<< 「アンカー」安倍総理と二人きりで緊急会談 | main | 脱北者家族が青森に漂着 >>

IWC年次総会〜日本が脱退を示唆

 最近のニュース拾っていったら、いっぱいに……。
 表題には捕鯨問題を持ってきましたが、今日は全編「細切れぼやき」です。

 IWC総会で日本が脱退示唆、日本に関するランキング、年金問題で与野党泥仕合、“東海”石碑、パナマ有毒物質で中国開き直り、李登輝さん講演、「ムーブ!」に浅野健一出演。
 
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
IWC総会 日本、脱退や新機関設立を示唆(産経6/1)
 【アンカレジ=共同】米アラスカ州アンカレジで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会で、日本代表団は最終日の5月31日、日本の沿岸捕鯨再開が受け入れられないとして、IWCからの脱退や、新しいクジラ資源管理機関の設立に向けて準備を始める可能性を表明した。

 日本は同日午後の総会で、和歌山・太地など4地域で行うミンククジラの沿岸捕鯨の捕獲枠設定に向けた決議を提案したが、米国やニュージーランドなどから反対が相次ぎ、合意形成の可能性がなくなった。これを受け、水産庁の中前明・次長が「資源管理機関としての役割を取り戻す最後の機会を失った。忍耐も限界だ」と強い口調で反捕鯨国を非難。IWCからの脱退や沿岸捕鯨の再開の可能性を表明した。

 特に新機関設立については「準備会合の開催に大きな関心がある」とした。2009年の年次総会を誘致していた中田宏横浜市長も辞退を表明した。

 総会はまた、1986年から実施されている商業捕鯨の一時禁止(モラトリアム)を支持する内容の決議を賛成37、反対4、棄権4の賛成多数で採択、閉幕した。日本を含む捕鯨支持国26カ国は投票に参加しなかった。

 昨年は日本など捕鯨支持国が提案した「モラトリアムはもはや必要ない」とした総会宣言が1票差で採択されたが、反捕鯨国が巻き返した。

 採択されたのは、絶滅の恐れのある野生生物の国際取引に関するワシントン条約に関する決議で、「モラトリアムは引き続き有効で、存在理由にも根拠がある」との文言がある。

 前回総会の議長国で捕鯨支持国のセントクリストファー・ネビスは「過去の宣言を無効にするような決議は、IWCをさらに分断することになる」などと反発した。

 昔は日本でもグリーンピースなどの環境団体に肩入れするマスコミが多かったせいか、「鯨は頭がいいから食べるなんて野蛮」とか「鯨は絶滅の危機にあるから捕鯨はいけない」というアングロサクソン側のプロパガンダをそのまま信じていた人が多かったようですが、水産庁や捕鯨関係者の努力が浸透してきたのでしょう、だいぶ改善されてきたようです。

 昨年の総会では24年ぶり(!)に捕鯨支持国が過半数を獲得、記事にあるように「モラトリアムはもはや必要ない」とした総会宣言が採択されました。
 もっとも商業捕鯨再開には加盟国の4分の3の同意が必要なため、再開までには険しい道のりが予想されたものの、とにかく一歩前進したことには変わりなかったのです。

 ところがその直後、反捕鯨国側が自分たちの味方になる国を新たに何カ国か参加させたため、今年は反捕鯨国が過半数を占めた状態で総会が始まったのです。

 産経夕刊紙面にもう少し詳細が出ていたので、起こします(ネットソースなし)。

■「忍耐もはや限界」 IWC脱退示唆 対話成立せず不信感(産経夕刊6/1)
 【アンカレジ=時事】日本政府が31日、長年くすぶってきた国際捕鯨委員会(IWC)脱退の可能性を総会の場で表明した。1986年の商業捕鯨モラトリアム(一時停止)以来、何度も再開を求める訴えが「理不尽な理由」(政府関係者)で退けられ、「日本の忍耐はもはや限界に近い」状況に追い込まれた。

 政府代表者は総会で「今回の沿岸捕鯨解禁案はこれまでで(最大限に譲歩した)ベストの提案。これが受け入れられないことは、IWCの機能不全とダブルスタンダード(二重基準)を象徴している」と言明した。

 米政府は今回、「捕鯨はアラスカ州に住むイヌイットの文化継承に欠かせない」(スティーブンス上院議員)と訴え、先住民に対する捕鯨枠は5年間延長された。
 ところが日本が「沿岸捕鯨は地域文化の継承に欠かせない」と主張すると、「商業的」と批判。
 IWCが作成した生息数などの科学的データでさえ、日本がこれを根拠として「持続的捕鯨が可能」と主張しても、「科学的データが不足」と否定される始末だった。
 こんな反捕鯨国側の一貫性のなさへの不信感が、日本政府を追い詰めた背景にある。

 IWCでは以前から、反捕鯨国と捕鯨支持国で敵対ムードが強く、対話が成り立たない「機能障害」が顕在化していた。
 日本政府は「捕鯨産業の秩序ある発展」というIWCの設立精神を取り戻そうと取り組んできたが、「今のままでは解決の出口は見当たらない」と判断した。

070601.jpg【捕鯨関係者は泣き崩れ歓迎】

 「脱退の可能性を言ってくれた。これはわれわれが長年望んでいたこと。もう、死んでもいい」――。日本小型捕鯨協会の磯根●(山ヘンに品)会長は31日、日本政府代表団が国際捕鯨委員会(IWC)総会でIWCへの対応を見直す構えを強調したのを聞き、会場から飛び出し、泣き崩れた。

 磯根会長は、日本に四カ所残る小型沿岸捕鯨地域の一つ、和歌山県太地出身。若い時代には捕鯨船の砲手として鳴らした。地元の窮状を痛いほど知り、協会会長としてミンククジラ漁再開を「悲願」と訴えてきただけに、「素晴らしいスピーチだった。年がいもなく、泣けてしまった」という。

 日本政府代表者が決意表明を終えると、総会の会場は小さなどよめきと拍手が交錯した。

(アンカレジ=米アラスカ州 時事、写真も)

 水産庁はタフ・ネゴシエーターの小松政之さん(アメリカの逆鱗に触れて捕鯨担当を外された)がいなくなって、大丈夫かなぁと思ってましたが、小松さんの他にも“漢”がいましたね。
 「忍耐も限界だ」――。中前明さん、よく言ってくれました!

 だってアングロサクソンは最初から妥協する気なんてないんですもん。
 昔さんざん「鉱物資源」として鯨を乱獲しておいて、石油が掘れるようになったら「鯨油はコストかかるからもう要らない」って捕鯨をやめて、で、今は「鯨は鑑賞用だ」。まったく勝手な人たちです。
 もし誰かが「牛は食用ではない、鑑賞用だ」と主張したら、あんたら納得できるのか?と言いたい。

 日本はこれまで「冷静で科学的データに基づく論争を望みたい」と主張し、外交努力も続けてきました。
 例えば「ミンククジラは非常に繁殖力が強く、捕獲して調整しないと他の魚が減ってしまう」といった主張を、科学的データに基づいて行ってきたのです。
 しかしアメリカをはじめとする反捕鯨国側は全く聞く耳を持たず、日本が10年も20年もかけて蓄積してきたそういったデータを、「ナンセンス」の一言で片づけてきたのです(あんたら何様やねんホンマに!)。

 おまけにアメリカ先住民はOKで日本人はダメって、どういうことやねん!捕鯨が「文化継承」なのはどちらも同じなのに。ダブスタここに極まれりです。

 IWC総会は毎年開かれてはいるものの、このようにもはや科学的議論の場ではなく、政治的駆け引きの場でしかなくなっているのです。

 だから私も以前から、こんな不毛なことを延々続けるよりも、日本はもうIWCを脱退して、捕鯨支持国同士で新たな組織を作って、そこで建設的な議論をしていった方がいいのでは?と主張してきました。IWCに加盟せずに捕鯨を続けている国もあるんですから。

 日本が本当にIWCを脱退するのかどうかはわかりませんが、少なくとも今回の表明によって、反捕鯨国側に何らかのインパクトは与えたんじゃないかと思います。

※参考リンク
捕鯨問題(wikipedia)
日本捕鯨協会
クジラのことなら何でも分かる!鯨ポータル・サイト
捕鯨ライブラリー
Whaling Library(上記サイトの英語版)

※参考動画
たかじんのそこまで言って委員会>日本を襲うクジラ戦争! グリーンピースは卑怯? (06/8/13放送)
 視聴にはアカウントが必要です(無料)。

※拙ブログ関連エントリー
06/6/16:IWC年次総会〜今年は捕鯨支持国が過半数?(捕鯨問題初心者の方はぜひお読み下さい)
06/6/18:IWC年次総会〜日中韓露が連携してます
06/6/19:IWC年次総会〜24年ぶりに捕鯨支持国が勝利
07/2/10:テロ組織が日本の調査捕鯨船を攻撃

