リンクのお知らせ
「『思いつきブログ』hit on!」さん
「今日の覚書、集めてみました」さん
「笹団子のひとりごと(LD版)」さん
「時事関連お勉強中ブログ」さん
「Dr.マッコイの非論理的な世界」さん
「とりかご〜ガノタフィリピン戦線」さん
「日刊 【´・ω・`】 コミックペーパー」さん

 以上7件リンクに追加させていただきました<(_ _)>


 これだけじゃ味気ないので、何か書いとこ。

 阪神タイガースファンの皆さん、リーグ優勝おめでとうございます。
 楽天ファン(もともと近鉄ファンにつき「消極的楽天ファン」ではありますが)の私としては羨ましい限りです。……誰か選手分けてもらえないっすかね(T^T)

 あ、今シーズン途中に阪神さんから頂いた沖原さん、彼は非常にチームに貢献してくれました。阪神さん、ありがとう!
 入れ替わりでそちらに行った前田さんはお元気でしょうか?
 彼は数年前、試合でスクイズのサインを見落とし(3塁ランナー=前田さん、バッター=現オリックスの的山さん)、お詫びに坊主頭にしたというちょっと可哀想な経歴の持ち主です(^_^;
 前田さん、守備は非常に上手いんだけど、今の阪神では出番ないですわなぁ。

 しかし、関西のテレビは今夜えらいことになってますわ。NHKまでもが優勝特番ってアンタ。
 アンチ阪神の夫は怒っちゃってます。好きな番組がいくつか飛んじゃったらしくて。まぁでも、たまってるビデオを処理するには丁度いいんじゃないかと(^_^;。今はCS録画した「積木くずし」(高部知子、懐かしい!)を見てるみたいっす。

 ちなみに夫はアンチ巨人でもあります。あとソフトバンクも嫌ってるなぁ。お金持ち球団が嫌いみたい。
 阪神については球団そのものよりファンが嫌いなんだそう。昔、通勤の帰りに電車で何か嫌な思いをしたらしい(私も一部阪神ファンには辟易してます(T^T))。

 その夫、今年からはオリックスも目の敵にしてますわ。
 元近鉄ファンの中には素直にオリックスを応援してる人も多いようですが、夫はどーしてもそういう気持ちにはならん、と。
 私もその気持ちはわかる。だから夫婦で楽天応援してるという。
 でも楽天は大阪ドームにはなかなか来てくれなくて、今年は私たちも1試合見に行ったのみ。あとはCSで応援。寂しいっす。

 あぁっ、何かお気楽くっくりみたいになってしもうた。すんません(^^ゞ

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 00:38 | お知らせ | comments (15) | trackback (2)
日中中間線は日本が一方的に主張しているだけby「報ステ」加藤
 昨日のエントリーに対し、義母へのお見舞いのコメントを下さった皆様には心より御礼申し上げます<(_ _)>
 今朝、取引先に行く前に病院へ寄ったのですが、昨日手術を終えたばかりにもかかわらず義母はもうかなり元気になってました(^_^;
 この分だとおそらく予定通り2週間ぐらいで退院できると思います。

 本題。
 今日(9/28)の「報ステ」、ガス田問題の特集をやってましたね。
 VTRはテレ朝にしてはわりと公正な作りだったと思います。専門家(?)の「これは単なるエネルギーの問題ではなく、日本の主権に関わる問題」てな発言も盛り込まれてましたし。

 ところがところが。VTRの後、“加藤工作員”が全てをぶち壊してしまいました。前から中国寄りコメントが目立つ人でしたが、今日はもうまるっきり中国の代弁者。

 「日中中間線は日本が一方的に主張しているだけで中国は認めていない。(角澤アナに「国際的な基準じゃないんですか?」と訊かれ、あっさりと)ええ。もうすぐ日中実務者協議があるが、中国はもう生産を始めているから事務レベルでの解決は難しい。落としどころは共同開発。これができれば一番いいが、それには首脳レベルの政治決断が必要。が、小泉首相の靖国参拝問題で今は首脳レベルの対話ができない状態

 ↑うろ覚えにつき、補足や訂正があったら宜しくお願いします<(_ _)>

 あのVTRの後にこんなこと平気で言える加藤の感性が理解でけへん。いくら何でも偏りすぎ。
 先週チベットに取材に行ったそうだし、中国共産党にいらんこと吹き込まれて帰ってきたんとちゃいますかね?(-.-#)

 日中中間線は日本が国際的な基準を無視して勝手に言ってるだけ?……んなわけなかろう。
 日本側が主張している日中中間線は、国際法に照らし合わせて設定してあるはずなんですが。

 日本側の根拠は……これかな?
 海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)
 第15条 向かい合っているか又は隣接している海岸を有する国の間における領海の境界画定
 二の国の海岸線が向かい合っているか又は隣接しているときは、いずれの国も、両国間に別段の合意がない限り、いずれの点をとっても両国の領海の幅を測定するための基線上の最も近い点から等しい距離にある中間線を越えてその領海を拡張することができない。ただし、この条の規定は、これと異なる方法で両国の領海の境界を定めることが歴史的権原その他特別の事情により必要であるときは、適用しない。

 中国政府が主張している領海は「大陸棚の先端の沖縄トラフまで」ですよ?加藤はこれを容認するんですかね?

 実は中国が主張しているこの「大陸棚論」も、南シナ海に当てはめると、中国側がとたんに不利になるのです。中日新聞社説6/2分によれば、実際に中国はベトナムとの争いでは「中間線論」を主張し、「大陸棚論」のベトナムと対立。結局、「中間線論」で決着したそう。

 また「共同開発」って簡単に言うけど、中国政府の主張は「日中中間線より中国側の鉱区は中国が単独で開発、日中中間線より日本側の鉱区は日中で共同開発」ですよ?
 「俺の物は俺の物、お前の物は俺の物」というジャイアニズム丸出しの主張をしてるんですよ?
 加藤はこのこと知らんのか?そんなわけないですよね。中国の不利にならないようにあえて言わなかったんでしょうね。

※参考リンク:東シナ海ガス田問題まとめサイト


・・・・・・以下、今日気になったニュース・・・・・・

 コメントなしですんません。

2審も女性側が敗訴 石原都知事発言めぐり

日本人拉致解決促す 国連人権委・北朝鮮報告書

日朝協議、北京開催要求へ 「仕切り直し」狙う

“脱北者虐待映像”に疑惑 北朝鮮兵士が販売目的で自作自演か
 元記事すぐ削除されそうなので引用しときます。
 韓国のインターネットラジオ局が26日に発表した、脱北者を兵士が虐待する映像に対し、韓国メディアから疑いの声が上がっている。
 撮影している角度やサイズが途中で変わっていることなどから、隠し撮りをしたものではなく、「北朝鮮の兵士が映像を販売する目的で自ら仕込んだものではないか」という指摘もある。
[28日23時20分更新](NNNニュース)

韓国の自殺率、OECD加盟国で最高

高金素梅氏「毎年米国に行き日本を告発する」
 高金素梅氏をご存知ない方はこちらをぜひ。→台湾の声より「高金素梅はどこの国の人間か」

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:21 | 北東アジア | comments (8) | trackback (3)
「月刊WiLL」朝日新聞社員匿名大座談会
 義母が手術・入院しました。命に関わる病気じゃありませんので、ご安心を。退院予定日は約2週間後です。
 介護の必要はあまりなさそうなんですが、しばらくの間、私は自宅と取引先と病院との行ったり来たりが続きそうです。
 ということで、「ぼやきくっくり」はしばらく手抜きモードになるかもしれません。予めご容赦下さい。
 昨日・今日と非常に早寝早起きになってます。今朝なんか6時起き。夜型人間の私には辛いっす(T^T)

 病院の談話室に「週刊現代」が置いてありました。なにげに見てたら、書評のところに「マンガ嫌韓流」が載ってました。評者は唐沢俊一氏。
 9/25朝日新聞朝刊にも「マンガ嫌韓流」の書評が載っていたそうですが、これも評者は唐沢氏なんですよね(mumurさんのブログ参照)。
 内容は朝日新聞とだいたい似たような感じだったようです。朝日よりはわかりやすい書き方だったけども。ざっと読んだだけなので細かいことはよく覚えてません。すんません。

 あと、今朝の産経に「マンガ嫌韓流」の広告が載ってました。三面の下の広告枠の左半分を使ってました(大阪版)。産経に広告が載ったのは初めてじゃないですかね。これまで見た記憶ないから。
 大手紙全てが「マンガ嫌韓流」の広告掲載を断ったという話を聞いた時は、「産経が載せんでどないすんねん!」と憤ったものです。苦節2ヶ月(!?)やっと載せてくれました!……って、ベストセラーになってるし仕方なく載せたんですかね?(T^T)
 他の大手紙はどうですか?「マンガ嫌韓流」の広告、載ってます?

