『正論』特集〜世界の「反日レッド・ペーパー」研究
 11/29付拙ブログ「産経がNYタイムズを批判〜オオニシ記者も実名で登場」で、産経の古森義久さんの署名記事を紹介しましたが、今月号の「正論」に、これをグレードアップしたような特集が載ってます。

 題して……

■世界の「反日レッド・ペーパー」研究
 〜日本悪玉論を喧伝する国際偏向報道に反撃を〜

 見出しはこんなふうになってます。
 ●フランス「ル・モンド」「アルテ」
  (筑波大学名誉教授・竹本忠雄)
  ・これ以上ない民族への罵倒記事
  ・「反日言論テロ」を幇助するのはだれだ!
  ・「プロパガンダ」以上の根深さ

 ●アメリカ「NYタイムズ」「ワシントンポスト」
  (産経新聞ワシントン駐在編集特別委員・古森義久)
  ・アメリカ大手紙の論調が同盟敵視の中国とダブる不思議
  ・安倍長官、麻生大臣をも断罪、糾弾
  ・「現実」は日本にとっては幸い

 ●中国「人民日報」「国際先駆導報」
  (産経新聞中国総局記者・野口東秀)
  ・衝突と対話
  ・糾弾の雨あられ
  ・経済に影響か否か
  ・にじむ大国の自信
  ・安倍官房長官への警戒露に

 ●韓国「ハンギョレ新聞」
  (大阪経済大学助教授・黒坂真)
  ・「東アジア共同体建設」と連動した靖国参拝批判
  ・危険な「憲法九条はアジアの財産」論
  ・反日宣伝は「主体革命偉業」への協力だ

 ●ドイツ「シュツットガルト新聞」
  (エッセイスト・川口マーン恵美)
  ・傲慢にしか聞こえない首相談話
  ・「南京大虐殺」「従軍慰安婦」はギリシャチーズではない!

 中国や韓国の新聞がありもしないことを書いて日本を攻撃してくるのはもう慣れっこですが、フランスやドイツにおいても、それに勝るとも劣らないひどい新聞が存在しているという現実を突きつけられました。

 しょっぱなのフランス「ル・モンド」について書かれた竹本名誉教授の論文の、ほんの最初の方を読んだだけで、もう私は怒り心頭になってしまいました。
 先月の紀宮さまのご成婚にまつわる記事なんですが、まあ皆さん、読んでみて下さい。

 まず、御結婚については、「フランスの朝日新聞」ことル・モンド紙が、折紙つき反日特派員フィリップ・ポンスの筆名で、「日本の菊のカーテンの奥」と題する長文の罵倒記事を17日付で公にした。要旨はこうだ(括弧内筆者注)。

<本来なら現代日本史の一隅に片付けられて終わるはずの紀宮の結婚は、程なく女帝誕生もありうるこの国で、破天荒の意味を持つに至った。女帝に対して男系天皇論者たちは躍起になって反対し、妾制度復活まで持ち出されるほど。その在位が日本の転落と一致した明治天皇も、大正天皇も妾腹だし、日本の歴代天皇の半分もそうらしい。天皇制はアナクロニズムで、日本人にとって飾り物にすぎない。左翼(つまり、ル・モンド)からすれば軍国主義の延長、平等権利への違憲そのものだ。勿体ぶった皇室に嫁いだ天下の才媛は、ミチコ、マサコ、キコと、みな人生をめちゃくちゃにされて、ただひとり助かったのが、今回皇居を去ったサヤコ姫なのである。米占領軍のおかげで戦争責任を免れた昭和天皇は、大知識人・加藤周一の言葉をかりれば「君民一体」どころか「君民分裂」を招いた曖昧な人物で、アキヒトとミチコが人民との絆を更新すると思いきや、マサコ妃の鬱病でそれも吹っ飛んだ。もはや有難味のない天皇は、「人民不在社会の浮き上がり」にすぎない。その存在を押し隠す濃霧を裂き、男系(ファロクラシー=男根系)天皇制を打ち破るところまで、はたしてミチコは行きつくだろうか…>

