眞悟さん。ここが踏ん張りどころです。
 本日は都合により早めにUPします。
 余裕があったらまた深夜にUPするかもしれません。

 西村眞悟議員絡みのニュースですが、最初にこれ見た時びっくりしました。

西村真悟議員事務所を捜索へ 関係者が弁護士法違反容疑(朝日新聞)
2005年11月18日06時50分
 民主党の西村真悟衆院議員(比例近畿ブロック)の事務所に出入りしていた男(52)が、弁護士資格がないにもかかわらず交通事故などの示談交渉をしていた疑いが強まったとして、大阪地検特捜部は18日にも、この男ら数人に対し、弁護士法違反容疑で強制捜査に踏み切る方針を固めた。特捜部は容疑を裏付けるため、同日中に大阪府堺市にある西村議員の弁護士事務所などを関係先として家宅捜索する。特捜部は、西村議員の事件への関与の有無についても慎重に調べを進めると見られる。

 調べでは、男らは右翼団体関係者を名乗り、交通事故などをめぐって弁護士資格がないのに示談交渉をし、報酬を得ていた疑いが持たれている。男は交渉の際に「西村真悟法律事務所」の関係者を名乗ることもあったとされ、その結果得た示談金の数%を手数料として受け取っていたという。

 また、損害保険会社に対する保険金の請求を代行することもあったという。

 関係者によると、男は数年前から西村氏の事務所に姿を見せるようになり、私設秘書のように振る舞うこともあったとされる。

 今年7月、大阪府警警備部が男ら計3人を同法違反容疑で大阪地検に書類送検していたが、関係者の供述が一致しない点などもあり、特捜部は事件の全容解明のためには強制捜査が不可欠と判断したと見られる。

 西村議員は大阪府堺市出身で京大法学部を卒業。77〜80年に神戸市役所に勤務し、85年に大阪弁護士会に登録した。93年の総選挙で民社党公認で初当選し、現在5期目。

 「特捜部は、西村議員の事件への関与の有無についても慎重に調べを進めると見られる」?!眞悟さんも逮捕されちゃうの?(T^T)
 ところが他紙を見てみたら全然違うじゃあ〜りませんか。見出しのニュアンスからして既に違ってる。

「西村法律事務所」名乗る 無資格で活動、元職員を摘発 議員本人も聴取(産経新聞)
 民主党の西村真悟衆院議員(57)=比例代表近畿ブロック=が弁護士として開いていた法律事務所の男性元職員(52)が、退職後も弁護士資格がないのに事務所長を名乗って弁護士活動を行い報酬を得ていたとして、大阪府警が弁護士法違反容疑(非弁活動)で書類送検、西村議員からも事情聴取していたことが十七日、分かった。元職員は西村議員の印鑑などを使用、報酬の一部が法律事務所に流れたとみられるが、西村議員は関与を否定したもようだ。

 調べでは、元職員は平成十三−十五年、知人の男女ら数人が被害者になった交通事故で、弁護士でないのに代理人の依頼を受け、相手側の損保会社へ賠償請求や示談交渉を行い、保険金の一部から報酬を得た疑い。

 元職員は依頼者や保険会社に、西村議員の事務所名が印刷された名刺を使い、「所長」「事務局長」などと名乗っていたという。

 西村議員事務所の説明では、西村氏と元職員は十年に知人を通じ知り合い、法律事務所の事務職員として採用。保険金請求などの事務業務で、保険金の10%にあたる報酬のうち半分を給与として渡していた。元職員が政治団体の元構成員だったことが十三年に判明し、雇用関係を終わらせたという。

 元職員は今回の事件でも弁護士としての西村氏の印鑑を使い、保険金の振込先に同事務所の口座を指定。結果的に報酬の一部を同事務所に入れていたとみられている。

 西村議員事務所の話「元職員は十三年にやめてもらった。法律事務所も事実上閉鎖し、新規依頼を受けずに残務処理を頼んでいた。その間に勝手に新規案件を受けていたようだ。(非弁護士活動の報酬の一部が事務所に入っていた可能性については)驚いている。通帳などを精査して事実関係を明らかにしたい」
(産経新聞) - 11月18日3時29分更新

