CALENDAR
S M T W T F S
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
<<  2017 - 09  >>
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
    処理時間 0.103999秒
POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
DESIGN BY
ゲットネット


流行語大賞
今年の流行語大賞「(宮崎を)どげんかせんといかん」「ハニカミ王子」(J-CASTニュース12/3)
1年の世相を反映した言葉を選ぶ年末恒例の「ユーキャン新語・流行語大賞」(「現代用語の基礎知識」選)が2007年12月3日、発表された。60の候補からトップテンが選ばれ、年間大賞は、東国原英夫・宮崎県知事による「(宮崎を)どげんかせんといかん」と、アマチュアゴルフ選手の石川遼さんの愛称「ハミカミ王子」の2つに決まった。

同日都内で開かれた表彰式に出席した東国原知事は

「(受賞した言葉は)この世相、格差を如実に表していると思う。方言が(大賞に)ノミネートされるというのは、地方からの魂の訴えの現れなのでは」

などと、ギャグを「封印」しつつ受賞の感想を述べた。大賞以外のトップテンは「大食い」「消えた年金」「食品偽装」「そんなの関係ねぇ!」「鈍感力」「どんだけぇ〜」「ネットカフェ難民」「猛暑日」

「消えた年金」に対しては、桝添要一・厚生労働大臣に賞が贈られたが、大臣の到着遅れで式典が一時中断する一幕もあった。

 大賞は東国原知事とハニカミ王子。順当なところ……なんですかね(^_^;?

 舛添大臣は式典に参加してる場合なんでしょうか。「受賞は恥ずかしい」と苦笑いしていたそうですが(産経12/3)。

 「そんなの関係ねぇ!」が大賞に選ばれなくてほっとしてます。
 ファンの方には申し訳ないんですが、私、小島よしおさんって、何が面白いのかよくわからないんです。生理的にも受け付けなくて、出てきたらチャンネル変えちゃいます。

 「KY」はトップ10に入らなかったんですね。入らなくて良かったです。
 だって「KY」って、もともとは朝日新聞によるサンゴ破壊自作自演捏造記事を指すものですから(^_^;
________________________________________________
このブログが面白かったらクリックして下さい→人気blogランキングへ
★姉ブログ「ぼやきくっくり」へもぜひどうぞ。

| くっくり | 00:29 | comments (2) | trackback (1) | 報道 |
コメント
 流行語大賞が発表されましたが、てっきり「なんぎやなぁ〜」とか「亭主留守で元気がいい」辺りが大賞かと思っていたのですが…、古いですね。
まあ、我が道を征く者ですので、流行語なんてそんなの関係ねぇ〜です。オッパッピ〜です。

 そんな中で、今年、唯一心の琴線を激しく揺さぶったものがありました。私事ですが、私的流行語大賞は、NHKドラマ「ハゲタカ」です。
軟弱なドラマ蔓延るこの世の中で、あそこまで素晴らしい出来のドラマは、鬼平犯科帳以来の衝撃です。痺れました。
本放送(2月〜3月)を見て、驚嘆し、録画を何度も見て、再放送も見て、そして今月の再々放送まで見ようと思う程、熱いドラマでした。

 ちなみに内容は、人間ドラマをベースにした経済ドラマで、バブル崩壊後から今を描いたものです。不況にあえぐ日本に外資系ファンドが乗り込み、次々と日本企業を買い叩いていくもので、1話〜2、3話〜4、5、6話の三部構成です。
 表彰もされ、国内ではギャラクシー賞をはじめ各賞を受賞し、海外ではイタリア賞、アジア・テレビ賞やモスフィルム特別賞を受賞、エミー賞はセミファイナルまで選出されました。
 私の周りでは、見た人全員が絶賛し、男は、当時の心境が思い起こされ、心にグッとこみ上げる者や、中には男泣きする者もおり、女は、ひたすら「鷲津(主演:役名)カッコイイ」や「南明タン(主演俳優)萌え〜」と泣き叫ぶばかり(ちょっと大袈裟)です。
 経済の知識が一切不要で、外資系ファンドというより、日本人の心に真摯に訴えかけるものであり、人生山あり谷ありの経験をなされた方ほど深い感銘を受けるようです。

 エントリーが「流行語大賞」なのに、熱くなってハゲタカについて長々と書き綴ってしまい、申し訳ございません。
再び流行語大賞ですが、こちら(http://singo.jiyu.co.jp/index.html)「ユーキャン新語・流行語大賞 全受賞記録」を眺めていると、嗚呼こんな事もあったなぁ〜と懐かしさに浸りました。流行語は、その時代を現した言葉のアルバムでしょうか。
 宮崎県知事大賞受賞については、しがらみがない=何も出来ない、うちの業界では議員○名、職員は○課と○課を掌中におさめていますという風に迫られると何も出来ないので、人気・注目を拠り所に対抗するので、選考者のセンスはちょっと…ですけど、これはこれで良いのでしょう。

 巷では、流行語を友人・知人が受け狙いで使っているくらいですけど。私自身、流行語なんてまず使う事はありません。何せ、「流行」と書いて「流行(ながれ)」と読むので。
| カイワレ | URL | 07/12/08 00:14 | ZQKsb9/g |

カイワレさん、コメントありがとうございます。
「なんぎやなぁ〜」……今でも言う人は言ってますね(^_^;
「ハゲタカ」は見てないですが、評価は高いらしいですね。お話伺ってると、経済があまりわからない私でもハマりそうな雰囲気ですね。
流行語大賞の受賞歴、「そんなに流行ったっけ?」と思うものも中にはありますが、懐かしく見させてもらいました(^o^)
| くっくり | URL | 07/12/08 03:24 | Af2aex9o |


コメントする








この記事のトラックバックURL
http://kukkuri.jpn.org/boyaki_blog/tb.php?176
トラックバック
流行語大賞(2007年)が発表されましたね!
流行語大賞(2007年)は、自分の予想と外れて、流行語大賞: (宮崎を)どげんかせんといかん ハニカミ王子トップテン: (消えた)年金 そんなの関係ねぇ どんだけぇ~ 鈍感力 食品偽装 ネットカフェ難民 大食い 猛暑日う~ん!自分としては、この流行語大賞二つとも、あんま...
| こんな感じです! | 07/12/11 01:19 |

NEW ENTRIES
COMMENTS
    なぜに「ミナミの帝王」?
  • asato >09.23
TRACBACKS
LINKS
Search Box