産経が石原都知事を援護射撃
 朝日よりも先に産経が書いてきましたね(^_^;

産経社説:国連人権委 理解に苦しむ「差別」指摘
 国連総会第三委員会(人権)で、ディエヌ特別報告者(セネガル)は日本に在日韓国人、朝鮮人への差別や同和問題が存在すると指摘した。これを受け、近隣諸国が一斉に日本を批判した。

 とりわけ問題だと思われるのは、中国代表の「悪名高い東京都知事らの人種差別主義的な発言がある」という発言である。ディエヌ氏も「外国人差別的な東京都知事の発言に日本政府がどういう立場を取っているのか、説明を求めたい」と中国に同調した。

 石原慎太郎・都知事を指すとみられるが、どんな発言が差別的とされたのか、よく分からない。日本の一部新聞は平成十二年四月の「三国人」発言を例示しているが、そうだとすれば、誤解を多く含んだ批判である。

 石原知事は自衛隊の式典で、「不法入国した三国人、外国人」による凶悪犯罪が多発している事実を指摘したが、通信社が「不法入国した」という部分を省いて報じたため、「三国人」という言葉だけが誇張されて世界に伝えられた面が強い。

 また、平成十五年十月の集会で、石原氏が日韓併合を「私は百パーセント正当化するつもりはない」と述べたのを、一部民放は「百パーセント正当化するつもりだ」と誤報した。

 日本のマスコミの一部に、特定政治家の発言の真意を伝えず、片言隻句をとらえて批判する風潮がある。こうした一面的な報道に基づいて、日本に外国人差別があると指摘しているのなら、筋違いの批判である。

 国連総会第三委員会では、欧州連合(EU)が拉致事件を含む北朝鮮の人権侵害を非難する決議案を提出し、今月末までに採決に付される予定だ。第三委員会では、この問題こそ真剣に議論されるべきではないか。中国も国内で人権問題を抱えている。

 日本は平等の思想が普及し、障害者らを思いやる意識も高まっている。日本代表も「何らかの形の差別が存在しない国はほとんどない」と述べ、教育分野での差別解消に向けた取り組みを強調したが、まだ反論が不十分だ。

 日本側は中国などの批判の中身をただしたうえで、もっと具体的に反論すべきだった。日本の国や政治家の名誉にかかわる誤解を正すことも、外交官の重要な役割の一つである。

 産経GJ!(≧▽≦)
 欲を言えば、ちゃんと実名出してほしかった。

日本の一部新聞は平成十二年四月の「三国人」発言を例示しているが、そうだとすれば、誤解を多く含んだ批判である。

 ↑これは朝日新聞のことでしょう。
 ・石原氏の演説、「差別的」と報告 国連人権討論
 (朝日以外にもあるかもしれませんが、こちらで確認できたのは今のところ朝日のみ)

通信社が「不法入国した」という部分を省いて報じたため、「三国人」という言葉だけが誇張されて世界に伝えられた面が強い。

 ↑これは共同通信です。
 “事件”のあらましはこちらが詳しいです。
 ・「正論」〜朝日新聞「石原バッシング」の粗雑より「石原都知事を追う゛言葉の狩人″たち」の項(ページの真ん中あたり)
 石原都知事は四月九日、陸上自衛隊練馬駐屯地(東京都練馬区北町)でひらかれた陸上自衛隊の創隊記念式典で、
「今日の東京をみますと、不法入国した多くの三国人、外国人が非常に凶悪な犯罪を繰り返している。もはや東京における犯罪の形は過去と違ってきた。こういう状況を見まして、もし大きな災害が起こった時には大きな騒擾事件すら想定される。そういう現況であります」
 と挨拶したが、共同の原稿から「不法入国した多くの」という肝心の部分が抜け落ちていた。

 (中略)

 以後、石原発言は各ニュース・メディアで大々的に報道され、外国政府も巻き込んで大変な騒動になった。その渦中で石原都知事の側近である浜渦(武生)特別秘書が共同のA記者に、
「なんで切ったのか」
と問いただしたところ、
聞こえなかった
と、A記者は答えたという。

