「NEWS23」中帰連の爺さんが撫順戦犯管理所へ
 今日のTBS、安倍さんと加藤紘一が靖国問題で討論をやってたそうですね。
 「NEWS23」でそれがニュースになってたんですが、それ見るまで全然知りませんでした。関西でもやってたんかな?

安倍・加藤両氏、「靖国」めぐり平行線(JNN)
 小泉総理の靖国神社参拝をめぐって、自民党の安倍幹事長代理が「総理大臣は参拝すべき」という考えを示したのに対し、加藤元幹事長は慎重な考えを示し、議論は平行線をたどりました。
 「(首相の靖国参拝は)慎重でやるべきだと思いますね。昭和53年にA級戦犯の方々が靖国に合祀される前は、これは国内の問題でした。しかし、その後は外交問題になりまして、日中、日韓の問題になってますけれども、最近の発展状況を見ますと、もしかしたら日米にも影響が少し出てくるかもしれない」(自民党・加藤紘一元幹事長)

 「中国に抗議されたからやめるのか。あるいは、そもそも、では政教分離上の問題があるからやめるのか、という議論になると思うんですが、それはあくまでも我が国が判断するべきなんです。日本に対しての反日的な行為に我々は屈する形で、今まで総理が行ってきたことをやめるべきではないと思います。では、(首相として初参拝の時に)日にちを変えるかどうかというのは、私は変えるべきではなかったなと。変えたことによって、彼らは、言えば日本が変わっていくということだったのかなと思います。なぜ、中国がこれだけ非難をするか、では、これをやめれば問題は解決するかといえば、私は一時的な小康状態しか得られないと思います」(自民党・安倍晋三幹事長代理)

 「靖国問題が解決すれば、日中間の問題の7割くらいは打開されると思います」(加藤紘一元幹事長)

 「私は一国のリーダーは、その国のために戦った人のために祈りを捧げるその義務があると思います。そのリーダーになるためにその義務の法を適用してしまうならリーダーたる資格は、私はないなと思います」(安倍晋三幹事長代理)
(27日17:51)

 「靖国問題が解決すれば、日中間の問題の7割くらいは打開されると思います」……アホか。
 7割って何を根拠に言ってるのか。
 たとえ靖国が解決したとしても、歴史教科書問題、東シナ海ガス田問題、尖閣問題etc.、向こうは延々と文句言ってくるってば。わかりきったことですやん。

 あと、記事には載ってないけど、「NEWS23」のVTRによれば、加藤はこんなことも言ってました。
 「国の上に立つ者が100%ナショナリズムに乗っかると危ない。10%は冷静な心を持って、相手の立場に立って物を見る、と」
 100%中国に乗っかってる人間が何を言うかね。ふんとにもう!
 つーか、それは安倍さんにでなく、中国共産党に対して言うべき言葉でしょ。


 ……さて。
 今日の「NEWS23」は普段にも増してひどかったみたいですね。
 最初の方、あまりちゃんと見てなかったんですが、VTRでアメリカ人の何とかいう博士が出て、「原爆を日本に落としたが謝罪はしない」と。

 その後、中継で筑紫が綾瀬はるか(アイドルタレント?全然知らん)を出して、原爆は怖い、戦争は怖い、とお決まりのパターン。

 が、ここからが「NEWS23」の真骨頂。

 VTRスタート…………

 ソ連の捕虜になり、その後中国に引き渡され、撫順戦犯管理所で6年間過ごしたという元日本兵の爺さんたちが登場。
 大河原孝一、綿貫好男、高橋哲郎、そして画家(自称?)の島亜壇。ググッたらすぐわかるけど、中帰連のメンバー。
 今回は島亜壇にスポットを当てた特集。

 爺さんたちは最近、撫順の戦犯管理所に行った。
 管理所で働いていた元職員たち(中国人)が、爺さんたちを出迎える。

 当時を振り返る爺さんたち。
 「日本軍の過去に犯したことを、俺はやらないとか、やったとか言う……」
 「最初は職員のことを『この野郎』と思っていたが、どうも様子がおかしい。御飯をたらふく食べさせてくれるし、処罰する様子も見えない」
 「我々(日本軍)が捕虜(中国兵)にそういう処遇をしたか?が、一歩ずつここでわかってきた」

 ナレーションが追い打ち。「中国側の人道的な扱いによって、彼らは『認罪』した」とか何とか。

 (私:なるほどね〜。そうやって中国共産党の洗脳にはまっちゃったのね。わかりやすぅ〜)

 爺さんたちは言う。「管理所の人も怒りがあったと思う」。

 日本軍に家族を殺されたという管理所の元女性職員がまくしたてる。「40年代から50年代までずっと仕返ししたい気持ちを持っていた!」
 別の元職員は「私のおじとおばは 日本軍に村民とともに銃で撃ち殺された。彼らがここに来た時、受け入れがたかった!」
 が、職員らは憎しみを出すことなく戦犯の管理にあたったのだそう。
 先ほどの元女性職員は「改心した日本人(爺さんらのこと)を今は憎んでいません」と。

 (私:あ〜、ほんとわかりやすすぎて力抜けちゃうんですけど……)
 
 歓迎式典で男性の元職員がスピーチ。
 「過去を忘れないことは、平和を愛し未来を切り開くことになるのです……」

 (私:首筋かゆいんですけど……もうチャンネル替えていいですか?(T^T))