西村議員の名を不正使用、弁護士事務所の元職員逮捕へ(読売新聞)
 民主党・西村真悟衆院議員(57)の弁護士事務所の元職員数人が、弁護士資格がないにもかかわらず、同議員の名前を不正に使い、交通事故の示談交渉をするなどして不正に報酬を得ていたことが18日分かった。

 大阪地検特捜部は同日午前、弁護士法違反(非弁活動)容疑で強制捜査に乗り出し、西村議員の弁護士事務所の元職員で、「第三通信社」(東京都千代田区)幹部の男(52)(大阪市)ら大阪府内の同社関係者4人について、取り調べを始めた。容疑が固まり次第、逮捕する方針。

 また、特捜部は同日、同通信社や西村議員の事務所(大阪府堺市)など関係先の捜索を始めた。

 特捜部などによると、男らは共謀し、2001年ごろから、同社の大阪事務所で6回にわたって西村議員の名を使い、交通事故の相談を受け付けたり、書類を作成したりするなどして、弁護士資格がないのに示談交渉を行って報酬を得ていた疑い。報酬として毎回、示談金の十数%以上を受け取っていたという。

 この問題を巡っては、大阪府警が7月、幹部の男ら3人を同法違反容疑などで地検に書類送検していた。

 同通信社は、西村議員が2000年ごろに同弁護士会に登録していた事務所と同じ大阪市中央区内のビルの1室を大阪事務所として使っていたという。

 西村議員は18日午前、大阪府堺市の事務所で会見し、「全く知らなかった」と話したうえで、「元職員が非弁活動していたのは事実で、監督がずさんだった」と謝罪した。
(読売新聞) - 11月18日11時39分更新

<弁護士法違反容疑>西村衆院議員の元事務員を逮捕(毎日新聞)
 弁護士資格がないのに交通事故の保険金を巡り保険会社と交渉をするなどしたとして、大阪地検特捜部は18日、右翼活動家の鈴木浩治容疑者(52)ら4人を弁護士法違反(非弁活動)容疑で逮捕した。鈴木容疑者は以前、弁護士である西村真悟・民主党衆院議員(比例近畿ブロック)の法律事務所で働いており、非弁活動の際に西村議員の名刺を使うなどしていた。特捜部は同日、堺市の西村議員の事務所を家宅捜索した。

 関係者によると、鈴木容疑者は昭和50年代に右翼団体の構成員だったという。西村議員の政策秘書の紹介で、98年ごろから法律事務所のスタッフとして勤務するようになった。00年末に解雇されるまで、主として損保会社などに対する保険請求の仕事をしていた。その後、大阪市北区に「第三通信社」と名乗る事務所を構えて交通事故などで非弁活動をし、報酬を得ていた。最近は体調を崩し、入退院を繰り返す生活だったという。

 西村議員は18日午前、捜索前に堺市の事務所で記者会見し「多忙なため00年末ごろから、弁護士業務の新件を受けるのを止め、スタッフにも辞めてもらった。01年になってからの仕事は残務整理だけ。事務所を辞めた後の非弁活動は認識していない」と話した。鈴木容疑者の解雇については、自身の弁護士業務の停止に伴うものであるととともに「過去に非弁活動をしていたと秘書から聞いたことも解雇理由」と説明した。

 西村議員は93年に初当選し、現在5期目。京大法学部を卒業して神戸市役所に勤務した後、弁護士になり、85年に大阪弁護士会登録。議員活動では、北朝鮮の拉致被害者を支援し拉致問題解決を目指す「拉致議連」の中心メンバーとして知られ、マスコミにも頻繁に登場している。父は故西村栄一・民社党委員長。
(毎日新聞) - 11月18日12時21分更新

 つまり容疑者は、西村法律事務所を解雇された後も眞悟さんの名刺を勝手に使って違法活動してた、ってことでしょ。だったら眞悟さんはむしろ被害者じゃないですか。
 なのに朝日の記事は一方的すぎませんか?朝日しか読んでない人は誤解しますよ。「西村眞悟も事件に絡んでたのか?」って疑念を持っちゃいますよ。しかも西村サイドのコメントも全く載せてないし。