 ※おまけリンク:法華ちゃんねるさんより<マンガ 「嫌韓流」発売に反応した韓国SBSテレビ>

 今日、義母の手術が終わるのを待ってる間、暇だったので、ずーっと読んでいたのがこれ(ひどい嫁?(^_^;)→月刊WiLL11月号
 昨日(月曜日)発売になりました。朝日新聞特集です。
 今月号は買いですよ〜。売り切れる前に購入しましょうね。

 特に面白いなと思ったのは、朝日新聞社員数名による匿名大座談会です。
 題して<朝日を「内部告発」する!>
 小見出しを見てるだけでもすごいな〜と。

 ・日常茶飯事の「捏造」
 ・「美談」が実はやらせ
 ・BB制も劣化している
 ・記者の「功名心」
 ・編集幹部は政治部出身
 ・更迭されて「座長」とは
 ・書き慣れてるお詫び社説
 ・何でもかんでも香山リカ
 ・オウム真理教といっしょ
 ・出版は「社内学歴が低い」
 ・支局の教育システムも崩壊
 ・すぐに手柄を横取り
 ・テープはさっさと出せばいい
 ・体質は変わらない

 注)BB=ビッグ・ブラザー。支局にいる新人教育係のこと。

 『メダル事件』『百円ラーメン事件』など、朝日新聞を購読しましょうさんの『記事で綴る朝日新聞社史』にも載ってないような、世間の注目度がいまいちだった捏造についても言及がされているんですが、こういう細かいヤラセや捏造は本当にしょっちゅうらしいです。

 ハインリッヒの法則ってあるでしょう。一件の重大事故のかげには、二十九件の軽度の事故があり、三百件「事故寸前」のケースがある、というもの。朝日の場合もこれとまったく同じだと思いますよ。表に出ている大きな「捏造」の影に、すごくたくさんの小さい「捏造」がある。
花田 だから今回の「捏造」は驚くに足らないと。
 いかにもありそうな話だな、と思った。ただ相手が悪かった、ということでしょうね。亀井静香と田中康夫という権力者が相手だったために、逃げ道がなかった、ということ。
 朝日は、権力者には非常に弱い。
 そうですね。権力のある人が「こんなこと言ってない」とねじ込んでくるともう駄目。で、いちばん弱い人がクビになる。
 NHK問題では奇跡的に土俵際で踏ん張ってるけどね(笑)。

 注)引用文中の「花田」はWiLL編集長・花田紀凱氏。

 以前、拙ブログで作家・高千穂遙さんのご友人のケースを紹介した際、私は「今回の虚偽メモ事件は、たまたま田中知事という非常に影響力のある人が絡んでいたから明るみに出たんじゃないの?」てな感想を書いたんですが、まさにその通りということなんでしょうか。

 取材時とは全く違う内容の記事を書かれてしまって、抗議しても訂正も謝罪もしてくれず、そのまま泣き寝入りせざるを得なかった……という名もなき被害者は、全国にいったいどのぐらい存在してるんでしょうか。怖いわ。

 世界の中田ヒデの抗議ですら当初はスルー状態(日本代表引退誤報)、4ヶ月も経ってようやく出したコメントが「記事内容と異なる結果になったことをお詫びします」てなお粗末なものだったんですから、そのへんの名もなき取材対象者はまさに朝日のいいように書かれっぱなし状態、訂正謝罪を求めても完全スルー状態だというのは容易に想像がつきます(全部が全部そうとは言わんけど)。

 『識者談話』もどうも危ういらしくて、実際この座談会でも暴露されてますが、朝日新聞のある名物デスクは、識者談話を取る前に「予定稿」を書いて、「こういう話をする識者を捜してこい」って記者に渡していたそうです。
 で、予定稿と違う話を聞いてきちゃうと、自分の原稿に合わせて、強引に書き換えてしまうと。
 こうなるともう学級新聞以下ですなぁ。

 座談会では8/31付朝日社説「虚偽報道 朝日新聞が問われている」(拙ブログ9/1分参照)についても語られています。

花田 「朝日新聞が問われている」という、八月三十一日の社説はどう感じられましたか?なんか、他人事みたいだった。
 なんか、自分たちの不始末については書き慣れてるなって感じ。よく練れた原稿で(笑)。
 「こうも続いて起こると、なにか構造的な問題があるのではないか」云々とありますが、何をいまさらと思うね。問題はそれがどういう体質で、どういう構造なのか、は書かれていない。
 要するに語るに落ちたということです。つまり、その「構造的な問題」というのがどんな問題なのか、ということをトップはまったく分かっていない、ということを書いてしまったことになる。現場にいる記者なら分かる「構造的な問題」……つまり、支局の問題、年齢差別、東京本社と地方の関係、派閥、政治部、経済部優遇、といったことがまったく上にはわかっていない、ということが露呈した。これがもっとも絶望的です。
 全然わかってませんよね。

 読者も絶望的な気分になるっちゅーねん(T^T)

 あと、気になるNHK問題のテープですが、座談会に出席したある社員によると、テープはあるにはあるけどよく聞こえないらしいです。大騒ぎになってる時に、局長室から「肝心な部分が聞こえねえじゃないかあ!」とかいう怒鳴り声が聞こえたのだとか。

 座談会の締めはこうなってます。

花田 一連の事件は教訓になると思いますか。
 そうですねえ……しばらくは「気をつけよう」と思うでしょうね。そういう効果はあると思います。しかし、社内の評価制度などを含む文化そのものが変わらないかぎり、こうした問題がなくなることはあり得ないと思います。
 気をつけよう!とは思うけれど、すぐ忘れるんだよね……朝日は。特に上司が変われば現場の方針はコロコロ変わる。今回の事件は、今に始まったことじゃない、ずっと続いていることが相変わらず起きている、というだけ。これだけ長くやってきたことを変えるのは……無理でしょう。三、四百人ぐらいの規模であれば、ひとりの社員が役員室に乗り込んで談判することも可能でしょうが、全国に五千人が散らばった状態では、現場の声はまったく上に届かない。朝日の社内コミュニケーションの悪さは致命的です。
 なんかねえ……親が「重度の糖尿病になった」ような気分なんですよ。親は「糖尿なんかねえ!」とか言ってまだ酒呑んで酔っ払って騒いでるんだけど、実際に見てみれば足は壊死してるし、目は失明寸前。子供としては、こうなっちゃった以上、親をののしるよりも、「すぐ救急車呼んでくれ!」と叫びたい。そんな気分に近いんですよ。

 社員の皆さんは「このままではいけない」というのは重々分かっているようですが、具体的にどうやったら改善されるかまでは考える余裕がないというか、考えてもこれ以上どうしようもないとあきらめちゃってるというか、そんな投げやりな雰囲気が伝わってきますな。

 うちに時々来てる(アクセスログでわかる)朝日新聞社の社員さんたちも、同じようなあきらめモードでいるんでしょうかね。「あー、今日も我が社はあちこちのブログで叩かれちゃってるよ〜。ネット時代だから昔みたいに紙面で適当にお茶を濁してごまかすこともできないし〜。どうすりゃいいの〜」みたいな感じで。

 そんな今日、NHK問題でまた新たな動きがあったようです。

朝日新聞「社長発言」で質問状=NHK番組改変問題−自民
 自民党議員の圧力でNHK番組が改変されたとした朝日新聞の報道をめぐり、同党は27日、同社社長がこの報道の「裏(付け)が取れなかった」と発言したとの一部週刊誌の記事に関し、事実関係の確認を求める質問状を朝日新聞に送付した。同党調査チームの佐田玄一郎座長が国会内で記者会見し、発表した。 
(時事通信) - 9月27日13時1分更新

 さあ、どうする朝日!……って、どうせまたのらりくらりとごまかして先延ばしにするんでしょうね。北朝鮮みたいに。

 月刊WiLLの話はここまで。
 以下、わざわざ新エントリー起こすほどでもない話題なので、ここに書きますね。

「自覚足りなかった」 杉村議員が反省会見
 先の衆院選に全国最年少の26歳で初当選した自民党の杉村太蔵氏が27日午後、党本部で記者会見し、当選後のテレビ取材への対応について「国会議員の自覚が足りないまま、幼稚で無責任な発言を繰り返したことを大変反省している」と神妙に語った。
(以下略)

 無邪気な発言で国民から多くの共感&反発を集めた杉村太蔵議員が異例の単独記者会見。
 これまでと違って沈痛な面持ち。丁寧な物言い。執行部によっぽど叱られたんやろな〜(^_^;

 会見の前半は手元のメモを読み上げる形だったようです。できるだけ手元を見ずに正面を見るようにして喋ってましたが。
 後半の質疑応答では「失言狙いか?」と思えてしまうような質問がたくさん飛んでいたようでした。
 これまでの経歴を訊かれたり、『圧迫面接』のようなシーンもあったし。

 これ、ニュースではあまり伝えられてないようですが、日テレ「ザ・ワイド」の録画中継を見ていたところ、例によって首相の靖国参拝問題、憲法改正に言及した記者がいました。
 2ちゃんねる実況板の情報などから判断するに、質問したのはテレビ朝日の記者だったようです。

 杉村議員は「小泉首相の公式参拝については賛成」と答えてました。「公式参拝」ってさらっと言ってましたが、これ、いいんですかね(^_^;?
 続けて「中国・韓国の方々がなぜそれほどまでに反発されるのかは、研究課題だと思っています」とも。
 これって実に簡単な構造なんですけどね。杉村くん、まずは『中国入門』『マンガ嫌韓流』を読んで下さい(^_^;

 憲法改正についてはちょっと(´ヘ`;)ハァ?な回答をしてましたな。
 「憲法9条の不戦の誓いは素晴らしい。世界に広めたいと思っています」……これだけ。小泉チルドレンというよりは土井チルドレン!?

