堀江メールより謎が多い残留孤児2世の証言
「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」実施中!
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

 いよいよ2/22。島根県が昨年3月に条例で制定してから初となる「竹島の日」。
 何事もなく平穏無事に終わればいいけど……。いや、不謹慎ですが、少しぐらいは騒動があった方がいいのかもしれません。未だ竹島に関心のない多くの日本国民を啓発するためには。

 さて。
 今日(2/21)の産経朝刊に中国及び外務省絡みでスクープ証言が載ってたんですが、他社メディアは完全にスルーしてるみたいですね。ネット上でも全く盛り上がってないし。
 「堀江メール」と同様、信憑性に疑問ありとされているからかもしれません。

残留孤児2世の日本人男性 中国で7年服役 「外務省の依頼で情報収集」
「助ける」約束…保護されず

 中国で国家機密を入手したとして、日本人男性が一九九六年に逮捕され、二〇〇三年まで約七年間、北京の刑務所で服役したことがわかった。男性は産経新聞の取材に、「日本の外務省職員から情報収集を依頼され、逮捕されたら外交ルートで助けると言われたが、実際は助けてもらえず、帰国後も外務省からは謝罪のひと言もない」などと話した。証言が事実なら、民間人を利用し機密情報を集めさせたこと自体、外交活動の範囲を逸脱している。邦人保護が行われなかったことに加え、先の上海総領事館員自殺事件同様、情報活動をめぐる外務省の対応のまずさが改めて問われそうだ。

 服役していたのは、東京都内に住む会社経営、原博文氏(40)。原氏は九一年に、残留孤児だった母親ら家族と日本に帰国。都内で情報紙を発行するなどしていた。

 産経新聞が入手した中国の裁判所の判決文によると、原氏は九六年六月、中国の秘密情報を所持していた容疑で中国当局に逮捕され、翌年、国家秘密探知罪で懲役八年の実刑判決を受けた。彼の協力者とされた中国の公務員など数人も懲役五年から同七年の判決を受けた。

 判決文によると、原氏は国営新華社通信が内部で発行する秘密資料の「経済決策(方針)情報」や「内部参考」「国際内参」などの資料や「内部参考音像版」を複写したテープなどを得ていたという。

 原氏によると、最初に外務省国際情報局のキャリア官僚から連絡があったのは九四年。当初は意見交換だけだったが、やがて情報提供を依頼された。仕事で中国に出張した機会などを利用し、中国国内で情報を集め、十数回、外務省職員に資料を渡し、謝礼として、毎回十万から二十万円を受け取ったという。

 この間、原氏が中国当局による摘発を恐れ、外務省への協力をやめたいと申し入れたが、外務省職員からは、「国益のためです」「仮に中国に逮捕されれば、外交ルートで救出する」などと言われ、情報収集を続けるよう説得された。しかし、原氏が実際に逮捕され、刑務所に入った後は、北京大使館員が面会に来ただけだったという。

 原氏が刑期を終え、帰国した後、ようやく探しあてたかつての外務省の担当者からは、「終わったことだ」「生活が苦しいなら、生活保護を申請すればどうだ」などと言われたという。

 原氏は現在、再び情報紙を発行する会社を立ち上げ、中国ビジネスに関するコンサルタントを行っている。

 今回、帰国から三年がたって取材に応じた理由について、原氏は上海総領事館の電信官自殺事件を聞いたのがきっかけとしたうえで、「外交官は、私が逮捕されると厄介になり、簡単に切り捨てた。事なかれ主義の外務省によって隠されてしまった。上海の事件も、私の事件と本質は同じだと感じた」と話している。

 この件に関して、外務省は二十日、産経新聞の取材に対し、「特定の個人に関する事柄については答えられない。外務省の情報収集活動の内容などについて、具体的に述べることは差し控えたい」と、文書で回答している。

                   ◇

≪無責任、保護は大前提≫

 ▼菅沼光弘・元公安調査庁調査第二部長の話 本当の機密情報とは、非公開情報であり、それを集めることは、情報機関でない外務省ではできない。また、外交官はそのための訓練・教育を受けていない。その外交官が、この程度の民間人を使って取れる情報は大した価値はない。今回の証言が事実ならば、民間人に対し、「逮捕されたら助けるから」などと、できもしないことを言ってやらせたこと自体、無責任だ。

