<< 分祀しても無駄みたい。分祀論者さんどうします? | main | 麻生さんが正式に出馬表明 >>

「ウェークアップ!」靖国生討論

 細切れぼやきは、朝日社説、東海新報コラム(産経・古森さんの記事について)、東条由布子さんが韓国テレビに出演など。

 まずは表題の件。早起きして良かった……かな?(^_^;
 
■『ウェークアップ!ぷらす』

 8・15小泉首相の靖国参拝についての生討論をやってました。約1時間の長丁場でした。
 普段はこの時間帯はまだ寝てるんですが、なぜか今日は8時頃に偶然目が覚めて、テレビつけたらこれから討論始まるってところだったので、眠い目をこすりながら見ました。

 出演は世耕弘成、稲田朋美、勝谷誠彦(以上「賛成派」)、高橋紘、仙谷由人、江川紹子、莫邦富(以上「反対派」)。

 これはと思った箇所だけですが紹介しておきます(補足コメント歓迎<(_ _)>)。

 最初の方で勝谷さんが、「A級戦犯を分祀しても問題解決はしないという考えを韓国政府が内部確認した」ことに触れてました。それと、中国も各論では攻撃できなくなって総論を言い始めたって話も。

 その後、在日中国人ジャーナリストの莫邦富が長々と中国政府見解そのもののような話をしてましたっけ。
 莫邦富はまた「世界も参拝には反対してる。NYタイムズも批判してる。○○も批判してる……」てな感じで、“中韓だけでなく欧米も反対してる”論を展開(この論法は朝日新聞や加藤紘一も好んで使う)。

 それを受けて、世耕さんが以下のような発言。
 「中韓とシンガポール以外の国から公式な抗議は来ていない。これまでの参拝についても、インドネシアのユドヨノ大統領や台湾の李登輝前総統などが『問題はない』と言っている」
 「日本人も忘れてるようだが、日本は戦後61年間、民主主義、平和外交を貫いてきた。自衛隊は世界で一発の弾も撃ってないし、また一発の弾も輸出してはいない」
 稲田朋美さんは東京裁判のデタラメさを説明してました。

 でね、莫邦富が勝谷さんに論破されちゃう場面があったんですよ。

 まず勝谷さんの「A級戦犯合祀が明らかになったのは1979年。だが中国は1985年の中曽根公式参拝まで何も言ってこなかった。それはなぜですか?」という問いに対して、莫邦富がこんなふうに答えたんです。
 「その頃の中国は文革後でまだ国内のことで手いっぱいで余裕がなかった。また日本が右旋回するとはその時は思ってなかった」
 勝谷さんがすかさず怒りのツッコミ。
 「国内事情が原因だったって、いま言いましたよね?そっちの国内事情で人の国の慰霊に文句言うなんて失礼じゃないか!」

 その後、莫邦富がまた日本を責めるような発言をしたんですが、今度は世耕さんが「(戦後の歩みについて、日本は)中国よりは誇れます」ときつい一言。

 あと、東京裁判絡みだったと思うけど、議論が沸騰し、莫邦富がキレて、「勝谷さんはアメリカになぜ抗議しないのか。外でそれを言いなさい」とか「そんな意見(東京裁判を総括し直すという内容の意見)は外国では通用しない」と。
 (後ほど勝谷さんも稲田さんも「外でちゃんと言ってます」と言ってました)

 その後、司会の辛坊さんが世論調査結果を紹介。
 「読売新聞(&日テレだったかな)の世論調査では、小泉さんが参拝して良かったという意見が多い。次の首相の参拝の是非については参拝すべきが少し多いものの、拮抗していると言えるでしょう」
 ここでも勝谷さんがツッコミ。
 「世論調査は信用しちゃいけない。世論はその場の感情で動くから。富田メモが出た後、朝日新聞は大喜びで世論調査したが、その時は参拝反対が多かった。それに回答してる人たちは知識があって言ってるのか?」

 その後、いわゆるA級戦犯について討論。
 たぶんこのあたりでだったと思うけど、勝谷さんが以下のような話を。
 「1979年にA級戦犯合祀が明らかになった後、大平首相が参拝した後ぐらいだったと思うが、中国は日本に対して『軍事予算をGNP比1%にとどめずに2%に倍増せよ』と言った。またトウショウヘイは『中国の周りはすべてソ連の軍事的な脅威にさらされており、日本も中国と共に立ち上がって軍事的に協力すべきだ』と言った」

 現在中国は日本のことを軍国主義だの右傾化してるだの言って攻撃していますが、実は冷戦当時は日本に軍拡を要求していたわけです。
 中国はこのように自分の都合によって言うことをころっと変えてくる勝手な国だということを、勝谷さんの発言により視聴者もある程度は理解したんじゃないかと思います。