 およそ一国の名誉をこれほどまでに踏みにじった言辞があろうか。極左学生のチラシではない。世界中にばらまかれた一応知名紙の論評である。個人に対しても名誉毀損の成り立つ民主主義国際社会で、これだけ面罵されても日本という国は何もいえないのだろうか。
 今度も外交筋が何か言ったという気配はない。何か事あるごとに、在留邦人の間では、どうせ大使館は何もしないのだろうとささやかれている。いったいフランス人はどう受け取ったのだろうと周囲に当たってみると、皇室については本当のことは誰も知らないのだから、こんなものかとおおかた真顔に受け取っているという。なるほど、その狙いあっての中毒化なのであろう。

 これはほんの一例にすぎない。テレビもじゃんじゃんやっている。11月2日には、高視聴率の独仏共同「アルテ」局が、竹島は韓国の領土という驚くべき放映を、たっぷり30分は流した。

 「ル・モンド」が反日新聞であることはずいぶん前から知ってたけど、まさかここまでひどいとは。
 テレビ局「アルテ」もひどいです。長くなるので引用しませんでしたが、君が代斉唱の卒業式の光景を写して「日本の軍国主義シャンソン」と決め付けてたのだとか。
 はぁ?フランス人は行事で国歌を歌わへんのか?それにあんたらの国歌の歌詞の方がよっぽど軍国主義ちゃいますか?

 日本の、例えば朝日新聞なんかが事実に反する記事を載せていた場合は、私たちはすぐに抗議することができます。
 が、海外の新聞だとそう簡単にもいきませんよね。
 抗議するにもまず言葉の壁がありますし、そもそも海外の反日新聞が日本の、それも購読者でもない一民間人の言葉に耳を傾けてくれるかどうか?

 それ以前に、日本に住む私たちはそういった記事の存在に気づくこと自体が少ないですよね。
 アメリカや中国、韓国など、比較的日本と利害関係が深い国で日本がどう報道されているかというのは、日本のメディアでも時々伝えられますが、もうそれ以外の国になると伝えられること自体ほとんどないわけで。
(韓国の「朝鮮日報」や「中央日報」などはネットで日本語版が配信されていますが、こういう新聞は限られている)

 中国、韓国は官民挙げて、世界規模での反日活動を展開しています。
 私たち日本人も手をこまねいてないで行動を起こさなければなりません。
 本来なら日本政府がやるべきことですが、彼らはあまり動いてはくれません。やはり私たち“民”が草の根的に動くしかないのでしょうか?

 などと言うと、「そんな大人げないことをするのはどうか。相手と同レベルに堕ちるだけで、かえって日本人の印象を悪くするのでは?」と反論される方が時々おられます。
 が、「沈黙は金」という言葉が通用するのは日本国内だけです。国際社会は、日本が「黙っている」=「事実と認めた」と思うでしょう。
 このまま黙っていたら、中国や韓国(や反日日本人)が捏造した日本の姿が世界中にすっかり定着してしまうのではないかと、気が気でなりません。

 ある事象についての知識が全くない、真っさらな状態のところへ、「真実はこうだ」と吹き込まれたら、よほどへそ曲がりな人でない限り、それをすんなりと信じてしまうでしょう。たとえそれが真実でなくても。
 先ほどの「ル・モンド」の皇室記事に対するフランス人の反応が良い例です。

 かと言って、私たち“民”が個別に各国のメディアに抗議をしたところで、やはりあまり効果は望めないだろうし、じゃあどうすればいいんだろう?……と悩んでいたところ、ドイツ「シュツットガルト新聞」について書かれた川口マーン恵美さんの論文がヒントをくれました。

 こうなると、日本政府や外務省が明確な反論を避けている限り、「日本国民は今日もなお帝国主義を肯定し、日中戦争や第二次世界大戦での残虐行為を正当化し、反省の色がないどころか、戦犯の極悪人たちを奉っているのだ」という認識が事実として全世界に浸透していくことになる。断っておくが、シュツットガルト新聞は左翼紙ではなく、どちらかといえば保守的な新聞である。そんな地方紙まで、日本の過去を巡ってはこうした報道をする。日本人は、海外でのこの実情を知っているのだろうか。

