくまでも日本の内政問題であって、外国から内政干渉されるものではない」と記者に対してコメントしてました。
 また、参拝はすでに選挙の時に遺族会に対して公約として言ってあったそうです。
 私は選挙では別の候補者に投票したんですが、しかちゃんに決まってしまったものは仕方ないので(おいおい)、今は割り切って応援することにしてます。

 さて、今日の各紙社説。一部引用しながらざっとツッコミを。

読売社説:[首相靖国参拝]「もっと丁寧に内外に説明を」
  先月30日の大阪高裁判決は、訴訟内容とは直接関係のない“実質的傍論”の形で、首相の靖国参拝は「違憲」という見解を示した。

 しかし、その前日の29日の東京高裁判決、今月5日の高松高裁判決は、いずれも首相の靖国参拝について憲法問題には触れずに、原告の請求を棄却した。

 高松高裁判決は「具体的事件解決のため憲法の解釈が必要となる場合にのみ、憲法解釈について判断するのが裁判所における違憲審査の在り方である」との見解も示している。

 「違憲判断」について説明したのはGJですね。
 でもあとは全体的に煮え切らない印象。
 読売は中曽根元首相を支持してる手前、「参拝は良かった」とか大っぴらには書かれへんのでしょうな。
 あと、新たな国立追悼施設の建設についてはややトーンダウンしてるような気も。
 とにかく難産の社説って感じ。
 編集手帳の方は心情的にめちゃ小泉寄りに見えるんだけども。


産経社説:首相靖国参拝 例大祭にしたのは適切だ

 特に突っ込む箇所なし。強調ポイントはこれ↓
 先月末、大阪高裁が傍論の中で首相の靖国参拝を違憲とする判断を示した影響とみられるが、大勢では首相の靖国参拝を認める司法判断が定着している。小泉首相は堂々と今まで通りの昇殿参拝を続けてほしかった。


毎日社説:靖国参拝 中韓の反発が国益なのか
首相が参拝のスタイルを工夫し、入念に時期を選んだとしても、参拝を容認することはできない。

 中国とまるっきり同じこと言ってますね(昨日のエントリーの最後の方を参照)。

 「反日」の高まりを抑えようと小泉首相は4月のアジア・アフリカ会議(バンドン会議)の演説で植民地支配と侵略の歴史について「痛切な反省と心からのおわび」を表明した。8月15日には談話を発表し、この中で「ともに手を携えてこの地域の平和を維持し発展を目指す」と誓った。

 にもかかわらず、今年もまた参拝である。中韓両国にとっては首相が「二枚舌」を使っているように見えるかもしれない。

 これね、中韓がよく言ってくるんですけどね、外交と慰霊は全然別物でしょう。
 もちろん戦争の反省はしますよ。でも「他国へのおわび」と「自国の戦没者の慰霊」とは全然別次元のことですやん。前者は外交、後者は内政。


朝日社説:靖国参拝 負の遺産が残った

 もうタイトルからしてゾクゾクしますねぇ。ところが中身を読んでみるとそうでもなかった。
 とか言いつつ、細かいツッコミは忘れない私(^^ゞ

 中国や韓国の反発をはじめ、国際社会の厳しい視線。9月末に示されたばかりの大阪高裁の違憲判断。割れる国内世論。すべてを押し切っての参拝だった。

 「国際社会の厳しい視線」って?「中国や韓国」以外にどこかの国が何か言ってきましたか?
 (今日は麻生総務相も「中国と韓国以外の国から言われたことはありませんから」ってコメントしてた。麻生さんGJ!)
 「国際社会の厳しい視線」って具体的に何なんですか?NYタイムズみたいな海外の反日メディアのこと?(ちなみにNYタイムズ東京支局は朝日新聞社内にある)

 「割れる国内世論」ってことは、参拝賛成派の国民も多数いたってことですよね。
 なのに「すべてを押し切って」って何よそれ。気ぃ悪いわ。私らは小泉くんに押し切られたんじゃないわよ。背中を押した側なのよ。

 でも「違憲判断」ってちゃんと書いてる。これは意外。どうした朝日。クレームが来たからって素直に折れる朝日じゃなかろうに。

 中国側にも、今春のような暴力ざたにならないよう冷静な対応を求めたい。対立の悪循環は避けてもらいたい。
 
 ( ゚Д゚) ハァ?「暴力ざた」??
 まるで限定的、個人的な暴力しかなかったような書き方ですな。
 中国政府脚本・演出のあの大規模な反日デモの印象を薄めようと必死と見た。
 いいじゃん、別にそんな気つかわんでも。どうせ中国様のデモは「きれいなデモ」なんでしょ?

 首相が参拝の方針を貫いたことで、日本は何を得たのだろうか。首相はあと1年で退任するそうだが、後に大きな負の遺産が残されたのは間違いない。

 いや〜、私は小泉くんが先鞭を付けてくれたおかげで、日本のあるべき姿が徐々に取り戻されつつあると思いますけどね。
 5年、10年経たないと見えてこないかもしれませんが、「正の遺産」となるのは間違いないだろうと。
 とか、マジレスしてしまう私って暇人?(^_^;

 ちなみに天声人語は小泉首相を忍者、サーカス、暴走車扱い。
 「司法の違憲の判断をも軽くみているような姿」とあるけど、軽くみてないからこそあんな参拝の仕方になったのでは?
 つーか、私は逆に小泉くんはあの違憲判断を必要以上に「重く」みすぎではないかと思う。理由は上の産経社説を参照。


日経社説:これが「適切に判断」した結果なのか

 まあ日経はねぇ。ビジネス的にはこう書かざるをえないんでしょ。


東京新聞(中日新聞も同じ):靖国参拝強行 改革の機運も台無しだ

 今日は朝日よりこっちの方がえげつなかったみたいですな。

 何をそんなに意地張って。こんな感想を抱いた人も多かろう。秋の例大祭が始まった靖国神社に小泉首相の五度目の参拝である。聞く耳持たぬ首相の尻ぬぐいに、官邸、外務省が走る。見苦しい。

 何せ出だしから↑これですもん。

 私たちは参拝を待ち望んでいたわけではない。

 だから勝手に「私たち」って括るのやめてもらえませんか?!
 もうあとは突っ込む気力なし。皆さん個々で突っ込んで下さい(手抜き(^_^;)。

 東京新聞は筆洗もすごいです。
 今月初め、中国旅行の途中、北京郊外の盧溝橋にある「中国人民抗日戦争記念館」を訪ね、展示が予想外に穏当なものだったことに感銘を受けた。
(中略)
 首相は記者団に「心の問題だから、外国政府がいけないとかいう問題ではない」と語ったが、胡主席が見せた外交的配慮が、首相にあったとは思えない。
(中略)
 盧溝橋は当時の堅固な石橋がそのまま残り、橋上の石畳には、何百年分もの轍(わだち)の跡が二条の溝になって刻み込まれていた。近所で遊んでいた子どもたちにカメラを向けると、笑顔でポーズを決めてくれたのがうれしかった。

