<< 「アンカー」エネルギー難に新たな希望&参院選ぼやき | main | 参院選の結果について >>

小沢一郎ほどアメリカの言いなりになった人はいない

 「お気楽くっくり」にて多くのMacユーザー様からアドバイスをいただいています。
 まだ解決までには至っていませんが、おかげで問題がだいぶ絞り込まれてきた感じです。
 皆様とても親身に相談に乗って下さっていまして(アクセスしにくい状況にもかかわらず)、大変感謝、感激しております。本当にありがとうございます<(_ _)>


 さて、先日、なにげにWikipediaを見てましたら、小沢一郎の項にこんなことが書かれてました。

石原慎太郎は「私は彼を評価しません。あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」と評した。[要出典]

 出典を探してみました。ありました。
 06年4月7日の定例会見でそういう発言をしたようです。
 
■<石原都知事>民主新代表の小沢氏…「私は評価しません」|Exciteニュース

 東京都の石原慎太郎知事は7日の定例会見で、民主党代表に選出された小沢一郎氏に触れ、「私は彼を評価しません。あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない。大した党にならないと思うね」と酷評した。

 石原知事は「(小沢氏は)自民党を牛耳っていた金丸信元副総裁らを背景に自民党幹事長を務めたが、アメリカに言われて、造らなくていい公共工事をやって、湾岸戦争の時は、一瞬にして戦費支出を決めた。自民党で一番いい思いをしたのは、あのグループ(旧経世会)じゃないの」と指摘。

【元記事はすでに存在しないため、因果応報な日々さんから引用させていただきました】

 「あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」の中身、もうちょっと詳しく載ってるところはないやろか?と探したところ、産経新聞05年11月7日付に掲載された石原都知事の「日本へ」の中に、こういうくだりを見つけました。

 あの後とは、私が議員時代自民党が金丸信なる悪しき実力者の君臨の下経世会に支配され、その後体よく自民党を割って飛び出し新党を作って転々し今は民主党のフィクサーとして在る小沢一郎がその配下として幹事長を務めていた頃、日本はアメリカから構造協議なるものを持ちかけられ内需の拡大という美名の下に貿易を抑制し国内で無駄な支出を重ねることで国力を衰弱させよという圧力に屈した後々のことだ。大体、「構造協議」などという二国間協議のもっともらしい名称は国民の目を憚(はばか)るために日本の役人たちが改竄(かいざん)したもので、相手側の原文はストラクチュラル・インペディメンツ・イニシャティブ(構造障壁積極構想)、その「積極性」を持つ者は当初からアメリカということだ。それを当時の政府は国民への体裁を考慮し敢えての改訳を行った。そもそもこうした経済会議はOECDとかWTOといった汎世界的な協議機関で論じられるべきなのだが、他の先進国たちも相手が日本なら放っておけということでアメリカの非を唱えはしなかった。

 その場でアメリカが持ち出した要求は二百数十項目にも及ぶ内容で、中には日本の実情を無視した荒唐無稽(むけい)なものも数多くあった。それに対して私たち有志の勉強会「黎明の会」は日本としての対案を百四十項目作って相手にぶつけさせようとしたが、その提案を申し込んだ自民党の最高議決機関の総務会を小沢幹事長は会期末に意図的に三度続けて開かずに封殺した。仕方なしに他に場所をもうけ、外国人記者クラブでもその案を発表したが、当時の日経連会長の鈴木永二さんにこんな良い案の発表が遅すぎると叱(しか)られたものだった。

 しかしその後金丸、小沢体制下の自民党政府はさらに、向こう八年間に四百兆の公共事業を行って内需を刺激せよというアメリカからの強い要請を丸呑みして、結果としてそれを上回るなんと四百三十兆の公共事業を行ってのけたのだった。その結果夜は鹿か熊しか通らぬ高速道路があちこちの田舎に出来上がった。

