「周辺国へ配慮しろ」派の思いとは?
 首相の靖国参拝「中止を」52%(朝日新聞世論調査)

 朝日新聞社が25、26の両日実施した全国世論調査(電話)で、小泉首相の靖国神社参拝について、「やめた方がよい」と答えた人が52%と過半数を占めた。「続けた方がよい」は36%だった。「やめた方がよい」と考える人の72%は、その理由として「周辺国への配慮」を挙げた。中国や韓国などとの関係を重視している様子が浮かび上がる。戦没者追悼のための新たな国立施設の設置については、賛成42%、反対34%と見方が分かれた。

 これって逆に言えば、参拝をやめた方がよいと考えている人の4分の3は「中国や韓国が文句言わなかったら参拝してもよい」と思っているわけですよね。
 うーむ、解せん。

 だって、ちょっと前とは違って、今はテレビでも新聞でも、中国や韓国が靖国参拝に文句を言う「本当の理由」について、専門家らが連日解説してくれてますもん。
 内政問題が絡んでたり、日本との関係を優位に持っていこうという外交戦略があったり、特に中国は日本の安保理常任理事国入りを阻止する野望があって靖国参拝に抗議をしてると、まあそういった解説が連日されているわけです。

 なのに、未だに「周辺国への配慮」を理由に「参拝を止めた方がいい」と答える人が多いのはなぜなんでしょう?
 テレビや新聞をちゃんと見てないの?
 いやいや、「配慮」と言うからには、中国や韓国が文句言ってるのは知ってるんですよね。テレビニュース程度だったら見てるんですよね。

 にもかかわらず、なぜ中国や韓国に配慮しろと考えるのか?
 日本人特有のお人好しさ?それとも「中国様と韓国様には逆らうな」タイプ?あるいは配慮したら関係が上手く行くと思い込んでる?
 靖国問題で折れたところで、また別の問題で際限なく文句言ってくるであろうことまでには考えが及ばないんでしょうか?

 「周辺国へ配慮しろ」派はいったい何考えてんでしょ。何かもうわからなくなってきました。

Posted by くっくり 01:47 | 歴史認識 | comments (6) | trackback (0)
コメント
最近日本では少年の惨い犯罪が立て続けに起こりました。両親を殺害した少年、兄を殺害した少年、教室に爆発物を投げ込んだ少年など、犯人の少年に共通しているところは物静かで真面目、人当たりも悪くない、自己主張が弱い、なんか今の日本にこの少年達は似ていないでしょうか。譲歩して我慢して耐えていたら終に崖っぷちで大爆発なんてことになるのではないでしょうか。もしくは水からじわじわと茹でられて気がついたときには手遅れであぼーんになってしまうのでしょうか。
かつての日本人を考えるとおそらくは前者ではと思えるのですがよくサヨクの人達は中韓に配慮してここは大人の対応とか過去の日本のしてきたことを考えれば譲歩して当然みたいなことを言いますが彼らこそが日本を戦争に追いやっているのではと思えます。
Posted by ぱんめ | URL | 05/06/29 02:31 | kxoaqtjM

ぱんめさん、コメントありがとうございます。
最近よく言われてますよね。「今の状況は日中戦争前夜に似ている」って。
あの頃の中国も反日デモが起こり、でも日本政府はあまり中国に強い姿勢に出ることをせず、現地(中国)の日本人を中心に政府の弱腰を不満に思う日本人がたくさんいたんですよね。
やがてたまりにたまった日本人の怒りが爆発、日本は中国との戦争へ……。
なので私もぱんめさんの言われるように、「譲歩して当然」という考え方が逆に日本人の不満を蓄積させ、近い将来えらい爆発を起こすのではないかと心配です。
日常生活と同じで、相手に言うべきことはその都度ちゃんと言って、マメにガス抜きしてった方がいいですよね(^_^;
Posted by くっくり | URL | 05/06/29 02:48 | OZuY2aAs

