<< 北京マナー向上大作戦! | main | 「アンカー」安倍変身&慰安婦問題など >>

産経/竹島特集「波頭を越えて」

 3月7日から11日まで、産経新聞で竹島特集をやってたんです。
 ところが、「産経WEB」にも「イザ!」にも載ってないんですよ。何でやねん。もったいない。

 文字起こししようかな〜。あ、でもその前に、ひょっとしたら私と同じことを考えてる人がいるかも?と思い、ググッてみましたところ……いらっしゃいました!

 「日々つらつら思うこと」のASTRO-KTさんです。

 毎日文字起こしをされてブログに掲載して下さってました。
 お疲れ様です。ありがたくリンク貼らせていただきます<(_ _)>
 
 
波頭を越えて−竹島リポート− 第1部 その1 水産家の挑戦  小屋建設、領土編入の根拠(3/7)
 「日本の陸地は狭いが、海は広い。事業を成すなら海だ」。明治37(1904)年、竹島の領土編入と貸し下げを政府に願い出た島根県・隠岐の水産家、中井養三郎(1864〜1934年)の口癖だった。

 隠岐の漁師が以前から度々訪れていた竹島に、中井は36年には滞在用の小屋を建てるなど、本格的な事業開始の準備を進めていた。だが、何度も上京して領土編入を熱心に願い出たのは、事業のためだけではなかったという。「領土、そして領海の意義を、常に力説していた」と遠縁にあたる橋本いせ子(78)は語る。…………

波頭を越えて−竹島リポート− 第1部 その2 ダイヤモンドの海  糧を稼いだ命懸けの漁場(3/8)
 「トド(アシカ)はあまっちょった(たくさんいた)が、漁はきついし、恐ろしかった。トドは船を跳ね飛ばし、噛みちぎってしまうんだ」

 昭和9年5月。「竹島漁猟合資会社」の橋岡忠重に雇われ、約1ヶ月間竹島での漁に従事した吉山武(96)は、70年以上前の竹島の様子を鮮やかに覚えていた。西郷町(現隠岐の島町)発行の「ふるさとアルバム西郷」に収められた竹島でのアシカ漁の写真を見せると、突然、吉山が「ら(おれだ)」と指さした。…………

波頭を越えて−竹島リポート− 第1部 その3 念願の地先権 太平洋戦争勃発で開拓断念(3/9)
 拝啓、竹下官房長官殿―。昭和46年12月、当時83歳だった八幡才太郎は東京の議員会館を訪ね、竹島の返還への思いをつづった手紙を竹下登に届けた。才太郎は本人との面会を求めたが会えず、やむなく秘書に手渡して隠岐へ戻った。

 五箇村(現・島根県隠岐の島町)の収入役も務めた才太郎は、同村が竹島の地先権を持つにもかかわらず、領土問題が進展しないため竹島での漁ができない現状を打破してほしいと懇願し、竹島と隠岐のかかわりを付記している。だが、「島根県選出の偉い先生だから」と才太郎が頼った竹下が問題解決に動くことは、結局なかった。……………

波頭を越えて−竹島リポート− 第1部 その4 アシカの繁殖地 「飼育」しサーカスへ販売(3/10)
 「あん人は、だいぶんアシカを持って帰りました。そこの川に泳がしておりましたなあ」

 昭和初期に竹島でアシカ漁に従事した中本歓太郎の妻、クニ子(94)は、久見漁港(島根県隠岐の島町)近くの川に当時、アシカがたくさんいたと話す。…………

波頭を越えて−竹島リポート− 第1部 その5 53年前、最後の漁 11人、巡視船5隻に守られて(3/11)
 昭和27年1月18日。韓国が日本海などの公海上に「李承晩ライン」を引き、竹島を「自国領」にしたというニュースを聞いた八幡尚義(80)は驚いたものの、内心「そんな暴挙が通るわけがない」と楽観していた。ずっと前から叔父も漁師仲間もよく出漁していたし、五箇村(現・島根県隠岐の島町)の所属にもなっている。