 さらに「国家のためだから」などと言って、結局助けられないと、協力者は国に裏切られたと思う。協力者を守ることは情報機関の命だ。

 情報機関をめぐる論議が盛んだが、公開情報を分析するだけなら情報機関はいらない。相手が知られたくない非公開の情報を取ってくるのが情報機関の仕事だ。同時に、カウンターインテリジェンスつまり防諜(ぼうちょう)も必要だ。

 上海総領事館の電信官が自殺した事件をみても、各国大使館で電信官の仕事をしているのは普通、外交官ではなく情報機関の人間だ。まして、電信官の立場の人間がひとりで中国のカラオケに出かけることなど、他国では考えられない。

 その意味で、外務省は、情報を集めるのも守るのも組織としてまったくできていない。外務省は完全に弱体化しており、その立て直しこそ、焦眉(しょうび)の急だ。

個人情報は答えない 麻生外相
 麻生太郎外相は21日午前の記者会見で、民間の日本人男性が外務省から謝礼を得て、中国国内で情報収集活動をしていたとの一部報道について「特定の個人に関する情報を答えることはない。情報収集活動については、こういう話、ああいう話だったと言うことはない」と述べ、説明を避けた。
(共同通信) - 2月21日10時52分更新

 産経には申し訳ないけど、これ読んで最初に持った印象は「何だかうさんくさいな〜」でした。残留孤児二世というのがどうにも引っかかって。
 原氏は91年に日本に帰国するまでは完全に中国人として生きていたそうだし、帰国しても最初のうちは日本語もわからず、日本政府も残留孤児に十分なケアをしてきたとは言えないわけで、そんな日本国のために働こうっていう気持ちになるもんなんですか?やっぱり「カネ」が原動力?

 ただ、外務省や麻生外相のコメント(引用記事太字箇所)を見ると、原氏の存在を事実上認めてるようにもとれるんですが。全くの嘘であれば「そんな人物のことは全く知りません。外務省は関係ありません」って言えばすむ話ですから。

 それに、紙面には原氏のインタビュー要旨が載ってるんですが、けっこう具体的な証言をしてるんです。

 原氏は92年に東京に出た後、「日中経済新聞」を発刊。これが評判となった94年頃、当時の外務省国際情報局のキャリア官僚であるI氏が原氏の事務所に電話してきたそう。

・産経朝刊三面掲載の原氏のインタビュー要旨から一部引用(ネットソースなし)
 I氏は紳士的で、北京語の発音も大変きれいで、日本人が中国語を話すときのなまりはほとんどなかった。彼から「中国の最新事情を知りたい」といわれ、最初は近くのレストランで二時間ほど中国の経済、政治など一般的な話をした。

 それから毎週のように二人で会うようになり、食事を数回ごちそうになっているうちに、I氏から「中国の内部資料を見たい」としきりに要求されるようになった。当時、私は毎月のように中国と日本を往復していたが、友人の中には内部資料を扱うような政府幹部も何人かいて、彼らの家などでは、簡単にそうした資料を見られたので、機密書類だと思わなかった。そのうち数部をコピーしてI氏に渡したところ、ものすごく喜んだ。

 その後も定期的にそうした資料を渡すようになり、内容も経済に限らず、政治や軍事分野へと広がった。最初にコピーを渡したときI氏から現金十万円をもらった。九五年の夏以降は毎月、定期的に十万円をもらうようになり、彼がいい情報だと思うと、二十万円をもらうこともあった。そのたびに私はメモ用紙に金額を書き、署名して領収証として渡していた。

 お互いに連絡する際は偽名を使った。日本人の時は「木村」、中国人名の時もあった。「木村」という偽名は互いに使っており、私が外務省に電話をするときは「木村」と名乗り、彼が私の事務所に電話をするときも「木村」と名乗っていた。二人で食事するレストランはいつもこの名前で予約していた。

