党首討論会〜生中継を見ました
 今日の産経社説で拉致問題が取り上げられました。
 でも産経は部数少ないからなぁ。読売も取り上げてくれんかな。
 (もっとも昨日の読売は教育改革を取り上げてたから、これはこれでGJ!)

【主張】拉致と総選挙 対北制裁も重要な争点だ
 郵政民営化の是非を最大の争点とする今回の総選挙で、拉致被害者の救出を求める声がかき消されがちだ。六カ国協議の再開を前に、「拉致」が共同文書に明記されるか否かも、重要な争点である。

 主要政党のマニフェスト(政権公約)を見ると、いずれも拉致問題に触れてはいる。

(中略)

 しかし、その主張は各党の候補予定者からは、伝わってこない。

 拉致事件の早期解決に向け、北朝鮮への経済制裁を求める改正外為法と特定船舶入港禁止特別措置法は昨年、社民、共産両党を除く与野党の圧倒的多数の賛成で可決、成立した。各党は経済制裁を含む拉致被害者の救出を、もっと強く訴えるべきである。

 拉致事件は、日本人の生命と人権が危険にさらされ、日本の主権が侵害された北の国家犯罪だ。日本の将来を左右するという意味では、郵政民営化に匹敵する重要な問題といえる。

 六カ国協議の再開に向けた日中会談で、武大偉・中国外務次官は日本が拉致事件を含む人権問題を共同文書に明記するよう求めたことに関連し、日本側の関心を踏まえたうえで対応するとの考えを表明した。議長国の中国の理解を得るためにも、国民世論の一層の盛り上がりが必要なのである。

 公示を翌日に控えた二十九日、各党党首による公開討論会が開かれる。特に、小泉純一郎首相は歴代内閣が手をこまねいてきた拉致被害者の救出を、初めて実現させた指導者である。各党党首は拉致事件についても、真剣な議論を展開してもらいたい。

 「社民、共産両党を除く与野党の圧倒的多数の賛成で可決、成立した」……って産経、さりげなく「社民党と共産党は拉致に冷たいよ。投票しちゃダメよ」とアピール(^_^;?

 残念ながら、今日の公開討論会では拉致事件の議論がされることはありませんでした。
 記者質問の最後の方で、「北朝鮮問題」としてちょこっとだけ小泉くんに振られただけ。小泉くんの回答も「平壌宣言にのっとって……」と、いつもの繰り返し。

 討論会の概要はこちらなどを見ていただくとして……。
 「報ステ」のVTR見てたら、何だか小泉くんが散々だったみたいな編集になってましたな。
 でも実際生で2時間見てた私からしたら、散々だったのは岡田くんですわ。興奮して怒鳴って涙目になって。小泉くんに弄ばれてるって感じ(^_^;

 正確ではないけど、↓こんなやりとりもあった。

岡田くん
「小泉さんは私の質問に答えてない。1年前も国民に謝罪しろと言ったのに、はぐらかして答えなかった。それが『いろいろ』発言」
小泉くん
1年前のことを蒸し返して謝罪しろと言うんですか?

 ウケた(≧▽≦)
 んで岡田くん、時間切れになったら、「もっといろいろ言いたかったんですが、小泉さんにはぐらかされてしまって言えませんでした。残念です」って、捨て台詞。
 ……小学校の『終わりの会』ですか?!(^_^;

 あと岡田くん、「小泉さんは弱者の気持ちをわかってない!」と言ってたけど、ジャスコの御曹司にそんなこと言われても説得力ないっす(T^T)

 第二部の記者質問では、↓この話が出ました。

単独過半数でなければ辞任…岡田・民主代表
(2005年 8月13日 (土) 10:39)
 民主党の岡田代表は13日朝、読売テレビの番組に出演し、衆院選で民主党が単独過半数を取れなかった場合、代表を辞任する考えを明らかにした。岡田氏はすでに、今回の衆院選で民主党が政権をとれなければ代表を辞任する考えを示していたが、さらにハードルを上げた格好だ。

