<< 韓国に強気に出られる理由は特定秘密保護法にあり(付:ヴェノナ文書とデュープス)…Tweetまとめ18.01.16〜01.31 | main | 辻元清美氏 韓国籍弁護士から献金…有本香×石平「虎ノ門ニュース」 >>

韓国をホワイト国から外せ!…青山繁晴「虎ノ門ニュース」

閲覧しにくい方は「ぼやきくっくりFC2版」をお勧めします。内容は同じです。

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


1801samuraiJ.jpg
2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から66年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

■2/4放送 DHCシアター「真相深入り!虎ノ門ニュース」

190204-00title.jpg

 今日も盛りだくさんですが、特に『トラ撮り!』で紹介された、対韓国制裁は必読。
 経産省の「キャッチオール規制」で、韓国は現在「ホワイト国」になっているが、それを外すというもの。
 一見穏やかな手法だが、効果はすごくあるとのこと。
 あと『トラ撮り!』の最後に出てきた、亡くなった鴻池さんの話は、ちょっとジーンと来ました(T_T)

<今週のニュース項目>
(1)北方領土は「主権有する島」安倍首相
(2)県民投票 全県で一斉実施 沖縄
(3)拉致問題DVD「在日コリアン傷つける」教研集会
(★)お知らせ
(★)トラ撮り!
(4)米が露に破棄を正式通知 INF条約失効
(5)ロシアもINF条約履行停止
(6)米朝再会談 特別代表がソウル入り
(7)米朝会談開催地はダナンか CNN報道
(8)習主席訪日へ意思疎通 外務次官級が協議
(9)小林陵が今季10勝目 W杯ジャンプ男子個人
 
※元動画はこちら(2月4日午後7時現在)。URLが変更される(修正版がUPされる)こともあります。その場合は、DHCシアターの再生リストから、たどって下さい。但し、アーカイブは2週間の公開です。
※引用転載はご自由に。連絡不要です。但し誤字などに後日気づいて修正をすることが多々ありますので、必ずこちらのURLを添えておいて下さい。
※「ざっくり起こし」の項目は基本的に、本筋に関係ない話をカットしているとお考え下さい。
※「超ざっくり起こし」は最低限の要点しか書いてません。手抜きです<(_ _)>



 内容紹介ここから____________________________

(1)北方領土は「主権有する島」安倍首相

(ざっくり起こし)

【共同通信によりますと、安倍総理大臣は1月30日の衆議院本会議で、北方四島について、「わが国が主権を有する島々だ」と述べ、「固有の領土」と説明しませんでした。立憲民主党の枝野代表が代表質問で、「北方四島は日本の固有の領土か」と質問したのに答えたもので、ロシアとの平和条約締結交渉を踏まえた答弁と見られます。また安倍総理は憲法9条への自衛隊明記に関し、国民のため命を賭して任務を遂行する隊員の正当性を明文化することは、国防の根幹に関わるとして必要性を主張しました。日韓関係の悪化に関しては、元徴用工の裁判の判決に触れ、「両国が築き上げてきた関係の前提すら否定するような動きが続き、大変遺憾だ。国際法に基づき毅然と対応する」と述べました】

 共同通信は例によって「元徴用工」と。
 他のオールドメディアも全部そう言ってるんですけど、私たちはそういうのを使うのやめましょうと、みんなで提案してるわけですよね。

 外務省は「旧朝鮮半島出身労働者」という言い方になってるんですけど、まずこれだけ長いとオールドメディアで使うはずがない。
 それが分かっててやってるということを言わざるを得ない。
 それから旧朝鮮半島出身労働者って日本語として変でしょう?

(居島一平:朝鮮半島は現在も朝鮮半島ですからね)

 多分これは朝鮮半島出身労働者っていうのをひとくくりにして、「旧」をかけてるみたいなつもりなんですよね。
 つまり日韓併合時代のその「旧」の時代に、労働力であった人々と。
 これ子供に教えられない日本語ですよね。
 誰が見ても、朝鮮半島に「旧」がかかってるから。
 外交部会でずっと言ってるんですが。

 「徴用工」とずっと言ってたからそれよりはマシだけれども、日本語としておかしい上に、わざわざオールドメディアが使わないと分かってるのを使うっていうのも非常に僕はいやらしい意図を感じますよね。

 このニュースの本題ですが、当然これは非常に気になる話であって。
 本当に安倍総理と僕は意見の違いがやっぱり深刻になってると言わざるを得ない。

 但し、交渉事に関してのやり取りなので、こう言ったからこうするんだってこととは全然限らないっていうことは、主権者の方々にもそこは踏まえておいていただきたいんです。
 枝野さんが質問したわけですけど、野党はそういうところを全く無視しますから。

(中略。細野豪志氏が二階派入りのおかしさや、野党の支持率の低さ)

190204-01kokueki.jpg

 今日僕は一番言いたいことはね、何で、二大政党制つまり政権交代が通常どおりできるか。
 普通は政党Aと政党B、車の両輪があって、ボディが乗っかっている。
 このボディを揺るがせる対案はないわけですよね。

 ボディとは国益。
 国益を第一にするということは絶対揺らがない、肝心要のボディ。
 ところが日本の野党は、この国益を考えないことが多いわけです。
 交渉事の中身を言え、明かせ、ばらせと言うのは、国益を度外視してるとしか言いようがないわけですよね。
 したがって、安倍さんのおっしゃることも、質問をかわすことに主眼が置かれるので、妙な答えもよく出るってことになるわけですよ。

