紀宮さまご結婚〜気になる新聞の言葉遣い
晴れやか紀宮さま 黒田さんとご結婚

 紀宮清子内親王殿下と黒田慶樹さんのご結婚を心よりお祝い申し上げます。
 (以下、心情的理由から「紀宮さま」と表記しますがお許しを!)

 昼間、仕事しながらチラチラと特番を見てたんですが、心が温かくなるというか、ほのぼのとするというか、何とも形容しがたい気持ちになりました。
 遠い世界の方々のはずなのに、なぜか身近に感じる。不思議ですね。

 披露宴での両陛下のご表情が特に印象的でした。優しく慈愛に満ちたお顔で紀宮さまをご覧になってましたよね。ジーンと来ました(T^T)
 私たち庶民のレベルでも、よく「いい結婚式だったね」とか言いますが、そういう場合は例外なく、“親子の情愛”が感じられた式を言うものです。
 今日の紀宮さまと黒田さんの結婚式も、まさにそういうものだったと思います。

 ところが、そんなお祝いムードに水を差す出来事もあったようで……。

 ・紀宮さま結婚:NHKの上空ヘリ取材に抗議 宮内庁
 NHKは15日、皇居・御所を車で出る紀宮さまの様子などをヘリコプターから撮影し、生中継した。これに対し宮内庁は「上空取材の自粛要請に従わなかった」として、NHKに抗議するとともに、午後2時からの2人の記者会見へのNHK記者の参加を拒否した。NHKが担当だった代表撮影は予定通り行われ、放送した。
(以下略)

 またNHKですか……(-.-#)


 さて、今日は新聞の社説も一斉にご結婚の話題を取り上げてましたね。

 朝日新聞は紀宮さまが「市民」となられることを強調しているような印象。
 言葉遣いも敬語がほとんどなくて、気安い感じがします(ま、朝日は昔からだが)。
朝日社説:紀宮さま 「清子さん」になる日
 天皇家の長女である紀宮さまと東京都職員の黒田慶樹さんが、きょう結婚する。幼なじみのお二人は2年半前に再会し、愛をはぐくんできた。改めて、おめでとうと申し上げたい。

 天皇家の女性皇族の結婚は、昭和天皇の五女島津貴子さん以来、45年ぶりである。結納を交わす納采の儀、日取りが決まる告期の儀など、皇室の伝統儀式は今回も行われた。

 しかし、これまでとは違う面も少なくない。貴子さんまで天皇家の皇女の結婚相手は、旧皇族や、爵位を持っていた旧華族の男性だった。黒田さんは旧華族に親縁があるとはいえ、そのどちらでもない。皇女が普通の市民と結婚するのは初めてのことだ。

 貴子さんのときは両親の昭和天皇、香淳皇后が結婚式にだけ出席し、披露宴には出なかった。今回は天皇、皇后両陛下が結婚式と披露宴の両方に出席する。

 披露宴の規模や招待者などは、お二人で相談して決めたという。

 新郎と新婦が親しい人たちに励まされて人生の門出に立つ。双方の親や親族がその姿を見守る。そうした一般の結婚式に近いものになるだろう。

 伝統を守りながらも、親しい人との友情や家族の愛情をたいせつにする婚儀のあり方は、多くの国民に好感を持って迎えられるはずだ。

 両陛下とお別れをする朝見の儀で、紀宮さまは「深いご慈愛の中でお育ていただきましたことを心よりありがたく存じます」と述べた。両陛下は「力を合わせて楽しい家庭を」「お二人の健康と幸せを祈ります」と語りかけた。どこの家庭にも通じる親子の情愛が感じられた。

