永田議員謝罪会見起こし
 テキスト生打ちです。2ちゃんねる実況板などで補完してますがかなり雑です。「・・・・」は起こせなかった箇所。言葉尻とか特にいい加減なので、「永田、敬語がまるでなってないじゃん」とか思い込まないように(確かにこの人の言葉遣いは危うい部分が少なくなかったりするけど(^_^;)。

 ということで、こちらはあくまで速報版。皆様方におかれましてはテレビニュースや新聞記事やネットでUPされるであろう動画(もうどこかにあるかもしれない)をご覧になって、ご自身でさらに補完なさって下さいますよう。

 沈痛な面持ちで会場入りした永田議員、開口一番「誠に申し訳ございませんでした」と10秒ほど頭を下げて、お詫びの文章読み上げ開始。

■永田寿康衆院議員謝罪会見(文章読み上げ部分)
 はじめにまず、私の国会質問に端を発し多くの皆様にご迷惑をおかけし、国会を混乱させてしまったことにお詫びを申し上げます。本当に申し訳ございませんでした。(頭下げる)

・経緯の説明

 情報提供者から提供されたメールについては、間違いなく真正のものであったと個人的な確信を持って、予算委員会で取り上げました。
 その理由は、

(1)仲介者は昨年来から親しく情報交換などをしてきた元記者でございまして全幅の信頼を寄せていたこと
(2)仲介者の説明によれば今回の案件の情報提供者はライブドアに関係する方で、本件の送金にも関わっていたと聞いていたこと
(3)さらに銀行口座情報を提供されたこと

 この3点でございます。

・具体的な経過

 昨年来親しくし全幅の信頼を置いていた元記者とは2月1日に面談し、ライブドア関係の情報について聞きました。その後、2月6日頃だったと思いますが、新たにこの元記者から今回のメールのコピーが持ち込まれ、内容についても種種の情報を得ることになりました。自分なりに情報の確認作業を行ってまいりました。
 2月8日か9日、どちらかだと思います。メールの内容について真正のものであるとの個人的な確信に基づいて、野田国対委員長にメールをご覧いただき、質問について相談をさせていただきました。本日皆様にもお配りしているものです。委員長には内容のさらなる確認、情報提供者は守ること、質問に際しては経験豊富な議員や弁護士出身議員等に相談するようにとの指示がございました。
 前原代表に直接お話をしたのは、2月11日でしたでしょうか、テレビ局のスタジオで前原代表にコピーそのものをご覧いただき、予算委員会で質問する予定であると、お耳に入れました。
 2月13日前後、16日の予算委員会一般質疑の日程が立てば、その頃に質問を・・・国会委員長と相談・・・その際も国対委員長に情報の信憑性については個人的には確信を持っていると説明しました。

 仲介者と相談し、どの程度公表できるかなど細かい詰めを行ってきました。先週水曜日、この日までの1週間、仲介者との相談、確認で連日全ての時間を費やしてまいりました。
 公表に際してはあくまで情報提供者を守ることに配慮をしてきましたが、結果として先週水曜日にいたるまで、状況を十分に前進させることができませんでした。その間、情報提供者が大変困惑しているとも聞いておりましたので、結果的に情報提供者と面談することはできませんでした。
 誠に申し訳ないことに、最終的に情報の信憑性に対する立証ができませんでした。自らの非力を恥じておりますと共に、国民の皆様、関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを重ねてお詫びを申し上げます。(深々と頭下げる)

 情報の信憑性の確認が難しいと判断した先週水曜日の深夜に、野田委員長に対して進退伺いを口頭で申し上げました。野田委員長預かりとなりました。のち、鳩山幹事長とも面談させていただきましたが、私の心身の疲労、混乱が極限に達しているとのご判断もあり、私自身も感じていましたことから、入院させていただくこととしました。本日、事態の重大さを噛みしめつつ、記者会見をさせていただくことになりました。
 私の今後につきましては鳩山幹事長にご一任を申し上げております。関係者、国民の皆様への責任の取り方につきましては、幹事長のご判断に真摯に・・・私への懲罰動議につきましては、国会での議論に真摯に従わせてもらうつもりでございます。いかなる結果が出ましても自らが招いたことでございます。
 私の予算委員会の質問に端を発しました混乱により、国民の皆様、関係者の皆様、多くの皆様にご心配とご迷惑をおかけしましたことを、心からお詫びを申し上げます。誠に申し訳ございませんでした。(深々と頭下げる。10秒ぐらい)
 失礼致します。(着席)

■永田寿康衆院議員謝罪会見(質疑応答)
Q:(朝日新聞)なぜ個人的確信で質問を?メールの送信者と受信者が一致していることについては?