 但し、それをきちんと踏まえた上でですね、やっぱり僕この答弁はおかしいと思わけですよ。
 北方四島について、「わが国が主権を有する島々だ」と述べ、「固有の領土」とは言わなかったと。
 何で言わなかったのかと。
 交渉事ですからロシアに手の内を見せるわけにいかないと、あるいは途中経過だってことを踏まえて言えば、当然これは真意を疑うのはですね、普通に考えたらこれは主権は棚上げ。

 プーチン大統領は、1956年の共同宣言も、仮に歯舞・色丹を日本に返すとしても、主権付きかどうか分からないって、無茶苦茶を言ってるわけですよね。
 言語道断、無茶苦茶な話なんですよ。

 日本の領土から主権を奪って、それで例えば出入りして良しとか、経済活動をやって良しというのは、逆に日本が国であることをやめるような話ですよ。
 その無茶苦茶を言ってることに対して、いわば妥協を図る課程で、下手をすると、じゃあ主権がどっちにあるのか…。
 主権はあっちにあったりこっちにあったりしない。

 主権を有すると総理が強調するのは、逆に、それをもっと話し合いましょうって棚上げにして、実質的には歯舞・色丹が、逆に言うと国後・択捉はもう出入りもできないと。
 島民の方々はたまにお墓参りの時とか便宜図ってやるよとロシア側に言われて、恩を着せられてたまに行けるだけであって、普通に出入りはできない、逆に。

 で、歯舞・色丹は出入りできるようにして、しかし日本の主権のある四島としてって話はどっか宙に浮いちゃって、つまりこれを棚上げにして、それで何とか夏の選挙に間に合うように決着図るんじゃないかって、当然懸念を持つわけですよ。

 総理からも外務省からも、これだけ外交部会とか開いてるのに、一度もそんな説明あったことはないわけですよ。
 外交部会、やったばっかりなんですよ。
 ロシア大使も日本に一時帰国して外交部会もお出になって、あるいは韓国の長嶺大使なんかと一緒に現状説明なさったけれども、その時にこんな話は全然出ないわけですよ。

 自由民主党の議員だから全部情報を得るというわけにいかない、交渉は限られた人数でやってるのも現実ですから。
 でも外交部会に対して何の説明もないまま、衆議院なら衆議院の審議で、「主権を有する島」って言い方変えてもらっちゃ困るんですよ。

 安倍総理の真意をやや楽天的に推し量れば、反応を見るということであって、主権は棚上げと決めたわけじゃない、っていうことではありますよ。
 それは申し上げておきます。
 まさかそんなことを今勝手に決めてしまってるってことはないけれども、しかし様子探るってことは選択肢の中にあるわけであって。

 僕は断固反対です、これ。
 主権の問題を棚上げっていうのは、日本が国であることをやめていくプロセスですよ。
 戦争に負けたからといって国であることをやめるっていうのは国際法に一番反するわけですから。

 しかも敗戦から74年目でこういう話が出てくること自体がね、ま、憲法9条を変えられないことも含めて、これ審議に応じない野党の責任だとか、世論調査行っても未だに9条を変えない方がいいって言う人の方が過半数より多いとか、そっちの責任よりも、自由民主党が、もともと自主憲法を作るって言って作った政党なのに、自主憲法どころか、国民をどうやって守るか定めが1字もない憲法をそのまま墨守して今に至ってるというのは、もっぱら主として自由民主党の責任なんですよ。
 だから僕は内部にいてどうにかしたいと、日々あがいてるわけですけれども。

 いいことと悪いことは必ず表裏一体で、成功と失敗もそうです。
 生きることの基本なんですよ。

(中略。進化論の話など)

 失敗がないと絶対に成功はない、破滅や損失がないと進化もない。
 つまり敗戦というのはそのことであって、国が一度敗れたからといって今までの原則を捨てたり、主権についてモヤモヤになってりするのは、生きることの逆さまなんですよ。
 生きる原則に逆らってるわけ。

 国際法のハーグ陸戦条約。
 第二次世界大戦のはるか以前に日本も批准してる。
 勝った国は負けた国の法律を勝手にいじるなということなのに、日本は易々と占領軍に憲法を変えられることを許してしまって、それがずっと今に至って、74年経っても、保守と言われる総理が、固有の領土について主権を棚上げするかのような話をするっていうのは、もう愕然とする話なんですよ。

 もうここまで来ると安倍さんがどうだとかいう話じゃなくて、私たちの固有の領土のことを固有の問題として本当に僕らの生き方が根本的に間違ってるんじゃないか。
 さっきの野党、国益を度外視する質問が出るというのも、根幹が違ってるんですよ。
 だからこのおかしな北方領土交渉になってるんで。

 国連加盟国193カ国あるが、こんな安定した国はないです。
 社会の安定度、あるいは互いの思いやりっていうのは、日本は第1位だと思う。
 同時に193カ国の中でただ1カ国だけ、日本だけ、国が国であることを半ば失ってる、もう極めて異様な国であるということも、きちんと自分たちでもうそろそろ考えないと。

 このニュースもう一点、自衛隊の明記を総理がおっしゃってるっていうのは今までどおりなんですが、何度も申し上げてるとおり、一昨年の12月に、もう自由民主党案が決まってるわけですよ。

 で、その時に不肖ながら私の意見がある程度通って、それは自由民主党の懐がいかに深いかということであって、僕が申し上げたのは、総理案の自衛隊を合憲だと認めるだけだと、現状の自衛隊を固定することになり、現状の自衛隊は拉致被害者の救出にも実際行けないし、有事の時だけじゃなく災害の時にも、渋滞してる車をどけられない。

 現状の自衛隊を固定してはいけないので、現状の9条を1項2項そのままにするのは、あえて方針転換して認めましたが、でも付け加える項目というのは、自衛隊は合憲ですだけじゃなくて、それと合わせて「自衛権の発動は妨げない」として下さいと申した。

 それを当時の憲法改正推進本部長だった、安倍総理とすごく親しい細田本部長を筆頭に首脳陣がほとんど全員認めてくれて、自衛権と言ったら集団的自衛権のまたあの不毛な論争になりかねないので言葉を変えますと。
 「自衛の措置は妨げない」と。
 それが党の案になってるわけですから。

 それを総理は一言も言ったことがないんですよ。
 党が決めてるのに。
 これ一体どういうことですか本当に!

