船橋焚書事件で最高裁が初判断
独断廃棄は著者の利益侵害 最高裁「図書館は意見伝える場」
 千葉県船橋市立西図書館が著書を廃棄したため、表現の自由を侵害されたとして「新しい歴史教科書をつくる会」と作家の井沢元彦(いざわ・もとひこ)さんら7人が、市に慰謝料など2400万円の支払いを求めた訴訟の上告審判決で、最高裁第一小法廷は14日、「公立図書館は思想、意見を伝達する公的な場で、職員の独断による廃棄は著者の利益を侵害する」との初判断を示した。
 その上で、司書が廃棄を決めた今回のケースも利益侵害に当たると認め、著者側全面敗訴の二審東京高裁判決を破棄。賠償額の算定などのため、審理を同高裁に差し戻した。著者側の逆転勝訴となる見通し。
 横尾和子(よこお・かずこ)裁判長は判決理由で「公立図書館の職員は独断的評価や個人の好みにとらわれず、公正に資料を扱う義務がある」と指摘し、「司書がつくる会や賛同者への反感から廃棄を決めたのは、職務義務違反で、著者の人格的利益を侵害する違法行為」と結論付けた。
(以下略)
(07/14 12:10)(共同)

 個人が趣味でやってる図書館じゃないんですから。公立図書館なんですから。個人の好みや主義主張で、「この人の本、大嫌い!廃棄してやるっ!」なんてことを司書がやっちゃいかんでしょう。
 まあここまで極端な司書は他にはいないでしょうが、でも実際のところ、地区によって図書館の蔵書のバランスが違ってたりしません?
 わかりやすい例で言えば、……ある区の図書館の雑誌コーナーに「世界」は置いてあるけど「正論」は置いてない。でも別の区の図書館に行ったら両方ともちゃんと置いてある……みたいな。
 
・船橋焚書事件 最高裁が初判断【視点】(産経夕刊紙面より)
(前略)
 また、今回の訴訟では著者と図書館の関係が争点となったために判断されなかったが、仮に原告が船橋市民であり、市民の利益を主張した場合には、判決はさらに船橋市側に厳しい判断を出したことも考えられる。さらに、最高裁では審理がされず、勝訴のままとなっていた司書の行為についても、判決は何ら肯定はしていないことも付け加えておきたい。(赤堀正卓)

・船橋焚書事件とは?(産経夕刊紙面より)
 平成13年8月、船橋市立西図書館が187冊の蔵書を破棄。うち107冊は破損などの廃棄基準に該当せず、大半が新しい教科書をつくる会のメンバーら保守系知識人の著書だった。市教委は14年5月、「女性司書が独断で蔵書リストから外した」として、この司書を含む5人を減給などの処分にしたが、つくる会と同会幹部の西尾幹二、藤岡信勝、坂本多加雄(故人)、高橋史朗の4氏のほか伊沢元彦、岡崎久彦、谷沢永一、長谷川慶太郎の4氏が「不当な言論弾圧だ」と慰謝料などを求め、同年8月に提訴した。

 廃棄された書籍の著者名・除籍数の内訳は「西尾幹二のインターネット日録」4/29分を。
 独断廃棄した司書がいかに保守系知識人を嫌っているかがわかります。特に西部邁さんの「嫌われ度数」は半端じゃないです(^_^;

 この事件を最初に聞いた時、ブラッドベリの小説「華氏451度」を思い出しました。映画化もされてます。だいぶ昔にテレビで見ました。
 この小説では国家権力が政策として焚書をするのですが、もし今回の裁判で「独断的廃棄」が認められるような判断が下されていたら、「華氏451度」のような国への第一歩となってしまったかもしれません。

Posted by くっくり 01:15 | 歴史認識 | comments (7) | trackback (2)
上品な「おフランス」のイメージを下げるだけ
「仏語は国際語失格」発言、石原知事を相手に提訴

 フランス人って度量が小さいなぁ……というのが第一印象。

 フランス要人の中には、日本語どころか、日本人そのものや日本の文化を侮辱した人もいるんですけどね。
 古くは、「日本人は蟻だ」と言ったフランス初の女性首相クレッソン。
 最近では、去年「相撲は肥満体同士の取っ組み合いで、インテリのスポーツとは思えない」「魅力的な香港に比べ、東京は息苦しい。京都もどこが刺激的なのか理解できない」「皇居の庭園だって陰気なだけ」と言ったサルコジ内相(2004/1/17読売新聞)。
 だからって、日本人は提訴したり抗議したりはしなかったと記憶してます。

 石原慎太郎って、フランス文学とかフランス文化がわりと好きな人ですよね?フランス語も当然ある程度知ってるでしょう。
 なまじっか知ってるから、ついついいつもの癖で辛口批評をしてしまったんでしょうかね。

 確かにフランス語は人気がありません。昔からないです。
 私は大学時代(1980年代前半)、第二外国語としてフランス語を専攻しました。
 私の学部では第二外国語として中国語、ドイツ語、フランス語の中から選択ができたのですが、約500人ほどいた学生の中で、一番人気が高かったのは中国語。次がドイツ語。フランス語は私を含めてわずか20人ほどしかいませんでした。
 当時ですらこうなんですから、今はもっと大変な状況なのでしょう。