永田:なぜ中途半端な状態で質問したのか。デリケートな問題で、内容の重大性から色々な人の知恵を借りて内容を詰めていくということが困難なテーマでありました。加えて予算委員会という大きな舞台が日々流れており、時間的な制約もある中で、当時の私は一定程度の確信を持っていたので、総合的に判断して質問に踏み切らせていただきました。FROMとTOが同じであるという報道は耳にしておりますが、質問をする当時の段階ではそのような指摘は全くなされておらず、私も全く知らないことでございました。結果として、十分な調査が進まないまま、準備が不十分なまま、質問するに至ったことは反省しておりますし、皆様のご指摘の通り・・・・

Q:(社名不明)金品を渡した?

永田:一切ございません。

Q:(NHK。質問聞き取れず)

永田:全くご指摘の通りだと思います。質問をした当時、私が個人的な確信を持っていたとはいえ、十分な調査をすることなく質問をし、そしてその質問の中で幹事長のご二男とはいえ、私人の名前をあげて質問を、追及をしたことについては、大変申し訳なく思っております。

Q:(社名不明)メールは偽物だと思っている?

永田:メールの信憑性について十分な立証が果たせていないのは事実だと思います。しかし内容が全くの事実無根であるのか、それとも一定程度の事実を含んだものであるのか、現在も調べが残っていると思ってるので、内容の解釈については、現時点では控えさせていただきたいと思います。本当に申し訳ありません。

Q:(フジテレビ)大元の情報源に対する信憑性は?

永田:情報源の方が、存在すらも巷では疑われていることは私も聞いています。存在についても、仲介者が接触をしているという話を伺っているので、仲介者のもたらす情報そのものが怪しいとなれば、論理的にはそのような指摘も成り立つのかもしれませんが、私は現在情報源の存在には疑問を持っていません。

Q:(社名不明)情報提供者を守りたい気持ちはわかるが、仲介者の名前は出さないのか?

永田:全く考えておりません。大変失礼ながら、やはり情報提供者を守ることはマスメディアもそうだと思いますが、党にとっても信用を作用する重大なことですので、我が身を守るために名前を出すことは私にはできません。

Q:(社名不明)責任の取り方について、本人の意向は?

永田:もはや私の主観的な思いで私の身の振り方を決められる段階ではないと思っています。ですから国民世論、党内の世論をしっかり踏まえた上で、しかるべく立場の方に進退をお預けするのが正しい判断であると思っております。

Q:(テレ朝)有権者に対しては?

永田:有権者に対しても思いを少なからず裏切ってしまったことは本当に申し訳ないと思っております。

Q:(読売新聞)信憑性を個人的に確信したという話ですが、たとえばFROMがなぜライブドアの人じゃないのかとか、基本的な疑問もあるが、どうして確証を持ったのか根拠をもう少し。また鳩山氏、野田氏に伺いたいが、永田氏の相談に対して、党としてこれなら信憑性があるとゴーサインを出した、その判断の根拠を。

永田:黒塗りのメールのプリントアウトしたものを見て、なぜ確信したかというと、メールが率直に申し上げて、プリントアウト、ワードプロセッサーで作ったものをプリントアウトしたようには見えませんでした。多くのメールを打ち出したものを拝見しておりますが、一目見てこれは雑感ではありますが、電磁的な記録のものをそのまま打ち出したんだろうなと、そう感じて違和感がありませんでした。そしてこの文章も非常に自然な文章で書かれている上に、この核心部分、つまり送金の指示以外の不必要な情報まで書き込まれています。そして何より、このようなメールを作成して、私のところに持ち込むという悪意が全く感じられませんでした。さらにその仲介者との話の中で、このメールに関する周辺的な情報もかなり具体的にさまざま、お話を頂きました。そうした中で、私の心証が形成されていったものということ、そういうことでございます。

