「アジア」と靖国問題と東京裁判
産経新聞:【主張】靖国神社 静かな追悼の場としたい 赦免決議の原点を大切に

 8月は鎮魂の月。
 なのにここ数年、8月は特に騒がしい。英霊に申し訳ないですな。早く本来の「静かな追悼の月」を取り戻したいものです。

 中国・韓国(ついでに国内サヨクも)はよく、「アジアの国々は首相の靖国神社参拝に反対している」という言い方をしますが、そんなのはもちろん嘘です。
 首相の参拝を正面から批判している国は、世界190数カ国のうちわずか2カ国、つまり中国と韓国だけです。他の国々は、靖国神社こそ日本の戦没者追悼の中心的施設とみなして参拝しています。A級戦犯合祀後も、です。

 これまでに外国のどういった要人が参拝しているかは、「思いつきブログ」hit on!さんが見やすい表にまとめて下さっていますので、以下をご覧下さい。

 ・靖国神社 外国人参拝者(1) A級戦犯合祀判明後の外国人参拝者(S54〜H08)
 ・靖国神社 外国人参拝者(2)A級戦犯合祀判明後の外国人参拝者(H09〜H11)
 ・靖国神社 外国人参拝者(3)A級戦犯合祀判明後の外国人参拝者(H12〜H14)

 外国人要人参拝者は日本を訪れる要人の数から数えれば決して多いとは言えませんが、これは要人の日程を作成する外務省が、靖国神社参拝に対して消極的反対の立場を取っているからです。

 アメリカのアイゼンハワー大統領も参拝を希望しましたが、外務省が難色を示して潰れたことがあったと言われています。2002年には同じアメリカのブッシュ大統領が参拝を希望しましたが、これまた外務省に阻まれたと言われています。
 インドネシアのある閣僚経験者も数年前に参拝を要望したのですが、アレンジを外務省から断られています。

 つまり、参拝した要人たちはみな、外務省の消極的反対を押し切って訪れたのであり、日本の戦没者に対する並々ならぬ敬意の表れとして積極的に受け止めるべきなのです。

 いや、しかし隣国である中国や韓国の声を無視するのはどうか?という声もあります。
 韓国は本来A級戦犯とは何も関係ないのでこの際置いといて、中国について書きます。

 中国共産党と中国国民の声は同じなのでしょうか?と言うと、一概にそうとも言えません。
 実は、全世界に広がる中国民主化運動の関係者の日本観は、中国共産党指導部とは全く異なるのです。
 「中国民主化運動海外連席会議」のアジア地域代表で、高校まで中国で過ごした生粋の中国人である相林氏の発言。

 実は日本に来るまで、靖国神社は「戦後、A級戦犯を祀る目的で作られた軍国主義賛美の施設だ」と教えられてきました。
 ところが、実際に来てみると、明治維新で亡くなられた方をはじめとする国のための戦没者を祀っていることを知り、驚きました。私たち中国民主化運動に携わる者にとって、明治維新とは中国革命のモデルであり、維新の志士たちは尊敬の対象です。中国人からみれば、日露戦争はロシアの侵略から中国を守る戦いでした。ですから、私たちが尊敬する人々、そして中国を救ってくれた恩人が祀られているところ、それが靖国神社だとわかったのです。
 そこで、日本に来る中国民主化運動の同志たちを、私はたびたび靖国神社に連れてきます。そして、靖国神社は私たち民主化運動の恩人たちが祀られているところだと説明すると、みなびっくりして、丁重にお参りします。
(中略)

