CALENDAR
S M T W T F S
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
<<  2017 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.121771秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


M−1、今年の覇者は!?
 もはやわが家においても年末の風物詩になってしまった感のある「M−1グランプリ」。
 素人ながら寸評なんかをちょこっと書かせて下さい。


決勝・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

●「POISON GIRL BAND」
 一昨年もそうだったけど、1つも笑う箇所がなかった……。ファンの皆さん、ごめんなさい。たぶん私がもう若い人の笑いのセンスについていけないんだろうと思います。

●「フットボールアワー」
 ヒーロー戦隊ソングのネタ。何度も見たネタ。出だしの「確かにそうかもしれん」は、わが家ではもう1年ぐらい前からとっくに流行語になってるぐらい。それでも笑ってしまうんだからスゴイ。ただ、夫は「紙袋とボストンバッグの置き方がいつもより甘い!」とか細かいツッコミ入れてましたが。あと、私は審査員の松ちゃんの「後藤くんが僕に『どや顔』をする」にも大ウケしました。確かにそうかもしれん!(≧∇≦)

●「プラン9」
 けっこう好きだし面白いと思ってたんですが、あぁぁ……。そのネタかい……。「ぼんさんが屁をこいた→ゴルフの連続写真→人類の進化」ネタをやればもっとウケたと思う。もったいない。

●「麒麟」
 一時期伸び悩んでる印象があったんですが、今年はだいぶ飛躍したんじゃないでしょうか。アドリブで笑わせるようになったら一人前!

●「トータルテンボス」
 一昨年は笑う箇所がなかったんですが、今年はそれなりに笑えました。渋谷系と言いつつ実は静岡出身だったんですね。初めて知りました。

●「チュートリアル」
 昨年の覇者「ブラックマヨネーズ」が心配症なら、「チュートリアル」は妄想。昨年のバーベキューネタはかなりウケました。あれ以降注目し始めました。昨年のノリそのままで技術がアップしたという感じ。冷蔵庫ネタは何度か見たけど、今日はさらに面白かった。昨年の「お前HPとかやってるんけ?」に引き続き、今年は「これブログに書いてええか?」、ネット住民の琴線に触れるボケもGJ。

●「変ホ長調」
 アマチュアで決勝進出はM−1史上初。予備知識なしで初めて見たけど、いやぁ面白かったですね。ちょっと違うかもしれないけど、「だいたひかる」が2人いるぅ〜!てな感じでした。棒読みなのがかえって良かった。これがもしベタな「大阪のオバチャンの会話」風だったら、さほど面白くなかったかも。もう1回見たいなぁ。どこかに出てくれんかなぁ。

●「笑い飯」
 M−1決勝に初登場以降、ずっと「笑い飯」の優勝を夢見て来た私と夫。が、ここまでの時点で「チュートリアル」が1位、「フットボールアワー」が2位、「麒麟」が3位。こりゃかなりハードル高いぞ。もしかしたら今年も一昨年に続いて最終決戦に進出できない事態になったりして……と心配してたんです。そしたら、あぁぁぁ……。子どものしつけのネタかい!これは厳しいんちゃうか〜と思ってたら、うわちゃ〜!「麒麟」にわずか1点及ばず!(「麒麟」627票、「笑い飯」626票)……もう悲劇としか言いようがない。

●「ライセンス」
 敗者復活組。夫は「アジアン」を、私は「りあるキッズ」(今年は最後のチャンス)が来るのを期待してたんですが。ファンの方、ごめんなさい。でも色んなドラえもんが見られて、予想よりもずっと面白かったです。


 余談ですが、「りあるキッズ」の二人は個々にブログをやってます。
 安田くんのブログはこちら。
 ゆうきくんのブログはこちら。


最終決戦・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 最終決戦が始まる前のやりとりをちょっと見てなかったんですが、出場順は3位→2位→1位てなふうに自動的に決まったんですか?毎年くじか何かで順番決めてたように思うんですが。

◎「麒麟」
 「麒麟」は浮き沈みが激しいというか、ネタ選びでかなり失敗してるという印象があったんですが(「笑い飯」も近年はそういう印象)、手堅く探検ネタを持ってきましたね。これ面白いですよね。iPodのくだりとかが特に。

◎「フットボールアワー」
 こちらも手堅く居酒屋ネタを持ってきたな〜。岩尾くん(のんちゃん)が、きれいにまとめるのではなく、勢いを一生懸命出そうとしてるというか、もっと嫌らしい言い方をすれば「計算」が見えたような気がしたんですが。技術的にかなりアップしてるのがかえって邪魔してしまったかなーと。