野田:・・・・・(打ち洩らし)

Q:・・・・・(打ち洩らし)

永田:私に対する信頼がもとになっているものと私なりに推察しているところでございます。銀行口座を特定するために必要な情報は同じ仲介者から頂いております。この仲介者がもたらした情報がこのメールに関して言えば、信憑性の実証は難しいと言われている段階で、どこまで口座番号について主張できるのかと疑問の声を指摘されれば、私も否定する力は持ち合わせておりません。しかしそのことと、実際のこのメールの内容の信憑性も含めまして、全く事実がなかったということとは別のことだと思っておりますので、引き続き調べを、残っている調べをしていきたいと思っております。

Q:(社名不明)悪意を感じなかったと言ったが、いま振り返って考えてみると(情報提供者に?仲介者に?)やはり悪意があったのでは?

永田:いえ、そのことについては、何とも言えないのですが、今においても私は本当に私を貶めるためにこのような手の込んだ細工をしたというストーリーは信じることができません。

Q:(共同通信)フリーランスの記者はこういう事態になった後に永田さんと会う機会はあったのか?どのような釈明を永田さんにしたのか?

永田:あの、彼は、全て真実だと。そして情報提供者からもたらされたこのメール、口座情報、その他の周辺情報についても全て真実だと直近の意見交換でも述べていました。(記者:いつでしょうか?)記憶が混乱しているので定かなことは申し上げられないが、4〜5日前だったかもしれません。

Q:(社名不明)永田さんはTOとFROMは知らなかったと言ったが、メールを入手された時に、どういう名前が書かれているかを仲介者に聞いてたのか?永田さんの側で消された部分があったと思うが?

永田:この仲介者がメールを私に持ち込んだ時に、FROMが堀江氏のアドレスであり、TOは情報提供者のアドレスであると説明を受けました。しかしこのFROMの部分に書かれてあるアドレスは、堀江氏が使い分けているいくつかのアドレスのうちの一つであり、それを明らかにすれば、このメールがどこから外部に持ち出されたのかということが容易に特定できるような、極めて限定的に使われているアドレスだと説明を受けました。情報提供者が特定されればこの情報提供者が大変悪い立場に置かれ、万が一にも身辺に危害が及ぶ可能性も否定されないと説明を受けましたので、このアドレスの開示につきましてはそれ以上要求をいたしませんでした。不必要な表現という部分ですが、確かに国会で私が質問した時にはあるいは皆様にその後、メールのコピーをお配りした時には、「問題があるようだったら」の部分は塗りつぶして、お手元の資料ではCと書いてある、ここも塗りつぶして出したと思いますが、この2つの部分、確かAの部分も。Aと「問題があるようだったら」とCは、仲介者が情報提供者の依頼を受けて塗りつぶしてくれという指示があったので、私も従いました。「問題があるようだったら」という一見、問題が感じられない文章を塗りつぶすことに私も奇異な印象を受けたが、そうしなければ情報提供者の特定につながる可能性があると聞かされ、指示に従った次第でございます。

Q:(共同通信)武部幹事長や二男に会って謝罪はしないのか?

永田:追及するのではなく、個人としてもなぜこのようなメールが私の手元に持ち込まれるに至ったのか、その背景もぜひ知りたいと思っていますし、そこを調べていけば、メールの内容がどれほど事実を含んでいるのか、そのことも必然的に明らかになると思っています。武部幹事長とご二男におかれては、本当にこのようなことでご迷惑をおかけしたことは申し訳なく思っています。

Q:(社名不明)不十分な情報をもって国会で与党議員の民間人を攻撃したことをふまえると、永田議員はこういうことする人なのか、民主党はチェックできないのかという批判があると思うが?