 やっぱこの子は何も知らないまま政治の世界に飛び込んできたんやなあ、まだ海の物とも山の物ともつかない状態なんやなあ、という印象です。
 トンデモ議員として自爆、引退に追い込まれちゃう可能性もあるかもしれませんが、逆に大物になる可能性もあるかも?
 少なくともホリエモンなんかよりは政治に対して純粋な子だろうと思いますわ。……積極的に応援する気にはならんけど(^_^;

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 00:36 | 朝日新聞 | comments (8) | trackback (0)
「たかじん委員会」朝日新聞批判全開!
 「たかじんのそこまで言って委員会」、今日はいつにも増して面白かったです。

司会:やしきたかじん、辛坊治郎(読売テレビ解説委員)
パネラー:稲垣 武、志方俊之、 河村たかし、デーブ・スペクター
     勝谷誠彦、宮崎哲弥、橋下 徹、桂ざこば

 1つめの議題は朝日新聞&NHK。
 NHK批判についてはそのへんの番組でもされている程度の内容でしたが、朝日新聞批判はよそでは電波に乗らないような発言もオンエアされてたんじゃないかと。VTRでは珊瑚事件も出てきたし(≧▽≦)
 せっかく元朝日社員の稲垣さん(番組初登場)が来られてたのに、あまり発言されませんでした。つーか、他の人が喋りすぎ!もっと喋らせてあげてほしかったです(T^T)

 2つめの議題は北朝鮮問題。
 こちらも北朝鮮に対するメディアの「タブー」に触れられていて、興味深かったです。

 3つめは「今週の落日」。
 まあこれはオマケという感じで。でも最後に番組についてのたかじんのスタンスが明らかに。関東の皆様には残念な結果になりますが。

 とりあえずメモ取れた分のみ紹介しておきます。どなたか完璧な起こしをして下さってたらありがたいんですが……。

続き▽
Posted by くっくり 00:50 | TV番組内容紹介 | comments (15) | trackback (5)
覚えておこう!NYタイムズ大西記者
自民党「支配」中朝と同一視 米紙NYタイムズ報道 外務省、不公正と“抗議”
 【ワシントン=古森義久】米紙ニューヨーク・タイムズの日本の政治や選挙に関する報道は不公正だとして、外務省が二十一日までに同紙に投書の形で抗議の意向を伝えた。投書はニューヨークの日本総領事館経由で送られた。

 外務省側が問題にしたのはニューヨーク・タイムズ九月七日付の東京発の「なぜ日本は一党に統治されることに満足なのか」という見出しの報道記事と小泉純一郎首相を批判した同十三日付の社説。投書は「貴紙の日本に関する報道への懸念を深めている」として、まず「七日の記事は自民党の統治の役割を不公正にも中国や北朝鮮の一党支配にたとえている」と述べている。

 同記事は日本国民が今回の選挙でも自民党を選ぼうとするのは民主主義の基盤が弱いからだという趣旨で、自民党の長期政権保持を中国や北朝鮮の共産主義政権の支配にたとえ、韓国や台湾の方が市民社会や自由なマスコミが健在で民主主義がより進んでいる、と述べている。

 文中には「日本の民主主義は幻想、その基盤は希薄」「五十年の一党支配が民主主義の成長を止めた」「マスコミはみな自民党路線」というような記述が続出する。記事は民意の反映の結果としての自民党の政権担当という民主主義の基本を無視しているわけだ。

 外務省の投書は今回の総選挙が有権者の改革継続への支持の劇的な結果だとして、「すべて日本の民主主義の社会と制度の枠組み内での問題解決への道」だと評し、北朝鮮などはそうではないと強調している。

 十三日付社説は、総選挙が郵政民営化だけを争点としたとして、その結果、「小泉首相の軍事的ナショナリズムという日本の伝統の愚かな受け入れを容認することとなった」と述べ、さらに「軍国主義者が祭られる神社への小泉首相の参拝と、より力強い軍事政策への同首相の支持はアジアの世論を警戒させた」と論評している。つまり、小泉首相は軍国主義を推進していると非難するに等しいわけだ。

 この点、外務省の投書は、アジアでの日本の役割は日本の内外での論議の的となっているとしたうえで「日本は平和憲法や国際協力、そして隣国との相互に有益な関係の保持を続ける構えだ」と述べるとともに、「小泉首相は日本に過去六十年、平和と繁栄をもたらした基本原則から逸脱はしていない」と説明している。

 小泉首相を軍国主義者とみなすニューヨーク・タイムズの対日姿勢は中国の公式主張にきわめて近く、日本外務省としても放置はできないと判断したのだろう。

 「マスコミはみな自民党路線」?
 まあ今回の選挙に関しては造反議員だの刺客候補だのを面白おかしく煽ったから、結果的に自民党に多くの時間(紙面)を割いた報道になったのは否めないかもしれません。
 でもだからって自民党の味方してたわけじゃないと思いますけどね。小泉首相の手法に疑問を呈する論調や独裁者呼ばわりしてたマスコミもたくさんあったし(今もある)。
 また民主党が情けなかった(選挙の争点をきちんと定められなかった)ことにも原因はあるでしょう。

 そもそも日本は反権力(≒反自民党)路線のマスコミが非常に多いんですけどね。
 例えばテレ朝。

 週刊アカシックレコードさんより
●偏向報道したい放題●
93年8月、小沢は自身の率いる新生党や、細川護煕党首の日本新党、公明党などをまとめて非自民連立の細川内閣を成立させた。これは、直前(7月)の衆議院総選挙で、この非自民勢力が勝ち、自民党は過半数を大きく割り込む惨敗に終わったからだが、選挙結果にはTVが大きく影響していた。

93年9月、テレビ朝日の椿貞良・報道局長(当時)は日本民間放送連盟(民放連)の放送番組調査会で、「看板番組の『ニュースステーション』(Nステ)(当時の久米宏キャスターと朝日新聞の和田俊編集委員)や『朝まで生テレビ』(田原総一朗キャスター)を動員して、(自民党が万年与党の)55年体制を終わらせよう、という趣旨の反自民党的報道をさせ、小沢批判を避けた結果、歴史的な政権交代が起きたのだ」などと自画自賛し、「細川政権は久米・田原連立政権だ」とまで口走った(産経新聞93年10月26日付朝刊4面「椿前テレビ朝日局長喚問のやりとり」)。

(中略)

03年11月4日、衆議院総選挙の選挙運動期間中、民主党が政権を取った場合の「閣僚名簿」を公表すると、Nステはこれを何十分もかけて延々と報道したため、自民党(当時の安倍幹事長ら)は「また不偏不党原則を破った」「公正中立に報道しろ」と抗議し、テレビ朝日への党幹部の出演ボイコット、という報復措置に出た(民放労連Web 03年11月9日 安倍幹事長記者会見04年2月23日「テレビ朝日問題について」)。

 あと、「軍事的ナショナリズム」だとか「軍国主義者が祭られる神社」だとかいう一元的な決め付け方は、日本のどこかの新聞の主張を彷彿とさせますな(^_^;
 
 このNYタイムズの記事の原文はこちらにあります。記事を書いたのはNorimitsu Onishiなる人物。
 私は知らなかったんですが、実はONISHI氏は香ばしい人物として以前から相当有名らしく、今回の記事について2ちゃんねるでは、「また大西かよ!」的な書き込みが多数されてました。

 2ちゃんねる「ニュース速報+」板より
5 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 04:57:46 ID:z9AgYh9A0
例のオオニシの記事だったかな。
相変わらず香ばしいが。アジア枠で入ったヤツだったよな。

8 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 04:59:57 ID:3PG4AkVl0
ま た 大 西 か

16 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 05:03:00 ID:uqIDfDA+0
オオニシの記事にムキになるなよw

21 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 05:04:49 ID:frjp9xfu0
ていうか築地の朝日本社に送れば済む話だろ?

35 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 05:12:15 ID:z9AgYh9A0
まだまだ、N速+だとオオニシのこと知らないヤツ多いのな。
マス板か東亜板ならNYTで香ばしい記事出れば一発で
「ま た オ オ ニ シ か !?」のレスが大量に付くのだが。
まあ、ここでも結構出てるけど。釣られてるのも多いね。

72 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 05:32:47 ID:OdgZTx6h0
アサピーの自作自演だよw
http://plaza.rakuten.co.jp/mcneill/diary/200410070000/
NORIMITSU ONISHI(ノリミツ・オオニシ=大西哲光)の基礎知識

ニューヨーク・タイムズ紙東京支局長
千葉県市川市で生まれ、4歳の時、家族でモントリオールに移住。国籍はカナダ。米プリンストン大学で学生新聞編集長を務めた。
前任地は西アフリカ・コートジボワール。ナイジェリアの民政移管やシエラレオネの内戦を取材した。9・11後はアフガニスタンにも出張した。
 
[参考]

ニューヨークタイムス東京支局 東京都中央区築地5丁目3-2
朝日新聞社          東京都中央区築地5丁目3-2
 
朝日新聞→NYT東京支社大西→NYT→共同通信→朝日新聞

80 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 05:35:37 ID:1cMlmre40
だ か ら
ま た
大 西 だ ろ ?

