細切れぼやき〈11/8〉
三笠宮さまの異議「影響ない」 女系天皇検討で座長
 小泉首相の私的諮問機関「皇室典範に関する有識者会議」は7日、首相官邸で会議を開いた。三笠宮寛仁さまが女性・女系天皇に異議を唱える随筆を発表したことについて、吉川弘之座長は終了後、会議への影響は「ない」と否定し、女性・女系天皇を容認する考えを強調した。首相も同日、会議の姿勢を支持する考えを示した。

(中略)

 政府高官の一人も、随筆で「プライベートなひとり言」としていることを指摘し、「内輪の場の話だから、騒ぐことは寛仁さまの本意にそぐわない」との見方を示した。

(後略)

 言いたいことはたくさんあるけど、今日はちょっと時間ないので1つだけ。

 この「政府高官」つーのは誰やねん。寛仁殿下のお気持ちをまるでわかってないのでは。

 西日本新聞11/4付:三笠宮寛仁殿下のコメントより
 市販されている物には載せる気はありません。六月に柏朋会の内輪の総会でミニ講演し、同じ趣旨の話をしました。(コラムを書いたのは)それを文字に残したいと思ったからです。
 愛子さまが女帝になるのは結構なんですが、配偶者が必要になってきます。世界で唯一の万世一系が続いてきたということは、百二十五代変わらず男系を変えずにきたことに国民が敬意を示してきたのでしょう。
 ただ、やはり私たちは政治的な発言はできないので、ああいう形でしか言えません。

 殿下が本当に内輪の話で終わらせたいとお考えなら、こういうふうにはおっしゃらないと思うんですが。

 そういや殿下は今日入院されたそうです。これって心労とかとは無関係なんでしょうか?大事に至らなければいいのですが。

 話は変わりますが、今日(11/7)、FNN「ニュースJAPAN」で皇室典範改正問題の特集がありました。
 ところが私ったらすっかり失念してまして、気づいてチャンネルを合わせた時にはもうまとめに入ってました(T^T)

 2ちゃん実況板で調べたところ、「女性天皇」と「女系天皇」の違いをちゃんと、しかも分かりやすく説明してくれていたようです。さすがフジ、GJ!(≧▽≦)
 解説の和田さんも、「この問題を国民に丁寧に伝えて、その上で世論の動向を把握する必要がある」てなことを言ってくれてましたし。

 しかし2ちゃんねらーですら、未だに「女性天皇」と「女系天皇」の区別がついてない人がわんさかいて、びっくりしました。
 「女系の子供が男の子うんだら男系じゃん」とか、「今回だけ女系でも仕方ないと思う」とか、( ゚Д゚) ハァ?な書き込みが多数。
 これはもうネットしてない人はさらに区別ついてないですな。

 いやいや、人のことは責められない。私もほんの数カ月前までは「女系」って言葉すら知らなかったわけで。
 読者皆さま、どうかあなたの周りの身近な方々に「女性天皇」と「女系天皇」の違いを解説してさしあげて下さい<(_ _)>


国交正常化交渉再開を提案 日朝協議で日本
 北京で3、4両日行われた日朝政府間協議の日本代表を務めた斎木昭隆外務省アジア大洋州局審議官は7日夜、拉致被害者家族会に対し協議内容の詳細を説明した。その中で「拉致問題」「核・ミサイルなど安全保障問題」を切り離した上で、大使級などによる本格的な日朝国交正常化交渉を同時並行的に進める提案を北朝鮮側にしたことを明らかにした。
 これに対し、家族会側には拉致問題の「棚上げ」につながるとして反発する声も上がっている。
 日朝協議直後、外務省は「3つの協議を並行して進めていくという話も出た」とするにとどまり、協議のレベルなどについては明確な説明を避けていた。
(共同通信) - 11月7日23時11分更新

 今回(11/3、4)の日朝協議はほとんど何も進展がなかったようです。
 まあ6カ国協議も控えてることだし、日本側も日朝協議ではあえて無理せず6カ国協議につなげるつもりなのかも……と私はわりと楽観的に考えてました。

 が、これまであれほど「拉致・核・ミサイルを包括的に」と言ってたのが、「拉致」と「核・ミサイル」とに切り離すって?しかも本格的な国交正常化交渉を同時進行で進めるって?
 斎木さん、だめじゃん!(T^T)
 北朝鮮から譲歩を引き出すためにやってるんでしょうけど、「圧力」抜きの「対話」ばかりじゃ北朝鮮がつけ上がるだけですやん。

 「救う会」の西岡力副会長によると、斎木審議官は「拉致と安全保障の問題の解決なしに国交正常化交渉に入ることはない」と強調したとのことですが、どうにも心配。
 ↓だって、こういうニュースもあるし。

 「拉致」突っ込んだ議論せず=6カ国協議で谷内外務次官
 外務省の谷内正太郎事務次官は7日夕の記者会見で、9日から始まる北朝鮮の核問題に関する6カ国協議に関し、「(拉致問題は先の)日朝協議でかなり時間をかけて議論した。(今回も)取り上げなければいけないという事情はちょっと違うのではないか」と述べ、拉致問題で突っ込んだ議論はしない方針を示した。 
(時事通信) - 11月7日19時1分更新

 そういや今日、関西テレビ「2時ワクッ!」で青山繁晴氏が言ってました。
 「この前の日朝協議は何も進展がなかったと日本のマスコミは書いてるけど、全然違う。あれは北朝鮮の大勝利ですよ。ソンイルホもニコニコ顔だった」と。

 その理由として青山氏があげたのは、日本側が「拉致問題」「過去の清算を含む国交正常化」「核・ミサイル問題」の三つの分科会を設置するよう北朝鮮側に提案したこと。
 つまり、北朝鮮が強く望んでいた「過去の清算」(=日本からの経済援助)が今後の協議の俎上に載ることになった。だから北朝鮮にとっては大勝利だと。

 国際社会は北朝鮮を徐々に追いつめてるんですけどね〜。
 国連総会に北朝鮮の人権侵害を非難する決議案が提出されたし(総会提出は初めてのこと)、デトラニ米大使も「拉致問題の解決がない限り、北朝鮮はテロ支援国家リストから外れることはない」と言明したし(=テロ支援国家リストから外れない限り、北朝鮮は国際社会からの支援は受けられない)。
 なのに、当事国(被害国)の日本が北朝鮮に対してこんな融和的な態度でいいんでしょうか?
 

■島根県に恩返しを!!

 とりかご〜ガノタフィリピン戦線さん11/7付「ザビ家の島根お歳暮販促 竹島の日条例のお礼に島根のお歳暮を!」

   アムロ「やれるのか?!」
   ララァ「お歳暮をもらうのが嫌いな人がいて?」
   シャア「ララァは賢いな」

 Toriさんをインスパイア……(^_^;
 マジで良い企画だと思うので、皆様ぜひご協力を。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 01:42 | 細切れぼやき | comments (14) | trackback (3)