 これ、岡田くんによれば、読売の誤報だそうです。
 その箇所の動画を2ちゃんねるで見つけたんで、起こします。言葉尻までほぼ正確です。

読売記者
「えー、岡田さん」

岡田代表
「はい」

読売記者
「最初は単独過半数、最近の言葉では、政権をとれなければ、あー、党首を辞めると(岡田「いや…」と反論しかける)、こういう具合に発言が変わってるようなんですけども、ああ、そう、ということは、民主単独ではなくても、どこかと一緒になって政権をとればその時は変わらないということなんだなあと、そういう具合に受け取ってるんですけども、よろしいでしょうか?」

岡田代表
「いや、それは全く間違いです。読売の報道はそういうのありましたが(読売記者、笑い)、私は一度もそういったことを言った覚えはありません。私が申し上げてるのは、民主党政権ができなければ代表にとどまるつもりは全くないと、そういうふうに申し上げております。それはリーダーとして当然のことだ、民主党政権を目指してきた以上、当然のことだと考えております」

読売記者
「それはまあ、小沢さんも、当然ながら反対派、あるいは無所属、いろんなとことの連携のことをお触れになってるようなんですけども、そのことも念頭にやってるってことなんですか?」

岡田代表
「目指すところは単独政権です」

FNN記者(和田さん)
「あの、一つ確認なんですが、それは仮に過半数がとれなくても、首班指名までは岡田代表で臨むということですか?それはそうなんですか?」

岡田代表
「もちろんそうです。ですから、あの、前から申し上げておりますように、首班指名で民主党以外で、えー、わざわざ岡田に投票しようという人が出てきた時に、それを拒む必要は全くありません」

FNN記者(和田さん)
「ま、一議席二議席足りなかったから、そこで即代表を辞めるということでじゃなくて、首班指名までは臨まれるということですか?」

岡田代表
「あの、私は代表を続けるつもりはないというふうに表現しております。投げ出すつもりはありません、代表を。直ちに投げ出すってのは無責任です。やはりそこはきちんと次の見通しを持って、きちん…、おそらく選挙で次の代表を選ぶことになると思いますが、それまでの間は続けなければならない、そういうふうに思ってます」

 「民主党が単独過半数に達しなかったら代表を辞める」でなく、「民主党が政権を取れなかったら代表を辞める」であると。
 そして、目指すは「民主単独政権」、それが無理なら「他党と連携して(自分を首班指名してもらって)民主連立政権を」ってことで。
 代表を辞めるのは、そのどちらも叶えられなかった時。
 但し、政権が取れなくても民主党内の選挙か話し合いで再度自分が選出されたら、代表に留まることもありえる、ってことですな(この可能性は低いと思うが)。
 ……ま、どーでもええか。

 もう一つ、第二部の記者質問から。

<小泉首相>年内の靖国参拝を示唆

 延々と靖国参拝問題を引っぱって、他の重要な外交問題(領土問題や拉致問題)の質問時間を潰してしまった記者って、やっぱり朝日新聞ですかね?

 こちらは生で見ながらメモっただけなので不正確ですが、参考までに。

小泉総理
「どんな質問をされても『適切に判断』としか言いようがない。これがこうだからこうする、という説明はする必要はない。中国当局もよく理解している。靖国問題さえ解決すれば日中関係がうまくいくとは思っていない」

記者
靖国が問題になったのは自然になったのでなく、小泉総理が持ち出した問題です。(中略)総理は8/15に参拝すると言って果たせていませんが、それは公約より大切なものがある、それは中国・韓国のことだということですか?」

小泉総理
「適切に判断しました」

記者
「日中間で今後もとげとげしい状況が続くのかと心配。民主党は近隣諸国との関係は改善すると……」

小泉総理
「日中間は私の就任前より、経済、文化、スポーツで交流がはかられている。靖国問題ばかり言われるが実態は違う」

記者
「首脳の問題だけだとおっしゃるが、両大国(=中国・韓国)を軽く見ているのではないか?東アジアの首脳が臨機応変に話し合える状況ではないのに……」

小泉総理
「国際会議の場では片隅でなく堂々と会談している。靖国参拝は、中国・韓国が行くなと言うからやめて、うまくいくとは思ってない。宗教に対する考え方、心の問題。長い目で見て理解していただく」

