<< 北ミサイルは内向きの花火・旧宮家男子の数は政府機関の調査(項目のみ)…青山繁晴「虎ノ門ニュース」 | main | 外交青書から「北方四島帰属」が消えた理由(項目のみ)…青山繁晴「虎ノ門ニュース」 >>

【お知らせ】ここらが潮時?

閲覧しにくい方は「ぼやきくっくりFC2版」をお勧めします。内容は同じです。

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 青山繁晴さんの『虎ノ門ニュース』の書き起こしについて、「多忙につきお休みさせていただきます」という状態が続いています。

 拙ツイッターや、ここ1〜2年の「お気楽くっくり」をご覧いただいている方はよくご存知だと思いますが、理由は義母の介護です。
 
 アルツハイマー型認知症と診断された2018年1月から(実質的には2017年の夏から)、別居介護が続いていましたが、この3月に義母が施設(サービス付高齢者向け住宅)に入居しました。

 義母には申し訳ないですが、これで私は自分の時間をかなりの部分で取り戻せると考えていました。
 ところが、当初の想定と全く違い、義母の介護にかかる時間は以前より逆に増えています。

 最初のうちは、「義母も私も慣れないからこうなってるだけで、慣れたらきっと大丈夫」とポジティブに捉えるようにしていましたが、入居から約1カ月半が過ぎ、残念ながら、この状態は今後もずっと続くであろうことが分かってきました。

 大きな理由は2つあって、まず、義母の希望に沿う形でデイサービスの日数を増やしたところ、介護保険で使えるサービスの単位が限界に達してしまい、ヘルパーさんを頼めなくなったこと。
 要するに、私が掃除や洗濯などヘルパーさんの仕事をしなければならなくなりました。

 もう1つの理由は、義母が新しい住まい(施設)から一人で通院できなくなったことです。
 義母は整形外科、泌尿器科、眼科に長年通ってきましたが、自宅にいた頃は、特別な場合を除いて基本的に一人で行ってもらっていました。
 長年通い慣れた道なので、それが十分可能だったのです。
 施設から各病院へはいずれも近いのですが、義母は新しい道のりが覚えられず、私の付き添いが欠かせない状態が続いています(認知症は新しいことを覚えるのが困難な病気です)。

 もちろん、義母に施設入りしてもらったこと自体は大変良かったと思っています。
 独居だった頃は、転倒、火災、徘徊、薬の飲み忘れ、悪質商法の勧誘など、さまざまな心配がそれこそ四六時中ありましたが(火災以外は全て経験済み)、それが一切なくなったんですから。

 気持ちの面では安心、でも肉体的にはきつい、そんな日々が入居以降ずっと続いてきたわけですが、先日、ついに夫に言われました。
 「この際、仕事(在宅でチラシ作成)辞めて、おかんの介護に専念してくれへんか?」

 私は即答しました。
 「いや、仕事辞めるより、ブログ辞める方が先でしょ」

 今の仕事について、たとえば「しばらく休む」という選択肢は、私の場合、あり得ません。
 外注(業務請負)なので、いったん取引先との関係が切れると、復帰は非常に難しくなるからです。

 他に、自分の時間を確保したいという欲求もあります。
 雑誌や本をせっかく買っても、ほとんど読む暇がありません。
 ビデオの録画(主に情報番組やドキュメンタリーなど)もたまっていく一方で、録画はしたけど結局観ずに削除する、その繰り返しです。

 そこで、誠に不本意ながら、「虎ノ門ニュース」月曜日の青山繁晴さんの起こしも含め、ブログは「基本的に」お休みさせてもらうことに決めました。

 但し、番組で扱われた項目の紹介だけは、今後もできるだけ続けようとは思っています。

 皆様ご存知のように、番組の動画は2週間で配信停止となります(アーカイブこちら)。
 せめて何年何月何日にどんなニュースが扱われたか、その記録だけでも残しておこうかなと。

 記録と言っても、基本的に動画の説明欄を引っぱってくるだけなので、皆様がこちらに訪問していただく必要はなくなります。
 逆に言えば、動画の削除後は、お越しいただく機会も生まれるかもしれません。