 とか言ってたら、朝日の続報が出ました。

西村真悟議員関係者を逮捕 弁護士法違反の容疑(朝日新聞)
2005年11月18日13時59分
 民主党の西村真悟衆院議員(比例近畿ブロック)の弁護士事務所の元職員が、弁護士資格がないにもかかわらず交通事故の示談交渉をしていたとされる事件で、大阪地検特捜部は18日、元職員ら4人を弁護士法違反(非弁活動)と組織的犯罪処罰法違反(犯罪収益等隠匿)の疑いで逮捕した。特捜部は同日午前、容疑を裏付けるために大阪府堺市にある同議員事務所の家宅捜索を始めた。今後、西村議員の事件への関与の有無についても慎重に調べを進めると見られる。西村議員は「まったく知らなかった」と否定している。

 逮捕されたのは、元職員で無職鈴木浩治容疑者(52)と同容疑者の妻の紀子容疑者(39)=いずれも大阪市北区=、美容師河淵憲一容疑者(35)=同=、タクシー運転手林嗣雄容疑者(57)=同府大東市。4人とも容疑を認めているという。

 調べでは、鈴木容疑者は「西村議員大阪事務所」を主宰し、その事務員だったほかの3人と共謀。弁護士の資格がないにもかかわらず、02年2月〜03年9月、6人から交通事故の示談交渉の依頼を受け、損害保険会社に損害賠償額の支払い請求などをした疑い。

 また01年2月〜昨年10月、この6人を含む多数の依頼人に振り込ませた計約4200万円の犯罪収益を、74回にわたって別の口座に移した疑い。

 鈴木容疑者は「弁護士西村真悟法律事務所事務局長」を名乗っていた。依頼人に振り込ませた口座と報酬を移した口座はいずれも西村議員名義だった。

 西村議員によると、95年暮れごろに当時大阪市内にあった法律事務所の職員として鈴木容疑者を雇い、交通事故の保険金支払い事務などを任せていた。その後、00年暮れごろに解雇したという。

 18日午前に記者会見した西村議員は「過去に非弁活動をしていたとの情報が入ったため、口頭で解雇を言い渡した。弁護士として非弁活動を容認することなどあり得ない」と関与を否定した。

 眞悟さんのコメントは載せたものの、「西村議員の事件への関与の有無についても慎重に調べを進めると見られる」の箇所はそのままですな(T^T)

 朝日は以前、眞悟さんの「狙撃発言」を社説にまで取り上げて叩いてましたから(拙ブログ9/18付参照)、この人の追い落としに相当熱心なのは確か。
 ただ安倍さんや中川昭一さん、あるいは今度外相になった麻生さんあたりを叩くのならわかるけど、野党のそれもヒラ議員を叩くってのがようわからん。

 もちろん事件はあったんだから報道するのは当然ですよ。でも眞悟さんがさも事件に関与したかのように書くのってどうよ?
 とにかく「狙撃発言」程度で社説にしたぐらいだから、明日の社説はこれで決まりですかね。

 最初は「事務所を家宅捜索ってまた大げさな」と思ったんだけど、容疑者が西村議員あるいは西村事務所名義の口座を利用していたそうで、それでらしいですね。
 ただ、やはり眞悟さんには監督責任があると思うし、道義的にも謝罪は当然だと思います。

 しかし眞悟さんも脇が甘いというか、しょーもない事によく巻き込まれますなぁ。
 サヨクにつけこまれて政治生命断たれちゃうってことにもなりかねないので、本当に身辺には気をつけていただきたいですわ。事務所スタッフ皆さんもしっかりして下さい。

 ほんと、最初に朝日新聞の記事を見た時はびっくりしましたわ。
 サヨクメディアが保守系の人について書いてる記事は鵜呑みにしたらあきませんね。「NHK番組改変報道の教訓を忘れるな」ですわ。

 おまけ。
 西村眞悟公式サイトより
●TV出演のお知らせ
「たかじんのそこまで言って委員会」よみうりテレビ系列
(関西ローカル番組のため、放映の有無を新聞等でご確認下さい。)
日時:11月20日(日)13:30〜15:00
テーマ:日米首脳会談について

