CALENDAR
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
<<  2020 - 11  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.132717秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


荒川静香さんは美しい!
荒川、逆転で「金」 フィギュアでアジア初
【トリノ23日共同】トリノ冬季五輪第14日の23日(日本時間24日)、フィギュアスケート女子で荒川静香(24)=プリンスホテル=が金メダルを獲得し、不振が続いた今大会の日本にようやく初メダルをもたらした。五輪フィギュアでアジア選手の優勝は史上初の快挙で、日本選手のメダルは1992年アルベールビル大会銀の伊藤みどり以来2個目。
 冬季五輪で日本の金メダルは2大会ぶり通算9個目。荒川は、女子では98年長野大会フリースタイルスキー・モーグルの里谷多英に次いで2人目の金メダリストになった。
 村主章枝(25)=avex=は4位で惜しくもメダルに届かず、安藤美姫(18)=愛知・中京大中京高=は15位。サーシャ・コーエン(米国)が2位、イリーナ・スルツカヤ(ロシア)が3位だった。
 ショートプログラム(SP)で3位につけた荒川は、この日のフリーでもイタリア歌劇「トゥーランドット」の曲に乗り、難度の高いプログラムをほぼ完ぺきにこなして最高得点をマーク。SP1位のコーエン、同2位のスルツカヤを鮮やかに逆転した。村主は2002年ソルトレークシティー大会5位に続く入賞。安藤は五輪初となる4回転ジャンプに挑んだが転倒、その後もミスが相次ぎ順位を下げた。
 荒川は16歳で出場した長野大会で13位。ソルトレークシティー大会は代表を逃したが、04年世界選手権で優勝。優雅で伸びやかな演技で五輪でも世界の頂点に立った。
(共同通信) - 2月24日9時53分更新

 先日、「私はフィギュアは大好きなので、メダル争いとは無関係に日本の3選手の演技が今から楽しみです」と書いたけど、それでもやはりメダルの行方は気になってました(^^ゞ

 荒川静香さん、素晴らしかったですね。何て美しいんでしょう。
 私は生で見てなくて、結果を知った後でノーカットのVTRを見たんですが、それでも感動して鳥肌立ちましたよ。

 荒川さんが金メダルを獲れたのは、SP1位・2位だったお二人(米国のコーエンさんとロシアのスルツカヤさん)がコケちゃった影響もあったでしょうが、お二人と比べて技術もさることながら、優雅さや美しさという点ではもう群を抜いていたと思います。女の私でも惚れ惚れ!(^o^)

 苦労人スルツカヤさんは今回も金メダルが獲れなくて、ちょっと可哀想でしたね。
 でも荒川さんも苦労人なんですよね。

 荒川さんは1998年の長野五輪後にスランプに陥り、世界選手権22位にまで沈んだそうです。その後、スポーツ推薦でなく普通に早稲田大学に進学、一時期フィギュアから完全に離れていたのだとか。
 だけどやはりフィギュアが好きで一念発起、2002年のソルトレーク五輪を目指すもあえなく落選。だけどそこからまた頑張って……。
 一旦地獄に落ちてそこからはい上がってきた人は、やはりすごいですね。

 私のご贔屓の村主章枝さんは惜しくも4位。でもSPもフリーも素晴らしい演技だったと思います。前回(5位)に続いての入賞おめでとう!
 ミキティこと安藤美姫さん、4回転ジャンプは失敗したけれども、それに果敢に挑んだ精神は心から讃えたいです。4年後を目指してまた頑張ってほしいです。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

| くっくり | 15:00 | comments (15) | trackback (0) | スポーツ |
世界4位の何が悪い!
 トリノ五輪、盛り上がってませんなぁ(^_^;
 メダルがなかなか獲れない日本も盛り上がってないけど、それ以上に何と開催国イタリアが全く盛り上がってないらしい。盛り上がってるのは地元トリノだけ。五輪のニュースはイタリアではローカルニュース扱いなのだそう。
 「そんな馬鹿な」と思う方は、「トリノ」「盛り上がってない」などのキーワードでググッてみて下さい(^_^;

 とにかく、競争意識丸出しで全マスコミが盛り上げようとする日本とは大違い。
 どっちがいいとも悪いとも言えませんが、4年に1度の国際大会なんだから、イタリアのマスコミももう少し盛り上げてやってよ!とは思う(イタリア政府にも問題があるらしいが)。