 中国政府は何でも秘密情報にしたがるが、実際はそれほど厳しく管理されていない。私は日本国籍だが、外から見れば普通の中国人と全く変わらないので、あまり警戒されなかった。「新聞作りのため参考にしたい」と言えば、簡単に納得してくれた。

 協力者の政府幹部から、「子供を日本に留学させたい」「日本に視察に行きたい」などの要望もあった。I氏に言えば、ビザ取得などで協力してくれた。

 九五年末、私は北京にも事務所を構え、日本から帰った友人に所長になってもらった。情報を集めていることは、誰にいったわけでもないが、そのうち、北京の事務所にも人を介して情報を売りに来る人が現れた。

 当時、外務省は中国の内部資料といえそうなものなら、どんな情報でも欲しがった。「トウショウヘイの健康状態」「中国共産党内部の権力闘争」「中国の対外政策」「中国指導者による人民解放軍内部での講話内容」などだ。最初は手に入れるのが難しいと思った資料も、その気になって探せば、意外と簡単に手に入った。

 もちろん、いろんなルートから入る情報だけに、中にはニセモノもあった。ただ、私が逮捕されるまで、計百点以上の内部資料を受け取って外務省に渡したが、九割以上はホンモノだったと思う。今になって思えば、そのころから、当局にマークされていたのかもしれない。
 
 いくつか素朴な疑問があります。
 原氏の証言が本当だとしたら、なぜ中国側はこのことを公にしなかったんでしょう?中国のことだから、「日本人がスパイ活動をした。謝罪しろ。補償しろ」等うるさく言ってきそうなものですが……。ま、水面下ではうるさく言ってきてたのかもしれませんが。

 それと、スパイ活動をした人間が中国当局に捕まって果たして服役7年ですむんですかね?原氏はもう国籍が日本になってたから配慮したとか?だったらそこに日本の外務省が介在してないとおかしいですよね。でも原氏の証言では、外務省は面会に来ただけで完全に自分を見捨てたとなってますよね。

 うーむ、わからん。判断つかん。「堀江メール」より謎が多い。


・・・・・・細切れぼやき・・・・・・


「堀江メール」は偽物 民主幹部が認める きょうにも新証拠
2006/02/21 12:06
 民主党は二十一日までに、ライブドア前社長の堀江貴文被告が自民党の武部勤幹事長の二男に資金提供するようメールで指示したとされる疑惑をめぐり、同党が公表したメールが偽物だったことを事実上認めた。同党幹部は「メールの問題については厳しい状況になった」と述べた。前原誠司代表らはこれまで「メールの信ぴょう性は高い」としてきたが、その主張が崩れたことで、執行部の責任が問われるのは確実だ。

 同党首脳は二十日夜、記者団に「メールの真偽は関係ない。大切なのは、銀行口座をめぐる問題だ」と強調し、メールが偽物だった可能性を示唆。二十二日に行われる前原氏と小泉純一郎首相との党首討論より前に、口座名などメールとは別の新証拠を公表する考えを示した。

 一方、自民党の平沢勝栄衆院議員は二十日夜の民放番組で、民主党が公表したメールと同一のものを入手したとして、メールが堀江氏自身が出したものではないと指摘した。

 これについて、民主党幹部は「平沢氏はうちと同じメールを持っている可能性が高く、信ぴょう性について疑われても仕方がない。メールでは追及できない。銀行口座で追及したい」と述べ、事実上偽物であることを認めた。

 民主党は二十一日午前の役員会で、メール問題について協議。前原誠司代表は冒頭のあいさつで「金融情報を明らかにするために国政調査権の発動が大事だという姿勢で(国対に)臨んでもらっている」と述べ、メールの真偽より銀行口座での金銭の出入りに重点を置いて解明する考えを強調した。

 これに対し、参院側の役員からは「メール問題は衆院で片付けて参院には持ってこないでほしい」との注文が出た。

 「参院には持ってこないでほしい」……ワロタ!(≧∇≦)
 
 しかし、「メールの真偽は関係ない。大切なのは、銀行口座をめぐる問題だ」って、どっかで聞いた言い回しだと思ったら、去年の朝日新聞のNHK番組改変捏造報道と同じ構図ですやん。

  朝日「安倍・中川がNHKに圧力かけて番組内容を変更させた」
    ↓
  NHK「圧力は受けてない」
  安倍「圧力はかけてない」
  中川「NHK幹部に会ったのは放送後」
    ↓
  朝日「記事の真偽は関係ない。大切なのは、政治家とNHKの距離をめぐる問題だ」

 ……朝日新聞レベルですか、民主党は?