 収録、今日だったんですが行かれたんでしょうか。日曜の放送チェックせな。


・・・・・・細切れぼやき・・・・・・


朝日社内暴行で書類送検、靖国参拝めぐり口論 /43歳社員、35歳同僚に全治10日
 朝日新聞本社(東京・築地)内で先月、男性社員同士が起こし、夕刊フジでも既報の暴行騒動で、暴力をふるった社員(43)が18日にも傷害容疑で書類送検されることが分かった。暴行を受けた社員(35)は腰に全治10日の軽傷を負っていたという。

 警視庁築地署の調べによると、10月18日午前10時50分ごろ、同社内の総合研究本部世論調査部に所属する2人が、小泉首相の靖国参拝を報じるニュース番組を見ながら是非をめぐり口論となった。激高した43歳の男性社員は相手を強く押さえつけたり頭突きをするなどの暴行を加え、けがを負わせた疑い。

 さらに暴行された男性社員が携帯電話で110番通報をしようとするのを止めようとした際にもみ合いとなり、携帯電話が壊れたという。この男性はその後、社外から同署に通報するとともに、被害届を提出していた。

 2人は同僚で、参拝の是非に関する世論調査にも関係していたとみられている。

 朝日新聞広報部では「2人の社員がもみ合いになり、110番通報したのは事実。軽微な事案と認識している」と話している。

 最初の報道では「世論調査結果の“微妙な数字”を巡ってケンカになった」だったんですけどね(拙ブログ10/22付「朝日新聞社内乱闘AA集」参照)。それが「小泉首相の靖国参拝を報じるニュース番組を見ながら是非をめぐり口論となった」って、何かレベルがさらに落ちてるような気が(^_^;
 つーか、「是非をめぐり」ってことは、朝日社内にも参拝賛成派がいるってことですな。割合的には世間一般より圧倒的に少ないんでしょうけど。


産経社説:日韓首脳会談 もう過去から卒業しよう
 今回はごく短い首脳会談になりそうだが、それでもまた“靖国問題”なのだろうか。あるいは相変わらず“歴史認識問題”が話題なのだろうか。両国間にはそうした過去がらみの問題ではなく、将来に向けたより重要で現実的な課題として自由貿易協定(FTA)締結など新たな地域協力強化の問題がある。北朝鮮の核や拉致という重要な問題もあるではないか。

 そろそろ会談が終わった頃でしょうか。
 まあ盧武鉉が何言うかは専門家でなくても予想つきますよね(^_^;。「靖国参拝を中止せよ」「過去の歴史を反省せよ」「韓国人を傷つけないよう配慮せよ」、こんな感じでしょ。


超党派議員が皇室典範勉強会 「伝統」に理解不足

 国会議員の勉強会キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
 それはいいけど、あの稲田朋美さんですら「これまでこの問題では女性天皇を認めていいと思っていたが、八木氏の話は説得力がある」とは。
 他の議員、ましてや国民はなおさらこの問題に無知ってことね(T^T)


北の人権侵害名指し非難の決議案、国連で初めて採択

 安倍さんの言うように、拉致問題解決への大きな一歩になることを願います。


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 18:39 | 政治 | comments (15) | trackback (4)
思考停止は朝日の方では?
 今日は各紙一斉に社説で日米首脳会談を取り上げました。
 朝日新聞は予想通りの論調でしたね。しかもすごく感情的。

127 名前:文責・名無しさん 投稿日:2005/11/17(木) 08:18:16 ID:WqUdchxv

ジュンイチロー&ブッシュ
      +         +     +
  +    待ってよジョージ
        ∧_∧  +.    ∧_∧アハハハ  +
       ( ´∀`)   (´∀` )  
      (つ  つ    -= /つ┯つ
.   +  ( ヽノ  -=≡〜/  //        +
      し(_)   -=≡ し'/J
             -= (◎) ̄))
└─────────────────────────┘
                  ○
                0
              ο
      r ⌒ヽ
     (´ ⌒`) ポッポー !
         l l
 カタカタ ∧_∧   / ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
   (@∀@#)<  くっそー!もうあったまきた!
   _| ̄ ̄||_)_ \___________
 /旦|――||// /|
 | ̄ ̄ ̄ ̄ ̄| ̄| . |
 |_____|三|/