 (こういうことを言うと)またドッと来るんですよ、いつから安倍総理の敵になったんだって。
 ついこないだも言われた、安倍総理の側近から。
 は? 僕は常に日本国と日本国民の味方なんですよ。

 党が決めたことを総理が一度も言わないって一体どういうことですか、自由民主党総裁なのに。
 もういい加減にしてもらいたいんですよ!!
 私の意見が、じゃなくて、党が決めたんですから、4項目を!
 何でそれを具体的に言わないんですか!!
 おかしいでしょ。
 それだったら自由民主党の憲法推進本部で議論することもないし。

 それから総理は、これはあくまで国会で発議して国民投票で決めることだと。
 で、内閣は意見を言うことができるとおっしゃってるんでしょ。
 じゃあ何で、自由民主党が決めたことを尊重しないんですか。
 何でおっしゃらないんですか。

 閣僚経験者で9条があるおかげで平和なんだと言った人もいらっしゃるが、そういう人も含めてちゃんと言うべきをみんなが言って、細田本部長以下、我慢強く最後まで議論して、そうやって決めたことを、一度も総理総裁が触れないっていうのは、どう考えてもおかしいですよ。
 これ自由民主党の中で議論すべきだと思う、なぜ総理総裁がおっしゃらないのかと。

 もう一つ、僕は「応募工」という言葉を提案した。
 日本語としてはこなれてないが。
 そのことについては、安倍総理は「国際法に基づき毅然と対応する」とおっしゃってるから大丈夫だと言う人もいるが、僕は大丈夫だと思ってないんですよ。

 総理と意見の相違は多いが、一番大きく食い違ったのは日韓合意ですよね。
 僕はまだ民間人でしたが、官邸から電話もらって、みんな反対してるのに総理はやると。
 案の定、日韓合意は大間違いだったでしょ。
 決まったのは朴槿恵政権の時でしたが、文在寅政権はもう輪をかけて無茶苦茶。

 日本の周りはもう北朝鮮、韓国、ロシア、中国と、もう無茶を言う国ばかり。
 それで頭下げちゃ駄目。
 だからこそ、日本はまさしく総理のおっしゃってるとおり、毅然として民主主義や国際法によるルールとはこういうものだってことを、世界に見せなきゃいけないわけですよ。

 文在寅大統領があまりに無茶を言うから、日韓合意を守れ、日韓合意が正しかったみたいな話にね、外交部会の自由民主党の発言聞いてても、そう聞こえるわけですが、日韓合意がそもそも最初から間違ってるんですよ。

(中略。慰安婦と日韓併合時代の説明。慰安婦は日本人女性が一番多かった話も)

 軍が銃を突き付けて連れて行ったという話にすり替えられている。
 いつも言ってますが、僕は韓国で長年何を言ってきたか。
 じゃあ日本軍にお姉さんや奥さんやお母さんが連れて行かれるのを、韓国男性は全員一人残らず黙って見てたんですかと。
 日本軍の兵士に逆らって殺されました、っていう朝鮮半島の男性がいらしたって例はゼロなんですから。
 こう言うと、「それは実はこうなんだ」と作られる恐れはあるけど、それでも言わなきゃいけないのは、僕は韓国で聞き回って、そういう人はゼロなんですよ。

 「従軍慰安婦」って嘘が一番汚すのは、韓国の男性やご家族の名誉であって、むしろ僕の知ってる韓国人、軍人が多いですけど、どれほど家族愛が深いか、家族の絆が強いか。
 それが銃を持ってきたからって、みんな黙って、妹やお姉ちゃん、奥さん、お母さんを送り出したんですか?違うでしょ。
 (貧しさが原因で)家族の中から売ったから、日本の男性も韓国の男性も涙を呑んで見送ったっていうのが本当のことじゃないですか。
 日韓合意というのは、そういう客観的な現実を全部踏みにじって、韓国の言ってることが正しいことにして、日本が国民の税金からものすごい大金を払うというのが日韓合意の正体だから。

 だから文在寅大統領がそれを守らないから守れ、日韓合意が正しいみたいに言ってるのは全くおかしくて。
 日韓合意自体が間違ってたと、したがって韓国と二度とこのような約束は結びませんということまで言わなければ、常に自分の責任を回避しておっしゃってることになるんですよ、これは。

 何が起きるかというと…、モリカケは冤罪です。
 安倍総理は何も悪いことしてません。
 問題は、冤罪を仕掛けられた時にどうしてあれほど弱いのか。
 総理は膝を屈したことはないが、でも森友事件で「私や家内が関わっていたら、総理も議員も辞める」、野党や反日団体はあれで沸き立って喜んだわけですよ。
 あれでずっと引っぱった。
 何と、この通常国会でも共産党はまだモリカケは大事だとおっしゃってる(笑)。