 これを読めば、石原氏が小沢氏を「あの人ほどアメリカの言いなりになった人はいない」と評したくなった気持ちもわかりますね。

 先日発売された「WiLL」9月号でも、石原氏は「小沢総理なんてまっぴらだ」と題された記事の中で大いに吠えてます。
 小沢氏とアメリカの関係については、上の話の他にこんな話も載ってました。

 そして一九九一年(平成三)に湾岸戦争が起きた。ブレディというアメリカの財務長官が日本に圧力をかけに飛んできた。アメリカにはカネがないから、日本はカネを出せと言いに来た。

 当時は傀儡政権の海部政権、これは金丸と小沢が作った内閣です。金丸は海部の言うことなんか全く聞かずに、自分で人事をし、内閣を作った。海部は総理にしてもらっただけで、人事は何もできなかった。

 その海部内閣の主要閣僚、外務大臣・中山太郎、大蔵大臣・橋本龍太郎、通商産業大臣・武藤嘉文、内閣官房長官・坂本三十次の四人で紀尾井町の「福田屋」という料理屋で接待したら、ブレディがいきなり四十億ドル出せと言った。

 四人はぶったまげて「そんなカネは急には出せない」と断った。ブレディは繰り返し三回言った後、「駄目なら俺は帰るぞ。駄目なんだな」と念を押した。

 「よしわかった。これで日米関係は悪くなる。あんた方の責任だ。もう一回名前を教えろ。中山、橋本、武藤、坂本だな」。

 そうしたら慌てて一人が立ち上がって「ちょっと待ってください!」。恐らく官房長官の坂本でしょう、そう言ってある人に電話をかけた。

 当然、相手は幹事長の小沢です。その後には金丸がいたろう。小沢が相談して、金丸が「それじゃあ出してやれ」となって、四十億出すことになった。

 ブレディは日本に四、五時間しかいなかったのに四十億ドルせしめて帰ってきて、ワシントンで記者会見をした。

 私は日本の政治家で一人だけ外人記者クラブのメンバーなんです。年中アメリカ人の記者と喧嘩する。喧嘩すると仲良くなるので、こちらに嫌な情報も教えてくれる。その一人からブレディの情報を聞いた。けれども嘘か本当かわからない。NHKの日高義樹くんが当時ワシントンの支局にいたので、帰国した時に裏をとって聞きました。その通りだと。

 記者会見で、記者が「あまり機嫌がよくないけど、日本はやっぱりカネを出しませんでしたか」と聞いた。ブレディは「出したよ」と答える。

 記者が「不機嫌なのを見ると、額が少ないんですね?いくらなんですか?」と聞かれて、ブレディが「四十億ドル」と言ったら、みんなぶったまげた。

 日本に数時間しかいなくてそれだけのカネが取れたのなら大成功じゃないですか、と言われたブレディがニヤッと笑って「俺は二日かかると思ったんだが、アイツらちょっと脅かしたら四時間でカネを出した。だったら最初からもっとふっかければよかった」。こんなことまで言われていたんだ。

 その後、さらにアメリカは九十億ドルを要求してきた。さすがにこれは内閣の一存では決まりませんから、九月に臨時国会を開いて、結局、合わせて百三十億ドルを出してアメリカの戦争を助けた。

 ところが出した直後に戦争は終わってしまった。カネをどう使ったか報告がない。日本にキックバックしたという噂があります。日本のメディアはやる能力も覇気もないから調べられない。アメリカ人の二人の記者が書きました。そのカネが誰にいったのか。想像に難くないけど。

 そして、それからすぐ小沢一郎は党を割って出て行った。

 その後、一九九二年(平成四)に金丸事件が起き、金丸さんは略式起訴された。警察が金丸さんの事務所に踏み込んでみると、刻印のない金の延べ棒が出てきた。金塊というのは、それを作った国の刻印が必ずあるんです。刻印のない金塊は北朝鮮です。北とどういう取り引きがあってのことか。途中で当人が亡くなってしまい真相は闇に葬られてしまった。

 小沢・金丸は何をやったんですか。アメリカに約束した八年間に四百三十兆のカネを無駄遣いして日本の経済力を弱めた。

 四百三十兆のカネを使って何をやったか。沖縄の経済需要の全くない島に五万トンのコンテナ船が着くような港ができている。市長が自慢して見に来てくれと言われたけれど、船が来るのかと聞けばニヤニヤ笑うだけ。