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

信頼度、日本が米中上回る 世界16カ国の世論調査(産経5/30)
 日米中の3カ国で最も信頼できるのは日本−。米シンクタンク「シカゴ地球問題評議会」が29日までに発表した世界各国の世論調査でこんな結果が出た。
 それによると、日本、米国、中国の3カ国を対象に「世界の中で責任ある行動を取ることへの信頼度」を世界16カ国の市民に聞いたところ、「大いに」と「ある程度」を合わせ日本への信頼度は平均46%で、米国(同41%)、中国(同38%)を上回った。
 国別では、日本への信頼度が一番高かったのはインドネシアで76%。オーストラリア(72%)、米国(71%)が続き、16カ国中6カ国で信頼度が50%を超えた。
 逆に、日本を信頼しないとの回答は、「全く」と「さほど」を合わせた平均で43%。韓国が81%と最悪で、中国も79%だった。
 米国への信頼度が最も高かったのはフィリピンで85%。最低はアルゼンチンで84%が信頼しないと答えたほか、フランスも72%が不信を表明した。
 中国に対して最も高い信頼度を示したのはインドネシアとオーストラリアで、いずれも59%。信頼しないとの答えはフランスが最高で76%、平均でも52%だった。
 調査は昨年から今年にかけて各国で約500−2500人を対象に行われた。日本では調査が実施されなかった。(共同)
(2007/05/30 18:02)

 韓国と中国は「お約束」ということで(^_^;
 産経はこういう書き方してますが、てっくさんによれば、この世論調査のメインは実は「中国経済」。

中国の経済力、米に匹敵へ=信頼度は日本が上−米世論調査 (時事通信5/30)
 【シカゴ29日時事】世界の人々は中国がいずれ米国に匹敵する経済大国になると予想する一方で、中国や米国以上に日本に信頼を寄せている−。シカゴ・グローバル問題評議会とワールド・パブリック・オピニオンの共同世論調査でこんな結果が明らかになった。
 調査は、米国、ロシア、中国、インド、イランなど世界の人口の56%を占める国で実施された。「中国経済は米国並みの大きさに成長するか」との質問に対し、賛成が過半数を上回ったのは15カ国中8カ国を占めた。
 一方、「世界の中で責任を持った行動ができるか」という信頼度に関する調査では、日本を「信頼できる」と回答した人が46%を占め、中国の38%、米国の41%をいずれも上回った。日本を「信頼できない」との回答は43%だった。
 ただ、韓国と中国の回答者のうち日本を「信頼できない」と答えた人はそれぞれ81%、79%に上った。 
[時事通信社]

 仮に中国が経済面で米国並みに成長するとして、それはいつ頃?
 中国経済が今後どうなっていくかは、いろんな見方があろうかと思います。
 日本では、2008年の北京五輪と2010年の上海万博が終わったら、「バブルが崩壊する」あるいは「崩壊しないまでも鈍化する」という意見が圧倒的に多いように見受けられるのですが、他国ではどう考えられてるんでしょうね。

 ついでに最近発表された他のランキングも紹介。

「平和な国」ランキング 日本は5位、イラク最下位(産経5/30)
 英国の調査機関「エコノミスト・インテリジェンス・ユニット」などは30日、世界の「平和な国ランキング」を発表、日本が5位に入り、イラク戦争後に爆弾テロなど治安の泥沼化が著しいイラクが調査対象の121カ国中で最下位となった。1位はノルウェー。
 ランキングでは、政治の安定性やテロの危険性、人口に占める軍人の割合のほか、犯罪の発生率や自殺者の割合など、24の要素を独自に点数化。経済力があり、欧州連合(EU)に属する小さな国が上位に入る傾向が出た。
 上位10カ国は、北欧諸国をはじめ7カ国が欧州の国。2位はニュージーランドで、5位の日本は主要国(G8)の中ではトップだった。G8で日本に続いたカナダは8位で、ドイツは12位。
 米国は、ランキングで考慮される軍事費が突出しているため96位で、核開発問題などで欧米と対立するイランが97位。ほかに中国が60位、ロシアは118位だった。(共同)
(2007/05/30 23:39)

 日本はほんとに「平和な国」なんでしょうか?
 国民を他国に拉致・監禁されて未だ奪還できず、領土を他国に不法に占拠されてたり、他国にミサイルをたくさん向けられてたり、外国人犯罪が増えてたり、……色々あるんですけどねぇ。

 私にしてみれば、薄氷の平和、あるいは嵐の前の静けさ、そんなふうにしか見えないんですけども。
 まぁそれでも、この採点法で見たら日本はまだまだマシってことなんでしょうかね。

最もマナーがいい宿泊客は日本人、中国人はワースト3位―ホテル業界調査(Record China5/24)
ゴールデンウィーク期間中、海外でのお行儀の悪さが話題になった中国人だが、それを裏付けるような調査結果がこのほど公表された。2007年5月24日の報道によると、イギリスの旅行専門サイトExpedia.co.ukがヨーロッパのホテル業界関係者1万5000人を対象に国別マナー調査を行ったところ、最もマナーがよい宿泊客は日本人で、2位のアメリカを35%も引き離し堂々の第1位だった。
宿泊マナー最悪ランキング1位はフランス人、次がインド、中国人はロシアと同率3位だった。紳士の国イギリスは以外にもワースト5位にランクイン、イギリスのサイトといえども手加減はなかったようだ。
食事時の服装が最悪なのはアメリカ、次がイギリス。でも最も羽振りよくお金を使うのもアメリカ、ロシア、イギリスと続いた。逆に最もチップを渋るのはドイツ人だった。(翻訳編集・WF)

 これもイギリスの調査なんですが……、え?1位は中国人じゃなくてフランス人?
 フランス人はプライドが高くて鼻持ちならんとか、イギリス人とフランス人は仲が悪いとか、そういうイメージがあるんですが(偏見だったらすみません)、それに関係してます?
 しかし、「イギリスのサイトといえども手加減なし」ってのには笑った(^_^;

世界へ好影響、日本がトップ=中韓では「否定的」−国際世論調査(時事通信3/6)
 【ロンドン6日時事】国際情勢に最も肯定的な影響を与えている国の1つは日本−。世界の多くの人々がこのような考えを持っていることが、英BBC放送が6日公表した国際世論調査の結果で明らかになった。
 調査は27カ国の2万8000人が対象。列挙された12カ国について「世界に与える影響が肯定的か否定的か」を問うたところ、肯定的という回答の割合が最も高かったのが日本とカナダで、それぞれ54%。これに欧州連合(EU)53%、フランス50%、英国45%などが続いた。
 日本については、25カ国で「肯定的影響」との意見が「否定的」を上回り、中でもインドネシアでは8割以上が日本を評価。ただ、中国と韓国では「否定的」とした人がいずれも約6割を占めた。

 はい、ここでも韓国と中国は「お約束」ということで(^_^;
 実は、日本がカナダと並んで「肯定的」という回答の割合が最も高かったことは、韓国の新聞では一切触れてないそうです(「アジアの真実」さん3/6付参照)。これまた「お約束」ですかね。

■【番外】キッズ外務省>世界いろいろ雑学ランキング

 ↑今回いろいろ検索してて見つけました。
 別にこれ自体を悪く言うつもりはないですよ。ただ外務省もこんなランキング作る暇あるんやったら、南京事件、慰安婦問題などの「嘘」をちゃんと世界に発信してほしいです。

 特に南京事件はひどいもんです。
歴史問題Q&A Q.8 「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。

 あ、南京事件といえば、何度か紹介してますが、こちらの映画のご支援をよろしく!
南京の真実(仮題)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

与野党泥仕合 厚労相不信任案説明に1時間45分 批判ビラ10万枚(産経6/1)
 社会保険庁改革関連法案と年金時効撤廃特例法案の衆院通過をめぐる与野党の攻防が31日、終日繰り広げられた。年金記録紛失問題への取り組みをアピールしようとする政府・与党と、年金特例法案提出からわずか2日間での衆院通過に反発する野党側。双方の非難合戦は議場外でもエスカレートする一方。夏の参院選をにらみ、対立は泥仕合の様相も呈し始めている。
 数で劣勢の野党側は、「いくら正論を言っても、数の力では勝てないのが悔しい」(鳩山由紀夫民主党幹事長)と、柳沢伯夫厚生労働相の不信任決議案などを連発し、採決に抵抗する姿を国民にアピールする戦術に徹した。
 野党側は、逢沢一郎衆院議運委員長解任決議案、桜田義孝衆院厚生労働委員長解任決議案、柳沢厚労相不信任決議案を1本ずつ衆院へ提出。議員へ渡す公報に決議案を印刷する作業がそれぞれ約2時間かかるため、衆院本会議は断続的に3度開かれることになった。
 「社保庁が振り込め詐欺とは気がつかず」
 民主党の山井和則氏は、桜田氏の解任決議案の提案説明で、被害者から寄せられた社保庁批判の川柳を詠み上げ、「振り込め詐欺なら犯人は逮捕されるが、(今まで時効として)950億円も払わなかったことの責任は誰が取ったのか」と政府・与党を批判した。柳沢氏の不信任決議案では、民主党の長妻昭氏が提案説明に約1時間45分を費やし、採決の引き延ばしを図った。
 与党側も反撃に出た。逢沢氏の解任決議案を記名採決した最初の衆院本会議に、民主党の小沢一郎代表が欠席。民主党幹部によると、小沢氏は参院選に向けた企業訪問をしていて本会議に間に合わなかったというが、与党席からは「代表がいないじゃないか」と激しいやじが飛んだ。その後、小沢氏は休憩を挟んで再開された本会議に姿を見せた。
 非難の応酬は、議場外へも飛び火した。
 安倍晋三首相は都内で開かれた党支持団体の参院選総決起大会であいさつし、「年金問題が起こってしまった仕組みを作ったときの厚相は誰か。民主党の菅直人代表代行だったではないか。互いに責任を言い合うのは非生産的だ」と、菅氏をこきおろした。自民党はこの日、「このような事態になった責任は?」と題し、菅氏を批判するビラを10万枚印刷。B4判カラー両面刷りで、今週から全国配布する方針だ。
 これに対し、菅氏は記者会見で「自社さ連立政権で私が厚相だったとき、基礎年金番号導入を省令で決めた。その後、小泉純一郎厚相の下、平成9年から基礎年金番号付与の作業が始まったが、完全な形で行われず、(該当者不明の)5000万件が生まれた」と反発。攻防は与野党による責任の押し付け合いともなってきた。
(2007/06/01 08:53)

 野党の引き延ばし戦術にも呆れるけど、自民党も何やってんねん。菅直人を批判するビラを10万枚?!そんな暇あるんやったら、他にいくらでもやることあるんちゃいますか?
 “民主党ブーメラン”法則はほっといてもそのうち発動するんじゃないの?こちらからわざわざ仕掛けなくても。

 前にも書いたけど、与野党ともにもう政局に利用するのはやめて、国民のために純粋に頑張って下さいよ。
 国民もアホやないですよ。じーっと見てますよ。そして見抜きますよ。

 ところで今回の問題(今回に限ったことじゃないが)、テレビや新聞のミスリードが大いにありそう。てっくさんのまとめがわかりやすいかもしれません。

5/31付:5000万件の年金が消えた?(笑)
6/1付:消えた年金は組合のせい?