 冤罪は冤罪で総理は間違ったことをなさってない。
 でも思わず感情的に…。
 温厚で感情的になる人じゃない、強い人ですよ、第1次安倍政権が弱くて失敗したから。
 野党時代にどれほど謙虚に勉強なさったか。
 でも、それをきちんと活かすには、僕が今日申し上げたようなことを、憲法9条の「自衛の措置は妨げない」は言わなきゃいけないし、様子を見るという目的はあるとしても、固有の領土と言わなかったり、そんなことは決して許されることじゃないですよ。

 英霊は何のために亡くなったのか…。

(中略。無条件降伏ではない、天皇陛下のご存在を守ったという話。1月21日放送分を参照

 この僕ですら、戦争に負けるまでの昭和天皇は、ヒトラーやムッソリーニの仲間だったと、思い込んでた。
 日本は全体主義のグループだった、向こうは自由社会陣営だったと。
 昭和天皇は世界に冠たる自由を愛する人でいらっしゃった。
 民主主義を愛する人でいらっしゃった。

 僕らは、敗戦で陛下が私は人間だったと人間宣言したと教わってるけど、これも作られた話ですからね。
 当時の今上陛下のお姿やお考えや、国民に接される在り方は、変わってないんですよ。
 戦前も戦後も一貫してる。
 急に人間宣言して一変したんじゃない。
 嘘なんです。
 そこがすごく大事なことであって。

 そういう国家観を考えるならば、今の韓国のおかしな動きについても、国際法に基づき毅然と対応っていうのも、もう具体的なことに踏み出していく段階で、これを言ってるからといって、うやむやにしないとは全然限らない。
 うやむやにして何もしないのに、毅然と対応してるって言うことだってあるわけですから、残念ながら、わが自由民主党と、わが日本政府は。


(2)県民投票 全県で一斉実施 沖縄

【共同通信によりますと、沖縄県のアメリカ軍普天間飛行場の名護市・辺野古への移設の賛否を問う県民投票について、2月1日、石垣市と沖縄市、それに宜野湾市の3人の市長が、実施する方針を表明しました。これにより県民投票は、今月24日に、県内41市町村全てで一斉に実施されることになりました。去年10月に成立した投票条例は、賛成か反対の二択としていましたが、正確な民意が推し量れないなどとして、宜野湾市や石垣市など5つの市が不参加を表明しました。しかし先月末、県議会で選択肢に「どちらでもない」を加え、三択とする条例改正が成立し、5つの市のうち、うるま市長はすでに参加を県に伝え、宮古島市長も実施の方針を表明しています】

 この共同通信の記事も含めてね、本土のオールドメディアがこれはどういうふうに伝えてるかをもう一回言いますとね。

 こないだ選ばれた新しい玉城知事がですね、このアメリカ海兵隊の辺野古への移転について県民投票やるって言って、その中身が賛成か反対の二択しかないと。
 それに石垣市とか宮古島市とか、うるま市とかが、そういう極端な投票のやり方だと、こういう5市は協力しませんと言って、県は困ったと。
 それで妥協して、「どちらでもない」ってのを加えて、これで5市も納得してやることになったと、そういうふうに報道してるでしょ。
 これが違うんですよ、全然違うんです。

190204-02yaeyama1.jpg

 僕が勝手に言ってんじゃないってことのためにですね、今日持ってきたんですが、八重山日報。
 ここに沖縄本島版って書いてあるんですよね。
 要するに沖縄本島には、沖縄タイムスと琉球新報っていう、両方とも共同通信加盟紙の、二分する、沖縄では大きな新聞があってですね。
 八重山日報っていうのは本島ではもともと出してなかったわけです。
 八重山日報は沖縄タイムスと琉球新報とは違う論調なんで、期待する声があって、無理を承知で沖縄本島でも出せるになったんですよね。

 で、これは僕は議員会館でとってるんですけど、ご厚意で送っていただいてるんじゃなくて、僕の個人のお金を出して、これを郵送してもらってるんです。
 だから2日遅れぐらいかな。
 どなたでも申し込まれれば、ちょっと遅くなるけれども、とれます。

190204-03yaeyama2ezaki.jpg

 そこに、例えば、これ僕の存じ上げない方です。
 ブログ管理人としか紹介してないですけど江崎さんって方がですね、演説なさったんですよね、演説大会でね。
 その中身をちょっと紹介しますとね。

 「欠陥だらけで法的に瑕疵がある県民投票条例を押し付けておいて、それを拒否した市長を訴える、こんなでたらめな話はない」といきなり書いてあるんですが。
 これはですね、反基地で活動なさってる方々が訴訟を起こされたわけですよ。

 で、この江崎さんは、僕は存じ上げないんですが、この方は、もともと県民投票条例、これ県議会の条例でやると決めたわけですけどね、法的に瑕疵がある、それから欠陥だらけだと。
 で、それを市長の5人が拒否したら訴えたというのは、こんなでたらめな話はないと、まずおっしゃって。
 その理由としてですね、例えば宜野湾市長、つまり普天間の地元ですよね、地元の宜野湾の松川市長は、県民投票の実施を拒否したと。
 「どちらでもない」が加わる前に拒否したって意味ですが、その時に3つ疑問を提示したと。

 その1つが、辺野古移設を何でやるかという理由。
 つまり普天間の危険を除去するために辺野古に移設するってことを一切言わないと。
 これは現実にですね、普天間から移設するってこと自体を言わない。
 海兵隊が辺野古に来る、何か実際に聞いてると、空から海兵隊が降ってくるのかというぐらい、普天間から移設するって全く言わないんですよ。

 僕は反対派の人とも議論しますから、いや、そんなことはみんな知ってると。
 いや、みんな知ってるつもりでも、改めて投票する時に、これは普天間がもともと危険なので移転しようとなったと、で、その移転先が辺野古ということで、それについてどうなのかっていうことを言わないのはおかしいと。