鳩山:ご覧のような状況になり、いわゆる民間人の方に心から傷つけてしまったことをお詫び申し上げます。二度と発生しないように注意しなければならない。それは言うまでもありません。情報というものに関して全て100%正しくなければ質問できないかというと、野党の立場で100%のものしか議論できないかというのは難しい。しかし民間人に傷が付くような内容であれば、事前に調査をして大丈夫だと裏付けがとれていると確認されるまでは、党としては質問などに使うべきでないと、これから厳しく確認したい。

永田:いま幹事長が申した通りでございますが、ひとえに私個人が確信を持って行った質問でして、党全体の体質改善の批判が起こるのは不本意でございます。この問題に関する責任、議員の資質というものも含めて幹事長と、そして懲罰動議を取り扱う衆議院にお任せをしたいと思っております。

野田:完全に事実をわかってから、とうのはもちろんですが、強く仲介者との信頼の上に真実性を強く感じたという状況がありました。私どもがもう少し検証すればよかったと思っています。このことは国対の責任者として厳しく受け止めなければと思っています。

Q:(社名不明)メールの内容と事実とは別だと思ってらっしゃるが根拠は?メールを明らかにすることはできないと思った理由と時期は?あとご自身が辞めることをもらしたが、周りの人との話し合いでそう思ったのか?

永田:内容について今でも事実と確信しているならば根拠を述べよということですが、いままさに根拠が問われているわけでございまして、他にもその根拠を裏付ける情報はございますが、しかしここで軽々にお話をすればまたもやさらに信頼を失うことにもなりかねませんので、ここでそのことを明らかにするのは差し控えたいと思っております。このメールが真正なものであるという証明を断念した理由と時期ですが、メールのコピーを多くのマスコミの方々に配布をしましたが、その後、さまざまな技術的な検証、堀江氏の書く他の文章との類似性、こうした分析がなされ、さまざまな矛盾とも言える問題点が浮かび上がってまいりました。そしてその問題点を一つ一つ論証して行くのは私もかなり困難だと思いましたので、この仲介者にメールの電磁的な記録をいただきたいと。そうすればメールそのものに含まれている他の情報も検証に使えるのではと思い、電磁的な記録の提供を依頼しましたが、これが叶わぬものとなりましたので、これ以上私の力で論証を進めることは極めて困難であると判断しました。時期は先週の半ばぐらい、記憶がちょっと錯綜しているので、はっきりとは申し上げられませんが、たぶんそういう時期だったと思います。辞意をもらしたという報道がなされております。私はいかなる取材に対しても辞意をもらしたことはございませんが、国対委員長に進退をお預けしますという話をさせていただきました。たぶんそのことが、あるいは進退を預けるのがいいことかと、議員も含めて知り合いに相談しましたので、そのことが報道につながったと推察しています。結果として国対委員長に、現在は幹事長にお預けしている。私はその扱いでよかったと思っております。

会見終了。最後にまた深々と頭を下げる永田。

 この画像は平沢議員が入手したメールですが、永田議員が入手したメールと同一です(平沢議員のメールは、永田議員がヘッダーの「X-Mailer」の箇所や、本文の「@」や「問題があるようだったら」などを黒く塗りつぶす前の状態のもの)。

 永田議員はこのメールに違和感を全く持たなかったそうですが、この程度のメールは簡単に偽造できるわけですよね。永田議員は東大工学部卒、つまり理系のエリートのはずなのに、何で見破れなかったんでしょう?文系の私の素朴な疑問です(^_^;

 永田議員が現在仲介者に対してどう思っているのかもよくわかりません。口では仲介者を信じているふうに言ってるけど、全体見ると「信頼してたのにガセネタつかまされた。俺は仲介者にだまされた」と言ってるふうにしか見えないんですが。

 仲介者に金品は渡してないというのも嘘でしょ。仲介者は週刊誌やあちこちに売り込みに行って断られて、最終的に永田議員のところに持ってきたわけですから。ただで渡すわけないって。

 あと「武部幹事長とご二男には申し訳ない」と言いながら、「メールには真実が含まれている」と示唆したり、あんたどっちやねん!と。もうあまり思わせぶりなことは言わない方がいいのでは?