 以下、参考までに。

現場雑感・党首討論と凄まじいヤジ合戦(阿比留さんのブログ5/31)
 5/30の党首討論、産経記者さん(阿比留さんの同僚)が現場でとったメモ掲載。テレビや新聞では報道されない「雰囲気」がよくわかります。

年金記録 あなたは本当に大丈夫?(産経イザ!6/1)
 若い人も一度確認したほうがよさそうです。
 私なんて転職多いし、結婚して名字も変わってるし、名前も何通りかに読めるし、国民年金の時期もあったし、絶対ヤバイ……(T^T)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■鳥取の日韓交流碑 「日本海」「東海」とも削除(産経朝刊5/31)
琴浦町が再修正案、関係者ら困惑

 鳥取県琴浦町が町内の「日韓友好交流公園」の記念碑から、韓国の日本海の呼称「東海」の文字を削除し、在日本大韓民国民団鳥取県地方本部が抗議していた問題で、町は30日、日本語は「日本海」、併記するハングル訳に「東海」を表記する修正案を撤回した。結局、双方の文字を使用しない説明板に差し替える考えを明らかにした。修正案の発表から10日後の突然の方針転換。町側の定まらない対応が問題をより複雑にしている。
(鳥取支局 奥村恭雄、八木択真)

【突然方針転換】

 「修正案発表のあと、もとの説明板の文案を考えた旧赤碕町長から碑文から自分の名前をはずしてほしいと要請があり、新しい文章に改めることにした」
 30日行われた記者会見には、20日に「現段階で最良のもの」と修正案を発表した田中満雄町長の姿はなく、町議会の福本宗敏議長や山下一郎副町長らが経緯を説明した。
 福本議長らが旧赤碕町長の中井勲さん(81)の意向を直接聞いたが、名前を使うことができないことが確認されたため、修正案でない全く新しい「日本海」と「東海」の文字を使わない説明文の原案を作成。町議の過半数の同意を取り付けて数日前に田中町長に方針転換を要請したという。当初の修正案の際は区長会にも説明したが、今回は町民への事前説明を省いた突然の再修正だった。

【県民指摘発端】

 碑文は平成6年に旧赤碕町(現琴浦町)が建立した。文政2(1819)年に嵐で難破した韓国商船が同町沖に漂着し、地元住民らが救助して帰国した経緯が紹介され、「将来にわたり日本海(東海)が日韓両国にとっての平和と交流の海であることを祈念し…」とステンレスの説明板に刻まれていた。
 問題の発端は、「東海」の使用を不適切とする県民らの意見。昨年9月、県内の男性2人が町役場を訪れ、「東海の表記は適当ではない」と指摘し、直前に町のホームページに別の個人名で同様の書き込みがあったほか、今年1月には鳥取市の市民団体「あすの日本を考える会」の仲山一成会長(78)も田中町長に削除を要望した。
 これを受けて町は今年3月に削除した。しかし地元紙などの報道をきっかけに、在日本大韓民国民団鳥取県地方本部が町に強く抗議。田中町長は民団に謝罪した上で、日本文は「日本海」、併記するハングル訳は「東海」とすることを決め、決着したはずだった。

【賛否分かれる】

 旧赤碕町長の中井さんは「日本海(東海)としてこそ日韓交流が促進できるはずで、新しい碑文には全く同意できない」と憤る。また、碑文の原状回復を求めてきた民団の薛幸夫団長(55)は「国際交流の意義に反することで、到底納得できない。日本海と東海を併記したことは、あの海を平和と友好のシンボルにするためだ」と語気を強めた。
 一方、仲山会長はどちらの表記も触れない新しい碑文の案については「町長の苦渋の決断であることは想像に難くない。結果的に東海の文字が消えるなら、一定の評価はできる」と話した。

 ネットにないみたいなので起こしました。
 「東海」って文字が復活してしまうことを思えば、今回の措置はずっとマシなのかもしれませんが、やはり何か釈然としないものが残りますね。

 民団は「あの海を平和と友好のシンボルにするため、日本海と東海を併記せよ」って主張みたいですが、ぜひ聞いてみたい。じゃあ韓国には「東海」と「日本海」を併記した記念碑とかが存在するんですか?……と。

※参考リンク
「あすの日本を考える会ブログ」さん5/31付:[東海標記関連]13:琴浦町、問題を避ける
 町側の対応が定まらないのは、県に原因があるようです。
 もっと言えば、片山前知事の負の遺産。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

開き直り?『中国に責任ない』 パナマ有毒物質問題(東京新聞6/1) 
 【北京=新貝憲弘】中米パナマで中国産原料や練り歯磨きから有毒物質が相次いで発見された問題で、中国政府は三十一日に会見を開き、いずれも中国側に直接の責任はないとする調査結果を発表した。ただ開き直りとも取れる説明だけに、反発が強まる恐れもある。
 昨年秋にパナマで販売されたせき止め薬を服用した百人以上が死亡した問題では、中国の輸出業者が有毒のジエチレングリコールに無害のソルビットを混ぜたものを「TDグリセリン」の名称でスペインの業者に輸出。その際「中国の医薬品規定に合わない」と説明したにもかかわらず、商品が第三者であるパナマの業者に渡り「グリセリン」として医薬品の原料に使われたとしている。
 一方、練り歯磨きからジエチレングリコールが検出された問題については「毒性は低く、大量に摂取しなければ人体に影響はない。(問題となった)練り歯磨きで中毒が発生した例もない」とパナマや米国当局に冷静な対応を呼びかけた。
 国家品質監督検査検疫総局の魏伝忠副局長は海外メディアがことさらに取り上げるので、あらためて専門チームをつくって調査した」と説明した。

 開き直りキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
 その上、「海外メディアがことさらに取り上げるので」ってアンタ。「海外メディアが取り上げなかったらスルーするつもりだったのに〜」ってことね。

 ↓同じニュースだけど、朝日新聞はやっぱ中国に優しいですね。

「パナマの業者に責任」中国、有毒薬品輸出で釈明(朝日6/1)
 中米パナマ向けに輸出された中国産の風邪薬の原料と歯磨き粉から毒性物質が検出された問題で、中国の国家品質監督検査検疫総局は31日、調査結果を発表した。いずれも毒性のあるジエチレングリコールが含まれていたことを認めたが、「輸出企業は薬として使われるという認識はなく、偽造薬として販売したパナマの業者に責任がある」と釈明した。
 同総局の魏伝忠副局長が会見した。説明によると、北京の貿易会社が03年夏、15%のジエチレングリコールが含まれた「工業用グリセリン」をスペインの貿易会社に輸出。この際、スペイン側には医薬品に使用できないことを説明したというが、さらにパナマに輸出され、同国の業者が「薬用純正グリセリン」と改ざんして販売。これが風邪薬に使われ、100人が死亡したという。
 歯磨き粉は、江蘇省の化学工場が製造したもので、同じくジエチレングリコールが含まれていた。同総局は「ジエチレングリコールの毒性は低く、少量含まれた歯磨き粉を使用した場合の人体への影響は因果関係がわからない」と説明した。

 当局側の説明内容を淡々と伝えるだけ。
 これがあ〜た靖国問題とかだったら、「反発が強まる恐れがある」とか書いて思いっきり煽るくせに(-.-#)

 犬HK(NHK)ですら、「31日の記者会見で中国政府は、人命にもかかわる代用品の製造の是非や企業に対する監督責任には一切触れなかっただけに、国際社会で高まっている中国産の食品や薬品の安全性をめぐる懸念を直ちにふっしょくするのは難しい状況です」……って“言いにくいこと”をちゃんと言ってるのに。

 ↓ちなみに中国当局は先日、こういうことをやりましたね。

中国、食の安全遠く…ニセ薬承認で収賄の前局長に死刑判決(読売5/30)
中国・前管理局長死刑で人民日報「腐敗に対する決心示した」(産経5/31)

 せっかく「中国もやることはやってますよ」って国際社会向けのパフォーマンスをしたのに、わずか2日で自ら台無しにしちゃいましたね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