 私たちに欠けているものがあるとすれば、それは成熟度でも、反省する能力でもなく、アピールであった。まず、日本人が過去と真摯に取り組んでいないというのは真実ではない。また、今の日本に帝国主義や軍国主義が根付く土壌はない。官邸や外務省が、その明晰な頭脳を用い、外国に向けて事情説明をする気になれば、極東軍事裁判の不当性や、中国や韓国の行っている反日政策、南京陥落や慰安婦に関する日本側の認識などを情報として織り込むことさえ、それほど難しくはないはずだ。これらを明確に論証すれば、いくつかの誤解は確実に解け、日本に対する理解度は今よりもはるかに改善されるだろう。これ以上効果的で、安上がりな広報活動はない。

 海外が相手の場合は個々人が草の根的にやるよりは、やはり政府に一括してやってもらった方が効率的かつ効果的。何とか政府を動かすしかないですね。

 先の内閣改造によって幸い、官房長官には安倍さんが、外務大臣には麻生さんが就任しました。
 「日本に対する理解度を深めてもらうよう国際社会に向けてもっと広報活動をして下さい」「各国メディアの報道を注視して下さい。そして日本について事実に反する記述を見つけた時は必ず抗議をして下さい」といった要望は、これまでよりもずっと聞き入れてもらえる環境にあると思います。

 ということで、リンク貼っときますね。
 (「結局は草の根かよ!」って責めないで〜(T^T))

 ・官邸HPご意見募集
 ・外務省HPご意見・ご感想コーナー


 ……話は変わりますが、今日の産経朝刊「談話室」(読者投稿コーナー)に興味深い記事が載っていました。
 併合時代を知る韓国人女性の言葉を紹介した、日本人男性の投稿です。
 WEB版にないので自分で入力しようと思ったんですが、その前にmumurさんに全文UPされているのを発見しました(ラッキー(^_^;)。

韓国の老人が語る日本統治の真実

 韓国人女性の言葉の部分のみ引用させていただきます。
日本の統治時代は生活が安定し、お互い親戚同士のような付き合いをしていた」
「特に学校の日本人先生には本当によくしていただいた。 先生が日本に帰るとき親も泣いて見送った」
「貧しくて授業料が払えない生徒からはお金を取らなかった」
「子供を学校に行かさない親には先生が説得に行った」
誰もが教育を受けられるように学校をいっぱいつくった」
「学校では日本語を強制するのではなく、むしろ積極的にハングルを教わった

 併合時代を知る韓国人は、むしろ親日が多いのではないか?という気がします。自国政府やメディアがこれでもかというほどに日本を叩いている姿を見て嫌悪している人も、意外と多かったりするんじゃないでしょうか?
 ただ、台湾と違って韓国は「それ」を言えない社会なんですよね。

 併合時代を知る韓国人はどんどん減っていってます。日本でもやはり併合時代を知る人はどんどん減っていってます。
 「日本人と韓国人は(基本的に)上手くやっていた」という事実を知っている日本人、韓国人はいったい今どのぐらい存在しているでしょうか?

 韓国と違って言論・表現・報道の自由が保障されている私たち日本人は、書籍やネットを通して事実を知ることは可能です。が、わざわざ書籍やネットでそれを知ろうとする人はまだまだ少ないでしょう。
 日本でもテレビや新聞といった媒体では、まだまだ歪んだ伝え方がされています。一部を除けば、はっきり言ってどこも「併合時代の韓国人は日本人によってひどい目に遭わされた」の大合唱です。
 そう、実は日本もまた韓国と同様に「それ」を言えない社会なのです。
 
 もちろん韓国よりはずっと規制は緩いでしょう。
 それでも、例えば、大ヒットした『マンガ嫌韓流』が一部論壇を除いてほとんど黙殺されてしまってたりするのを見るにつけ、この国には本当の意味での自由はまだまだないのでは?と思えてしまったりするわけで。