 歓迎式典で島亜壇は涙を流した。その理由は……
 島らは1956年、起訴を免除され帰国。
 軍事裁判を受けた。が、金源・元所長(故人)が彼らの運命を変えた。
 「金先生のおかげで起訴を免れた」と金源の奥さんにお礼を言う島。

 金源は島に対し、「あなたはこの場所にいるべき立場の人間ではない」と言ったそう。「涙が出た」と島。
 島は中国の『許し』に報いるため、30点の作品を生涯をかけて描いた。
 (いずれの絵もモノクロで、「日本軍が中国人に残虐な行為を働いている」というシチュエーション)
 
 (私:中共にまんまと騙されてそんな陰惨な絵まで描いて……あ〜もう哀れすぎます……)

 ナレーションがまとめへ。「捕らえられ、罪を認め、生まれ変わったその土地に、島さんの絵が飾られた」。

 …………と、まあ、VTRはこんな感じでした。

 元日本兵が描いた「残虐な日本軍」の絵が飾られ、抗日記念館と化した撫順戦犯管理所。たまりませんな。
 ほんま強烈でしたわ。中国共産党に洗脳されて帰ってきた爺さんたちに、あることないこと延々と喋らせて。

 最初の方で、なぜアメリカ人に「原爆を落としたことは謝罪しない」と言わせたのか?
 その謎はこの直後に解けました。
 中帰連の爺さんたちのVTRが終わった後、筑紫がこうまとめたのです。

 「日本は中国に対して謝罪する必要はないと言う人たちがいる。謝罪する必要はないと言うなら、前の博士(アメリカ人)が謝罪しないのも許すと言うのか?」

 中国に謝ってる爺さん(日本人)を際立たせるために、謝らないアメリカ人をダシに使ったわけですな。
 んで、「日本人はアメリカ人のようになっちゃいけない。日本人よ、中国に謝ろう!!」って。
 何とまあ幼稚なやり方でしょうか。つーか、比較に無理がありすぎ。

 爺さんたちには本当に腹が立つけど(中国人に謝る前に、あんたらの反日的な言動で迷惑被ってる日本人に謝ってほしい)、あまり責めるのも酷かも。
 だって中国共産党はほんまきっついですから。アメとムチを使い分けた徹底した洗脳教育(オウムなんか目じゃない)にかかれば、私もどうなってしまうか……自信ありませんもん。

 この怒りは「純粋まっすぐ」な爺さんたちを利用した中国共産党及び、筑紫ら反日勢力に向けることにしますわ。

 でもこの特集の直後、「中国産のウナギ検査強化」てなニュースが流れて、笑っちゃったんですけどね(≧▽≦)

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 02:29 | TV番組内容紹介 | comments (11) | trackback (1)
「嫌韓流」早く読みたいよ〜
 「嫌韓流」が昨日(7/26)発売になりました。もう読まれた方、いますか?私はまだです。
 今朝、近所の小さな本屋さんに行きましたら、「嫌韓流」が4〜5冊平積みされてて、思わず手が出そうになったんですが、私はアマゾンに予約注文してますからね〜。我慢我慢(--)(__)

 ところが、アマゾンから今日ショッキングなメールが!

 平素はAmazon.co.jpをご利用いただき、誠にありがとうございます。
 このたびお客様よりご注文いただきました『マンガ嫌韓流』についてお知らせがございます。
 当商品は、7月26日に出版されましたが、人気商品のため出版社の出荷に遅れが生じております。
 誠に申し訳ございませんが、Amazon.co.jpに入荷後、準備が整い次第順次発送させていただきますので、発送まで今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます。

 実は私、「嫌韓流」を予約注文する時、配送料を無料にしたいなーという気持ちもあって、同時にCDも注文したんです。
 (攻殻機動隊の3枚目のサントラです。菅野よう子さんの音楽が好きなんですσ(^^))

 昨日、アマゾンのアカウントサービスのページを見に行ったら、そのCDだけが発送準備に入ってたみたいだったので、嫌な予感はしてたんですわ……あ〜あ(T^T)
 仕方ない。あきらめて待ちますか。そのへんの本屋さんで買うよりも、アマゾンで買った方がランキングに貢献できますしね。

 ところで、お昼頃にアマゾン「嫌韓流」のページを見たら、中古で3500円で売りに出してる人がいました。
 「1回読んだだけなのでキレイです」って説明が書いてありました。人気の本で入手しにくいから高くふっかけたんやろか。あこぎやなあ。
 それが今はもうなくなってるってことは、誰か3500円で買ったんやろか?う〜ん。

 ……あれ?おい、ちょっと待って!「嫌韓流」のページに載ってる発送可能時期、「4〜6週間以内」ってなってるやん!おいおい、そんなに待たなあかんの!?
 つーか、時間かかってもちゃんと発送してくれるの?
 私、よく輸入物のCDをアマゾンで注文するんですが、何か月も待たせた挙げ句、「ご注文いただいた時は入手できると思ったのですが、結局できませんでした。すみません」てなメールを何度かもらったことあるんですよ。

 まあでも国外のCDと違って、国内のそれも本だし、増刷されたらすぐ送ってもらえるんでしょうけど……。
 つーことは、出版社にメールで「早く増刷して下さい」ってお願いした方が現実的なのかしら(^_^;?

 あ〜、やっぱ明日、近所の本屋さんで買っちゃおうか。2冊目は妹か誰かに寄贈するってことにして……。迷うなぁ……(T^T)

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:09 | 本・サイトなどの紹介 | comments (12) | trackback (2)