ホリエモン拉致問題を語る
 新党「日本」って名前を最初に聞いた時、はあ?ふざけてんのか?と思ったもんです。
 発表の仕方もあざといパフォーマンスで、はぁ?×2倍。
 さらにメンバーを見て、はぁ?×3倍。このメンバーで一体何をやろうと言うんでしょう。郵政民営化反対、そこまではわかるがそこから先は?
 あからさまというか、もろ「無所属出馬は不利なので、新党作りました〜」ですからなあ。
 しかし何で田中康夫なの?長野県民はどう思ってるんでしょうね。

郵政反対派、第2の新党「日本」結成…代表に田中知事
 田中氏は、国民新党との連携について「理念が一致する方々とは協力していく」と述べた。国民新党の綿貫民輔代表も21日、「(新党日本は)兄弟グループと考えていく。いずれ一緒になる」と記者団に強調した。

 だったら最初から一緒にやればいいのに。
 そもそも田中康夫って民主党寄りの人でしょ?ネクスト内閣に入ってましたよね?それが何で元自民党の人たちと組むの?
 入口からようわからん。小沢一郎の別働隊という声もあがってますが。

新党日本が始動、田中知事を前面に各党あいさつ
 田中知事は「あいさつに行くのもしきたりで、あいさつを受けてもらえるのもしきたりだと聞いている」と、記者団に対し武部氏の対応に不満を示したが、自民党職員は「アポなしでくるんですもの、対応できませんよ」と苦い表情だった。

 自民党に門前払いされた後、記者らに対して「閉ざされた対応で残念」などと愚痴ってましたが、それってどうよ?
 例えばよ?アポなしで企業に行っていきなり「経営トップに会わせてほしい」とか言って、会ってもらえます?無理でしょ。
 しきたりがあるにしてもよ?普通は予め「何時頃行きたいんですが、お時間少しいただけませんか?」とかアポとっとくもんでしょ?
 しかも康夫ちゃん、5分と待たずに帰っちゃったわけで。アポなしで来て「無理です」と言われてすぐあきらめて帰って、ほんで記者団に対して「会ってくれなかった。自民党は閉ざされてる」って、……それはちょっとどうかと。

 ところで、新党「日本」のロゴの「日」の字、あれって日の丸になってますよね。日の丸の赤丸の斜め上に付いてるシミみたいな小さな赤丸、あれは一体何なんですか?
 新党「日本」は日本のようであって日本でない、まがい物、と解釈してよろしいか?(^_^;

 さて。
 こちらも何考えてんだかよくわからない、ホリエモン。「ザ・ワイド」に中継で出演。
 「拉致問題について訊いて〜」と念を送ってたら、キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!
 有田芳生さんが口火を切った!

有田芳生
「改革も大切ですが、この番組がずっと注目してきた問題として拉致問題があります。どう考えますか?」

堀江貴文
「わたし的にはやはり北朝鮮自体がいま経済的にも困窮してるので、僕はむしろ援助をして、そして自立的に北朝鮮経済がよくなるような流れを作りつつやってくると、国が豊かになると。今までの国際政治の中でやってる、鎖国のような、ケンカのようなことはなくなる。みんな北風を吹かそうとしてるが、僕は太陽政策が良いと思う

草野仁
「これまで日本政府は歴史的に北朝鮮に対して援助をやってきたが、結局、それは国民の幸せにつながらなかった。独特の独裁体制の現状がありますが?」

堀江貴文
「政府でなく民間ベースでやれるような。自立的に経済特区作るなど。その話はぽしゃったが。民間から流れ的に内需拡大をしていく。そういう流れを作れるように。単なる援助でなくて」

草野仁
「拉致されてる人たちを一刻も早く救い出さないといけないが、平和的手法では前に進まない現状がありますが?」

堀江貴文
「粘り強くやってくしかないのでは。北風吹き付けて、向こうが暴発したら本末転倒ですから

草野仁
「小泉首相が言う、対話と圧力ということですか?」

堀江貴文
「平和的に進めていかないと、イラクみたいな大変なことになる

(以降、別の話題に移りました)

 一字一句この通りというわけではないですが、だいたい以上のようなやりとりが展開されました。
 有田さん、草野さん、GJ!(≧▽≦)

 サヨクだとか反日だとかいう以前の話で、ホリエモンって北朝鮮の現状をなーんも知らんのでは?
 ……たぶん拉致問題なんか全く興味ないんでしょうね(T^T)

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:20 | 政治 | comments (15) | trackback (12)
細切れぼやき
「日本の中国への謝罪、不毛」「中国、要求を次々と引き上げ」 米紙、社説で中国批判