 本当はこんなことはわざわざ書く必要はなかったのかもしれませんが、「くっくりさん、今週は起こしてくれてるかな?」と期待して拙ブログを訪問してくださっている方もおられるかもしれませんし、一度ちゃんとお話ししておくのが礼儀であろうと私なりに考えた次第です。

 「ぼやきくっくり」を始めたのは平成11年(1999年)6月ですから、もうすぐ丸20年になります。
 新しい天皇陛下が即位なさって元号も令和に改まったことだし、ここらが潮時だろうと思いました。

 もちろん、自分なりに「これはどうしても記事にしたい」と思う出来事が起きた時などは、時間の許す範囲で、記事を書くこともあるかもしれません。

 なお、ツイッターの方はできるだけ続けたいと考えています。
 こちらも以前ほどには投稿できない状態になっていますが、ブログと違って短文で済むし、隙間の時間帯を利用すれば可能でしょうから、息抜きも兼ねて何とか。

 「お気楽くっくり」は、どうするか考え中です。
 こちらも息抜きになっている面もあるので、不定期的にでも続けられれば、と思ってはいますが。

 そういうわけで、楽しみにしてくださっていた皆様には大変申し訳ないのですが、何卒ご理解いただければ幸いです。





「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ
ご面倒でなければ「FC BlogRanking」もお願いします→FC2 blogランキングへ
拙ブログのミラー(FC2)にfacebookのボタンがあります。

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-4.jpegアニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
________________________________________________
★コメント・トラックバックを下さる方へ
お手数ですが規約(13.5.9改訂)に一度目を通された上でお願いいたします。
お知らせ | comments (33) | trackbacks (0)

Comments

お疲れさまでした。20年来の読者でしたが、くっくりさんなしには今の自分はないといっても過言ではないくらい、多大な影響をいただきました。派遣の方で特に、お世話になっていました。これからも介護が大変だとは思いますが、無理をなさらないようにご自愛ください。
くま | 2019/05/11 02:46 AM
はじめまして。長い間の書き起こし、本当にお疲れ様でした。私がアンカーという番組や、青山さんを知るキッカケとなったのは、くっくりさんのこのブログからです(私は関東在住で、アンカーを視聴出来ませんでした)。本当に有難うございました。家族の皆様のご健勝をお祈り申し上げます。
ものぐさ | 2019/05/11 03:16 AM
20年間、お疲れさまでした。
いつも楽しく拝見しておりました。
ありがとうございました。
kmasa | 2019/05/11 03:37 AM
2、3年前からお世話になっています。友人から虎ノ門ニュースを勧められたものの視聴する時間がなく、くっくりさんの書き起こしを見つけてから、いろいろと勉強させてもらいました。それがきっかけで自分から情報収集するようにもなりました。本当にありがとうございました。
ホタル | 2019/05/11 11:42 AM
本当にお疲れ様でした。
お仕事は続けて下さい。医療の資格を持って仕事をしていますが、ブランクから復帰した時には何もかもが変わっていて、追いつくのに大変でした。
ありがとうございました。
岡本 明子 | 2019/05/11 01:29 PM
見させてもらうようになって7年ほどですが、僕も青山さんを尊敬しているのですが動画を見る時間がなかなか無くて本当にありがたかったです。
ありがとうございました。
酒井太造 | 2019/05/11 01:35 PM
今まで本当にご苦労さまでした
HK | 2019/05/11 05:36 PM
失礼します。数年程度の新参ですが、何でも動画のご時世、
わしにゃ、テキスト記録ん方がありがたく(。・ω・。)y━・~~
ROMさせて頂いておりました。お疲れ様でした、ありがとうございます<(_ _)>
jj | 2019/05/11 07:02 PM
 初めて書き込みさせていただきます。小生も実母を、妻と二人で自宅で介護していたので、心身の大変さは痛いほどわかります。今はご自分の生活を最優先に、福祉制度を活用しながら、乗り切っていただけたらと思います。たまには、思いっきり息抜きをしてくださいね。長い間、ありがとうございました。
| 2019/05/11 08:03 PM
今まで継続してきて下さったことに感謝しております。
動画を、あらためて文字で確認しますと、聞き逃していた事が多かったと感じていました。
まずはご自身とご家族を優先して下さいませ。
日本みつばち | 2019/05/11 08:54 PM
くっくりさん、本当にお疲れ様でした。月曜日の深夜を約10年楽しみにさせて貰っていました。
青山さんの意見と、くっくりさんの反応を両方を見れることがとてもバランスがよく、勉強させて頂きました。お義母様の介護生活、大変かとは思いますが、頼れるものはどんどん頼って、くれぐれも頑張りすぎないようになさって下さい。
K2K | 2019/05/12 12:45 AM
最初からというわけではないですが、それでも15年程度は目を通させていただいてました。
20年というスパンだと色んな変化や思いもよらなかった出来事が起きたりしますよね。
私も当時は婚約中で人生のピーク?でしたが20年経ち今ではバツイチワープアの淋しいおっさんですし
ひとまず長い間お疲れさまでした。これからのご健勝をお祈り申し上げます。
aroufif | 2019/05/12 12:51 AM
20年でネット内外の環境や文化は移ろい、この素敵なお庭にも様々なことがありましたね。
その多くは当事者にとってさぞかし大変だったでしょうけれど、
ほぼROM専で勝手ながら本当に有り難く、大切な存在でありました。
人の世は短いのに、ネットによって情報過多の時代となりました。
今までも、これからも、何をし何に触れ時を過ごすべきなのか、常に頭に留めて生きたいものです。
くっくり様、本当にお疲れ様でした。これからもご多幸を祈っております。
hn | 2019/05/12 03:15 PM
年初の坂眞さんのブログ休止宣言に続くショックですが、致し方ないですね。
「ぼやきくっくり」は「依存症の独り言」同様、アーカイブとして大きな価値を持っていると思います。