李登輝氏、後藤新平賞受賞(福島民友6/1)
 来日中の台湾の李登輝前総統(84)は1日、東京都内で第1回後藤新平賞を受賞した。その後「後藤新平と私」と題して講演し、記者会見。李氏が日本で講演や記者会見をするのは初めて。
 後藤新平は日本統治下の台湾で民政局長を務めた政治家で、「後藤新平の会」(事務局・藤原書店)が生誕150年を記念し、賞を創設。李氏は「後藤新平の業績を継承し、台湾の近代化に貢献した」と評価された。
 李氏は講演で、約200人の聴衆を前に、常に外来政権に脅かされてきた「台湾人の悲哀」に触れながら、後藤新平の台湾開発を高く評価。「22歳まで受けた日本の教育のおかげで肯定的な人生を見つけられた」と日本の統治を回顧した。また、総統として「一滴の血も流さず、台湾を軍事独裁から民主体制に変革したのは一生の誇りだ」と語った。

 李登輝さん、ありがとうございます・゚・(ノД`)・゚・。

 5/30に来日した李登輝さん。それを伝えた朝日の記事に私は怒りを覚えました。

李登輝氏が来日 戦死した兄を思い、靖国参拝に意欲(朝日5/31)
 台湾の李登輝前総統(84)が30日来日し、第2次大戦で日本人として戦死した兄がまつられている靖国神社への参拝に意欲を見せた。李氏が実際に参拝するかは微妙だが、来日早々、刺激的な発言が飛び出した形だ。李氏は一方で、今回の訪日目的について、中国が懸念する政治活動ではないと強調した。
(以下略)

 「刺激的な発言」?はぁ??
 これまで首相の靖国参拝について、さんざんご注進報道を繰り返し、中国を「刺激」し続けてきた朝日新聞に言われたくない!(-.-#)

 靖国参拝の件ですが、李登輝さんの「意志は固く、実行のタイミングを計っているもよう」(四国新聞=共同6/1)という報道もあります。
 ぜひ参拝してほしいです!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■6/1放送「ムーブ!」

 【浅野教授が見た、最新「北朝鮮市民生活」】ってことで、北朝鮮のスポークマンでおなじみの浅野健一がスタジオ出演&5月に北朝鮮に行った時の映像を紹介。

 って、この時期に北朝鮮に入ってビデオ撮ってこれる、高官のインタビューも取ってこれる、それだけでもう怪しさ120%でしょ。
 (浅野が撮った高官のインタビューはNHKでも報道されました。「東アジア黙示録」さん5/8付参照)

 VTR終了後のスタジオトーク。

 浅野は「国交正常化すべきだ。過去の清算をすべきだ。そうしたら拉致問題も進展する」と、工作員の主張丸出し。引っ張ってくるソースも朝鮮中央通信だし。

 若一光司(金曜コメンテーター)が反論してくれた。

 「拉致問題で日本側が再調査を要求するのは当然でしょう。不当でもなんでもないと思いますよ」
 「北朝鮮は外貨を稼ぎたいと思ってる。浅野先生もその広報を手伝ってくれないか、ということなんじゃないんですか?」(ナイスツッコミ!)

 この人は普段、左寄り発言が多いんですが、今日は非常にまともに見えました(浅野に比べたら誰でもまとも?)。

 黒田福美ですら、言葉はかなり選んでいたものの、「北朝鮮で自由に映像が撮れたんですか?」と突っ込んでたし。

 「勝谷誠彦さんか宮崎哲弥さんがいれば!」と、この日ほど強く思ったことはありません。
 もっと言えば、「重村智計教授がいれば!」ですね。しげむーは普段から、「国交正常化を言う人は北のスパイ」的なことを言ってますからね。バトルしてほしかったなー。

※関連ニュース
北朝鮮への制裁実施命令 ロシア大統領令、「活動に打撃」狙う(産経5/31)
米中協議は不調か、北朝鮮の凍結資金の移送問題(CNN6/1)
北朝鮮政府が自国留学生全員に帰国を指示、理由は不明(AFPBB News 6/1)
コメ支援対立で事実上決裂=南北閣僚級会談が閉幕(時事通信6/1)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「お気楽くっくり」更新済

 昔なつかしCD廉価版、集めてます。


 以上です。今日もスクロールお疲れ様でした<(_ _)>


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバックを下さる方へ
サーバー不調につき、トラックバックを送信してすぐに反映されない場合、こちらで受信できていない可能性大ですので、もう一度送信なさって下さい。それでも反映されない場合は、コメント欄にURLを書き込んでトラックバックの代用として下さい。あるいはミラーブログの方にトラックバックを送信なさって下さい。お手数をおかけしますが宜しくお願いします。

★コメント(投稿)を下さる方へ
初めてコメント下さる方は、こちらのガイドラインに一度目を通されてから宜しくお願いします。
国際 | comments (61) | trackbacks (3)

Comments

>>IWC年次総会
なんだか国際連盟脱退時の大日本帝国と被って不思議な気分になってしまいます(笑)
キナミ | 2007/06/02 04:47 AM
>国際連盟脱退

 クリストファー・ソーンさんの偏見の無い関連書籍と比較すると、ジョン・ダワー氏の戦中以前の偏見丸出し(戦後解説はオモロイ)が際立つのだけども、連盟脱退重視は・・・マァ偏見と言えるかも。
福原 | 2007/06/02 07:41 AM
IWCが真っ当なIWCたる姿に戻るよう努力する為に居てやったというのに、この扱いにはもう勘弁ならん
と私的解釈は?(^^;;・・・つまらんね・・。
それは置いといて、
これはどこ(の板)でも書いてるけど、
「よーし、あい分かった、じゃあ、将来生態系がどうなっても絶っ対1頭すらも獲るんじゃねえぞ、いいなっ?」
D7 | 2007/06/02 09:28 AM
鯨はねぇ〜、もう増えすぎちゃって、水産関係者の間では頭痛のタネなんですよ。
鯨が増えすぎる→イワシを始めとした魚が彼らに食われてしまう→生態系のバランスが崩れ、他の魚類の価格高騰を招く
って具合なんです。
いつまでも白人の『えこひいき』にはつきあっていられませんよね。
ニッチ | 2007/06/02 10:04 AM
捕鯨に関わる方々がどんな生活を送っているのか、その実情をすっっごい知りたいです。が、それを報道に期待するのは無意味なんでしょうねきっと。
Archive | 2007/06/02 10:23 AM
本当にそうです。白人のくだらない「えこひいき」にゃあ付き合ってられません。
最近、ニーチェの「キリスト教は邪教です!」って本を読んだんですが、白人の理不尽でアホなえこひいきの源泉がどこにあるのかがよく理解できます。オススメの一冊ですよ!
それから、松原久子氏の「奢れる白人と闘うための日本近代史」も、いかに白人文化が野蛮であるかがわかる名著です。
にゃはにゃは | 2007/06/02 10:24 AM
「鯨は賢いから食べるな!」
「じゃあ、アメリカ人は食ってもイイのか?」なんてブラックジョークも有りまし多。
 票数確保のために捕鯨の利害に無関係な国まで巻き込んだ時点で、
IWCは形骸化していたと思います。
 
no more noise | 2007/06/02 11:05 AM
IWCの運営資金の各国分配ってどないなんでしょうねぇ?国連みたいに日本の比重が大きければ、「脱退表明」は強力なカードになりえると思いますが・・・・・
琴浦町の件に関しては、民潭側が「文化理解に相互表記など笑止千番」と言い切っております。
99V | 2007/06/02 11:16 AM
IWCなんか脱退して、さっさと新機関を設立することはいいことでしょう。
私は大歓迎ですよ。ああ、鯨が食べたい。
まっこう | 2007/06/02 11:39 AM
鯨の問題は、白人の価値観は正しく「色つき人」の価値観は間違いという白人優越主義(人種差別)、から来ているだろうな、IWCの分担金払うくらいなら脱退すればいいさ、ほかにも捕鯨国がいるんだからそこと一緒に新しく資源管理を考えていけばいいさ
北の国から | 2007/06/02 11:56 AM
くっくり様、多情報のテキスト起こし、ありがとうございます。最近は仕事が多忙のためTVを見る機会が殆どなく、とても助かります。
私は、小学校低学年の頃、学校給食で鯨の竜田揚げを食べてました(年齢がばれる〜笑)。鯨肉は今は全然食さないし食べなくてもどうという事はありません。でも鯨肉は美味しくて大好きでした!(←ココ肝心)
日本は島国で、日本人は元々魚を多く食する民族(現在は違うようですが)。商業用捕鯨を否定される事に我々は我慢できないし、肉食中心文化の他民族にとやかく言われたくないですね。
科学的な根拠を元に限定的な捕鯨量を決めればすむ話なのに、IWC総会そのものが合理的というより感情的総会なのかな?と推測してしまいます。
IWC総会の「機能障害」って、つまり「クジラがかわいそうという感情論による障害」ってことでしょうか‥‥。 

ご参考までに下記サイトをご紹介させていただきます。
日本が今後とるべき立場は、
。稗廝辰帽甘イ群談噌颪寮眛世鯊海院■稗廝辰了兩を正す努力をする。 
■稗廝辰鮹β爐掘■稗達劭廖聞餾殃畄濕萃条約)を基盤とした別機関を作る。
の2点とのこと。
私は△料択も悪くないと思っています。

http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Bull/4668/uw.html
山桜の君 | 2007/06/02 12:41 PM
大量捕鯨し鯨油だけを採取、食用になる部分は廃棄する「恩知らず民族」の白人と
日本のように、一片の無駄もなく工業用・食用に使い分け「頂きました」と言う「恩を知る民族」