 さて、メダルが獲れない日本。「獲れそう!」と思ったけど結果は惜しくも4位とか、そんなんばっかり。でも私は別にいいと思いますけどね。
 マスコミが煽りすぎなんですよ。もともと今回の五輪はそんなにメダル獲れるとは期待されてなかったわけだし。

 スポーツライターの玉木さんでしたっけ、彼が言ってましたが、「長野五輪でバブルがはじけた」んだそう。ウィンタースポーツ業界全般がお金や人(指導陣)を突っ込まなくなったと。長野五輪に全精力を傾けすぎたんですね。
 個々の選手がどうという問題でなく、バックアップの問題。長期計画で次の次の五輪ぐらいに花開くようにもっていかないと。

 世界4位、素晴らしいじゃないですか。世界8位、入賞するだけでもスゴイですよ。日本代表として出場すること自体が私から見りゃ神様ですよ。
 最近テレビで五輪中継を見てるとね、もう何か嫌気さしてきちゃって。「誰でもいいからメダル獲ってくれよ。表彰台の絵をくれよ。盛り上がらなくて困るんじゃねーか」的な匂いが漂ってくるんですよね。
 ワイドショーなんかもっと悲惨。話題がないもんだから、過去の冬季五輪とか世界の超一流選手の技とか、そんなの流してつないでる(T^T)

 もうあとメダル獲れるとしたら女子フィギュアぐらいですか?全マスコミ、ここに命かけて来そうですね(^_^;
 私はフィギュアは大好きなので、メダル争いとは無関係に日本の3選手の演技が今から楽しみです。特に村主章枝さん!
 昨年末の五輪代表最終選考会で演技が終わった直後、「神様!」と呟きながら涙を見せた村主さん。あの時のような素晴らしい演技が五輪の大舞台で見られますように。

________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

| くっくり | 13:07 | comments (7) | trackback (0) | スポーツ |
大阪国際女子マラソン、今年は出遅れちゃいました
大阪国際女子、アテネ銀のヌデレバが優勝…2位に小幡

 いや〜、C・ヌデレバさん(同時出場した妹さんはA・ヌデレバさん)はやはり強かったですね〜。

 解説の増田明美さんが「彼女は1月17日(だったと思う)に風邪を引いてしまったんだそうです」とか言ってたから、「もしかして体調悪いの?今日はもうダメ?」などと勝手に思ってたら、中盤からどんどん追い上げてきて、それまでトップだった小幡佳代子さんを軽々と抜き去ってしまいました。
 彼女が追い上げてきてるのを見た時、「お願いだから(日本人である)小幡さんは抜かないで〜」と思ってたんです。でも抜き方があまりにも颯爽としてて格好良かったので、そんな気持ちはすぐにどっかに飛んでっちゃいました(^_^;

 私は毎年沿道に出て応援するんですが(復路のみ)、今年は出遅れてしまいました。
 今日は普段より昼食を食べるのが遅くて、まぁでも余裕で間に合うやろ〜と油断してたところ、気が付いたら先頭のヌデレバさんが35km地点まで来てて、上空もヘリコプターの音が近づいて来てて、「ヤバイ!」と。
 食後でグデーッとなってる夫を放置して、デジカメ持って沿道(自宅から200〜300m)までダッシュ。久しぶりに全力疾走しましたわ。食後だしきつかった(T^T)

 私が沿道に到着したその瞬間、後ろから「こんにちは〜」と声が。
 振り向くと、そこにはマンションの同じ階の顔なじみのおっちゃんがいました(50代前半のタクシー運転手さん。ここ数年月収ががた落ちで非常に苦しいらしい)。おっちゃんは自転車で、カメラを首から提げて、私ほどじゃないけどちょっと息を荒くしてました。

 「あ、こんにちは。間に合うたみたいですよ」
 「ほんま?よかった〜。……あっ来たよ!ヌデレバ!」
 「えっ、うそっ、もう!?」

 沿道に着いてものの30秒もしない間に、ヌデレバさんが来ちゃいました。
 いつもなら向こう側の沿道(選手が走る車線の方)に渡ってから、選手が来るのを待ちかまえるというパターンなのですが、今年はもうほんとギリギリに来てしまったので、写真もこんな遠くになってしまいました。しかも後ろ姿。
 (写真クリックで拡大。どこにいるかわかりますか?)
 おっちゃんもシャッターチャンスを逃してしまい、悔しがってました。

