民主党に甘い朝日新聞&造反組見苦しすぎます
■今日の各紙社説

 各紙ともテーマは当然「解散総選挙」。
 解散についての各紙の評価は、概ねこんな感じでしょうか?

  読売=批判的
  産経=やむをえない
  毎日=歓迎
  朝日=大歓迎

 以下、ちょっと目線を変えて、各紙社説が「民主党」についてどう書いてあるか拾ってみました。

読売社説:[郵政解散]「懸案処理政権を樹立できるか」
 他方で、民主党はどうだったか。「政権準備党」を自任してきたが、郵政国会では、郵政民営化法案の対案も出さず、支持団体の郵政労組への配慮から、現在の公社維持・結論先送りを主張し、存在感は希薄だった。
 法案否決も、自ら追い込んだのではなく、自民党の内紛に便乗しただけだったのではないか。こうした姿勢を有権者はどう評価するだろうか。


毎日社説:解散・総選挙 政治のねじれ解消の好機だ
 民主党もこのままではいられない。今回の解散は、民主党が政権を追い込んだのではない。現状は、自民党分裂という「棚ぼた」式で政権交代の可能性が取りざたされているに過ぎないのだ。他の争点だけでなく、当然、郵政に関しても党内できちんとした対案を出すべきだ。
 郵政民営化は、ひいては「大きな政府か、小さな政府か」につながるテーマだ。岡田克也代表が「将来的には民営化が望ましい」と言いながら、政府案の批判だけに終始したのは、党内の労組系議員を中心に、自民党と同様、民営化反対派を抱え、対立を回避するためだと既に有権者も見抜いている。民主党も、そんな党内のねじれを解消して初めて、「小泉・自民党」か、「岡田・民主党」か、政策を通じて有権者が選ぶ政権選択選挙の土俵が整う。


産経社説:【主張】郵政解散 「国のあり方」問いたい 構造改革の貫徹が不可欠
 郵政法案の廃案を掲げた民主党の対応には疑問を持たざるを得ない。
 岡田克也代表は郵貯・簡保の将来の民営化と職員の非公務員化を求めていたが、民主党が三月にまとめた見解に反映させることをしなかった。結局、対案は出せなかった。労組の意向が最優先されたといわれても仕方なく、とても改革政党とはいえまい。
 国の根幹である安全保障などの基本政策もはっきりしていない。なによりも国のあり方を示すことが政権準備政党の義務である。

 読売、毎日、産経ともに民主党にはかなり厳しい姿勢。
 ところが朝日は……。

朝日社説:郵政否決、総選挙 この解散をどう生かす
 分裂選挙になれば自民党は苦しいし、なんとか政権を保ったとしても小泉氏が首相に再選される保証はない。民営化に反対する民主党に政権を奪われる可能性だってある。
(中略)
 結局のところ、有権者にとっては、これからの日本の舵(かじ)とりをだれに任せるのか、次の政権を選択する選挙ということだ。不安はあっても民主党をそろそろ政権につけるのか、首相の言う「新しい自民党」に期待をつなぐのか。
 その意味で、とりわけ民主党の責任は重い。争点を明確に打ち出す一方で、政権公約をきちんとつくり、「もう一つの選択」を具体的に示すべきだ。

 三紙ともに民主党が「郵政民営化法案の対案を出さなかったこと」「労組が絡んでいたこと」を指摘・批判しているのに、朝日は完全スルー。
 「不安はあっても民主党をそろそろ政権につけるのか」なんて、そんな曖昧な言い方せんと、「不安」の中身をちゃんと解説してちょーだいよ。
 民主党に関してはこれ以外、一切記述なし。朝日にとっては、解散になってむしろ「民主が政権取るチャンス!ラッキ〜♪」てなもんなんでしょうね。

 もちろん朝日は定時爆撃も忘れちゃいません。

 外交に目を転ずれば、まさに八方ふさがりである。首相の靖国神社参拝で中国や韓国との亀裂はかつてなく深い。それでも首相は今年も靖国参拝を続ける考えを変えようとしない。
 自衛隊を派遣したイラクの混乱ぶりは目に余る。首相が表明した国連安保理の常任理事国入りの希望は、近隣諸国や米国の支持さえ得られず、絶望視されている。この政権には外交戦略があるのだろうかという疑問すらつきまとう。

 耳タコ!!


衆院解散、各国メディアも強い関心もって報道(朝日新聞)

 仲間はずれの段落が1つあります。わかりますか?
 
