CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2019 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.105338秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


「紀宮さま」から「清子さん」へ
紀宮さま ご結婚−皇室を離れ民間人に

 紀宮さまのご結婚から一夜明けました。
 (昨日の感想は姉ブログ「ぼやきくっくり」にて)

 もう「紀宮さま」ではなく「黒田清子さん」なんですなぁ。しみじみ……。
 でも、そんなにすぐに呼び方を切り替えられませんよね。

 マスコミはこのへんどうするんでしょうか?
 昨日までは「紀宮さま」で今日から一斉に「清子さん」つーのも、何か取って付けたようで違和感ありますよね。

 もっとも朝日放送『ムーブ!』では、昨日の時点で(午後4時頃)すでに若い男性アナが思い切り良く、「清子さん」「清子さん」と連呼してましたが(^_^;
 きっと事前に社内でそういう取り決めをしてあったんでしょうね。

 今日のワイドショーを見た限りにおいては、各局ピシッと統一されてるわけではなくて、「紀宮さま」と「清子さん」が混在しているようでした。

 例えば日テレ『ザ・ワイド』では、見出しのキャプション(画面の上の隅っこなどにずっと出てる字幕)では「紀宮さま」となってるのに、紀宮さまの映像が出た時の小さなキャプション(場面が変わると消える字幕)は「黒田清子さん」になってました(^_^;

 思えば「紀子さん」が「紀子さま」になった時も、「雅子さん」が「雅子さま」になった時も、マスコミは最初のうちけっこう混乱してましたよね。
 昨日までは「雅子さん」と気安く呼んでいたのに、結婚式を境に「雅子さま」と呼べと言われても、頭のスイッチはなかなか切り替わりませんよね。
 ご結婚後も間違って「雅子さん」と言ってしまうアナウンサーやレポーターがよくいたものです。

 紀宮さまの場合は雅子さま・紀子さまの時とは逆で、皇族から民間人になられたわけですから、よけいに切り替えづらいような気がします。

   「紀宮さま」→「清子さん」
 
 この落差が何ともはや(^^ゞ
 「さん」を「さま」に替えるのはまだしも、「さま」を「さん」に替えるのはやっぱ畏れ多い気がします。

 まあでも徐々に「紀宮さま」という呼称は消えていくんでしょう。民間人になられたわけですから当然と言えば当然ですが、何だか寂しい気がします。
 きっと私は当分の間は「紀宮さま」と言ってしまうんだろうと思います。いや、あえて言いたいという気持ち。

________________________________________________
★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

| くっくり | 15:14 | comments (3) | trackback (0) | ワイドショー |
コメント
くっくりさん じゃなくて、
くっくりさま。

私はず〜っと紀宮様とお呼びします。
ドントマイン。
| さぬきうどん | URL | 05/11/19 05:05 | OSOD2pNs |

さぬきうどんさん、コメントありがとうございます。

ご結婚から数日経って、やはりマスコミは徐々に「清子さん」になってきてるようですね。
ところで最近よくマスコミに登場された昭和天皇のご息女・島津貴子さんですが、彼女はご結婚前は何と呼ばれていたのだろう?と、ふと気になって今ネットで調べてみたら、「清宮さま」(すがのみや)だったのですね。この呼称を覚えている国民はどのぐらいいるんでしょうね。
| くっくり | URL | 05/11/19 12:27 | Af2aex9o |

くっくりさま。
今週号の週刊新潮に「清宮さま」のことが出ていたようです。どなたのことかなと思ってしばらくして、ようやく分かりました。雑誌は買っていませんけど。「団塊世代」とか「美智子様」フィーバーを直接体験していない世代には実感できません。私はその後の世代ですので。
それにしても島津家と天皇家は縁が深いようです。
最近書店に紀宮様のご本が出ていて、少し拝見したのですが、幼い頃のお顔はお雛様のようなお顔でした。頬のふっくらされている辺り。
失礼なことを。
一息置いて、蘊蓄を。イギリスの思想家にバショットという人がいます。中央公論の『世界の名著』にも収められています。彼は大要、君主制は臣民の目に晒され、ゴシップの種になる運命にあると述べています。大英帝国の君主制を評した言葉です。(ちゃんと読んでいないので勘弁を)
これに関しては、私は「その通りだが、では日本ではいかに?」と、考えます。日本の皇室に関してどうすべきかです。こういう言い方は不敬ですね。
本当に考えねば。
くっくりさんの「女系天皇」に関するエントリーは大きなインパクトになっていますね。
最後、よいしょしました!(笑)
| さぬきうどん | URL | 05/11/20 02:04 | aK0CjAzo |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyaki_blog/tb.php?48
トラックバック

トラックバックはありません。
| | |

NEW ENTRIES
COMMENTS
    なぜに「ミナミの帝王」?
  • asato >09.23
TRACBACKS
LINKS
Search Box