細切れぼやき〈11/2〉
日中ガス田問題 閣僚協議も
この中で、二階経済産業大臣は、「東シナ海の問題については、日中が友好関係を持続しながら、共同開発をしていくのが理想だと思う。これまで中国の首脳部と会談した時には、『お互いに協力し合ってやっていけるのではないか』という意見もたびたび聞いた。わたしなりに中国との間で話し合いの場を設けていきたい」と述べ、事態の打開に向けて事務レベルにとどまらず、必要に応じて閣僚レベルでの話し合いを行う用意があるという考えを示しました。また、政府が東シナ海で、民間企業に与えている試験的に採掘する権利、「試掘権」の取り扱いについて、二階経済産業大臣は、「次回の局長級協議で、中国側の対応を見定めて、考えれば良いのではないか」と述べました。

 就任早々これですから……はぁぁ(T^T)
 「私が直々に出ていって中国様に配慮してまいります」と言ってるようにしか聞こえないんだが。
 さらに、「中国の対応を見定めて考える」=「中国が反発したら試掘は駄目」ってことでしょ。
 前大臣の中川昭一さんが苦労して築き上げてきたものを、一気に壊しそうな予感。

 一方こちらはロイターの記事。
 東シナ海のガス田問題、中国とは平和的な交渉で解決=経産相
 
 東シナ海のガス田開発問題に関しては、日本が共同開発を提案している。二階氏は、「中国側が回答をする番になっている。その回答を受け取って、つぶさに検討した上で、次の展開になっていく。向こうからボールが返ってくるのを待つべきだ」と主張。「いまのところは、あせらずに粘り強く外交を展開していく。基本的なスタンスとしては、平和的な交渉によって解決するより手はない。やはり話し合い。ぜひ、そういう線で進めていきたい」と語った。

 そんな悠長なこと言うとる場合かコルァ!
 向こうはどんどん開発を進めてて、こっちは一刻の猶予もないというのに。
 全く、何でこんな大事な時期にこんな人を大臣にしたの?小泉首相!


韓国与野党、小泉改造内閣の陣容に反発や警戒感
 野党ハンナラ党は同日「日本はアジアへの歴史的なテロを始めた。小泉政府の内閣構成は『銃無き宣戦布告』をアジアに宣言した」などと批判する報道官論評を発表した。
 
 ハンナラ党はちょっとはマシかと思ってたのに。これじゃ北朝鮮と変わらへんなあ。


拉致事件 日本と北朝鮮が激論
国連総会の人権問題を扱う第3委員会では、北朝鮮をめぐって、日本の拉致事件などで真しに対応するよう求める勧告が出されたほか、EU・ヨーロッパ連合が近く非難決議案を提出する準備を進めるなど、北朝鮮への対応が厳しさを増しています。こうしたなか、31日に開かれた委員会で、北朝鮮のキム・チャングク国連次席大使は「イギリスのように植民地支配などで多くの市民を殺した国がわれわれを非難するのはばかげている。EUは日本人の拉致問題を解決せよと言うが、日本が朝鮮人840万人を拉致、連行した事実には触れようとしない」と発言しました。これに対して、日本の大島国連大使は「日本は朝鮮半島での過去の過ちを謝罪しているし、北朝鮮の発言する数字は誇張されている」と反論しました。これを受けて、北朝鮮の代表が「問題なのは数字ではなく罪を犯した事実で、日本の謝罪も口先だけだ」と再び反論するなど、激しい意見の応酬となりました。今回のやりとりは、国連で、拉致問題などへの非難がこれ以上強まることへの北朝鮮の警戒感の表れと受け止められています。

 北朝鮮が“強制連行”の被害者数を840万人に“修正”したのは、実はけっこう最近だったりします。
 過去ぼやき03/2/12の最後の項目よりプレイバック。
 さて、昨日のニュースステーションでは、対外文化連絡協会のナンバー2の女性(亀井静香を女性にしたような風貌(^_^;)が、まあ好き放題しゃべってました。
(中略)
 オバサン曰く、「我々はこれまで強制連行された人々を600万人と計算していたが、一昨日になって『840万人を超える』と、我々の科学者が修正した」……。
 「第二次特定失踪者」として北朝鮮に拉致された疑いが拭えない44人が新たに発表されましたが、それに合わせるように数字が増えました……とは、Nステのナレーション。

 それにしても「日本の謝罪は口先だけ」って、よう言うわ。
 金正日の「俺はやってないけど部下がやったみたい。ごめんな」という口先だけの謝罪。返した拉致被害者は5人だけ。あとは偽遺骨や偽書類を出しただけで「拉致は解決済み」って開き直り。
 ……ほんま腹立つ〜(-.-#)
 但し「イギリスのように植民地支配などで多くの市民を殺した国」、この箇所だけは正しいと思う。


合成写真掲載のおわびと経緯(産経新聞)
 大阪本社発行の本紙夕刊で、合成写真に「合成」とキャプションを付けずに掲載していたことが調査の結果、判明しました。これは虚偽報道であり、深くおわびするとともに、写真と写真説明文を削除します。