どっちが野蛮なのかねぇ〜。
私は鯨肉はあまり好きではないが、アメリカ産牛肉を食うぐらいなら鯨を食べようかと思ってしまう。
反対派の国々の中には、内陸の海なし国が何カ国もあったとのこと。鯨なんて見た事もない国の連中を引き入れて反対させるなんて、汚い手を使った裏取引でもあったんでしょう。
大人しく忍耐強い日本が反旗を翻したら何が起こるか・・・
白人は健忘症が多いようだ。
まめきち | 2007/06/02 12:53 PM
雑学ランキング、見てみました。教えて下さりありがとうございます。
ヽ位馨平Πが残業時間を潰す為に作ってる。 外注。
のどっちなんだろう、と気になりました。しかも、
(例)日本から訪問者が多い海外の国・地域  出典:独立行政法人 国際観光振興機構(JNTO)
他団体が調査したデータ載せただけ・・・。なんか、がっくり。
外務省職員がサボってるおかげで、都知事がGJする羽目に。

従軍慰安婦問題、「軍が調達した事実はない」 石原知事 朝日新聞2007年05月18日
ttp://www.asahi.com/national/update/0518/TKY200705180051.html

くっくりさんは既にご存知だったかもしれませんが、私は週刊新潮の先週号でこの事を知りました。週刊金曜日(中身は社民党の機関紙状態なので手に取るの恥ずかしいのですが)にも載ってて、霍見芳浩・ニューヨーク市立大教授の記事によれば、
知事は「日本の新聞記者がここ(米国)でそういう(慰安婦問題の)質問をする感覚が分からない。」と記者の質問に「切れた(霍見氏主観)」そうです。この記事も含め、知事選終了後ずっと、マスコミも浅野氏も「都民はバカ」「マニフェストなんて読まない」って論調。余程民主主義がお嫌いなんですね。

しかも、この訪米に関して、元NHK週刊こどもニュース父親役キャスター・池上彰氏がTBSピンポンにて
>「全国知事会」を欠席してニューヨークですか?!
てな発言を。「世界大都市気候変動サミット」に主要大都市の首長として招かれたんですけど・・・。
大体、こういう時のために副知事がいるんだし。
こんな人が子供にも分かり易い解説で売ってるなんて、民主党区議の経歴虚偽に似た感覚を覚えます。
麻生さん総理になって | 2007/06/02 01:19 PM
くっくりさん、更新ご苦労様です。腰抜けの外務省と違い、水産庁は小松さん以外にも、侍がそろっているようで頼もしいですね。
私も 「IWCを脱退し、ICRW(国際捕鯨取締条約)を基盤とした別機関を作る。」に賛成です。IWCみたいな非生産的な組織に関わっても、らちがあかんでしょう。
しかし、一点だけ言っときたいのは、日本人の排出する残飯の量は、ものすごく多いってこと、毎日大量に廃棄されているコンビニの弁当などをどうにかしなければ、捕鯨再開に対する説得力もなくなるでしょう。それと子供たちに、食物に対する感謝の気持ちと残すことの罪悪感を、もっと教えるべきではないかと思うのですが・・・
生意気なことを書きましたが、我が家の子供も結構食べ物を残したり、贅沢なことばっかりいってます。教育は難しい・・・(>_<)
ネコ | 2007/06/02 02:38 PM
> 「捕鯨はアラスカ州に住むイヌイットの文化継承に欠かせない」

昨日こそ船出はせしか鯨魚取り比治奇の灘を今日見つるかも
秋水 | 2007/06/02 06:34 PM
そう言えば、某巨大掲示板の特亜板で
「中国の環境やら人権やら経済の問題が
最近一気に噴出したのは誰かが裏で糸を引いてるんじゃないか?」的な発言があったけど・・・

スパイ天国日本でスパイ活動するのに
某巨大掲示板を見ない筈が無いので・・・

知らぬは本人ばかりなりだったりしてw
秋水 | 2007/06/02 07:08 PM
ニコビデオに投稿きました。
2002年にTBSで放送されたもののようです。

捕鯨論争!大国と闘った男たち 国際会議の舞台裏に迫る1
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm391684

捕鯨論争!大国と闘った男たち 国際会議の舞台裏に迫る2
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm391924

捕鯨論争!大国と闘った男たち 国際会議の舞台裏に迫る3
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm391993

捕鯨論争!大国と闘った男たち 国際会議の舞台裏に迫る4
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm392087

捕鯨論争!大国と闘った男たち 国際会議の舞台裏に迫る5
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm392170

捕鯨論争!大国と闘った男たち 国際会議の舞台裏に迫る6
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm392258

捕鯨論争!大国と闘った男たち 国際会議の舞台裏に迫る7
2007年06月02日 19:23:31 投稿
ttp://www.nicovideo.jp/watch/sm392341
もけもけ | 2007/06/02 07:53 PM
IWC離脱は得策かな?
幾らでも理由つけて捕鯨をすれば良いと思うが?
日本がIWCに引き込んだ国もある事だし
離脱せずに新組織を作るって手もある
核でさえ理由をつけて持とうとする国があるんだからw
捕鯨ぐらい良いと思うがね〜
まあ、これは結局感情論でしかないんだし
鯨は駄目、では牛、鹿、馬、豚、鳥、羊、山羊、犬、兎、蛙、魚は良いのか?
根拠は「頭が良いから」じゃ理屈にならない
鯨が絶滅寸前まで行ったのは鯨油を取るために乱獲した国がいたからだろうにw
take | 2007/06/02 08:00 PM
もうIWCに加盟していることによって得られる利益である南氷洋の調査データと賛同してくれる国を十分得たからIWC離脱を口にしたのかなとおもいます
トラックバックです
http://parapodia.blog75.fc2.com/blog-entry-105.html
maxilliped | 2007/06/02 09:13 PM
「アンカー」二人きりで 安倍首相と緊急会談
での、青山繁晴氏は、あくまでも判断は国民がするものと言われた

人間安倍 判定する 最重要な問題は ここに

「 アンカー」温家宝−微笑の裏に闇合意(東シナ海ガス田は?)
での青山氏発言の大事な所 僕らの知らないところで安倍さんと温家宝さんがこっそり、ほんとの合意をやってた。『闇合意』とあえて書いたのは、
・じーっと見てると、だんだん、ほんとは合意ができてしまってるじゃないかと氏、

 北朝鮮拉致の問題含めオリンピック終了まではとにかく揉め事は困る。
とにかく、中共は平和で何もなくいたい、そういう時に、
 付け入るのが外交なんです。中国が身動きできない時に、きれい事ではなくて、 

 日本はポンと昔から日本の領土の尖閣を確固たる実効支配する駒を進めるというのが本来のリアルな外交なのです・ 国民主権者が決める政治の適否の

青山氏の教えてくれた、確かな判断基準は、この本来の外交するか、否か。のみです 
 
 ・国民の方が国会議員より実は感覚も良いし頭もはっきりしてるなと・も。

もし、しっかりと日本の資源を中共盗み続けさせるならば
1989年6月天安門広場、民主化運動の人々を戦車と銃撃により惨殺、血の海とした中共
に、世界中回って経済協力と支援を呼びかけ、強権軍事急拡大に奉仕し、ようやくくたばった橋本竜太郎の後釜なりと高らかに宣言したらいい。小沢の同類さんで勝ちと

 年金さんざん食い散らかした年金事業団の個々から返させもしない、処罰もしない小泉の踏襲、後継者。河野の継承までし、年金詐欺被害者に悪態ついても、青山氏の
判断基準に合格なら、政治家選びシステム酷いからこの程度で一応良い方。
S20代生 | 2007/06/02 09:27 PM
>S20代生

陰謀論乙。
マモー | 2007/06/02 09:44 PM
こんばんわ、今日も面白いエントリー感謝です。

そういえば…この間イギリスに旅行に行った際、陰険なおじちゃんに「日本人は鯨を食べるのを辞めろ」とか言われて「鯨は増えすぎていわしが獲れなくなって漁民は困ってるんです!」とか言ったけど、嫌な経験でしたね〜。奥さんは理解してくれたんですけどね。どうも英国海軍の退役軍人で海上自衛隊とも一緒に訓練した経験があるらしい(こんなんと一緒にやるなんて海自の人も大変だな〜と思うくらいの冷笑的な奴でした)。
アイスランドとかノルウェーとか(ノルウェー人は「あいつらは捕鯨やめろやめろというが俺達は絶対やめないぞ!」と言ってました)捕鯨を続けている国は他にもありますから、さっさと皆で脱退して他に同盟作れば良いと思います。北朝鮮も中国もそうですが、日本が毅然とした態度を見せると相手は引きます、というかこちらを尊重してくれます。そういうもんです。それをヘコヘコするからなめられてしまうんです。私達も今までの歴史を学んで言いがかりをつけられたら素早く言い返しましょう。

李登輝さんの来日、今回は中国が何にも言わないですよね。な〜んて現金な連中!政治目的であれやこれやと変節を繰り返す連中ですよね(笑)。

中嶋嶺雄国際教養大学学長は「警備の問題もあり、(参拝は)あり得ない」と述べた。
→という報道がありますが、この学長さんはアホでしょうか?今回最後の来日だそうですので絶対参拝して頂きたいです。
おれんじ | 2007/06/02 10:19 PM
くつくりさん、おれんじさん、
Monです。

>中嶋嶺雄国際教養大学学長は「警備の問題もあり、(参拝は)あり得ない」と述べた。

日本の國は李登輝さんが参拝するのに警備が必要な状態なのですか?
李登輝さんに危害を加える人がいるのかな?
もしそうなら、皆さんで彼を護ることをして参拝させてください。
彼のお兄さんに会わせてください。お願いします。
Mon | 2007/06/02 11:13 PM
執行部は会議で、。。。ビラの見本を配布。年金のビラでは「あなたの年金は大丈夫?」「年金をネコババされたい人は自民党」などと露骨に自民党を攻撃しており
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20070602ia23.htm