記者
「国際会議の中で議論すればいいんだと、こういう考えか?」

小泉総理
「その場その場で必要な時、議論すればいいと思う」

(その後この記者は、公明党の神崎、民主党の岡田に「あなたは総理の靖国参拝を反対してますよね。具体的にどういったふうに近隣諸国との関係改善を?」とか振って、何かめちゃ当てつけがましかった(-.-#))

記者
「岡田さんは総理になったら靖国神社には行かないとはっきりしてるが、岡田内閣の入閣の基準に参拝する・しないを設けるか?」

岡田代表
「靖国神社の戦争観が私と違うから参拝しない。遺族には申し訳ないが。閣僚の参拝は問題になっていないから、入閣基準は政権を取ってから申し上げたい

 この記者、「靖国が問題になったのは自然になったのでなく、小泉総理が持ち出した問題です」と言ってたが、持ち出したのは朝日新聞ですやん。で、中国を焚きつけて外交問題にした!(-.-#)
 中国・韓国を「両大国」ってのもおかしい。韓国って大国か?

 あと、岡田くんの「閣僚の参拝は問題になってない」、これ、「外交問題になってない」という意味だったように思います。だとしたら、両国ともしっかり問題にしてますけども。小泉くんの陰に隠れて目立ってないだけで。

 岡田くんのことばかりあれこれ書いてますが、私は人間的には決して彼は嫌いじゃないんですけどね。真面目な人、好きやし。
 でもこの人に、民主党に日本を託せるか?と言われたら、絶対NOです〜(T^T)
 
 民主党と言えば、今日、産経の選挙特集に、塩爺こと元財務相・塩川正十郎氏のこんなコメントが載ってました。

−−−公明党や民主党の動きをどう見るか
「公明党は『福祉と社会保障をやるなら、政権政党と共同で』という点ではっきりしている。一方、民主党は政治に対するスタンスを明確にすべき。失礼な言い方だがごちゃごちゃで、政党ではなくグループだと思う

 「民主党は政党ではなくグループ」……あはは、確かにね(≧▽≦)
 「民主党ってどんな政党?」と訊かれたら、「極左から極右までもうごちゃ混ぜ」としか言いようがないですもん。
 沖縄を中国に切り売りしようかってな売国党員もいれば、尖閣諸島に上陸した西村眞悟さんのような人もいるし。

 それを言うなら自民党もバラバラでは?というご意見もあるでしょう。
 でも今回、小泉くんはそれを整理しようとしてますから(郵政だけで整理しちゃうことの是非は置くとして)。それだけでも民主党よりずっとマシや思う。
 
 最後に、「民主党沖縄ビジョン」をまとめたFLASHをご紹介します。

 ・沖縄・日本を守れFLASH

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 00:58 | 政治 | comments (11) | trackback (9)
細切れぼやき
■今日の「TVタックル」

 田嶋陽子がまともなこと言ってて驚いた。
 「いまの争点は郵政民営化でいいんだよ。共産党も社民党もすごく古い気がする。税金上げるなって言うけど財源は?福祉をちゃんとするには思い切って税金も上げないと」……みたいなこと言ってた。
 何か他にもいいこと言ってたみたいで(仕事しながらなのでちゃんと聞いてなかった(T^T))、三宅先生やハマコーにほめられてましたわ。

 田嶋の発言、私も常日頃思ってたことですわ。
 共産党も社民党も口を揃えて「増税はいかん」と言う。なのに、福祉方面の手当を連発すると言う。じゃあその財源はどこから持ってくるつもりなの?と。

 公共事業や道路特定財源など無駄な支出を無くすというのはわかるけど、それ実現するためには、「小さな政府」にしていかなあかんでしょ。
 それに、大企業や富裕層から税金をもっとたくさん取るってのはマズイでしょ。それやると、ますますみんな海外に出てっちゃいますよ。
 海外脱出まではしなくても、法人税が上がったらそこの従業員に当然影響が出てきますわな。リストラとか給与ダウンとか。そうなったら「弱者に優しい」どころじゃなくなりますやん。景気回復も当然望めないし。そのへんちゃんと考えてんのかしら?