272 名前:名無しさん@6周年 メェル:sage 投稿日:2005/09/23(金) 08:03:08 ID:Q+x8MlPD0
これは放っておくと大変なことになりそうだ。
日本が北朝鮮と同じだと思われたらしゃれにならん。
それだけじゃなくて、日本人は反米だとか、そう言うイメージを刷り込まれたり。
おかしな記者の反日工作に対抗する手段はないものか。

ミスター大西の注意広告でも載せられないものかねえ。

303 名前:名無しさん@6周年 メェル:sage 投稿日:2005/09/23(金) 09:28:54 ID:qrFnNsga0
「またオオニシ?」と思ってスレ覗いてみたら
5レス目に「そうです」ってな答えがあって、笑ったw

356 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 10:34:34 ID:TnLUZTJQ0
日本がいくらODAで国際貢献しても
オオニシ一人で全部潰します。
これペンの犯罪じゃないの?

775 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 12:24:54 ID:hId0HGz40
しかしNYTはオオニシのデンパを本気で真に受けてるのか?
編集は日本の知識の無い奴ばっかなのか・・・

921 名前:森の妖精さん 投稿日:2005/09/23(金) 13:07:42 ID:P59KX8fd0
朝日新聞→ニューヨークタイムズ(オオニシ)→共同通信→朝日新聞
 ↓        ↓            ↓   ↑
 中国     米国民主党          北海道新聞

926 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 13:09:16 ID:XN/iIuyE0
http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20050921AT2M2101321092005.html
NYタイムズ、500人追加削減・減収に歯止めかからず

リストラ対象のオオニシの記者生命(笑)をかけた渾身の記事だったのかな。
まぁ自爆テロに終わりそうだがNYTだからなぁ〜(笑)

 NYタイムズ東京支局が朝日新聞社内に置かれているというのは、前にどこかで見て知ってたはずなんですが、2ちゃんねる見るまですっかり忘れてましたσ(^_^;

 外務省が抗議したのはGJですな。アメリカ人は日本のことなんかほとんど知らないと思うから、黙ってたら誤解されちゃいますもん。
 抗議は投書という形でしたそうですが……ちゃんと掲載されるんですかね?ちょっと心配。

 とにかく皆さん、「オオニシ」という名前を覚えておきましょう。
 今後またNYタイムズで妙な反日記事が載ってたとかいう話を聞いたら、そん時は「オオニシを疑え!」ってことで(^_^;

 ↓今回の件には直接関係ないけど、面白かったので紹介。

90 名前:名無しさん@6周年 投稿日:2005/09/23(金) 05:38:45 ID:Ou4nOM2F0

                        日 マンナカワ…
                 キコキコ  ( ・∀・)
                    〜  ( ヽ┐U
      左              ◎−>┘◎                   右
      | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄|

 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
<丶`Д´> < 日本は今、凄い勢いで右傾化してるニダー!!!
/ つ恨 つ  \___________________
(_⌒ヽ      (´⌒(´
  .)ノ `、>≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
       (´⌒(´⌒;;
 ズザザザザザーーーーーッ
  ∧∧ 
  /支\   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
( `ハ´) < 日本は今、凄い勢いで右傾化してるアルー!!!
 / つ恨 つ  \___________________
(_⌒ヽ      (´⌒(´
  .)ノ `、>≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        (´⌒(´⌒;;
ズザザザザザーーーーーッ

 ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
(#@Д@) < 日本は今、凄い勢いで右傾化している!!!
 / つ朝 つ  \________________
(_⌒ヽ      (´⌒(´
  .)ノ `、>≡≡≡(´⌒;;;≡≡≡
        (´⌒(´⌒;;

※参考リンク:
 2ちゃんねるマスコミ板>【NY発】ニューヨークタイムズ大西哲光【反日記事】

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 00:48 | マスコミ | comments (17) | trackback (4)
NHKも朝日新聞も本気で改革する気あるの?
朝日社説:NHK改革 視聴者も声を上げよう

「これで視聴者の信頼を回復できるか心配だ」
「具体的にどこをどう変えるかは伝わってこない」
「当面の出血をいくらか止めることができたとしても、根本的な問題が横たわっている」
「新しい時代にNHKはこう変わるという姿が見えてこないことである」
「ここはひとつ、視聴者が大いに声をあげたい。NHKは必要なのか不要なのか」
「今回のプランをつくる過程で評価できるのは、NHKが内外の意見を聞く姿勢を見せたことだ」

 ……って、えらそうに人のことを言える立場なんでしょうか?(^_^;

 ちなみに「裁判所を通じて支払いを督促することを検討する」の件ですが、1週間ほど前の朝日放送『ムーブ!』で「内容証明郵便を全不払い者(契約してるが支払いを止めてる人)に郵送するといくらかかるか?」というのを計算してました。確か全部で35億円程度かかるという結果が出たように思います。
 その計算結果をもとに、番組スタッフがNHKの広報部に電話で「これぐらい経費がかかりますが本当にやるんですか?」と突っ込んだところ、広報部の人は「えっ!そんなにかかるんですか!?」と驚いていたそうで、笑い話にもなりませんな〜というオチでした。

 まあとにかく今の朝日新聞には、NHKの将来を心配する余裕なんかないはずなんですけどね。
 「全社緊急集会」では経営トップは吊し上げ状態だったらしいし。

 週刊新潮 9月29日号
「社長辞任」「NHKに謝罪」の要求も出た
「朝日新聞」全社緊急集会
相次ぐ不祥事で「読者離れ」が始まり、今や「民主党状態」の大朝日。
NHKの中川問題では「記事の裏が取れなかった」と社長自身が認めていた!

 この記事は、朝日新聞が9月14日に本社に隣接する「浜離宮朝日ホール」の小ホールで行なった「全社編集局緊急集会」の議事録が元になってるんですが、その議事録があちこちにばらまかれちゃってるようで、今週号の文春にも同種の記事があるし(タイトルもずばり「またもや議事録流出」とある)、勝谷誠彦さんもとっくに入手済だそうです(^_^;

 新潮の記事、タイトルは物々しく見えますが、中身はさほど大したことはなかったです。
 「NHKの中川問題では『記事の裏が取れなかった』と社長自身が認めていた!」とまるでスクープを彷彿とさせるようなタイトルになってますが、少なくとも中川さんの件(放送前にNHK幹部に会ったとする朝日の記事)の裏は取れてないってことは、朝日新聞も7月25日付の検証記事で認めちゃってますしね。↓

 NHK番組改変問題2―取材の総括
 一方、記事中の(1)中川氏が放送前日にNHK幹部に会った(2)中川、安倍両氏がNHK幹部を呼んだ、という部分に疑問が寄せられていました。

 1月の取材で、記者たちはこの2点を含む内部告発の内容を説明し、3人とも大筋で認めるか、あるいはそれを前提に質問に答えています。しかし、記事掲載後、いずれも否定しました。本紙はその都度、その旨を報じてきました。

 当初の3人の証言は、相互に矛盾がなく、具体的・迫真的な表現が随所にあり、重い、と今でも考えています。したがって現時点では記事を訂正する必要はないと判断します。

 しかし、当事者が否定に転じたいま、記事が示した事実のうち、(1)(2)については、これらを直接裏付ける新たな文書や証言は得られておらず、真相がどうだったのか、十分に迫り切れていません。この点は率直に認め、教訓としたいと思います。

 それよりも私が新潮の記事で興味深いと思ったのは、集会で「記事の裏が取れなかった」と秋山社長が認めた時に、朝日の社員から出たこの言葉。

「裏が取れなかったのなら、謝罪するのが筋ではないか」

 こういう厳しい声は内部からも上がってるんですな。って、上がらんようでは朝日もマジで終わりですがな。
 ところが、社長はこの質問には答えをはぐらかし、「問われるべき人たちが集めた有識者が何を言ったところで、何の説得力があるのだろうか」という質問にだけ、こう答えたそう。

「有識者は4人の方で、(中略)朝日で委員会をやっている人じゃないか、朝日のひも付じゃないかというご指摘もあると思うが、そこは信用して……」

 だめだこりゃ(T^T)

 あともう一つ、興味深かったくだりを紹介しときます。

 秋山社長が「一方は過剰な使命感をもって、俺は朝日新聞だ、俺が日本をよくするんだという過剰な使命感が、世間からみると鼻持ちならない。もう一方は、使命感が薄れてしまってサラリーマンになっている。こういう二極分化が起きている」と発言したところ、質疑応答でこの部分に社員からツッコミが。
 「果たしてそうなのか。大半の記者は、健全な正義感と非常に高い志をもって、日々のホントにしんどい仕事の中で全力を挙げてやっていると思う」

 秋山社長はタジタジとなって、「私の言い方が間違っていました」と謝罪。が、それでもこのようなことを繰り返したと。

「しかし、中には若干、俺は社会正義を体現しているんだと居丈高になって取材先にあたると非難をされる人もいる」

 と言われて、真っ先に思い浮かぶのはやはり本田雅和記者。彼はこの集会には出席してたんでしょうか?

