お盆進行につき……(追記あり)
 チラシ作成の仕事も佳境に入ってまいりました。いわゆるお盆進行というやつです。
 しばらくブログの執筆は手抜きになると思います。
 楽しみにして下さっている方には大変申し訳ないのですが、何卒ご容赦下さい<(_ _)>

 ところが、こういう忙しい時に限ってトラブルが起こったりするんですよね〜(T^T)
 数カ月前から騙し騙し使ってきたMOドライブがついにご臨終あそばしました(実はMAC本体も騙し騙し状態だったりして(T^T))。
 ソフマップのワランティ期限(故障しても5年間は無料で修理してもらえる)はもう過ぎちゃってるし、修理に出しても戻ってくるまでに何週間もかかるし(実は前にも一度修理に出したことがあった)……。

 ということで、新しいMOドライブを購入しに天王寺のソフマップへ。夏休みで暇をもてあましてる夫も同行。
 「いまどきMOドライブなんて売ってるんかなあ」とちょっと心配してたんですが、ちゃんとありました。ま、デザイン業界ではまだまだMO使ってる人は多いって話ですしね。しばらくはなくならないでしょうね。

 ついでに、しばらく行く暇がなかった本屋さんへも。4冊購入。

 ・「正論」9月号
 ・「諸君!」9月号
 ・「市販本 新しい歴史教科書〈改訂版〉」
 ・「新ゴーマニズム宣言 靖國論」(小林よしのり氏・著)

 家に帰ってから気づいたけど、「靖國論」は大半がこれまでの「ゴー宣」の寄せ集めのようです。新作は序章・終章とあとがきだけかな?
 まあでも「ゴー宣」ファンや、逆に「ゴー宣」を読んだことない人は、買って損はないと思います。

 本当言うと、「新しい公民教科書」とジョージ秋山さんの「中国入門」もほしかったんですが、今日はMOドライブも買っちゃったし、倹約家の夫の手前もあって、購入は見合わせました。
 どうせ急いで買っても読む暇ないですしね(T^T)。そのうち余裕できたら買いますわ。

【この項の追記 8/7 AM1:00】

 訂正です。「靖國論」ですが、新作は序章・終章・あとがきの他に、検証(漫画でなく活字)が2本ありました。

(1)朝日は靖国をこうして「外交カード」に仕立てた〜昭和60年「公式参拝」とは何だったのか(17ページ/全文書き下ろし)

(2)靖国訴訟に見る原告の欺瞞(3ページ/一部書き下ろし)

 ちなみに(1)では、昭和60年の中曽根首相の公式参拝の前後の期間、北京の特派員だった朝日新聞の加藤千洋(「報ステ」でお馴染みの加藤工作員)が「火のないところに火種を落としていた」ことが暴露されてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 気になったニュースを二つだけ紹介します(どっちも8/4付)。

留萌沖で1700人犠牲 樺太引き揚げ船攻撃 不明潜水艦 ロシア捜索へ
 札幌在住の読者Rさんから教えていただいた記事です。
 「三船殉難事件」と言われても、全国的には知っている人は少ないでしょうね。私も昨年Rさんに教えていただいて初めて知りました。
 Rさんも「まぁ、道新くらいしか載らないでしょう」と。
 私たちが知らない「戦争の真実」は、一体あといくつ残されているんでしょうね……。

「朝日と現代が連携、私を攻撃している」安倍氏激白
 あっ!「現代」チェックするの忘れた!……せっかく本屋さんに行ったのに〜(T^T)
 まあでもこの件についてはgoriさんが詳細に分析して下さってますし、今さら私の出る幕じゃないか(^_^;。

Posted by くっくり 02:53 | 雑記 | comments (7) | trackback (1)
コメント
「三船殉難事件」…
日本の降伏(8月15日)後の攻撃です。しかも民間船舶に対する攻撃です。全く許し難い行為だと思います。謝罪も補償もしませんよね。かの国は。
被害者で生存者はいらっしゃって、日本テレビ系の番組で証言していたようです。樺太問題、絶対に忘れてはならない問題です。
その、かの国が、海上自衛隊に救助を依頼してきたというニュースがありました。
当然と思います。ロシアが中共に頼めますか。それだけの能力を持ち、そういう気持ちがある国。日本しかありませんね。アメリカとかイギリスに依頼したようですけど。
無私にそういう任務を行える海軍、日本しかないでしょう。私は、ロシアの軍部・軍人はよく分かっているなと思いました。(快適な笑い)
Posted by さぬきうどん | URL | 05/08/07 04:01 | PcvmjMXo