 とにかく矛盾が多くて、己の非を認めたのか認めてないのか、メールを偽物だと認めたのか認めてないのか、武部幹事長と二男に謝ったのか謝ってないのか、よくわからん会見でした。
 もしかしたら彼自身はもっと言いたいことがあったのに、上が止めたとかそういうことなのかもしれませんが。

【2/28 22:25修正済】

※関連ニュース
 ・堀江メール 永田議員が謝罪会見 半年間の党員資格停止へ
 ・野田国対委員長が辞任 送金指示メール問題
 ・安倍氏、謝罪会見に不満 疑い残る発言は残念
 ・<送金メール>小泉首相 民主党、前原代表の会見を批判


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
女系天皇容認は64% 前回調査より8ポイント減
 共同通信社が25、26両日に実施した全国電話世論調査で、皇室典範の改正問題について聞いたところ、女性天皇と父方に天皇を持たない男性の間に生まれた子どもが即位する女系天皇を「認めてもよい」とする回答が64・1%となり、前回調査(昨年12月)から7・8ポイント減少した。
(以下略)
(共同通信) - 2月27日17時59分更新

!!男系維持に同意される皆さん、ぜひご協力下さい!!
◇男系維持の方法はある!国会議員やメディアにお知らせしましょう◇
皇室伝統バナー●皇室の伝統と歴史を守ろう。男系維持する方法あります。●
有志の皆様が作って下さった国会議員のメールアドレス帳はこちら。
国会議員&新聞週刊誌ワイドショー等メディアのアドレス帳はこちら。
メールアドレス帳は「スパイ防止法案上程」「人権擁護法案阻止」「外国人参政権阻止」「北朝鮮への経済制裁要望」等にも是非ご活用下さい。

★賛同ブログさま募集中★拙ブログに掲載させていただきます。詳しくはこちらの茶文字部分を。

「皇室の伝統を守る 一万人大会」3/7(火)15時〜/日本武道館

「島根県の竹島英文ページを検索に引っ掛かり易くする作戦」もよろしく。
takeshima dokdo dokto tokdo tokto

このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
________________________________________________
★トラックバック下さる方へ
当ブログには「トラックバック保留機能」が装備されています。詳しくはこちらをご覧下さい。
なお、ブログの種類によってはトラックバックの送信が反映されないことがあります。詳しくはこちらの一番下をご覧下さい。
Posted by くっくり 18:24 | 政治 | comments (14) | trackback (5)
コメント
まずは、早速の文章化。ご苦労様です。
このブログとっても面白くて、何時も拝見させていただいてます。何時も面白くて役に立つエントリーを、有難う御座います。

>Q:(共同通信)武部幹事長や二男に会って謝罪はしないのか?

>永田:追及するのではなく、個人としてもなぜこのようなメールが私の手元に持ち込まれるに至ったのか、その背景もぜひ知りたいと思っていますし、そこを調べていけば、メールの内容がどれほど事実を含んでいるのか、そのことも必然的に明らかになると思っています。武部幹事長とご二男におかれては、本当にこのようなことでご迷惑をおかけしたことは申し訳なく思っています。

ふ〜ん、この期に及んでもしぶとく言い訳しているのですね。ほんと、この永田議員と言い、民主党って【おこちゃま政党】なんですね。
まずは、とにかく謝れ。言い訳じみた事は何も言うな。と、思うのですがねえ。これが民主党の体質だとしたら、まだまだ政権与党は渡せませんね。物騒だから。
Posted by 葛城 | URL | 06/02/28 19:09 | HFUlMHfE

永田氏は信用できる人の意見だから信用したと言っているわけですね。

> 一方の当事者の話を聞いただけの一方的な首相発言は、「許されるものではない」と厳しい口調で指摘した。
http://www.dpj.or.jp/news/200602/20060217_07daigishikai.html

一方の当事者(かすらわからないのだけどw)の一方的な意見を聞いただけの一方的な永田発言は許されると。

ブーメランブーメラン。
Posted by ラン | URL | 06/02/28 19:19 | xrdhJ5tg

 乙です。
 こんなのが国会議員であることがバカ臭い!と思える、まるでゴミのような存在でした。
 こんなゴミを後生大事に抱えるなんて、民主党もやっぱりゴミの集まりか。
 ていうか、政権を執れなかった妖怪議員達の産業廃棄物政党ですから〜っ!!残念っ(>_<)
Posted by 東方不敗 | URL | 06/02/28 21:58 | Wh4seqDA

まあ、なんといいますか、一番に謝罪する相手は
やっぱり国民でしょ...
この問題のせいで、BSE牛輸入問題や耐震偽装の
議論が、どこかに忘れ去られたいるのですから...