 ちなみに、『軍事予算をGNP比1%にとどめずに2%に倍増せよ』は中国人民解放軍ナンバー2の副参謀総長・伍修権による1980年4月末の発言。トウショウヘイの『……日本も中国と共に立ち上がって軍事的に協力すべきだ』発言は1979年5月16日になされました。
 詳細はこちらでどうぞ(櫻井よしこさんのブログ)。

 やがて話は「じゃあ靖国神社をどうすればいいか?」という方向に。
 「反対派」の4人は全員、「新たな国立追悼施設建設」。「賛成派」の3人のうち勝谷さんは「今のままの靖国神社でいい」、稲田さんと世耕さんは「国が運営する靖国神社に」だったかな?とにかく稲田さんは「国のために亡くなったんだから国家がお祀りするべき」って意見でした。
 また内容は覚えてませんが、稲田さんは神道の理念についても話されて、勝谷さんが「そのとーり!」って大きくうなづいてた。

 莫邦富の発言もひどかったけど、今日一番ぶっ飛んだのは仙谷由人の次の発言。
 「(戦陣訓の)『生きて虜囚の辱めを受けず』が南京大虐殺につながった。捕虜の命なんて取ってもいいという考えがあって、たくさんの人間を殺した……」

 はぁぁ?オッチャン何言うての?一瞬私の聞き間違いかと思ったわ。だけど稲田さんや勝谷さんが「それはないですよぉ〜」と失笑してたので、間違いないです。
 そもそも時系列からしておかしいですよね。東条英機が戦陣訓を示達したのは昭和16年1月。南京事件は昭和12年12月ですから。

 その後も新たな追悼施設についての討論が続いたんですが……
 高橋紘(関係ないけどこの人、女系天皇容認派の急先鋒)が建設に賛成する理由は、「靖国神社がイデオロギーの場になって英霊がかわいそうだから。天皇、国賓、国民がわだかまりなく追悼できる場が必要」。
 ここまではまだ許せたとしても、この後、何と靖国神社の廃止に言及。
 勝谷さんは怒って、「明治になった時に廃仏毀釈ってありましたけど、それをやったらまさに平成の廃仏毀釈になりますよ。後の人間の勝手な都合でそんなことしていいんですか!」。おっしゃる通り!(--)(__)

 靖国生討論が終わった後、ニュースでロシアによる漁船銃撃拿捕事件が紹介されたんですが、勝谷さんがまたいいこと言ってた。
 「憲法9条を神棚に祀ってたら平和が来ると勘違いして日本はここまで来たが、気がついたら竹島、尖閣諸島、北方領土などの領土問題が。北方領土では今回死者が出た。良い機会なので領土について真剣に考えるべき」


・・・・・・細切れぼやき・・・・・・
 
 
朝日社説8/19:戦争とメディア 競って責任を問うた夏
 中国への侵略から始まった日本の戦争をめぐる論議が、この夏、活字メディアやテレビで盛り上がった。
 きっかけは、この5年間、小泉首相が靖国神社に参拝し続けてきたことだ。
 参拝支持派の雑誌は「靖国批判にだまされるな」「中国を沈黙させよ」と主張した。勝者が一方的に裁いた東京裁判は認めない。侵略ではなく自衛の戦争だった。南京虐殺はなかった。そんな論調も小泉政権下で声高になっていた。
 そうしたことがかえって、戦争の実態や責任をきちんと問い直そうとする動きを招いたのかもしれない。
 読売新聞は昨夏から1年かけて戦争責任を検証し、その総括を特集した。朝日新聞とはしばしば論調が対立してきた読売だが、東京裁判とは別に、自ら戦争責任を追及した意欲を高く評価したい。
 結論はおおむね私たちの考え方と一致していた。東京裁判と重なるところも多い。例えば、東京裁判で絞首刑になったA級戦犯7人は、軽重はともかく、みんな責任はあるという認定だった。
 日中戦争を拡大させた近衛文麿首相について、太平洋戦争を始めた東条英機首相に次いで重い責任があるとした。日中戦争が泥沼化した先に太平洋戦争が起きたことを思えば、共感できる。
 「戦争を続けた責任」を追及したのは新鮮だった。このため終戦を先送りした鈴木貫太郎首相も重い責任を問われた。
 気になる点もある。昭和天皇の責任を問わなかったのは東京裁判と同じだが、法的にはともかく、全く責任なしと言い切るには論拠が弱かった。
 15日の社説には、「犠牲者は、日本国民だけではないが……」とあるが、おびただしい犠牲を出したアジアの人々への責任には踏み込まなかった。それも物足りなかった点だ。
 この意味で、NHKが放送した「日中戦争――なぜ戦争は拡大したのか」は、南京虐殺の真相にも迫った力作だった。兵士の証言や新資料を使って、甘い見通しで始め、軍の独走を防げなかった戦争の実態を描いた。ほかにも、「硫黄島玉砕戦」「満蒙開拓団はこうして送られた」などの優れた番組が目についた。
 力がこもった報道はそれだけではない。毎日新聞は連日、靖国問題を考える連載や特集を組んだ。A級戦犯合祀(ごうし)に昭和天皇が不快感を持っていたことを裏付ける元宮内庁長官のメモをスクープした日経新聞のことも忘れがたい。
 朝日新聞も、大型企画「歴史と向き合う」などで戦争責任や戦没者の追悼のあり方を問い直す作業を続けている。
 読売新聞は検証の総括で、「軍の力がそれほど強くなかった満州事変の時点で、メディアが結束して批判していれば、その後の暴走を押しとどめる可能性はあった」と書いた。全く同感だ。
 メディアが権力を監視し批判する使命を放棄したらどうなるか。この重い教訓を忘れないようにしたい。

