モーニング娘。コンサート会場で護憲活動?
 今日は読者さんからいただいたメールを紹介させていただきます。
 ……思えばメール紹介も久しぶりですね〜。「読者様のメール」カテゴリまで作っておきながら(^^ゞ

 くっくりさん、こんばんは。
 以前にも何回かメールを差し上げたことがある、東京都在住のSと申します。

 さて、ここ数日、自民党が出してきた新憲法案をめぐって、護憲勢力が活発に運動を展開していますが、ついにこんなサイトも出来てきました。以下のサイトをご覧下さい。

 http://www.geocities.jp/gokenmusume/index.html
 
 このサイトのURLを見つけたのは、2ちゃんねるの「モーニング娘。狼板」の中の、「コンサート会場で護憲活動をしよう」というスレッドでです。
 まあ、私はモーニング娘。のファンなのですが(笑)、サヨクのモーニング娘。ファンの連中が、モーニング娘。のコンサート会場で、護憲のための署名運動やビラ配りをやろうとしていて、今、ファンの間でも意見が分かれています。大方は、この署名やビラ配りに反対ですけどね。

 自分も反対です。護憲活動をするのは勝手ですが、なぜアイドルのコンサート会場でそれをやらなくてはいけないのか?たしかに2003年にモーニング娘。は自衛隊の勧誘ポスターに出ているので、政治的な動きには巻き込まれているのですが、楽しむ場であるコンサート会場でこんなことをされたらたまりません。

 私は「モーニング娘。をサヨクの護憲活動に巻き込むな!」と声を大にして言いたいです。

 護憲活動と言えば、私の職場の近くにあるJR中野駅(中央線)の駅前もすごいことになっています。やれ「憲法が改正されると、東京は戦場になります!」とか、「郵政民営化法案は、小泉政権が戦争を行うための軍事費を調達するための法律です!」とか、電波出まくりのアジ演説を毎日聞かされています。この人たちは自分の言っていることが分かっているのでしょうか?

 これからもっともっと護憲派サヨクの活動がうるさくなるんでしょうね。
 「ぼやきくっくり」、毎日楽しみに読んでいます。くっくりさんの鋭い突っ込みをこれからも期待しています。

 ・・・・・・・・・・

 Sさん、メールをありがとうございました。
 ご紹介のサイトに行ってみましたが、残念ながら現在はこういう状態になってます。

 平和憲法を愛するモーヲタたちの「ザ☆ピ〜ス!」ネットワーク

しばらく閉鎖します。楽しみにしている皆さん御免なさない。このサイトが閉鎖しても常に心に「ザ☆ピ〜ス!」を!!!!
一部の心無い人たちからウイルスが送られてきました。このような暴力行為は許せません。これ以上おかしな真似をしたら警察に被害届けを出します。覚悟してください。

 運動もけっこうですが、やはりTPOを考えてほしいですよね。
 自衛隊の勧誘ポスターに出た等の経緯があったとしても、コンサートを利用して政治運動をしようなんて非常識としか思えません。本当にファンなんでしょうか?
 教師のふりをした運動家、新聞記者のふりをした運動家もいますしね。その方々もファンのふりをした単なる運動家だったりして?

 万一、運動が原因で何らかのトラブルに発展した場合、モーニング娘。のメンバーにも迷惑がかかることになりかねないと思うんですが、果たして彼らはそこまで考えてるんでしょうか。
 そこまで考えが回らないのだとしたら、やはり本当のファンではないのでしょう。

 Sさんのご近所では早くもサヨクの護憲活動が活発になってるようですね。どこの団体でしょうか。政党?プロ市民?
 まあ駅前の演説なんてほとんど誰も聞いてないとは思いますが、それでも毎日執拗に電波出されたら、潜在意識に植えつけられてしまう危険性もなきにしもあらず?!(^_^;

 私の近所でも駅やスーパーの前などでよく共産党員らが演説をしていますが、立ち止まって聞いてる人は皆無です。
 選挙後は静かになりましたが、今後またうるさくなるかと思うと鬱ですわ(T^T)

 上の人たちとはまた別グループの共産党員で、平日の真っ昼間に3〜4人程度で「憲法9条反対」と書いた旗を掲げて住宅地を練り歩いてる一行もあります。初めて見た時はカルト宗教かと思いました。
 かなり年配の人たちで構成されており(平日昼間ですからね)、「こんにちは〜」とやたら通行人に愛想を振りまいて歩いてるんですが、それに応えてる人を見たことは一度もありません。

 まあとにかく共産党に関しては、主張内容以前に方法的にまず間違ってると思うこと多数(^_^;

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。


Posted by くっくり 22:47 | 読者様のメール | comments (12) | trackback (0)