 めまぐるしく動いた日本の政局に世界のメディアや政府関係者は強い関心を寄せた。

 中国の国営新華社通信は法案否決から臨時閣議の招集、民主党の内閣不信任決議案提出、衆院解散などを刻々と速報。「政局は不確定性を増し、自民党が分裂して政局に激動が生じる可能性もある」と指摘した。

 中国政府は小泉首相が8月15日に靖国神社に参拝することを警戒している。同政府関係者からは「靖国神社を参拝したら大変な事態になる。4月の反日デモの規模を上回るデモが発生する可能性は大いにある」との声があがった。

 韓国のニュース専門テレビYTNも午後2時のニュースのトップで報じ「今年で結党50年を迎える自民党は『分党元年』を迎えることになりそうだ」「野党第1党の民主党が与党として浮上する可能性も出ている」などと伝えた。

 台湾では中央通信が「民主党議員にも台湾支持派が増えており、仮に民主党政権が誕生した場合も日台関係は変化しない」との台湾当局の見通しを伝えた。香港商業ラジオは「野党民主党が第1党となる可能性がある」。

 ロシアでは、島村農水相の罷免や自民党の内部対立をノーボスチ通信が「日本の危機」の見出しで報じた。消息筋の話として「小泉首相は選挙で自民党を破壊し、新党をつくるつもりだ」とも伝えた。中東では、アラビア語衛星テレビ局アルジャジーラが正午のニュースでイラン情勢に次ぐ2番目の扱いで報じた。

 経済関係では、シンガポールの英語専門ニュース「チャンネル・ニュース・アジア」が「経済改革の行方が不透明になり、投資家は様子見のため日本への投資を手控えるだろう」。タイのタクシン首相は「日本と大筋合意した自由貿易協定の調印が遅れるかもしれない」と話した。

 フランスではニュース専門ラジオ局がトップで「改革を目指した小泉首相が与党内で嫌われた」と伝えた。鉄道、郵便、電力など国がほぼ独占する事業が多い同国では、民営化論議は常に激しい政治対立をもたらしてきた。仏政府も英独のような郵便事業の自由化を検討中で、日本での郵政民営化の「失敗」が影響を及ぼす可能性がある、との見方もある。

 中国政府の箇所だけ、郵政にも解散にも関係ない「靖国参拝」。何じゃこりゃ。無理矢理挟み込みました〜って感じ。
 しかも「靖国神社を参拝したら大変な事態になる。4月の反日デモの規模を上回るデモが発生する可能性は大いにある」ってわざわざ何よこれ?何でこんなん載せるん?「中国様が警告なさってるんだ。小泉首相は参拝をやめろ」って言いたいんか?
 朝日は社説でも「靖国参拝」について書いてたけど、こんなところにまで絡めてくるのが、いかにも「朝日クオリティー」。


辻元氏、大阪10区で出馬へ

 あんたまだ執行猶予中ちゃうの?ええ加減にしてよ。大阪人として恥ずかしいわ。
 あんたマジで国民なめてるやろ。去年の参院選で「こんな私やけど、一度だけチャンスをもらえませんか」みたいに言うてたん、どこの誰?
 高槻の皆さん。後生ですから、絶対にコイツには票は入れないで下さい。


全国規模新党が困難に 無所属出馬の希望相次ぐ

 一方、反対派幹部の綿貫民輔元衆院議長、亀井静香元政調会長、平沼赳夫前経産相の3氏は9日午前、都内で今後の対応を協議。これまで拒否してきた党政治倫理審査会への弁明書提出について「個々人の判断に任せる」ことを決めた。また今後も党執行部に非公認方針を撤回するよう要求することを確認した。

 造反組、情けないっすなぁ。覚悟の上で郵政法案潰したはずじゃなかったの?今さら「公認して下さいよ」って泣きついても、後の祭りでしょ。
 (ただ平沼さんだけは何とかしてあげてほしい気も……)


小池 百合子環境相、郵政法案反対の小林興起前議員の選挙区・東京10区から出馬へ

 8日の衆議院解散を受け、小池 百合子環境相が、郵政民営化法案に反対した亀井派の小林興起前衆議院議員の選挙区から、出馬する方針を固めた。
 小池大臣は、前回の選挙では比例代表の近畿ブロックで当選したが、今回は東京10区から自民党公認候補として立候補し、小林前議員に挑戦する。
 このほか、東京10区からは民主党の鮫島宗明氏、共産党の山本敏江氏が出馬を予定している。