世論調査ってなんですか?
本当にやっているのかどうか、どんなふうに聞いてるのか?電話で果たしてその人の真意を汲み取れるのか?
誘導的な質問を作っていないのだろうか?
はなはだ疑問である。
結論:新聞社の意向で世論調査などどうにでも操作されうる。
Posted by コメント | URL | 05/06/29 08:44 | u78HYwDA

くっくりさん、初めまして。
>「周辺国へ配慮しろ」派はいったい何考えてんでしょ。
朝日新聞社が行った世論調査ですから、当然朝日新聞購読家庭に電話したのではないでしょうか。
朝日新聞購読家庭ですから、赤化した脳をお持ちの方は、他の新聞を購読していらっしゃる方々よりも、多い気がいたします。
読売新聞社や産経新聞社が、自社紙の購読家庭に世論調査をしたら、違った結果になるんじゃないでしょうか。
Posted by 美濃ちき | URL | 05/06/29 18:03 | VPKgD54w

今回の調査は元記事によるとこのような方式で行われたそうです。

《調査方法》25、26の両日、全国の有権者を対象に「朝日RDD」方式で実施。対象者の選び方は無作為3段抽出法。有効回答は1869人、回答率は58%。

私も当初は朝日新聞が購読者だけを対象に調査したのかと思って、この記事は無視しようと思ったのですが、「全国の有権者を対象に」とあったので、単純に購読者に調査したものではないと判断し、エントリーした次第です。言葉足らずですみませんでした。

もちろん「RDD方式」と「朝日RDD方式」は全然違うものかもしれません。「朝日RDD方式」がどういうものかわからないので何とも言えませんが、公平な方式ではない可能性はあると思います。
極論を言えば、そう唱っているだけで実際は朝日購読者にしか調査をしていないことだってあり得ますよね。

http://blog.livedoor.jp/mumur/archives/26565862.html
mumurさんブログのコメント欄にあるように、もしかしたら「朝日購読者の中でRDD方式」なのかもしれませんし(^_^;
またコメントさんが言われるように、質問内容によって回答もかなり違ってくるというのも大変理解できます。
ただ、他の項目を見ますと、例えば、戦没者を追悼するための新たな施設の設置については、「賛成」42%、「反対」34%となっていて、朝日にしては「賛成」が少ないな〜という気がしたのも事実です。
Posted by くっくり | URL | 05/06/29 18:55 | PcE8kuzo

今回の件、一言で言うなら、

「心の準備が出来ていない」

…と言う言葉に尽きるのではないでしょうか。

「中国と韓国の”反日”」のことにしろ、「靖国参拝の問題」にしろ、私が前に言った「日本の鉄道技術は宝である」事にしろ、結局の所は何も知らない。

何故、知らないか?趣味であったり仕事であったり、自分が関心を持ち、”血眼”になって取り組んでいることがあるからだ、と思います。

マスコミに人とて、きっかけは「ここに勤めたい」という意識からスタートしているから、「キチンとした記事を書くこととは何か」と言う”基本線”には差が出てくる。

”左寄りに教わ”れば左よりの記事を書くし、歴史について関心があって、深く洞察する目を持っていれば違った書き方になる―つまり”この場合”は我々の見方になります。

問題に思うのは、この「中間に属した意見がない」と言うことに尽きるでしょう。
つまり、「オタクはニュースに深入りしない」と言うことです。”オタク”でなくても、仕事などで「複雑な過程を受け持つ」ことが多いから、「社会の動き」に関心が持てない人が多いからではないでしょうか。

そこへ、「マスコミの情報が押し寄せる…」から、くっくりさんがあげた様な結果になるのでは?と思います。

願わくば、「情報の隙間を埋める」報道が多くなればいいけれど、なかなか難しいと思う。

…キリがないけれど、口コミから始めるしかないのでしょうか。
同僚や知り合いとの会話から始めるしかないのかなぁ、と思います。
Posted by Masaya | URL | 05/06/29 23:36 | yZ1yysqc

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?31
トラックバック

トラックバックはありません。
Posted by |