細切れぼやき〈1/9〉昨日の追記あり
■皇室典範改正案について昨日付エントリーの続報

 昨日付エントリーより引用:
 もうすぐ通常国会が始まります。
 自民党は、皇室典範改正案の採決の際、党議拘束をかけずに自主投票とする方針を固めたようです(1/7付東京新聞による)。
 これはチャンスです。私たちは今こそ、ボーダーラインにいそうな自民党議員に対して、採決に反対するようメール等で訴えるべきだと思います。

 コメント欄で教えていただいたんですが、1/8付北海道新聞に↓このような記事が。

女系天皇、結論先送り 政府検討、5−10年猶予設定 皇室典範改正案
 政府・自民党は七日、二十日召集予定の通常国会に提出する皇室典範改正案に関し、女系天皇に対する世論の動向や皇室の男子誕生の可能性を慎重に見極めるため、改正案の成立時は女性天皇を容認するだけにとどめ、母方だけが天皇の血筋を引く「女系天皇」の誕生まで五−十年程度の期間を設ける「暫定措置」の検討に入った。改正案の国会提出は三月以降の予定で、暫定措置を改正案に当初から盛りこむかどうかも含め、今後、議論を呼びそうだ。

 小泉純一郎首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は昨年十一月末、皇位継承資格を男女を問わず天皇直系の第一子優先とする報告書をまとめた。皇太子殿下に次ぐ皇位継承者として長女の愛子さまを念頭に置き、将来愛子さまの子どもが即位する場合など、史上初の女系天皇誕生への道も開かれる。

 世論調査でも、女性、女系天皇ともに七割超が容認しているが、首相官邸内などから《1》女性天皇と女系天皇が混同され、違いが十分に認知されないまま世論調査が行われている《2》史上初の女系天皇誕生はこれまで男系男子で継承してきた皇室の存在を揺るがすきっかけになる−との強い懸念の声が浮上。自民党内では改正案採決に当たり党内を締め付けたり分裂したりするのは好ましくないとして、党議拘束をかけず自主投票にする意見も出ている。

 こうした状況から、政府は「有識者会議の報告書をそのまま改正案化すると国会答弁が乗り切れない可能性がある」(官邸筋)と判断、女系天皇誕生まで暫定期間を設置する形で事実上の先送りを模索し始めた。

 政府関係者によると、「首相も女性天皇は念頭にあったものの、女系容認まで想定していなかった」という。首相は有識者会議の報告書について「大変意義深い」と述べながら、女系天皇に関しては「(反対論との)調整は国会で議論する」として直接的な評価は避けている。

 政府の「皇室典範改正準備室」が有識者会議の報告をもとに検討している皇室典範改正案は、《1》皇位継承資格を「男系男子」から「女子」やその子どもの「女系」の皇族にも拡大《2》皇位継承順位は男女を問わず天皇の長子(第一子)を優先《3》女子は皇族以外の男性と結婚した場合も皇族の身分にとどまる。夫や子どもも皇族の身分を持つ《4》配偶者として新たに皇族となる男性の名称を定める−などを柱としている。

 女系天皇、結論先送り。もしこれが本当なら歓迎すべきことですね。
 「女系天皇」容認に5〜10年猶予を設けるのであれば、「女性天皇」も待てばいいのに、という気もしますが。

 昨日は東京新聞、今日は北海道新聞。大手紙では報道されてないようです。それがちょっと気になる。でも東京新聞が昨日伝えた「党議拘束」の件は、今日の北海道新聞も触れてますね。

 驚いたのは「首相も女性天皇は念頭にあったものの、女系容認まで想定していなかった」というくだりです。これは「首相は有識者会議が女系まで認めるとは思っていなかった」という意味なんでしょうか?
 そして「女系天皇に関しては『(反対論との)調整は国会で議論する』として直接的な評価は避けている」ってことは、首相は女系容認にGOサインを出したわけではない、つまり、今後の展開によっては男系維持の可能性も出てきたってことなんでしょうか?