 日本に配慮する胡錦濤はエライ!中国に配慮しない小泉はダメ!……はいはい、ワロスワロス。
 ガス田問題でも日本に配慮するよう胡錦濤に言ってもらえませんかね?
 これ書いた人はたぶん、「政治がやらないなら俺がやる!ペンの力で日中友好の架け橋になってやる!」って感じで、自分に酔ってるんだと思う。
 『子ども』で締めるあたり、そういう匂いがプンプンと……(^_^;


 ・・・・・ここからは「ワイスク」です・・・・・

 スタジオで靖国神社の元宮司さん(たぶん湯澤貞さん)の吊し上げ大会をやってました。
 途中から見たんですが(12時8分ぐらいから)、かなりえげつなかったです。

 もう一人のゲストはカナダ人ジャーナリストで元フォーブスアジア太平洋支局長のベンジャミン・フルフォード。何でカナダ人が?関係ないやん。
 「靖国参拝で文句言ってるのは中韓だけらしい」と国民が気づいてきたので、焦ったテレ朝が、特定アジア以外の白人社会も靖国参拝に反対してるんですよ〜と、視聴者を洗脳するために出してきたのかもしれません。

 が、ワタシ的にはグッドチョイス!!
 こんなアホ外人だったらワイスクご覧の奥様方も洗脳されませんわ。自信ある。
 何せね、いきなり「小泉」と呼び捨てですもん。これはアカンわ。
 何やかんや言うても小泉くんはまだまだ人気あるし、さほど小泉くん好きじゃない奥様でもね、人の国の総理大臣を呼び捨てにするような外人にまず好感は持ちませんわ。

 昨日のエキセントリックな中国人に続いて、今日は高慢ちきなカナダ人。
 「ワイスク」は、「靖国参拝に反対してる外人って変なのばっかりね」と奥様方に印象づけることに貢献したんではないかと。

 ・ベンジャミン・フルフォードの発言から。

 「人を大量に殺した人を祀っている。中国人を大量に殺したのに博物館(遊就館)では触れていない。美化している」
 「天皇陛下でも避けているのに、なぜ小泉が行くかわからない」
 「全世界が日本を間違いだと言ってる。何で日本はそれを無視するのか?」
 「日本は平和平和と言い訳するが、こういう例えができる。奥さんには浮気しないと言いながら、愛人とつきあっている。靖国神社はそれと同じことをしてる。馬鹿にしている。考えが甘い。100年たっても200年たっても許さない」

 浮気?愛人?何じゃそのアホな例えは。レベル低すぎ。
 もしかして主婦のレベルに合わせたつもり?主婦を馬鹿にすなや!

 「アジア」がついに「全世界」にスケールアップしちゃいましたね。世界って狭いのねぇ(^_^;

 あと私は聞き漏らしちゃったんですが、ナチスとの比較もしてたそうです。お約束ですね。

 ・ついでに川村晃司の発言も。

 「この前会ったドイツ人ジャーナリストが言っていた。小泉首相は『心の問題に干渉すべきでない』と言うが、これは被害国の心の問題である。小泉首相は稚拙であると。一市民として行くのであれば総理をやめていくのがわかりやすい

 たかがこんなことで総理を辞めろと?ほぉぉぉぉ〜。
 (「一国民」じゃなく「一市民」って言い方がすでに嫌だ)
 しかも都合よく「ドイツ人」なんて出してきて。実名言ってましたが、メモ取れず残念(ご存知の方、ご一報を)。
 ドイツ人も反日が多いですよね。「同じ敗戦国でもドイツの方が日本よりずっとマシ」と思い込みたいんですかね。
 
 元宮司さんは、可哀想にフルフォードらに攻撃されるままという状態で、ほとんど反論とかされてませんでした。
 何を言われても原理原則を淡々と説明する、という姿勢で。

 「国のために尽くした人を昔から祀っている。国のために貢献した方をお祀りしている。日本人としては当然だし、だから多くの人のお参りがある」
 「神社としては公的私的という区別はしてない」
 「神社は慰霊で戦没者を祀る、遊就館は戦没者を顕彰する、ということをしている。当たり前のことをしている」
 ……こんな感じ。

 ほんとのこと言うと、もっと反論してほしかったんですが……。
 アホ外人なんか相手にしても仕方ないと、あきらめモードに入っちゃったんかなあ。

 【追記10/19 PM2:00 コメント欄にindicium様からフルフォードの発言の前後の起こしを頂いています。どうぞご覧下さい】

 さて、このベンジャミン・フルフォード、どこかで見た外人だなと思ってたんですが、昨日付エントリーにいただいた「以前三宅久之さんにぼろくそいわれてこてんぱんにされていた人」というコメントで思い出しました。

 この5/16に「TVタックル」に出演してました。
 日本人の愛国心と国益・在日外国人VS三宅激突・なぜ日本は恨まれる!?中韓(秘)反日教育の実態」

 その時の様子、どこかに載ってないかと思って探したら、ありました。
 こちらのサイトの5/16分をご覧下さい。ちょこっと引用させていただきます。

 フルフォードの発言より。A級戦犯が祀られてるから靖国参拝に問題があるとか言っておきながら、極東軍事裁判の不当性で追い詰められてくると「A級戦犯なんかどうでもいい。問題なのは戦争を賛美する施設に首相が参拝してることだ」とか言い出す。しかも靖国が何のために建立されたかも全く分かってないのに。
(中略)
 更にツッコミ所。フルフォードは靖国が存在し、また首相が参拝しているから日本は世界中から非難を浴び世界の孤児なのだ、と言い切った。

 おお、ここでは「全世界」ならぬ「世界中」発言!
 あなたのおっしゃる「世界中」って………以下略。

 さらにネットを調べてみますと、これなんか日本のマスコミ批判などで良いことも書いてるようなんですが、もっといろいろ調べてみたら、週刊金曜日の協賛で講演会をやってるのを発見。
 だめだこりゃ(^_^;


※お勧めブログ:今日の覚書、集めてみましたさん
 靖国参拝が「あっち側」でどういうふうに書かれてるかを紹介して下さってます。
 ・靖国参拝:オーニシが書くと?@NYT
 ・靖国記事ワースト賞@ニューヨーク・タイムズ
 ・靖国記事ワースト賞はこっちか!?@ワシントン・ポスト
 他にもいろいろ紹介して下さってます。ぜひご覧下さい。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:07 | 歴史認識 | comments (24) | trackback (10)
首相が靖国参拝〜問題なのは中韓よりむしろ日本のマスコミ?
小泉首相、5度目の靖国参拝 秋季例大祭
 関連ニュースはここからどうぞ。