 早くこういった体験者の真実の声が、産経だけでなく他の新聞に載る日が来ることを、あるいはテレビの電波に乗る日が来ることを、心から願います。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 02:20 | マスコミ | comments (17) | trackback (2)
コメント
  NYに住んでいますが、我が家の隣のアパートの元オーナーが在日だった人でした。彼は戦前、子供の頃に両親に連れられて渡日したそうで、こんな事を話してくれました。

「朝鮮人は日本人から『汚い』と嫌われたけど、仕方が無いんですよ。あの頃の朝鮮人は、衛生観念も無くて、道端ででもどこででも、子供に糞尿はさせるし、字は読めず教養も何も無かったんですから」

「私は日本で勉強して、戦後韓国に帰ったら、日本帰りだ、とひどい差別を受けて、居たたまれなくなってアルゼンチンに行きました。そして、アルゼンチンで一儲けしてアメリカにやって来たんですけど、ここでも韓国人からは差別されてますよ。」

と。この方は、こちらで成功して宝石屋を起こし、息子さんが店をついでますが、息子さんは英語と韓国語だけ。お話する事もありませんでした。ご兄弟は、まだ日本にも残っているそうですけど、こういう方達が存命の内に真相を記録として資料として残しておくべきですよね。
Posted by Risshin | URL | 05/12/03 03:38 | MyDqEzoQ

IOPSというメーカーのHPで日本が燃えてます。
http://www.iops.co.kr/home/iops_pic_read.html?board=104&no=32644

iPodのそっくりさん、アップルが販売中止求める【ソウル1日聯合】米アップルコンピュータが韓国の携帯デジタル音楽プレーヤーメーカーのIOPSに対し、デザインを盗用したとして関連製品の生産と販売中止を求めていることがわかった。
http://japanese.yna.co.kr/service/article_view.asp?News_id=062005120100800

この会社の製品と日本を燃やすHPとどう関係があるのかわからん。日本政府に報告してこの会社に謝罪させたいと思いませんか? 私は政府官邸にこの会社に連絡しクレームの処置をしてくださいとメール送りました。怒りを感じた方は、お送りください。
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html
Posted by 海外在住 | URL | 05/12/03 07:01 | 8RWKbF4s

初めて書き込みいたします。いつも興味深く読ませて頂いております。
記事中のル・モンドの記事ですが、もしかして今発売中のクーリエ・ジャポンに全和訳(だと思いますが)が掲載されている記事のことでしょうか?だとしたら、その竹本名誉教授さんがちょっと被害妄想的と申しますか、どこをどのように解釈すればその方のおっしゃる「要旨」になるのか、苦笑せずにはいられません。。
元の記事には、確かにお妾の子が半数くらいをしめていたとかうつ病うんぬんとか書いてありますが、もっと客観的に見た事実として書いてあり、先の教授が解釈されているような蔑むような論調ではないと思います。(フランス語で読めるわけではないので、確信はありませんが。)
事実婚やシングルマザーなど、手続き上の婚姻制度を差し置いてでも個人(特に女性)の意思を尊重するフランスのお国柄を考慮しても、良心的な記事であったと私には感じられました。
もし興味がおありなら、正論の記事を鵜呑みにしないで元記事をご自分でお読みになってみてはと思います。

これからも拝見させていただきます。失礼いたしましたm(_ _)m
Posted by nyao | URL | 05/12/03 12:57 | bYxN/mT2

北海道新聞がネットに問う!