 北海道で熊や鹿しか出てこないようなところに道路を作った。その先に街なんかありゃしない。そういう馬鹿なことをやった。みんな国民の税金です。そのため国債も発行した。それで日本の財政はガタガタになってしまった。

 いまだに六百七十兆という厖大な国債がある。あっという間にイタリアの倍の国債依存率になってしまった。この体たらくを作ったのは誰なんですか。

 今、年金の問題で騒がれているが、これはまさしく組合の体質の問題だ。四十五分働いて十五分休む。一日にキーボード五千字しか打たない。原稿用紙にしたら十二枚半だ。小説で十二枚半書くのは大変だけど、そこにある資料を打ち込むだけです。こんなものを業務協定で約束させる組合なんて、昔の国鉄よりもっと悪い。

 国鉄は民営化することによってよくなった。当時の国鉄の中に、西日本の井出、東日本の松田とか、東海の葛西とか、そうそうたる連中が体を張って組合と戦い、殺されるのを覚悟で民営化した。

 社保庁も安倍総理が、このままじゃ駄目だ、一度つぶして、解体し新しいものにしようとしている。それに反対しているのは組合におもねっている民主党じゃないですか。

 アメリカの言いなりになって、いまだに国をアメリカ化するための要望書をつきつけられている。こんな国は日本しかない。こんな体制を作ったのは誰か。小沢一郎じゃないですか。こんな男がリードする政党が日本を変えていくとはとても思えない。

 私は民主党に期待しているんです。しかし岡田君も挫折した。前原君もつまらんことで挫折した。ああいう若い人たちがもう一度立ち上がって、若い仲間と若い発想で、自民党が思いもつかないことを考えてやってくれることを期待しています。

 しかし現在上に立っている小沢一郎たちに、何を期待するんですか。彼が過去にやってきたことを思い出すと、本当に怖い。彼が日本の親父になるのは、ひとりの日本人として、まっぴらゴメンです。

 ちょこっと注記。最後の「日本の親父」のくだり、これは小沢氏の顔が載った何種類かのポスターのうちの一枚に、「我らの親父」と書かかれてあったことを揶揄しています。

 石原氏は「日本をアメリカの経済奴隷にしたのは金丸・小沢」と言い切ってます。そして、「戦後、カネ、カネ、カネで来てしまった日本を反省して、他力本願で、アメリカさんに頼って失ってきたものを取り戻そうというのが安倍総理の言う『戦後レジームの脱却』じゃないかと思う」とも。


 ちなみに1990年の金丸訪朝団が訪朝した翌月、小沢氏も訪朝してたんですね。お恥ずかしいことに、私、つい最近まで知りませんでした。

 紅粉船長と栗浦機関長が北朝鮮に捕らえられた「第十八富士山丸事件」で、金丸訪朝団が先遣隊として行き、翌月、小沢氏が土井たか子と連れ立って紅粉船長らを平壌まで迎えに行った。

 その時書かされたという「礼状」がこれ。

自由民主党と日本社会党はこれまで多年にわたり、第十八富士山丸船員の釈放のための切なる要請を行ってきました。この要請を考慮した朝鮮労働党の勧告に従い、今般、朝鮮民主主義人民共和国政府は、共和国の法律を侵害した罪で一五年の労働教化の刑罰を受け服役中の第十八富士山丸の紅粉勇船長と乗浦好雄機関長を人道的見地から大赦令を実施し釈放のうえ日本に返すことにしました。自由民主党と日本社会党は人道主義的立場から第十八富士山丸船員に対して寛大な措置を取られた朝鮮労働党と朝鮮民主主義人民共和国政府に深い感謝の意を表します。自由民主党と日本社会党はこの際、両名が共和国の法律を二度と犯さないようにし、帰国後、両名の言動が日朝友好関係発展に支障を与えることのないよう、あらゆる努力を約束します。