 テレビは朝から大騒ぎでしたな。
 ちなみに関西各局はこういうふうになってました(参考:2ちゃんねる実況板)。

続き▽
Posted by くっくり 01:56 | 歴史認識 | comments (31) | trackback (13)
朝日新聞がまたもマッチポンプ社説
朝日社説(10/16)アジア外交 打開へ決断の時だ
 小泉政権にとって最大の懸案だった郵政民営化が決着し、政治の焦点はこれまで先送りされてきた課題の処理に移る。外交はその筆頭だ。なかでもアジア外交、とりわけ中国との関係打開は焦眉(しょうび)の急である。

 首相の靖国神社参拝の問題で、日中首脳の相互訪問は4年も途絶えている。今春には中国各地で大規模な反日デモが起こり、日中関係は72年の国交正常化以来、最悪の状態が続いている。

 首相は選挙中、日中間の交流はかつてないほど深まっていると主張した。しかし、「政冷経熱」と言われ、経済面では確かに結びつきが飛躍的に高まっているのに、政治面は凍(い)てついたままだ。

 首相も関係改善の必要性は痛いほど分かっているはずだ。その思いは、戦後60周年のことし、8月15日に発表された談話にはっきりと表れている。

 閣議決定された首相談話は、植民地支配と侵略戦争を謝罪したうえでとくに中国と韓国の名前をあげ、「ともに手を携えてこの地域の平和を維持し、発展を目指す」と誓った。

 総選挙で靖国問題が争点になるのを防ぐ思惑もあったかもしれない。だが、この夏の靖国参拝を見送ったこととあわせ、両国やアジア諸国はこれを評価した。首相のメッセージは受け止めた、あとは行動を見守るということだろう。

 靖国神社では、17日から秋季例大祭が始まる。参拝推進派には首相参拝への期待が高まっている。もし行けば、そんな首相の思い、そしてアジア諸国の理解はぶち壊しだ。この秋に限らず、参拝は再考すべきだ。

 もちろん、首相の参拝は外交問題であるだけではない。最近、大阪高裁が違憲判決を下したように、憲法の「政教分離の原則」に照らして疑念がある。戦争の責任をあいまいにされては困る、というのはほかならぬ日本国民の多くのこだわりである。

 首相は戦没者に哀悼の意をささげるためだと言う。しかし、靖国参拝を貫くことが戦後日本の平和国家建設の努力に水を差し、アジア外交の選択肢を著しく狭めるとすれば、このやり方にどれだけの価値があるのだろうか。

 11月には韓国・釜山でアジア太平洋経済協力会議(APEC)の首脳会議、12月にはマレーシアで初の東アジアサミットが開かれる。この秋から冬にかけて、日本のアジア外交の真価が問われる季節を迎えるのだ。

 中国の存在感が格段に強まるなかで、この地域の安定と繁栄に向けてどのような外交の絵を描いていくかは、中国自身を含めて各国に共通する課題になっている。日本がどう出るかは各国に注視され、新たな協力の構想を示すことが待ち望まれている。

 それが首相の靖国へのこだわりが原因で、思うように絵が描けない。この行き詰まりに終止符を打ち、アジア外交の立て直しに本腰を入れてもらいたい。

 あのねぇ、朝日さん。今まで自分がさんざん放火しておいて何なの?この言い草は。まさにマッチポンプ。

 ガス田問題にも原潜領海侵犯にも触れてない。
 反日デモにはかろうじて触れてるけど、首相の靖国参拝が原因のような書き方してる。あの官製デモの狙いが「日本の国連常任理事国入り阻止」だったことはもはや明らかなのに。

 「両国やアジア諸国はこれを評価した」「アジア諸国の理解はぶち壊し」ってね、中韓と他のアジア各国をいっしょにすな!中韓以外は「そんなもういつまでも謝罪なんかせんでも」って思ってるわよ。

 また「違憲判決を下した」なんて書き方してるし。
 あれは「違憲判断」。傍論。傍論は「判決」じゃない。いわば裁判官の独り言。法的拘束力なし。判例としての効力もなし。

 「戦争の責任をあいまいにされては困る、というのはほかならぬ日本国民の多くのこだわり」ってね、勝手に括らないでよ。
 「戦争の責任」って何?A級戦犯のこと?
 今や多くの日本国民は東京裁判の正当性に疑問を抱いてるのよ。世論調査でも参拝賛成派の国民は多いですよ。
 参拝反対派の国民も、「A級戦犯が祀られているから」より「周辺国に配慮」を理由として挙げてる人が圧倒的に多い。つまり「戦争の責任云々」で反対してるわけじゃないのよ。
 朝日新聞の世論調査(6/28付)でもそうなってるでしょうが。
 (「周辺国に配慮」=72%、「A級戦犯」=13%)

 「首相は戦没者に哀悼の意をささげるためだと言う。しかし、靖国参拝を貫くことが戦後日本の平和国家建設の努力に水を差し」ってね、国のトップたる首相が「戦没者に哀悼の意をささげる」気持ちを忘れたら、その時こそ平和国家として危うくなるんじゃないですか?その時こそ他国は日本を警戒しなきゃいけませんよ。

 何度も言うけど「アジア外交」って一括りにしないで下さいな。
 日本が戦後60年歩んできた平和国家への道のりを、多くのアジアの国は評価してるわよ。
 日本の戦後の努力を完全スルーして、靖国参拝しただけであーだこーだ因縁つけてくるのは特定アジアだけ。そっちの方が異常だと、何で気づかんのよ?
 (これも何度も言うけど、朝日新聞が中曽根首相時代に靖国参拝の件を中国に焚きつけるまで、中国は何も抗議なんかしてきてなかったのよ)

 「首相の靖国へのこだわりが原因で、思うように絵が描けない」って、なるほど、「朝日の思うように絵が描けない」ってのが本音ね。例大祭を前にしてよっぽど焦ってるのね。

 ちなみに中国側はこんなこと言うとります。

日本の常任理入り「理解できる」/中国外相、初の柔軟姿勢
 李外相は日本の国連安全保障理事会常任理事国入りの問題について「日本が国際社会でより大きな役割を果たしたいという願いを中国は理解できる。互いの理解を深めるために交流と対話を深めたい」と述べた。これまで日本の常任理事国入りに強く反発していた中国政府が、初めて柔軟な姿勢を示したといえる。

 さんざん妨害活動を繰り広げておいて、今さら何言うとんねん。日本なめるんもいい加減にしぃや!

  また李外相は「歴史認識と靖国参拝問題をうまく解決できれば、東シナ海の問題も友好的な協議を通じて必ずうまく解決できる」と語り、小泉純一郎首相が靖国神社参拝を見送れば、東シナ海のガス田開発問題が大きく前進するとの認識を初めて示した。

 はあああ?靖国参拝を見送ったらガス田問題が前進するぅ?んなわけなかろう!
 以前だったら、そう言われて「靖国参拝やめとけば?」と思った日本人が多数だったでしょうけどね、日本人も学習してますよ。特にこの1年ほどでずいぶん勉強させてもらいましたわ。
 騙されるか、ボケ!(-.-#)

 この記事見ますとね、今日の朝日の社説と何かしら関係があるんじゃないかという気がしますね。
 例大祭も近いことだし、中共から朝日に「小泉が靖国参拝しにくくなるよう日本の世論を煽れ!」てな指令でも下りてきたんじゃないですか?