 「8・15小泉参拝」についての各メディア世論調査は「賛成」が「反対」を上回ってる。中韓も思ったほど反発してくれなかった。しかも我が社(朝日新聞)の発信力もかつてほどのパワーはない。どうしよう!?
 ……というわけで出来上がった社説がこれです〜、みたいな(^_^;

 朝日1社ではとても太刀打ちできないと考えたんでしょうか、読売はじめ他社を巻き込んできましたね。嫌らしいなぁ。
 「ふんだ!読売くんも毎日くんも日経くんもNHKくんもこう言ってるもん!」って、お前は子供か!?(-.-#)

 産経の存在を全く無視してるのは、「8・17産経抄ショック」(リンク切れの際はここにテキストあり)のせいですか?「靖国問題に火を着けたのは朝日新聞」ってズバリ指摘されちゃったもんね。
 いま産経を批判すると逆にボコボコにされる可能性大ってことで、(∩@Д@)アーアーキコエナイ で逃亡ですか?

 社説の最初の部分に話を戻しますが……
 「靖国、靖国ってマスコミは騒ぎすぎだ」という世間一般の批判を朝日も耳にしたんでしょう。だから↓こんなこと書いて、
 <参拝支持派の雑誌は「靖国批判にだまされるな」「中国を沈黙させよ」と主張した。(中略)そうしたことがかえって、戦争の実態や責任をきちんと問い直そうとする動きを招いたのかもしれない。>
 騒々しい夏になってしまった責任を参拝支持派に転嫁かよ!(-.-#)

 ところで、何かというと社説に世論調査を引き合いに出してきて、「ほら世論もこう言ってるじゃないか」と得意げに言う朝日ですが、「8・15小泉参拝」は自社で世論調査しないの?ここでもまた逃亡ですか?(∩@Д@)アーアーキコエナイ

 前エントリーのコメント欄で兼業主夫さんにGJな記事を教えてもらいました。
 日刊スポーツの8・15参拝世論調査の詳細。
 アサピー諸君、ぜひ読んでね。特に「マスコミ不信も顕著?」という項目。……って、あれ?日刊スポーツって朝日新聞系列だったっけ?(^_^;

 社説の最後の一文……
 <読売新聞は検証の総括で、「軍の力がそれほど強くなかった満州事変の時点で、メディアが結束して批判していれば、その後の暴走を押しとどめる可能性はあった」と書いた。全く同感だ。メディアが権力を監視し批判する使命を放棄したらどうなるか。この重い教訓を忘れないようにしたい。>
 何ですか?この人ごとのような言い草は。当時は朝日も国民を戦争へと煽る報道を繰り返しましたよね。それについて朝日自身も弁明する責務があると思うんですが?

 それにメディアも権力の一つであるという自覚がないみたいですね。メディアはある意味、政府よりも強大な権力を持ってますからね。
 『問題発言』をした閣僚を叩いて辞任に追い込むなんてことはしょっちゅうだし、1993年には椿事件というのもあった(これはテレ朝)。

 まあ今回はその権力を持ってしても、8・15小泉参拝を阻止できなかったわけですけどね。しかも参拝前は「反対」が多かった世論が、参拝後は逆に「賛成」が(僅差とはいえ)上回る始末。
 が、こんなことぐらいでめげるアサピー君ではありません。今後は総裁選モードに突入、安倍さんをしつこく攻撃してくることでしょう。もちろん靖国問題も絡めて……(T^T)
 