 詳細は電脳補完録さんの資料「金丸訪朝団の悪夢」を。

 当時の情勢とか考えると仕方なかった面もあったのかもしれませんが、悲しいまでに北のスポークスマンと化してますな。
 その上、紅粉船長らの「口封じ」まで約束して帰ってきた。民主主義国家の政権与党の幹事長がですよ。


 私も民主党の中には期待してる人たちもいるんですよ。前代表の前原さんもその一人。靖国参拝とか主に歴史問題でちょっとどうかと思うところもあるけれども。
 前原さんが代表の民主党ならまだちょっとは心も動くんですが、小沢氏ではねぇ……。

 このところ、サヨク系のブログもちょこっと拝読したりしてたんですが、安倍さん叩きがものすごいですね。
 かといって、民主党をプッシュしてるって雰囲気もあまりないんですよね。やはり小沢氏の危険性というか、そういうものを感じ取ってるんでしょうか。


 明日はいよいよ参議院選挙の投票日ですね。

 私は大きな選挙の時はいつも「自分の中の争点」を作って、それに沿って投票をしています。

 年金問題、政治とカネの問題なども大切ですが、他にもっと大切な、ズバリ日本の国柄や将来に関わってくる問題がたくさんあります。憲法改正、安全保障、教育問題、拉致問題など。

 日本は今、大きな転換期を迎えていると思います。その大事な時期の今後6年間(長い!)、国のために働いてくれる人を私たちは選ぶわけです。
 目先の問題にとらわれるのではなく長期的に見ながら、私は一票を投じたいと思っています。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
ご面倒でなければこちらも→FC2 blogランキングへ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「日本より正しい情報を発信する会」メンバー募集!
ブログや掲示板等から、中韓をはじめとする反日勢力に対抗する優れた主張を、フラッシュ動画などに加工し、英文解説をつけて、YouTubeなど動画サイトにアップさせて行きます。英訳、動画作成のできる方、「このブログを英文にしたらどう?」など提案をして下さる方、大歓迎!まずは自己PRとあなたの思いを書いて、主催者のhinomaruさんにメールを!hinomaru2007@hotmail.co.jp hinomaruさんのブログはこちら。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
皇室伝統バナー●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら(zipファイル)。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

「河野談話」の白紙撤回を求める署名
 「河野談話」の白紙撤回を求める署名にご協力を!

________________________________________________
★トラックバックを下さる方へ
サーバー不調につき、トラックバックを送信してすぐに反映されない場合、こちらで受信できていない可能性大ですので、もう一度送信なさって下さい。それでも反映されない場合は、コメント欄にURLを書き込んでトラックバックの代用として下さい。あるいはミラーブログの方にトラックバックを送信なさって下さい。お手数をおかけしますが宜しくお願いします。なお、営利目的、アダルト、エントリー内容と無関係なトラックバックは削除させていただきます。

★コメント(投稿)を下さる方へ
初めてコメント下さる方は、こちらのガイドラインに一度目を通されてから宜しくお願いします。
政治 | comments (25) | trackbacks (2)

Comments

クックリ様こんばんは。週間新潮の8月2日号「変見自在」に小沢一郎のことが載っていましたーーー「小沢一郎はなぜ新党を作っては壊してきたのか。評論家の堤尭氏がずいぶん前に卓見を述べられていた。それはだ、新党ができれば政党助成金がつく。解散すればそれがそっくり彼の手元に残るだろうが。新生、新進、自由とそれを繰り返せばものすごい蓄財になる。小沢は事務所経費の名目で自分名義の土地建物を都心で買い漁っている。ある種のマネー・ロンダリングだろうか。」
こんな奴が「生活維新」などとコマーシャルで言っているのを聞くと思わず「おまえが言うな」と怒鳴ってしまいます。私も小沢一郎を信用していません。投票する人はもう決まっています。鴻池氏です(選挙区が分かりますね)。一番主張がまともで信頼できるからです。
tarochan | 2007/07/28 04:29 AM
クックリ様 いつもご苦労様です。
グーグルで下記のキーワードで検索しました。空恐ろしくなります。
<小沢一郎 池田大作 ノリエガ>
<前原 創価学会>