どうなの?@読者の声ネット版
◆今回のテーマ  韓流ブーム
 テレビドラマ「冬のソナタ」で火がついた韓国への関心は、ドラマから音楽に、
人々の生活へと興味の連鎖を生んでいます。一方で、このブームは異常との
声も聞こえます。今年は日韓国交回復四十年を記念した「日韓友情年」でしたが、
政治の影もちらつきました。意見をお寄せください。
http://www5.hokkaido-np.co.jp/dounano/

ご協力お願いします
Posted by ちゅらさん | URL | 05/12/03 12:57 | Fnq05WqY

極端な言い方をすれば、西洋文明からみれば、遥か東の僻地にある黄色人種が住む島国は、容易に蔑みの対象となるでしょうね。
そこへ、特定アジアが色々な反日工作を行えば・・・。
Posted by オヤジ | URL | 05/12/03 14:12 | ItDH3Jfs

>ル・モンド

ひとの国の皇室のことを「妾の子がうんぬん」「うつ病うんぬん」なんて書く時点ですでに良心的とは思えませんが・・・
Posted by HG | URL | 05/12/03 15:04 | hm2zgn2s

朝日新聞が認める「 強制連行は無かった 」
http://nikaidou.com/column02.html
Posted by zyx | URL | 05/12/03 17:23 | hlquY65I

> Risshinさま  はじめまして。

 貴重な聞き書きというか、証言だと思います。
 件の元在日の方が日本のどこでお住まいだったのか、よろしければ教えて下さいませんか。
 彼が韓国に帰国して受けた差別、理不尽ですね。その後の(ずーっと後の)在日韓国人の留学生たちも韓国で酷い差別を受けました。
 私はフランスのこの間の「人種」暴動を思い起こします。朝鮮人はいわば「民族原理主義」であり、多様性や変種を認めないんですね。
 私はフランスや中国、そして朝鮮のような文明原理主義の国よりはイギリスやアメリカ、東南アジア諸国や太平洋島嶼諸国、そしてインドに親近感を感じます。
  フランスつながりで、昨年亡くなったフランスの思想家でジャック・デリダという人がいます。超有名な方です。彼はアルジェリア出身のユダヤ系のフランス人だったそうです。彼の本は多分買ったけど読んでいないので。
 フランスって複雑。反ユダヤ主義も強そうですしね。
 失礼しました。
Posted by さぬきうどん | URL | 05/12/03 21:23 | zy5/dSnY

併合時代、朝鮮半島で、日本人の教師が
「子供を学校に行かさない親には先生が説得に行った」という話、
朴大統領も「貧しくて小学校に行けなかったところ、日本人の先生が親を説得してくれて学校に行けるようになった。併合がなければ自分は学校に行けていなかっただろう」と語っていたということを思い出しました。
Posted by ヒロ | URL | 05/12/03 22:07 | zqFmVIWI

皇室の方々を 敬称なしで呼び捨ててることにビックリ!
上っ面のみのコメントです。すいません

特アの記事をみると、他国からの批判的な記事には、新聞等のマスコミが、批判の不当を訴えてたりしていると思います。
政治家(政府)が直接に批判の不当を唱えるのもよいですが、日本側のマスコミの援護射撃も必要なのだなと、つくづく思い知らされます、が・・・朝日・共同ですものねー。  頭イテ−
Posted by T | URL | 05/12/04 00:40 | LVZLYVR6

浅いアイデアかもしれませんが、在日大使館などに手紙を送る。
 というのはどうですかね?
Posted by どれ | URL | 05/12/04 02:58 | DuCEE6CA

日本中を騒がせている姉歯設計事務所から発覚した耐震偽造の問題、どうやら創価学会がらみの公明党が関っているようです。あの国会での小嶋氏の怒鳴りようは、朝鮮の火病まるだしだし、顔が朝鮮人そのものですね。これは日本に対するテロ行為の1つです。アメリカの9.11とどう違うでしょうか。街を破壊し政治、経済を混乱させ市民を混乱させるテロです。今は先進国に戦争を起こすことは被害的にも大変なことだし、世界から非難されることを考えると不可能に近いと思います。テロリスト+社会主義4カ国(ロ中朝韓)からみればいわゆるプチテロといったものなんでしょう。伝統を重んじず次々に日本の内部から破壊し乗っ取りを目論んでいる恐ろしいヤツらです。