(居島一平:新基地っていう表現も変わりませんもんね。新しい基地じゃないのにね

 はい。
 で、江崎さんの話続けますとね、「普天間の危険性除去に言及しないのはおかしい。それに対して県から納得いく答えがなかったから、県民投票を拒否したのが市長の本当の真意である」と。

 そしてさらに、仲井眞知事が辺野古埋め立て承認しましたよね、つまり今の玉城さんの前の翁長さんがそれを否定したけれども、その前の仲井眞知事は辺野古の埋め立てを承認したんですよ。
 で、それを取り消したんだということで、翁長前知事が起こした裁判が、実は最高裁まで行って、もう最高裁で判決が出て、確定してるわけですよね。

 で、その判決の中身をですね、ここで江崎さんが紹介してるんですが、これはオールドメディアで全く報道しないので、最高裁の判決なのに報道しないので、ここでちょっと長めなんですけど、皆さん、聞いていただきたいんですが。

 これ最高裁の判決のままです。
 「本件埋め立て事業によって設置される予定の本件新施設等は」、つまり辺野古の新しい海兵隊基地、それは「普天間飛行場の施設の半分以下の面積であって、その設置予定地はキャンプシュワブの米軍使用水域内であることを考慮すれば」…。

 これはキャンプシュワブって海兵隊基地があってね、ここに面した海なんですよ。
 ここの水域を言ってるわけですよ。
 だから最高裁の判決は、新しい海兵隊の飛行場っていうのが、普天間基地の半分以下になる上に、もともとここは海兵隊しか使えない水域だという現実を言ってて。

 それを踏まえて何て言ってるかというと、「沖縄県の基地負担の軽減に資するものであり、普天間飛行場その他の基地負担の軽減を求める民意に反するとは言えないし、両者が二者択一の関係にあることを前提とした民意がいかなるものであるかは証拠上明らかでない」と。

 要は現実には基地負担が軽くなることだから、沖縄の民意に反するとは言えないということを、特に強調して言ってて、江崎さんはそれを紹介した上で、「県民投票で辺野古移設の原点である普天間について意図的に置き去りにしたのは、最高裁の判例違反だ。辺野古と普天間を分けて民意を問うことはおかしいと、最高裁の判決文に書かれている」と。
 普天間を軽減した上でどうですかって聞かなきゃいけないのに、それが全然ないと。

190204-04yaeyamaUP.jpg

 それで実は江崎さんの話はこれしか紹介されてないけど、本当はですね、この5市が投票をやるように転じたっていうのは、この「どちらでもない」という曖昧なのを(選択肢を)入れてくれたからではなくて、あんまりにも嫌がらせ、妨害、中傷誹謗、反対その他が多すぎるから、もう耐えきれなくて、その「どちらでもない」っていうのを入れたことによって、もうしょうがないからやりますというふうに押し込められただけであって、みんなが納得してこの県民投票が行われるわけじゃないんですよ。
 だからこういうミスリーディングな記事は困るんですよ。

 八重山日報のような頑張ってるところも考え、それから沖縄タイムスや琉球新報をちゃんと読み込んでいくと分かりますし、沖縄行ったら観光プラスアルファ、ハワイと同じで。
 真珠湾でアメリカが本音では日本をどう見てるのか、帝国海軍をなぜ称賛してるのかってことも含めてですね、沖縄行って、辺野古も行っていただいて…。

 僕は辺野古移転すること自体はもともと反対でした。
 すでにアメリカと日本で合意したことを、僕は受け入れますので、それやむを得ないですけれども、本当は県民に開放されるべき海だと思ってました。

 本当は、山原(やんばる)の方々に申し訳ないけれども北部、ジャングルの中につくるべきだと。
 これ海兵隊にも直接言ったことがあって。
 でも若い海兵隊が遊ぶ所がないと言われたんですが。
 しかしこの辺野古、やむを得ないっていうのは国会議員になる前からはっきり申し上げてました。
 反対っていうのも申し上げてます。

 辺野古の西側のあたり、リゾート施設になってる所もあって、よく見える。
 ここを苦労して作った沖縄電力の当時の幹部、良心的な人、その真実を雑誌に書いたら連絡取れなくなった。
 たぶんお怒りになってるんでしょうが、その人に、ここに海兵隊のヘリが飛んでくるのを見て、もう基地ができたら、それどころじゃなくなります、それでも賛成ですかと聞いたら、本当は青山さんと同じで反対ですと。
 でも海兵隊が山原を受け入れない以上はしょうがないですねと。
 僕はこの人と意見同じだなと思った。

 党が決めたことを総理が触れないなんておかしい。
 さっきの話に戻るんじゃなくて、こういうことも全部含めて言うと、自由民主党の議員で言う人いない。
 自由民主党全体で決めたんですよ?
 何で総理総裁は言わないんだと、言う人いないんですよ。
 これは自由民主党を腐らせる。

 自由にもの言ってナンボですから。
 抵抗なく言えるわけじゃないんですよ?
 誹謗中傷されたり、足引っぱられたりされても、言うんですよ。


(3)拉致問題DVD「在日コリアン傷つける」教研集会

【概要を説明しますと、北九州市で2月1日に始まった日教組の教研集会の中で、拉致被害者の横田めぐみさん題材にしたDVD「めぐみ」の学校で上映することに批判的な内容を含むリポートが発表されました。このリポートは、外国籍の児童・生徒への教育に関する分科会の中で、鳥取県の高校教員が発表したものです。教員は「拉致問題を学習することは、やぶさかではない」と前置きした上で、「めぐみ」を昨年度は生徒に見せなかったことを明かしました。リポートでは「めぐみ」について、「歴代の人権学習担当や組合員が在日コリアンの生徒を傷つけ、日本人生徒の朝鮮人に対する憎悪を助長する恐れがあると問題視していた」と主張。アニメ版と映画版がある「めぐみ」は、いずれも政府の拉致問題対策本部と文部科学省が授業での活用を促しています】

 珍しく共同通信が記事したと思ったら、違うんですね、これ。
 元は何ですか?