◎「チュートリアル」
 上の2組を見て、よほどのことがない限りもう優勝は「チュートリアル」で決まりだろうと思ってたところに、チリンチリン(自転車のベル)盗まれたネタ。やったねぇ〜、来たねぇ〜と思わず、司会の今ちゃん風に唸ってしまった。


結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 「チュートリアル」が審査員の全得票(7票)をゲット。決勝1位通過、最終決戦全得票ゲットですから、まさに完全優勝です。
 「フットボールアワー」はゼロだろうと思ったけど、「麒麟」に1票ぐらいは入るかなと思ってたので、少し意外でした。
 「笑い飯」の最終決戦ネタを見てみたかったような気もしますが、それでも今年はやはり「チュートリアル」が優勝してただろうなと思います。それぐらい良い出来でした。

 審査委員長の島田紳助が決勝の5組めぐらいが終わったところで、「もしこれ以上の爆発がなければ今年のM−1は失敗」みたいなことをポロッと言っちゃってたけど、「チュートリアル」のおかげでそれは免れたんじゃないでしょうか。

 とにもかくにも、やっぱり気になる「笑い飯」。2002年以降ずっと決勝に出てるんですからねぇ。
 昨年あたりまでは、このままずっと無冠の帝王というのも悪くはないかも、などと思ったりもしてたんですが、もうここまで来ちゃうとやっぱり優勝させてあげたい、と思うのが人情。
 来年こそは優勝を!哲夫くんと西田くんがうれし泣きする場面が見たい!
 ……泣くような人たちには見えないっぽいけど、いや、私はきっと彼らは泣くと思うよ〜、うん(--)(__)


________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

| くっくり | 00:24 | comments (7) | trackback (1) | 芸能・音楽 |
コメント
M-1、視聴率もかなり良かったようで・・・毎年楽しみです!!私としては麒麟に優勝してほしかったので無念の一言です。チュートリアルも嫌いじゃないですよ。ほんとに面白いとは思います。が、しかし・・・。
麒麟はとても真面目で、漫才を真剣にやっているし、
何となく応援してしまうのです。ネタも、昨日のよりは
絵本「うっかりたむちゃん」の方が面白かったのではないかと思ったりしました。フットは、、「岩尾望の物語」のネタの方が、良かったのでは?勢いで押す、インパクトを狙ったのでしょうか。確かに「計算」は感じます。後藤は
「どや」という表情をよく見せますね。顔にすぐ出るタイプですね。敗者復活は私もりあるキッズが出てくれば
良いのにと思っていましたので残念です!もう最後だったんですよね。あの子らも面白いのに。
笑い飯を応援されていたのですね。あの面白さも
病み付きになるタイプですね。
M-1の場合、審査員の顔ぶれによる点数の偏りがあるのでは?という気もするのです。ひとり、ふたりはもう少し
正統派漫才師を審査員の中に加えてもらいたい。
審査員の「色」によって点数も変わるのではと思うのです。プラン9は確かにおっしゃるネタのほうがよかったかもしれません。彼等の良さはどうしても本公演のような
形のほうが発揮されると思います。
まあ、でも皆頑張って欲しい。磁石や三拍子、とろサーモン、スマイル、ダイアン、天津、ジャンクションなど
期待できるコンビがいますので楽しみです。あとは
年末のオールザッツ漫才を見るのが楽しみです!!
| sesiria | URL | 06/12/25 20:58 | cffP9hjg |

sesiriaさん、コメントありがとうございます。
「ぼやきくっくり」経由で食い付いてくれる方がいるとしたら、きっと最初はあなただと思ってました(^^ゞ
中山功太さんの話の時もたいがい感心しましたが、ほんとお笑いのツウでいらっしゃるんですね〜。売れ筋のコンビのネタはほとんど把握されてらっしゃったりして!?