 「戦後のごたごたが片付けば、また漁に出られるだろう」

 同年4月28日に発効したサンフランシスコ講和条約で、竹島は日本領土と改めて確定されたが、韓国は翌年、ライン内に出漁した日本漁船の拿捕を指示。2月には日本の第1大邦丸の漁労長が射殺された。……

 ぜひ各リンク先に飛ばれて、全文お読み下さいね(^o^)


 「波頭を越えて」第1部は11日で終了。

 一日おいて、本日13日は「グラフ 波頭を越えて」。写真特集です。
 画像をクリックすると新規画面で拡大されます。

グラフ波頭を越えて


 画質が悪くてすみません……デジカメで撮りました(T^T)
 読めないことはないと思いますが、いちおうテキストの部分を起こしておきます。

【グラフ 波頭を越えて】 歴史に刻む竹島 漁の記憶


 連載「波頭を越えて 竹島リポート」第1部(7〜11日付朝刊1面)では、わが国固有の領土、竹島で漁をしていた人々らの証言を中心に、竹島の歴史をたどった。今回は、島根県・隠岐で取材した彼らと、この島の人々らの竹島への思いを写真で紹介したい。
 (総合編集部 木村さやか、写真報道局 林俊志)


【先人】
 竹島の領土編入に尽力した中井養三郎氏(左端)。竹島で捕獲されたアシカの皮は、軍の背嚢(はいのう)などにも使われたという=西郷町(現・隠岐の島町)発行「ふるさとアルバム西郷」より

【掲げる】
 海産物豊富な「宝の島」竹島へ、多くの漁師が船出した隠岐の島町久見の漁港。「竹島かえれ 島と海!」と書かれた看板が掲げられている

【漂着】
 隠岐から竹島までは157キロ、韓国・鬱陵島まではさらに92キロ。隠岐の海岸には、韓国からのゴミが大量に漂着する=島根県隠岐の島町久見

【語る】
 70年以上前、竹島で行ったアシカ漁の様子を語る吉山武さん(96)。戦前の漁の経験者はもう吉山さんだけだが、つい最近まで、周囲の人も、吉山さんが竹島で漁をしていたことを知らなかった

【記す】
 八幡才太郎氏が残した日記などから三男の昭三さん(78)がまとめた「竹島日誌」は、隠岐の島町で来年度から使われる社会科の副読本にも引用されている。昭三さんは「子孫にどう伝えるかが今後の課題」と話す


 竹島で漁をした人で今、生きているのは2人。直接話を聞きたくて、寒波が押し寄せた昨年末、隠岐へ飛んだ。海で鍛えた2人は96歳と80歳という年齢にもかかわらず、驚くほど鮮明な記憶を、びっくりするほど大きな声で語ってくれた。

 韓国が実効支配し続けて半世紀。2人にはその現実が、今も信じ難いようだった。取材してわかったのは、それは竹島があまりに生活に密着した場所だったこと。「領土問題」という言葉にはそぐわない近さを感じた。

 「家を奪われたわけではない」と竹島の領土問題は時に軽んじられる。だが、すべてを投じて漁場を拓(ひら)いた先人がいて、命がけの漁をした人々がいて、今がある。それを思うと、机上の議論はあまりに薄っぺらい。

 隠岐にはまだまだ竹島を語りつくせていない人々がいる。証言の文字化とは、歴史を刻むことだ。八幡昭三さん(78)が新聞広告の裏に書き連ねたメモの貴重さを考えたとき、記者の使命を感じずにはいられなかった。

 今回の特集は、より多くの方にご覧いただくためにも、「産経WEB」あるいは「イザ!」にぜひ掲載していただきたいものです。
 (産経の場合、この種の特集は後日掲載されることも時々ありますので、もし掲載されたらその時は上記画像は削除したいと思います)


 上で紹介した波頭を越えて−竹島リポート− 第1部 その5 53年前、最後の漁 11人、巡視船5隻に守られて(3/11)に、こういうくだりがあります。

 あれから半世紀。一緒に漁をした仲間はみな鬼籍に入った。尚義も80歳になり、海へ出るには体がきつくなった。それでも2年前、島根県が2月22日を「竹島の日」とする条例を制定すると、尚義には日韓のマスコミから取材が殺到。請われるまま船に乗り、竹島の方角を指して思いを語った。だがその盛り上がりも、今年の「竹島の日」にはすでに治まっていた。領土問題は解決していないのに、一過性のニュースのように扱われたことに、愕然とした。