※アサピー君に捧げるリンク
 ・月刊『正論』編集長のひとことメモ>8/19付:メディア各社をほめる朝日の麗しのモード
 ・静岡新聞社説8/18:日本発信の小泉批判


東海新報>世迷言8/19
 日本人でありながら、外国に向けて日本の悪口をいう人物とはどんな精神構造をもっているのだろうか。こともあろうに日本政府の補助金で運営される公的機関が英文で「反日宣伝」をしていたというのだから、開いた口がふさがらない▼この事実を知らしめたのは、産経新聞の古森義久ワシントン駐在編集特別委員で、ワシントンでこの論文を目にして「びっくり仰天」したと書いている。そこには日本の対中政策が愚かで、挑発的、独善、不当だとみなす外国の見方を紹介し、「日本がナショナリスティックで軍国主義的でタカ派的だと認識されていることへの意識がほとんどない」との“認識”が示されていた▼あまつさえ、「日本は過去の侵略に長年、沈黙を保ってきたが、小泉首相の靖国への立場にも過去の帝国主義的侵略への反省欠如が指摘される」といった反日的記述が羅列されていたというのだから、古森記者ならずも仰天する▼筆者はその公的機関の編集責任者で、もともと日本政府の対外政策をたたいてきた左派学者だというから驚くにあたいしないが、それはフリーな立場でこそ許されることであって、その嫌いな日本政府が出す金で運営される機関に属しながら足許にツバを吐きかけるというのはおかしい、というよりは道議的に許されることではない▼古森記者がこの事実を書き、この機関への公開質問状としたところ、代表者が昨日の産経に「誤解を招く用語があり深く反省している」との回答を寄せた。そしてこうした発信を停止し、同論文をホームページから削除するとしている。当然のことだが、事前に審査しなかったところに問題がある。それにしても、こんな日本人がいるということに何よりも驚いているのは外国人だろう。

 産経の古森さんの記事、桜魂さんのブログに保存されています。ほんと、古森さんならずも仰天しますよ。
【緯度経度】ワシントン・古森義久 日本発「公的な反日論文」(産経06/8/12)


産経国際面8/19:【ソウルからヨボセヨ】 東条さんの健闘
 A級戦犯として処刑された故東条英機首相の孫娘の由布子さん(67)が韓国のテレビに出演し大健闘した。KBS(韓国放送公社)テレビが「8・15」特集番組として13日夜に放送したドキュメンタリー「靖国との戦争−靖国と3人の女性」で、番組の最後に行われた討論の際、靖国神社反対運動を展開している韓国と台湾の女性を相手に静かに堂々と反論を展開し、戦没者慰霊をめぐる日本人の立場と“気持ち”に理解を求めたのだ。
 台湾代表は反日活動家の国会議員で韓国代表は戦没者の遺族。由布子さんはとくに韓国代表に対し「日本人として共に戦って亡くなられたお父さんの御霊(みたま)を靖国神社からはずすなどということを、果たしてお父さんは喜ばれるでしょうか。当時のお父さんの気持ちをもっと大切にしてあげるべきではないでしょうか」と語りかけた。台湾代表は手を振り上げ演説調の日本糾弾に終始し、韓国代表は興奮して座を立ってしまった。
 放送後の視聴者の反応は「日本人の主張には同意しないが討論は日本人の勝ち」というものだった。そして感情むき出しでしか対応できなかった韓国代表に歯ぎしりし「もっとちゃんとした討論者をなぜ出さなかったのか」とテレビ局へのおしかりが多かったとか。(黒田勝弘)

 由布子さん……( ´Д⊂ヽウェーン
 8月15日に『ワイスク』に出演された時、孤立無援状態だったのでお気の毒だなあと思ったものでした。まさか韓国のテレビにまで出演されていたとは。孤立無援どころの騒ぎじゃないですよね。
 台湾代表と韓国代表に(おそらく司会者にも)ボロカス言われたでしょうに、それでも凛とした態度で対応をされた。日本女性の鑑です。


■その他気になったニュース・社説

 コメントなしですみません。
 ちなみに一番下の朝鮮日報社説は笑いなくして読めません。何か飲みながら読むのは避けた方がいいです(危なかったσ(^^))。

「北が地下核実験を準備」政府消息筋 吉州住民に疎開令(中央日報)
<大相撲>台湾場所初日、1万人が歓声 T戦は朝青龍が優勝(毎日)
<台湾>李登輝前総統、9月12日から訪日へ(毎日)
産経社説8/19:広島の校長自殺 組合に改めて猛省求める
朝鮮日報社説8/19:「私が犯した間違いがあるなら指摘してみてほしい」