ミンス党もビラを作るもようです。
「年金をネコババ」だれもネコババしてないですけどね。お金の持ち主が誰だかわからないけれど。

若一さんは、人権派左翼です。死刑には断固反対です。慰安婦や南京、戦争にどのような意見をお持ちなのか知りませんけど、北朝鮮に関しては、ある程度、事実を尊重してるようですね。
たか | 2007/06/03 12:09 AM
一応、まだ自民は案を出していますが、
民主たちはまともな対案を出していないので、余計に頭にきますね。
まっこう | 2007/06/03 12:17 AM
年金は領収書が一枚も無い人には
絶対払ってはいけないと思います。
(火事や地震などの理由があれば別ですが)
それと、領収書なくても勤めていたとか
どこかに記録がある筈です。
| 2007/06/03 12:25 AM
 朝まで生テレビ(2007/03/31)で日中同時生放送が有りましたよね。
 その時に中国の学生が日本の捕鯨について質問したんですね。
 そして、田原総一郎さんが説明した内容が、ベトナム戦争の枯葉剤から目を逸らすために、捕鯨禁止をでっち上げたと言う趣旨のことを言っていました。
 Wikipediaによると「ベトナム戦争(1960年 - 1975年)」もう30年も昔のことでもあるし、枯葉剤について日本では殆んど報道されなくなっている。もし田原さんの言うことだ本当だとして、未だに反捕鯨を言い続ける意味があるのか疑問があるのですが如何でしょうか。

 その関連で考えれば劣化ウラン弾を使い続けるためには、環境保護団体に調査をさせない。或いは、活動を分散させることにあるのかも知れません。だから当初は枯葉剤から目を逸らす目的だったのが、今では劣化ウラン弾に移っていると考えると、田原さんの言うことも辻褄が合います。

 それと、この前くっくりさんがコメント量から捕鯨について、余り関心が無いのかも・・・・。てことを書いておられたと思うのですが、日本政府の姿勢にしても皆さん異論が無いと思うんですね。だから、わざわざ書くことが無かったからだと思います。私も相槌程度では書かないようにしていますから。
xray2662 | 2007/06/03 01:00 AM
皆さん、コメントありがとうございます。
いつもピンポイント・レスで申し訳ありません。

4&#12316;5年前だったと思いますが、日記(まだブログじゃなかった頃)に捕鯨問題を初めて書いた時、掲示板には「鯨を食べるなんて可哀想」的な意見がかなり寄せられて、歯がゆい思いをしたものでした。わずか数年で日本の空気もだいぶ変わったなぁと、嬉しく思ってます。

99Vさん:
ちょっといま古いデータしかないんですが、2003年の時点でIWCに対する日本の拠出金は1位でした(但し金額的にはそう高いものではなかったと思います。数千万円単位?)。

S20代生さん:
いつもコメントありがとうございます。今後はできたら該当のエントリーにコメントいただけたら幸いです。

山桜の君さん:
私は和歌山県民だった時代が長くて、そのせいか鯨を非常に身近に感じてきました。給食にもよく出でました。「くじらの琥珀揚げ」が月に1回は出ました。小学校に入って初めてこれが出た時は、見た目が「ウ○チ」に似ているため、教室が爆笑の渦に巻き込まれたという(^_^;。でも食べてみるとすっごく美味しくて、けっこう人気メニューだったと思います。確かに鯨がなくてもやっていけるのかもしれませんし、他の物を食べればいいじゃんって若い人も増えてるみたいですが、それはまた別問題だと私は思っています。

ネコさん:
>日本人の排出する残飯の量は、ものすごく多い
これ、ほんとそうですよね。恥ずべきことだし、何とかしないといけないと思います。私はご飯を絶対残してはいけないと戦中派の親に言われて育ったので(食べ終わるまで席を立たせてもらえない)、今でも外食とかしてて絶対に残せないタチなんです。飲み会とかではいつも残飯処理係(^_^;。最近、店側にも問題があるなーと思うのは、付け合わせの野菜とかがお皿に残っていても(ワタシ的にはまだ食べるつもり)、かまわず下げようとする店員さんが増えてるように感じるんです。そんな時は「まだ食べてますので……」と言って下げるのを遠慮してもらうのですが、こちらも向こうも何だか決まりが悪い雰囲気になって、それが困りものです。もっと困るのは、「お下げします」の一声もかけずに、通りすがりにいきなりお皿を下げてしまう店員さん。さすがにこちらも「まだ食べるんですけどー!」とか言えずに、指を加えて見送るしかないという……(T^T)

もけもけさん:
ニコビデオ紹介ありがとうございます。横レスですが、ニコビデオ、ID番号がでかすぎるせいでしょうか、未だに一度も見られたことがないんですよ。何とかならんもんですかねぇ。

takeさん:
加盟国がそれをやったら違反になっちゃうので、やるならやはり脱退するしかないのではないでしょうか。日本が音頭とったら多くの捕鯨国がついてきてくれるような気もするんですけどね。

おれんじさん:
反捕鯨国の国民もいろいろなんでしょうね。データを見たらわかってくれる人、最初から情緒的に許せないって人、2通りにすぱっと分かれてしまうのかなという感じがします。

Monさん:
李登輝さんに危害を加える人がいるというより、靖国神社サイドや他の参拝客への配慮という意味合いが強いと思います。もし李登輝さんが予告して靖国参拝した場合、保守と左翼(親中派)がそれこそ数千人単位で押し掛けて、押し合いへし合い、大騒ぎになる可能性があると思います。中嶋先生もそれを危惧されているのかもしれません。ですから抜き打ちで、目立たない形で参拝されるのが良いと思います。

たかさん:
若一さんはたまーに良いことを言われますね。中国には厳しいが韓国には甘い(逆かもしれません)といったふうに、何か定まってないなーという印象があります。

| 2007/06/03 12:25 AMさん:
>年金は領収書が一枚も無い人には
>絶対払ってはいけないと思います。
じゃあ私も年金満額もらえませんわ(T^T)。10年も前の国民年金の領収証なんてもう捨てちゃいました。確か「○年間保存してください」って注意がどこかに書かれてあって、その期間はもうとっくに過ぎたので捨てたのだと思います。もう一つ言えば、会社に「勤めて」ないから(業務委託とか外注とかそういう形で働いていたから)国民年金加入者だったわけで、当然「記録」もないです。

xray2662さん:
>日本政府の姿勢にしても皆さん異論が無いと思うんですね。だから、わざわざ書くことが無かったからだと思います。私も相槌程度では書かないようにしていますから。
確かに一理あります。ただ特ア絡みの話題では、異論が無くてもかなりのコメント量だったりするんですよね(^_^;。もし捕鯨問題が日本VS米英とかでなく、日本VS中国てな構図だったら、もっと関心度高いんじゃないかなーと、やはり感じてしまいます(^^ゞ
くっくり | 2007/06/03 01:18 AM
鯨の問題は複雑怪奇ではないかと思われます。
グリンピースに代表される環境団体。(正義の味方?)
日本国。(悪役)
前回、悪役に正義の味方が押し込まれて、苦戦。
正義の味方を助けなくてはとお金持ちの寄付が環境団体にどっと流れ込んで金の力で押し返す。
グリンピースなどの環境団体の幹部は環境貴族とか言われて大金持ちのようです。今回のために流れ込んだ資金でいっそう太ったことでしょう。
悪く言えば環境ゴロの集団ですから日本の対応を褒めていいのか上手く操られて金儲けの道具として利用されている可能性が大です。
かえって、死んだ振りをして捕鯨をあきらめた振りをして、環境ゴロに金が集まらなくなって弱ったころに、別の団体を立ち上げて捕鯨再開に踏み切ったほうがいいような気さえします。
一筋ならでは行かない連中ですから現在のように悪役日本が残虐にも鯨を殺すのを正義の味方(環境ゴロ)が苦戦しながら阻止する状態が一番好ましい状態なのでしょう。残虐な日本=残虐な日本兵などと言う大嘘に利用されないように注意しなくてはなりません。
強かに考えますと現在の状態は日本にとっても、調査捕鯨で鯨は取れますしそれほど悪い状態ではないですが、悪役的イメージの定着は防がねばなりません。やはり情報戦での権利拡大ではないかと考えるこの頃です。
環境ゴロを太らせてはなりません。侮ってはなりません。
国際スパイ団の匂いもちらほら気を付けましょう。
乱筆失礼しました。
ヘナチョコ | 2007/06/03 01:54 AM
最近の確か
北京オリンピックの報道に関して中国の一社からしか配信しません。
そこから報道してください。

各国のマスコミ拒否! → 現在反中キャンペーン

じゃないでしょうか…誰かのプログで見たのですが覚えていませんので。

それかペットフードが引き金だったとか。
その他 | 2007/06/03 08:45 AM
IWC,李登輝さんの件
色々とブログに書きたくても、ご存知の通り「東海」で…。

昨日の情報では今回の決定が実は議長独断だったようで、議会は内容はともかく手法でモメているようです。あーんど。
町長と事務局長が「体調不良の為入院」なんか大物政治家みたいですな(w
tarako | 2007/06/03 10:02 AM
環境保護団体と人権擁護団体の性格は殆ど同じです。人間も多分、同じじゃないでしょうか。それなのに、彼らにとっては人間より動物や自然の方だ大事だったりして、わけ分からんのです。