 今日の朝日社説、2本目もひどいもんでした。

朝日社説(10/16)新聞週間 ネット社会のただ中で

 一方、当事者の話だけでなく、事実の裏付けを取ろうとする新聞記者の職業倫理は、報道内容の正確性や「議論の公平」の基礎をつくってきた。

 この点で私たち朝日新聞は、虚偽メモ問題など、あってはならない事件を起こした。それが新聞全体の信頼も傷つけたことが残念でならない。その反省を心に深く刻んでおきたい。

 「虚偽メモ問題など、あってはならない事件」の『など』には当然、NHK番組改変問題も含まれるんでしょうね?
 いつになったら朝日新聞は安倍・中川両氏に謝罪するんですか?とても反省してるとは思えないんですけど??

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:30 | 朝日新聞 | comments (19) | trackback (3)
朝鮮総連系団体の家宅捜索〜何でNHKはスルー?!
 キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!! と思わずテレビに向かって叫んでしまったのは私だけではないはずだ。

北朝鮮系病院を捜索 関連会社の薬事法違反容疑北朝鮮系病院を捜索 関連会社の薬事法違反容疑/警視庁聴取 「藤田さん拉致関与」病院関係者が説明
 北朝鮮系の総合病院「西新井病院」(東京都足立区)が関係する会社が無許可で医薬品を販売していた疑いが強まり、警視庁公安部は十四日、薬事法違反容疑で病院内にある財団法人「金万有科学振興会」や兵庫県伊丹市の製薬会社など関係先計十一カ所を家宅捜索した。病院関係者が、特定失踪(しっそう)者問題調査会(荒木和博代表)が「拉致濃厚」としている藤田進さん=当時(19)=について「拉致に関与した」などと公安部の任意の事情聴取に説明しており、藤田さん失跡についても慎重に捜査を進める。

 ほかに捜索を受けたのは、財団法人「在日本朝鮮人科学技術協会」(文京区)など。

 調べでは、西新井病院が関係する会社は昨年五月から今年四月にかけ、厚労相の許可を受けないまま医薬品を販売。さらにがんやエイズを撃退すると効能をうたった広告を、インターネットに無許可で掲載した疑い。

 同病院は昭和五十八年に平壌に、総合病院を北朝鮮側と合弁で建設したことで知られ、病院長は在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の中枢とも関係が深いとされる。

 一九八七年の大韓航空機事件で服毒自殺した北の工作員「蜂谷真一」こと金勝一=当時(69)=の偽造旅券に使われた旅券情報を入手したとして、公安部が行方を追っていた在日韓国人の李京雨工作員が昭和六十年、肝臓がんで一時、同病院に入院していた。李工作員はその後、北に帰国して病死したとされる。

 藤田さんは東京学芸大一年生だった五十一年二月七日、「警備員のアルバイトで新宿に行く」と埼玉県川口市の自宅を出たまま失跡した。

 特定失踪者問題調査会が昨年八月、北朝鮮による拉致の可能性を否定できないとして、藤田さんを「拉致濃厚」と発表。家族が国外移送目的略取罪で刑事告発していた。公安部は政府による拉致認定を視野に捜査を進めている。

≪物証なく、慎重に捜査≫

 「藤田さんの拉致に関与した」−。警視庁公安部の任意の事情聴取に、衝撃の“告白”をした西新井病院関係者の発言の真偽は「物証が何もなく不明」(警察幹部)。だが、同じ人物とみられる男は、特定失踪者問題調査会に平成十五年一月、匿名で電話をし、同様の証言をしたうえ「名字は『チョウ』で貿易業を営んでいる。日本人です」と話したとされる。

 昨年十二月には、調査会側と面談。「西新井病院関連の千葉の保養所に一時監禁されていた藤田さんを車で新潟に連れていき、(北朝鮮の工作員の)男に引き渡した」と具体的に証言している。犯行に加担した理由については「脅された」と説明、反省の言葉を繰り返したほか、病院の内情について話した。

 男は日本のパスポートを提示したが身元は確認できなかったという。

 公安当局者は「病院関連の車の運転手をしていた人物」と指摘する。

 だが、十四日の家宅捜索には、男の証言の中にあった保養所などは含まれず、警視庁幹部は「あくまで薬事法違反の捜査」と強調。別の捜査関係者も、「男の供述に関心はあるが、何も具体的な証拠が示されておらず、内容を精査する必要がある」と慎重な姿勢を崩していない。

 新聞各紙へのリンク、画像キャプチャはmumurさんのブログを。

 それにしても「ハマーン」って一体……。ガンダムのキャラかよ!と大笑いした後、「絶対ネタにしてるはず!」ってことでToriさんのブログを見に行ったら、やっぱり。ウケたよToriさん!(≧▽≦)

 総連関係者皆さん、すごいですね。
 被害者ぶったり、垂れ幕掲げたり、もみ合って大げさに痛がったり、警官を威嚇するヤクザみたいなのがいたり、「政治的弾圧をやめろぉ〜!」と絶叫したり……10年前のオウムを思い出したわ。
 まさに劇団総連!(2ちゃんで拾った画像で出所は不明ですが、これは今日の物ではなくて、1999年11月に行われた朝銀東京信用組合をめぐる業務上横領事件での朝鮮総連中央本部への強制捜査の時の画像と思われます)

 朝鮮総連の談話が出てます。
 (*上手く飛べない場合は
 http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/j-2005/02/0502j1014-00001.htm
 ↑このURLをブラウザのアドレス欄にコピペして飛ぶか、朝鮮新報のトップページから辿って下さい)
 談話の内容はまあ予想通りという感じで。

 本国はまだコメントしてないみたいですが、「日朝協議は取りやめる」とか言ってきたりして?
 いや、逆ですかね。日朝協議の席で「拉致問題の交渉を続けたいなら総連に手心を加えろ」とか何とか言ってくるかも?

 毎度おなじみ重村教授のコメント。
 「今回は薬事法違反ということで捜索したが、目的は拉致や不正融資などの問題。公安は1年前からやろうとしてたが、政治関係のいろんな圧力があって控えてきた」(日テレ「ニュースプラス1」)
 「これまで手をつけられなかった。治外法権だった。が、今後は特別扱いはしないという警察の強い意思表示と見ていい」(テレ朝「報ステ」)

 しげむー、「政治関係のいろんな圧力」ってホントに言ってました。
 これってやっぱ野中ですか?