坂さんのブログへのくっくりさんのコメントを真似て・・・
残念ですが、「基本的に休止」とのことで、いつか戻ってこられると信じております。
どうかそれまでご自愛ください。
skydog | 2019/05/12 06:07 PM
残念ですが、仰る通り、お母様のことが何より優先かと存じます。長い間、誠に有益な情報をありがとうございました。今後も折を見てお邪魔させて頂きます。
素浪人 | 2019/05/12 06:22 PM
 ブログをお休みされるのは残念ですが、今はお姑さんのお世話の合間に、少しでもくっくりさんの自由な時間を作って、ほっとできることが大事だと思います。

 ネットを始めた頃から、くっくりさんのブログを読んで、色々と勉強することが出来ました。ありがとうございました。
都民です。 | 2019/05/12 09:26 PM
長い間ほんとうにお疲れ様でした。
くっくりさんの文字起こしは貴重な資料だと思います。地道な作業をコツコツと続けてこられたかたがこの世のどこかにいることに、いつも助けられたような、救われたような気持ちでいました。

ありがとうございました。
izachiru | 2019/05/13 12:02 AM
こんばんは。
小生は父の介護期間は1年半でした。こればかりはどうもなりませんので、何事もご自身のペースでなさってくださいな。
くっくりさまにこれからもお辛い場面があるかもしれませんが、お仕事以外の部分は、ぼちぼちとやってくださいませ。
いつかブログ復活される日を心待ちにしております。ご自愛ください^^
播州人 | 2019/05/13 12:21 AM
介護の件をお気楽くっくりで拝見しており、励ましのコメントをしようにも、介護のことはまるでわからない私如きがどうお言葉をかけるべきかわからず、歯痒い思いでおりました。また、「ブログの更新が大きな負担になっているのでは」と心配しておりました。ですから、残念な気持ちもありつつも、正直言うとホッとしています。

コメントはあまりしませんでしたが、私が中学生のころから拝見しており、約15年間、いろいろと学ばせていただきました。あくまで「基本的に休止」ということですから、また記事をアップすることもあれば、正式に再開することもあるかもしれないので、楽しみにしています。