 −−−では、中国共産党政府は、なぜ首相の靖国神社参拝に反対するのか。

 まず理解してほしいことは、中国共産党は無神論者である、ということです。だから現在の中国は宗教の自由も認めていません。(中略)毛沢東時代には自分の先祖を家で祀ることすら許されていませんでした。日本の国土より27倍も大きな中国では靖国神社のような国の為に犠牲になった英霊の魂を祀る場所は一箇所もないのです。(中略)
 本来なら無神論者の中国共産党政権は日本人の靖国参拝には関心がないはずです。その証拠に30年前の日中国交回復の時、中共は靖国神社のことに一言も触れませんでした。江沢民は3年前にイタリアを訪問した時に無名戦士のお墓に献花しました。数年前に米国を訪問した際にアーリントン国立墓苑で献花しています。このアーリントン墓地には、朝鮮戦争で中国人民解放軍と戦った兵士も祀っています。旧敵国兵士に敬意を表するのであるならば、江沢民は来日の際に靖国神社にも献花するべきなのです。
 そうしないのは、近年日本の中国に対する弱腰外交を見て、責めればODAや円借款等の多額の援助が取れるから、中国共産党は、靖国問題や教科書問題は日本との外交の切り札として使っているのです」

  つまり、中国共産党指導部は、首相の靖国参拝を怒っているのでも何でもなくて、「怒った素振りを見せれば、日本から他の分野で譲歩や援助を得られる」と考えてるってことですな。
 (韓国の場合はそこまで深い考えはないと思います。特に今の盧武鉉政権はほとんど支持率絡みで反日を利用してますから)

 まあこの相林氏のような中国人は、ごくごく一部でしょうけどね。中国国内にいる限り、まともな情報は入って来ないんですから。
 逆に言えば、大多数の中国人(特に内陸部の貧しい人たち)にしてみたら、「ヤスクニ?何それ。そんなのどうでもいいよ。こちとら毎日の生活に必死なのよ」てなもんかもしれません。

 ……中国や韓国はなぜ「アジアの国々は首相の靖国神社参拝に反対している」とミエミエの嘘をつくのか?答えは明快ですね。
 国際社会(特に欧米)を味方につけて日本を孤立させるためです。「こんなにも多くの国が、多くの人々が、日本のやることに反対しているんですよ〜」とイメージ操作をしているのです。
 中国は先ほど言ったように、譲歩や援助を引き出すのが主な目的。
 韓国はちょっと違ってて、「日本のイメージを下げることで韓国のイメージを上げたい。韓国の方が日本より優れていると世界に知らしめたい」という子供じみた劣等感から来ているような気がします。

 中国・韓国の「反日」を止める方法はあるのでしょうか?中国・韓国と仲良くする方法はあるのでしょうか?
 私は正直、無理だと思います。少なくとも近い将来は無理でしょう。

 歴史や政治にあまり興味のない人の中は、中国や韓国の反日はごく最近の歴史が原因だと勘違いしている(日中戦争や日韓併合など数十年前の歴史に原因があると思っている)人も多いようですが、決してそうではありません。根っこは「中華思想」にあります。
 この思想では、中国にとって朝鮮は長男。朝鮮にとって日本は弟。てな感じになります。

 20世紀、そんな彼らにとって起こってはいけないことが起こってしまいました。
 中国は日本に攻め込まれ、朝鮮は日本に併合され……。「息子(弟)にしてやられた」、もっと言えば「格下の野蛮な民族にしてやられた」という現実、これは彼らにとって非常にショッキングなものでした。プライドが大いに傷つけられました。

 聖徳太子の時代にすでに中華秩序から抜け出た日本人にとって、彼らの民族アイデンティティや民族ナショナリズムは理解を超えています。
 日本人はそのへん実にあっさりしているというか、戦争でアメリカに負けてすっかり飼い慣らされてしまいましたからなぁ。
 まあ日本人の「あっさり」もあまり良くはないとは思いますけどね。日本と中国の間ぐらいがちょうど良いのかも?