 ってことで出来上がった社説が↓これ。言葉の端々に怒りが現れてますな。

朝日社説:日米会談 同盟礼賛で済むのなら
 小泉首相が日米同盟を重視していることはよく分かった。だが、ここまでその効用を持ち上げられると、ブッシュ大統領も面食らったのではないか。

 両国間に懸案がないわけではない。でも、ことさら同盟を確認しあわなければならないほどの緊張はない。京都会談での首相の入れ込み方は異様でさえあった。

 「日米関係が良ければ良いほど、中国、韓国、アジア諸国をはじめ世界各国と良好な関係を築ける」

 首脳会談を終えて、カメラの前に立った首相は自信たっぷりに語った。

 日米関係が日本にとってきわめて重要なことは論をまたない。それで近隣国などとの外交懸案が解決されていくというならそれほど結構なことはない。

 だが、現実はまったく違う。中韓とのぎくしゃくした関係や、失敗に終わった国連安保理の常任理事国入りを見れば自明のことだ。日米さえうまくいけばすべて大丈夫というのは思考停止に近い。

 外務省の説明によると、実際の会談でも首相はこの持論をとうとうと展開したようだ。先月、衆院の党首討論で民主党の前原代表と交わした外交論戦を紹介しつつ、対米関係を最優先にする考え方を繰り返し強調したという。

 泥沼化するイラク情勢や側近のスキャンダルで支持率の低迷に悩む大統領を励ます、リップサービスもあったのかもしれない。だが首相にとっても、八方ふさがりの外交で頼みの綱は米国だけという事情もあったのではないか。

 中国をどう見るか。大統領に問われて首相は「日中関係はいろんな分野で強化されている」と述べた。ご心配は無用ということなのだろう。

 訪日前のインタビューで、大統領は日本と中韓との関係悪化を憂えていた。首相の靖国神社参拝で首脳の対話さえ難しくなっている東アジアの現状は、懸念を抱く方がまともな神経というものだ。

 イラク問題もあまり話されなかったようだ。米国はどうするつもりなのか。日本は自衛隊をどうしたいのか。公表されないやりとりがあったのかもしれないが、同盟関係にある両国がもっとも腹を割って話し合うべきはイラクであり、中国への対応ではなかったか。

 お互い、相手の「痛い」テーマにはあまり触れないというなら、同盟の名が泣こうというものだ。

 大統領は、米国のアジア政策について別のところで演説した。中国に民主化を促し、国際社会でより重要な役割を担ってもらおう。繁栄するアジア太平洋地域に米国は太平洋国家として参画していきたい。こうしたことを話し合うために、私はアジアにやって来たと。

 首相にも、中韓との関係をどう打開し、日本はこの地域の将来にどのようなビジョンを描いていくのかを、もっと具体的に語ってもらいたかった。

 強固な日米関係も、そのなかに位置づけてこそ意義が明確になるはずだ。

 他紙は↓こうなってます(一部引用)。

毎日社説:日米首脳会談 共感を得てこその同盟だ
  京都市で16日行われた日米首脳会談で小泉純一郎首相とブッシュ大統領は日米同盟の維持・強化を改めて確認し、「世界の中の日米同盟」を強くアピールした。日米安保体制を基盤とした両国の協力関係の発展はアジア太平洋地域の平和、安定に必要である。問題は、その同盟関係をいかに有効に機能させるかだ。

(中略)

  東アジア情勢を見ても、良好な日米関係がいかに重要であるかがわかる。北朝鮮の核開発は一刻の猶予も許されない深刻な脅威となっている。海軍を増強し太平洋への進出を図る中国の動向も懸念材料だ。強固な日米関係は、こうした不安定要因を包み込む公共財になってこそ意義がある。

 その意味で、小泉外交が対東アジアで立ち往生しているのは憂慮すべきことだ。中国と韓国は首相の靖国参拝反対で共同歩調をとり始めた。12月には初の東アジアサミットが、米国抜きで開かれる。日本がどの程度リーダーシップを発揮できるかは、日米同盟の将来にもかかわってくる。