我が家の周囲に週ニ〜三回、鳩の餌を大量に巻いていくバアさんがいます。この人、内の庭の芝生の上にまで餌(飼料とパンくず)を巻いていくので、「止めてくれ」と何度言っても聞いてくれません。鳩はどんどん増えて、窓のクーラーの下に巣を作り、臭いでクーラーを捨てなきゃいけなくなりました。

それを言っても何を言っても聞く耳を持ちません。仕方なく、そのバアさんが巻いた餌を掃除してたら、ある時見つかって、ちりとりを取り上げられてそれで殴られました。その次には、掃除してるのを睨み付けるように見てた煩そうなオバはんが「あんた何してるんや! 鳥が腹減らしてるのに可哀想や思わんのか!」と怒鳴りつけられました。

 こんな連中には何を言っても通じません。慰安婦問題で日本を攻撃する人権派連中も同じ。論理や理屈は通じません。捕鯨反対派も同じです。話し合いなんかでは解決不能ですよ。
Risshin | 2007/06/03 10:04 AM
環境関連? かもしれませんが、最近の嫌煙権派のやりようもひどいと思います。
御堂筋の喫煙禁止とか。タバコを目の仇にするわりに、もっと健康に悪そうな車とか工場とかはスルーします。自分らの権利さえ主張してればよいという。しかも歩きタバコは子供の目にあたるかも、などちょっとありえない話も堂々とします。
NHKはしばらく前にクジラを放送してて、ひそかな反捕鯨番組かなと。
たか | 2007/06/03 11:10 AM
たかさん

 私も昔は煙草を吸ってましたから、お気持ちは良くわかりますが、止めてみると、煙草が如何に人に迷惑を与えていたか、良くわかりますよ。まぁ、アメリカみたいにバーの中も禁煙じゃ、喫煙者は溜まらんでしょうが、、

 電車の中の携帯電話が迷惑になるから止めろ、なんて言う日本人が、レストランの中の喫煙や建物の中の喫煙は許しているなんて、ダブルスタンーダード以上の矛盾を感じますね。どっちも「ほどほど」にしいや!って言いたい所ではあります。
Risshin | 2007/06/03 11:38 AM
こんな場所ではお決まりのように「欧米は油だけ取って肉を捨て、日本は捨てるもの無しの丸ごと利用」といった言葉が躍ります。

然し、油を取る為だけに鯨を殺し肉を棄てたのは欧米だけではありません。
第2次大戦前には日本の捕鯨船団も南極で大量の鯨肉を南極海に廃棄していました。 日本は1934年に南極捕鯨に参入し、大戦の勃発で中断されるまでの7年間にシロナガスなどの大型鯨を中心に約3万5千頭を殺しましたが、この頃は輸出用の油だけが目的でした。 そして総量約80万トンにも上る驚くべき多量の鯨肉を南極海に廃棄しました。
このような大量の鯨肉は到底国内市場で処理できず、農林省はその持込を禁止したのです。 

この時活躍した捕鯨母船は大戦中に徴用され連合軍により悉く撃沈されました。

大戦後再建された捕鯨船団は当時の国民の飢えを救うことを緊急の目的としていたのですから、当然鯨肉は消化され、日本捕鯨業は油と肉の両方で利益をあげることが出来ました、

現在はこの逆です。 調査捕鯨では油を回収するボイラーも設置されていません。 彼らは肉だけをとって血液、肺臓や腸などの内臓、骨、胎児、鯨油相当部分などを未処理で南極海に投棄しています。
げんた | 2007/06/03 03:52 PM
「ミンク鯨が異常に繁殖している」というのもよく言われる話ですが、その点も注意する必要があります。

日本の調査捕鯨によると南極ミンクの生息数は1970年頃から全く増えていず、逆に栄養状態が悪化しており、今後の減少が危惧されています。

又日本も参加しているIWCの生息数調査に依れば大幅な減少が認められているようです。

北西太平洋での日本の調査捕鯨では、毎年ミンクの目視数に増加が認められていません。

ミンクが増加したのは日本当局の見解でも、1970年以前大型鯨の生息数が毎年激減しつつあった商業捕鯨の時代に起こったとされていますが、そうだとすれば生態系の撹乱を起こしていたのは、当時狂気のような捕鯨を行なっていた人間の方であり、ミンクの増加はそれに対する自然のはかない反応だった訳です。 いずれにせよそれも過去の出来事です。



嘘とトリックで固められた当局の情報操作に注意しましょう
げんた | 2007/06/03 04:08 PM
皆さん、コメントありがとうございます。

管理人からのお願い:
げんたさんは捕鯨問題について書かれたサイトやブログに思想的定時爆撃を繰り返されている方です(「捕鯨」「げんた」でググッて下さい)。拙ブログの方針により今回も削除はいたしませんが、皆様方においてはどうかスルーして下さるようお願いいたします。
くっくり | 2007/06/03 06:06 PM
管理人さんありがとうございます。

>>この時活躍した捕鯨母船は大戦中に徴用され連合軍により悉く撃沈されました。

なんですかコレ?捕鯨船は沈められるぞ!とでもいいたいんでしょうか?

自分(日本)の悪いところを探し出すことしか考えない、典型的な鬱病ですねこれは・・

鯨の缶詰が近くのコンビニにありまして、高いですが買ってます。たしか捕鯨船の中で缶詰にしてるんですよね。いろんなノウハウがあるのでしょうね。
日の丸 | 2007/06/03 06:49 PM
>拙ブログの方針により今回も削除はいたしませんが

ここが、左翼系ブログと違う素晴らしい点ですね。

最近、サヨク思想のおかしさが一般にも広まってきたことから、ネットでは逆に左翼系サイトが増えてきたようですが(保守系サイトが頑張る必要が薄れてきた)、彼らのほとんどがコメントを規制しているのにあきれていたところでした。
意に沿わないコメントを削除し、賛同者ばかりのコメントを読んで悦に入る彼らって一体なんなんでしょう?しかもそれが”翼賛政治”や”言論弾圧”を糾弾する集団とは。

ひるがえってみて、しつこい行為にもきちんと対応するこのブログの方針には敬意を覚えます。大変だと思いますがぜひ続けてください。
あおい | 2007/06/03 06:57 PM
それにしても・・・鯨が食べたい・・・。
まっこう | 2007/06/03 09:47 PM
げんたは2chの捕鯨板では有名なDQNです
2chでは誰にも相手にされなくなった為
最近はブログを荒らして回っているようです
げんたを知らない人が真面目に反論しているのを
よく見かけますが
はっきり言って時間の無駄です
このブログは管理人さん以下特に真面目な方が
集っているようなので
僭越ながらお知らせしたくてコメントしました

げんたの有名な歴史的馬鹿発言
------------------------------------------
天安門
2006年1月7日 20:46:36 げんた
昔、天安門の前で巨大な戦車の前に、たった一人で立ちはだかった青年が居た。
 その写真はベストショットとして有名になった。
南極のGPの青年達に私はあの中国青年の姿が重なって見える。
あの中国青年の行為も当局者の立場からすれば違法性を帯びていただろう。
しかし世界中の誰もテロリストとは言わない。
GPの青年達は私から見れば少なくともテロリストではない。

>>捕鯨船に異常接近し激しく妨害した挙句鯨に必要以上の苦痛を与えた
グリンピースの日本人活動家を賞賛<<
------------------------------------------

>あおいさん
小生も左翼系ブログに時々コメントを試みますが
ほとんど削除されます
スパム防止名目で承認制を導入しているブログも多いですが
そこでもほとんど承認された試しがありません
数週間前にもあるブログにコメントをしてみたのですが
やはり承認されませんでした
しかもその記事の内容は
「某人気保守系ブログにコメントをしたら削除された
これは言論弾圧だ」という内容でした
ウソのようなホントの話です
CLEAR | 2007/06/03 11:23 PM
Monさん、くっくりさんのコメントの通りだと思います。李登輝さんが参拝された場合、大勢のメディアが(小泉前首相の時のように!アホらしいですが)騒いだり、他の参拝者に迷惑がかかるかもしれない事を危惧しての事と思います。でもきっと参拝なさるのではないかと思いますよ。
おれんじ | 2007/06/03 11:39 PM
鯨食べたいですね。
昔は給食で出てたんですけどね。

日本はIWCから脱退して新しい組織作った方が良いかと。
文化を守るのもそうなんですが、日本って現在食糧自給率があまり高くないと思うので、海洋資源は大事に管理した方が良いと思います。
反捕鯨国は、日本の食糧自給率が上がるとこまりそうですね。
http://www.jacom.or.jp/tokusyu/toku198/toku198s0610160305.gif

ただ懸念点は中国・韓国が資源の「管理」ができるのだろうか?とちょっと疑問です。日本に影響する事と思いますので、対策は早めに考えた方が良いかもしれません。

それと私も李登輝さんの靖国参拝はぜひ実現できると良いなと思います。
namukabuwan | 2007/06/04 02:12 AM
くっくりさま。
産経新聞の東海問題の起こしたものを弊ブログに転載させていただけませんでしょうか。
このあたり、産経webおよびizaの動きが全然駄目なので…
産経的にwebに載せてしまうとなにかまずいのでしょうかね。
よろしくお願いします。
himazin | 2007/06/04 02:40 AM
くつくりさん、おれんじさん、
Monです。
ご説明ありがとうございます、実情が理解できます、しかしおかしなことです。
李登輝さんの靖国神社への参拝実現を望みます。
Mon | 2007/06/04 04:01 AM
まっこうさん