 実は私、ルーマニアのシモンさんが好きなんです。今回の一番の目当ては、ヌデレバさんでもなく、日本人選手皆さんでもなく、シモンさん!(^o^)
 表情はいつもしれっとしてますが、実は相当な苦労人なんですよね。「息子のためにも北京五輪でメダルを獲りたい」というエピソードを聞いて、ますますファンになってしまった。

 「私、どうしてもシモンさんを間近で見たい&写真撮りたいんです!」ってことで、ヌデレバさんが通過した後、おっちゃんと向こう側に渡って、シモンさんを待ちかまえてました。
 待ってる間、おっちゃんは選手が来る度、「いや〜美しいなあ。ほんまマラソン選手は美しいねぇ」と感心してて、めちゃウケた(≧∇≦)
 あ、おっちゃんは別に変な人じゃないですよ。「美しい」というのはあくまで鍛え抜かれた身体が美しいという意味であって、スケベな目で見てるとかじゃないです。でも知らん人が見たら、ちょっとアブナイ人に見えるかも……(^_^;

 確かに美しいと言われれば美しいのかもしれんけど、今まであまり意識したことなかったなぁ……とボケーッとしてたら、おっちゃんが「あっ!来たよ、シモン!」。
 「えっ、えっ」とあわててる間に、シモンさんはもう間近。カメラはもう間に合わん。「ならばせめてシモンさんの姿をこの目に焼き付けておこう」とコンマ何秒かで判断。その2〜3秒後にはもうシモンさんは、私の前を風のように走り過ぎて行きました。
 「シモンさん、がんばれっ!」と、どんどん遠ざかる後ろ姿を見ながら叫ぶしかなかった私……はぁ……。

 でもシモンさんはほんと綺麗でした。美しかったです。
 おっちゃんに向かって、私も思わず「シモンさん、美しいですね!」と言ってしまいました(^_^;。おっちゃんも笑顔で「そうでしょ、そうでしょ」と。

 その後、ヌデレバさんがゴールに入るのをテレビで見たいってことで、「僕はまだ他の人も見たいから残ってるわ〜」と言うおっちゃんを残して、私は帰宅しました。
 ヌデレバさんのタイムは2時間25分5秒。
 え!25分!?うぉぉ、夫すごい!

 というのもこのレース、中盤まで2時間21分ペースだったんですが、夫が「そんな速いわけないやろ。今回はヌデレバ以外にずば抜けた選手もおらんし、そのうちみんなバテてペース落ちるって。ヌデレバの前半の『ため具合』も考えたら、ゴールは25分台や」と予想してたんです。 
 その分析がすごいのかどうかはわからんけど、とにかく数字当てたのはすごいな〜と感動した私でありました。

 シモンさんは2時間33分53秒で9位でした。全然気づかなかったけど、足を痛めてたんですね。ゴール直後に旦那さんとお子さんが心配そうに彼女を囲んでましたが、大丈夫でしょうか。心配ですわ。
 

 おまけ。
 今年からフジサンケイの小旗の他に、『ハチエモン』(関西テレビのマスコット)の小旗も沿道の人に配られてたようです。
 (写真クリックで拡大)
 予め知ってれば、早く駆けつけたのに……残念(T^T)


________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

| くっくり | 00:34 | comments (0) | trackback (2) | スポーツ |
さよなら仰木さん
前オリックス監督の仰木彬さん死去

 私は長年近鉄ファンだったので、大変ショックを受けてます。私以上の近鉄ファンである夫(過去形にすると怒るので現在進行形)は私以上にショック受けてます。
 この前まで元気にオリックスの監督してたのに。70歳ですよ。まだまだ若いですよ。うちの父と同い年ですよ。早すぎますよ……(T^T)

 wikipediaの仰木さんの項目、もうすでに更新されてます。早い。
 仰木さんと言えば、1988年の優勝を逃した川崎球場でのダブルヘッダー「10.19」や、あと野茂やイチローを育てた人として有名ですが、それ以外にもいろんなエピソードがある人なんですよね。

 去年、球団合併で近鉄がなくなりました。
 近鉄の選手は楽天とオリックスにそれぞれ振り分けられたわけですが、新生オリックスの監督を誰にするか?となった時、仰木さんに白羽の矢が立ちました。
 それは当然の結果と言えました。だって近鉄とオリックスの両方で指揮を執り、共に優勝に導いた人ですから。旧近鉄・旧オリックス、両方のファンを納得させられる新監督は仰木さん以外にはいなかったでしょう。