<菅直人 小沢一郎 済州島>

こんな腐った<日本人>達が日本を牛耳っているということを全国民に知らせたいです。
mimi | 2007/07/28 06:58 AM
くっくり様おはようございます。

小沢一郎というひとを知れば知るほど、日本の未来が不安になりますね。
彼の頭の中には、「日本の未来」という政治家の究極の課題が、まったく無いのではないかと疑ってしまいます。
ぢげもん | 2007/07/28 08:19 AM
くっくり様、はじめまして。
いつも重要な情報を紹介していただき、ありがとうございます。
石原都知事が、小沢一郎の金の流れを批判していたのは知っておりました。
この人間が日本を亡国の道へと舵取りしているということに多くの国民は知らないのではないでしょうか。
ここ最近の報道に接していると、マスコミが声高に叫ぶ「権力の監視」は建前であり、国民に考えさせることを放棄させる情報操作がいかに恐ろしいものかというのを再認識しました。
のっぽパン | 2007/07/28 08:45 AM
あー、石原氏の発言の全部を見たのは初めてです。……なるほど、もとから小沢氏を信用していませんが、ますます信用が置けなくなりました。
自民党がふがいないから民主党に投票、なんて行為が、いかに危険なものかが解ります。
26thmoon | 2007/07/28 12:37 PM
「小沢一郎は昔からブレがないから期待している」と言っているコラムニストがいる。彼にWillの石原都知事の記事を読ませて感想を聞きたいものだ。
 Willの記事中で「小沢一郎が一番嫌いな政治家は石原慎太郎」と言ったと書いてあった。
技術系 | 2007/07/28 01:10 PM
 パソコンが不調なのに、更新お疲れさまです。「これだけは選挙前にぼやきたい」というくっくりさんの熱意が伝わりました。

 以前、古本屋に行った時に、たまたま別冊宝島Real049号『北朝鮮利権の真相』(2003年6月発行)を買いました。本書は金丸訪朝団の詳細も記しており、わたしもこれで初めて小沢訪朝を知りました。
 経緯としては…。金丸訪朝団の大きな目的であった第十八富士山丸事件を(金日成に恩を売られる形で)解決。その最終局面ともいうべき紅粉船長らの引き取りに、当時の自民党幹事長・小沢一郎と社会党委員長・土井たか子が訪朝、という流れ。
 いわば小沢は“おいしい役”を与えられたということですね。

 小林一博氏(東京新聞論説委員)の言葉を借りると、「金丸からすれば子分の小沢にも出番をつくってやろうという親心だったようだ(後略)」ということらしいです。

 要は、国民の生命は彼らにとって政治ショーの道具に過ぎないということでしょうか。
 小沢一郎の顔を見るたびに。彼の背後に田中角栄と金丸信の亡霊が見えてしまう、わたしの“奇病”の原因はここら辺にあるようです(^o^)
独立自尊 | 2007/07/28 01:18 PM
くっくりさん、エントリーお疲れさまです。
僕も小沢は昔からどうも胡散臭くて嫌いでした。昔の自民党と言えば金丸・小沢など、目を覆いたくなるくらいの狸爺ばかりで、一時期は野党を支持していた時があります。しかし、今は安陪総理を応援していますので、比例区はもう決まっていますけれど、自民も宗教団体を支持母体を持つ政党との決別をしてくれれば、全面的に支持を出来るのになぁ、と思います。
トロ | 2007/07/28 02:02 PM
皆さん、コメントありがとうございます。
ここのところMacの検証につきっきりで、全くレスを差し上げられず申し訳ありません。

独立自尊さん:

>パソコンが不調なのに、更新お疲れさまです。「これだけは選挙前にぼやきたい」というくっくりさんの熱意が伝わりました。

伝わって良かったです(^^ゞ
くっくり | 2007/07/28 03:03 PM
自治労と日教組にシッポを振るしか能のない連中が「生活維新」とは笑わせる。社保庁改革にしても民主党案は自治労の顔色をうかがうばかりの小手先の代物。