 紀宮さまは皇族を離れても、一家で皇居を訪れ、これまで通り両陛下と親子の会話を楽しむ時間を持てるようであってほしい。

 両陛下にとっても、結婚した娘としばしば会えることは喜びとなろう。

 美智子さまは皇太子さまとの結婚後、両親となかなか会えなかった。父親の正田英三郎さん、母親の富美子さんが御所を訪れるのは誕生日などの限られた日だけだった。

 婚姻届が区役所で受理されると、紀宮さまは皇族の身分を離れ、初めて姓を得て「黒田清子(さやこ)さん」になる。選挙権を持ち、年金にも加入する。

 プリンセスから専業主婦へ。生活環境は一変するが、山階鳥類研究所で働いた経験を生かしてもらいたい。

 いま検討中の皇室典範改正で女性天皇が認められれば、女性皇族は結婚後も皇室にとどまる見通しだ。紀宮さまは結婚で皇室を離れる最後のプリンセスになるかもしれない。それだけに、お二人は結婚後も注目されるだろう。

 だが、「紀宮さま」が「清子さん」になるということは、公人から私人に変わることでもある。市民としての生活を築こうとするお二人を、私たちも節度をもって静かに見守りたい。

 気安い言葉遣いは毎日も同様。
毎日社説:紀宮さま結婚 温かい家庭を築いて下さい
(前略)
 この結婚に温かい気持ちを抱く理由の一つは、折に触れて母と娘の太いきずなを感じるからではなかろうか。美智子さまと紀宮さまの仲のよさはよく知られている。美智子さまは今年の誕生日に宮内記者会の質問に文書で回答し、紀宮さまについてこう述べた。

 「私が何か失敗したり、思いがけないことが起こってがっかりしている時に、まずそばに来て、『ドンマーイン』とのどかに言ってくれる子供でした」。目に浮かぶようだ。「控えめながら闊達(かったつ)に自分独自の生き方を築いてきたように思う」とも語っている。

 紀宮さまは大学卒業に際しての記者会見で理想の女性像を問われ「皇后さまのような女性になれたら」と述べた。今年の誕生日では、文書回答で「皇后さまが経てこられた道にはたくさんの悲しみがあり、そうした多くはご自身で癒やされるしかないものもあったと思いますし、口にはされませんが、いまだに癒えない傷みも持っておられるのではないかと感じられることもあります」と、深い思いやりを記している。
(以下略)

 読売は言葉遣いがしっかりしてます。朝日・毎日と比べてみて下さい。
読売社説:[紀宮さまご結婚]「新たな門出をお祝いしたい」
 紀宮さまが、きょう15日、結婚される。

 天皇家の皇女の結婚は1960年の昭和天皇の五女、島津貴子さん以来、45年ぶりだ。

 お相手の東京都職員、黒田慶樹さんは、次兄である秋篠宮さまの学習院初等科時代からの友人だ。紀宮さまは、ごく自然な形で黒田さんと出会い、交際を深めて、この日を迎えられた。心よりお祝い申し上げたい。

 紀宮さまは、12日の「朝見の儀」で両陛下に別れのあいさつをされた。

 天皇陛下は「楽しい家庭を築き、社会人としての務めを果たしていくよう願っています」とお言葉を述べられた。皇后さまも「家族の一員として、本当によく尽くしてくれました。幾久しい幸せを祈ります」と語りかけられた。
(以下略)

 産経も言葉遣いはマル。
 また皇族の減少とそれに伴う公務の負担を憂慮。他紙にはない視点で語っています。
産経社説:紀宮さまご結婚 皇室の役割考える契機に
 天皇家の長女である紀宮さまが今日、東京都職員、黒田慶樹さんとの結婚式をあげられる。皇室にとって久しぶりの慶事であり、心からのお祝いを申し上げたい。

 同時に、国民の関心を集めているご結婚が、皇室や皇族が果たされている役割について改めて考える機会となるよう期待したい。

 紀宮さまは結婚と同時に、皇籍を離れ、「黒田清子(さやこ)」さんという一民間人として、新たな人生のスタートを切られる。このことは皇室典範によって定められていることであり、お幸せな結婚生活を祈るばかりである。