さてと、残る問題の調査の「残る」とはいったいなん
ですか? と質問してほしかった
Posted by KatsuS | URL | 06/02/28 22:56 | R3zHjbW6

民主党も永田さんもお馬鹿さんですね。
私が演出家というか、こういう場面で書くとすれば、永田議員は辞めさせないといいながら、彼が記者会見で「辞職して出直す」とサプライズを演出するという一手ではなかったでしょうか。そして、件の「ジャーナリスト」の実名や「口座番号」を出して、全面降伏することです。
それ以外の手はなかったな。
民主党は「終わりましたね」。

くっくりさま。昨日、伊藤貫著『中国の「核」が世界を制す』(PHP)が本屋にあって読み始めました。「恐ろしい」本です。
日本はどうなるのでしょうか。このままでは滅びると実感させられる、「鳥肌が立つ」本です。是非お読みください。中国人こわい!
Posted by さぬきうどん | URL | 06/02/28 23:45 | XNursvUU

こんな事態になって本当に残念です。
葛城さんも仰っているとおり、野党第一党がこんな【おこちゃま政党】では、日本は早晩崩壊してしまうでしょう。
日本の民主政治の危機だと思います。
新執行部の方々には、民主党を「政権担当能力ある政党」に生まれ変わらせる重大な責務があります。
頑張ってもらいたいものです。

それはさておき、アンケートの結果から推察するに、「男系」「女系」の意味が国民の間に徐々に浸透していっているみたいですね。
もちろんそれで満足していてはいけませんが、大変良いことだと思います。
Posted by asatte_no_houkou | URL | 06/03/01 00:06 | QuGwigyo

「このメールに書かれているのは真実です。
なぜなら、私が確信し、作成したからです。
メールは偽者ですが、内容は真実です。
ウソの部分は、堀江氏がメールを作成していないというその一点だけです。」
とやっても、問題なしと考えてそうだな民主党
と、アホなオバチャンは思いました。
Posted by t | URL | 06/03/01 00:39 | FdyKztxQ

こんな「謝罪会見」しか「準備」出来ない前原執行部は「終わり」ましたね。しかし、後に残るのは「政界廃棄物議員」ばかりでは民主党自体が終わりって事になります。2大政党なんて夢の又夢・・・「岡田が穴をあけ、前原が爆破する・・民主党遺跡・・・・小沢や管や羽田達は廃墟の回りで盆踊り〜こりゃこりゃ〜」っと・・・
それを見物して小泉、目を細め・・「感動した!」・・日本の議会制民主主義の行方は如何になるらん。
Posted by そんそん | URL | 06/03/01 05:04 | ZiVM6E.g

>問題が感じられない文章を塗りつぶすことに私も奇異な印象を受けたが、そうしなければ情報提供者の特定につながる可能性があると聞かされ、指示に従った

判断能力0ですね。人を信じきって唯々諾々と従った様子が目に浮かびます。そのうえ、この期に及んでもまだ騙した人間を必死でかばおうとする。まるで新興宗教にはまった人を見ているかのようです。さらにその議員を信じた民主党員たちも。
どっかの工作員にとっては格好のターゲットですね。

>他にもその根拠を裏付ける情報はございますが、しかしここで軽々にお話をすればまたもやさらに信頼を失うことに

すでに”情報がある”と軽々に話してしまっていることに気付いていないらしい。ほんとバカ。

これはもう、除名によってでも議員をやめさせるべきでしょう。続けさせていいレベルではありません。
Posted by あおい | URL | 06/03/01 06:39 | g2qTnHxw

一連のメール問題で、私自身笑えたのは武部氏の発言の数々です。どこかの新聞に、ある講演会で「軽い発言が人を傷つける」云々ということをおっしゃったそうですが、この人が言う「軽い発言」ってご自分もそんなことをおっしゃって国民を傷つけたのと違いますかね?今回は名誉を毀損されたということで被害者の立場に立たれたわけですが、まったく説得力がありません。
こんなことで国会を空転させる国会議員の資質そのものが疑われます。こんなことで時間を費やすよりもっと他にやるべきことがたくさんあるのではないですか?自民党も民主党も揚げ足取りばかりとってないでさっさと他のことを進めてください。

だんだん怒りがこみ上げてきましたのでここまでにしておきます(笑)
Posted by かついち | URL | 06/03/01 08:03 | Vgs1Kucc

頭丸めてお遍路・・・ カン
Posted by CMOS/LSI | URL | 06/03/01 08:42 | b4U.pbB.