■おまけ

 アクセス解析を見てたら、この金曜から土曜にかけて、キーワード「松居一代」経由ですごくたくさんの人が拙ブログに飛んできてることに気づきました。
 何があったんだろう?と思っていろいろ検索してみたら……『金スマ』がきっかけみたい。
 そういや以前、『たかじんのそこまで言って委員会』で松居一代さんがGJ発言連発されてたので、そのことをブログで取り上げたことがありました。松居さん、『たかじんの…』にはもう出ないんかしら?出演熱望!(≧∇≦)


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
皇室伝統バナー●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


★★★毒吐き@てっくさんが旧宮家復籍キャンペーンフラッシュ作成にあたり、カンパを募集されています★★★
かなり大規模な計画になりそうです。いろんな著名人が噛んでます。これ以上は企業秘密。まだまだカンパ募集中です!

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto
________________________________________________
★トラックバックを下さる方へ
サーバー不調につき、「トラックバック承認機能」は現在ストップさせています。トラックバックを送信してすぐに反映されない場合、こちらで受信できていない可能性大です。もう一度送信なさって下さい。それでも反映されない場合は、コメント欄にURLを書き込んでトラックバックの代用として下さい。お手数をおかけしますが宜しくお願いします。

★コメント(投稿)を下さる方へ
サーバー不調につき、なかなかコメントが反映されない場合があります。根気強く更新ボタンを押していただけたら幸いです。初めてコメント下さる方は、こちらのガイドラインに一度目を通されてから宜しくお願いします。
TV番組内容紹介 | comments (24) | trackbacks (2)

Comments

>東条さんの健闘
まったくその通り!パチパチパチ
ドイだのフクシマだのツジモトだのとはえらい違いですな
x | 2006/08/20 07:52 AM
東条さんとドイ、ツジモト、それにフクシマがちがうのはあたりまえです。本物と成りすましの違いです。ほんもののエルメスとメイド インコレアの違いです。 
アメリア | 2006/08/20 08:07 AM
こんにちは。いつも楽しく拝見しております

私もこの番組をたまたま見ておりましたが、新追悼施設に関する稲田さんの
「そこに何がいるのか。A級戦犯は?」
という問いに、江川さんは
「いるもいないも無い」
というようなわけの分からない答えをしていたような...この方、宗教とか追悼ということの意味が分かっているのでしょうか?オウムのことも「ただの悪」「善良な人達がだまされただけ」としか思っていなかったのかなあ...小林よしのりに「学級委員長」と言われてたのがわかる様な気がしますね。

>東条さん
確かにすばらしいご活躍ですが...
(ご本人がどのような思いを持っておられるのかわからないので簡単には言えない事ですが)お祖父様を偲ぶこの季節に、何故孫であるというだけで理論武装することを求められるような状況があるのでしょう?マスコミなどはそのことだけでおかしいという風には思えないのでしょうか?
この方に静かな夏がやって来ることを願ってやみません。
肉丸 | 2006/08/20 08:12 AM
>日本人でありながら、外国に向けて日本の悪口をいう人物とはどんな精神構造をもっているのだろうか。

靖国とは関係ありませんが、つい外国で皇室批判をした某妃を連想してしまいました……。もう帰ってこなくていいよ……。天皇皇后両陛下がおかわいそう……。
みゅう | 2006/08/20 11:48 AM
実は私はかつてのアサヒ中毒症(我が家ではそう呼ぶ)が直りきらない頃、東條由布子さんを、戦後苦しい思いをしたではあろうが戦前、戦中と塗炭の苦しみをなめた庶民とは比較にならない恵まれた生活をしたであろうに・・と、かなり冷ややかにみておりました。
しかし、或る時ふと、由布子さんはすべての先の大戦の(極悪な日本軍の)象徴として東條英機という名前があることに抗議をしているのではないかと思ったのです。
色々言われている読売の「昭和戦争」なるものの戦争責任についての連載を読み、総括も読みましたが東條英機が他のいわゆる戦犯といわれる人達と比してもその責任の度合いは他の人達以上でも以下でもない。
結局、或る面で開戦時の首相であったこととトージョーという発音しやすい名前である故に連合国に格好の残虐無比な日本の象徴にされたということでなはいでしょうか。
ちょっと的外れな意見かも知れませんが東條由布子さんの静かな佇まいにそんなことを感じたことがある意味、私の目覚めでもあったことを思い浮かべました。
奈々氏 | 2006/08/20 12:12 PM
こんなの見つけました。