 皇族としての紀宮さまは実に多くの公務を引き受け、誠実にお務めになってきた。とりわけ盲導犬育成など福祉や青少年関係の行事には熱心に出席、若い人たちとの交流にも努められた。国際交流の面でも、外国の公式ご訪問は十四カ国に上っている。

 また公務ではないが、皇太子さまや秋篠宮さまが独立された後は、天皇、皇后両陛下のおそばで、良き相談相手になっていらっしゃったという。皇室の中心的役割を担われていたのだ。

 しかし民間人になると、こうした公務からもお離れになる。これも制度上やむを得ないことだが、関係団体の中には「ご結婚後も行事に出席していただけないだろうか」といった声まで聞かれるという。

 天皇を中心とした皇族方は、福祉、医療、文化、スポーツなど多岐にわたる分野で社会活動に勤(いそ)しまれてきた。それが国民の皇室への敬愛の念にもつながってきたのである。紀宮さまが皇室を離れられるのを機に、このことはしっかりと確認したいものだ。

 しかし、戦後の「臣籍降下」によって皇族の人数が激減した。その後も逝去や結婚によって、減少の傾向は変わらない。おのずと一人ひとりにかかる公務のご負担は、重くなっている。国民の側が考えるべき問題だ。

 最近の女性天皇や女系天皇をめぐる論議の中で、男系を維持するため女性皇族が旧皇族から養子をとることを認めるという案もある。結果として女性皇族が皇室にとどまることになる。

 男系・女系の問題はともかく、皇族をこれ以上減らさず、皇室の役割に支障をきたさないためにも、一考に値する案のように思える。

 まあ敬語についてはこれ以上突っ込まんとこう。私も言葉遣いがかなりあやふやなので、あんまり偉そうなことは言えません(^^ゞ

 ※参考リンク:
 飯間浩明のことばのページさんより「天皇に対する敬語」


 女系天皇と言えば、昨日付ですがこのようなニュースがありました。

女系天皇異論に「同感」−石川嘉延・静岡県知事
静岡県の石川嘉延知事は14日の定例会見で、質疑応答終了後、三笠宮寛仁さまが女系天皇の容認に異論を唱えたことを自ら取り上げ「非常に同感だ。危機感を持ってよく勇気ある発言をされた」と述べ、賛意を示した。

都道府県知事が定例会見で、皇位継承の在り方について発言するのは異例。

石川知事は、首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」が女性、女系天皇を容認する方針を打ち出している点に関連して「(皇位継承順位を長子優先とした場合)その先は天皇制をやめるということに、導火線を引くことになる」と強調。「大変なことを、あまりに拙速な手続きで結論を出そうとしている」とし「とんでもない話だ」と批判した。

 石川知事GJ!(≧▽≦)
 こういう声がもっと全国に広がっていけばいいんですけどね〜。
 うちの知事は……あきませんわ。女人禁制の土俵に上がろうとするような人ですから。
 「男女平等の世の中ですし、女性天皇、いいんじゃないですか?」とか言いそう(T^T)
 (私は大阪府在住です)

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:42 | 皇室 | comments (13) | trackback (2)
細切れぼやき〈11/16〉
「国民の関心が最大の力」 拉致で横田滋さん夫妻講演

 13才だっためぐみさんが北朝鮮に拉致されて今日で28年。
 ご両親はあと何回こういった集会に参加しないといけないのだろう。胸が詰まる思いです。

 安倍さんが心強いことを言ってくれてます。
 ・米の協力得て拉致問題解決を(既にリンク切れ)
安倍官房長官は「おそらくブッシュ大統領も28年前のきょう、横田めぐみさんが拉致されたことはご存じだと思う。拉致問題について日本とアメリカ、小泉総理大臣とブッシュ大統領の考え方は一致している」と述べました。そのうえで安倍官房長官は、「ブッシュ大統領も、拉致問題が解決しなければ、日本と北朝鮮の間のすべての問題が解決したことにならないのと同時に、アメリカと北朝鮮の間の問題も解決しないという認識をすでに示している。そういう意味では、拉致問題について日本とアメリカはまったく同じ立場に立っていると言ってよい」と述べ、アメリカ政府の協力も得ながら拉致問題の解決にあたりたいという考えを示しました。