 産経よ、お前もか!(T^T)
 でも、どこぞの新聞社と違ってすぐに謝罪会見しましたね。ちゃんと全員で起立して頭も下げてたし。どこぞの新聞社と違って。


大阪市長、なり手いない!? 候補浮かんでは消え(朝日10/31付夕刊)
 複数の民主党市議によれば、三重県総務部長時代に北川正恭知事(当時)のもとで県政改革に携わった元大蔵官僚の村尾信尚・関西学院大教授(50)が「即戦力」と見て、出馬を打診したが断られたという。

 今日、その村尾信尚さんがABC朝日放送「ムーブ!」に出演。
 ところが、「私のところには打診は全くありませんでした。同姓同名の人じゃないですよね?(笑)」と完全否定。
 それを聞いた福岡政行、顔をこわばらせて「捏造記事だ!」……。
 その後はなんてことなく番組は進行しちゃいましたけどね。朝日系列だし、あまり事を荒立てても……って意識が出演者一同に働いたのかしら?(^_^;

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 00:26 | 細切れぼやき | comments (17) | trackback (1)
「内閣改造」各紙社説〜『アジア外交』を比べてみれば
 昨日付拙ブログより。
 明日の朝日社説は安倍・麻生批判で決まりか?
 タイトルはズバリ「内閣改造〜アジア外交は大丈夫か」?!

 中身はこんなふう?
 「小泉首相の靖国参拝などを巡り、いま日中・日韓関係は厳しい状況にある。中国、韓国に対して強硬な安倍氏を官房長官に、麻生氏を外務大臣に据えたことで、早くも両国からは批判の声が出ている。さらなる関係悪化が懸念される」

  ↓

朝日社説:内閣改造 アジア外交が心配だ
 小泉改革を継続し、残り1年の任期で総仕上げを目指す。今度の内閣改造で首相の決意はよく伝わってきた。だが、不安になるのは外交の布陣である。これでアジア外交は立て直せるのか、大きな懸念を抱かざるを得ない。

(中略)

 私たちが驚いたのは外交だ。首相の靖国神社参拝で中国や韓国との関係はこじれ、アジア外交は浮遊しつづけている。その正面に立つ外相にポスト小泉候補の一人、麻生前総務相を横滑りさせた。

 麻生氏といえば、思い起こすことがある。03年、政調会長時代の講演で、日本が韓国を植民地にしていた時の創氏改名について、朝鮮の人びとが望んだかのような発言をして、韓国などの批判を浴びた。陳謝したものの「真意が伝わらなかった」と発言の撤回はしなかった。

 この夏の月刊誌のインタビューでは、もし首相になった場合、靖国参拝をするかと聞かれ、こう述べている。

 「普通にお参りします。韓国や中国にいくら言われても、泰然自若としていればいい。彼らが『これ以上、この問題を言い立ててもしょうがない』と悟って、自然に丸く収まるのが、一番理想的な形でしょう」

 今後はもっと慎重な発言になるのかもしれない。だが、近隣国とのとげとげしい関係を修復する役回りにふさわしい人選とは思えない。

 もうひとりのポスト小泉候補、安倍前幹事長代理は官房長官になった。

 最初の記者会見で、自らの靖国参拝について「国民のひとりとして、政治家として参拝してきた。今までの気持ちをこのまま持ち続けたい」と、今後も参拝を続ける可能性を示した。

 小泉政権でも、外交的な配慮から歴代の外相と官房長官は参拝を控えてきた。新内閣では3人がそろって参拝するということなのだろうか。

 その一方で、この人事からはずれたポスト小泉候補がいる。中国との関係を重視し、首相の靖国参拝に批判的だった福田元官房長官だ。

 靖国問題で譲る気はない。関係修復はそのことを前提に考えましょう――。今回の布陣から、中韓などが首相の意図をそう読み取ったとしても無理はない。

 国内では改革継続の旗を振り、アジア外交の停滞には目をつぶり続ける。この小泉路線があと1年続く。その痛手の深さが心配である。

 ビンゴ〜(≧▽≦)……って、手前味噌ですみません(^^ゞ
 でも朝日新聞がこう書いてくるだろうってことは、私だけじゃなく多くの人が想定してたんじゃないでしょうか(^_^;
 内閣改造がサプライズなしだったんだから、せめて朝日ぐらい社説でサプライズして下さいよ。ねぇ。つまらん。ザッザッ(←後足で砂かける音)

 特定アジア絡みで朝日が叩く人=日本の国益に叶う人。
 安倍・麻生両氏にはますます期待しましょう。

 さて、他紙は「アジア外交」についてどう書いてるか言うと。

産経社説:小泉改造内閣 財政再建のかたち示せ 「負担の合意」が最後の仕事
(前略)