 2年前は大変盛り上がりましたよね。韓国人が大いに火病ったのも、皆さん記憶に新しいところでしょう。日本のマスコミも島根県の動向とともに、そんな韓国の様子も絡めつつ連日のように取り上げました。

 昨年もまぁ、そこそこには盛り上がったように記憶しています。

 が、今年はというと、拍子抜けするほど静かでした。

 ネットでは昨年に続いて、小林少年さん@フィオリーナの以心伝心による“竹島プロジェクト2007”があったり(昨年の参加サイト数154をはるかに上回る300近いサイトが参加しました)、それなりに盛り上がっていたと思います。

 ところが、マスコミが動かない。

 2月22日当日は島根県知事が談話を発表したのですが、これを伝えたのは全国紙では産経ぐらいでは?
 2月24日には式典がありましたが、これも全国紙はベタ記事程度、テレビもほとんどスルーだったのでは?(少なくとも私は見かけませんでした)


 今となっては、日本のマスコミが2年前にあれだけ取り上げたのは「韓国が大騒ぎしたから」ではないか?と思えます。
 
 しかもその時の取り上げ方もねじれているというか……。

 「竹島は日本の領土だから取り返さねばならない」という自然な取り上げ方ではなくて、政権批判に利用されてしまった印象があるんですよ。

 「靖国問題などで韓国ではそれでなくても反日が盛り上がってるのに、さらに竹島問題まで出てきたね。アジア外交がまた行き詰まってしまうね。小泉さん、どうするつもり?」

 ……てな感じで。


 2/22付エントリーでもちょこっと指摘しましたが、

    韓国が騒がない
     ↓
    日本のマスコミも取り上げない
     ↓
    日本の世論も盛り上がらない
     ↓
    日本政府も動かない

 このように、韓国側が騒がなければ立ち行かない仕組みに陥ってしまってるのではないか?という気がしてなりません。
 (ついでに言えば、北方領土問題もロシア側が騒げば日本のマスコミももっと大きく扱うのでは?という気がします)

 このままでは、竹島問題は本当に「一過性のニュース」で終わってしまいかねません。
 私たち国民にできることは限られているかもしれませんが、来年の「竹島の日」までに何とか有効な手立てを考えなくてはいけないと思います。


※拙ブログ関連エントリー
 ・1/7付:【過去】竹島問題TV起こし

 下記起こしを一挙掲載。
 05/4/26(火)放送「ムーブ!」勝谷誠彦さんの鳥取県レポート
 05/5/30(月)放送「ムーブ!」勝谷誠彦さんの竹島観光ツアーレポート
 06/4/21(金)放送「ワイスク」勝谷誠彦さんがスタジオでGJ
 06/5/8(月)放送「TVタックル」福岡政行以外GJ
 06/5/15(月)放送「TVタックル」青山繁晴さんが朴一を撃破


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


「お気楽くっくり」更新済

 全員無事で良かったですね。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
皇室伝統バナー●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

________________________________________________
★トラックバックを下さる方へ
サーバー不調につき、トラックバックを送信してすぐに反映されない場合、こちらで受信できていない可能性大ですので、もう一度送信なさって下さい。それでも反映されない場合は、コメント欄にURLを書き込んでトラックバックの代用として下さい。あるいはミラーブログの方にトラックバックを送信なさって下さい。お手数をおかけしますが宜しくお願いします。

★コメント(投稿)を下さる方へ
サーバー不調につき、なかなかコメントが反映されない場合があります。根気強く更新ボタンを押していただけたら幸いです。初めてコメント下さる方は、こちらのガイドラインに一度目を通されてから宜しくお願いします。
領土問題 | comments (8) | trackbacks (2)

Comments

TB&ご紹介いただきましてありがとうございます。
本日も竹島グラフを投稿したのですが、写真を載せられなかったので、こちらへリンクさせていただきました。

#仰るとおり、韓国の反応云々ではなく日本政府を動かすにはどういう活動をすればいいのか、我々も考えていかなければなりませんね。
ASTRO-KT | 2007/03/13 11:13 PM
 こんばんは。
 北方領土に比べ竹島・尖閣の対応の違いを国民ではなく外務省はどう自覚しているのでしょうね。あるいはどう言い訳するのか。国民の方が熱心だということを自覚しているのでしょうか?