 「今日にも新証拠」と言われつつ、結局今日も何も出ませんでした。
 前原代表も「メールの信ぴょう性は高いと確信している」としながらも、新証拠を掴んでるような印象はないですね。明日の党首討論、やはり水掛け論で終わりそうな予感が……。


共同歴史研究 多国間で検証を 訪中の中川氏提案
 【北京=赤地真志帆】自民党の中川秀直政調会長は二十一日午前、北京市内のホテルで開かれた自民、公明両党と中国共産党が意見を交換する「日中与党交流協議会」の初会合で講演し、「歴史の事実を歪曲(わいきょく)する議論を破綻(はたん)させるためには、科学的な実証主義で対抗すべきだ」と述べ、日中両国で日中戦争についての歴史共同研究を始めることや、必要があれば米国などを念頭に公正な第三国の歴史研究者に加わってもらう構想を提案した。

 また、中川氏は小泉純一郎首相の靖国神社参拝について「首相は私的参拝と明言している。公式参拝との違いは、私的参拝は対象を限定できる」と述べ、A級戦犯を対象から外しているとの認識を示し、「心ならずも家族を残して命をささげた戦没者一般に参拝している」と強調した。

 中川氏は「首相は過去の一時期の植民地支配と侵略を、誤った国策と明言している。言葉のやりとりを絶つべきではない」と述べ、首脳会談の再開や与党間交流の重要性を強調するとともに中国メディアの責任についても言及。「戦後日本の平和的発展をとりわけ青年に伝えられるようになれば、日中関係安定化に寄与する」と指摘した。

 中川氏はこのほか、(1)投資や知的財産権保護を含む体制の調和を図る日中経済連携協定(EPA)を締結する(2)平成二十年の対中円借款終了後は、自民党が高度経済成長期に推進した「国土の均衡ある発展」の政策を中国に伝え、調和ある発展を支援する(3)アジアで国境を越えた諸問題解決のために一緒に行動する枠組みを創設する−ことなどを提案した。

 日本政府は昨年五月に京都で開かれた日中外相会談で、歴史共同研究を提案し、中国側も賛同する考えを表明。今年一月に来日したゼーリック米国務副長官は、日米中三カ国の歴史学者による第二次世界大戦中の歴史共同研究を始める構想を提示しており、中川氏の提案にはこうした動きが念頭にあったものとみられる。

 一方、同じく基調講演に立った公明党の井上義久政調会長は「靖国問題を解決する方策として、首相、官房長官、外相などの閣僚は公式参拝を自粛することが必要だ」と述べた。

 日中与党交流協議会は二十二日まで開かれる。

 「A級戦犯を対象から外している」とか「心ならずも家族を残して命をささげた戦没者一般」とか、入り口からもうおかしくないですか?「悪いのはA級戦犯であって一般の日本国民は被害者だ」という中国の公式見解といっしょですやん。この時点でもう中国寄りですやん。「過去の一時期の植民地支配と侵略を、誤った国策」というのも一方的すぎるでしょ。
 立場上そう言わざるをえない気持ちはわかりますよ。でも、たとえ歴史共同研究が実現しても、『提唱者』である中川氏がこういう見解を示した以上、「悪いのはA級戦犯」「日本の誤った国策」が前提で研究が進んじゃいませんか?