 また、中国も韓国も儒教の国です。儒教では、恨みつらみに「時効」がありません。現代の儒者は未だに始皇帝を赦していません(紀元前213年、始皇帝は無用の政治批判を行う儒者達の書物を焼き払わせた)。
 そういう考え方が根っこにある中国人や韓国人に対して、日本人が「そんな何十年も何百年も前のことはもう水に流して下さいよ」と言っても、到底受け入れてもらえないでしょう。

 中華思想や儒教に由来した彼らの考え方というのは、もう何千年も前から継承されてきた物ですから、今さら変えさせるのは不可能に近いのではないでしょうか。
 例えば内政上の理由から、日本と一時的に友好関係を構築したりはするでしょうが、そんなものは向こうの都合ですぐ反故にされてしまいます。中国も韓国も現在まさに「自分たちの都合」で日本を攻撃してきてますよね。

 いま私たちにできること言えば、中国・韓国(そしてサヨク)の「アジア全体が靖国参拝に反対している」等の嘘に基づいたプロパガンダを一つずつ打ち消していく作業……地道に真実を世界の人々に伝えていく作業、これしかないのかもしれません。
 本当は外務省が積極的にやってくれりゃーいいんですけどね。この期に及んでもまだあまりやる気なさそうですが……(T^T)

※ここまでの参考文献・サイト
 ・「中韓のごたくに誤魔化されるな!世界は靖国をこうみている」日本会議事務総局・江崎道朗氏(「正論」8月号)
 ・平成浮世奇譚さん


■「『正義』か『報復』か これで分かる東京裁判」

 今日の産経は社説でも東京裁判に触れていますが、他に、見開き2ページを使って特集を組んでます。
 題して「『正義』か『報復』か これで分かる東京裁判」。

 全文入力は無理なので前文と見出しだけ書き出しときます。
 拙ブログ読者さんなら、見出しだけで内容はだいたい想像できると思います(^_^;

(前説)
 終戦から六十年を迎える今も、日本人の意識は「過去の日本=悪」とみなす東京裁判史観から脱却できず、その思考パターンが外交や安全保障、教育などさまざまな分野に影響を及ぼし続けている。それほどまでに日本を呪縛してきた極東国際軍事裁判(東京裁判)とは一体、何だったのだろうか。東京裁判を実行した連合国軍総司令部(GHQ)幹部や戦勝国の判事ですら、やがてその正当性と意義を疑うに至った「勝者」による「報復の裁き」を検証する。(阿比留瑠比、加納宏幸)


………見開き右………


●「真実探求」無罪を主張 パール判事の慧眼
 【パール判決文】
 【日本での講演】

 ・(用語説明)ラダ・ビノード・パール氏

 ・(年表)東京裁判をめぐる主な出来事

◇開廷までの経緯

 ・(用語説明)ポツダム宣言

 ・(写真)1945年(昭和20年)8月30日、神奈川県・厚木飛行場に降り立ったマッカーサー・GHQ総司令官。その日のうちに東京裁判の被告逮捕を命じたが、後には東京裁判の効果に否定的見解を示すようになる。

◇弁護側資料は却下「対ソ侵略」糾弾も

◇国際法に根拠のない「新法」で裁く

◇ナチスドイツより厳しく裁かれた日本

◇検閲…許されない批判

◇昭和天皇「戦犯」に深い同情

◇天皇誕生日に刑執行の“演出”


………見開き左………


●一貫性欠く政府の姿勢 相次ぐ異議 沈静化図る

◇(写真)昭和3年から20年までの日本の歴史を断罪した東京裁判の法廷。A級戦犯の席は後方の2列=21年6月、東京・市ヶ谷台

 ・(用語説明)A級戦犯

 ・(用語説明)サンフランシスコ講和条約第11条

◇「戦犯」生存者は名誉回復

 ・(表)A級戦犯とされた28人と判決

◇東条元首相「自衛戦争だが敗戦の責任は私に」

 ・(写真)絞首刑になったA級戦犯
 (くっくり注:東条英機氏は大きい写真。土肥原賢二氏、広田弘毅氏、板垣征四郎氏、木村兵太郎氏、松井石根氏、武藤章氏は小さい写真)