◆どう考えても朝鮮企業の違法建築。姉歯で終わらせるな。
http://nikaidou.com/column02.html
>全員、間違いなく姉歯一人でやったとは思っていないし、自殺した森田設計の人間は、殺されたと思っている。ヒューザーは創価大学からの就職が多いし、小嶋は朝鮮人。そして公明党の”北”側国土交通大臣が異例の「税金による補償」を口にするなど、おかしすぎる。創価の犯罪じゃないのか?週刊新潮に期待します。
Posted by YM | URL | 05/12/04 08:54 | 8RWKbF4s

さぬきうどんさん

> 件の元在日の方が日本のどこでお住まいだったのか、よろしければ教えて下さいませんか。

 横須賀と言っておられました。

 もう一人の方の事も書きます。数年前にNYのパブリックゴルフ場で一緒になった方です。私が自分は日本人だと自己紹介すると、この人は「自分は台湾人だが、昔、大日本帝国海軍軍人として零戦に乗っていた。戦後は、F86に乗って朝鮮戦争に参加したよ」と昔を懐かしがって、綺麗な日本語で話しておられました。名前と電話番号も頂いたのに、メモを紛失してしまったのが、とても残念です。
Posted by Risshin | URL | 05/12/04 13:39 | MyDqEzoQ

「雄弁は銀、沈黙は金」ということわざですが、確かこれは古代ギリシャ(うろ覚えです)で生まれたもので、日本で一般的な「沈黙>雄弁」という意味ではなく、「雄弁>沈黙」ということを言ったものだったと思います。
当時のギリシャは(これもうろ覚えですが)銀本位制だったから、銀の方が金より価値が上だったためにこういう言い回しになったのだと記憶しています。
Posted by 川崎市民 | URL | 05/12/04 17:54 | OlYdV/3g

nyaoさん。 該当の記事が”客観的に見た事実を書いただけ”とおっしゃるなら、妾制度復活を要望する集団の名でも挙げてもらえるでしょうか。事実なら簡単なはずですよね?

>個人(特に女性)の意思を尊重するフランスのお国柄

国によって価値観が異なることが分かっているなら、それを他国に押しつけて他人の幸福度をうんぬんする愚かさも分かるのではないかと思います。 異なる価値観から見れば、”社会の関心を持ってもらえない不幸なフランス人女性たち”という評価だって可能です。
そこをわきまえない傲慢さが「無礼」なわけです。

すでに記者と同じ思い込み・価値観を持った人には、そのようなこと検証などせずとも”事実を客観的に述べただけ”なのかもしれませんが、端から見ていると(苦笑しているところを想像すると)哀れさを感じてしまいますよ。
Posted by 通りがかりのもの | URL | 05/12/04 20:43 | 2Pld5RQQ

Risshinさま
ありがとうございました。
Posted by さぬきうどん | URL | 05/12/05 03:16 | Pjsog2PQ

>さぬきうどん様

> 私はフランスのこの間の「人種」暴動を思い起こしま
>す。朝鮮人はいわば「民族原理主義」であり、多様性や>変種を認めないんですね。

フランスについては私もそう思っていたのですが、実は朝鮮人に近いのは暴れた連中らしいです。

http://blog.livedoor.jp/gogodango/archives/50212208.html
Posted by 笹団子 | URL | 05/12/06 22:52 | CNqhE0wM

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?232
トラックバック
「男系維持派」で後継問題を考えてみた
日本人は、古くから森羅万象には魂が宿ると考え、日々の営みの中で、良いことであれ、悪いことであれ、あらゆるものに感謝と畏怖の念を持ちながら・・・
Posted by オヤジがゆく | 05/12/03 14:31

[ガンキャラネタ]1st バーニィ良い男だよね。
 いいかい、母さん、よく聞いてくれ。 この包みの中には、俺の証言を収めたテープや証拠の品が入っている。 日本人が人質の目標になったわけを、ある事無い事喋った。 もし俺が捕まったら、これをマスコミに届けてくれ。左翼が本当だと信じてくれたら、この演技は救われ...
Posted by とりかご 島根県のお歳暮販促中! | 05/12/04 23:04