■TBSのドラマ「広島・昭和20年8月6日」

 見ませんでした。
 テレビ欄の解説見たら、もういかにも「原爆落とされたのは日本が悪かったから」「朝鮮人差別はいけない」てな内容っぽかったので。
 ……ご覧になった方、ズバリそうでしたか?(^_^;


朴元大統領ら3000人名指し 韓国で「親日」名簿発表
 名簿では、植民地支配下における(1)高級官僚や議員(2)軍将校や警察官(3)判事や検事−−らが挙げられた。旧日本軍中尉だった朴元大統領のほか、解放後の検察庁長官や陸軍参謀総長、保守系有力紙の朝鮮日報と東亜日報の元社長、文化人も名指しされた。民族問題研究所は「民族独立を妨害するなど植民地支配に協力した者」と説明している。

 あれれ?韓国人によれば、当時の朝鮮人は差別されて人間らしく扱われてなかったってことですよね?
 なのに、何で朝鮮人の高級官僚や議員や将校や警察官や判事や検事がいるの?変ですね〜(^_^;


朝日記者が虚偽メモ作成、「新党」記事に
 田中康夫・長野県知事による新党結成に関する報道をめぐり、朝日新聞の長野総局の記者(28)が虚偽の取材メモを作成し、同紙がこのメモに基づく記事を掲載していたことが29日、明らかになった。

 朝日新聞は同日、臨時取締役会を開き、この記者を懲戒解雇とするとともに、木村伊量・東京本社編集局長を更迭するなどの処分をした。

 朝日新聞広報部によると、虚偽のメモを作成したのは長野総局の西山卓記者。田中知事と亀井静香氏が長野県内で会談したという情報を田中知事からの取材で得たとする虚偽の情報を、朝日新聞の長野総局長、長野県政担当記者、東京本社政治部記者にメールで送った。

 朝日新聞は、この虚偽情報などをもとに21日付朝刊2面で「『第2新党』が浮上」、22日付朝刊3面「追跡 政界流動」の記事を掲載した。

 これに対し田中知事は23日の記者会見で、「亀井氏と会ったのは都内で、長野県ではお目にかかっていない」「朝日新聞記者の確認取材は受けていない」と発言。朝日新聞が社内調査した結果、記者が虚偽情報を流したことが判明したという。

 吉田慎一・朝日新聞社常務取締役(編集担当)の話「実際の取材をせずに、あたかも取材をしたかのような報告メモをつくり、それが記事になるという、朝日新聞の信頼を揺るがす極めて深刻な事態が起きてしまいました。記者倫理に反する、決してあってはならないことであり、深く責任を感じています。田中康夫・長野県知事や、亀井静香・元自民党政調会長ら関係者と読者のみなさんにも深くおわびいたします」

 処分者は次の通り。

 ▽懲戒解雇 西山卓・長野総局員
 ▽減給・更迭 木村伊量・東京本社編集局長、金本裕司・長野総局長
 ▽けん責 脇阪嘉明・東京本社地域報道部長、持田周三・政治部長
 ▽戒告 曽我豪・政治部次長▽役員報酬減額 吉田慎一・常務編集担当

(読売新聞) - 8月29日22時27分更新

 また朝日ですか。こう立て続けに捏造やら不祥事やらが続くと、怒るより笑ってしまうわ。
 朝日新聞の信頼?……そんなもん、とっくの昔になくなってますから!残念!(≧▽≦)
 それより、本田雅和記者の懲戒解雇処分マダ━━?(・∀・ )っ/凵⌒☆チンチン

 虚偽に基づいた記事は許さないはずの朝日も、歴史の捏造はOKみたい。これまで誰も処分されてませんしね。
 今日もこんな社説が。

 8/29付朝日社説:日韓文書 改めて知る交渉の苦渋
 植民地支配に伴う被害者個人の救済は韓国側が責任を持つとしていたことが、1月の文書公開で確認された。韓国政府は強制徴用者らの支援に乗り出し、すでに19万件の被害申告が出ている。国内世論を納得させる狙いもあったのだろう。

 同時に、従軍慰安婦やサハリン残留韓国人、在韓被爆者といった、正常化交渉の時には想定していなかった問題がその後出てきたのも事実である。

 もともとなかったものを、「正常化交渉の時には想定していなかった問題がその後出てきたのも事実」ってアンタ。
 まだ「慰安婦強制連行あった説(広義も含め)」を捨ててないの?

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 00:39 | 細切れぼやき | comments (11) | trackback (3)