 おまけ。
 拙ブログ9月8日分の最後に「asahi-np.co.jp(朝日新聞社)から当ブログにもアクセスあります」と書きましたが、あれからも度々来られてます。
 緊急集会の2日後にはこういうログが残されてました。

[09/16/2005 15:10:01] http://search.yahoo.co.jp/bin/query?p=%c4%ab%c6%fc%bf%b7%ca%b9%bc%d2+%bf%ae%cd%ea+%b0%d1%b0%f7%b2%f1&fr=top - atws03.asahi-np.co.jp - 133.173.2.35 - - - Mozilla/4.0 (compatible; MSIE 6.0; Windows NT 5.1; SV1; .NET CLR 1.0.3705)

 上記URL(太字部分)にアクセスしてみて下さい。
 笑える……というより、むしろ哀れを誘うかも(T^T)


・・・・・・以下、細切れぼやき・・・・・・


後藤田正晴氏、死去 91歳

 私の後藤田さんに対する印象って、「あさま山荘事件」「護憲派」「中曽根総理の時の官房長官」、最近では「靖国問題勉強会に参加して小泉首相の参拝に反対」、この程度。
 警察畑を歩いてきた人のわりに護憲派というのが何か馴染まない。某コメンテーター(名前失念)は「後藤田さんは戦争体験があるから憲法9条は守りたいと思ってるのでは?」と言ってましたが。


緊張の初日 新人議員らが初登院

 自民党の最年少議員、杉村太蔵くんはキャラ立ちしてますなあ。マスコミの格好の餌食状態。私はあまり好きじゃないけども。
 彼は天然なんでしょうか?それとも計算の上?
 「TVタックル」あたりから出演依頼が来そうですな。来ても執行部が出演許可しないでしょうけど(^_^;


布川事件、再審を決定 自白真実性に疑問

 昭和42年の事件発生から数えて実に38年。長かったですなあ。
 ところで冤罪と思われる事件と言えば……「狭山事件」って皆さんご存知ですか?昭和38年に発生した殺人事件です。これなんか42年も前ですわ。未だに再審請求されてますが。

 実は私、大学時代に人権サークルに入ってたことがありまして(つーか、何もわからず無理矢理入れさせられたんです。数カ月で辞めました)、この事件の勉強をさせられました。何度か集会にも連れて行かれた記憶が。
 当時他にも冤罪と思われる事件はいくつもあったのに、なぜこれを集中的にやったかというと、やっぱ部落が絡んでたからでしょうなぁ。


■韓流&嫌韓流

 あるサイトを見ていたら、偶然アマゾンの宣伝バナーがこういうツーショットになってたんで、思わずキャプしてしまいました(^_^;



★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:25 | 朝日新聞 | comments (14) | trackback (0)
「クローズアップ現代」歴史教科書はこうして採択された
クローズアップ現代を見ました。

9月20日(火)放送
歴史教科書はこうして採択された

来春から中学校で使われる教科書の採択が、この夏全国で行われた。4年前の前回に続いて注目を集めたのが、韓国や中国から「過去の侵略を美化している」と批判されている扶桑社の歴史教科書。今回は、市区町村では初めて杉並区と栃木県大田原市で採択された。多数の市民が傍聴に詰めかけるなか採択が行われた杉並区では、採択を決める教育委員の意見もふたつに割れ、一回の会議で決定せずに、再協議を開くという異例の展開をたどった。番組では、杉並区の教科書採択の現場を取材。採択制度の現状と課題を見つめる。
(NO.2136)

スタジオ出演:椿 直人
    (NHK社会部・記者)

 キャスターはおなじみ、国谷裕子。

 ところで今日の放送については、事前に扶桑社反対派の間でこのようなメーリングリストが回ってたようです。

俵義文です。
転載歓迎。

先日、放送予定で、台風のために延期になった
NHKの「クローズアップ現代」の教科書採択問題の
放送日が決まりました。
9月20日(火)19時30分からです。
最初に9月1日の私たち15団体の記者会見が出てくるそうです。
NHKが「つくる会」教科書採択問題を
どんな取り上げ方をしているのか、注目しましょう。

子どもと教科書全国ネット21
Children and Textbooks Japan Network21(CTJN21)
E-mail kyokashonet at a.email.ne.jp
HP http://www.ne.jp/asahi/kyokasho/net21/
?:03-3265-7606 Fax:03-3239-8590

 俵義文氏が楽しみにしていた記者会見の模様は、残念ながらオープニングでちょこっと映っただけでした(^_^;

 具体的には……(『』はテロップ)

 『新しい歴史教科書をつくる会』「最終的には多数派になる」
 『反対グループ』「この教科書がだめなんだと」

 ……これだけ。画面に映ってたのは『つくる会』が藤岡氏、『反対グループ』は俵氏。二人ともほんの数秒でしたわ。

 番組中、何度も「中国や韓国から侵略戦争を美化していると批判されている扶桑社の歴史教科書」といった表現がされてました。
 残念ながら(?)「中核派」への言及はありませんでした。

 …………以下、番組のだいたいの内容をメモしときます。見逃した方の参考になれば幸いです。…………

続き▽
Posted by くっくり 01:34 | TV番組内容紹介 | comments (28) | trackback (3)
6か国協議で共同声明〜「約束」と「合意」の違い
 お昼過ぎに飛び込んできたニュース。
 今朝まで「また休会になるんじゃじゃないの?」と言われてたのが一転、こういうことになりました。

北朝鮮が核放棄を約束…6か国協議で共同声明
 【北京=加藤隆則、池辺英俊】北朝鮮の核問題をめぐる第4回6か国協議は再開7日目の19日正午(日本時間同日午後1時)過ぎから、北京の釣魚台国賓館で全体会合を開き、新華社電によると、「共同声明」を採択した。

 共同声明の採択は2003年8月の第1回6か国協議開催以来、初めて。

 また、中国中央テレビは、中国首席代表の武大偉外務次官が、次回の第5回協議が11月初旬に開かれると述べたと伝えた。

 共同声明は、朝鮮半島の非核化実現に向けた原則的な目標を示したもので、全6項目。

 第1項では、北朝鮮が<1>すべての核兵器と現存する核計画を放棄する<2>早い時期に核拡散防止条約(NPT)に復帰し、国際原子力機関(IAEA)の査察を受ける――ことを約束したと明記。米国は、朝鮮半島に核兵器が存在しないことや、核兵器や通常兵器で北朝鮮を攻撃・侵略する意思がない事実を確認した。

 さらに、韓国は、1992年の「朝鮮半島非核化宣言」によって核兵器を搬入・配置しないとした約束を再確認し、現在、韓国領土内に核兵器がないことを確認した。北朝鮮が強硬に主張していた「核の平和利用」や軽水炉建設要求に関しては、「北朝鮮は核の平和利用の権利を有することを表明した。その他の各者はこれを尊重し、適切な時期に北朝鮮に軽水炉を提供する問題を討議することで合意した」としている。

 第2項では、米朝は「相互に主権を尊重し、平和に共存し、各自の政策に基づいて徐々に関係正常化を実現する措置を取ることを承諾した」と明記。日朝は「『平壌宣言』に基づき、過去の歴史を清算し、懸案を適切に処理するという基礎に基づいて、徐々に関係正常化を実現する措置を取ることを承諾した」としている。

 また、北朝鮮へのエネルギー支援については、第3項で、「日米など5か国が北朝鮮にエネルギーを援助することを望む」とし、さらに「韓国は200万キロワットの電力援助の提案を再び述べた」としている。

 全体会合は当初、午前8時半から開かれる予定だったが、同会合に先立って米中2国会談が行われた。米国首席代表のクリストファー・ヒル国務次官補は19日朝、宿舎のホテルで記者団に、「北朝鮮がいくつかの要求を持ち出している」と述べており、土壇場で最後の調整が行われたと見られる。
(読売新聞) - 9月19日14時32分更新

 これは「前進」なんでしょうか。
 日テレ「ニュースプラス1」及びテレ朝「報ステ」にゲスト出演した重村智計教授がわかりやすく解説してくれてたので、それも交えながら考えてみることにします。