 四月十二日の記者会見で石原都知事とA記者の間に、つぎのような緊迫したやりとりがあった(四月十三日付の毎日新聞朝刊から)。

「あれだけ大きな大きなスピーカーで報道した。ほかの人は皆聞いているのに君だけ聞こえなかったのはおかしな話じゃないか。君が怠慢か無能かどっちかだよ、それは」
「私は聞いたのをその通り書きました。必ずしもテープをとってなかったので……」
君の取材は非常にそこつだね。正確を期してないよ
「あの時の会見で言われた不法入国のところは、あなたの発言は非常に小さくて早口だった。知事は大事なことをいわれる時、非常に早口になります。記者に対して聞き取れないような発言をなさるのは公人として非常によろしくないと思われます
「だってこれ自衛隊の時の講演でしょ。訓話でしょ。あれだけゆっくり話したじゃないですか。録音ありますよ。お聞かせしようか。君自身がだね、そこつなんだよ。あるいは意図的に君は外したんだよ

(中略)

 石原都知事が、共同原稿に怒ったのはムリもない。「不法入国した多くの三国人、外国人」という言い方と、単なる「三国人、外国人」という表現ではずいぶん意味がちがってくる。後者なら対象のすべてを指すことになる。

 この論文、朝日批判もあるので是非見て下さいね。

石原氏が日韓併合を「私は百パーセント正当化するつもりはない」と述べたのを、一部民放は「百パーセント正当化するつもりだ」と誤報した。

 ↑これはTBS。有名ですね。「マンガ嫌韓流」でも取り上げられました。
 が、これは“誤報”というより“捏造”ですわな。
 この件についてはこちらが詳しいです。
 ・TBS報道番組「サンデーモーニング」で石原都知事の日韓併合発言を捏造報道

※参考リンク:
 mumurブログさん11/8付「北朝鮮の息のかかった国連人権委員会ドゥドゥディエン氏の「在日差別」発言を、共同通信が「日本は対応を迫られそうだ」と報道」


 石原都知事と言えば、最近こういうニュースもありました。

「中国が核を落とすなら沖縄か東京」 石原都知事が米講演で発言(琉球新報)
「中国にとって一番目障りな日米安保をたたくために、もし核を落とすなら沖縄に落とすだろう。あるいは東京を狙うだろう」

 この発言にまつわる記事が今週号の『週刊新潮』に載ってました。
<「中国は東京に核を落とす!」新聞が削除した「石原知事の驚愕警告」>

 日本の新聞はなぜか上記引用箇所をカットして報道したと。カットせず伝えたのは地方紙の琉球新報だけだと。
 立ち読みしただけなので細かいことは覚えてませんが、「なぜ全国紙は伝えないのか?東京にミサイルが撃ち込まれるなんて想像もしてないのか?あるいは想像したくないのか?平和ボケか?」という感じで、記事は締めくくられていました。


・・・・・・細切れぼやき・・・・・・

韓国 日本の軍隊保持に懸念
森前総理大臣は、日本と韓国の国会議員でつくる議員連盟の合同総会が11日、ソウルで開かれるのを前に、日本側の日韓議員連盟会長として10日、韓国を訪れたもので、大統領府でノ・ムヒョン大統領と40分間会談しました。この中で、ノ・ムヒョン大統領は、小泉総理大臣の靖国神社参拝については、「受け入れがたい」と述べ、あらためて反対の立場を強調しました。そのうえで、先月末、自民党が、自衛軍の保持を明記した独自の憲法草案を決定したことを念頭に、「戦後60年を経て、普通の国として軍隊を持つことに反対はできないが、韓国民としては昔のことを思わざるをえない」と述べ、日本の軍隊の保持を含む憲法改正に向けた動きに対し懸念を示しました。一方でノ・ムヒョン大統領は日韓の間で感情的な対立が増幅することは避けるべきだとして、冷静に対応していく考えも示しましたが、来月予定どおりに日本を訪問するのかどうかについては、言及を避けました。

 「9条改正に反対はできない」。当たり前じゃ。人の国の憲法をとやかく言うな。
 まあでも逆に言えば、盧武鉉大統領の“お墨付き”が出たってことで、親韓派(≒9条改正反対派)にとってはガックリかも?

 しかし「日韓の間で感情的な対立が増幅することは避けるべき」って、大統領自ら先頭に立ってさんざん反日を煽ってきたくせに、よう言うわ。

※参考リンク
 櫻井よしこwebサイト:『盧武鉉』 反日賠償 『3.1演説』 を読み解く


ザビ家の島根お歳暮販促 竹島の日条例のお礼に島根のお歳暮を!
ランバ・ラル「気に入ったぞ、島根県議会。それだけはっきりものを言うとはな」
 つーことで、今日もしつこく貼っときます。


★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:29 | マスコミ | comments (3) | trackback (4)