 夕方のニュースをあちこち見たんですが、私の見た限り、藤田進さんの事件と特定失踪者問題調査会の会見に触れたのはフジテレビだけでした。
 特定失踪者問題調査会の会見内容は電脳補完録さんを。
 産経の記事見る限りでは、藤田さんの件は西新井病院関係者の証言しかないようで、急速な進展は望めなさそうな雰囲気ですが、公安の皆さんには頑張ってもらってぜひ物証をつかんでいただきたいものです。

 さて、夜のニュースはというと「報ステ」は古舘のコメントはなし。「NEWS23」も筑紫のコメントはなし。でもニュースを伝えただけまだマシです。
 許せないのはNHK。夜7時のニュースも9時のニュースも10時のニュースも完全スルーでした。
 最初、「いくら何でもそんなはずは。私が見落としたに違いない」と思って、2ちゃんねる等を見に行ったところ、間違いなくスルーされていたことが確認できました。

 ただ、「手話ニュース」ではやってたそうです。しかも藤田進さんの事件と特定失踪者問題調査会の会見にも触れた模様。これについてはフィオリーナの以心伝心さんを参照。
 何でこれを手話じゃない普通のニュースでやらんの?おかしいぞNHK!

 この件でNHKに苦情の電話を入れた2ちゃんねらー多数の模様。

26 名前:<丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 投稿日:2005/10/15(土) 00:00:25 ID:bLDPh7TI

NHKに電話したみが…もうね…

N「他に重要な出来事がありますから…」
N「取材はしておりましたけど、放送は”控えて”おりました。」
N「逮捕者が出るなどの大きな動きがありましたので6時のニュースで流しました。」

取材しときながら、放送を控えたあ?(ハア?)
控えなきゃならん理由って何?
脱税とかで今まで散々家宅捜査のニュースを流してたじゃないか!

N「なぜ放送しないのか!との多くのお問い合わせがありまして…
  報道局の方に確認しようとしたんですが、全然繋がりませんでして…」

これは日本国民に対するNHKからの宣戦布告か?

 何はともあれ、これをきっかけに拉致、不正送金、ミサイル関連部品の不正輸出など、朝鮮総連絡みのさまざまな事件や疑惑の解明につながることを祈ります。


 ・・・・・・以下、北朝鮮関連ニュース紹介・・・・・・


北朝鮮、日朝協議再開の条件として横田 めぐみさんの遺骨鑑定の過ちを認めるよう要求
日本が10月中の再開を求めている日朝協議で、北朝鮮が再開の条件として、横田めぐみさんの遺骨を別人のものと鑑定したことについて、文書で過ちを認めるよう求めていることが明らかになった。
韓国の外交関係者によると、日本政府は10月中旬に日朝協議の再開を求めていたが、北朝鮮側は、協議再開の条件として、北朝鮮が横田めぐみさんのものとして渡した遺骨を日本が別人のものと鑑定結果を出したことについて、「正式な文書」で日本側が過ちを認めることを求めているという。
北朝鮮側の態度が硬いことから、韓国の外交関係者は「もし協議が再開すれば、日本側が何らかの文書を出したことになる」と話している。

 (゚Д゚)ハァ?何じゃこりゃ?韓国発ってことは北と組んでの揺さぶりですか?


慰安婦問題で日朝が応酬 国連総会
 【ニューヨーク=長戸雅子】国連総会第三委員会(人権)で慰安婦問題をめぐって日本と北朝鮮の発言の応酬が行われた。
 北朝鮮は女性問題に関する討論が行われた十二日、「政府が強制的に他国の女性を拉致し、性的奴隷となることを強制したことは歴史上前例がないが、日本は謝罪や補償を行わず、軍による慰安婦を否定している」と批判。日本が安全保障理事会の常任理事国入りを目指していることには「人類に対する挑戦」とまで表現して強い反発を示した。
 これに対し、日本の高瀬寧国連代表部公使は答弁権を行使し「北朝鮮の主張は拉致問題を含むさまざまな懸案への誠実な対応を遅らせる言い訳にはならない」などと反論した。
(産経新聞) - 10月14日15時15分更新

 めちゃくちゃ言われてますが、日本側は北朝鮮に反論しなかったんですか?
 いちいち反論してたら拉致問題を追及する時間がなくなっちゃうから、あえてスルーしたんかしら?
 それだったらまだ許せますが……。


北朝鮮と太いパイプ、米大物政治家が訪朝へ

 民主党の政治家(ニューメキシコ州知事)が共和党のブッシュ政権の使節として行くんですか?
 何やようわからんけど、94年のカーター元大統領訪朝とはまた全然違いますよね?
 

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 02:20 | 北東アジア | comments (20) | trackback (8)
細切れぼやき〈10/15〉
<郵政法案成立>今後の改革路線継続に意欲 小泉首相

 さあ次は拉致問題ですよ、小泉さん。靖国神社参拝もお忘れなく。


外務省HP 歴史コーナーの記述見直し検討
 町村信孝外相は十三日の参院外交防衛委員会で、外務省のホームページの「歴史問題Q&A」と題したコーナーについて、「事実でなかったことをあたかもあったかのような印象を与えるような記述や、過大に妄想的な数字がなかったかどうか、よく検証したい」と記述内容を見直す考えを示した。山谷えり子氏(自民)への答弁。
 ホームページには「首相の靖国神社参拝は過去の植民地支配と侵略を正当化するものではないか」「南京大虐殺をどう考えているか」などの設問が並び、平成七年の「村山談話」などを引用した回答が載っている。
 山谷氏は「中国や韓国のホームページのような問題設定で、日本の立場を十分に説明していない。あえて誤解を招くような書きぶりもある」と指摘。「従軍慰安婦」など当時なかった呼称を使っていることなども「不適切」と批判した。
(産経新聞) - 10月14日3時3分更新

 外務省の「歴史問題Q&A」はこちら。未読の方はこの機会にぜひ。


東シナ海ガス田開発 共同開発を中国が拒否

 てっきり回答引き延ばして時間稼ぎしてくるかと思ってたのに、いやにあっさりと拒否表明しましたなあ。
 日本政府は次の手をちゃんと考えてるんでしょうか?


春暁・天外天ガス田間にパイプライン敷設船 本社機確認

 朝日新聞、ちゃんと中国様の許可を得たんですか?(^_^;
 中国様のガス田開発が進んでいく様子を見て、実はわくわくしてたりして?


■産経と読売が社説で「鳥取人権条例」&人権擁護法案批判

 産経:【主張】鳥取人権条例 擁護法案と同様問題多い
 読売:[鳥取人権条例]「拙速な制定に追従すべきでない」

 朝日も早く書いてね〜(^_^;


マンガ嫌韓流の真実!