 通常国会前ってことで、様々な情報が錯綜している時期なのかもしれません。この件については、今後もこまめにニュースチェックしていこうと思います。


昨日付エントリー「朝日と産経の“交換日記”再び?!」の追記

 昨日はネットソースがなくて2ちゃんねるからテキストをコピペという状態でしたが、じゅりあさん@音静庵から、問題の1/7付朝日夕刊「窓」画像をUPして下さったというコメントをいただきました。こちらからどうぞ。

 そしてこれはトラバいただいたabusanさん@Absenteの酔いどれblog経由(元ネタはmumurブログさんのコメント欄)で知った情報ですが、新聞協会所属の新聞社は108あるそうです。

 こちら参照。
 http://society3.2ch.net/test/read.cgi/giin/1136293957/64
 http://www.pressnet.or.jp/info/katudo/katudo.htm

 1/7付朝日夕刊「窓」(執筆:恵村順一郎氏)からプレイバック。
昨年10月の小泉首相の靖国神社参拝について、新聞協会報によると、全国48の新聞が社説を掲げた。その論調は参拝に反対する主張が圧倒的だった。
 つまり、新聞協会所属の108の新聞のうち48紙が社説で靖国参拝を取り上げたということですね。で、残り60紙は取り上げてないと。
 分母を伝えず分子だけを伝えて実像をぼやかせる、朝日新聞の十八番「印象操作」だったようです。

 そしてここがポイントなんですが、取り上げた48紙全てが「参拝に反対する主張をした」とは書かれていない。48紙のうち「参拝に反対する主張が圧倒的だった」と書かれてあるのみ。“圧倒的”って、一体どの程度の数字なんでしょうね?30?40?
 これはもう書いた恵村順一郎氏に聞いてみないとわかりませんね。どの程度を“圧倒的”と感じるかは、その人によって違ってくると思いますから。


安倍官房長官、中国などが反発強める小泉首相の靖国参拝「批判は誤解に基づくもの」 フジテレビの「報道2001」で
安倍官房長官は、フジテレビの「報道2001」に出演し、中国などが反発を強めている小泉首相の靖国神社参拝について、「批判は誤解に基づくものだ」として、理解を求める努力をすべきとの考えを示した。
安倍長官は「これ(靖国参拝)は軍国主義につながるという批判がありますが、これは誤解に基づくものであって、誤解に基づく批判であれば、それを解く努力をするべきであって、われわれは誠意をもって、誤解を解く努力をしていかなければならない」などと述べた。
安倍長官はさらに、「国のために戦った方々のために祈りを続ける、その気持ちは私も持ち続けたい」と述べ、将来、首相に就任した場合、靖国参拝を続ける考えをあらためてにじませた。
一方、横田 めぐみさんらの拉致に関与した疑いが浮上している元北朝鮮工作員、辛光洙(シン・ガンス)容疑者の身柄引き渡しについて、「当然、今後の日朝交渉ではしっかり要求していく。それがなければ、拉致問題が解決することにはならない」と強調した。
[8日19時12分更新]

 これ見てたんですが、変なアメリカ人が出てましたね。どこかの大学教授。
 ニューヨークタイムズの社説を引き合いに出して、「アメリカでも靖国参拝に対しては否定の声が大きくなっている」てなことを言ってた。
 安倍さんがすぐに反論してくれましたけどね。「ニューヨークタイムズは自民党大勝を北朝鮮の独裁にたとえる記事を書いた。日本についての理解が浅い。アメリカにはたくさんの新聞がある。例えばウォールストリートジャーナルは参拝に理解を示す社説を書いている」と。
 どうせなら、「ニューヨークタイムズの東京支局は朝日新聞社内にある」まで言ってほしかった気もしますが(^_^;

 その後、そのアメリカ人は「靖国神社には戦争を肯定している遊就館がある」と矛先を遊就館に持ってった。
 これについては、中西輝政さんが「ブッシュ大統領も教会に行ったりするが、だからって十字軍の歴史を肯定しているとはならない」てなふうに反論。
 また安倍さんも、「靖国参拝反対派の人は論理的には勝てないと思ったようで、去年あたりから遊就館の批判をしている」と。

 確かに最近、サヨクが遊就館を槍玉に挙げるシチュエーションをよく見ますね。
 例えば、去年の小泉首相参拝の直前だったと思うんですが、加藤紘一が靖国神社の境内でテレビのインタビューに答えて、「私は参拝に来たのではありません。遊就館の展示を見に来ました。遊就館は戦争を賛美している……云々」と言ってました。めちゃむかついたので、よく覚えています(-.-#)

 小泉首相の靖国神社参拝の目的は、「戦没者に敬意と感謝の意を表するため」「不戦の誓いをするため」。日本人である以上、誰もこれに異を唱えることはできないでしょう。
 「中韓が反発しているから参拝はやめるべき」という論理も、国民の間に嫌中・嫌韓感情が広がっている今の状況では通用しない。
 つーことで、サヨクが編み出した次の論理が↓これってわけね。
 「遊就館が敷地内にある靖国神社が、果たして戦没者の慰霊や不戦の誓いにふさわしい場所なのか?」