ただ、無理をなさらず、どうかご自愛ください。
まっこう | 2019/05/13 01:27 AM
ブログの休止は残念ですが優先順位を考えればやむを得ませんよね。
私方はまだ両親とも健康ですが、いつかは必ず通る道ですから何を優先すべきかを含めて考えておかなければなりません。
またお時間があれば介護についてなど更新を楽しみにさせていただきます。

本当にお疲れ様でした。
やじうま | 2019/05/13 07:55 AM
いろいろありがとうございました。
私よりも小学生で反抗的だった子供がこちらを読んでいろんなことを学ぶことができました。
いつかの再開をお待ちしています。
大阪府民の母 | 2019/05/13 08:39 AM
くっくりさんのブログを見始めて5年くらいでしょうか。
事実をありのままに文章で読めるのは大変貴重でありがたいことでした。
動画見るのでも時間取られるのに、それを書き起こしされるのは本当にすごいと思います。
新しい書き起こしはなくとも過去の貴重な内容が残っており知識がない人にとってはありがたいことです。
自分の生活を楽しんで下さいませ。
ありがとうございました。ヽ(^。^)ノ
てぃだ | 2019/05/13 10:46 AM
何卒お体の御自愛を。
こっくりくん | 2019/05/13 08:35 PM
長い間本当にお疲れ様でした。
初めてブログを拝見したのは日韓Wカップの頃だったと思います。社会人になりたての頃でした。
それをきっかけに、この国の来し方行く末のようなことを考えるようになり、きちんと投票にも行くようになりました。
私はすっかりおっさんになりましたが、くっくりさんのブログから政治に興味を持つようになった、くっくりチルドレンとでも言うべき人達は他にもたくさんいるのだろうと思います。
話が変わりますが、以前に話をした介護事業者は、「介護事業所が守るのは利用者の生活だけではなく、利用者の家族の生活を守ることも我々の仕事」と言っておりました。介護疲れで苦しんでいたご家族をたくさん見てきたそうです。
どうかくっくりさんもご自愛下さい。ありがとうございました。
ash | 2019/05/13 08:49 PM
「では、書き起こしを自分が引き受けます」と言えないことを、申し訳なく思います。自分ごときには到底難しい、日々お忙しい中でのこれまでのくっくりさんの配信、本当に感謝いたします。くっくりさんのご多幸を、魂の奥底から願っております。
たかぼん | 2019/05/14 12:53 AM
お疲れ様でした。
初めてコメントします。貴ブログ、10年くらい拝見させていただいてました。
東北に住んでいるので、青山さんが出演されていたアンカーの存在はこちらで知りました。キー局で流される情報だけしか入らないことがどれだけ恐ろしいことなのか、そして日本を愛しこの国を案ずる同士がこんなにいたということを知って、涙したのを今でも覚えています。
青山さんは私も大好きな方ですが、その青山さんにもおかしい所があればしっかり指摘するくっくりさんの姿勢も素晴らしいと思いました。我々自身それぞれが自分の足で立ち考える、それが本当に大切なことなんですよね。
ブログの休止は残念ですが、守るべき最小の単位であるご家族があってこそですので、くっくりさんご自信もご自愛していただきたいと切に願います。
またいつの日か、もし再開されましたら宜しくお願いいたします。
ありがとうございました!
yoshito | 2019/05/14 08:35 AM
 くっくりさん、お疲れさまでした。

以前から思っていましたが、無料公開されている動画であっても、勝手に文字起こしをしブログに掲載する行為は、著作権侵害にあたるのではないでしょうか?