◆友好だけでは無意味

 一方、対中国、韓国外交の行き詰まりを指摘する声がある。小泉首相の靖国神社参拝のため、首脳の相互訪問が実現していないことなどを、その理由としている。だが、相互訪問の実現によって懸案が片付くわけではない。首脳間で「友好」を確認するだけの外交ではあまり意味はないのだ。

 「反日」運動を展開し、いまだに謝罪しない中国との関係は、国連安保理常任理事国入りなどをめぐって、日本と利害が対立した。こうした利害を調整し、国益に資する外交が必要だ。

 小泉首相は今年も中韓両国首脳と会談しており、麻生太郎外相は「日中関係はうまくいっている」と述べた。

 麻生外相は日米同盟を基軸に、国連安保理常任理事国入りに道筋をつけ、インドをはじめアジア太平洋諸国との関係緊密化を進めてほしい。

 北朝鮮との国交正常化も課題ではあるが、拉致問題などの解決が前提であるという原則を崩してはならない。三日に始まる日朝の政府間対話でも圧力を視野に入れた対応が必要である。

(後略)

 「首脳間で『友好』を確認するだけの外交ではあまり意味はない」……朝日の社説を見透かしたような記述、GJ!(≧▽≦)
 また、拉致問題に触れたのは産経だけのようです。

読売社説[小泉改造内閣]「内と外の『危機』に立ち向かえ」
(前略)

 外交で直面する困難な課題は、大国化する中国とどう向き合うかだ。日中関係について、麻生外相は会見で「経済・文化交流など総じてうまくいっている」と指摘した。首相の靖国神社参拝をことさらに問題視するのではなく、冷静な姿勢で関係改善を図るということだろう。

 安倍官房長官も同様の立場のようだ。麻生外相は、官邸と連携して対中外交の立て直しを図るべきだ。ただ、閣内でも二階経済産業相は親中派で知られる。

 たとえば、東シナ海のガス田開発などの問題で、閣内で対応が割れるようなことがあってはならない。

 ◆戦略的な対中外交を◆

 首相は、麻生氏に対し、外相として取り組む課題の筆頭に、日米同盟の強化を挙げた。中国には、12月にマレーシアで開催される東アジア・サミットで当初、自国での開催にこだわったように、アジアでの覇権確立の意図がうかがえる。

 日本は米国との同盟関係を一層強化して対応すべきである。「日米分断」を狙う中国を利する愚は避けることだ。

(後略)

 読売も中国の姿勢には警鐘を鳴らしてますな。
 二階氏が親中派であることにも言及していて、GJ!(≧▽≦)

毎日社説:小泉改造内閣 「郵政」論功に安住するな
(前略)
 その一方で、小泉首相の靖国神社参拝問題で暗礁に乗り上げている近隣外交の先行きは不透明状態が続きそうだ。麻生太郎外相、安倍晋三官房長官はいずれも親米路線を優先させている。しかも、参拝問題では小泉首相に同調している。今後も対中国、対韓国関係は楽観を許されないだろう。
(後略)

 「小朝日」の毎日ですが、朝日とは違って内政改革に重点を置いた社説になってますな。
 まあ普通はそうですよね。「郵政終わって次は年金だ、医療だ」って国民のほとんどはそっちに注目が行ってるんですから。
 靖国問題がどうのって、いつまでも騒いでる国民はおりません。騒いでるのは朝日だけ。

 いつもは紹介しない東京新聞も、今日は紹介しときましょう。
 東京新聞の記者、昨日の会見で複数の大臣にしつこく「靖国問題」について訊いてましたからね(^_^;

東京新聞社説:小泉改造人事 後継競争 よーいドン
(前略)
 首相は米軍基地再編に伴う地元交渉などを額賀福志郎新防衛庁長官らに託し、中国などとの関係修復は視野に入れていないようにも見える。官房長官の安倍氏は対中強硬論で知られているし、麻生氏も親中派でない。もっぱら対米追随を競うことにならないか、懸念が残る。
(後略)

 昨日の勢いのわりには、社説には「靖国」の「や」の字もないという……(^_^;
 読者さん情報によれば(昨日のコメント欄参照)、東京新聞の記者の質問はこの記事だったそう。
 当時の厚生次官 合祀手続き『知らなかった』

 ちなみに、5紙のうち「内閣改造」1本で書いたのは産経・読売。
 朝日と毎日と東京は「内閣改造」の他にもう1本書いてます。

 ここでちょっと計算をしてみました。
 各紙の「内閣改造」社説に占める『アジア外交』記述の割合です。
 (小見出しはカウント。タイトル・空行はカウントせず。%は小数点2位以下を四捨五入)

  朝日=920文字/1155文字=79.7%
  産経=429文字/1668文字=25.7%
  読売=420文字/1930文字=21.8%
  毎日=132文字/1168文字=11.3%
  東京=124文字/1030文字=12.0%

 朝日よ、心配のしすぎではないか(笑)。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 00:12 | 朝日新聞 | comments (4) | trackback (1)