 原告側の「フランス語は国際機関でも公用語として使われている」という主張に沿う形で、「フランス語は国際語だ。英語に次いで多くの人が使っている。そのフランス語を侮辱するのはどうか」てなことを言うコメンテーター(日本人)を、今日のテレビで何人か見かけました。
 確かにフランス語はいろんな国や機関で使われてますが、だからって「フランス語は優れている」という理屈にはなりませんよね。
 フランス語に比べたら英語の方がはるかに習得がやさしいですし、フランス語が国際語(公用語)になったのは、単にフランス語の普及率が他の言語より高いからでしょう(英語を除く)。
 普及している国や地域が多いのは、はっきり言って、帝国主義、植民地主義の結果に過ぎないわけだし。

 また、「営業を妨害された」と言うけど、「石原慎太郎がああ言ってるから、フランス語を習うのはやめよう」なんて思う人、いるんですか?(^_^;
 とにかく、「フランス語は国際語だ」「営業妨害だ」とヒステリックになって提訴するなんて、いい大人のやることとは思えません。上品な「おフランス」のイメージを下げるだけです。

 ちなみに、私のフランス語はついにモノになりませんでした。
 数の数え方もさることながら、最初の一歩(男性名詞と女性名詞)で、頭ボーン!状態でした(^_^;

 ※参考リンク:
 フランス語の数体系 頭ボーン!とならないようにご注意下さいね(^_^;
 石原都知事のフランス語発言に抗議する会 提訴したフランス語学校のサイト。

 最大の疑問は、去年の10月の出来事をなぜ今頃になって提訴?ということです。もしかしてバックに変な団体がついてたりして(^_^;
 上記フランス語学校のサイトをヒントにいろいろ調べてみましたところ、弁護団のうちの一人にちょっと香ばしい人が。それは永尾廣久氏。日本共産党と繋がりがあるようです。
 仁比そうへい参議院議員の公式サイトより、対談 永尾廣久弁護士:憲法、暮らし、子どものこと…を参照。

Posted by くっくり 01:06 | 国内 | comments (5) | trackback (0)
細切れぼやき
拉致被害者家族ら、6か国協議議題に拉致取り上げ要望

 増元照明さんも言ってましたが、確かに町村外相はどんどんトーンダウンしてますな。
 「6カ国協議で拉致問題に触れたら、北朝鮮に交渉決裂の口実を与えかねない」というムードが日本政府にはあるようです。その気持ちはわからんでもないけど、たとえ拉致問題を出さなくても、無理にでも口実作って日本を攻撃したり、自分の優位に持っていこうとするのが、北朝鮮という国ですやん。いちいち腫れ物に触れるような対応してたら、何もできんようになりますよ。
 ところで7/12に万景峰号がまた来てたんですね。今日まで気づかなかった私っていったい……(T^T)。マスコミはもっと報道すべし。日本国民が万景峰号の来港に慣れてしまったらえらいことです。


東シナ海の天然ガス田試掘権、経産省が帝国石油に付与

 試掘権を許可しただけで、実際に試掘するかどうかは全く未定のようです。
 今回の試掘権付与は、日本が求めている「作業の中止」や「データ提供」などに全く応じない中国を牽制する意味合いが強いようです。「ちゃんと対応せんのやったら、こっちも独自に堀りまっせ〜。それでもええんでっか?」という感じ?
 NHKの「ニュース7」で、中国当局の会見の模様を放送してたんですが、「中国の主権を侵害するものだ」とか何とか言ってました。自分のことを棚に上げてよう言うわ(-.-#)


「報ステ」に中曽根康弘

 番組冒頭の古舘の第一声はこんなんでした。
 「今日は中曽根康弘さんをお迎えしました。中曽根さんと言えば、筋金入りの9条改正派ですが、人を殺してでも国際貢献をすべきなのでしょうか。後ほどお伝えします」。
 「9条改正=人殺し」と、いきなり印象操作。

 番組後半で、中曽根のインタビュー(録画)。まずキャプションがえげつない。「9条改正の覚悟 “殺す”“殺される”」……印象操作しまくり(T^T)
 古舘曰く、「平和の道筋の中では、やはり血を流さなければならないとお考えなのですね。間違ってたら言って下さい。中曽根さんはえらい人だと思います。でも、えらくない国民が行って死ぬ可能性がありますね。それは致し方ないですか?」
 これに対して中曽根、「国際社会において、他の国が犠牲を背負う場合、日本も同じように義務を遂行する、責任を持つ、それが日本が国際社会で生きていく道。辛いこともあるが、それが世界で生きていく道」。
 また、古舘の「9条改正には反対の声が多いが?」については、「反対はお年寄りが多い。若い人は改憲派が多い。若い人は将来を考えている」。

 その他、中曽根語録。
 「日本が堂々と日なたで正しいことが言える立場になってほしい」
 「憲法改正して、独立国家としての主体性を回復し、発展途上国やアジアのために力を尽くす」
 「アメリカ追従から脱するのが憲法改正。改正後はアメリカの言う通りにばかりするのではなく、言うべきことは言う。アメリカに従うのでなく、アメリカといっしょにやって、主体的に独自に動く国家になるべき」
 「(ひねくれた国でもいいから憲法9条を守るべき、と主張する古舘に対して)日本が小さな国ならそれでもいいだろうが、日本は大国になった。影響力を行使しないといけない状況なので」

 最後の方で古舘、「中曽根さんがご存命のうちに9条改正されますかね?」と失礼なこと言ってました。
 中曽根は「今後6年間のうちに目指しますが、その頃には私はもうグッドバイでしょうな」と笑って返してました。

 (中曽根は靖国参拝反対派に回ったので、抗議の意味もあって敬称略(-.-#))

Posted by くっくり 00:54 | 細切れぼやき | comments (4) | trackback (0)