次の選挙は自民独裁を防ぐた
民主に入れようかと思ったけど
この様子だとなあ…なんとか名誉挽回して欲しいです
Posted by 鳥飼 | URL | 06/03/01 11:03 | VhBQvV6c

メールはパソコンなり、サーバーにあって初めて説得力を持つことくらい素人の私でもわかります。
それでも、詳しい人なら偽装できるというのに、まして出力したもので、
しかも黒塗りしていたものを信じる感覚が理解できません。
(極端な話、ワープロや切り貼りでも作ることができる)

軽薄というか浅はかというか、先が見えていない。
そして、おそらく本人は騙されたと思っているだけで、
なぜガセネタだと思わなかったか反省していないでしょう。
この手の人は、要領よく生きてきた人で性格は直らないでしょうから、
また同じような過ちを繰り返すでしょう。
杉村太蔵議員と同じ。

極端な話ですが、自衛隊の指揮権を持つ可能性のある国会議員にとって、
一番重要な資質を持ち合わせていないと思います。

こうなっては、前原民主党はもうだめでしょうから、
小沢氏など旧世代や、横道氏なりの旧社会党色が強くなって、
保守的な若手議員が飛び出すことを期待します。
いずれにしても、本当の2大政党時代はまだまだ先ですね。
Posted by ふきや | URL | 06/03/01 11:41 | aoobe7Xo

いつも、年金とか少子化とか景気対策などの大事なことに費やすべき時間が、こういうバカ騒ぎによって消されていく。
そういう面倒なことを回避するために、議員が「協力」してこういう騒ぎを起こしているとも思えてしまいます。もちろん違うでしょうけど。
民主党も、自民党たたきをすれば人気がでるという考えは止めないと解党の恐れがあると、やっと分かっただろうか。人気を得るのは、国民に対して良い政策を出し良い政治をしたときのみだと思います。
Posted by わんこ | URL | 06/03/03 21:06 | kJz6U3sg

投稿規約に同意した上でコメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri/tb.php?320
トラックバック
永田議員の謝罪会見を見て
民主党の永田寿康衆院議員は、ライブドアの堀江前社長から自民党の武部幹事長の二男に送金指示をしたとされる「堀江メール」問題について、2月28日午後、国会内で記者会見が開かれました。「誠に申し訳ございませんでした」と、10秒もの間深々と頭をさげ、45分間に謝る...
Posted by Y\'s WebSite : Blog 〜日々是好日〜 | 06/03/01 02:20

懲罰動議は前原にすべきだ! 民主党はだらしなさすぎる!
永田議員の謝罪。民主党党員資格の半年間停止。野田国対委員長の辞任。鳩山幹事長の厳重注意(いずれ辞任を示唆)。前原代表にはお咎めなし。あまりにもおかしい! 私が言いたいのは、?前原が、もっときちんと謝罪すべきだったということだ。永田の謝罪も仕切り、永...
Posted by 時事問題ショートコメント! | 06/03/01 03:08

野党体質の抜けない民主党
私は自民党支持に近い立場ですが、それでも政権準備党としての民主党には期待してた人間です。日本の二大政党、若しくは三大政党制への一翼として期待してた。。それが今回の騒ぎ
Posted by 寄り道ばかりの雑記帳 | 06/03/01 10:32

永田も含め、民主党お前らは逝って良し!3
民主、永田。辞職しない方向が決定したようだ。 まぁこいつが辞職しようが、しまいがどうでも良い。我々には関係ないからだ。すぐに忘れ去られる話題なんだ。マスコミの視聴率稼ぎでしかない。ある種の洗脳なんだろう。洗脳というと宗教とか戦争とかが思い浮かぶだろうが...
Posted by せどりで行き詰った貴方へ! | 06/03/01 13:00

ガセ
トリノオリンピックも終了した今日この頃、何故か突然オリガミスト永田にイタリア風の 名前を付けてあげたくなりました。 ガセネッタ・オリガミースト そのまんまやん。 …済みません、調子に乗りすぎました。許して下さい。 で、そのオリガミスト永田ですが、漸くガセ認...
Posted by 閣下の憂鬱 | 06/03/01 19:51