「報道2001」安倍晋三VS凌星光
 安倍晋三氏を迎えて討論やってました。
 ゲストは他に、重村智計氏、凌星光氏(中国社会科学院。テロップには出ませんでしたが、ググッてみたら福井県立大学経済学部教授でもあるらしい)、古森義久氏(産経新聞)。

 6カ国協議の話題になったところで、中国人の凌星光氏がえらい発言をしました。
 「日本は拉致問題に拉致されている」……はぁ?何言い出すかねこの人は。
 案の定、安倍さんらから集中砲火に遭ってました(^_^;

凌星光
「中国の人と話していると、日本は北東アジア外交で、拉致問題に拉致されていると。なかなか適切な言葉だと思って、私もよく言ってるんですが。あまり具体的なことに集中して全体的な戦略ができてない……」

安倍晋三
「『拉致問題に拉致されている』というのは極めて不適切な表現。おそらく中国の人は人権感覚がない。そこが日本との決定的な違い。13歳の少女(横田めぐみさん)が拉致されて人生の大半を奪われた。日本のような人権を守らなければいけない国では、許すべきことではないんです。国として責任を持たねばいけない。それと同時に、北朝鮮が対南政策のために拉致をしたのであれば主権侵害で、安全保障上の重大な問題。これを解決しないようでは、国が交渉する意味は全くない。これを主眼に置かないのは間違った外交。中国は中国の感覚なんでしょうが、アメリカ人は人権感覚がしっかりしているから、日本を支持している」

重村智計
拉致問題を取り上げることに反対している国は、みんな民主主義や人権がしっかりしてない所なんです。日本外交はアジアや世界の人権問題や民主主義を解決していくために、拉致問題をやらねばいけない」

古森義久
「中国も、ユーゴスラビアで中国人が3人のNATOの米軍機に誤爆された時、全てのことを放棄して反米デモをやった。もちろんそこには外交的・政治的意図はあったが。自分の国民の命や安全を無視する外交は、民主国家・主権国家としてありえない

(ここで竹村健一が発言。「国と国との問題は一つではなくたくさんある」とか何とか。何言いたいのかわからんかった)

凌星光
「人権問題を解決しなければいけないというのは安倍さんに賛成だが、日本は戦略的な大きな方向を見ないといけないのに、それを見失っている。私は多くの日本の外交官に会ったが、みんなわかっている。日本は孤立してしまう、と。現に日本は6カ国協議で孤立をしている」

安倍晋三
孤立を恐れる外交官がいることが日本の大きな問題。外国が作った土俵の上で、いい子を演じて何とか国益を確保しようという、戦後60年、日本がやらなければいけなかったいじましい外交の延長線上にいる人たちなんです。6者協議では協調を演じるのが目的ではない。核の問題、そして世界から理解されていないが拉致の問題をテーブルに載せないといけない。決して孤立を恐れてはいけない。むしろ日本が強く主張して、中国や韓国を引っぱる外交を展開しないといけない。佐々江アジア大洋州局長が拉致問題解決を主張した以上は、経済支援は日本はできない。他の国がやるのは何も言えないが。議題にしてくれない限り、日本は二国間でやらざるをえない。そのためのテコが必要。本来は北朝鮮がニセ遺骨を出してきた段階で経済制裁すべきだったが、6カ国協議が開催されるかもという事情があった。日本は総合的に考えてやってきた。が、北朝鮮はあのような言い方をしている(誠意がない)。我々は経済制裁をすることでカードを増やすことができる。制裁を解除するかどうかというカードができる

(ここで司会の黒岩氏がCMに行こうとするが)

重村智計
一番孤立をしているのは日本じゃなくて北朝鮮ということを、我々は冷静に見ておくべきです」

 さすが安倍さん。相変わらず正論ぶっこいてくれてます。重村さんも古森さんもGJ!

 北朝鮮関連についてはここで終わり。CM明けは中国の軍拡問題でした。
 メモ取ってないからうろ覚えですが、凌星光が今度は古森さんに撃沈されてたような。
 凌星光が「中国はアメリカが言うほど軍拡してない。アメリカが大げさに言ってるだけ」みたいに言った時、古森さんが「全然そんなことない」と。
 続けて、「中国は歴史上、常に侵略の危機に晒されてきたが、いまはその危機は全くない。いま中国を侵略しようなんて国は見当たらない。そういう平和な時代にあるのに逆に軍拡している」てなツッコミしてはったような。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:23 | TV番組内容紹介 | comments (22) | trackback (2)
「サンプロ」安倍晋三VS志位和夫
 安倍晋三VS志位和夫。こんなもん勝負にならんわと思ったけど、とりあえず見てみました。
 ただ、VTRが途中で切れてしまったので(夫が11時40分から裏番組を録画してた(T^T))、最後まで見ることはできませんでした。

 11時40分までのやりとりを見た印象では、志位のサヨク丸出しの主張(ソース無し情報も含む)に対して、安倍さんが懇切丁寧に反論してたという感じ。
 ただ、安倍さんは将来総理を狙う立場だからでしょうか、かなり発言を抑えていたような気がしました。

 どこまで再現できるかわかりませんが、手元の汚い自筆メモを元に起こしてみます。
 かなり大ざっぱです。起こし間違いや補足のある方、ぜひコメント下さい。

続き▽
Posted by くっくり 00:52 | TV番組内容紹介 | comments (10) | trackback (0)