“戦う相手を間違えないで!” 中国亡命漫画家が描く「マンガで読む嘘つき中国共産党」

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


222takesima-6L.jpg

2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から64年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

170210-01title.jpg

マンガで読む嘘つき中国共産党

【いま在外中国人のあいだで、習近平政権を徹底的に批判した、あるマンガ作品が話題になっている。発売前から米国amazon Kindleストアの中国語電子書籍ランキングで1位を獲得、(1月)18日の発売後も1位をキープし続けているという。】

 という書き出しで始まる、1月20日付「デイリー新潮」の記事に興味を持ったので、購入してみました。
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (7) | trackbacks (0)

やっぱり憲法改正せなあかん!「大直言」青山繁晴×百田尚樹

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


222takesima-5L.jpg
2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から64年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

170127daichokugen.jpg

大直言

 2017年1月31日に発行された、青山繁晴さんと百田尚樹さんの対談本です。
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (3) | trackbacks (0)

真実を語ることはヘイトではない!「アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史」

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


170106-01title.jpg

アメリカ人が語る アメリカが隠しておきたい日本の歴史

 2016年11月17日に発行された、マックス・フォン・シュラーさんの著書です。
(カバー内側のプロフィールには「マックス・フォン・シュラー小林」とあります)
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (7) | trackbacks (1)

沖縄に改めて思いを馳せる 「ぼくらの哲学」

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


161224-01title.jpg

ぼくらの哲学(飛鳥新社)

 12月21日に発行された青山繁晴さんの新刊です。
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (1) | trackbacks (0)

映画「この世界の片隅に」が追求したのはイデオロギーよりリアリティー

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


161209-01nichijou.jpg

 12月3日(土)に、映画「この世界の片隅に」を鑑賞してきました。

 映画館に行ったのは久しぶりです。
 「永遠の0」以来でしょうか。
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (10) | trackbacks (0)

話題の書「在日特権と犯罪」を読了しました

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


161023-01title.jpg

在日特権と犯罪(青林堂)

 10月8日に出版された、坂東忠信さんの新刊です。

※10月25日未明現在、Amazonでは「一時的に在庫切れ」と表示されていますが、出版元の青林堂によれば、「近日中に在庫ありとなりますので、今しばらくお待ち下さい」とのことです。Kindle版はすぐにお読みいただけます。
※10月27日午前現在、Amazonで「在庫あり」と表示されています。

 帯の文言、裏側にはこう書かれてあります。
「一方的な外国人優遇は日本に何をもたらすのか?」

 坂東さんは元警視庁刑事、通訳捜査官です。
 坂東さんに関しては、記憶にある限り、拙ブログで2度紹介したことがあります。

10/12/20付:支那人にまつわる坂東忠信さんのインタビュー「正論」11月号より
13/3/25付:捕虜も婦女子も皆殺し!支那の非公開アンケート

 主に中国の脅威や中国人犯罪の実態を訴えてこられた方ですが、今回は、特別永住者を含む在日外国人全体がテーマです。

 データ(非公開だったものを含む)に基づいた分析がなされているという点で、一般的ないわゆる「嫌韓本」とは一線を画していると言えます。
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (11) | trackbacks (0)

昭和天皇崩御報道の“戦場”を描いた青山繁晴さんの「平成」が文庫で“復刻”!

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


160813-01title.JPG

平成紀 (幻冬舎文庫) 文庫
平成紀 (幻冬舎文庫) Kindle版


 8月5日に発行された青山繁晴さんの新刊です。

 2002年(平成14年)8月に発行された『平成』が改題、改稿され、甦りました。

 『平成』は絶版になった後、中古本市場で10,000円前後という異常な高値が付くまでになっていました。

 私も含め、読みたくても入手できずにいた方が大勢いたわけで、このたびの“復刊”は、まことに有難い限りです(^▽^)

 発売後はあっという間に売り切れて、多くの店頭からも消えたようですが、8月8日に早くも増刷になったそうなので(青山さんのブログ 2016-08-08 13:45:08による)、やがて入手しやすい状況になると思います。

 ※Kindle版はいつでも入手できます※
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (2) | trackbacks (0)

平和だから呆けたのではない。他人任せにしたから呆けたのです。 “幻の名著”が新書で復活!「壊れた地球儀の直し方」

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


160606-01title.jpg

壊れた地球儀の直し方 (扶桑社新書)

 6月2日に刊行された青山繁晴さんの新刊です。

 2004年6月に扶桑社から出た『日本国民が決断する日』を改題し、一部改稿と新たな書きおろしを加えたうえで新書化されました。
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (7) | trackbacks (1)

日本国憲法がダメなこと護憲派だってウスウスわかってんだろ!「高校生にも読んでほしい そうだったのか!日本国憲法100の論点」

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 憲法に関する本って、護憲の立場で書かれた物が圧倒的に多いですよね。
 そんな中、発行されたのがこれ!(^▽^)

160424-01title.jpg
[画像クリック→新規画面で拡大表示]

高校生にも読んでほしい そうだったのか! 日本国憲法100の論点(日工ムック)

 今日のタイトル「日本国憲法がダメなこと護憲派だってウスウスわかってんだろ!」は、『編集後記』から拝借しました<(_ _)>

 もうすぐ憲法記念日だし、私も改めて勉強してみようと思い、Amazon経由で購入しました。

 自宅に到着する少し前に、雑誌「正論」編集部の菅原慎太郎さんから、こんなメッセージをいただいていました。
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (4) | trackbacks (0)

『空母いぶき』はリアル! 元防衛大臣・元海将らが解説

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


2016takesimaJ.jpg2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から63年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

150122-01ibuki1.jpg

 『ビッグコミック』で連載中の、かわぐちかいじさんの漫画『空母いぶき』。
 現在、単行本が2巻まで発行されています。
 私も読んでみました(^▽^)
 
続きを読む>>
本・サイトなどの紹介 | comments (3) | trackbacks (0)
1/4 >>