 それに「米国などを念頭に公正な第三国」って、まるでアメリカを第三国のように言ってるけど、アメリカは当事国じゃないの?
 少なくともアメリカは大東亜戦争に関して公正中立ではいられないでしょ。中立の立場で見たら、空襲や原爆投下による民間人大虐殺など、アメリカの悪かった点がいっぱい出てきますもん。アメリカとしてはそれは認められないでしょ。

 実は日韓でも歴史共同研究をやったんですよね。去年、その報告書が発表されたんですが、韓国は歴史より政治ありき、結論先にありきで、惨憺たる有様でした(旧ぼやきくっくり05/6/11付参照)。
 結局、歴史観というのは各国それぞれ違うんだし、特に中韓なんかは政治的思惑を絡めてくるわけですから、いくらすり合わせようとしても無理ですって。


ナチス大虐殺否定 英歴史家に禁固刑 オーストリアの裁判所

 オーストリアやドイツでは、ホロコースト否定は法律で禁じられているんだそうです。確かにホロコースト否定する人は糾弾されても仕方ないんだろうけど、法律で罰するというのは行き過ぎでは。言論封殺でしょ。

 そのうち日本でも中国の強い圧力を受けて「南京虐殺否定」が法律で禁止されたりして……。いや、さすがにそれはないか。たとえ日本国民の過半数が媚中派になっても、その一線は守られると私は信じてます。


皇室典範改正案の提出見送り「適切」6割 本社世論調査
 朝日新聞社が18、19の両日に実施した全国世論調査(電話)で、皇室典範の改正問題について聞いたところ、「女性天皇」は66%、母方だけに天皇の血筋を引く「女系天皇」については60%の人が容認する考えを示した。昨年11月、有識者会議がこうした方針の報告書をまとめた直後の調査に比べると、共に1割程度減ったものの、依然6割以上が容認している。一方で、報告書に沿って改正案を今国会に提出する予定だった首相が、秋篠宮妃紀子さまのご懐妊の後、一転して提出を見送ることにした判断については、60%の人が「適切だった」と答えた。

 改正案の提出見送りを支持する人は、男女とも各年代で過半数を占め、「女性天皇容認」と答えた人の54%、「女系天皇容認」でも53%が、見送りは「適切」だとした。

 「女系天皇」の是非については、昨年11月の前回調査で「女系を認めてもよい」が71%だったのに対し、今回は60%に減少。反対に「男系を維持する方がよい」は、17%から26%に増えた。

 もっとも、皇室典範について「今のままでいい」とみる人は28%に過ぎず、「そうは思わない」が52%。天皇について、「男性に限った方がよい」とする人の29%、「男系を維持する方がよい」とする人でも36%が、将来的には何らかの見直しが必要だとした。

      ◇

 《調査方法》18、19の両日、全国の有権者を対象に「朝日RDD」方式で電話調査をした。対象者の選び方は無作為3段抽出法。有効回答は1979人。回答率は59%。

 「朝日RDD」方式が果たしてどんな方式なのか未だ謎ですが、とにかく「女系を認めてもよい」が減って、「男系を維持する方がよい」が増えたのは喜ばしいことです。

・昨日付コメント欄にいただいた投稿
2月19日の「そこまでいって委員会」でも皇統問題が取り上げられてましたね。
勝谷さんの発言がほとんどカットされてたのは例の「種と畑」の論だったのではw
今回はざこばさんの発言が秀逸でした。
「美智子様が皇室に入られたとき喜ばしい気持ちとともに
『民間人でも皇族になれるのか』と正直皇室の重みが軽くなったように感じた。
(女系になって)これ以上軽くなって欲しくない。」(うろ覚えの要旨ですみません)
他のパネラーからも「その感覚は正しい」と絶賛されてました。
この感覚に共感できる人が多数であると期待しています。
| がーごいる | URL | 06/02/21 11:06 | V644uzYs |

 私も日曜日の「たかじんのそこまで言って委員会」は見てました。
 勝谷さんのカットされた発言、私も「種と畑」だと思います。確信に近いものを持ってます。
 というのも、いっしょに番組を見ていた夫が「勝谷さん、何言うたんかわかる?」と訊いてきたので、「もしかしたらこれかなぁ。男系を種、女系を畑に例えた話があってね……」と私が喋り始めた途端、夫が「何?その例え!ちょっとHなんちゃうの?天皇家を例えるのにそれはあかんやろ!」てな反応を示しましたので(^_^;