 『奥様は外国人』って番組たまに見るのですが、日本人は人種差別的だって一部の人はいいますよね。日本人は人種差別的なのではなくて誤解されてそう見えるのかなって思います。異質なものに対して対応能力が鈍いだけだなと思いました。日本人って誤解されやすい民族だなと思います。もっとも日本に長く住んでいながら、ずっと誤解している国の方もいますが。全く、まっっっっったく関係ない話題でごめんなさい。
KD | 2007/03/14 12:20 AM
ASTRO-KTさん:
わざわざコメントいただきありがとうございます。本日の竹島グラフで第一部終了ですね。起こし作業、本当にお疲れ様でした。
竹島の日制定の時も、日本政府は完全に腰が引けてましたからね。安倍さんになって少しは変わるかなと思ったんですが、なかなか難しいようです。他にいろんな難問が山積していて大変なのはわかりますが、大切な問題なので本腰を入れて対応していただきたいものです。

KDさん:
コメントありがとうございます。外務省はほんとにねぇ……。記憶あいまいですが、外務省サイト、竹島問題について英語版を載せたのって、わりと最近だったんじゃないでしょうか。とにかく世論のプレッシャーがないと彼らは動かないと思います。
日本人が人種差別的というの、私はさほどないと思うんですけどね。おっしゃるように、どう対応していいのかわからずとまどってしまうことは多いですよね。もともと日本人は気持ちを言葉で表現するのが苦手な民族でもありますしね。
くっくり | 2007/03/14 01:28 AM
竹島にしても北方領土にしても、究極的に「有効な手立て」というのは武力行使しかありませんよね。なんせあちらさんが実効支配しているんですから。
凄く冷めた書き方になってしまいましたが、戦争を含めた武力行使以外で島の実効支配が他国に移るケースってほとんどないですよね? 身近な例では千島・樺太交換条約くらいでしょうか?

ただし、いつの日か正式な軍隊を持ったときに時の政府が「何としてでも奪還する」と決断するときまでは、日韓両国民にはもちろん世界的にもアピールするべきなんですがねぇ…
ric | 2007/03/14 10:00 AM
くっくりさん
ちょっと、慰安婦問題で話題がそれてしまいましたが、以前お知らせしたゲーリー・ビーバーズ氏とその研究成果について、山陰中央新報が地道に、しかし続々と記事を載せてくださっています。
 2/22 竹島問題で韓国側主張覆す古地図見つかる (寄稿した三枚の古地図のうち一枚に、鬱陵島の東側に描かれた小島に「所謂(いわゆる)于山島」「海長竹田」と書かれていると指摘した。)
 *注 ここで、韓国の北東アジア歴史財団が反論。その中で上記の地図は年代不詳でなく1711年製だなどと指摘。(ソウル大学は不詳としているのですが...)ゲーリーも再反論。
◆3/7 竹島めぐる「古地図」報道 (ネット上の論争を紹介。韓国の関係者から暗に"竹島報道を慎んでほしい"と要請を受けた。)
http://www.occidentalism.org/?p=537#comment-15743
 3/13 「古地図」報道裏付ける韓国史料発見 (1694年作成の「蔚陵島事蹟」。「東方約五里に小さな島があるが、高大ではなく海長竹が一面に生えている」と記されていた。)
http://www.sanin-chuo.co.jp/news/modules/news/article.php?storyid=346535006