 とは言え、その頃もうすでに仰木さんはあまり体調が良くないという話も伝わってました。
 それでも監督を引き受けたのは、仰木さんの男気というか、近鉄・オリックス両方のファンへの思いやりみたいなものが強くあったんでしょう。

 そして今秋、1年でオリックスの監督を勇退した仰木さん。理由はやはり体調面でした。
 でも今後もシニア・アドバイザーという仕事でオリックスに残ることになったし、また元気な姿が見られるだろうと当たり前のように思っていたのに、突然の訃報。本当にショックです。

 報道によればガンが転移している状態で、オフになっても入退院を繰り返していたのだそう。
 夫はショックのあまり、「オリックスが仰木さんを殺したんや。体調悪かったのに無理に監督なんかやらせて……」などとのたまう始末。

 今はただ、仰木さんのご冥福を心からお祈りするのみです。
 仰木さん、私たちに野球の楽しさ、素晴らしさを教えて下さって本当にありがとうございました。

※参考リンク
 オリックス・バファローズ公式サイトより「仰木監督勇退のお知らせ(9/29会見の質疑応答付)」

________________________________________________
★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

| くっくり | 00:13 | comments (10) | trackback (2) | スポーツ |
高橋さん、おめでとう
尚子お帰り!2年前の悪夢振り切り復活V


 昨日のテレビ中継、夢中になって見られた方も多いのではないでしょうか。
 私は最初の方は見てなくてスパート直後から見たんですが、いや〜感動しました。

 沿道の声援がすごかったですね。ああ、こんなにも多くの人が彼女の復活を願っていたんだな、と。
 さらに、競技場に入った瞬間のあの大歓声と拍手。もう鳥肌もんでした。

 私も夫も高橋さんファンなんですが、夫はもうゴールする前から涙を浮かべてて、私が話しかけても、うんうんと頷くだけで何も答えられない状態。

 私もシドニー五輪以降の彼女の紆余曲折が頭に浮かんできて、胸が熱くなりました。
 2年前の失速でアテネの切符を逃した時、私も本当に悔しい思いをしたものです。
 その後ケガもあったし、小出監督と決別した時は「もう高橋も終わりか?」的な声も一部にありましたっけ。「指導者なしで好成績を収めた選手はいない」とか囁かれたりもしたし。
 さらにはレースの数日前に肉離れ。神様はいったいいくつあなたに試練を与えれば気が済むのか?と。

 でも高橋さんはケガを乗り越え、周囲の雑音にも耐え、見事に打ち勝ちました。
 優勝、本当におめでとうございます!

 ゴール直後のインタビューを聞いてると、彼女がこれまでどれほど辛い思いをしてきたかというのがよくわかりましたね。
 「もう陸上をやめようか」と自信を失った時もあったけども、夢を捨てずに頑張ってきた。すごい精神力ですわ。

 ただ、「いま暗闇にいる人や悩んでる人、1日だけの目標でも3年後の目標でも、夢を持ち続けることで……」てな社会的メッセージ(?)っぽいのが出た時は、「おいおい、あんましそういうこと言うと変なのが寄ってくるかもよ(^_^;」と、ちょっとだけ心配になりましたが。
 ……あ、この場合の「変なの」というのは、政党が選挙に彼女を担ぎ出そうとするとか、そういう意味ね(^_^;

 それにしても、ほんと華のある人ですなぁ。出てるオーラが他の人とは全然違う。あの野口みずきさんでさえも私はここまでのオーラは感じない。
 (あ、野口さんも好きですよ。真面目で純朴な人柄なんか特に(^_^;)


 高橋さんばかりが目立ちましたが、昨日は日本人選手が世界の舞台で大活躍した日でした。

スピードスケートのW杯、男子500メートルで加藤条治が世界新記録で優勝
フィギュアスケートのグランプリシリーズ、第4戦フランス杯で15歳の浅田真央が初優勝

 加藤条治さん、浅田真央さん、あなた方の名前はしっかり覚えましたよ〜(^_^;
 今後の活躍に期待しています。

________________________________________________
★このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

| くっくり | 13:13 | comments (0) | trackback (0) | スポーツ |

NEW ENTRIES
COMMENTS
    なぜに「ミナミの帝王」?
  • asato >09.23
TRACBACKS
LINKS
Search Box