(岡本ディレクター:別のニュースサイトから僕らが気になるやつを引っぱってきたので、そこから引用っていうこともできないので、概要と…)

 ※くっくり註:別のニュースサイト=産経新聞と思われ。
  
 もう多くを語る気がしないほどひどい話なんですが、僕はいつも日教組だけを悪者にしては駄目ですということを申し上げてるんですが、同時に日教組に大問題があるのも事実で。
 この日本国民の人権は軽視するような、それから13歳で奪われて40年も経ってしまった同胞のことは無視するような、無視してないと言いたいんだろうけど、それに等しいですよね。
 
 それとこの「日本人生徒の朝鮮人に対する憎悪を助長する恐れがある」と。
 拉致問題語ると不当な憎悪を助長する恐れがあるってこと自体、実はこう言ってる方の中には差別と偏見があるんじゃないかっていうことを疑わざるを得ないんですよ。

(居島一平:この論法で言ったらドイツ人の生徒の前でナチスの話は一切できないことになりますね)

 いや、もっとすごいですよ。
 他人を拉致して、あるいは誘拐して、死に至らしめたり、人生を奪ったりする人を語っちゃいけないと。
 その人やその人の家族に対する憎悪を増長することになるから、裁判開いちゃいけない、捕まえてもいけません、子供にそんな事件があったことを言ってもいけません、そういう話ですよ、これ。

(岡本ディレクター:もしそういうようなことが助長されてるなら、それをちゃんと教えるのが教師の役目でしょ

 そのとおり。

(岡本ディレクター:それを…。馬鹿じゃねえのって。馬鹿ですよ)

 オールドメディアがこういう事実をね…。
 日教組の取材ってすごく行くんですよ?実は。
 それで報道もしないし…。

 僕は記者というのは本当は、これはこうではありませんか、これは本当はおかしいんじゃないですか、ここは正しいですね、ここは違いますねって議論して初めて反応が返ってくるんですよ。
 それで初めて事実も確認できる。
 これ本当ですかって言って、嘘ついてる人が嘘ですと言うわけないじゃないですか。
 そのイロハができない記者は僕と同世代にも、先輩にも山のようにいましたよ。
 どうしてかというと、記者クラブで資料が出てきて、横書きの資料を縦に新聞記事にするだけで、年収1千万前後もらえたりするから、そうなっちゃうんですよ。


(★)お知らせ

※第87回 独立講演会
 2019年3月17日(日) 受付13:00〜 開演14:30〜19:00(予定)
 東京ビッグサイト「国際会議場」会議棟7階
 募集期間 2月8日(金)正午〜2月22日(金)正午まで
 詳細は、独立総合研究所HPまたは青山繁晴さんのブログを

※「青山繁晴のまいにち哲学」絶賛発売中!

190204-11calender.jpg

※「ぼくらの死生観 英霊の渇く島に問う」絶賛発売中!


※「ぼくらの哲学2 不安ノ解体」3月発売予定!



(★)トラ撮り!

(このコーナー全体、ざっくり起こし)

★1月29日(火)の外交部会・外交調査会合同会議

190204-12gaikou.jpg

 ここは党本部の会議室で一番広い部屋。
 エレベーターは超満員。
 でもここに着くまでにどんどんいなくなる。
 残ったのは長尾敬さん、大阪の代議士だけ。
 出席者はいつも同じ顔。
 外交は票にならないから。
 逆に言うと、パラパラでも出席してる人はえらいと。
 ※この話は青山さんのブログに。

 部会で僕が申し上げたのは、現在の北方領土交渉からの撤収も考えるべきだと。
 どうしてかというと、領土問題が歴史問題に置き換えられているからと。
 ラブロフというロシアの外務大臣が、「第二次世界大戦の結果として北方領土がロシアの領土になったことを認めろ」「北方領土という言葉も使うな」と。
 第二次大戦末期に結ばれたヤルタ協定、協定と言ってるがこれは密約。
 日本の知らない間に日本のことを決めて行った。

 ヤルタは密約だから認めないってことは敗戦後の日本でも、ここだけは譲ったことはない。
 唯一の拠り所に近いのに、ラブロフ外務大臣はヤルタ密約も認めろと。
 第二次大戦が終わってて、侵略してきて、殺人や強姦やそういうものを行ったのを全部水に流して、全部それは第二次大戦であったと。
 9月2日に降伏文書に調印してるのに、9月5日まで歯舞・色丹に殺しに来てたことも、全部まるまる第二次大戦だと認めろということ言ってるのは、もちろん交渉だから強めに言ってるのはあるけれども、問題はこれが、領土問題から歴史問題になってること。

 この交渉を続けて、日本は、そうですね、分かりましたと言わなくても、事実上それ認めたら、安倍政権、外務省も、自由民主党議員も、歴史を嘘で変えてしまった政治として、未来永劫残りますよと。
 だから撤収すべきだと。


★翌日1月30日(水)の外交部会・外交調査会合同会議

190204-13gaikou2.jpg

 もうちょっと普通の広さの部屋(笑)で開かれた。
 韓国大使(駐大韓民国特命全権大使)の長嶺さんや、他の国の大使もお見えになって議論。

190204-14paper.jpg

 僕は、ここにメモしているが、「Catch allからホワイト国はずせ」と。
 その上に、「大使召還強く支持」も書いてる。
 (官僚の)返答として、「経産省と協議する」と。

