安倍総理が真珠湾で示した「和解の力」

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


161228-01houyou.jpg

 安倍総理がハワイの真珠湾を訪問しました。

 これに先立ち、官邸に以下のような要請メールを出して下さいと、私は皆様にお願いしていました。
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (11) | trackbacks (0)

続・日本側当事者の証言から見る慰安婦問題

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


141124-01teitaikyou.jpg
[元慰安婦の金福童氏。後ろにいるのは挺対協の尹美香常任代表。元慰安婦を背後から操っている実態と重なる]

 以前、慰安婦にまつわる元日本軍人・官吏らの証言や手記を抜粋して紹介しました。

14/11/8付:日本側当事者の証言から見る慰安婦問題 「正論」12月号より

 1990年代後半から2000年代初めに中村粲・獨協大学名誉教授(2010年永眠)が集めて、「昭和史研究所會報」に掲載したものです。

 拙ブログで紹介したのは、そのうち「正論」2014年12月号に転載されたものです。

 「多数応募があり、毎日断るのに苦労している」という朝鮮人の業者の話。
 業者が警察に許可申請(これがないと営業できない)をする際、慰安婦の戸籍謄本や親の承諾書を一括して持ってくるという話。
 など、目を見張る証言がたくさんありました。

 実はその後の号(2015年1月号・2月号)にも続きが転載されており、いずれ紹介しようと思っていたのですが、失念してしまいました(T_T)

 幸い思い出しましたので、今日はそれらの号から、一部をご紹介します。

 日本に着せられた汚名をそそぐため、勇気を出して声を上げられた私たちの大先輩の貴重な証言を、今一度、ぜひお聞き下さい。
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (3) | trackbacks (0)

【拡散】安倍総理が真珠湾でアリゾナ記念館だけ訪問するのは危険【官邸へメールを】

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ



 皆様すでに報道でご承知のように、
 12月26日と27日、安倍さんが現職の総理として初めて米ハワイの真珠湾を訪問し、真珠湾攻撃の犠牲者を慰霊する予定です。

 そのこと自体に私は反対ではありません。
 が、少し困った事態が予想されます。
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (7) | trackbacks (0)

自衛官志望の生徒を教師が束になって妨害!反自衛隊と自虐史観に満ちた「金八先生SP」

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ



 9月3日発行の「SAPIO」10月号。
 大特集は【しんぶん赤旗と共産党の「嫌われる力」】。

 

 おお、これは面白そう!と思って、久々に購入した「SAPIO」ですが、他に思わぬ掘り出し物を見つけました。

 【日本人を洗脳したあの人気ドラマ】という特集です。
 「抱きしめたい!」「ごちそうさん」などとともに、「3年B組金八先生」が紹介されています。

160910-00title.jpg

 これを紹介する記事を執筆したのは、現職の公立高校の校長・森虎雄さん(ペンネーム)。
 著書「反日日本人は修学旅行でつくられる」が話題となった方です。

 森さんが問題にした「金八先生」は、第一シリーズ。
 但し、本編(1979年〜80年)ではなくて、スペシャル版「贈る言葉」です。
 1982年10月に放送され、視聴率33%を記録したそうです。
 
 森さんによれば、このスペシャル版の中身があまりにも酷い。
 反自衛隊と自虐史観にあふれているというのです。

 ネットで動画を見つけることができたので、この際、全編見てみました。

 想像していた以上に酷い内容でした。

 桜中学を卒業した3年B組の生徒たちは、高校3年生になっており、進学や就職のことなどでそれぞれ悩んでいます。
 そんな中、生徒たちは同窓会を計画します。

 途中まではわりと穏やかな雰囲気でドラマは進むのですが、弥市(体格の良い生徒)が自衛官志望であることを口にしたことから、その雰囲気が一変。

 「SAPIO」で紹介されていない部分も含め、関連シーンを全て文字に起こしてみました。
 (直接関係のないやり取りは略しています)

※元動画:
 https://www.youtube.com/watch?v=e3SsMxQHmjk


 内容紹介ここから____________________________
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (11) | trackbacks (0)

それでもオバマ大統領の広島訪問は良かったと思う

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


160527-01kenka.jpg

 5月27日、伊勢志摩サミット出席のため来日していたオバマさんが、現職のアメリカ大統領として初めて、広島を訪れました。

 私が特に注目したのは、オバマ大統領が演説(所感)の中に
 「道義的責任(moral responsibility)」
 という言葉を盛り込むかどうかでした。

 これは、2009年、オバマ大統領が「核なき世界」の実現を訴えたプラハ演説で用いた表現です。

 青山繁晴さん(私と違って「謝罪しないなら来ない方が良い」という立場)も、かねてからそれをポイントとして挙げていました。

【幾ばくかでも期待されている被爆者のために、わたしはもう一度提案する、せめてプラハ演説のあの一節を再現してくださいませんか、と。
 原爆投下に直接に関連して「道義的責任」、原文でも a moral responsibility となっている言葉を、被爆者に対して用いれば、それは限りなく謝罪に近づく。
 アメリカ国内に対しては「謝罪はしていない」と言い、アメリカ国民が幼い頃から教育とメディアで刷り込まれている「原爆投下は正しかった」というパンドラの箱をひっくり返さずに済む。しかし被爆者と日本国民にとっては謝罪に等しい「道義的責任」を認めたことに通じる】
(月刊Hanada 2016年7月号「澄哲録片片」)