忍者ブログ 利用規約
第5条 禁止事項
12. 他のユーザーまたは第三者、もしくは当社の著作権、商標権などの知的財産所有権を侵害する行為、または侵害するおそれのある行為
https://www.ninja.co.jp/rule/blog

ブログの利用規約や著作権法に違反するのであれば、動画の文字起こしを記事にするのは止めるべきでしょう。
yas | 2019/05/16 03:21 AM
くっくりさんの書き起こしブログの愛読者になってから、随分と経っていて、改めて感謝でいっぱいです。青山さん情報はもちろんですが、くっくりさんのお考えや大阪の事情をお聞きするにつれ、くっくりさんに深く共感と尊敬をしています。
ご家庭のこと、本当に大変だと思います。月並みなことしか言えませんが、がんばってください。ブログの方は、いままでどおり、巡回していますので、ほんの少しでも更新していただければありがたいです。
さくFT | 2019/05/17 10:19 AM
こういうのを天罰てきめんと言う。
スカイハイ555 | 2019/05/18 12:08 PM
去年の12月に改正著作権法が始まり
著作物も非親告罪になりました。
著作者ではなくても「こういう悪いやつがいるぞ」と訴えることが可能になったのです。

>>yas
「引用」を超えているので、アンカーにしろDHCの虎8にしろ無許可での文字起こしは
このホームページの管理者である
ぼやきくっくりさん個人の責任になります。

いくら青山繁晴自身が「このホームページの内容、許可します!」と言っていたとしても、裁判ではスルーされます。(青山繁晴の個人制作の個人動画なら自由ですが、これ民間企業の作品映像なので、権利者はDHCです。元DHCシアター社長の濱田が番組内に出ていても、その番組の権利は濱田にはなくて、DHCtvの著作物です。)


客観的に見て、川に「餌」と称して、うどん屋さんやパン屋さんで出た売れ残りの産業廃棄物を大量に捨てるような犯罪よりも罪は軽いです

ただ、DHCtvが「虎ノ門DVD発売!」とか商売を初めたら、このブログは直ちに閉鎖したほうが身の為ですね。

自分は悪人なので
悪い事を悪いと指摘しません・w・`

有本や百田がスタッフの若い女性へセクハラした1年生議員の名前を出さない(出しても即消す)のも、自分らの本が見城徹の出版社から出ているのが理由でしょう。

その問題議員も見城から本を出してますから。
見城は身内作家をツイッターで避難する作家の本は出さないそうです。

多分次の参議院選挙かわかりませんが、その選挙の時にそのネタを週刊誌とか新聞に売る予定なんでしょう。

一番心配なのは本を何冊も購入して神様同様に崇拝してる人が一定数居ることです。

「&#12316;&#12316;先生はそんな事絶対にしない!有本百田KAZUYAの陰謀だ!」みたいな人です。

過去と現在で矛盾する発言等を定期的に掘り起こして記事として指摘する事もたまには必要なんじゃないかなと。「自分で考える」という思考力を落とさないためにも。
横田賢次 | 2019/05/18 03:04 PM
さてさて、水間氏やKAZUYA氏が青山さんにいちゃもんをつけてきた件ですが、彼らのやり方を嫌っているであろう人たちの努力で、「話の誤魔化しによる誹謗中傷」が明るみになってきていますね。

水間氏は、青山さんの「旧宮家の男系男子のことは国政調査で調べたもの」という発言に対して、自身の5月10日のブログにおいて、リスクを背負って青山議員に教える官僚などいないなどと書いて、発言は胡散臭いということを匂わせる書き込みしかしておらず、否定も反論も出来ていませんし、逆に自らの資料を青山さんがパクったという証明も全く出来ていません。
さらに水間氏は、この「胡散臭いということを匂わせる書き込み」により、議員個人の国政調査が「議員個人の要求から委員会の要求となり、そのまとめ役である委員長から官公署に要求される」
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2018pdf/20180601052.pdf (pdfファイル)
という手順を踏んでいることを知らない可能性があることを自ら暴露する始末です。
そして、この手順を考えれば、要求した資料は委員会等で使用することと考えることは容易であり、同じく水間氏のブログに書いてある、KAZUYA氏がツイートした「議員特権で得た情報を自分の有料講演会だけで話すなんて職権濫用でしか」ないというのも間違いであるということにつながっていくことは、十分に考えられることになります。


次に、水間氏やKAZUYA氏が引用している、例の「青にゃん劇場」動画の誤魔化しによる印象操作については、略ちゃんさんが自身のブログやTwitterで解説されています。