 ・(表)東京裁判とその判決を批判した海外の識者ら
  ハンキー卿(英国枢密院顧問官で国際法の権威)
  マッカーサー元帥(米国)
  ウィロビー将軍(GHQ参謀第2部長)
  シーボルドGHQ外交局長
  ケナン国務省政策企画部初代部長(米国)
  ダグラス連邦最高裁判所判事(米国)
  プライス陸軍法務官(米国)
  チョプラ博士(インド教育省事務次官)
  コリナ駐米大使(メキシコ)
  (くっくり注:各人数行ずつ東京裁判に対する批判コメントが載ってます)

◇オランダ判事「裁判誤り」竹山道雄氏に後年吐露
(くっくり注:このオランダ判事はローリング氏。竹山道雄氏は「ビルマの竪琴」の作者。)

◇原爆投下完全にタブー視
(くっくり注:米国人ブイクニー弁護人の原爆投下に言及した弁論が途中から日本語通訳されなかった)

◇「偽書」の征服計画を基に追及
(くっくり注:「偽書」=田中上奏文。「検察側は裁判途中で偽書らしいと気付いて追及をやめている」「が、中国の高校教科書には事実として記載されている」と本文で言及しています)

◇短絡的な被告指弾は知的怠惰 国際日本文化研究センター助教授 牛村圭氏

◇「負ければ賊軍」しみじみ実感 伊藤忠商事元会長 瀬島龍三氏


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 02:15 | 歴史認識 | comments (4) | trackback (8)
「サンプロ」で志位が紹介した「ジャカルタポスト」のソースは?
 昨日のエントリー「サンプロ」安倍晋三VS志位和夫」より自己引用。

 ところで、志位が言ったインドネシアの「ジャカルタポスト」の論評ですが、新聞のコピーとかのソースを何も提示せずに口で言ってただけなので、真偽のほどは不明です。
 2ちゃんねるに情報がないかと探してみたのですが、「ジャカルタポストは華僑の御用達新聞」らしいことと、「週刊新潮に最近、ジャカルタポストの記事はインドネシア支局元朝日記者が書いた自作自演だ、と載っていた」という断片的なことしかわかりませんでした。
 ちなみに新潮の記事というのは、どうもこれらしいです。見出しだけしか載ってませんが。
 
●同時多発「反日運動」の陰に−インドネシア反日記事に朝日サポーター
 ◆週刊新潮 2005/05/19
 インドネシア「ジャカルタ・ポスト」紙 2頁前後/主力記事 P. 136

 この件に関して読者ST様から大変貴重な情報をメールでいただきましたので、紹介させていただきます。
 (基本的に全文掲載させていただきましたが、個人情報につながりそうな箇所は一部編集しています。また、太字の強調箇所はこちらで強調した物です)

続き▽
Posted by くっくり 01:58 | 読者様のメール | comments (1) | trackback (0)
細切れぼやき
■本日発売

 つくる会の「新しい歴史・公民教科書」市販本が本日発売になったようです。
 朝日新聞が意図的にリークしたんじゃ?と言われている「月刊現代」も本日発売。
 毎月愛読している「正論」も本日発売。
 でも本屋に行ってる暇ないっす。仮に本屋行けても読む暇ないっす。お盆進行本番を控えて、徐々に仕事量が増えております(T^T)
 まだ「嫌韓流」全部読んでません。それどころか先月号の「正論」も半分以上未読っす(T^T)


■「TVタックル」

 民主党の永田議員がトンデモなこと言ってましたね。
 「いま北朝鮮に対しては太陽政策が主流。日本以外の国はみな北朝鮮にお土産を持ち寄ってる。日本だけが何もしてない」ですって。
 三宅久之さんに「人さらいをやってる国に何でお土産あげなきゃいけないのか!」と怒られてもめげずに、「弱腰外交だというのは百も承知ですよ」ですって。
 永田さん、過去にさんざん北朝鮮からコメ騙し取られてきた歴史を忘れちゃったんですかね?(-.-#)

 来週の「TVタックル」に安倍晋三さんが出演するようです。
 嬉しいけど心配ですわ。生放送じゃないから。番組サイドの意向で妙な編集のされ方するんちゃいますか?
 ちなみに私は来週の今頃は仕事量がピークに達してると思いますんで、番組内容紹介は期待しないで下さいね。皆さん、早めにビデオの予約を!