 ざこば師匠の発言は良かったですね。師匠の発言で事の重大性に気づいた視聴者は多数いたんじゃないでしょうか。
 毒吐き@てっくさんが超わかりやすい画像をUPしてくれてるんですが(元記事はこちら)、皇室典範問題にあまり興味がない人も、これを見たらきっと「皇室の重みがなくなる」「女系容認はまずい」って気づいてくれると思います。

 あと意外だったのは高田万由子さん。てっきり「男女平等がどうのこうの」言うと思ってたのに(高田さんゴメン)、なんと篠沢秀夫教授が唱えるところの「愛子さまに即位していただき、傍系(旧宮家)の男子に配偶者になっていただく」案に賛同してました。

※「種と畑」の例え&篠沢教授案については拙エントリー2/15付:皇室の歴史と伝統を守ろう。男系維持する方法あります。(1)を参照。

 しかし今回は田嶋陽子やデーブ・スペクターがいなくて油断してたら、もっとひどいのがいましたね。舛添要一です(もはやこの人も呼び捨て(-.-#))。ぱっと見、理路整然としてるからかえってタチが悪い。

 舛添と他のパネラーとで考え方が決定的に違っていたのは、皇室と憲法とをどう考えるかということでした。三宅久之さん、金美齢さん、宮崎哲弥さん、橋下弁護士は「皇室は憲法の外にある」「皇室は合理性を超越した所にある」という考えでしたが、舛添は「皇室は憲法で規定される存在」だと。
 
※参考リンク
 ・Dr.マッコイの非論理的な世界さん2/20付:舛添要一氏、女系容認・長子優先で改正せよと吠える
 舛添のこの日の発言についてまとめてくれてます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
皇室伝統バナー●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。


※自民党内閣部会による皇室典範勉強会が今週半ばスタートします。
 2/15付時事通信によると、甘利明政調会長代理は今後の選択肢について
  (1)女性・女系天皇を容認
  (2)旧宮家を皇族復帰させ、男系維持
  (3)女性天皇だけを当面認めて、女系はさらに検討
の3通りしかないと指摘。勉強会では、男系維持案も含めて幅広く検討する考えを示したとのこと。
 男系維持派の皆さん、内閣部会メンバーの方々に意見を届けましょう。
 メンバーの氏名とメアド(あるいはHP)一覧はこちらにあります。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。
Posted by くっくり 02:15 | 北東アジア | comments (20) | trackback (4)
コメント
舛添は草科のスパイでしょ(とか言ってみる)
あいつ他のテレビ番組で、選挙で自民党が勝ったのは公明党のおかげだとか言って、公明をやたら持上げて気持ち悪かった。

舛添のwifeは草科だって噂は本当なんじゃないだろうか?
草科だけに草ではないかと最近は確信してます、で、そうすると片山はどうだろう?舛添を牽制する為の?
Posted by Fニャンコ | URL | 06/02/22 03:26 | HQa6jFSs

歴史家のデーヴィド・アーヴィングってその筋では有名な人物なんですが。
ソ連占領時代に強制収容所がどう扱われてたのかとかの疑問もありますから、「ユダヤ人絶滅政策」(「ホロコースト」は元々の意味があるので使用しません)を一把一絡げに犯罪者扱いは酷い。
Posted by 煬帝 | URL | 06/02/22 05:44 | fKGmyxRY

失礼、「十把一絡げ」でしたね。
寝惚けてるのかな。
Posted by 煬帝 | URL | 06/02/22 05:47 | fKGmyxRY

94年といえば、羽田内閣か村山内閣の時ですよ…!

村山ぁ…あんた親中派じゃなかったの?
Posted by ?! | URL | 06/02/22 07:15 | szJRKalA

くっくりさん
結婚記念日おめでとう〜。
Posted by Tori | URL | 06/02/22 07:17 | gO12QFQs

ざこびっちは、素人の視点から、意外と核心を突く発言をするからあなどれん。
Posted by ぷち志村 | URL | 06/02/22 09:34 | M5P/BBTs