※拙ブログ関連エントリー
 ・05/9/24付:覚えておこう!NYタイムズ大西記者
 ・05/11/29付:産経がNYタイムズを批判〜オオニシ記者も実名で登場


プロフィールより
夫にはバリバリの亭主関白になってもらいたいと思ってるんですが、私より年下ということもあってか、まだまだ頼りないです(^_^;
とりあえず「夫にはゴミ出しはさせない!」「夫が帰宅したら必ず玄関まで出迎える!」「高いヒールは履かない!(夫は私より背が低いので)」をモットーにしています。小さなことからコツコツと……。
家ではともかく外では夫を立てる、これ、絶対条件。

 すみません。モットーを破ってしまいました。
 続きは「お気楽くっくり」にて。


このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:57 | 細切れぼやき | comments (14) | trackback (2)
コメント
何度か言いましたが、昨年遊就館を一度訪ねました。満洲事変の辺りでへたりましたが…。
もちろん編⊃声劼領鮖亡僂亡陲鼎い薪玄┐任垢、だから何かという感じです。
中韓何か文句ある? 言ってみなさい、という感じです。
Posted by さぬきうどん | URL | 06/01/09 04:03 | kT9sjuTI

確か西村さんは小泉さんの「不戦の誓い」を批判してましたね。私もそう思います。
靖国神社は「不戦の誓い」をするところじゃなくて、「国を守る誓い」をするところじゃないかと思います。
あるいは「国を守る勇気を与えてください」と祈る場所。
Posted by チンシャ猫 | URL | 06/01/09 09:54 | 7aYEWves

報道2001当方も見ていました。ジェラルド・カーティス教授は日本政治についての論考を定期的に新聞に書いている方のようですが、あそこまで典型的「進歩派知識人」とは知りませんでした。
安倍さんの指摘は的を得たものでしたね。できることならもう一歩踏み込んでイジワルに「あなたは遊就館のことをいつお知りになりましたか?」くらい質問してほしかった。安倍氏でまずいなら同席の中西教授あたりに。彼氏は戦後史観について当代もっとも注目すべき論考をしていると思っています。
Posted by 嫌ン罵韓 | URL | 06/01/09 10:51 | rWFOEE8.

一昨日の稲田議員の記事と、昨日の産経の「三人の男系継承者の存在」の記事はとても解りやすく、納得できる内容でした。
2600年歴史の重みを、ホンの一瞬の60年と比べること、また1年くらいの議論で方向転換させようとする愚かさ。2600年の間に先人達は知恵を出し尽くして、日本の根底を守り続けてきています。
平成時代の我々も、子孫達からも情けないと思われぬよう、また世界から冷笑されぬよう、知恵を出し合うべきです。
皇室に生まれた方々は、ご自分の立場と存在の大切さを、きちんとわきまえておられるのですから、軽々しく男女平等論や、個性尊重などとひとくくりに論じてはいけないと思うのですが。
Posted by 樹姫 | URL | 06/01/09 12:32 | Z.JUJIqc

本論から外れますが、失礼ながら嫌ン罵韓さん、的は「射る」ものでは?

「的を射た」と「当を得た」という言葉は混同され易いのか、よく見かけますね(^^
Posted by saf | URL | 06/01/09 15:25 | dj5LDbN.

記事には関係ありませんが…

私は、「的を得る」は「得る」だと思います。

昔は的の中心(正鵠)に当るかはずれるかを「得る、失う」と表していました。よって「正鵠を失う」であれば、的の中心をはずしたことになります。

「的(正鵠)を得る」はその反対ですから、的の真ん中に命中したこと。ひいては、論点を上手く突いている様を言うのではないかと思っています。

詳細はURLをご参考に。
Posted by みかんβ | URL | 06/01/09 16:00 | LZLkCcjA

正月にテレビやラジオの色々な報道番組をみていると、「女系天皇への道が開かれた」という文言を連呼していますね。
何故、歴史の断絶の方を言わないのか?世論調査、もとい、世論操作を感じます。
Posted by 心配しすぎ? | URL | 06/01/09 21:22 | ZAhJgklA