 まずは重村教授の「外交用語」講座。
 これを知っておかないと、この共同声明の本当の意味は読みとれないようです。

「合意」 …… 法的拘束力あり
「約束」 …… 法的拘束力なし
「確認」 …… 法的拘束力なし
「表明」 …… 法的拘束力なし

 法的拘束力があるのは「合意」のみで、あとの3つは相手国の『善意』を期待する言葉でしかないそうです。
 これを踏まえた上で、続きをどうぞ。

 アメリカのヒル国務次官補は「参加国全員が勝者だ」と言いましたが、共同声明の内容を見ると実に曖昧な表現が多いんですよね。

すべての核兵器と現存する核計画を放棄する

 北朝鮮は放棄すると「約束」しただけ。「合意」したわけではない。よって北朝鮮がこれをどの程度やるのか不明。入口のところで時間がかかる。

早い時期に核拡散防止条約(NPT)に復帰し、国際原子力機関(IAEA)の査察を受ける

 早い時期とはいつか?言及がない。1年後でも早い時期だと言われたらそうなってしまう。査察の手順も具体的な言及がされていない。

北朝鮮は核の平和利用の権利を有することを表明した。その他の各者はこれを尊重し、適切な時期に北朝鮮に軽水炉を提供する問題を討議することで合意した。

 各者は「北朝鮮の核の平和利用の権利」を尊重するのか、あるいは「表明」を尊重するのか。尊重という言葉がどちらにかかっているのかわからない。どういうふうにも解釈できる。北朝鮮が勝手に「権利を有する」と言ってるだけという解釈も可能。

 重村教授によれば、今回の声明で「合意」がされたのは、「次の議会の日程決定」と「適切な時期に北朝鮮に軽水炉を提供する問題を討議すること」の2点のみだそうです。
 各国とりあえずうまくごまかしたものの、爆弾があちこちに仕掛けられていると。
 意義があったとすれば、それは「ここで戦おうという土俵というかリングを作ったこと」。つまり初期段階に来ただけに過ぎないと。
 
 テレ朝記者が北京から伝えたところによれば、共同声明が採択された後、金桂冠(キム・ケグァン)外務次官は非常に上機嫌で、日本の代表団に握手をしてきたそう。
 
 金桂冠が上機嫌だった理由、それは……。
 核問題は軍が権限を握ってるんですが、金桂冠は本国に帰った時に軍に説明しやすくなった。
 というのも、今回の声明では核の廃棄時期を明記していない。また韓国に核がないことも確認できた。しかも軽水炉提供について討議するという文言も入った。
 金桂冠にとっては大勝利というわけです。

 またアメリカも今回はどうしてもまとめたかった。
 なぜなら今回合意に達しないとブッシュ政権は内政問題もダメ、外交問題も能力がないと言われるから。
 ヒルも金桂冠もそこのところでは共通していたのです。

 また中国については、「今回見えないところでかなり北朝鮮に圧力かけただろう」と重村教授。
 「安保理に持っていかれたら助けられないよ」「10月10日の朝鮮労働党創建60周年の大会に胡錦濤が来られなくなるよ」「食糧支援やエネルギー支援を減らすよ」てな感じで。
 中国としても、今回まとめられないと『アジアの盟主』としての威信が低下してしまうという危機感があっただろうと。

 気になる拉致問題ですが、重村教授の意見としては「ある程度のとっかかりにはなるのでは」ということでした。
 これは、この前の選挙で小泉自民党が大勝したことが大きく影響していると。
 小泉首相はこれまで支持率が落ちたら訪朝してきた。だからそのうちまた訪朝するだろうと思ってたら、選挙で大勝してしまった。小泉首相にとって「北朝鮮カード」は不必要になった。
 しかもその後の会見で小泉首相は「私が三度目の訪朝をする可能性は極めて低い」と発言。この発言は北朝鮮にはショックだっただろうと。

 これは今回、北朝鮮が何度も日本と二国間協議をしたことにもつながっているようです。
 重村教授の見解によれば、北朝鮮側は小泉政権がどう考えているのか探る必要があった。「拉致問題、核問題をどの程度やれば日本は納得するのか確認しろ」と金桂冠は本国から言われていただろうと。
 北朝鮮は経済的に本当に困窮しているので、やはり日本からの援助は外せないのです。
 また二国間協議にはもう一つ意味があって、それは「『日朝正常化を推進すると佐々江局長が声明に書いた』と本国に言うことができる。これで金桂冠は責任逃れができる」とのこと。
 
 拉致問題解決の手段としては、やはり「拉致問題を解決しない限り、日本は国交正常化も援助も何もできないとはっきり言うこと」だそうです。重村教授が一貫して言ってきてることですね。
 ほんと、日本はこのままでは北朝鮮だけでなく他の国の思惑にも巻き込まれてしまって、最悪の場合、拉致問題を棚上げしたまま北朝鮮に援助するなんてことにもなりかねませんよね。

 共同声明に「北朝鮮と日本は、平壌宣言に従って、不幸な過去を清算し懸案事項を解決することを基礎として、国交を正常化するための措置をとることを約束した」との表現が盛り込まれたことで、日本側は「『懸案事項』という間接的な表現ながらも、拉致問題が明記された」と評価しているそうですが、それはあくまでこちら側の解釈。向こうはそのような解釈はしないでしょう。
 実際、平壌宣言に「拉致」という文字が盛り込まれなかったことをいいことに、北朝鮮はこれまでも「拉致問題は解決済み」と言ってまるで相手にしてきてないじゃないですか。
 またしても「拉致」は盛り込まれずに「国交正常化」は盛り込まれた。拉致家族の皆さんが危機感を持たれるのは当然です。

 ということで、北朝鮮にとっては実に良い結果になったんじゃないかと。
 核を廃棄すると約束(=拘束力なし)するだけで、まんまと安保理付託を回避し、軽水炉提供の討議も続けられることになったわけですから。
 しかも軽水炉と核廃棄、どっちを先にするのかすら声明には明記されていない。
 今回もまた各国、北朝鮮の時間稼ぎに付き合ってしまっただけで、何も進んでないように見えてしまうんですけど。

 ほんま理不尽ですわ。
 本来は何も条件なんか出せないはずの立場の国が、「ワシ、核持ってますねん」と宣言するだけで、あれこれ条件出せる立場になった。
 んで協議が始まって、最初に「自国にめちゃ甘く他国にはめちゃ厳しい条件」を突きつけてきて、周りはみんな「お前に上から物言う資格なんかないやろ!」と思いつつも、いつ暴れ出すかわからんし、各国、内政事情もあるから何とかなだめすかそうと頑張る羽目に。
 結局、北朝鮮が「しゃあないな。じゃあこれとこれは譲ったるわ。そのかわりこれは呑んでもらうで」って。
 北朝鮮が最終的に少しの譲歩をしただけで、周りは「まあ最初に言ってた条件を呑むよりはマシか」と受け入れて、「それなりに成果があった」と思い込んでしまってる……みたいな印象が拭えないんですが。

 今日、珍しくCNNを見てたんです。
 が、アメリカでは6カ国協議は大きく扱われてない。「その他のニュース」扱い。
 アメリカにとっていま大事なのはイランの核問題なんですよね。
 キャスターが6カ国協議に触れたなと思ったら、「ところで6カ国協議ではこうなりましたが、これはイランの問題にどういう影響を与えるでしょうか?」だって。こんな扱いしかされてないのが現実。

 今日はもう一つ北朝鮮絡みで気になるニュースがあったので、紹介しておきます。

北朝鮮、NGOに国外退去を要請…タス通信が報道
 【モスクワ=古本朗】北朝鮮外務省は19日までに、「秘密情報の国外漏えい防止」などを目的に、同国内で人道支援活動に携わる外国民間団体(NGO)に対し、12月までに拠点を閉鎖して国外へ退去するよう要請した。

 また、国連世界食糧計画(WFP)も、現在約60人の外国人駐在員を、4分の1の「15人以下」まで削減されることになった。

 タス通信が19日、「平壌の外国筋」の情報として平壌から報じた。同筋によると、今回の措置で国内で活動するNGO計約15団体の「事実上、全ての代表部が閉鎖される」見通しだ。「人道支援に関わる外国団体のスタッフを通じ、北朝鮮の秘密情報が再三、国外へ漏れる」状況に、国家指導部が不満を持ったためだという。WFPの人員削減に関しては、「海外からの食糧支援を断り、自国の農業、食品工業を発展させる」方針も背景にある、としている。

 余談ですが、「報ステ」の加藤千洋工作員は今週は休みだそうです。取材でチベットに行ってるんですって。
 そのうち「チベット自治区は中共による『解放』のおかげでこんなに平和で豊かになりました。人民軍もチベット民衆に歓迎されています」てな感じの捏造レポートが見られるかもしれません。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:38 | 北東アジア | comments (10) | trackback (7)
「たかじん委員会」しかちゃんは橋下弁護士の同級生
 読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」、今日は選挙総括でした。
 でもマターリと見てたのでほとんどメモ取ってません。すんません。

 今日は(私にとって)衝撃の事実が明らかに!!

 番組冒頭、橋下弁護士の発言。
 「実は僕の中学の同級生が当選したんですよ。その子はいじめられっ子で、いじめられて転校してしまったんです。友達と『当選したあの人って、俺らの同級生だったあの子だよね?』となって、びっくりして……」

 え?誰のこと?
 橋下さんは中・高時代は確か大阪在住のはず。ってことは大阪の選挙区の人?