病名 【国籍同一性障害】 こくせきどういつせいしょうがい


患者自身が日本人であるにも関わらず、自分があたかも中国人・朝鮮人であるかのような錯覚に陥る一種の精神病

何故か 中国・朝鮮が素晴らしい国・国民であるかのような幻想・シンパシーを抱く
「他国民」である日本・日本人が悪辣で卑怯・無知蒙昧な存在だと思い込むようになる

 病状が進むと、自分たちの属する日本国家・国民を根拠無く貶め、批判し、あげつらうことで
自分自身がまるで 正義の味方であり、人権感覚に溢れる国際派であり
弱者の擁護者であり、不正の告発者であり、先進的な改革者であるかのように思い込むようになり
それにより 精神的な満足感を得る、といった相当に重篤な症状が発現する

 自分の考えが唯一絶対だと確信しているので、絶対に妥協しない
あらゆる機会を捕らえて相手方を非難・誣告する

日本国家・日本人を自分たちの「敵」であると定義しているので、どんなに不当・理不尽な
言いがかりが日本に及んでも、患者自身が感じるのは達成感・幸福感・高揚感だけである

 外国メディアの論調が日本批判だった場合、彼らと「一体になれた」ような錯覚に陥り、幸福感は頂点に達する
実際には、自分たち自身が その批判されている「日本人」そのものなのだが

 どんな内容であれ、日本・日本人が攻撃を受ければ受けるほど、ますます自分の正しさ・正当性を確信する
 自分たちが国際社会で支持を受けていると思い込んでいるので、いつも「日本は国際社会・アジア諸国から孤立している」
などと主張し、従って日本は自分たちの言うことを聞くべきだ、と結論付ける

なお、患者の主張する「国際社会・アジア諸国」とは ほとんどの場合、「中国・韓国・北朝鮮」の
3カ国だけであり、これらの国がしばしば世界全体から孤立し、嫌われていることには気付かないのが通常である
 彼らの日本への攻撃は、そのほとんどが 愛する中国・韓国・北朝鮮自身への攻撃にもなっており、自爆が多い
最近では、病状への世間の理解も進み、当然の如く賛同者が減ったため、患者の生活権が脅かされている

 治療法はあるにはあるが、自覚症状がほとんど現れないため、手遅れになるケースが大半である
ぱんめ | 2006/08/20 12:16 PM
靖国ですが、沈静化してきたと思ったらまた朝日がやってくれましたね。
今日のサンデープロジェクトでwww

左巻きの党首いっぱい集めて右傾化叩き、小泉・阿部叩きの電波を発しておりました。

都合の良い時には世論を国民の総意だ。と解釈し、都合の悪いときには小泉政治の分かりやすいパフォーマンスに騙されている。と。

全部は見れませんでしたが、お腹一杯ですww
baku | 2006/08/20 12:20 PM
 >今日のサンデープロジェクトでwww

 壇上に上がった党員達が、抗弁の機会も与えずに無辜の人々の一方的罪状を並べ立て人民を扇動、「殺せ」の声で殺害即決・・・の人民裁判方式を信奉している方達ですから。
 しかし、今時こんな一方的番組を作って、支持されるのでしょうか。
 
 戦犯裁判の判決受諾は国際的義務として完了しており、今更日本側から蒸し返すような事はいけません。
 但し、他国からの「正しい歴史認識」強要は、国際慣習(アムネスティ)を無視した反日プロパガンダ攻撃なのですから、専守防衛の本旨からして自衛権行使は当然。
 特定国家が、戦犯裁判を根拠にしつつ、更に捏造・誇張・歪曲した愛国・民族教育を行っている現状は、現在そして将来に渡る対日攻撃意図明白です。
 反日日本人が主張する「正しい歴史認識」も、侵略国家・日本の罪を背負ったA級、虐殺・略奪・強姦・日本人の罪を背負ったB級について、無条件肯定を前提にしたものです。
 
 敗戦責任は認めても国家犯罪という罪状は認めなかった東條氏の遺志を思えば、遺族の主張は義務でもあるでしょう。
 しかし、軍国主義復活の兆しなどは微塵も無い現在、反日日本人が犯罪国家再認定を強要してくる国家の意図を無視しているのも、反日工作が成功してきた結果でしょうが、単純に侵略国家と断定出来ない数多くの論拠がある中で、永遠の犯罪国家認定を無条件に受け入れよと主張するのは、・・・やはり売国。
福原 | 2006/08/20 04:37 PM
こんにちは、いつも楽しみにしております。

ウェークアップ!ぷらすの靖国問題の討論を見終わって思ったのですが、
参拝賛成派の人は今も靖国神社に参拝しているだろうし、
これからもされるだろうと。
でも反対派の人は今も参拝していないし、
例え新しい追悼施設を作っても参拝しないんじゃないかと。