最後の昨日の記事はどういうことかというと、例の安龍福の事件の後1694年に鬱陵島の視察に行った張漢相と言う人の報告書、「蔚陵島事蹟」に竹嶼らしき島(鬱陵島の東2km)のことが書かれており、それによるとその島には海長竹と言う竹が沢山生えていたらしいのです。で、ゲーリーの見つけた古地図(ソウル大学のHPで閲覧可能)には、ほぼその竹嶼と同じ場所に島が描かれていて、「いわゆる于山島、海長竹が沢山生えている」とその島の上に記述されているのです。
つまり、"海長竹"をキーワードに、「鬱陵島の東2kmに浮かぶ島(于山島)には竹(海長竹)が沢山生えている。」ということがほぼ同時期の二つの資料から立証されるわけです。
実は、北東アジア歴史財団が指摘するように、この地図自体は新発見ではなく、下條先生でさえその著書に載せているくらいなのですが、この”海長竹田”と言う言葉に注目したゲーリーのお手柄だと思います。まあ、普通の感覚で見ると明らかに于山島は竹嶼なのですが、韓国のこじつけ論理を論破するためにこうした作業が必要なのですね。
ちなみに、この「蔚陵島事蹟」、1694年の調査に基づいた原本はどこにあるのかよく分からないのですが、1722年以降に著者の孫による筆写本が後の調査で"発見"され、原本はソウルに、複製は鬱陵島の博物館に展示されていて誰でも見ることが出来るようです。Occidentalismの韓国人コメンテーターの一人がわざわざコピーしてアップロードしてくださっています。
さらにさらに、この「蔚陵島事蹟」、竹嶼のことが書かれている次のページに「東望海中有一島 杳在辰方 而其大末満蔚島三分之一不過三百余里」と記述されているのです。もしこれが本当なら、韓国の文献で唯一(距離と大きさがかなりちがうけれど)竹島らしき島の記載があるものなのです。実際、幾つかの学者やサイトではこの文献のことについて触れているのですが、余りおおっぴらにしていないんですね。Occiで「竹島は日露戦争の時に日本が戦略的に強引に編入したから無効だ」と言い張って居るアメリカ人(推定)などは、この文献について何度質問しても徹底的に無視するので、ずっと不思議に思っていたのですが、こういう訳だったのです。言わば鬼っ子なんですね。本当に、彼らの行動を見ていると面白いです。
Kaneganese | 2007/03/14 01:32 PM
ricさん:
コメントありがとうございます。竹島、北方領土、北の核問題、拉致問題、その他もろもろ、日本に軍事力さえあれば(憲法9条がなければ)こんなことにはなってなかっただろうなーと思う問題の何と多いことでしょう。

Kaneganeseさん:
地元紙は熱心ですが、全国的にはもうスルー状態ですからね。
しかし地元の島根県も、3/10の黒田勝弘さんのコラムによれば、県民はかなり無関心のようで……。
http://www.sankei.co.jp/kokusai/korea/070310/kra070310002.htm
ゲーリーさんの頑張りに日本の政府や国民が応えられていない今の状況は情けない限りです。
くっくり | 2007/03/14 02:20 PM
私の実家は、静岡県沼津市です。軍需工場があった沼津は戦争中に
大空襲があり、市街地は壊滅的に破壊されました。
戦後、実家の隣の家族が疎開先から戻ると朝鮮人の家族が庭に
勝手に住み着いていました。立ち退くように言っても聞きません。
警察に言っても、裁判所に言っても何もしてくれなかったそうです。
この朝鮮人家族は、現在でも実家の裏にのうのうと住んでいます。
土地の持ち主は庭の返還を求めたが、高額な立退き料を請求されました。
我が家を含め周りの家は、高い塀で自宅を囲みました。
つまり、この朝鮮人の家は道路に出る手段を失いました。

