安倍さんに失望するのはまだ早い
 安倍官房長官が1月10日の会見で、皇室典範改正案について「自民党が決めることだが、基本的には議院内閣制の中で、内閣提出法案には今まですべて党議拘束がかかっていた」と述べ、党議拘束が必要だとの考えを示したことは、先日ここでも取り上げました。

 これにより、少なからぬ数の保守系ネット住民が失望したようで、「安倍はサヨクだったのか」「安倍は小泉に媚びすぎだ」「そんなに総理大臣になりたいのか」といった辛辣な批判も飛び出しているようです。

 私も当初は安倍さんの真意がわからず混乱していたのですが、2ちゃんねらーさんたちの書き込みを見ているうちに、「もしかしてこれは安倍さんの作戦?」と思うようになりました。

 つまり↓こういうこと。

続き▽
Posted by くっくり 02:49 | 皇室 | comments (19) | trackback (5)