 ただいま予約受付中だそうです。


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 02:15 | 細切れぼやき | comments (1) | trackback (1)
北朝鮮「柔軟姿勢」の狙いは?
 今日は夕方から夜にかけて「楽天がTBSに経営統合申し入れ」のニュース一色でしたね。おかげで全然目立ってないけど今日、北朝鮮側がこんなこと言ってました。

北、「遺骨」返還で柔軟姿勢 鑑定説明聞く用意
 北朝鮮の宋日昊(ソンイルホ)外務省アジア局副局長は13日、日朝政府間協議再開を前に平壌市内で共同通信と会見、別人のものと鑑定された拉致被害者、横田めぐみさんの「遺骨」について、日本政府が返還できないなら、鑑定調査の詳細などの説明を聞く用意があるとの柔軟姿勢を示した。小泉純一郎首相が3回目の訪朝を希望するなら歓迎する意向も表明。拉致問題で手詰まり状態の日朝関係の局面打開を探り、政府間協議を国交正常化交渉につなげたいとの判断があるとみられる。

 昨年11月の第3回日朝実務者協議以降、日朝関係の実務責任者である宋副局長が日本メディアと会見するのは初めて。政府間協議の時期、場所については、当初「10月中旬に平壌で」と日本側に伝えたが「まだ決まっていない」とした。

 北朝鮮は日本側に対し、これまで「遺骨」の返還を強く要求、鑑定結果を「でっち上げ」として、真相究明や責任者処罰を求め協議に応じてこなかったが、宋副局長は「もし遺骨を返還できないなら、現在の保管状態、鑑定調査の真相について明白にしなければならない」と述べた。

 協議に臨む北朝鮮の姿勢について「(日朝)平壌宣言の履行に役立ち関係改善のためならば、提起されるあらゆる問題を協議しようとの考えだ」とし、核やミサイル、拉致問題も議題として排除しない立場を表明。一方で、平壌宣言の基本精神は植民地支配に伴う日本の「過去清算」とし、最優先で解決を求める考えも強調した。

 また「小泉首相はもちろん、誰であれ関係改善のための歩みならば、(訪朝は)良いことだ」と語った。

 退任した鄭泰和(チョンテファ)氏の後任の日朝国交正常化交渉担当大使の任命に関しては回答を避けたが、宋副局長自身が大使に就任するとの見方もある。(共同)

(10/13 20:40)

 以下の記事(9/23付)と比べてみましょう。

拉致問題調査に応じず 北朝鮮の前担当大使
 【平壌23日共同】北朝鮮の鄭泰和(チョンテファ)・前日朝国交正常化交渉担当大使(朝日交流協会常任顧問)は23日、平壌市内で共同通信などと会見し、日本人拉致問題について2回にわたる日朝首脳会談で「完全に解決した」との認識を示し、横田めぐみさんの「遺骨」返還問題を除き、今後は調査や証拠提供に一切応じないと言明した。日朝政府間協議の時期は「10月でもよい」と述べ、日本側が求める10月開催を受け入れる意向を示した。
 日朝両国が合意した政府間協議再開を前に、拉致問題での北朝鮮側の原則的立場を強調し、日本側をけん制する狙いとみられる。
 鄭氏は、日朝間の懸案は拉致問題でなく、植民地支配に伴う日本の「過去清算だ」と主張。
(共同通信) - 9月23日20時57分更新

 この変わり様はいったい……?!(「過去清算」を強調してるところは一緒ですが)
 日本と違って北朝鮮は独裁国家。担当者が変わったからといって(宋日昊が後任に決定したわけじゃないけど)、金正日の許可なしに方針が転換するってことはまずないはず。
 ってことは……??

 「3回目の訪朝」に言及してることが引っかかりますね。
 もしかしてまた私たちの与り知らぬところで、小泉首相訪朝のお膳立てが出来つつあるのでしょうか。

 今の小泉くんが拉致問題に意欲があるとはとても思えない。
 去年の2回目の訪朝時と違って、「支持率上げたい」という状況でもない(2回目の訪朝は「参院選前で支持率を上げたい狙いがあった」とされている)。
 この状況でもし3回目の訪朝があったとしたら……。
 もう拉致問題は完全に置き去りで、来年9月の総裁任期切れを前に外交で名前を残すチャ〜ンスってことで、本気で日朝国交正常化を押し進めるためのものとなるのでは?

 ただ、北朝鮮は正常化と同時に日米分断を企図しているのも明らかですから、親米の小泉くんがほいほいとそれに乗っかるとも思えないんですが……。
 でもな〜何せサプライズな人ですから。自民党圧勝の勢いに乗って行っちゃうのかも?

 10/6の衆院拉致問題特別委員会で、町村外相が↓こんな発言してるのも気になる。

首相訪朝「可能性排除しない」=条件整備が必要−町村外相
 松木氏は「北朝鮮はトップダウンの国だ。拉致問題は日本の首相が北朝鮮や第三国などで金正日総書記と会わないと次の動きは出てこない」と述べ、首相訪朝に関する外相の見解をただした。
 これに対して、外相は「それまで全く存在すら否定していた拉致問題を(2002年9月の)小泉訪朝の時、(北朝鮮は)初めて認めた。トップ会談は大変大きな成果を上げる可能性がある」と指摘。その上で「将来、可能性がないと言う積極的な理由はない。むしろ(条件が整えば)当然あると言った方がいい。必要な条件整備はやらなければいけない」と語った。

 あと、昨日は↓こういうニュースもあったんです。

国連総会に人権非難決議案 EU、初めて北朝鮮名指し
 【ニューヨーク11日共同】北朝鮮の人権状況改善を促すため、欧州連合(EU)が国連総会第3委員会(人権)に北朝鮮非難決議案を提出することを決め、最終案文などをめぐり、日米韓など関係国と近く本格調整に入ることが11日、分かった。北朝鮮を名指しした人権非難決議案が総会に提出されるのは初めてで、日本人拉致問題の早期解決要求も盛り込まれる見通し。欧州の国連外交筋が明らかにした。
 北朝鮮非難決議は、ジュネーブの国連人権委員会(53カ国)で2003年から3年連続で採択されているが、国連加盟191カ国から成る総会決議は法的拘束力はないものの国際社会の意思表示として政治的にはるかに重みがあるため、採択されれば北朝鮮への大きな圧力となる。
(共同通信) - 10月12日10時13分更新

 これに北朝鮮がプレッシャーを感じ、「早く拉致問題にケリつけて(=日本に拉致問題を棚上げさせて)、日朝国交正常化を急がねば」と焦って、それが今日の北朝鮮側の『柔軟姿勢』につながったとか、そういうこともあったりするんでしょうか?