自殺の永岡洋治・衆院議員、遺書は見つからず

 遺書が見つかってないから自殺の原因ははっきりせんけど、すでに「自民党執行部が『郵政民営化反対に回ったら次回の選挙で公認しない』と圧力かけたから」てな噂がまことしやかに流されてますな。
 が、彼に近かった議員の中には、「それは全然関係ない」と言ってる人もいるようです。
 派閥(亀井派)&特定郵便局側の圧力と、執行部の圧力。その両方から挟まれて、押しつぶされてしまったのでしょうか。
 もし本当にそうだったとしたら、死人まで出してしまう「郵政民営化法案」って一体何なんでしょうね。
 どっちにしても、「弔い合戦」とばかりに彼の死を利用しようとしている反対派の発言を見てると、胸が悪くなりますわ。


産経新聞:【正論】国際教養大学学長・中嶋嶺雄 「東アジア共同体」は現実論なのか
 しかし、概(おおむ)ね肯定的な意見が多いマスメディアや学界などの議論を眺めていると、東アジアの現実から大きく乖離(かいり)した楽観的な言説や待望論、中にはこのところ起こっている中国や韓国の反日論・反日運動に対処する日本の外交的対応をよりソフトな方向に誘導しようとする意図が見え隠れする議論も混じっていて、承服できないものも多い。

 その代表例が朝日新聞ですかね(^_^;↓これは今日の社説。
 朝日社説:東アジア 共同体めざして息長く


日韓中、近現代史 共通教材、異なる記述 朝鮮戦争…「解放」と「侵略」
  【ソウル=黒田勝弘】日本、韓国、中国の民間による三国共通の歴史副教材として宣伝されている『未来をひらく歴史−東アジア三国の近現代史』が、朝鮮戦争(一九五〇−五三年)に関する記述などでまったく異なる内容になっていることが明らかになった。「歴史認識の共有」と「同じ内容の本を三国の言葉で同時発刊」(あとがき)することを売りものにしたこの副教材は、日本の近現代史を暗黒と否定で描く“反日”では一貫しているものの、結果的には「歴史認識の共有」の難しさを示した形になっている。 

 違いが目立つのは朝鮮戦争の部分で、日本語版が「北朝鮮の人民軍が半島南部の解放をめざして南下を始めた」とし、戦争の開始を「解放」という言葉で肯定的に記述しているのに対し、韓国語版は「北韓の人民軍が武力統一を目標に南侵した」と記述し「侵略」を明確にしている。

 日本語版は北朝鮮の“歴史認識”そのままの記述であり、近年は親・北朝鮮化している韓国でもそれは受け入れられないというわけだ。このすれ違いは、日本側の製作者が、いかに極端な歴史認識を持っているかを象徴するものだ。
 (以下略)

 この「教材」の宣伝パンフ(?)によれば、日本側の代表は以下の方々です。

 ・大日方純夫(早稲田大学教授)
 ・笠原十九司(都留文科大学教授)
 ・俵 義文(子どもと教科書全国ネット21・事務局長)

 俵義文は有名なので知ってますけど、あとの二人はようわからん。
 しかし韓国人よりも親北度が強い日本の学者って……正直、日本ではもう相手にされてないんじゃないですか?(^_^;

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:54 | 細切れぼやき | comments (1) | trackback (0)