先の通常国会では「公務員が職を保持したままで選挙に立候補できるようにする」ための法案を出したりして、「そこまで彼らの機嫌を取らにゃならんの?」と呆れましたよ。

憲法・外交・安全保障は、まともに取り上げようとすれば党が分解するので逃げの一手。これこそ参議院で議論するにふさわしい問題なのですが。

あとこれは余談ですが、日教組という組織は、さかんに反日的行動を行なっていますが、これまでの戦後の日本の政治体制にずっぽりと浸っているという点で、あるいみ非常に「親方日の丸」的な性質を持っていると思います。なんのかんの言いながら教職という「公務員の地位」は決して手放そうとしませんし。

乱文多謝。
Tdd | 2007/07/28 06:22 PM
右派と思われた板小沢氏は民主党首選で多数派の旧社民に阿り党首になった
党首になっても右派かと思いきや残念、しっかり旧社民の流れに乗っている
単に権力が欲しい信念の無い蝙蝠野郎に過ぎませんよ
take | 2007/07/28 06:53 PM
>新党ができれば政党助成金がつく。解散すればそれがそっくり彼の手元に残るだろうが。

これはね、残った金はかえさにゃいけない。法律違反なんです。

政党助成金は解散時に残高がある場合は国に返還しなければならないことが法律で決まっている。つまり返還逃れ−−。そしてそれが小沢代表の“軍資金”になっているのだ。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/books/65808/
たか改名 元祖たか | 2007/07/28 09:31 PM
アメリカのメディアはあほやな。アメリカさえ都合がよければ日本から40億ドル分捕ることも許されてると考えてたんやから。正義の戦争なら同盟国に戦費負担させる事も許される、全く腐った連中や。今頃になって文句言っても遅いっちゅうねん。日本は違法の戦争(イラク戦争)に膨大な戦費(アメリカは求めてないけど自衛隊出動に莫大な予算がかかってる)を出費することになった。今頃になって日本も同罪やなんてジョークがききすぎてる。イラク戦争に派兵することになったのも、湾岸戦争のトラウマに端を発していることになんで誰も指摘せーへんねや。それこそ、大西NYT記者に教えてやりたいもんや。あ、そうか。アメリカに報道の自由がないから、日本で軍国主義・ナショナリズムが復活してることにして、アメリカと二人三脚で自衛隊派遣することで日本がアジアの覇権を確立しようとしてる、と暗にブッシュ批判をやってるっちゅうわけか。ならば、慰安婦問題にかこつけて日本も中国の機嫌をそこねるからとかいろんな理由つけて自衛隊派兵断ったったらええねん。

アメリカの慰安婦団体の活動をやめさせるよう中国に働きかけても全くその気配がない上、ブッシュ政権に阻止させようとしても全くうまくいかへん(このへんはゲンダイネット参照)。日本の外交とすれば、なんもやりかたは間違えてへん。二月はあほとしかいいようがない。

日本もいざと言う時になったら助けてくれるという手形というか証文とっとかなあかんな。小泉はグアムへ米軍移転するのにもあほなほど金つかったんやから、その見返りがあってもいいはずや。北朝鮮に対峙するのかって、安倍政権を結局は見殺しにすることになってしまった。こうなれば、ハニートラップにひっかり続けて中国へF22戦闘機の最新情報を流し続けるのも悪くないかもしれへん。どうせF15戦闘機の詳細な情報わたさへんねんから。向こうの言い値で買わされるぐらいなら、中国と同盟結んだ方がええんとちゃうか。米中が対等になることで日本が漁夫の利を得る。悪くないで。日本がアメリカに納入してる部品を中国軍にも売ったったらいいねん。真剣にF15の情報を日本に渡すこと検討しよるで。そうなれば産業スパイに悩まされずにすむし、日本も巨利を得ることができる。日本人の技術スタッフを中国に派遣してもいい。こればっかりはアメリカもどうしようもできへんやろ。尖閣も海洋権益もどうせ前に進まへんねんから、せめて儲けさせてもらおうやんか。米中にとって日本がとりあいになる。そしたら中国人に技術教える為に研修制度作らんかったってええわけなんやし。アメリカが恐れれば恐れるほど、スパイ法整備にも役立つ。