 小泉首相は「日米関係はほどほどにし、そのマイナスが出るとしたら他の国との友好関係強化で補ったらいいという考え方が一部にあるが、そうした考えはまったくとらない」とも述べた。明快でわかりやすい小泉流だが、米国以外のアジアの国々に日米同盟の有用性や意義がどれほど理解されているかは疑問もある。

 日米が掲げる価値や日米同盟の意義に賛同する仲間を増やす努力をすることも重要だ。小泉首相はアジア外交の再構築にとりかかるべき時期にきている。
 
読売社説:[日米首脳会談]「東アジア情勢が迫る同盟強化」
 小泉首相は、緊密な日米関係があってこそ、中国をはじめアジア諸国と良好な関係を維持できるとの見解を示した。

 日米安保体制は従来、地域の平和と安定の「公共財」となってきた。首相の発言は、地域情勢の変化によって日米同盟の役割が今日、一層重要になっている、との認識を示したものだ。

 ブッシュ大統領が「日米関係は地域、世界の平和のためのアンカー=錨(いかり)=」と位置付けたのも、小泉首相と同様の認識からだろう。

 首相はまた、「日米関係より国際協調に比重を置くべきだという議論には賛成しない」とも述べた。中国を中心としたアジア外交を重視すべきだとする一部の主張に反論したものだ。

 中国は、共産党一党独裁体制だ。自由主義、民主主義などの価値観を日本とは共有していない。日米同盟関係に代わって、日中関係を基軸に地域の平和と安定を築ける、と考えるのは非現実的だ。

(中略)

 東アジアでは、今後も不安定な情勢が続くだろう。地域の平和と安定のために共通の価値観を持つ日米両国の強固な同盟の維持が、一層重要になっている。

産経社説:日米首脳会談 「強固な同盟」の意味重い
 国際社会への責任を日米が共同して果たすことで両国の同盟関係をさらに強固なものにする。日米首脳が京都で会談し、こう約束した意味は大きい。

 軍事力の近代化を進める中国、核開発を公言する北朝鮮の脅威に加え、国際テロなどとの戦いを考えれば、日米の共同対処は当然だ。

 「世界の中の日米同盟」も、ブッシュ大統領がアジア外交に関する演説で「自由の国、日本は世界の変革を助けている」と力説したように、その意義を高めている。それだけに日米同盟の実効性をいかに高め、国民の支持をどう広げるかは、小泉純一郎首相が解決すべき課題である。

 ↓ 結 論 ↓

・『ズームイン』での辛坊さんの社説評価
 

 読売と産経はもちろん、「小朝日」の毎日も中国・北朝鮮の脅威に触れているのに、朝日は完全スルー。
 朝日は「日米さえうまくいけばすべて大丈夫(小泉首相はこんなこと言ってないと思うが)というのは思考停止に近い」と言いますが、「日中さえうまくいけばすべて大丈夫」と言わんばかりの朝日の方がよっぽど思考停止してるんじゃないかと。

 あと、朝日はじめサヨクメディアはよく「八方ふさがりの日本外交」てな言い方するけど、ふさがってるのは一方(特定アジア)だけでしょ。毎日ですら「小泉外交が対東アジアで立ち往生している」って表現に留めてるのに。


・・・・・・細切れぼやき・・・・・・


北朝鮮人権担当大使を検討へ
アメリカ政府は、北朝鮮の人権問題を担当する大統領特使のポストを新たに設け、ことし8月、ホワイトハウスで内政担当の次席補佐官だったジェイ・レフコウィッツ氏が初めての特使に就任しました。これに関連して、安倍官房長官は17日の特別委員会で「政府は、北朝鮮の人権状況に大きな関心を払ってきた。今後も、国連人権委員会や各国との協議の場で北朝鮮による人権問題を提起していきたい」と述べました。そのうえで、安倍官房長官は今後の取り組みについて、「拉致事件の解決を含む北朝鮮の人権状況の改善に向けて効果的な方策を検討したい。アメリカで新たに任命された大統領特使の活動状況を参考にしながら検討したい」と述べ、北朝鮮の人権問題を専門的に扱う大使などの担当者を新たに設けることも検討する考えを示しました。

 今まで担当者がいなかった方がおかしいわけで。
 まだ決まったわけでじゃないけど、安倍さんが官房長官になってくれて本当に良かった〜(T^T)