スパイの話、ちょっと解せないです。
重要な情報を取ってきていた、とします。とすると、北京に外務省のスパイ網があって、原氏は運び屋だった。となりますが、この仮説は、「外務省のスパイ網」なぞ本当にあったのか? という疑問が出ます。「外務省のスパイ網」+運び屋の逮捕となるとけっこう大騒ぎにもなるし。
普通に考えると、2世とはいえ日本在住の人間が北京へ行ったからといって、大した情報など取れるわけがありません。しかし、それならなぜ外務省が接触していたのか疑問です。
そこで考えられるのは、「外国のスパイ網」+「日本の運び屋」という図式です。つまり情報の運び手としてのみ外務省が貸し出したという形です。
Posted by すがり | URL | 06/02/22 10:19 | avittu5c

ホロコースト関係は今mumurさんところの
朝日への電突記事のコメント欄で
詳しくやられてるみたいです。ご一読を
Posted by みりん | URL | 06/02/22 10:35 | 00Rmt3AU

「そこまで言って委員会」で勝谷さんが話された「種と畑」の元ネタは、おそらく渡部昇一先生の話です。
以前、僕は渡部先生の講演会(国民会館の講演会)に出席したことがあるのですが、そのとき渡部先生は「少々不謹慎な例えですが・・・」と前置きされながら「種と畑」の話をされていました(会場内は大爆笑でした)。

たしかに皇室問題を説明する例えとしては少々不適切かもしれませんが、「別にカットせんでもええのに・・・」と思います。
だって、すごくわかりやすい例えなんだもの。
「男系」「女系」についての知識を多くの国民に知ってもらうにためには、こういう例えの方がわかりやすいと思います。
Posted by asatte_no_houkou | URL | 06/02/22 11:58 | QuGwigyo

すいません・・・
2月15日のエントリーで、くっくりさんは渡部先生のお話を紹介されていますね。
Posted by asatte_no_houkou | URL | 06/02/22 12:02 | QuGwigyo

2月22日は竹島の日
                /!\
           _   __/-- ::!\        ./\_/"r---、
          / !、__/  ヽ  ヽ \      /ヽ  / /ヽ  ヾii___
         ,/  i_.: ヽ  \   !  \  ....../;;;;;i .\.!. !::::    " ヽヽ
        /   /::    ::::  /:::: :::::i.:::::::'''''\|_/  /i      __ヽ
::::::......    /    /   /::::::::i./  ::  .\.:::::::::'''  丶 ̄ヽ───"""
       / :::i    _::::::::::::::::/       \
  ::::::::::::::::: ̄ヽ__  /丶--、___−--! ̄"
   ''':::::::::::::::::::::::::::'''''''''''''''...................
                  ...::::::::::::::::::'''''
Posted by worldwalker | URL | 06/02/22 13:37 | FOFzFBqE

種と畑の話、法隆寺より判りやすいと思うんですけどねー。卑猥と感じる人の頭の中が卑猥なんじゃ?(くっくりさんのご主人ごめんなさいw)
日米中三カ国の歴史共同研究は、きっと東京裁判史観を確定させるためですよ。東京裁判が正当なものであったと世界に知らしめるためです。そのうちオーストラリアのナチス虐殺否定の扱いのように東京裁判を否定すれば罪に問われるようになるんです。間違いない。
Posted by J | URL | 06/02/22 14:08 | jH7bmTgo

憲法と天皇との関係は舛添氏が言っていた「天皇は憲法で規制される」とういのが正しいよ。規制されないと、憲法より上位の権力(=天皇)を認めることになって、戦前の天皇主権と同じじゃないですか。憲法99条にも天皇は憲法を尊重・擁護しなければならないと書いてあるしね。

まぁ、「愛子様の婚姻の自由がなんたら〜」という所は全く賛成できませんが。皇族も国民には変わりないですが、一般国民と比べ基本的人権の大幅な制約を受けると考えられており、そのため皇族に婚姻の自由はありません。
Posted by すがりん | URL | 06/02/22 15:48 | cnTyM64c