 答えは……次の民主党の原口一博さん(祝・比例復活当選)の発言ですぐ分かった。
 「僕もびっくりしました。松下政経塾の後輩で、この前まで一緒に勉強会してたのに、自民に行っちゃってたから」

 これって、我が大阪2区の川条しかちゃんですやん!
 (最近私は勝手に彼女を「しかちゃん」と呼んでます(^_^;)
 ……そうかぁ、君はいじめられっ子やったんか。私と同じやがな。何か一気に親近感が。

 さて本題。最初のVTR。
 今日は久々に子役による政治劇「永田町小学校」が上演されました。見られなかった人には申し訳ないけど、これ、傑作!(≧▽≦)
 脚本も良いしキャスティングも良い。各議員に似た風貌の子を上手いこと充ててる。

 生徒会長・小泉くんの目指す「給食民営化」。味方陣営には学者肌の竹中くん、「あかんざき」の神崎くん。
 反小泉陣営は亀井くんに綿貫くん。以前は小泉くんの協力者だったけど民営化では反対に回った鴻池くん。「給食センターのおばちゃんがクビになるのはかわいそう」と力説する荒井くん(台詞棒読みで可愛い)。などなど。
 森くんの「外国製のジュースとひからびたレーズン」会見も。

 生徒会の採決の結果、給食民営化は否決され、小泉くんは生徒会を解散。
 学校のアイドルの女の子たちを「くの一」にして反対派を一掃しようとする。
 お金持ちの堀江くんも登場。ノートパソコンをかちゃかちゃしながら、「このTシャツ、けっこう高いんですよ」。

 さらには、給食費ピンハネ問題で生徒会を辞めたものの(涙の辞職会見付き)、復活を狙う辻元さん。
 辻元さんにツッコミ入れられまくったあげく転校を余儀なくされた鈴木宗男くんは、軽音楽部の千春くんとともに登場。
 民主組の岡田くんは「この学校をあきらめない!」とスローガンを叫びますが、新聞部諸君は「はあ?何じゃそりゃ?」。

 選挙の結果、小泉くん陣営が圧勝。
 地区児童会長の田中康夫くんと組んでまで頑張った小林興起くんはボーゼン。
 すっかり人数の少なくなった民主組では次のリーダー選びに大変……。
 んで、オチは鴻池くんの「やっぱり賛成しようかな〜」。

 放送されてない地方の皆さんにもチャンスがあったらぜひ見ていただきたいです。動画がどっかで手に入るといいんですけどね。ほんまもう傑作ですから(≧▽≦)

 鴻池さんはVTR終了後、さっそくたかじんに突っ込まれてました。
 「どんな言い訳するんやろ」と視聴者皆さん楽しみにしてたと思いますが、公式サイトにUPされてる「鴻池だより」9/16分で言ってるのと同じことしか言ってなかったように思います。

 辛坊さんに「郵政法案に反対というより、小泉さんを潰すチャンスってことで反対した人、けっこういたんじゃないですか?」と振られた鴻池さん、「(参院で)4人いた」と口を滑らせてました。
 「その4人って誰ですか?」と突っ込まれてもそれは答えませんでしたが。

 あと、この番組は金曜日収録なのでまだ民主党の新代表は決まってなかったんですが、前原さんの話は出ました。
 原口さんの前原評は「真面目でタカ派で融通が利かないとよく言われるが、それは誤解」。たかじんに「真面目じゃないんですか?」とツッコミ入れられて、「くそ真面目ではない、ということ」と慌ててフォローしてましたが(^_^;
 とにかく原口さんによれば、「前原さんはむしろリベラルといったら変ですけど、いろんな価値観に寛容な人」ってことで。ちょっと含みのある言い方でしたね。
 最近、前原さんについてあれこれ調べた私としては、「いろんな価値観に寛容」=「一貫性がない」と聞こえちゃうんですけどね(T^T)

 ここで宮崎哲弥さんに煽られて、鴻池さんがまた変な例えを披露してました。
 「前原さんはフルーツポンチというか、みつ豆の缶詰みたいな感じの人。菅さんは賞味期限の切れたコンビーフ」
 的を射てるんだか外してんだか。ほんまこのオッサンは例えが好きですな。今回は違ったけど、時代劇風の例えが多いですよね。有名な「市中引き回しの上……」とかね。
 「ダウンタウンのごっつええ感じ」の松ちゃん演じる『たとえ警視』を彷彿とさせますな(^_^;


・・・・・・以下、細切れぼやき・・・・・・


覚せい剤・小林前議員、民主が除籍・名簿登録抹消へ

 代表に就任していきなりこれかい。前原くんが気の毒すぎる。
 この小林って人、落選したショックで突発的に手を出してしまったのかと思いきや、議員当時からやってたそう。最低やわ。
 しかし選挙前にこれが発覚してたら、民主はもっと議席を減らしてただろうなぁ。

 その民主、新たな党執行部人事を発表
 幹事長は鳩山さん。最初、菅さんに打診したけど断られたんだとか。
 代表代行は小沢氏に就任要請するとのこと。


■6カ国協議

 (前略)第5次草案で協議→各国合意得られず→再び休会の見通し→中国が第6次草案を提示、日米はこれを評価→佐々江大洋州局長は「各国合意の可能性あり」→??

 もう何だかいちいち反応するのが馬鹿馬鹿しくなってきますね。
 無理に合意せんでもええやん。無理に合意しても、後で問題出てきて余計ややこしくなるだけでは?

 日朝協議は今回は活発にされてるようですが、いくら北朝鮮が拉致問題に「前向きな姿勢」を示しても、具体的な言及がなければ意味ないでしょ。
 北朝鮮はいま拉致問題なんか全然考える余裕ないだろうし、日朝協議は核問題で「アメリカから日本を引き離して味方に引き入れる」ためにやってるだけでは?


9月20日(火)のクローズアップ現代 「杉並の歴史教科書はこのように採択された」

 放送前から動いてるmumurさんGJ!(≧▽≦)
 皆さんも当日は忘れずにチェックしましょう。


■「キューティーハニー」

 CSで録画したのを見たんですが、いや〜素直に楽しめました。
 詳しくはお気楽くっくりにて。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:30 | TV番組内容紹介 | comments (13) | trackback (1)
9.17から3年
民主党新代表に前原氏…2票差、菅氏破る

 いや〜驚きましたわ。てっきり菅さんが勝つとばかり。まあ僅差での冷や冷やの勝利でしたけどね。
 私や多くの国民がそうであるように、民主党議員の間でも「今さら菅さんじゃねぇ……」というムードが強かったんだろうか。

 自民党との違いを明確にしたいのであれば、保守っぽい前原さんより左寄りの菅さんの方を選んだ方がいいのでは?……と私は考えてたんですけどね。
 とにかく改憲派の前原さんが代表になったことで、これでますます民主党と自民党の区別がつきにくくなったのは確かでしょう。

 ただ、昨日のコメント欄にいただいた情報など見ていますと……

 衆院選・京都候補者アンケート(1)(京都新聞)
 衆院選・京都候補者アンケート(3)(京都新聞)
 上記ページから前原氏の回答を抜粋したもの↓
 中国へのODA供与終了に賛成だ   ×
 北朝鮮への経済支援は打ち切るべきだ ×
 外国人労働者の受け入れに賛成だ   ○
 首相の靖国神社参拝に賛成だ     ×
 定住外国人にも参政権を与えるべきだ ○

 全然保守じゃないですよね。本当に改憲派なんですか?もしかしてこの人にとっての改憲とは、外国人に「国政」参政権を与えるためのものでもあったりして?
 一体何を目指してるのかわからんようになってきた。

 さらにこういう情報も。

 民主党代表選に出馬の前原誠司氏、プロフィールから「同和推進副委員長」を急遽削除

 こうなってくると、菅さんも前原さんも考え方にそんなに差はないような気がしてきますわ。

 今日の代表選を意識したのかどうかは謎ですが、朝日新聞が社説(9/17付)で民主党議員を叩いてます。

「狙撃」発言 口に出すおぞましさ
 政治の場で使われる言葉は、ここまで乱暴になってしまったのか。15日に開かれた民主党の両院議員総会でのことだ。小泉首相の掲げる郵政民営化を批判して、西村真悟衆院議員が次のように発言した。

 「マネーゲームの世界に国民をなだれ込ませているのが小泉なんです。あれは狙撃してもいい男なんです」

 周囲から「撤回しろ」との声が相次いだため、西村氏は「みんなが言うから訂正します」と応じた。

 「狙撃してもいい」では、政治テロを容認しているとしか受け取れない。当人は、単なる比喩(ひゆ)で訂正もした、と弁解するかもしれないが、そもそも公の場で口にできる言葉とは思えない。政治家の発言の責任を厳しく問う欧米諸国だったら、進退問題に直結しただろう。

 日本では近年、政治の場での言葉がすさんでいる。強い表現、刺激的な言い回しを使ううちに、言葉の重さを忘れてはいないだろうか。

 2年前、日朝交渉を担当する外務省幹部の自宅で爆発物を模した不審物が見つかった。その際に、石原慎太郎東京都知事は「爆弾を仕掛けられて当たり前」と述べた。私たちはこの発言を「テロ容認そのものだ」と批判した。