私の感想を宣伝していただいて有難う存じました。

たひとつだけ・・・

私は潰れて無くなるまで水産庁捕鯨班の掲示板に常住していましたし、現在はyahooでお世話になっていますが、2chにだけは一度も投稿したことが有りません。
何かの間違いでしょう。
げんた | 2007/06/04 01:37 PM
日本がIWCを脱退したらどうなるか・・・これについてYAHOO掲示板で面白い話を見かけました。

今のところ加盟国の権利とされている調査捕鯨の条項を利用して毎年1000頭もの鯨を南極で殺していますが、IWCから抜けるとこれが利用できなくなるというのです。 つまり潜るべき抜穴が無くなってしまうと言う訳です。

そうするとどうなるか? 日本もサインしている南極条約に縛られる事になる。 ところがこの条約は「鯨はIWC」と丸投げしているのです。

つまり日本は南極では捕鯨ができなくなるのです。

北西太平洋なんかで捕ればといっても、どうもあちらの方は鯨が少ないようです。調査捕鯨ではミンク鯨はサンプリングどころではなく、見つかるものを皆殺して目標を達成しているように見えます。
げんた | 2007/06/04 01:52 PM
皆さん、コメントありがとうございます。

himazinさん:
どうぞよしなに(^^ゞ。産経から削除依頼が来た場合等、ある日突然エントリーが消えてしまう可能性もありますが、そのことは予めご了承下さい。あと、できたら御ブログのURLをお教え下さい。

(再び)管理人からのお願い:
げんたさんは捕鯨問題について書かれたサイトやブログに思想的定時爆撃を繰り返されている方です(「捕鯨」「げんた」でググッて下さい)。拙ブログの方針により今回も削除はいたしませんが、皆様方においてはどうかスルーして下さるようお願いいたします。
くっくり | 2007/06/04 01:59 PM
私の感想を宣伝してくださったのはCLEARさんでしたか。 

まっこうさん 失礼しました。
げんた | 2007/06/04 02:04 PM
スルーしてって言われたけど、一つだけ。
>油を回収するボイラーも設置されていません。
これは本当のことだけど、説明が要ります。
人工的な加工処理を行ったものを海洋に投棄することは国際法上違法です。
未処理のものを海洋に投棄することは国際法上も海洋汚染の面からも問題ありませんが、ボイラーを使ってしまうと人工的な加工を加えたことになってしまい、投棄できなくなってしまいます。
持ち帰ることにすると、積載量が増えて調査どころではなくなります。
調査船の第一の目的は当然のことながら調査。その上で、できる限りの資源利用を行うという取り決めも遵守しているということです。
だから全く批判にあたりません。
ぷぅ | 2007/06/04 02:08 PM
くっくりさん

何で捕鯨反対の主張はスルーされなければならないのですか?

全世界的に見ると南北アメリカ、大洋州、ヨーロッパ、人口大国印度など世界人口の圧倒的多数の主張に即していて、汚らわしいものでも、いかがわしいものでもありませんが。

みなさんどうか「スルー」なんかしないで一寸だけでも私の書いたことを読んでやってください。
げんた | 2007/06/04 02:29 PM
反捕鯨国ってアメリカやオーストラリアなど、日本に肉を売ってる国ばかりですよね。

鯨が増え、日本人が食べる魚が取れなくなったら、必然的に自分の国の肉を沢山買ってもらえる。

そういう魂胆が見え見えです。
日本人の食生活を魚から肉に変えようとしているのでしょう。

そうすれば自分たちが儲かりますから。
鯨のことなんてこれっぽっちも考えてませんよ、この連中は。
考えているのは、自国の利益だけです。
和子 | 2007/06/04 02:43 PM
げんた氏:
「読むな」とは言ってません。ブログを混乱させたくない、無駄にレスをのばされてエントリーを重たくさせたくない、だからこの方の言うことを真面目にとらえて返答をするのはやめて下さい、という管理者としてのお願いです。
理由はあなたが純粋に捕鯨問題を論じているのではなく、反体制にこの問題を利用しているだけだからです(よそのブログや掲示板でのあなたの主張を、私は読んでいますよ)。

だからご託を並べたいならどうぞお並べ下さい。私はあなたを無視します。皆さんにもそのようにお願いはしますが、もちろんお願いであって、強制ではありません。

上の方で、「削除しないのは素晴らしい、左翼ブログとは違う」というお言葉もいただいてますが、全く削除はしないということではありません。単純な荒らし(下品な言葉を並べるなど)、あるいは根拠のない意見を延々書いてくる場合や、もう決着がついているのに堂々巡りしているやりとり、そういった流れになってきた場合は、削除をしたり、コメント欄を一時閉鎖したり、という措置をとったことがあります。予め予告しておきます。
くっくり | 2007/06/04 03:37 PM
反捕鯨国は「頭がいい鯨を捕ってはいけない」と感情的に主張してしまったばかりに、捕ることでしかはっきりと得られない科学的データを自分たちで集めることが出来なくなってしまったんですね。

鯨の頭数が回復していないと証明するには調査捕鯨をしている日本のデータに頼るしかない、しかし日本のデータではほぼ回復している、それに対する反論データは自分たちが鯨を捕って集めるしかないけれどそれが出来ない、というジレンマに陥っているのではないかと思います。
すぷー | 2007/06/04 07:58 PM
くっくりさま、転載許可、ありがとうございます。
弊ブログは、下記のとおりです。
暇人凸撃隊
http://himazin.iza.ne.jp/
どうかよろしくお願いいたします。
himazin | 2007/06/04 09:52 PM
くっくりさんお疲れ様です。色々大変ですね…あ、こうするともっとエントリーが重くなっちゃうか(汗)。
おれんじ | 2007/06/05 12:43 AM
すぷーさん

日本のデータでは鯨の頭数が回復しているとのお話ですが、そんな事実はないでしょう。 南極は生体重量総量では未だガラガラに空いています。

前にも書きましたが10数年の調査捕鯨で日本が得た結論は「南極ミンクの将来は暗い」ということですが、それに対して反捕鯨側ではミンクがゴキブリのように増殖し南極の生態系を破壊すると反論するのでしょうか。 それじゃ話が逆でしょう。
げんた | 2007/06/05 03:16 PM
ぷうさん

>持ち帰ることにすると、積載量が増えて調査どころではなくなります。
調査船の第一の目的は当然のことながら調査。その上で、できる限りの資源利用を行うという取り決めも遵守しているということです。
だから全く批判にあたりません。

「丸ごと利用で 捨てる物なし」と麗しい日本文化を称揚し「油だけ取って肉を捨てた」外国捕鯨を嘲笑う以上、調査であろうとなかろうと、丸ごと利用するべきです。 物量やコストは二の次でしょう。 それとも商業捕鯨になったら丸ごと利用になるのでしょうか。

鯨肉にしても、便宜置籍船オリエンタル・ブルーバードで積み捕っているのですから、同じ手法で諸々の副産物を総て冷凍して持ち帰り、日本で心ゆくまで有効利用すれば好いのです。

それがどうしても嫌なら、南極捕鯨は「丸ごと利用で捨てるものなし」の麗しい日本文化とは何ら関係ないことを表明すべきです。
少なくとも「油を取って肉を捨てた」と外国捕鯨を嘲笑う事を止めましょう。
げんた | 2007/06/05 03:37 PM
うはっ、また「げんた」かよw
捕鯨反対派の評判を下げるのに貢献してる人間なので、このまま晒すのもまた一興か?
でもくっくりさん、今回が初めてじゃないのだし、そろそろ思い切った対策取ってもいいんじゃないすかね?
よけいなお世話だったらすみません。
虎寅 | 2007/06/05 04:00 PM
http://www.icrwhale.org/eng/59BriefingNoteJap.pdf

今回のIWCでの日本の主張。

http://www.iwcoffice.org/conservation/estimate.htm

IWCの委員会が公表している鯨の生体数。

対立がある以上、相手の意見が認められないことはあるでしょうが、科学的根拠など客観性事実を持って議論をしない限り、このような世界なんちゃら協議なるものは、意味はなさないでしょうね。
Katsu | 2007/06/05 04:01 PM
IWC脱退があった場合の国際法的側面について、次のページでこの問題に詳しい方が解説しています。

参考まで。

http://blog.e-kujira.or.jp/iwc2007jp/entry/290#c136
げんた | 2007/06/07 05:53 PM

Comment Form

Trackbacks

安倍首相、集団的自衛権・「最良の方向性を」 | ネトウヨのブログ | 2007/06/02 01:52 PM
 首相官邸において、集団的自衛権の研究が開始されています。 朝雲新聞より転電です。http://www.asagumo-news.com/news.html 集団的自衛権問題を研究する安倍首相の私的諮問機関「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」(座長・柳井俊二元駐米大使)の第1回会合が5月18日、首相官邸で開かれた。首相は会議の...
本当にIWC脱退の覚悟はあるのか? | 時評親爺 | 2007/06/02 05:46 PM
う〓む、「鯨肉の竜田揚げ」を小学校の学校給食でたらふく食ってきた親爺としては、「あのなぁ、これまで踏んだり蹴ったり?されながら人一倍金出しといて、今更の『脱退発言』というのも遅きに失した感が無きにしも非ずだなぁ」との思いで読んだニュースである。1日付エキサイトニュース・共同配信及び同J〓CAST配...
焦燥のサヨク | Absenteの酔いどれblog | 2007/06/03 10:17 AM
最近、朝日新聞がわざわざ「右翼政党新風」(失礼!)に工作活動している模様です。極右評論朝日新聞キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51493819.html続朝日新聞キタ━━━━━(゚∀゚)━━━━━!!!http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51494461...