・切り取り編集動画はなぜダメなのか KAZUYAさんが青山繁晴議員批判に引用した切り取り編集動画の場合
https://twi55.com/aoyama20190511/
・KAZUYAさんの「論点整理」に対する「論点整理」
https://twi55.com/aoyama20190514/
・青山繁晴さんが握手をしたらがんが治った、 と切り取り動画で拡散されている真相はこれ
https://twitter.com/ikaryakuchan/status/1127746241532551168

つまり、略ちゃんさんも書いているように、検証した動画では、動画を切り貼りすることによる順序の入れ替えや発言の抹消により、「(青山さんの発言は)事実であっても(動画の内容は)真実ではない」状態になっていることが明白となり、この動画を引用して青山さんを非難することは適切でないということになります。
そして、KAZUYA氏自身も印象操作をしている疑惑が出てきています。
・KAZUYAさんの論点整理が「中略」で隠した一番重要な論点
https://twi55.com/kazuya20190518/
(続く)
すぷー | 2019/05/19 02:35 PM
(続き)

終いにはNathan氏により、水間氏が「男系男子」を発見したと主張していることなどについても怪しいものになって来ています。

・「水間政憲が東久邇宮家の男系男子を発見したから青山繁晴はパクリ」?⇒保阪正康氏らが既に取材してました
https://www.jijitsu.net/entry/mizumamasanori-higashikuninomiya
・水間政憲「天皇家と東久邇家を横並びにした家系図が存在していなかった」⇒平成10年に所功が書いてました
https://www.jijitsu.net/entry/mizumamasanori-pakuri-kyuukouzoku


その他にも水間氏は、青山氏を「銭ゲバ」などと書き、独立講演会などで儲けていると非難していますが、「いったいどれだけ稼いだらそう呼ぶに相応しいのか」が不明ですね。
例えば、私などは行動するには資金がいるので儲けてはいけないなどとは思っていないわけだし、この基準については"人それぞれ"と言えるのではないでしょうか。
欧米では「情報は高額」が普通でもあるわけですし。
それなのに水間氏は自分が勝手に設定した基準で他人を非難しています。
それに青山さんは議員になる前に独立総合研究所を辞めているので、独立総合研究所から公演を委託されているという状態だそうですよ。
http://shiaoyama.com/essay/detail.php?id=1126


要するに、水間氏の主張は

自分が発見した「男系男子」の資料をパクった→水間氏以前に保阪氏や所氏が書いている
入管法に反対していたのに突然裏切って賛成に票を入れた→反対しても否決されないのは明白なので党議拘束に従い、その後改正を目指すことを投票前から説明している
青山は講演会で儲けている銭ゲバだ→どこまで儲けていいのかを自分で勝手に決めて非難している
「青にゃん劇場」動画を絶賛し、引用して青山さんを非難している→動画は切り貼りの印象操作であり、真実ではない

で、青山さんが自分の資料をパクったという証明も国政調査がウソだという証明も出来ていない。
よくこれで他人の行動を断定して非難できるものですよね…
おまけに自分が資料を発掘したということさえも疑問が出ている。


水間氏が唯一(と言っていいくらいに)誇っているのが、ブルーリボンバッジや弁当箱を高額で売ったという出来事についてなのですが、これだって詳細が不明です。
青山さんが何をどこまで関与したのか、行き違いがないかなど、詳細がわからなければ判断のしようがありません。
「バッジや弁当箱を高額で売ったという話がある」どいうだけで、よく断定できるものですよね。
「先ず"ある"という方が証明しろ」が、ネット上の歴史認識や政治の討論で培ってきたものでしたよね。


そして余談ですが、2年前に青山さんが言っていた「米朝が一触即発」状態について、最近、当時の統合幕僚長が同じことを証言しています。
https://www.asahi.com/articles/ASM5J4WF9M5JUTFK00P.html
軍事マニアの人も、当時の米軍の状況が凄かったと証言しています。
https://twitter.com/vx51/status/1129434949897973762
すぷー | 2019/05/19 02:35 PM
今まで長い間ありがとうございました。
ご自身の時間を大切にしてくださいね。
太郎冠者 | 2019/05/24 02:00 PM

Comment Form

Trackbacks