 1週間ほど前、オバマ大統領のスピーチライターを務めるローズ大統領副補佐官が、複数のメディアのインタビューで、「大統領は『道義的責任』に言及するだろう」と述べていました。

 ですから、てっきり盛り込まれるのだろうと思っていたのですが、実際は……!
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (18) | trackbacks (0)

オバマ大統領の広島訪問を基本的に歓迎します

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 発表から10日。
 時機をやや逸してしまいましたが、やはり書いておきたいので…。

160516abeObama.jpg
[画像は2015年4月に安倍総理が訪米した時のもの]

 伊勢志摩サミット出席のため来日するオバマ大統領が、5月27日、安倍総理とともに被爆地・広島を訪問します。

 日本国内は概ね歓迎ムードですね。
 「オバマ大統領のレガシー作りに利用されるのは困る」という懸念はあるものの、私も基本的には歓迎です。
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (24) | trackbacks (0)

舛添氏「会議は一切開かない」「自分のお金は出したくない」「家族最優先」元側近の証言…Tweetまとめ16.05.01〜16.05.15

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 おかげさまで土曜日に愛機が修理から戻ってきました。
 ■お気楽くっくり>iMac復活(^▽^)

 が、それと前後して、目の状態がおかしくなってしまい…。
 一難去ってまた一難!?
 今日にでも眼医者さんに行くことにします(T_T)
【追記5/16 17:45】眼医者さんに診てもらいました。大したことなかったです。お騒がせしました<(_ _)>

 iMacの修理中は、テレビばかり見てました。
 まぁでも、たまにはテレビ三昧もいいかも。
 分かってくることも色々あったので。

 たとえば、舛添都知事の問題。

160516masuzoe.jpg
[4月、バドミントン選手の賭博問題について語る舛添都知事(5月14日 TBS「情報7days ニュースキャスター」)]

160516masuzoe1.jpg
[就任時には、都庁幹部職員への訓示で西郷隆盛「遺訓」の言葉を引いたという(5月13日 テレ朝「羽鳥慎一モーニングショー」)]
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (8) | trackbacks (0)

なぜ元慰安婦は核心部分で“間違う”のか?

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 慰安婦問題については、日韓合意後も両政府間で、ある種の綱引きが続いていますが、韓国側が相も変わらず主張しているのは、「被害者の証言で裏付けられている」です。

 韓国側が言うところの被害者=元慰安婦たちは、挺対協(韓国挺身隊問題対策協議会)など支援団体とともに、今もアメリカはじめ世界で「証言」の旅を続けています。

160314-00movie.jpg

 また、韓国国内では、「鬼郷」という慰安婦“反日ファンタジー”映画が大ヒットしています。
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (11) | trackbacks (0)

「日の丸を見たら胸が悪くなる」国連に“性奴隷”を持ち込んだ戸塚悦朗とは? 本岡昭次インタビュー

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


160307-01motooka.jpg

 読者様に教えていただいた本岡昭次元参議院議員のインタビュー動画を、文字に起こしてみました。

■元動画:【大高未貴】日本発『性奴隷』流布はこうして始まった!〜本岡昭次元参議院議員に訊く[桜H28/2/8]
【動画解説】
 「慰安婦=性奴隷」のプロパガンダを流布したのは、弁護士の戸塚悦郎氏である事は広く知られた事実であるが、その背後にいたのは、社会党で参議院議員を務めた本岡昭次氏である。今回は大高未貴が、単身本岡昭次氏に突撃し、特に国連を舞台にした宣伝戦の様相を訊き出したインタビューの模様をお送りします。
続きを読む>>
歴史認識 | comments (5) | trackbacks (0)

政府が国連委で慰安婦“強制連行”初反論「朝日新聞が“捏造”を報道」

「人気blogRanking」クリックお願いします→人気blogランキングへ
ご面倒でなければ「にほんブログ村」もお願いします→にほんブログ村 政治ブログへ


222-ashika2qute.png2月22日は竹島の日。今年は韓国による不法占拠から63年目。
ブログやSNSをされている皆様、「竹島プロジェクト」にご協力を。
参加表明くださった方は記事内にリンクを貼らせていただきます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※青山繁晴さんの「インサイト」書き起こしは18日以降にUPします<(_ _)>

160217kokurenIanfu.jpg

 国連欧州本部で開かれた女子差別撤廃委員会の対日審査で、日本政府が慰安婦“強制連行”に関して反論しました。

 日本政府が国連の場で、慰安婦問題の事実関係を説明するのは初めてのことだそうです。

 これまでの報道を見ると、かなり突っ込んだ内容になっています。

 16/2/13付:秦氏×阿比留氏 日韓合意対談&国連で日本政府がようやく“強制連行”反論へ!の後半でも紹介したように、1月までに日本政府はすでに答弁書を提出していました。

 私は「答弁書の範囲内でやるのだろう」と思っていたので、正直、驚きました。
 
続きを読む>>
歴史認識 | comments (1) | trackbacks (0)
1/14 >>