 小泉くん、本気ですな。とことんやるつもりですな。
 小池さんの当選は間違いないでしょう。……って、果たして言い切ってよいものやら。
 小池さんと小林興起、二人で票の取り合いになって、漁夫の利で民主党の候補者が当選しちゃったりしませんかね?ちょっと心配。

 それにしても、小林興起はテレビ出過ぎでしょ。
 造反組の印象を上げるために頑張ってるんだろうけど、絶対逆効果やわ。だって負け犬の遠吠えみたいなことばかり言うてるんやもん。

 「私は郵政民営化に反対ではない。法案に反対したのは納得できる回答が得られなかったから」
 「今でも公認してもらえると思ってる」
 「道路公団改革には自信がある。私にやらせてほしい!私ならやれる!」
 「我々を政権に入れずして、自民党政権は成り立たない」
 「我々が本当の自由民主党なんです!」

 ……恥ずかしげもなくよう言うわ(-.-#)
 「ワイスク」だったか(たくさん出てるのでいちいち覚えてない)、他の出演者に感情的に食ってかかって、周りが呆れるという一幕もありました。
 「本当の自民党」?昔の旧態然とした自民党なんて、国民はもう求めてないんですけど。それすら気づかないのって、もう末期症状でしょ。

 親分・亀井静香も「自民党が我々を公認しないのはおかしい」とか言ってますな。ここまで女々しい男だったとは。
 おそらく造反組はみな、小泉くんを甘く見てたんでしょうね。「解散するわけはない」「公認しないわけはない」と……。


横光副党首が社民離党へ、大分3区で民主公認の方向

 社民党の横光克彦副党首兼国会対策委員長は9日、同党を離党する方針を固めた。既に福島党首に離党の意向を伝えた。
 横光氏は9日、大分県内で後援者に説明したうえ、午後、大分市内で記者会見して表明する。横光氏は民主党の公認を得て、衆院大分3区から出馬する方向となっている。 横光氏は前回衆院選で大分3区で落選し、比例九州ブロックで復活当選したが、今回、社民党で戦うのは難しいと判断したと見られる。党幹部の離党は社民党に打撃となりそうだ。

 これは困りますね。それでなくても民主党は旧社会党のトンデモ思想な議員が多いのに、これ以上増えたら……。
 「とりあえず民主党に投票しとこうか」てな感じの、あまり深く考えてない有権者はますます騙されることになるのでは?

 もっと恐ろしいのは、

 選挙で社民党が大負け→民主党に吸収合併

 ……最近どうもネガティブな私。でもありえない話ではないと思う。

★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。


Posted by くっくり 01:15 | 政治 | comments (12) | trackback (7)
細切れぼやき
ディスカバリー無事帰還 米エドワーズ空軍基地

 悲観的な報道が多かったので、ずっと心配してました。本当にほっとしました。
 無事帰還したから言えるのかもしれませんが、日本のマスコミ、ちょっと騒ぎすぎだったのでは?


自殺サイト殺人 中学生宅に脅迫電話 不明直後、前上容疑者か

 最近大きなニュースが続いたせいか、あまり目立ってませんな。
 政局のゴタゴタがなければ、ワイドショーは絶対にこの事件を大きくセンセーショナルに伝えてると思う。

 「窒息プレー」も理解できんが、「窒息殺人」に快楽を覚えるなんて、もう完全に理解不能です。刃物で切りつけて快感覚えるとか、そういう類の方がまだ理解できるかも(あくまで例えっすよ(^_^;)。


“大魔神”故郷で最後の登板 清原から三振奪う

 右側の写真(リンク先)……佐々木じゃなく清原が引退するみたいに見えますな(^_^;

 私はパリーグファン(近鉄ファン)なので、佐々木はほとんど生で見たことはないんですが、一度オープン戦だかオールスターだかで見たのは覚えてます。「ほぅ〜あれが佐々木かぁ。すごいなぁ」と素直に感心したものでした。

 横浜ベイスターズと言えば、優勝したのは98年でしたっけ?あの前後の頃、ベイスターズがけっこう好きで、テレビで試合はよく見てました。
 やくみつるさん・みずしな孝之さんなど、ベイスターズファンの漫画家の4コマ漫画が好きだったので(「ササ願」は全巻持ってます(^_^;)、その影響もあったかと。

 全盛期の佐々木はそりゃまあすごかったですね。相手チームはみな声を揃えて「佐々木が出てくるような試合展開にしては駄目」と。佐々木が出てきたら点を取るのは絶望的だから、それまでに点を取れ、と。
 とにかく偉大な投手でした。長い間お疲れ様でした。

Posted by くっくり 01:07 | 細切れぼやき | comments (0) | trackback (0)