一部の人間をそのように取り扱うとは、とんでもない差別的、非人間的な「差別憲法」ですね。天皇家は一度人権弁護士に相談してみるべきかもw。
やはり憲法改正あるのみ。
Posted by すがり | URL | 06/02/22 16:18 | avittu5c

http://www.nikkei.co.jp/news/kaigai/20060127AT2M2701H27012006.html

くっくりさん、こんばんは〜

本日もお疲れ様です。毎度エントリーと違う話題ですみません。

日経に面白い記事が載ってました。米国のぜーリック国務副長官がパンダを抱いてる自分の写真を公表して話題になっているそうです。

なんでも「Panda Hugger」 (パンダを抱っこする人)
というのは米国では親中派の代名詞だそうで。

わが国でも親中派、媚中派議員にパンダマークでも付けてやりましょうか・・・・・
Posted by 腰抜け外務省 | URL | 06/02/22 19:51 | 8ypkdDD6

種と畑のけん私もテレビを見ながらそう思いました。
ちちは血筋のち、はは、は、はぐくむのは、というのも結構いいと思うのですが。
Posted by まつ | URL | 06/02/22 21:08 | koJN9Tvs

皆さん、コメントをいただきありがとうございます。
いつも個別にレスを差し上げられず申し訳ありません<(_ _)>

Toriさん:
お祝いのお言葉をいただきありがとうございます。
って、どひゃーーーー!すっかり忘れてた!!
1週間前まで覚えてたのに!特別な料理でも作ろうかなーと構想してたのに!!何てこったい!!
結局今夜のおかずは夕べの残りの粕汁でした(^_^;
「2月22日は竹島の日」、最近こればっかり考えてました。自分の結婚記念日よりも竹島の日が大事!?これで私も立派な憂国の士?!
Posted by くっくり | URL | 06/02/22 23:47 | BlMBJmXA

↓トラックバック パペッティア通信
清水美和 『中国が「反日」を捨てる日』 講談社 
ジャーナリスト 東京新聞編集委員 元中国総局長
中国や日中関係の著作多数。

ふーん、東京新聞。。。日中関係の著作多数。。へーご本をいっぱい書いてるんだ。
東京新聞ねえ。
Posted by すがり | URL | 06/02/23 01:14 | avittu5c

二重スパイだったとか……
実は日本に利用されたフリをして、最初から中国のスパイだったとか……
Posted by 美樹 | URL | 06/02/23 04:23 | d3qR0uq6

「種と畑」のたとえは細木数子も自分の番組で言ってたので特にHでは無いと思います。
Posted by 鳥飼 | URL | 06/02/23 10:53 | 7ZiA3hhA

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?314
トラックバック
2月22日は竹島の日
私は保守系の立場から、この問題には無関心ではいられない。明日2月22日は島根県が定めた竹島の日。早期に日本の正常な統治下に戻ってほしい。やはり「フィオリーナの以心伝心」様の「竹島プロジェクト」などが中心ということで、いいのだろうか?専門家ではなく、...
Posted by 時事問題ショートコメント! | 06/02/22 03:35

「竹島プロジェクト」にて、韓国メディアが釣れました
フィオリーナの以心伝心様ご提案の「竹島プロジェクト」にて、 無事韓国メディアが釣れました。 なめ猫♪さまTBにてお知らせいただきありがとうございます。 こちら 日本語訳はフィオリーナの以心伝心様のエントリにございます。 ご協力いただきました皆様、ありがとう...
Posted by 桜日和 | 06/02/22 15:33

★ 日中は対等ではないことこそ知るべきでは? 清水美和 『中...
いかにウソまみれの中国論がインターネットに溢れ、メディア・リテラシーなどをうんぬんする資格のない、どうしようもないレベルなのか。それは、ネットに通行する日中記者交換協定なるものがまったくのデタラメでありながら、中国人にとっての「田中メモランダム」がごと...
Posted by 書評日記  パペッティア通信 | 06/02/22 18:10

外務省は解体してがいむ事業機構へ改変せよ(笑)
日本は「国を売ることはできない」と言って自殺した電信員のように、国家のために命をかけた人々に対してあまりに冷たすぎます。 そうした人々への敬意と補償が無ければ、国のために命をかける人々の士気は低下し、国家は解体されてしまうのです。
Posted by 涼風庵(皇室の伝統を守る、麻生閣下を次期総理に!) | 06/02/23 02:33