思い入れのある人がそのままでいいといい、
思い入れのない人間が、さらに思い入れができないように変えようとする。

なんか女系天皇容認問題での対立構図に似ているように思いました。

実際にそれぞれの方が参拝しているのかは解らないのであくまでも推測ですが。
ゆるやかなこうてん | 2006/08/20 04:52 PM
論点のずれた事を大声で延々喋るので、「中国のデブ、黙れ!」と言いたくなりました。
最近、「中国韓国に言われたからではなく」という接頭辞が流行っているようですが、ならば中国人韓国人を討論に加える必要はありませんね。
あと、「靖国に参拝すると国益に反する」という人は、もっと具体的に「靖国に参拝すると損なわれる国益」が何なのか説明すべきです。
靖国に参拝すると誰かが損をするのか?単に誰かの気に入らないだけじゃないの?と思う訳ですが。
るな | 2006/08/20 05:16 PM
仙石の馬鹿チンは、「日本は日清、日露戦争以降の戦争においては、国際法を犯しまくった」とか言ってましたね。

ハァって感じですが。東京裁判では、日本が何ら国際法違反してなくて、仕方なく、事後法で裁いたんじゃなかったっけ。

このおっさん何を根拠にしてしゃべっとるのだ???
 
 このおっさんは私の地元(徳島)ではえらい力持ってて次の県知事最有力だって。こいつが県知事なったら私は徳島出るよ。
yamabe | 2006/08/20 05:26 PM
>yamabeさま
仙谷氏は、東大のフロント出身で、昔はなかなか優秀な弁護士だったと思います。国際法には無知なようですね。
キャラは立っているので、このまま民主党で地位を堅持し、のさばるのでしょう。
ただ、ご心配の徳島県知事はないと思います。この方、健康状態がよくありません。
他人の健康状態を云々したくありませんが、癌の手術をされたはずです。顔なんかも痩せていますね。
失礼な発言、ご容赦を。
さぬきうどん | 2006/08/20 08:04 PM
朝鮮日報社説読むと、韓国の人も本当にエライ人を大統領にしちゃったんだなあと気の毒に思います。
日本で言えばさしずめ鳩山か小沢、神崎くらいが総理になると
これくらい混乱するでしょうか。
トントン | 2006/08/20 08:55 PM
かつて日本も村山トンちゃんを総理大臣にした経験があるからあまり他国のことは言えないと思う。
ぱんめ | 2006/08/20 10:08 PM
>>外国で皇室批判をした某妃
みゅうさん、あのお方にも色々おありになったんですよ。
昔、香川県の金刀比羅宮に詣でられた時には、ある町会議員が「あんた、いつ子供産んみょんな?(貴方、いつ子供を産むのですか?)」とお伺いになったこともございましたから・・・
さぬきうどんさん、前々から思っていたのですが、仙谷さんは隣の国の天才コメディアンから愛嬌と言うものを排除し、キムチパワーを足した方の様ですねw
トントンさん、そう言う訳で、韓国では仙谷さん亜種が大統領になった状況かと。
yamabeさん、徳島には螢轡鵐スと言う超優良企業があるので、県民性から、てっきり仙谷知事もありかと思っていました、申し訳ございません。
未確認生命体 | 2006/08/20 10:50 PM
くっくりさん、日曜もエントリーありがとうございます(私の楽しみが1つ増えます♪)。

ところで米英合作で「レイプ・オブ・ナンキン」の映画化計画が進んでるってニュースを目にしたんですけど。
http://www.afpbb.com/article/799387

いやだよぉーもう!
何で捏造の事件で映画作らにゃあかんの?もぉ、いいかげんにしてくれ。

大体外務省も抗議しなさいよ。
ホントに…。
あ、また頭から湯気出しちゃった。スミマセン…。
おれんじ | 2006/08/20 11:25 PM
皆さん、コメントをいただきありがとうございます。
いつも個別にレスを差し上げられず申し訳ありません。

今日はブログ更新はお休みします<(_ _)>

・・・・・・・・

「ウェークアップ」の補足を下さった皆さん、ありがとうございます。
反対派の言ってることは「はぁ?」の連続に見えたんですが、勝谷さんの日記を見ますと、

http://www.diary.ne.jp/logdisp.cgi?user=31174&log=20060820
>「いわゆる」靖国問題についてかなり建設的な討論が出来たと思っている。小泉首相の参拝について批判的な方々もきちんとここまでの過程についての勉強をされていたので論議がかみ合った。これまであまりに不勉強な人々をメディアは登場させすぎていたと思う。

というわけで、意外と評価されてるみたいです。うーむ……(^_^;