 明日は日米首脳会談。
 在日米軍再編、イラク自衛隊派遣延長、牛肉輸入再開、対中問題、北朝鮮核問題など議題はたくさんですが、どうか拉致問題についても密な話し合いをしてくれますように。

※関連ニュース:
 ・中国系女性も拉致濃厚 マカオから北へ 被害11カ国に
 ・拉致から28年、父が撮った「めぐみ」


靖国参拝に反対で一致 日韓首脳会談前に中韓外相
 中国の李肇星外相と韓国の潘基文(バン・キムン)外交通商相は15日、アジア太平洋経済協力会議(APEC)の会場である釜山で会談し、李外相は小泉純一郎首相の靖国神社参拝に反対する考えを強調、両外相は再度の参拝は許されないとの意見で一致した。先の小泉首相の靖国参拝について、中韓外相が協調して反対の意思を表明するのは初めて。

 両外相の意見の一致を受け、韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領も18日の小泉首相との首脳会談で、靖国参拝について強硬に反対する姿勢を示すとみられる。
(以下略)

 この晴れがましい日に、中韓は内政干渉の相談なんかやってる。
 「神舟(宇宙船)が帰還した日に靖国参拝するとはけしからん」と言いがかりをつけてきた中国と同じレベルになるから、これ以上言うのはやめときますが。

 ↓さらにはこれ。

 ・ヒトラー例えに靖国批判 中国外相、訪問先の韓国で
 【釜山15日共同】中国の李肇星外相は15日、「ドイツの指導者がヒトラーやナチス(の追悼施設)を参拝したら欧州の人々はどう思うだろうか」との表現で、小泉純一郎首相の靖国神社参拝を非難した。アジア太平洋経済協力会議(APEC)で訪問中の韓国釜山のホテルで一部記者団に語った。
 李外相は最近、靖国問題について異例ともいえる調子で批判の声を高めているが、参拝批判にヒトラーやナチスを持ち出したことは、日本側で波紋を呼びそうだ。
 外相は「あれほど多くの人々を傷つけた戦争を発動した戦犯を日本の指導者が参拝することで、アジアの人々の気持ちが傷つかないかどうか、日本人は考えたことがあるのか」と指摘。参拝中止に向け「基本的な善悪の観念を持つべきだ」と訴えた。
(共同通信) - 11月15日18時37分更新

 また出た!“アジアの人々”!
 さあ皆さん、ご一緒に。
 「あなたのおっしゃるアジアって、どこの国のことかしら?」

 さらに“ヒトラー”“ナチス”!
 「あなたのおっしゃるヒトラーって、毛沢東のことかしら?あなたのおっしゃるナチスって、中国共産党のことかしら?」(←意味不明(^_^;)
 さっきNEWS23見てたら、藤原帰一ですら、「ヒトラーに例えるのは適切かどうか」と言ってましたよ。

 李外相は、中国がこれまで傷つけてきた、あるいは現在も傷つけているアジアの人々(チベット、ウイグル、内モンゴル、ベトナム……)のことを考えたことがあるんですかね。ないんでしょうね。
 李外相をはじめ中国共産党は“基本的な善悪の観念”を持ってるんですかね。持ってないでしょうね。持ってたらこんなこと恥ずかしくて言えませんもんね。

 しかし「日本側で波紋を呼びそうだ」って共同通信、“逆ご注進”してますな(^_^;
 どうせ日本では大した騒ぎにはならんと思う。って、本来はちゃんと反論すべきことなんでしょうが。


ザビ家の島根お歳暮販促 竹島の日条例のお礼に島根のお歳暮を!
クワトロ・バジーナ「竹島は日本の領土だ。それ以上でもそれ以下でもない」
 つーことで、久々に貼っときます。


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:22 | 細切れぼやき | comments (3) | trackback (0)