関西弁でおおくりしました。悪くない案だと思うんだけど・・・。

長々とすみません。
無党派 | 2007/07/28 10:24 PM
二月とは二木啓孝のことです。間違えました。
無党派 | 2007/07/28 10:27 PM
>「アイツらちょっと脅かしたら四時間でカネを出した。だったら最初からもっとふっかければよかった」

>その後、さらにアメリカは九十億ドルを要求してきた。

↑この部分、特に慰安婦問題でアメリカに抗議することに反対している人々には、よく知ってもらいたいですね。

ふっかけられて「はい、そうですか」と唯々諾々とカネを出していると、さらに何倍もふっかけられて、毟り取られるのが国際社会の常識です。

「慰安婦20万人は性奴隷、そのほとんどが朝鮮人と中国人だった」というデタラメがほぼ定着しつつある中、何の反撃もしないと、慰安婦の数は増えつづけ、内容もどんどんエゲツない物にエスカレートしていくでしょう。

そんな状況にありながら、当初マニフェストに「慰安婦謝罪決議案を可決させる」と掲げて新聞発表した割には、我が家にポスティングされていた選挙ビラには、なぜかその項目が見当たらない。それが「民主党」

せっかくじっくり読んでやろうと思ったのに、残念。
にゃはにゃは | 2007/07/28 11:09 PM
くっくりさん、こんばんは。小沢のことは今回のエントリで知ったことがたくさんあってびっくりです。国民にどれだけ不利益を被らせれば気が済むのか。まぁもともと民主に入れるつもりは毛頭ないですけど、マスコミは年金のことばっか言ってないでこういうことも言うべきですよね。明日の選挙、自分の一票の行き先は決めましたが、民主には与党に絶対なってほしくない!!!!!!
ツクヨミ | 2007/07/28 11:14 PM
また、懐かしい発言から、深く掘り下げましたね〜〜。お疲れ様です。しかし、やっぱり小沢氏ダメダメですね、逝ってしまえwww
bitter | 2007/07/29 02:27 AM
皆様!ちょっと待って、よく考えてください!

http://roronotokoro.blog113.fc2.com/blog-date-20070728.html
| 2007/07/29 03:45 AM
売国マスゴミは恐ろしいですね。
北朝鮮の意向と合致しているんですから。
風 | 2007/07/29 01:42 PM
今回はマスコミが安部政権たたきをしたことが大きく影響したようですね。
彼らのバックに何がいるか?反日左翼、中共に北鮮、アメリカ左翼・・・。 連中は日本に憲法を触らせたくないようです。 ついでに北鮮による拉致被害者を見捨てろと。 我々には苦難の日が続くようです。 ただ、いつか風向きは変わるでしょう。

小沢一郎氏ですが、今病院らしいです。 彼の政治生命は長くないようです。
あと、民主党内の抗争も表面化するでしょう。
笹団子 | 2007/07/30 02:20 AM
>小沢一郎ほどアメリカの言いなりになった人はいない

小泉純一郎は?
鳥飼 | 2007/07/30 12:08 PM
>小泉純一郎は?
 「米に抵抗せよ。」「厚労省は責任とれ。」・・・そんな野党に石を投げる資格がない点を指摘すると、「責任転嫁だ」とマスコミが支援してくれるのだから、与党はしんどい。