 北朝鮮が折れてくるのは良いことですが、日本側が焦ってそれに飛びつかないか不安で不安で(T^T)

・今月号の「諸君!」:西村眞悟さんの「救国の一灯」より引用。
 しかし、過去二回の訪朝時とその後の総理の次の言動と経緯を総合すれば、明らかになることがある。即ち、総理は、一貫して日朝国交正常化への意欲を表明し、本年七月十九日には、任期中の国交正常化実現をさらに強調している。第一回訪朝から帰国した総理側は、北朝鮮に言われた通りに、八名は死亡したと被害者家族におごそかに「死亡宣告」をして死亡を信じさせようとした。死亡を信じさせれば、拉致問題はこの時終わったのだ。総理は今に至るまで自ら拉致被害者の総数を精査しようとはせず、北朝鮮の言う拉致被害者数を超えようとはしていない。第二回訪朝時に、総理は何故か北朝鮮に対し経済制裁不行使を約束した。第二回訪朝後、総理は二回にわたり何故か朝鮮総連の大会に祝賀メッセージを届けた。本年に入り、総理は拉致被害者の家族と会おうとせず、無関心を装っている。
 よって、以上を総合すれば、総理は、拉致問題を脇に置いたまま、任期中の日朝国交樹立を目指しているとの判断に至るのである。そして、これは、日ソ共同宣言を発して国交を樹立し、北方領土返還は別の機会の解決に委ねるという日ソ方式をなぞったものである。即ち、日朝共同宣言を発して国交を樹立し、拉致問題解決は別の機会に委ねるかたちを総理側は目指しているのだ。島は百年経っても島であり今もロシアの不法占拠を糾弾することができる。しかし、人は百年経てば全て死ぬのだ。十三歳で拉致された横田めぐみさんは、本年既に四十一歳ではないか。この日朝国交樹立方式は、実は拉致被害者を北朝鮮で見殺しにする方式である。

 素人の私でも断言できます。
 小泉くん、本気で拉致問題を進展させたいなら「訪朝」よりも「経済制裁」ですよ。

 最後に人事のお知らせ。

拉致議連会長代行に安倍氏 郵政政局の余波で登板
 超党派による拉致救出議員連盟(会長・平沼赳夫前経産相)は13日午後、国会内で総会を開き、これまで顧問を務めていた自民党の安倍晋三幹事長代理(党拉致問題対策本部長)の会長代行就任を了承した。
 自民党から参加していた平沼会長と古屋圭司事務局長が通常国会で郵政民営化関連法案に反対し、無所属となったのを踏まえた人事で、今後の日朝政府間協議に向け、自民党幹部をナンバー2に据えることで政府に対する発言力を維持するのが狙いだ。
 ただ安倍氏は、小泉純一郎首相が「ポスト小泉」候補を登用するとしている来月初めの内閣改造・党役員人事で要職に処遇される可能性が大きいとみられ、その場合は再び顧問に戻る見通し。
 安倍氏は就任あいさつで「党を代表して(役員に)入った。拉致被害者全員の奪還を目指していきたい」と強調した。

 よろしくお願いします、安倍さん!……でもどうやらピンチヒッターみたい。
 町村さんも悪くはないけど、この際『安倍外相』熱望!(T^T)


・・・・・・以下、細切れぼやき・・・・・・


■岡崎トミ子は何が言いたかったの?

 今日、国会中継(参議院郵政民営化特別委員会質疑)にチャンネルを合わせたら、たまたまあの売国議員岡崎トミ子が質問に立ってまして、何か妙な雰囲気になってましたわ。

 トミ子が「官房長官に質問したいんですが、自民党には東アジア共同体構想もあるのに、今の日韓・日中関係でうまく行くんでしょうか?」とか何とか。
 細田さんは予めトミ子から渡されてあったらしき資料を見ながら、「これは風が吹けば……」と言った途端に失笑。「桶屋がもうかる」と続けたかったのか?
 細田さんはその後も笑いがこみ上げてきて仕方ないという様子で、「ソリューションのそれぞれの関係が私にはわからない(笑)」とか何とか。
 周囲の議員たちもトミ子に対して失笑、失笑……という状態。
 トミ子は「でもこれを見せられて、何もかも実現するのだなと思って1票を投じた人がいたのではないかと思う」と返してましたが、ほとんど誰も聞いてなかった(^_^;

 何のこっちゃ?!特定アジアとか東アジア共同体とか、いったい「郵政民営化」と何の関係があるねん?
 テレビつける前にどういう流れになってたのかわからんから、何とも言えませんが……。後日、ここで議事録が見られると思うので、その時にまた確かめてみますわ。


扶桑社教科書、中学へ配布 「異なる見方」指導資料に ≪福井県と浜松市≫

 こういう試み、ぜひ全国的に広まってほしいですな。
 ただ、例えば福井県では↓こういう構想らしいけど

 七十九校ある市町村立中に十冊余りずつ行き渡る計算で、教員が授業に臨む前の教材研究として使うほか、授業で(1)教員が読み上げる(2)生徒に回覧させる(3)スライドなどで映写する(4)プリントにして配る−などの方法で使用される。

 果たしてサヨク教師がこれらを実行してくれるんでしょうか?
 それどころか、船橋焚書事件よろしく、扶桑社版教科書を廃棄しちゃったりするんでないかと一抹の不安が……(T^T)


楽天が経営統合申し入れ、TBSは「慎重に対応」

 村上ファンドvs阪神といい、最近こんなニュースばっかりですなあ。
 日本はいちおう資本主義・自由主義だから、当たり前と言えば当たり前?
 ただ、昔はこういう「カネにものを言わせて」というやり方をする日本人はあまりいなかったと思うんですけどね。良い・悪いの問題じゃなく、ああ、日本も変わってしまったのね〜と……。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:45 | 拉致問題 | comments (10) | trackback (0)
「NEWS23」歴史教科書採択
 今日のNEWS23はいつにも増してすごかったですね。全体的に。

 中国の2度目の有人飛行船打ち上げ成功のニュースから始まって(これだけ豊かならODAは必要ないですね(^o^))、靖国神社に保管されていた「北関大捷碑」が韓国経由で北朝鮮に引き渡しというニュース、お次は歴史教科書問題特集、その後は鳥取の人権条例可決のニュース。
 特定アジアスペシャルか!?(^_^;

 特集以外は今日あったニュースだから、どこの局でも報道はされてるでしょうが、テイストがNEWS23ですからもう( ゚Д゚) ハァ?の連続なわけで。

 特に「北関大捷碑」のニュース。
 引渡式に出席した在日韓国大使館の公使の「アジアの国々を侵略した指導者が合祀された中に保管されていたのはどうお考えですか?」てなコメントをこれ見よがしに流したり、あと姜尚中からは「今後も歴史関係で南北朝鮮の連携プレーが増える。拉致とか核とかという差し迫った問題と同じく、過去の歴史の遺産というものがある……」てなコメントわざわざもらってきて流したり。
 さすがNEWS23!期待を裏切りませんな〜(≧▽≦)

 で、気になる歴史教科書問題特集ですが、だいたい以下のような感じでした。
 (素起こしのためかなりアバウトです。訂正・補足があったら宜しくお願いします)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 まずはこのコーナーの進行役の男性アナ(下の追記*1参照)が、扶桑社の「新しい歴史教科書」を持って登場。「4年に1度の中学教科書採択。何と言っても注目されたのが扶桑社の『新しい歴史教科書』です」と。
 パネルを示しつつ「杉並、大田原など、全国で4912冊。全国比率0.4%……」と採択結果の概要説明。
 「それから42日。四者四様の動きがまだ続いていました」。んで、VTRへ。

 大田原市では一昨日、反対派市民が街頭に立って、「皆さん、このような教科書で子どもを学ばせていいんでしょうか」と署名活動。
 が、一般の人の反応はいまひとつ。と言っても、扶桑社が特に支持されているわけではない。
 70才ぐらいの女性「反対運動している人がいてほっとした」