麒麟は当初は川島くんのキャラばかりが目立ってましたが、昨年あたりから田村くんも良い味を出してきて、本当に良いコンビになりましたよね。
笑い飯はもうピークを過ぎてしまったかもしれません。いえ、彼らの面白さは不滅だと思うんですが、審査員も観客もWボケという芸風に慣れてしまったし、M−1で優勝可能な時期が過ぎてしまったんじゃないかという気がして。フットボールアワーと競った2003年、ブラマヨと競った昨年、どちらも1票差で最終決戦で負けてしまったんですよね。優勝しててもおかしくなかったのに。運が良いのか悪いのかよくわからんコンビです。

審査員の顔ぶれ、言われてみれば確かに多少偏ってるかも。正統派というか今も第一線で漫才されてるのは毎年カウス師匠ぐらいですもんね。あと個人的な感想ですが、もし今年もラサール石井が審査員にいたら、演劇好きな人なので、プラン9の点数とかもう少し上がったんじゃないかな〜とか(^_^;

>磁石や三拍子、とろサーモン、スマイル、ダイアン、天津、ジャンクションなど

どうしよう。とろサーモン、ダイアン、天津以外は知らない(^^ゞ(見たら思い出すかもしれませんが)
とろサーモンと天津は私も好きです。とろサーモンのイジメ漫才(?)、最近見てないなぁ。また見たいです。天津は「萌え」キャラが成功しましたね。うちの夫はオタクが嫌いなんで引いちゃってますが(^_^;
年末年始はお笑い番組が多いので、お互い楽しみですね!(^_^)ノ""""
| くっくり | URL | 06/12/25 21:48 | BlMBJmXA |

ご返答ありがとうございます。最終決戦の順番は、
点数の高い者から決められるという方式でした。
なんか、偉そうに色々、書かせていただきましたが、
漫才を愛する者として、M-1はとても楽しみでありながら、M-1に囚われて、振り回され本来の良さを失ってしまうコンビがいたら、本当に残念なのですよ。
例えば、ハリガネロックなんか、結構、M-1によって
本来の良さが逆に出なかったような気がします。でも、
それもそのコンビの持つ運、そして実力だったのだ、と言われてしまえば、私の単なる老婆心にすぎないのですが・・・。ただ、実力ある若手が多く出てきて、お笑いファンとしては嬉しい事です。
| sesiria | URL | 06/12/26 00:04 | 3R1OXXbM |

sesiriaさん、こちらこそレスありがとうございます。
偉そうなんてそんな。すごく勉強になってます(^o^)

>漫才を愛する者として、M-1はとても楽しみでありながら、M-1に囚われて、振り回され本来の良さを失ってしまうコンビがいたら、本当に残念なのですよ。

これ、鋭いご指摘だと思います。
M−1もだんだんと「権威」が付いてきたようですが、それが逆に弊害になることも考えられますよね。sesiriaさんの言われる「囚われて振り回されて」もそうですし、逆に、そこそこ実力あって結成10年未満なのにM−1に出ないコンビがいた場合、自信がなくて逃げてんじゃないの?的に言われちゃう場合も出てくるかもしれない。
M−1の場合はあくまで「その日のネタの出来」が審査基準でしょうが、それでもやっぱ、日ごろの頑張りとかこれまでの実績とか、審査員も無意識的に加味しちゃうように思えるし……。
まあとにかくM−1がお笑いファンの支持を得ているコンテストなのには変わりないので、来年も楽しみに見ようと思います。
| くっくり | URL | 06/12/26 01:33 | BlMBJmXA |

ウンウン。
応援したいですね。
| sesiria | URL | 06/12/27 10:33 | GU.rGsr6 |

昨年に続きコメントします。チュートリアルは、かなり私のつぼにきました。大爆笑でした。誉めすぎかもしれませんが、「ちりんちりん」があんなにおもしろくできるのであれば、世の中の大抵のことはネタにできるのかなと思いました。M1は、毎年思っていますが、笑いの神様が落ちてきてくれた人のところに優勝をプレゼントしていると感じました。来年も楽しみです。
| けん | URL | 06/12/27 11:07 | msFrQQdY |

けんさん、コメントありがとうございます。
確かにチュートリアルは上手くツボをついてきましたね〜。「ちりんちりん」という語感からして何とも言えず面白いし(≧∇≦)
確かにM−1は技術がどうとかいう以前に、まさに笑いの神様が落ちてきたところに……という感じですね。納得です!
| くっくり | URL | 06/12/27 13:27 | BlMBJmXA |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyaki_blog/tb.php?121
トラックバック
とろサーモンのブログ@お笑い芸人
コメント、トラバ、お世話になっております。ブログを見ていただいて、ありがとうございます。タレントウェブログ紹介所です。とろサーモンさんの公式ブログは残念ながらありません・・・ので、とろサーモンのプロフィール@お笑い芸人のご紹介吉本興業 とろサーモン公式...
| タレントウェブログ紹介所 | 07/01/21 01:08 |

NEW ENTRIES
COMMENTS
    なぜに「ミナミの帝王」?
  • asato >09.23
TRACBACKS
LINKS
Search Box