今日も傑作!産経抄
 言葉は乱用されると内容を失うものだという。敗戦このかた、憲法は護憲が正義であり、原水爆禁止運動は廃絶が正義であると進歩的文化人にいわれ続けた。しかし、米国製の原爆は「悪」でソ連製は「善」であるとのウソがばれて、以後は誰も信用しなくなった。

 ▼この六十年、戦争を知らない日本が、首相の靖国参拝をもって「軍国主義だ」と大陸から罵声(ばせい)を浴びても大方は信じない。中越戦争、チベット制圧がどこの仕業だったか腑(ふ)に落ちないからだ。まさか、日米に照準を向ける中国の核が「平和の核だ」などとは言うまい。

 ▼数日前、中国の李肇星外相が、「ドイツの指導者がヒトラーやナチスを参拝したら欧州の人々はどう思うか」と声を荒らげた。ホロコーストと戦時下の徴用を一緒にしている。日本は戦争もやっていない都市から市民を連れ出し、ガス室に送るようなことはしていない(屋山太郎著『なぜ中韓になめられるのか』)。

 ▼国営新華社の雑誌はさらに品がない。日本が「米国の妾(めかけ)から愛人へ昇格した」などと罵(ののし)った。ブッシュ大統領の訪日で、日米同盟が堅固になることがよほど気に入らないらしい。内容がないから言葉ばかりが激しくなるのは、あの進歩派と同じだ。

 ▼ブッシュ大統領、そこは巧みだ。アジア歴訪前、中国人記者の「靖国」質問に「日米は戦ったが、いまは友人としてここにいる」と未来志向だ。韓国人記者が手を挙げると、「同じ質問だろう」とちゃかす余裕さえある。

 ▼大統領が京の秋を堪能した後の演説は、主に中国向けであると聞いた。三十五分間の演説に「自由」を七十八回も織り込んだ。中国による言葉狩りには、繰り返し言葉で打ち返す手か。「乱用」にも効用があると知った。

 GJすぎて思わず全文引用(≧▽≦)


勝谷誠彦さんの日記11/17付より
フジモリ氏は日本を離れるにあたり私たちにメッセージを残していた。卑劣なメディアは報じないが笹川陽平日本財団会長が全文を紹介している。http://blog.canpan.info/sasakawa/archive/183。リンクに飛べない人のためにそしてまた人間としての覚悟とはかくあるべきという文章を拳拳服膺するためにいくつかを書き抜いても紹介する。

 リンクには飛べたが文章が見当たらない。外務省あたりから圧力でもかかったんでしょうか。今、ペルー政府ともめてますしね。
 キャッシュが残ってるのでリンク貼っておきます。こちら。
 フジモリ氏の評価、日本では真っ二つに割れているようですなあ。
 私の見た感じ、概ね右はフジモリ支持、左はフジモリ批判。
 【追記11/18 12:15】
 フジモリ氏のメッセージ、こちらにありました。


6カ国声明の履行要求 米韓首脳会談

 盧武鉉が会見で曰く「米韓同盟はとても強固なもの」。そうでっか。
 韓国と言えば、今日は↓こういうニュースもありました。

 対北人権決議案の採決、棄権へ=韓国
 韓国の拉致被害者家族の皆さん、可哀想ですね。ちなみにこの決議案の提出国にはアメリカも含まれてます。


■リクエストがあったので紹介しときます
 鳥取県人権侵害救済条例反対!@青ブログさん
昨日(11/16)に人権擁護法案反対緊急集会が行われました。
櫻井よしこ氏がこの法案について非常に分かりやすく解説しています。
反日活動と非常に係わり合いが深い法案なので是非ブログで取り上げていただきたいです。
音声ファイルは下のサイトからダウンロードできます。
http://www.powup.jp/jinken/files.html
お忙しいとは存じますが何卒宜しくお願い致します。


ザビ家の島根お歳暮販促 竹島の日条例のお礼に島根のお歳暮を!
ハモン「島根県のことをあたしが気に入ったからなんだけど、理由にならないかしら?」
 バナーが出来たんですね。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:03 | 朝日新聞 | comments (13) | trackback (7)