くっくり様はじめまして。毎日拝見しております。
今日の記事とは関係ないコメントですけれど
くっくり様も興味を引くと思いましたので
コメント欄にて失礼します。
先の朝日、産経新聞による社説の応酬にかんしてですが
さすが朝日、すばらしいクオリティーです。
私は今年から産経に替えたんですが(日経から)
今日の石原都知事の寄稿など本当に素晴らしく、
いつも朝新聞を読むのが楽しみです。

皇室問題は少しだけですが事態が好転してきたような気がしますね。ぶっちゃけた話、この法案が可決されれば
私は有識者会議と小泉首相を狙うテロリストにでもなろうかと思うほど憤慨しておりました。
くっくり様や他の反対派のブログを読んで気持ちを落ち着かせています。
これからも熱い記事を楽しみにしております。
Posted by hage | URL | 06/01/09 22:41 | Xwi.nzD.

くっくり様、はじめまして。

エントリーとは直接関係ないコメントで申し訳ありませんが、気になったので拾ってみました。

中国様、もう自分でも何を言っているのかわからないんじゃないでしょうか。

日本に報道規制を要求 中国「対中批判多すぎ」(共同)
http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=MNP&PG=STORY&NGID=intl&NWID=2006010901003354
Posted by えたんだーる | URL | 06/01/09 23:43 | Gt.g05no

くっくり様
すみません、22:41の書き込みですが
リンク先を「URL」の欄にコピペしてしまいました。

朝日新聞の「華麗な職人技」を堪能できますよ。

作文というよりほとんど捏造じゃ・・・・?
Posted by hage | URL | 06/01/09 23:57 | Xwi.nzD.

女系天皇は保留し、女性天皇のみを認める場合の継承順位はどうなるんでしょうね?
皇太子殿下→秋篠宮殿下→その他の男性継承者→愛子内親王殿下→その他の女性継承者でしょうか。
それとも皇太子殿下→愛子内親王殿下→秋篠宮殿下→その他の継承者でしょうか。
まぁ、現段階で私ごときが思い悩んでも仕方がない事ではありますが…。
Posted by Hermit | URL | 06/01/10 01:58 | Rjq7F71I

くくっりさま
いつも、楽しく拝見させて頂いております。
今まで、勝手に男性だと思い込んでいました。
(男尊女卑ですね。私は男です。)
失礼しました。
でもって、プロフィールよりを読んで、
ますます応援したくなりました。
うちの妻は、
ゴミ捨ての時は、私が出かける時に一緒に一階まで降りて捨てます。
出かけるときは、エレベーター前まで見送って、その後ベランダで手を振っています。帰りは料理中名ことが多いので、いろいろですが。
巻き爪なので、ハイヒールは履きません。
ということで、非常に親近感?が沸きました。
今後とも、楽しもにしております。
では、失礼します。
Posted by 似非亭主関白 | URL | 06/01/10 11:21 | p8wnrnYs

安倍晋三官房長官は10日、政府が通常国会に提出する女性・女系天皇容認のための皇室典範改正案について、党議拘束が必要だとの考えを示した

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060110-00000098-mai-pol

官房長官という職務上、こういうことを言わなければならないと解ってはいるのですが…(´・ω・`)

自民党側は、新人議員の会合や幹事長の発言など、慎重な動きが見られ始めましたが、政府側の動きははどうもおかしいですね。

なぜそこまで強行しようとする?
Posted by saf | URL | 06/01/10 21:18 | zUcm.wUQ

>みかんβさん

リンク先の一説、読みました。そういう解釈も有るんですねぇ。

それでも、俺は日本語の表現として感覚的につかみ易い「的を射る」と言う方が良いですね。
「的を得る」ではピンとこない。

矢を射ても、そう簡単に的に当たるもんでもないでしょうから、的に当てる(的を射る)だけでも凄いことだと思うし(笑)

まあ、「得る」を使うなら、きちんと「正鵠を得る」と書くべきでは?
Posted by saf | URL | 06/01/10 21:36 | zUcm.wUQ

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?268
トラックバック
結論は先送りに?
北海道新聞女系天皇、結論先送り 政府検討、5−10年猶予設定 皇室典範改正案
Posted by このブログには嘘が書いてあるかもしれません。 | 06/01/09 19:35

安倍氏「党議拘束を」−女系天皇慎重論を牽制のウソ
皇室典範:改正案に党議拘束必要との考え 安倍氏(毎日新聞 1/11)安倍晋三官房長官は10日の記者会見で、政府が通常国会に提出する女性・女系天皇容認のための皇室典範改正案につ
Posted by 草莽崛起 ーPRIDE OF JAPAN | 06/01/11 11:55