 これ、産経紙面にしか載ってないようです。だから知ってる人は少ないかも。せめて産経WEBに載せてくれたらな〜(T^T)
 自分でテキスト打つしかないか〜と思ったけど、念のため2ちゃんねる見てみたらテキスト発見!感謝!<(_ _)>

1 :☆ばぐた☆ ◆JSGFLSFOXQ @☆ばぐ太☆φ ★ :2005/08/22(月) 19:35:02 ID:???0 ?##
★日本の歴史謝罪は不毛

・米国の大手紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、17日付けの社説で、小泉純一郎首相が15日に出した「戦後60年談話」での謝罪について、中国は外交カードとして歴史問題や靖国問題での対日非難を続けているため、日本が対外的活動を弱めない限り、謝罪の要求をやめないだろう−と論評し、この種の謝罪の繰り返しには意味がないことを示唆した。

 「無視される日本の謝罪」と題した社説は、小泉首相の談話と靖国問題を取り上げ、「謝罪への中国の公式な粗野な反応は、『歴史』が北京政府にとっては苦痛の種というより、有用なカードであることを示した」と論評した。
 社説は総選挙に望む小泉政権の課題として、「日本を長年の消極的平和から脱し、経済的な重みにふさわしい国際的な政治的役割を果たす『普通の国』への方向へと導くことだ」と指摘。

 社説は首相談話のうち、「植民地支配と侵略によってアジア諸国の人々に対して多大の損害と被害を与えた」とする「おわび」を紹介し、「これでも謝罪ではないというのか」と中国側を批判した。

 小泉首相が8月15日の終戦記念日に靖国参拝しなかったことを本来なら賞賛すべきなのにそれをしなかったと指摘。「中国のメディアは国会議員が靖国参拝したことを非難した」と述べ、中国が日本への要求を次々に引き上げていくことを指摘。

 結びで、「中国は日本のより活力ある外交政策を受け入れるようななるまでは、日本が十分に謝罪をしていることを決して認めないだろう」と強調し、日本にとってこの種の謝罪が不毛だと暗に指摘した。
 (産経新聞 2面より抜粋)
 ttp://viploader.net/pic/src/viploader0026.gif

 「謝罪はバンドン会議で終わりにしとけよ。何回も謝るなよ」と、8/15の小泉くんの謝罪談話を見て思ったもんです。
 が、もし二度目の謝罪がなければ、こういう記事は出なかったわけで。……怪我の功名と言っていいんだろうか?(^_^;


■「マンガ嫌韓流」が全国制覇(mumurさんのブログ参照

 今日は所用で出かけたついでに、普段あまり行かない本屋に行ってみました。
 「マンガ嫌韓流」がオピニオン雑誌のコーナーに高々と平積みされてました。
 でも新刊本のコーナーには置かれてなかった。月も変わったからでしょうか?(マンガ嫌韓流は7月発売) あるいは単に「書籍」でなく「ムック」ってことで、雑誌コーナーに置いてるんかね?
 これまで見た本屋では、雑誌のところに置いてるってのはなかったんですけどね。まあ本屋によってスタンス違うだろうから、仕方ないんかな。

 「マンガ嫌韓流」はぜひ韓流コーナーに置いてほしいんですけどね。でも今のところそういう本屋は見かけたことないですわ。
 どこの本屋も韓流本、売りたいからでしょうしね。隣りに「嫌韓流」なんて本があったら経営的にまずいんでしょうな。

 しかし驚いた。もう4版まで行ってるんですね。このままロングセラーになりますように。


買ってはいけない!扶桑社の公民教科書!

 2つめの画像をクリック。
 「サンゴ事件」が載ってるのは聞いてましたが、こりゃまたストレートな。ウケた!(≧▽≦)
 教科書にここまで載せるのはどうか?という声もあるかもしれませんが、早い段階でメディアの真実を教えてあげといた方が後々のためになると思いますわ。
 この前、歴史教科書は買ったんですが、まだ全く手つけてません。未読の本がいっぱいあるので(T^T)

 いま読んでるのは、「亡国のイージス」下巻です。
 原作見ずに、先に映画を見たんですよσ(^^)
 が、登場人物一人一人の「その行動に至った背景」があまり見えず、消化不良起こしちゃって。
 それが原作読むことで徐々に解消されてきました。
 どの登場人物も魅力的ですね〜。何と言っても如月行が良い。わたしゃすっかりファンになっちゃいました〜(≧▽≦)

 おっと、話がずれました。とにかく手持ちの本を早く読破して、公民教科書を買いに行こうと思います。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:02 | 細切れぼやき | comments (4) | trackback (1)