 が、小泉氏のツケを参院選で支払ったという面では、止むを得なかった選挙結果かも。 安倍さん続投支持。
 
 職業安定法を否定し派遣労働拡大で活性化するのは、表面だけ。
 国民の血と汗で安全を築き上げてきたのに、安全を空気と思い込む財界。 軽視のツケを支払う国民が少し気付き始めたのかも。
 派遣を増やし中国に工場移転して、「日本の労働者の賃金は高すぎる。」と国民を叩いていたトヨタが、「若者が車を買わなくなった」対策を始めるんだったら、滑稽でしょね。
福原 | 2007/07/30 01:43 PM
国の30以上の自治体で制突然、失礼します。
新潟で外国人参政権の布石になる「新潟市自治基本条例」が制定されようとしています。
この条例での市民の定義に永住外国人や団体が含まれています。
数さえそろえば、市長に対して住民投票の実施を請求することが
できます。
恐ろしいのはこの自治条例が全定され、
また進められています。
http://www.city.wakkanai.hokkaido.jp/section.main/seisaku.keiei/gyoumu-jichikihon-si-ich.htm
http://www.city.niiza.saitama.jp/06policy/jichi/pdf/seiteijoukyou.pdf
これはその一覧表です。

他にも市民や町民の定義に外国人や団体が含まれている所ばかりです。
他にも、新潟市ではアメリカのフリーゲート艦が来た時に、船内での
駐日全権大使との会食を知事と市長が断って「新潟にはもう来い!!」と激怒させたり、イージス艦が来た時には、港が満杯で使えないと急に言い出し、本当に混雑しているか衛星と米軍がPC3(哨戒機)で調べるとまで言われました。他にも嫌がらせをしています。艦長の表敬訪問も知事、市長ともに受け付けません。
公務員の国籍条項も廃止する方向です。
皆さん、反対のため力を貸してください。
皆さんも住んでいる自治体がどんな条例を作ったり作ろうとしているのかに注意してください。
人権擁護法案や外国人参政権などを形を変えて制定しています。
図書館に行って地元新聞を読んでください。ネット上ではわかりにくい、何気にきな臭い記事がけっこうあります。
新聞に折り込まれる市や県からのお知らせ、議会便りは、条例や例えば男女参画審議委員の募集など重要なことがのっています。役所に言えばそれだけを郵送してもらうこともできます。ぜひ読んでください。
外国人参政権 | 2007/07/30 04:47 PM
すいません。続きです。
今回のことは新潟地元誌の財界新潟にくわしくのっていました。http://www.zaikainiigata.com/
新潟市の自治基本条例です。http://www.city.niigata.niigata.jp/info/kaikaku/jichikihon/index.htm
〒951-8550 新潟市中央区学校町通1番町602-1 新潟市役所政策企画部市政創造推進担当
e-mail:shisei_sozo@city.niigata.lg.jp /TEL:025-226-2152/FAX:025-224-3850

県政への意見先です。
https://secure.pref.niigata.jp/toiawase/soshiki/koucho.html
電話:025-285-5511(代表)
電子メール:info@pref.niigata.lg.jp
知事へhttps://secure.pref.niigata.jp/chiji/tayori.html
fax番号:025-280-5049

市長へhttps://www.city.niigata.jp/tegami/mail2.html
市役所025(228)1000

長々とすみませんが、くっくりさん、ごらんの皆さんもぜひとも取り上げてください。
目立つものだけでなく水面下の動きに皆さん注意してください。
よろしくお願いします。
外国人参政権 | 2007/07/30 04:49 PM
消えた年金って、だれが何を消したっていうか、仕事してなかったの???
あれ、民主党の支持団体の憲法違反公務員阻止器だったり〜〜。
で民主党の年金改革って、年収が600万以上だと削減。1200万円以上だと停止って、そりゃ不平等どころか、国による差別略奪じゃないですかね。
おーい、在日特権を認める差別政党だと思っていたら、収入で差別するんですかそうですか???
U
ポン他 | 2007/07/30 05:59 PM

Comment Form

Trackbacks

アンチ・リベラルへの選択〓政治家と政治屋〓difference between statesman and politician | Let's Blow! 毒吐き@てっく | 2007/07/28 06:28 PM
あっしは今回、日本がアブナイのmewさんに感謝している 他意はなく、対立軸をはっ...
逆境の国士 | 能登雑記 | 2007/07/28 10:42 PM
 近頃は話題に上りませんが、こんな政治家がいます。 ・ 夫婦別姓法案を反対運動の