・・・・・・・・

日経の世論調査も来ましたね。

■「次期首相の靖国参拝」賛否ほぼ二分・日経世論調査
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20060820AT3S2000H20082006.html
>日本経済新聞社が18―20日に実施した世論調査で、次期首相の靖国神社への参拝について賛成43%、反対39%と賛否がほぼ二分した。小泉純一郎首相が8月15日の終戦記念日に参拝したことについては賛成が48%で、反対の36%を12ポイント上回った。(詳細を21日付の日本経済新聞朝刊に)
(以下略)

各メディア世論調査、次期首相の参拝についてはこれまで「反対」が若干上回ってるケースがほとんどだったと思うんですが、この調査では「賛成」が若干上回ってますね。

・・・・・・・・

bakuさん:
「サンプロ」見逃しました(T^T)。「報道2001」は見たんですが、加藤紘一の他は岡本行夫氏、西部邁氏というメンバーでいまいち盛り上がりに欠けてたような……。櫻井よしこさんがいればな〜(T^T)。また竹村健一さんの話(小泉擁護)は全く無視されてたし、何だかな〜でした。

・・・・・・・・

では本日はこれにて。お休みなさい(^_^)ノ
くっくり | 2006/08/20 11:36 PM
ちなみに勝谷氏はウェークアッププラスの後の番組にも出演していて、安倍さんの経歴を見て「田舎の町会議員レベル」と批判していましたよ。
築地をどり | 2006/08/20 11:56 PM
こんばんは!
上の、るなさんのコメントで指摘している「国益」についての疑問、私も感じていました。彼ら(レフトな人たち)の主張する「国益」の意味がわかりませんね!
   そもそも日頃”国”のことなど大切にしていない人たちが”国”益を主張するのもおかしいし、
   先の大戦の責任問題!?(又は被害者感情)を取引材料にされ、彼ら(中韓)に譲歩を重ねれば、私なんか逆に国益を損ねると思いますけどね。
Gくん | 2006/08/20 11:58 PM
東條由布子さんの論旨は明快だ。
「祖父に戦争責任があるのは明白
だが戦争犯罪者ではない。当時の日本国民4000万人の戦犯釈放署名や国会での全会一致の赦免決議。これを否定するなら、もう一度国会で議論し決議をしてもらいたい」
tku | 2006/08/20 11:58 PM
まあまあ、議論も良いですが、これ見て笑ってくださいな。
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id=teconomy&nid=2458888
未確認生命体 | 2006/08/21 12:17 AM
『大礒正美の よむ地球きる世界 』
の最新号が面白いですよ。

http://www.geocities.co.jp/CollegeLife-Cafe/5562/column/latest.html

>「アジア・バロメーター」調査で、「自分たちをアジア人だと意識する」度合いが、ベトナムの84%に対して中国は最低の6%にとどまっている。
>中国人が自分たちをアジア人だと意識していないのは、明らかに「アジア人の上に立っている」と意識しているからであろう。
>アジア外交などという概念はもともと存在しない。

マスコミもいい加減中国をアジア、アジアと
呼び続けるのを止めればいいのに。
hana | 2006/08/21 11:41 AM
国籍同一性障害とはぴったりの表現ですね。しかし、昔はオトコ女やオンナ男は存在すら認められていなかったのが、数が多くなって無視するわけにはいかなくなって皆が一種の病気と認めたようにこの国籍同一性障害は認めてはいけませんね。
もうひとつ、村山トンちゃんはひどかったですね。我が意を得たりでした。
sword | 2006/08/21 12:28 PM
私もそれを見ていまして、30センチほど上に吹っ飛びました・・・^^;

わたしのブログにもUPしています。
Daddy・ジャン | 2006/08/23 09:35 AM

Comment Form

Trackbacks

過去からの宿題 | アルパカ日記 | 2006/08/20 06:41 AM
15日の日記に、マスゴミにとって靖国問題とは、お盆休みの為の手抜きではないかとチラと書いた。勝谷さんの日記のタイトルにも触れられて居るように、メディア界で働く人の印象にも、お盆を過ぎるとあれだけ喧しかった靖国問題も立ち消えになる事に違和感を与えて居るよ...
NHK日本のこれから第1部 | 反日勢力を斬る | 2006/08/20 10:40 PM
<font size=5 color=blue>NHK「日本のこれから」第1部<font size=3>(2006年8月15日 終戦記念特集)前回の「日本のこれから」ではプロ市民のおばさんたちが他のひとの発言中も構わず叫び続け、顰蹙を買った。NHKへの抗議の電話が殺到したという。これに懲りてか、NHKは出演者に釘を刺したと見えて、...