 これは出席議員から、大使召還だけでも、つまり長嶺大使を東京に戻せという意見が出て、僕は、強く支持しますと。
 同時に、一見穏やかだが効果はすごくある…(やり方がある)。
 大使召還はすごく目立つけど、普通は戻さなきゃいけないし、いま「応募工」の問題で日本企業が差し押さえ受けたりしてる中で、大使がいないのは日本の当事者能力を著しく削ぐので、僕は強く支持はするけれども、しかしそれまでにやるべきことをもっとやるべきだと。

 その中に「キャッチオール規制」がある。
 キャッチオール規制の中で、韓国は「ホワイト国」。
 経済産業省のホームページに、「キャッチオール」「ホワイト国」が載ってる。
 その「ホワイト国」に韓国を入れた。

 何のことかというと、大量破壊兵器をつくるような北朝鮮のような困った国に、日本の優秀な部品が使われないように輸出を規制すると。
 ところが、例えばゴルフクラブのシャフトが北朝鮮のミサイルの胴体になったりしてるんで、なかなか全部を捕まえることは難しいから、キャッチオールが難しいので、もうこの国に行くんだったら全部ダメ、全部を捕まえる規制を、経済産業省主管でやってるんですよ。
 逆に、この国は絶対安全、この国には軍事につながる部品を出しても大量破壊兵器なんかにはつながりませんという国を指定してあって、それを「ホワイト国」と書いてあって、そこに大韓民国が入ってるんですよ。

 しかし去年12月20日に起きたレーダー照射事件というのは、北朝鮮の船に対して韓国の軍艦がおかしな、見られたら困ることをしてたから、海自の哨戒機に「見るな、あっち行け」ということで照射したのが、真相の一部だというのがだんだんはっきりしてる。
 ひとつは国連安保理の北朝鮮制裁決議の違反に近づいてるから、安保理で協議すべきだと。
 日韓でやっていても韓国は図に乗って嘘を言うから、安保理で議論すべきだと。

 日本は国連を今こそ使わないと。
 だから安保理に提訴して下さいと。
 外務省の中にも僕の味方いるから、実際検討してますと、やるかどうかはまだ分かりませんが、ということなんですよ。

 安保理で決議する前に、日本としてできることは、「ホワイト国」から外すんですよ。
 だって今の韓国は、何気なく日本が韓国に輸出したものが、北朝鮮に行ってる恐れが現にあるじゃないですか。

 そう言ったら、外務官僚らが「キャッチオール」をスマホで調べ始めた。
 経済産業省がやってることで、外務省は別で、よく知らないから。
 外務省の回答は「経産省と協議する」と。
 いかに縦割りでやってるかということ。

 「キャッチオール」の話は、その後、実際にこれも手続きを検討してるってことで。
 韓国の側からすると、「ホワイト国」から外されると、大変なこと。
 韓国も中国も、日本の部品で成り立ってる。
 北朝鮮との関係をちゃんと切ってると国連安保理に説明しないといけなくなるから、これが一番肝要なことなんですよ。


★ボードゲーム「燃える氷をさがせ メタンハイドレートハンター」の説明会

190204-15metahai.jpg

 京都の会場。


★独立講演会

190204-16kouenkai.jpg

 これも京都の、京都劇場。
 

★国会の座席表(自由民主党・国民の声)

190204-17zaseki1.jpg

 1月28日の国会の座席表。
 見る機会が主権者はあまりない。
 自由民主党の分だけなので、右の空白部分には公明党や立憲民主党の議員の席がある。
 1月28日の分で言うと、僕はビーチバレー出身の朝日議員の右隣り(前から2列目の右端)。

190204-18zaseki2.jpg

 2月1日は席が替わって、僕は1つ後ろになってる。
 なぜか。
 理由分からなかったので、こないだ国会対策委員会で聞いたら、亡くなった鴻池祥肇さんの追悼演説があった。
 遺族が傍聴席にいらっしゃるので、鴻池さんの席がなくなってるのは寂しいだろうから、鴻池さんの席を名札とともに確保していた。
 それを遺族に見てもらって、その後、席を詰めるから、3日後に座席移動になった。

 参議院、自由民主党の意思も入ってて、こういうところは記者時代は知らなかった。
 元貴族院ということもあって、そういうところがすごく残ってる。
 いつも暗黒国会の話ばかりだが、こういう話もあるというのはちょっと聞いてほしかった。


(4)米が露に破棄を正式通知 INF条約失効
(5)ロシアもINF条約履行停止

(超ざっくり起こし)

 耳を疑うぐらいの大ニュース。
 中距離核戦力、ICBMと違って軽量型の、使える核兵器。
 崩壊前のソ連のゴルバチョフさんの努力があって、アメリカと合意して、廃棄しましょうと。
 トランプさんの決意でパアになった。

 トランプけしからんという論調に走ってるオールドメディアたくさんあるが、実は違う。
 アメリカと当時のソ連、中距離核ミサイルをたくさん持ってた国がINF条約に合意したために、どこが利益を得たかというと、チャイナ。
 どんどん増やしていって、今やチャイナが世界最大級の、中距離核ミサイルを保有してて、その威圧感で東南アジア諸国も中国に頭を垂れてる。
 したがって、INF条約を維持してるとどんどんチャイナの脅威が増えるから、いったん破棄しましょうという話。
 トランプさんはパリ条約とかもそうだし、離脱ばっかりだというニュースとは違う。