子供の頃の記憶で、昭和50年代まで近所に朝鮮総連の事務所があったので
先日、実家の母に聞いてみました。
例の事務所の土地も、戦後のどさくさで奪われたらしいのですが
隣の家が裁判を起こしている間、嫌がらせや恐喝を受けたそうです。
自衛手段として高い塀で取り囲んでも、通名木村と名乗る家族は
塀を乗り越え、他人の家の庭を通って道路に出ます。
父が怒鳴りつけると、翌朝には庭にゴミや空き缶が投げ込まれました。
近所の人達も、何をされるかわからないので彼等を無視するしか
方法はなかったそうです・・・
隣の家が裁判に負けた後、いつの間にか総連事務所はなくなりました。
隣の家族は引越し、跡地は(いわく付きなので)買い手が無く空き地のまま
現在では、この空き地は駐車場になっていますが、所有者は在日です。
他人の家を通って外の道路に出ていた一家は、今ではその駐車場に
自家用車を置き、ここから堂々と外の道路にでている・・・

悔しい思いをしている日本人は、全国に大勢いると思います!

某ブログコメントから

http://anti-korea.jugem.jp/?eid=367#comments

上記コメントの内容は、朝鮮人・韓国人のメンタリティを端的にあらわしており、一度譲れば永遠に戻らないことを意味しています。
私自身も何度も信じられないような経験をしていますので、機会があればいつかお話したいと思いますが、人のいい日本人にはにわかに信じられない話だと思います。

朝鮮人・韓国人の多くは自身の利益のためにはためらわず嘘をつきます。しかも彼らの脳内では嘘だったこともいつのまにか真実に変わっていきます。もちろんそんな自覚はありません。だから彼らは本気で真実だと思い込みを嘘を主張してくるのです。

良心的な日本人からしてみれば私の話は極端に見えるかもしれません。表面的に付き合う分には彼らのメンタリティは表には出てこないと思います。
普通に接していれば普通にいい人だったりします。そんな普通にいい人である朝鮮人も利害が絡むと本来の民族性が表に出てきます。

表立ってこのようなことを言えば、レイシストと呼ばれると思いますが、日常的に彼らと接点がある人間なら理解してもらえることです。

情にほだされやすく、つい自己批判にをしがちな日本人は彼らに対する免疫がありません。日本の社会がこれほどまでに侵食されているのはそういった日本人の人の良さがあだになっている気がしてなりません。

最後に「悪魔は天使の微笑みを携えて近づいてくる」という言葉があります。竹島を取り戻すためには、日本人は心を鬼にして朝鮮人・韓国人と対峙しなくてはならないと思います。
オレゴン | 2007/03/14 11:24 PM
オレゴンさん:
コメントありがとうございます。戦後に朝鮮人に不法占拠されたという話、私の周りに実際にそういう目にあった人はいませんが、あらゆるところから話は入ってきますね。極論を言えば、中国人や朝鮮人の恐ろしいところは「日本人相手なら何をしてもいい」と思ってしまってる人が多数いるということなのかもしれません。反日教育の影響が大きいのでしょうが、オレゴンさんのお話を聞いてると、それだけではないようですね。そういや今日(もう昨日)「ちちんぷいぷい」で朝鮮高等学校の特集をやっていて(それだけでも不快なのですが)、高校生らが「日本人にもいい人はいるので……」などと言っていて、ああ、この子たちは基本、「日本人は悪い人ばかり」と教わっているのだなと暗澹たる気持ちになりました。とにかく性善説が通用するのは日本人同士だけ、それを私たちは頭に叩き込んでおく必要がありますね。
くっくり | 2007/03/15 02:35 AM

Comment Form

Trackbacks

竹島グラフ 波頭を越えて | 日々つらつら思うこと | 2007/03/13 11:07 PM
産経新聞一面連載記事の転載です。第1部は完結し、本日の記事は写真を中心としたグラフです。写真は転載できないため、各写真の説明文およびその他の文章のみの転載とさせていただきます。くっくりさんのブログ「ぼやきくっくり」のエントリ  産経/竹島特集「波頭を越えて」  で新聞記事の画像を載せておられます。是...
中国の中止要請をつっぱねた沖縄県知事 | ネトウヨのブログ | 2007/03/14 01:05 AM
 中国が、日本の領土である尖閣諸島に内政干渉をしてきました。 それを現在、沖縄県知事が突っぱねた形となっています。 琉球新報をソースとする2ちゃんねるより転電いたします。http://news22.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1173694163/l501 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2007/03/12(月) 19:09:...