 個性的な政治家が口を滑らせただけのことだ。いちいち目くじらを立てるのは大人げない。そんな見方もあるだろう。しかし、テロを認めるような言動は、どんなささいなものであれ、見過ごしてはならないと考える。

 武力や暴力による言論の否定は、民主主義社会を破壊することだ。乱暴な言葉に慣れっこになり、そうした危うさへの感度が鈍ることを恐れる。

 それにしても解せないのは、西村氏が民主党にいることだ。小沢一郎氏の率いた旧自由党に属し、後に合流した経緯はわかる。しかし、民主党はアジア重視の外交を唱え、岡田代表は首相の靖国神社参拝に反対している。

 一方の西村氏は靖国参拝に賛成したうえ、日本の過去の戦争は自存自衛のためであり、侵略戦争ではないと断言する。

 97年には中国と領有権を争っている東シナ海の尖閣諸島に上陸した。このときは石原氏が船で同行している。99年には雑誌の対談のなかで日本の核武装の検討を唱え、防衛政務次官を辞任した前歴もある。あまりにも考えが違いすぎる。

 それだけにとどまらない。03年に「建国義勇軍」や「国賊征伐隊」を名乗って広島県教組などに銃弾を撃ち込んだ刀剣愛好家団体の最高顧問を務めたことがある。その団体の会長が役員である会社から政治献金を受け取っていた。

 「狙撃してもいい」という西村氏の発言に、その場で何人かの民主党の議員が声をあげて撤回を求めた。適切な判断だったと思う。しかし、 解党的出直しを言うのなら、こうした資質の政治家を抱え続けることの当否についても、真剣に考える必要がある。

 西村眞悟さんをいま叩く意味がわからん。野党の一議員にすぎないのに。

 「狙撃」発言は初めて知りました。普段のテレビとかでの眞悟さんの発言から考えると、まぁ言いかねんかもとは思うけど、この前後の発言がわからないし、またどういう流れで出た発言なのかもようわからんし、何とも言えませんわ。
 ただ、15日の民主党の総会はもう大荒れで、各議員かなり激昂してましたよね。「今日、総理大臣が死んだらどうするんですか!」とか言って興奮してた人もいたし。

 忘れないうちに突っ込んどこ。

しかし、テロを認めるような言動は、どんなささいなものであれ、見過ごしてはならないと考える。

 どの口が言うねん。こんなん堂々と載せといてよう言うわ。

● カトリーナに指令出したとアルカイダ
  (東京都 日月雅昭 大伴閑人選)

 それにしても今日の社説、前半と後半が乖離してませんか?
 「政治家の言葉が荒れている」というのがテーマかと思いきや、途中から完全に個人攻撃になってますやん。

 確かに、民主党に眞悟さんがいるのはおかしいと私も思う。これは眞悟さん支持者・不支持者に関係なく、前からずっと言われてきてることです。
 でも「狙撃」発言と、靖国とか尖閣諸島上陸とか防衛政務次官辞任とか刀剣愛好家団体、これらは全然別の問題でしょ。この機会にあれこれ全部引っ張り出してきて叩いて民主党から追い落とそうって魂胆?……でも何のために?

 眞悟さんが民主党を出る→何人かが「じゃあ俺も」ってことで一緒に出ていく→民主党の議席が減る

 ……って、違うか。これじゃ民主党支持の朝日の思惑とは逆の方に行っちゃいますよね。
 何がしたいねん朝日。

 しかも眞悟さんだけでなく、わざわざ石原慎太郎の昔の発言まで引っ張り出してきたりして、嫌らしい……はっ、本当の目標は慎太郎!?慎太郎を眞悟さんと同列に扱うことで貶めるという印象操作?!

 まあでもこんな社説でも収穫はありました。朝日新聞が民主党をどう捉えているかがよくわかったから。
 朝日の考える民主党ってこうみたい。↓

(1)アジア重視で靖国参拝には反対。
(2)尖閣諸島に上陸するのはおかしい。
(3)核武装の議論は認めない。

 (2)はちょっとひどいですな。民主党は朝日新聞に抗議した方がいいのでは?これじゃまるで民主党が「尖閣諸島は日本の領土ではない」と言ってるみたいに読みとれますよ。
 って、「沖縄ビジョン」なんて言ってる党だからさほど気にしないか?(^_^;

 あと、前原さんは核武装は否定してませんよ。

 「9条はゆるんだゴムバンド」と改憲・核武装を主張−−前原誠司衆院議員
★「現行憲法の第九条は、冷戦終焉後の熾烈な国際情勢のなかで、方々から幾度も幾度も引っ張られ、伸びきってゆるゆるになった『ゴムバンド』のようなもの」「民主党のなかにも(改憲に)慎重論の立場をとる人はいますが、マジョリティ(多数派)は改憲論です。我々が政権を担えば、改憲論がより活発に論じられるようになることは間違いありません」(月刊誌『諸君』2003年9月号)

「日米同盟が解消される事態になったときは(核武装も)考える必要がある。その時点でも(核を)持つべきでないとは言えない」(「毎日」2003年4月3日付)

 朝日としては困った人が代表になっちゃいましたね。
 もっとも前原さんもここ数年で随分ソフトモードになってるので、今もこう考えてるかどうかはわかりませんけどね。

 しかし9.17にこんな社説とはねぇ。
 今日は金正日が拉致を認めて丸3年……あ、そうか、拉致問題に熱心かつ言動がことごとく反朝日的な議員・西村眞悟がちょうど良いタイミングで「飛んで火に入る夏の虫」状態になったってことね。

 まあ眞悟さんも迂闊ですけどね。バラエティ番組じゃないんですから、朝日みたいな売国メディアが目を光らせてるんですから(ある意味名誉なこと?(^_^;)、気をつけないと。
 先日、私、安倍晋三さん絡みのエントリーで「どうか足元をすくわれることのないように、安倍さんご本人も周りの人も細心の注意を払っていただきたいです」と書いたけど、それは西村さんにも言えることなので。ほんと今後は重々気をつけて下さい。たのんます。

 さて。
 9.17から3年……早いもんですね。
 あの日、私はてっきり横田めぐみさんは亡くなったと思い込んで、ベランダで泣いてたんです。「いくら何でも北朝鮮も、人の生き死にで嘘をついたりはせんやろ」と思ったから。あの頃の私は本当に甘かった。

【主張】9・17から3年 「拉致」解決にも命がけで
 小泉純一郎首相は今回の衆院選で、郵政民営化実現に向け、「殺されてもいい」と意気込みを語った。拉致被害者の奪還も、主権国家の長として命がけで取り組むべき重要課題である。

 産経だけですね。今日の社説で取り上げたのは。

 「北」が拉致認めてから丸3年 「肉親殺された日…」
 「肉親を、日本政府と北朝鮮に勝手に殺された日だ」−。北朝鮮が日本人拉致を認めてから十七日で丸三年を迎えるが、拉致被害者家族たちは「9・17」をこう受け止めている。「拉致問題」の解決に向けた姿勢すら見せない北朝鮮に対し、経済制裁を含む毅然(きぜん)とした態度をとろうとしない日本政府に、犯人が分かっているのに助け出せない苦しみや、怒りが募る。

 ところが北朝鮮はこんな態度や(-.-#)

 平壌宣言3周年、平壌放送が日本批判の論説
2005年09月17日22時31分
 北朝鮮の平壌放送は02年9月の日朝平壌宣言から3周年を迎えた17日、「宣言履行と関係改善に遮断棒を下ろした張本人」として日本を批判する論説を伝え、「本質上すべて解決した拉致問題を持ち出し、反共和国(北朝鮮)、敵視策動に狂奔している」などと非難した。ラヂオプレス(RP)が伝えた。

 論説は北朝鮮の核問題をめぐる6者協議にも触れ、「(日本は協議の中で)拉致問題をうんぬんし、国際的な冷笑と非難を受けた」と指摘。また「日本は宣言に明記されているように、罪の多い過去を清算することが履行の基本ということを肝に銘じ、分別を持って行動しなければならない」と主張した。

 最初ムカついたが、よく考えれば平壌放送GJ!かも。
 この放送を北で聞いた拉致被害者の皆さんはきっと、「日本はまだ拉致問題を諦めていないんだ。6者協議の場でも取り上げてくれてるんだ。いつかきっと日本に帰れる日が来る」と、希望の灯を絶やさずに頑張ろうと思われたはず。
 ……お願いです、ほんと頑張って下さい。なかなか助けに行けず申し訳ありません(T^T)

 最後に国連総会のニュースをちょこっと。

【潮流】盧大統領が反米・反日演説 異例国連で帝国主義批判
 まあ韓国なんか何もでけへんからスルーでいいんだけど(今さらながら何ですが、この大統領は稀にみるアホですな)、問題はアメリカです。

 日本の常任理入り支持 米長官、国連総会演説
 支持したり支持せんかったり、どっちやねん!(-.-#)
 日本(町村外相)が「常任理事国入りできんかった場合は分担金を減らすかも」と言ったから、どうせつなぎとめるための作戦か何かでしょうね。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 02:59 | 政治 | comments (9) | trackback (4)