 但し、同時に、ロシアも履行停止となった以上は、もう一度核開発が盛んになることは避けようがない。
 何が起きるかというと、北朝鮮が核ミサイルを持つことがよけいに普通になっていく。
 その流れはもう止まらない。
 僕は日本は核武装すべきでないと長年言ってきたが、北朝鮮が核開発続けるなら、日本は持たざるを得ない。
 はっきり方針転換を明言してるとおり、そういう時代になりつつあるという現実を踏まえなきゃいけない。


(6)米朝再会談 特別代表がソウル入り
(7)米朝会談開催地はダナンか CNN報道

(超ざっくり起こし)

 2月末にベトナムで行われる方向はよほどのことがない限り、動かない。
 問題は、トランプ大統領が国内問題で頓挫してる。
 壁の問題、政府機関閉鎖で。
 再選、本当にできるのかと。
 対中、対北朝鮮でとりあえず結果を出したい。
 妥協的な姿勢になる。

 特別代表のリーガンさんが公におっしゃってるのがとんでもなく聞こえる。
 北朝鮮の今の体制は温存するんだと。
 全体を聞いてると、金正恩の下での独裁の問題を追及しないと。
 アメリカに向いてる核さえあきらめればそれでいいように聞こえる。
 拉致被害者の救出に悪影響大きい。
 日本としては受け入れがたい。
 こないだ太平洋艦隊司令部に僕は行って、北朝鮮と交渉を重ねるほど悪くなりますよと。
 アメリカはそこを分かってない。


(8)習主席訪日へ意思疎通 外務次官級が協議

(超ざっくり起こし)

 G20は今まで日本でやったことない。
 6月に大阪でやる。
 そこまでにプーチンさんと北方領土交渉をまとめたい安倍さん。
 お尻を切られるとこのように焦ることになる。

 もう一人、習近平さん。
 北方領土交渉を急ぐ理由は、中国。
 中国と対峙するためにロシアと手を組むしかないという安倍政権の、よく言えば大局的な安倍外交の真髄。
 一定程度中国に妥協するとやりやすくなるというのも安倍さんにある。

 アメリカ側の受け止めは、硬軟の使い方が上手いと。
 でもこれが限度。
 習近平さんに訪日してもらうために、事前の役人同士で協議やってる間に、どんどん中国に妥協していく懸念がある。


(9)小林陵が今季10勝目 W杯ジャンプ男子個人

(省略)





 ____________________________内容紹介ここまで


 私の個人的な意見ですが…
 青山さんは辺野古移転について、「もともと反対だったが、国と国で決めたことだから受け入れる、やむを得ない」とおっしゃっていますね。
 ならば同様に、日韓合意もやはり国と国で決めたことだから、受け入れた上で対処していくしかないのでは?
 韓国側が合意を破棄するとはまだ言っていない以上、総理に「日韓合意自体が間違ってた、二度とこのような約束は結びません」と言っていただく前に、今後どうしていくか(「応募工」やレーダー照射と同じく対抗措置を講じるか等)を考えるのが、まず先ではないかと。
 韓国側による慰安婦の嘘、歴史の事実を指摘していく作業は、また別でやっていくしかないと思います。

 あと、青山さんの新刊、楽しみにされている方も多いと思いますが、残念ながら、発売日がまた延期になってますね(T_T)
 超御多忙なので、しょうがないことなんですが。
 現在のところ、amazonでは3月9日発売となっていますが、今後も変更があるかもしれませんので、皆さんそれぞれでチェックなさって下さい<(_ _)>

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

★青山繁晴さんの著書
 購入すると少しでも今後の活動費の助けになるかも?
(青山さんは個人の寄付も一切受け取らないそうです)

★2019年3月9日発売予定!『ぼくらの哲学2 不安ノ解体』

※拙ブログはAmazonアソシエイトに参加しています。紹介している商品をクリックしてAmazonを訪問された皆様がすぐに購入されなくても、24時間以内にその商品や他の商品を購入されれば当方の報酬になります(紹介している商品にお目当ての物がなくても、どれかを適当にクリックしてAmazonの中に入っていただき、そこから目当ての商品に検索などで飛んでいただき購入されれば、当方の報酬になります)。「寄付」的にご協力いただければ幸いです。

※参考リンク
ON THE ROAD 青山繁晴の道すがらエッセイ
 青山さんに直接コメントを送れます。
こころが風邪をひいたら
 拙ブログで紹介しきれなかった『アンカー』青山さんの発言を起こして下さっています。
青山繁晴氏のファンサイト・淡交 ブログ
 動画の紹介など情報が大変充実しています。

※拙ブログ関連エントリー
【一覧】「アンカー」など青山繁晴さんテキスト起こし




okirakubanner.jpg「お気楽くっくり」更新済
 ホーム見学3軒め。

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ
ご面倒でなければ「FC BlogRanking」もお願いします→FC2 blogランキングへ
拙ブログのミラー(FC2)にfacebookのボタンがあります。

竹島に関する動画:英語版(Takeshima - Seeking a Solution based on Law and Dialogue

尖閣諸島に関する動画もあります。いずれも12カ国語公開されています。世界に広めましょう!
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。

megumi080328-1.jpegアニメ「めぐみ」配信中。
日本語版のほか外国語版もあります。ダウンロードはこちらから。コピーフリーです。世界に広めましょう!

takeshima dokdo dokto tokdo tokto
________________________________________________
★コメント・トラックバックを下さる方へ
お手数ですが規約(13.5.9改訂)に一度目を通された上でお願いいたします。

★この記事へのコメントは現在受け付けておりません。読者様向け掲示板にて宜しくお願い致します。
TV番組内容紹介 | - | trackbacks (0)

Trackbacks