 大田原市民の西山洋子さん(こちらで名前発見)は「国・県あての署名ならするが、市教委あての署名だと個人が特定されてしまうから、と断られる。狭い地域社会ですから」。

 扶桑社支持者で、修学館という塾を経営している大島塾長は「そんなにひどい内容じゃない。目くじら立てるほど違いはない。反対派はすぐ『戦前に戻る』とか言うが、あり得ない」。

 VTRが一旦終わって、男性アナが「『あり得なくてもはじめの一歩になってしまうかもしれない』という声もあります。実際、扶桑社の教科書と他社の教科書はどこが違うんでしょうか」。

 シェア率の高い東京書籍版と扶桑社版の拡大コピーが貼り付けられた大きなパネル登場。
 第二次世界大戦における日本とアジアの関係を記述したページ。
 (扶桑社の市販本で言えばP.206〜207)
 それぞれ、戦争に対して否定的な記述がされている箇所を青で塗り、肯定的な記述がされている箇所を赤に塗ってある。

 男性アナ「扶桑社は『東南アジアやインドの人々に独立への夢と勇気を育んだ』という記述がされています。『アジア諸地域の人々に大きな損害と苦しみを与えた』『日本軍の侵攻により多数の犠牲者が出た』と両論併記はしているが、肯定的記述が多くなっています。『アジア諸国で始まっていた独立の動きを早める一つのきっかけともなった』とも書かれています」

 東京書籍のコピーの前に移動する男性アナ。

 男性アナ「東京書籍は青色しかありません。これを自虐的と見るか、それとも扶桑社を戦争賛美と見るか、このへんが論争になっています」

 再びVTR。

・思わぬ展開も(1)

 黒羽町のケース。扶桑社版は不採択になったはずなのに、合併で「黒羽町」がなくなった。教育委員会も解散。黒羽町は他社を選んだのだが、今月、大田原市に合併されたため、来年度から扶桑社を使わざるをえなくなった。反対派の市民・白崎さん(下の名前を打ち洩らしましたが多分この人だと思う)は、採択を凍結するよう求めたが後の祭り。

 白崎さん「そんなに左右はっきり分かれたイデオロギーの持ち主の先生はいないと思う。扶桑社に頼らず模擬授業をやってみるなどしてはどうか?」
 (ちゃんと覚えてないけど、「先生が独自に教材を作って」みたいなことも言ってたようにも思う)

・思わぬ展開も(2)

 大洗町のケース。(1)とは逆パターン。
 全員一致で扶桑社が採択された。が、合同の採択地区を作るということで、大洗町は採択をあきらめざるをえなかった。
 大洗町教育委員会の加藤一五教育長「結論から言うと、他の町村と歩調を合わせた」
 これについて大洗町には賛否両方の投書が殺到した。

 加藤一五教育長「採択外の教科書まで全部見ていただく。先生も生徒も一般の人が常時閲覧できる場を作った。採択外の教科書も指導に役立てる。幅を持たせる」
 (字幕の「採択外」の「外」という文字は全て赤く塗られていました)

・思わぬ展開も(3)

 杉並区のケース。差し替えられた基礎資料。

 ここで一旦スタジオに戻る。

 男性アナ「杉並では採択のプロセスに問題があったと。採択の初期の段階で、教師が各教科書を見て、教科書調査報告書が提出される。現場の教師がコメントを記入するベース書類。が、一部この報告書が書き換えられていた」

 再度VTR。

 反対派の新城節子文教委員(キャプションでは文教委員としか書いてなかったが、この人は区議。この人の活動については中核派のサイトに詳しく載ってます)によれば、扶桑社について書く欄のところで「意図的、不適切、使用しない方がいい」と手書きされた報告書が、後日パソコンで良い評価に打ち変えられていた。新しい文章は訂正印を押した書き直しではなく、日付もそのままだった。
 
 新城節子文教委員「8/12(採択された日)で決定したから終わったという認識だが、公正公平な採択ではなかった。やり直すことも含め要求する」

 杉並では集会や街頭呼びかけが行われている。
 扶桑社サイドの「つくる会」も教育委員たちに公開質問状を送るなど、活動を続けている。

 小笠原恵子杉並区民(この人は「杉並親の会」の『呼びかけ人』)「それぞれ考えがあるだろうが、この教科書は子どもには渡さないよという一点で、大きな動きになると思う」

 スタジオに戻って、フリップ。

  「主人公」=地元不在の空中戦→黒羽、新しい取り組み始動
  「内容」 =読む機会なく論争→大洗、見本本公開
  「決め方」=教委集中か?学校参画か?杉並の例もある

 筑紫哲也「(杉並の報告書書き換えについて)嘘は泥棒の始まり」
 男性アナ「扶桑社が是か非かと同時に、決め方がこれでいいのか?と」

【追記*1 10/13 PM12:45】
進行役を「男性アナ」と書きましたが、この方は下村健一さんというお名前で既にTBSを退社済、現在フリーのジャーナリストだそうです(公式サイトはこちら)。お詫びして訂正します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 運動家に対して「市民」とか「区民」と、いかにも普通の人のようなキャプションつけるのは、もういつものことだから何も感じませんでした。

 でも、「東京書籍は青色(否定的な記述)しかありません」とサラッと流したのには正直びっくりしました。
 何で扶桑社の記述は事細かに説明して、東京書籍はサラッとやねん。細かく読み上げると何かマズイことでも書いてあるんですか?
 あるいは、普通の国民感覚なら「扶桑社は両論併記だが東京書籍は一方に偏ってるじゃないか。教科書がこんなに偏ってていいのか?」となるところですから、それを考えさせる余地を与えないための「サラッ」なのかも?(^_^;

 杉並の「書き換えられた報告書」ですが、今日初めて知りました。杉並親の会サイトによれば、朝日新聞と東京新聞と毎日新聞で取り上げられたとありますが、東京版のみなんでしょうね。いちおうネットでニュースを検索してみたんですが、挙がってこないようなので。

 ようやく見つかったのは「赤旗」(^_^;
 「つくる会」教科書に不利な報告/校長指示で書き換え/東京・杉並 中学教員2人が会見

 報告書を書き換えさせる意味がようわからんのですが……。
 書き換えさせてもさせなくても結果は同じで、最後はやはり扶桑社に決まったと思いますけどねぇ。教育委員のうち2人は前回も扶桑社支持してたし。
 「書き換えさせられた」ことを教員が証言したのが7/27というのがミソなのかな?採択日は8/5に設定されてましたから、それ狙いってこと?(8/5には採択できず、結局8/12に採択された)

※拙ブログ関連エントリー
 10/12付「つくる会会長「教科書採択戦争」闘争記」
 9/21付「「クローズアップ現代」歴史教科書はこうして採択された」
 7/17付「教科書採択問題〜愛媛の現状」
 7/13付「「つくる会」教科書、無事に大田原市で採択」
 7/2付「教科書業界の汚れた実態」

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:56 | TV番組内容紹介 | comments (19) | trackback (0)