たしかに民間人の船を攻撃したのは許し難いのですが、一応、日本は8月15日に降伏勧告のポツダム宣言を受諾したと天皇陛下が国民に通知しましたが、実効の降伏文書に調印したのは9月2日ですので、8月22日はまだ戦闘状態ではあります。

http://blue.ap.teacup.com/documentary/284.html
Posted by kusukusu | URL | 05/08/08 01:14 | sD3QXTxo

こんばんは、いつも拝読させていただいています。「新しい公民教科書」結構面白いですよ。
新聞は全て同じではないとか、圧力団体とはとか、メディアリテラシーについても記述があります。
私の子どものころに比べて、色々な現実が見れて今読んでも面白いつくりになっています。
そしてあの朝日の珊瑚事件の記事も、新聞の悪い例として掲載されています。お暇ができたらぜひ一読のほどを。
では失礼します。
Posted by 通りすがりのかおる姫 | URL | 05/08/08 02:43 | JzhfTF86

>kusukusu様
何をおっしゃているのかな。そんなことは分かってますよ。しかし、ソ連はヤルタ会談の当事者でしょ。ポツダム宣言では、スターリンの名を秘匿し日本政府を欺瞞し「ステルス」作戦をかましたのでしょう。
樺太や満洲で戦闘員や武器を輸送しているのならともかく、民間人の内地引き揚げであることは明らかなのに、攻撃するのはどうなんですかね。非人道的と言わないんですか。ソ連は日本が降伏したことは承知しているんですよ。あなたはどういう立場でものをおっしゃっているのでしょうか。
Posted by さぬきうどん | URL | 05/08/08 03:35 | EtXEszwI

さぬきうどん様
だから民間人を攻撃したことはおかしいし、その点では許し難い非人道的な行為かとは思っています。
しかし、ソ連の軍人は上からの司令で動いていたわけでしょう。上から戦闘をやめろと司令がなければ戦闘を続けていることは当然であり、8月22日の段階では戦闘行為をおこなっていたこと自体は責められるものではないのではないでしょうか?
あくまで民間人の船を攻撃したことをおかしいと責めるべきではないかと思います。
誤解のないように付け加えておきますが、僕はソ連のこの軍事行動を非道なものだと思います。その点ではさぬきうどん様に異論はないのですが、それは民間人の船を攻撃したがゆえに非道な行為だと思うのであり、8月22日の攻撃であったがゆえに非道なのだとは思わないということです。そのようにソ連の行為のどこがおかしいのかをはっきりさせておかないと、その行為を批判することは出来ないのではないかと思うのですが。
Posted by kusukusu | URL | 05/08/08 13:10 | JzKVuMq6

>kusukusu様

ご趣旨はよく分かりました。そんなに意見が違っているわけではないと思います。
私も詳しくないのですが、満洲や北朝鮮、千島・樺太、北方四島でのソ連赤軍の侵攻とそれに対する日本軍の自衛抵抗の経過や顛末、詳しく調べてみる必要性を強く感じました。実際に戦闘が終結したのがいつの時点なのか(地域ごとに)、その具体的経緯ですね。
サンフランシスコ講和条約締結時の吉田茂全権の演説を読むと、9月20日で戦闘が終わったと書かれています。彼はヤルタ協定とソ連の千島・南樺太強奪をきちんと批判しています。
私は戦時国際法に関してよく分からないので、ソ連軍の攻撃がどういう意味で国際法違反なのかきちんと展開できません。kusukusu様がおっしゃる点、民間人への攻撃という点では明確に違反していると思いますが。
よくまとまりません。調べてみます。
ただ、こういう非道な行為があり、私たち日本人が決して忘れないからロシアとの平和条約がいまだ結ばれていないのだと思います。
ロシアとの関係は、第一次世界大戦辺りまではそんなに悪いものじゃなかったと思います。日露戦争で戦火を交えましたけれど。日ソ戦争(ソ連の侵略)によって、世代を超えて、我々はその記憶を忘れることはないように思います。
Posted by さぬきうどん | URL | 05/08/09 20:10 | oeVULQF6

kusukusu様、皆様

ネット上でソ連軍の千島・樺太侵攻の経過をつづった一文を見つけました。ご参考までに。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h13/jog203.html
Posted by さぬきうどん | URL | 05/08/09 20:41 | oeVULQF6

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?98
トラックバック
これ以上、靖国神社を貶めるな (その2)
 前回は、小泉総理の「靖国参拝」が膿なる歴史観に基づいて行われているかを批判した。先日、民主党の岡田代表が「自分はA級戦犯が祀られている靖国神社には参拝しない」とTVの討論番組で明言していたが、率直に言って小泉の靖国参拝も岡田の靖国不参拝も、根本的には...
Posted by log | 05/08/10 21:35